2017年 05月 07日 ( 1 )

2、3日前あたりから、ウラの家がどういうわけか突然風鈴を吊るし、この数日の強風もあってともかくやかましい。悪い音ではないけど、聴いてるとちょっとイラっとしてくるのだ。

  ちりちりちんちんちちりちりちりんちりんちりりんちりり…

て感じでさ。あたしは風鈴の音色はキライではないし(むしろ好きだし)、ウチでも吊るしたりしてる。(もっと暑くなってからだけど) でもさー、この「鳴りっ放し」ってどーよ? 切れ目とゆーものがないんだよ? あたしは風鈴というモノを「騒音」とする人の心理ってわかんなかったんだけど、このトシになってわかる気がした。台所が一番響くのだけど、寝てても気になるくらいよく聞こえる。家人は気にならないのか? と不思議に思うくらい。

で、朝、洗面所から覗き見てちょっと納得したのは、ひとつはどうやら南部鉄の風鈴らしいってのと(だから音が高いんだ)、家の軒下ではなく物干し竿に吊るしてる、てこと。この数日、我が家の青梅は10個単位で落下してるけど、そんだけの強風の中、洗濯物と一緒に吊るしてたらそりゃあ鳴りまくるよねぇ。せめて移動してくんないかなぁ。
ちなみにあたしは風鈴だすときは軒下なのは当然として、風が強いときはかかってる短冊に洗濯ピンをつけてる。そーすると短冊の重みでだいぶ音が抑えられるのだ。見栄えは悪いけどね。「ちりん、ちりん」てくらいでなかなか風流に楽しめるんよ。にしてもなぜいま出すかなぁ。どういう人か知ってるだけに、わからなくもないのだけど。

洗いそびれてたセーター1枚ともこもこスリッパ、それに冬帽子を洗ったりした以外はのほほんと過ごして、夕方からどーぶつ病院へ。あれこれ忙しなく動いてるうちに気づいたら8時で、やっと最後の患者さんが帰り、『今日は(祝日の)短縮診療じゃなかったのぉ~?』とぼやいたら、
『雪丸さん、今日はフツーの土曜日です』
と言われてしまった。そーか、フツーの土曜日だったか。つーことはいつのまかG.Wも終わってた、てことだな。何か、全然まったくフツーに過ごしてしまったなぁ。「この棚の中の始末をしよう」なんてハハと言ってたのに、手つかずのままだし、G.Wらしいことを何ひとつしなかった気がする。友人と会ってくっちゃべってたくらいか。その日も午前中はシゴトしてたけど。

そーそ、昨日の昼に来た、「乾燥わかめをがつがつ食べてしまったにゃんこ」、どーなった? とひとりに訊いたらば、『結局吐かなくて、大丈夫だろうと言うことで帰らせたみたいです』と言ってた。みんなで『胃の中で膨らんだりするんだろーか?』とか言ってたんだけどね、それはないのかな。「いきなりお腹いっぱい」なんてなったら大変とゆーか可哀想だし。アレって、胃の中で膨張することはないのかねぇ。







(;・∀・)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-05-07 01:55 | 我思う | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156