再び「ふくまめ2」のレポート

昨日書いたM・ジャクソンのわからない曲は、91年のアルバム『デンジャラス』に入ってる(『Blach & White』は曲名でアルパム名ではなかったっすね、すいません)、『Heal the World』だった。そーそー、そんな曲だった、と新聞読みながら思ったのだけど、『World』しか合ってないじゃん。「好きだった」が聞いて呆れるな。ちょっとラジオつけたら、何曲か流してたのだけど、これはかけてなかった。ちょっと残念。

昨日届いた、4月の福岡での展示でのアンケートやレポートを読んでたのだけど、過去にここまでしてくれた主催者はいなかったよなぁ~と思ってしまった。いや、あったか。高円寺での『HEART TO ART』だ。あれもアンケート結果や人気投票を書いてくれたのだった。(あたしゃここでベスト5の3位とかに入ったんだぜぃ) 
購買層(やはり30代、40代の女性が多い)もさることながら、「来たからには何か買ってく」人が多く、その価格帯が統計取られてるのもすごい。次回の参考にもなるし(来年3月だそーな。そんときはよろしく)、わかりやすくて嬉しい。500円以下が最も多いのだけど、1000円前後も負けてなくて、主催者さんの『地方だからと言って価格を下げなくても充分通用するのだ、ということがわかってよかった』とあった。ホント、その通りだ。しかしテレビで紹介されてた豆本は質が高い…メチャ高い。2万円なんてのもあったけど、それだけの価値はある作り。紙にも装丁にもこだわってて、次はあたしももっときちんと考えよう、と改めて反省した。
アンケートには全体のことが書いてあるものだけ集められてたのだけど(個別の作家サン宛にはそれぞれに出したようだ)、『さゆきの絵本がよかった』と書かれるようにがんばろう。目標が出来たな。

豆本展ではあるけど、豆本愛好家だけでなく「ちっちゃいもの好き」「絵本好き」の人も多かったみたいで、なるほどそーだよな、と思う。女の人って、そういうものに対する「理屈ではない愛情」みたいなのを持ってる気がする。もっとも、昨年の第1回より男性も増えたそうなので「女性は」ってことでもないだろーけど。去年に続き今年も、と言うリピーターも多かったらしく、豆本をもっと世に知らしめたい、と真剣に考えてる主催者さんの意気込みがしっかり伝わってるんだな、と思った。
ホント、いろいろ感謝です、「ふくまめ」殿。来年もぜひよろしく。

浅草橋の搬出日、お休み願いを出しておくのをすーっかり忘れてしまっていて、今日、ドキドキしながらそば屋へ行った。もしシフトに入ってたら、早急に誰か代わりを見つけなければならない。で、行ったらオフになっていた。よかった、ふぅ~。1日の最終日が搬出なのだけど、この日は1時か2時には行っていたいと思う。ので、よかったらこの日に遊びに来てくださいまし。

あぁ、全然カンケイないけど、このPC部屋(元物置部屋。あたしの部屋とは別)には蚊がいる!痒い!足首から先だけで、5、6ヶ所は喰われてる!蚊取り線香は買ったけど、蚊取り線香皿はまだなんだよなぁ。つーか、そもそもちゃんと出来るのかどうかすら怪しいのだけど。
さて、明日はまたしてもそば屋オフ。大掃除に取り掛かるか、何もせずぼけら~っとするか…後者になりそな予感もしないではないけど、とりあえず風呂でも入って考えよう。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-06-28 01:40 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156