2017年 08月 24日 ( 1 )

ウチの前の、かつてのお屋敷跡は300坪ある。ここに10軒建つ、て話は以前書いたけど、いまはまだ更地の状態だ。何でかわかんないけど、着工は9月半ばから、てことになってる。(じゃあなぜあんなに急いで解体したんだ?)
それはともかく、いまはだぁ~れもいない無人の更地なわけで、剥き出しの土からちらほらと雑草が生え始めてるだけなのだけど、朝、ふと見るとカラスが散歩してる。飛んでないよ、「散歩」だよ。ちゃんと歩いてるんだ。もしくはぽんぽん、と跳ねながら進んでる。前に進んだり横に進んだり。今日で4、5回目だと思う。今朝もぽんぽんしてて、いつからやってるのか、いつまでやってるのか知らないのだけど(ずっと眺めてるわけにもいかないじゃん)、あれはいつも同じカラスなんだろーか、ああやって跳ねてるのは楽しいんだろーか、とハハに言ったらば。
『そりゃあ楽しいでしょう。いま、「土の上を歩く」ことができる場所なんてそうないんだから。土の感触も楽しいんでしょうね』
成程。でもいっつも1人(1羽)なんだよねぇ。ま、相手がいればもっと、なんてモンじゃないからいーのか。楽しんでるなら何よりだわ。

食器片づけはちょっとオヤスミして、先日作ってみた「保冷剤袋」の補修と制作。どーぶつ病院で使うモノね。何か時間外労働ばっかやってる気がするけど、あった方が便利なんだもん。でも誰も作らないからさー。
わんこにゃんこたちのために冷房は23℃とかになってるけど、それでも暑い。人もどーぶつもだったら尚更だよね。で、酸素室の中も当然冷えてはいるのだけど、熱の下がらない子がいて、保冷剤をタオルで包んで中に入れてあげてたら、中身ぶち撒けてくれてさ。こりゃイカンと思って作ることにしたのだ。あると便利だしね。大体、血液検査の機械とかもすーぐ熱くなってエラーになってしまうので保冷剤で冷やしてるんだけど、これもタオルで巻いて…だとズレたりするんよ。それに、保冷剤も小さいのが多いから、これらはまとめて袋に入ってると具合がいい。1つだけじゃあねぇ、たいして役に立たないし。せっかくでかいのを入れてあげたのに破壊してくれたから細かいのばっかで困ってたんだ。
前回は強力両面テープでジッパーを貼っただけなので、やはり洗濯ですぐダメになってしまったから、今回はきちんとチクチク縫い縫い。

それからすぐ近場でやってる、商店街の縁日に顔を出してみた。あたしが作った、子供用のおもちゃを入れる箱は大活躍してて、その隣ではインチョが商店街くじを担当してた。商店街のレシート4枚で1回できるやつで、1回分しかなかったのだけど、1000円になった。うふふ。(そしてこの「1000円」と書かれた袋もあたしが書いたモノだったりする。ちなみに5000円が2枚、3000円が10枚、1000円が50枚、500円が60枚だ。(これは勤務時間内に書いた)
あとでハハに『1000円になったよー』と報告すると、『…あなたってホントに…あら、見たことあるような字ね』。ははは。

夕飯は「新生姜の豚肉巻き」なるものを作ってみた。新生姜を薄くスライスして、豚スライスに巻いて焼き、あとから酒と醤油を回し入れるだけ。新生姜をこうやって食べたことはないのでちょっと新鮮だった。シャキシャキ感と、口いっぱいに拡がる辛さがたまんない。夏らしい1品だった。そーそ、ベランダの紫蘇が元気いっぱいなので、生姜と紫蘇を入れたのだった。紫蘇もまた何かに使いたいな。次は何かな。

「雑貨市」に出すカード類を仕分け、ミニカードなんかで封筒がないのもあったので(これだけ使ったりしたからだ)、それらの分を作って補充したり、なんてことしてるうちに夜も更け、明日は早番…今日も暑かったけど(あたしの部屋は夜になっても32℃あった…)、明日も暑いみたいだぁねぇ。来院は少ないかもなー。
そーそ、玄関先に久々に「0円箱」を出してみたらば、でかいビールジョッキやら何の変哲もない皿やらマグカップが出てた。ほんの2時間ばかりのうちに、だ。それで"え、これは出ないんだ…"と思う皿が出てなかったりする。ちょっと不思議。また何か補充しとかないとなー。







( ̄▽ ̄)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-08-24 00:27 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156