2017年 05月 20日 ( 1 )

今日も早番だったのだけど、何つーか昨日とは雲泥の差で忙しかった…次々やること言われて、洗濯機を回せたのは1度きり。最低でも2回は回さないとあとあと大変なことになるのに。血液検査が続いて、どっちもフル回転。(どっちも、とゆーのはわんこ用とにゃんこ用とがあるからだ) その上、わんこのNKLがなぜか測れずエラーになって、にゃんこの方で測ることができるので(逆は出来ない)、にゃんこの検査が終わるのを待ってそっちでやってたらびーびー鳴られてしまった…何が起きたのかわからずびびってたら、どうやらオンチョウエラー(恩寵ではなく温調ね。朝からずっと検査機かけてるから熱持ちすぎて熱くなって動かなくなるのだ)。夏場はすぐこうなるから機械の上部とサイドに保冷剤置いてるんだけど、午前中でもう効かないとかありえない…つか、まだ真夏じゃないし! 
それにしてもあのびーびー音、っとに心臓に悪い。どんなミスしちまったかと冷や汗でるじゃんか。

遅番の2人が来て少しラクになれたので、キリのいいとこで上がらせてもらい、帰宅して昼食後、「2時までカット690円」のびよーいんに行く。ヘタすると4、5人待ちだったりするのだけど、1時半に入って2人目だった。らっきーだった。あたしのすぐあとに3人続けて来たし。
かつてないくらいの長さに伸ばしてるこの髪、いつばっさり行こうかなー、と思いつつ、今回もまた見送ってしまった。毛先2センチくらい切って、前髪揃えてちょっと梳いてもらったくらい。それでも随分軽くなった感じがする。相当行ってなかったからねぇ。3、4ヶ月は切ってなかったんじゃないだろーか。
『切るのはいつでもできますからね』とびよーしサン。そう思うと、切るタイミングを逃してしまうとゆーか、いつ切るのがイイかな~、とか考えてしまうねぇ。

帰宅して、郵便局に集荷依頼した。廊下に出したままのダン箱3つを玄関先まで持って(つか引きずって)行く。6時までに行くという話だったけど、3時前には来てくれた。ダン箱にはそれぞれ50枚ではきかない数の切手が貼ってあるのだけど(あ、写真撮っておいたのにアップ忘れた)、もしかしてこの切手を数えるのかな~、だとしたらご苦労さまだな~、と思ってたら、こちらの申告をそのまま了承して持って行ってくれた。大丈夫か、そんなんで? ま、ここでズルしよーとは思わないけどさ。
にしても集荷のあんちゃんは忙しそうだった。レシート出してるときに電話が鳴って、センターの方と何やらごちゃごちゃしてて。『集荷中なので』で切ろうとしてるのに、オペレーター? が『あ、待ってください』とか言ってるのが聞こえてんのよ。どーも定時集荷ではない時間に来てもらうことになってたのに来ない、てことみたいで、『定時でないなら自分の担当ではない』って言ってんのに、引き下がらないんだよねぇ。上司から行かせるよう言われてるのかもしれないけど、こっちはこっちで仕事してんのにな。何か彼にすっかり同情してしまった。

髪も廊下もさっぱりしたところで、制作開始。高円寺に持ってく方ね。ちゃっちゃと作ってしまわないと、7月の豆本展がまずいことになる。まだ構想だけで全然まったく何の形にもなってないし、そもそもどんな形にするのか決まってないし。
ま、そゆわけで今週末は制作に専念することにする。その方がお金使わないで済むしね。

どーでもいいことだけど、ご近所の鯉のぼり、どんどん泳ぎ疲れていくように見えて不憫でならない。確か小さい男の子がいるのだと思うのだけど、気にならないのかなぁ。あるいは『ずっと飾っておいて』とか駄々こねてたりするんだろか。
鯉のぼりもだけど、ウラの家のちんちろりんも気になる。風情の「ふ」の字もない、あの鳴りっぱなしの南部鉄風鈴、もしかして秋口あたりまであのまんまなんだろか…、とハハに言ったらば
『一年中かもよ』
うぅっ、それはカンベンして欲しい…気になり出すとすごーく気になるんだよなぁ。この程度のことでカリカリするのも嫌なんだけどさー。







"(-""-)"

[PR]
by yukimaru156 | 2017-05-20 02:43 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156