両日中止にがっくり とやっと衣替え と踏んだり蹴ったり気分

8時に起きたら小雨が降ってて、あちゃ~と思いつつメールチェックしたらば「両日とも開催中止」のお知らせが…ああ~、やっぱそーなってしまったか~、だ。昨日くらいの、どんより曇り、いつ降り始めるかドキドキ…みたいな状態で出店するよりかはマシだったのかもしれないけど、それはまぁ、後から思うことで、ただただがっくり。
三茶での「荒天中止」は決して珍しいことではないのだけど、2日とも、てのは珍しい。ちょっと考えてみたけど、半日しかできなかったとか、1日だけとかでなく両日、はなかったんじゃないかな。お知らせの中に、出店費の返金を知らせる旨と、「荷物を送られた方は後日着払い発送」とが書かれていて、うわっ、これってショックだな~、と思ってしまった。出店費は戻るけど、発送費と着払い費は言わば「持ち出し」だもんね。(もしあたしが送ってたら、雨ン中引き取りに行ってただろーな)

昨日ほどではないにしても鼻はぐすぐすで、咳もまた出始め、しばらくはぼーっとしてたのだけど、そゆわけにもいかん、てゆーか、それはあかん、と思って、まずは部屋の掃除。それから「衣替え」。夏服を片付けて冬服を出した。そう、いままでこのヒマがなくて夏服重ね着、な感じで過ごしてたのだ。床は井草ゴザのまんまだし、布団も夏掛け2枚重ね…風邪ひくのも当たり前だよね。わかってたんだけど、へーき、と思ってたんだもん。集中してっと、暑いとか寒いとかわかんないし。

無事衣替えが終わり、どーすっかなー、キジツマエとーひょー行くかな~、としばし迷ったあと、出かけることにした。ぷらぷらと歩いて行こーと思ったのにハハがひと言『チャリで行けば?』とゆーので、本降りまでいかないし、チャリでいっか、と出かけた。
商店街を抜けて、あと20メートルで投票所、てところで後ろから『はい、そこの自転車、止まってー』と声をかけられた。振り返らなくてもそれがおまーりさんであることがわかった。しくった。雨ン中の傘さし走行は捕まるんだった。
チャリ停めて、まずは平謝り。『危ないからね~』と言いつつ、おまーりさんは『盗難かどうかもチェックするねー』とにこやかに笑う。はー、さいですか。ちゃんと登録されてるあたしのチャリですからね、困らないですが、にしてもそんなに時間かかっちまうもんですかね。無線連絡して待たされた挙句『こちらではいま確認できないのでそちらで願います』とか言われて、だったら最初から「そちら」でやればよかったんじゃん? とツッコミたかったけどお口はきゅっ。おまーりさん、悪い人ではなかったしね。

そこの投票所に行くところだったんです、と言ったらば、それはどうも、待たせて失礼、と言って去ってった。投票所に入ったらば、そのあまりの列の長さにげんなりし、引き返した。傘はささないで。(あとで知ったけど、どこの期日前投票所もすごい並んだみたいね) 風邪ひーてんのに傘なしで行く羽目になるとはとほほ…な気分で夕飯のためにブリのアラを買い、踏切前に立ったらこれまたえらい待たされることに…朝夕は「開かずの踏切」になることが多いけど、にしても7台も待つなんて尋常じゃあない。8台めの点灯マークがついたとき、諦めて地下道を行くことにした。
そーそ、踏切待ってる間に携帯メールをチェックしたらば、お休みもらったどーぶつ病院のインチョに『かくかくしかじかで三茶は中止となりました、仕事行きましょうか』とメールしておいたのだけど、その返信が来たのだ。『よろしくお願いします』

  荒天中止だけど、風邪ひーたのでこのままお休みでいいですか、と書けばよかった!!!

あ~、何かもー「踏んだり蹴ったり」ってこのことねぇ~? と思わずにはいられなかった。新しく出来たたこ焼き屋でたこ焼き買って帰宅。ハハとたこ焼き突きながら、コトの顛末を話した。チャリで行けとゆったのはハハだし、「風邪なのでこのまま休みたい」と書こうとするのを止めたのもハハなんだけど、そんなの忘れたわ、て感じでカラカラと笑われてしまった。ちきしゃう。

職場でみんなに慰められつつシゴトして、それなりに忙しかった割には早くあがれたので助かった。部屋もさっぱりしたし、明日、また雨ン中をとーひょーに行かねばだけど、あとは寝ていよう。カーペットも替えられたらいーんだけどねぇ。それは無理かなぁ。できたら鬱々しなくて済みそうなんだけどな。







( ̄ー ̄)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-22 00:42 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156