名刺作成格闘時間ギレ

制作中、そーだ、名刺を作っておかねば、と思い立ち、PCの前に座る。前回は20枚しか作らなかったので、もーないのだ。何で20枚かっつーと、その前に100枚作ったときはURLまでちゃんと入ってたのに、そのときは入らず、一体何がとー「前回と違うのか」がわからないままで格闘時間が惜しくて打ち切ったのだ。(この20枚には手描きでURLを入れてる) で、今回の格闘となったのだけど、やっぱりわからない…それに文字のフォントも(前回の20枚同様)違うし、わけわからん。いっそのこと違うデザインのにしようと、名刺ソフトの中で悪くない、と思えるデザインのにしたら、やっぱりなぜかURLが入らずに出てくる…むかつく。住所とかを入れるところにはちゃんとメアドとURLが入ってるのに、なーんで出てこないんだろか。つーか、前々回は入ってたしフォントもこれでヨシと思ってたのが出来ない、ってのがまず疑問。もー何をいじればいいのかわからん!縦書き名刺も悪くない、と思ったのに「ラベルとサイズが違います」とか出ちゃうし…処置なし。格闘時間(というよりPCに向う忍耐時間)も切れ、そば屋時間となった。いつかキレずにさくさくと名刺を印刷できる日が来るんだろーか…。

たとえどんなにキリキリ忙しい職場であろーと、のほほんな職場であろーと、人間が関わる限り「人間関係」は存在する。あたしはそれなりに「流す」術を心得てる…とまではいかないにしろ、“そーゆー奴もいるよな”でテキトーに流せるのだけど(つまりそれなりの人間関係として受け入れられる、というか)、それが出来ない類の人もいる。それはそれで理解できる。そういう人の吐け口として話を聞いてやることもできる。問題は、それだけでは済まない場合だ。難しい。面倒でもある。自分だけなら流せるモノを、と思ってしまう。悪人はいない。根本的な意見の相違があるだけだ。それが時として面倒を引き起こす。いまはまだ“厄介な…”という感想だけで済んでるのだけど、いつどーなるか先が見えにくい。うーやだやだ。

なーんて話をそば屋が終わってからYDちゃんとまっくでしてて、終電間際(1本前)にうまく滑り込めたものの、いつまでたーっても発車しない…まいった。何でもJRが事故だかで遅れてて、その「最終接続待ち」ということだった。乗ったからには発車するのだろうと本読んでたけど、混雑した動かない電車の中で待つ、というのは結構苦痛だな。せいぜい15分程度だったのだけど。
帰宅したら、リョーシンは居間でエキサイト中だった。そーか、今日はサッカーの日だった。観たら勝ち越してるものの、審判その他にいろいろ不満があるようで、2人してあたしにあーだこーだと訴える。こういう試合は両チームに関係のない国籍の審判がなるはずだが(っても、国籍が違ったところで国に対してのあれこれはあると思う)、日本に有利なジャッジをする試合というのは聞いたことがないな、とふと思った。実際にはあったとしても“今日のジャッジは日本には甘い”とは思わないのかもしれない。“これが普通”という思い込み(?)で観てしまうのではないかな。いや、わかんないけど。

さて明日は何と!高校卒業して以来の、クラブ同期会だ。演劇部だったので「劇部同期会」。個展とか来てくれてる人もいるから、「すっごい久しぶり!」な人ばかりではないのだけど(むしろ割りと頻繁に会ってる人の方が多い)、それでも卒業以来、2、3度しか会っていない人もいるので、発起人とはいえちょっとウキウキだ。『あンときはさぁ~』って話で盛り上がるんだろうなぁ。楽しみだー。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-06-07 02:21 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156