古着回収 とフリマを覗く と友人らとBBQ と食器をもらってもらう

朝9時半に近所の公園前の古着回収に行った。ぱんぱんになった45ℓ袋2つをカートに積み、も1つは担いで…のつもりだったけど重すぎてそれもダメで、カートに重ねて。ひーひーしながらやっ辿り着き、ふと公園を見ると長蛇の列。何だこれは、と思ったら、10時から公園内で始まるフリマのために並んでるんだそーだ。びっくりした。フリマに「入る」ために並ぶとは! 
45ℓ袋は全部で5つなので、もー1回出かけ、帰りがけに公園の中を覗いた。実は知人がここに出品してて、その中にはあたしが「フリマ用に」と提供した食器類が少なからずあるのだ。保護猫をウチのどーぶつ病院に連れて来る方で、フリマの売り上げは彼女が保護したにゃんこたちの去勢手術代等に使われてる。と言われると一度どんな様子か見たいじゃん?

いや~、驚いたよ。ともかく人が多いし、出店者も負けずに多い。ガキんちょも多い。それでいて、じゃあ並んでまで入るほどフリマ品の質が高いのかとゆーと、それがそうでもないのだ。あっちもこっちも並べてるのは服が主流。全体の7割てところ。それから玩具、本、そして食器。この食器ってのが、"それが500円で売れるならウチのは1000円で売れるわ"てくらいの、どーとゆーことのないモノだった。(て言い方はしつれーだけどさ)
知人は見つからなかった上(あたしが提供した皿とかカップとかにいくらつけてるのか、売れるもんかどーか知りたかったのだけど)、あまりの人の多さに見るのも早々に諦めた。ムックのトレーナーを見つけたので(欲しいモノではなかったのでスルー。ムックなら何でもってわけではないのよ)、他にも何かあるんではとも思ったんだけどねぇ~。がっちゃぴん人形はあったけど、これもいらないし。(がちゃぴんではなく「がっちゃ」なのは、これがガッチャマンとのコラボだからだ。そしてムックは博士のカッコをしてるのだ)

うかうかしてると友人らとのBBQに間に合わないので、ささっと夕飯の買い物済ませて、友人のムスメさんが結婚したのでそのお祝いのカードを書かねばと思うのに在庫の中にイイのがなく慌てた。作る時間もないので、何でもっと早くから用意しておかんのだ自分! とキリキリしながら何とかあるもので間に合わせ、先日買取屋で「100円」と言われた洋酒、カミュXOとバランタイン、そして未使用のHORNのペアグラスを持って出かけた。(旦那さんはすごい酒飲みだって話だったのでね)

集まるメンバーはいつもの、高校時代の同級生なのだけど、子供の文化祭やら何やらでNGな家族もいて、オトナ7人。何かもー「旦那さんの顔見せ」的だったかな。とは言え、初対面はあたしだけで、KNちゃんたち夫婦は結婚式に出たりしてるんだよね。
いやー、食べたわぁ~。何かずっと食べてた。フリードリンクなのでよく飲んだし。制限時間いっぱい、飲み食いしゃべった。いい旦那さんで、微笑ましいカップルでよかった。何たってまだ2人とも20代だしね! うらやましいわぁ。

で、KNちゃん夫婦を引き連れて我が家へ招待。「食器をもらっておくれ」て要望に応えてくれたのだ。何かもーほんっとに、文字どーり山のように食器があるので(揃い物も多いからもらいにくいと思うけど)、「もらってくれる」てだけで感謝。ありがとうございますです。
『それこそフリマをやるべきでは』と言われたのだけどね、そのためにはこいつらを引っさげてどっかまで運ばないといけないわけじゃん? そんで値段つけて、帰りほくほくで帰れるならいいけど、たぶんそーはならない。となると「また持ち帰る」てことでしょ。これはたまんないよ、人にタダであげた方がマシだわよ。まぁ、「自宅フリマ」てのも考えたけどね。誰を呼ぶんだ、どー調整すんだ、いくらにするんだ、とか考えるとね…それでもやった方がいいのかもしれないけど。

そうめんセットやビールサーバー他、いくつかもらってもらい、ハハを交えて紅茶とお菓子でちょっとおしゃべり…のはずが、思いのほか長く引き留めてしまった。ちと申し訳なかった。でももらってくれて嬉しい。なるなら新婚さんたちにももらって欲しかったんだけどね。残念。でもありすぎても(ウチみたいに)困るからねぇ。







(*´з`)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-09-25 01:23 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156