2017年 04月 30日 ( 1 )

やー、よく寝たー。起きたら昼近かったけど、寝たのが4時過ぎだったから7時間くらいか。でも「ぐっすりすっきり」な気分だった。冬物をちょっと洗い、この冬着なかったモノは陰干ししたりし、何枚かは手放すことにする。古着回収にするか、福祉センターのバザー用に寄付するか…てな算段は明日することにしよう。

4時くらい? にふと顔をあげたら晴れてるのにえらい激しく雨が降っててびっくり。階下にいるハハに『雨だよ~!』と声かけてから、干してた炬燵掛け布団とかストールとか何とかをバタバタと取り込んでたらやんでしまった。音たててるほど激しい雨なのにお日さまぴかぴかしてたからね、じきやむのだろーなとは思ってたけど。
そんでハハはとゆーと、気づかなかったらしく(タブレットで絶賛応援中であったのだ、J2のヴぇるでー戦を)、まいっかと思って取り込んだ洗濯物を片付けてたんだけど、そーだ、こんなにぴかびかした空ならぜったいアレが出る! と思って再びベランダに立った。思ったとーり、出てたよ、虹が。でかいけどえらい薄くて、写メは諦めた。儚げなのも悪くないけど、「虹を見た!」て気分にはなれんねぇ。

いちおハハに『虹が出てるよ』と声かけたのだけど、ハハが来たのはちょっと経ってから。『いますごくイイとこだったのよぅ』と言いつつベランダに出てきて、『へぇ~、どこかで雨でも降ったのかしらね』って、どこかじゃないよ、いまここでだよ、あんなに音たてて降ってたのに気づかなかったんかい?! 濡れてるベランダや路上を見てやっと納得して、『だって歓声がすごくて…』。はいはい、そーね、『そこだーっ、行けーっ!』とか、2階までよく聞こえてたもんね、かーさんの声が。

珈琲でひと息入れてからシゴトへ行き、行ってから今日がただの土曜ではなく、祝日であることに気づいた。ロールスクリーンが降りてるのを見るまで、ぜーんぜん気づいてなかった。入るとトリマーさんが言った。
『今日は祝日だからお休みなのに、フツーの土曜日だと思って来院する人が多くて…』
かくゆーあたしもです、てへへ。と苦笑しつつ、積みあがってるカルテの山見て『ご苦労さまでした』と言った先から『すみませーん』とまた来院。
『あ、今日は祝日だからお休みなんですね、すみません…診てもらえますか?』
連れて来てしまったのを断るわけにもいかないから、センセは『いいですよー』と診てたけど、朝からこの調子でみなさん来てたわけね、ホントご苦労さまです。
結局、7時の閉院までにさらに2名ほどの来院があって、どんだけ確信犯がいるのか知らないけど、世の中「G.Wっぽくない」ってことなんかな、と思ってしまった。

5月の3、4、5日は短縮診療と称していちお開院するのだけど、勤務する方はみんな通常どーり。入院わんこにゃんこがいるからね。それとは別に「お預かり(お泊り)」もあるのだけど、以前に比べたら少ない気はする。ゲージも満室ではないし。
そゆわけで、フツーの土曜日のように診察してたけど、世話も掃除もラクに済み、いつもより早めの帰宅となった。(それはそれで困るんだけどさ)
そー言えば、間違えて来院した人に対して、料金を「休日診療代」として請求してるのかどーか聞きそびれたな。断ってる様子はなかったから、通常料金かな。







(゜-゜)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-30 00:42 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156