2017年 08月 02日 ( 1 )

昨日、どーぶつ病院のAM院長から箱作りを頼まれた。病院とはカンケイなく、商店街のお祭りで使うモノで(院長は商店街の役員でもあるのだ)、倉庫に眠ってた玩具を入れるダン箱が欲しいのだと言う。ダン箱は病院にいくつもあるので、適当なサイズのものを選んで持ち帰った。
ただ単に「ご自由にお持ちください」と書くだけではつまらんなー、と思ったのと(それだけだったら勤務中に出来る)、「〇〇薬品」と書かれたダン箱におもちゃ入れてもなー、と思ったのでね。どーせならかあいく仕上げたいなと。

で、今日はまずそちらから。商店街のお祭りは2週間後くらいなので余裕があるけど、こゆことはさっさと済ませてしまいたい。ちょーど子供っぽい包装紙のでかいのがあったのでそれを側面に貼り、蓋部分はカレンダーの裏紙を使って区の商店街キャラを描くことにする。大体の感じが決まったところで髪を切りに行った。

そろそろ染めた方がいいんじゃないかと思ってたけど(染めるとゆーかたしはマニキュア派だけど)、まだもーちょっといっかなと思い、カットだけ。それも2cm。つまりあんまり変わらない。タイムサービスの690円カットは12時~14時の2時間だけなので混雑覚悟で文庫持参で行ったら、ゲスゼロ(お客さんがいない状態)だった。雨も降っていないのにびっくりだ。ここのタイムサービスを利用するようになって初めてではなかろーか。
さっと切って帰宅、ダン箱作り再開。なかなかイイ感じに仕上がったけど、ちょっと凝りすぎてしまった…気づいたらえらい時間経ってたし。

そーそ、植木屋サンは朝早いうちに来て、剪定した葉や枝の始末をし、2時間程度で帰ったのだそーだ。前回まで組んでた親方の方は引退し、父の友人であるNBさんともう1人が来たのだけど、どちらも仕事がすごく丁寧だった。(こー言っちゃ何だが、親方の方は早い分、雑なとこもあった) 
『NBさんね、仕事を終えて帰宅したら、まず何より先に使った刃物を全部研ぐんですって。それからお風呂なんだって。エライわねぇ』
『へへー』
『千葉の家に招待したとき、帰る前に絨毯全部どけて掃除機かけてったのよ。そこまでしなくていい、って言ったのに。ずいぶんいろんな人を招待したけど、あそこまでキレイにきっちりやる人は初めてだったわ。奥さん、大変でしょうね』
ハハはあまりに几帳面な男性やキレイ好きな男性に接すると「(奥さんが)羨ましい」ではなく「大変そう」という感想を漏らす。フツーは「羨ましい」になりそだけどね、実際の生活となったら案外「大変」なのかもね。

夕方から雨が降り出し、レインポンチョの中に完成したダン箱を入れて(前カゴが余裕ですっぽり入るのだ)、シゴトに行った。AM院長はお休みだった…ちぇっ。
『AMセンセは「ヤ」の日(野球観戦)ですか?』
『毎年8月1日はカワナカ湖の花火よ』とAOセンセ。
『カワナカ湖…? 河口湖か山中湖のどっちかじゃないですか』
『あ、山中湖…あれ、河口湖…』
ま、どっちでもいいけど。そーだった、確か友人らと泊りで花火を観に行くんだったな。雨、どーだったのかなぁ、でも先週末、雨だったけど隅田川は花火できてたしね。せっかく泊りがけで行ってるのだから、観れてるといいけど。
でもダン箱は一番に見せたかったなー。ちょっと残念。他のセンセやスタッフさんには好評でよかったけどね。







(*^^*)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-08-02 02:00 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156