2017年 11月 05日 ( 1 )

目を覚まして、何だまだ8時10分かぁ~、とよくよく見たら、12時40分の間違いであった…びっくりした。寝たのは4時近かったけど、にしてもちょっと寝過ぎだ。断捨離の「だ」の字もできん。

ところで最近とても嫌な気分になるのだけど、ウチの方では毎週土曜の朝が資源ごみの日なのね。紙類やダン箱などを出すのだけど、ダン箱は遅くて紙類は早い。それが大体7時くらい。ダン箱は11時とかなのに。
で、土曜の7時というのはハハにもちょっときついとこがあるので、あたしが深夜に出すのだけど、これを朝5時くらいに持ってく輩がいるのだ。ゴミ収集の車ではなく、黒塗りの覆面車らしい。(というのは近所の洗濯屋から聞いた話) 何かすごくむかつくと同時に、気味悪い。住所入り封筒とかはマメに消してるはずだけど、残ってたりしないかなとか考えてしまう。印字されたのとかはまだ平気だと思うけど、黒マジックででかでかと書かれてたりすると、消しポンでも消えきってなかったりするしさ。何かいい対策はないかなぁ。

朝食後(ハハはこのとき昼食…)、てくてくと豪徳寺まで歩いてった。まぁ、何となくそういう気分だったのと、友人の病気快癒祈願だったので歩いてく方がご利益(?)がある気がしてさ。
昔から思ってることだけど、小田急線の「豪徳寺駅」、世田谷線の「山下駅」は、招き猫発祥の地とされる豪徳寺から遠い。世田谷線なら次の「宮の坂駅」の方が断然近いし、小田急は…最寄り駅と称するにはかなり無理がある。にもかかわらず、テレビや雑誌で紹介されるのはこの2駅なんだよねぇ。何でかねぇ。

てくてくと歩いてって、まずは世田谷八幡さんにお参り。青い目の青年と母親らしき女性と、若い日本人の女の子とその母親と赤ちゃんが記念撮影してた。「お宮参り」だよな、どー見ても。参拝客もちらほらいて、池の鴨(昔はいなかったのに! いつからあんな丸々と太った鴨が4羽も棲むようになったんだ?)を眺めたりしつつあたしも参拝。そして踏切はさんで逆方向にある豪徳寺。

こちらもまた結構な数の参拝者がいて、何とかウィークなるイベントをしてることを知った。招き猫の絵付けワークショップなんかやったりして。人いっぱいだったから覗くこともしなかったけど。
d0078532_017564.jpg
紅葉にはもーちょいだなー、てゆーか、ちゃんと紅葉するのかなぁ、この不安定な天気で日照時間が足りないからこのまま枯れてしまうかもしれないなぁ、と参道の木々を眺めつつ、招き猫の一番ちっちゃいのを1つ買った。これ持って参拝して、祈願成就と相成った日は、この招き猫を奉納するのだ。それがご覧の通りの「招き猫だらけ」になるわけだけど(この写真の後ろも前もさらにいっぱいで、棚にもある。古いのは苔むしてたりする)、ふと、この買った招き猫は彼女に渡すのがいいのか、自分が大事に持ってて、無事平癒したらあたしが納めに行くのとどっちがいいのかなぁと思ってしまった。販売所で訊いてみればよかった。

これはお寺の裏手にある、ひっそりとした奉納所なのだけど、カップルが記念撮影してたり、女の子数人でわいわいしてたり、狭いのに人いっぱい。そしてやっぱり外人さんも来る。何かもーホントに「どこにでも」いるようになった気がするな。よくこんなとこ知ってるな、と感心してしまうわ。日本のガイドブックとかも、ディープなとこ特集するようになったってことかもね。

帰宅してみたらば、ウチから豪徳寺の往復(八幡さんにも行ったし買い物もしたけど)、7000歩ってところだった。そんなもんか。もーちょっといってるかと思った。
帰ってきたのは午後4時で、それから恥ずかしながらの昼食、そしてシゴト。昨日の慌ただしさに比べ、今日は穏やかだった。あんまり早く終わってしまうのもね、何なんだけど。
さーて、買った招き猫(一番ちっさいので300円。でも昔はこの子たちには座布団があったのよ)、送るべきか持ってるべきか、悩むな。「早く治して奉納に来て」って言った方がいいのかしらん。








(´ー`)


[PR]
by yukimaru156 | 2017-11-05 00:17 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156