2017年 08月 05日 ( 1 )

早番でシゴトに出てみれば、何が何だかわかんないほどバタバタした。しながら先週だったかセンセが言ってた「第1波」てこのことかー、と思い当たる。お泊りのわんこにゃんこが一気に増えて、開院1時間前に預けるための来院が続いたりした上に酸素室の準備とかまであって(つまり急患)、午前中が終わるころには「ふう~っ」て感じだった。
先日書いた(気がする)、わんこのようにがっついて一気にごはん食べて、しばらくしたらげぼぼするにゃんこが再びやってくれて、タオル交換してたら、お皿に残った2粒3粒を食べてからこっちを見て「にゃあー」と鳴いた…「全然足りないんだけど」と言ってるみたいだった。いま食べただろ?! そんでげぼったじゃんか! そんな切なそうなカオすんな! 何だかなぁ、もう。あの子はちょびっとづつあげた方がイイのかもしらんなぁ。

帰宅して掃除してカーテン洗ってさて豆本、と思ってたらハハが納戸でごそごそし始めて、結局そちらを手伝うことになってしまった。で、ハハが『(千葉でもらった)カボチャアイスをいつ作るの』とゆーので『いま作ろうか?』『うん!』てことで納戸から台所へ…明日作ろうと思ってたんだけどね、明日の方がバタついてしまうかもだから今日作るので正解かもだし。

直径20cmはあるカボチャをまずは5分ほどレンチン。それでも結構硬かったけど、何とか包丁を入れて半分にし、今度は皮を取って2cm角に切る。そんで再びレンチン。たまたまネットで見つけたレシピでは「600W2分」とあったけど、これは標準サイズの1/4のことだから、念のため6分ほどやってみた。とても潰せるような柔らかさではないのでさらに5分。まー何とかなるかなー、と思いながらボールにあけて潰してったのだけど、こんなに潰しにくいとは…だった。マッシュポテト作ってる方がどんだけラクか! て感じ。それでもまぁ何とか潰して(ゴリも残ったけど「愛嬌」として許してもらおう)、卵黄と砂糖、そして生クリームを入れてさらに混ぜ、冷凍庫。「何度かかき回す」とあったので、夕飯後にかき混ぜてみた。だいぶアイスらしくなってたけど、甘さがちょっと足りない感じ…うーん、もうちょっと砂糖入れてもよかったか~。ハハも同意見で、あたしが『バニラだったら梅ジャム乗せて食べられるのにね』と言ったらば、『あら、それいいかもよ?』 え。いいかなぁ? ま、そのあたりの判断は明日来る人たちに任せることにしよう。

思いのほか時間がかかってしまったので、そのまま夕飯の仕度に突入。もー作る気はなくて、夕飯は子持ちししゃもとカボチャの皮で作ったサラダ。これ、マヨと塩胡椒だけだけど、なかなか美味しくできた。また機会があったら作ってみよう。ししゃもとカボチャサラダとは妙な組み合わせではあったけどね。

さて、昨日言ってた、豆本展のスペースに飾る原画と自己紹介文。「こんな風にちぎってます」見本が入ってて、d0078532_0543393.jpg『さわってみてね』と入れたからには触れないとダメだよねー、でも原画に触られて汚れたらイヤだなー、と思ってたのだけど、いいこと思いついた。ガラスを外す代わりに、原画の方はちょっと固めのOPPに入れ、自己紹介の方はそのまま触れるようにしたのだ。OPPの上からでもチラシの凹凸はわかるしね。
ま、問題は「その効果が売り上げに反映されるのかどーか」だけどさ。でも手法としては悪くない気がするので、今後の出品時でもこれはやるかもなー。

ちなみにこの原画はキーホについてる(ストラップでもよいのだけど)、豆本の原画。こいつをコピーしてカットして製本してるのよ。一般的手法としての「トンボ」は切らない、あたしは。あれやると無駄な紙がいっぱいできちゃうんだもん。ゴミは極力少なく、がモットーなのでね。

制作にかかれたのは夕飯後。またまた完成には至れなかったのだけど、焦ってもしょーがない。何とかなるっしょ。








(´ー`)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-08-05 00:54 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156