<   2007年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

このブログは今年は今日で最後です。次回更新は新年3日予定。アクセスしてくれてありがとう。みなさん、素敵な年末年始でありますように。

昨夜、ブログ書いたあと「個人的趣味によるちぎり納め」をした。つまりは友人に宛てた手紙とプレゼントで、2007年の「ちぎり納め」としてはこれ以上のモノはないのではないか…などとひとり悦に入ってたら午前4時。風呂入って寝て、9時前に起きてまずは投函。もしこのプレゼントを喜んでもらえたら、今年最後のコメントが入るかしらーん、と勝手に思ってる。まぁ、「喜んで」というよりも「受けて」の方が正しいか。

午前中のうちに買い物に出かけ、100均でオトート2号に頼まれた映画を録画するべくテープを買おうとしたら売り切れ…みんな考えることは同じなのか?次の店で見つけられたからよかったけど、なかったら1つ先の駅まで行くか、帰宅して消去しても問題なさそなのを探すかどっちかしかなかった。
いい天気だったから2号が泊まったときのままの布団を干して出かけ、帰宅したら曇ってきた気がしたので布団を入れた数分後に大雨…間一髪!青空まで階間見えてたのにびっくりだ。じきにやんだけど、これにヤラレた人は多かったのではなかろーか。冷蔵庫にある残り物を使いきらなくてはならないので豪勢な昼食になり、ひと眠りしたかったのだけどまだやること残っててどたばた。まぁ、あそこで寝てたらそば屋に間に合わなかったかもしれないしな。

そば屋は昨日同様ヒマかと思いきや、後半は結構な人になり、加えて28日から売り出してる年越しそばを求める人もいて忙しかった。人通りは相当少ないのにな。もちろんあたしも自分ち用に買った。ついでにえび天が余ってくれれば言うことなかったんだけど、15分前に終了。ゲットできたのはかき揚げ2枚とちくわとコロッケ…これはこれで美味しいのだけど、そばやうどんにコロッケを入れる心理、というのがどーもわからん。別々に食べた方がずっと美味しいのにといつも思う。同意見の人は多いのに、なぜ売れるのだろう…?
そば屋の制服は、クリーニング屋が休みに入ったので自分で洗わなくてはならない。明日早朝に発って帰宅は3日、4日から出勤だから今夜しかないってことでこんな深夜に洗濯機回してる。ご近所の方、ごめんなさい。うぅ~、さすがに眠い。明日起きれっかなぁ…。

来年からの活動についてここ数日あれこれ思いをめぐらすのだけど、「こうしよう」「こうしたい」という結論が出ず。ちぎり始めて10周年だけど、行き詰ってるのかもしれないなーと思ったりもする。それでも予定は(ありがたいことに)あるし、委託や注文をがんばってみるか、という気にもなってるから、来年もやっぱり「ちぎりまくって」いるのだろう。それが出来る環境というのは本当にありがたい。直接間接にあたしに関わるすべての人に感謝。
年が明けても、きっとあたしはあたしのまんまですが、みなさんこれからもよろしくです。
いい新年でありますように。
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-31 00:58 | そんな1日 | Comments(2)
朝方、リョーシンとオトート1号が千葉某所に出かけ、あたしは午後からまずは渋谷へスゥオッチを取りに行った。受け付けてくれたのは苗字が同じ女性で『あるようでない苗字なんですよね』とかちょっと話をする。受け取ったスゥオッチ(10年前のモノ)を見て『最初はニューデザインかと思いました、カッコイイですね』と言ってくれ、嬉しかった。気に入ってたから、新しいものとも思ったけど同じものがあればと思ったんですよ、と言ったらば、先月応対してくれた本社の人がいなければ手に入らなかったであろうこと、彼がここへ来るのは本当に稀であることなどを教えてくれる。すごいタイミングだったのだ、と改めて思う。何てったって、イタリアから取り寄せてくれたんだもんなぁ。礼状を改めて出すつもりでいるのだけど、お店の人にも何か持っていけばよかったと思うくらいイイ気分だった。

で、時間があって尚かつ映画のタダ券があったので観る。この券、特定の映画館でしか観られないのだけど、観たい!と思うのをやってるのはたま~にで、大抵は「ん~、無駄にはしたくないからコレでも観るか」というノリで観ることになる。(あとで「タダでなかったら金返せと思うところだな」と思うこと多数) 
何を観たかっつーと『トレジャーハンター2』。1を観てないのだけど、わかんないこたーないだろう、と。そのとーりだった。(これ以外だと『椿三十郎』か『サーフズ・アップ』…微妙でしょ) 内容はもー「あるんだかないんだか」で、金使って派手だけど残らない、いつものハリウッドパターン(?)。映画だからある程度のご都合主義は流すけど、ここまで主人公らが苦労知らずで来ると、折角の醍醐味が粗大ゴミだ。(あ、この台詞なかなかよいな。一字入るだけでこんなに意味が違う!ってやつで) エド・ハリスは「好きなオジン俳優ベスト10」に入るのだけど、こんなしょーもない役で使うなよっ!と思うことがよくあり、これもそーゆー映画のひとつになってしまった。ハーベイ・カルテルも好きなんだけど、いまいち見所がないし。観て損ではないけど得でもない映画だった、あたし的には。

そーそ、家を出る直前に、はんこ屋のMNちゃんから依頼していた住所印が届く。くぅ~、惜しい!2日早ければ賀状に間に合ったのにぃ~!この時期までに欲しい人いっぱいだろーからお客さん優先で、間に合ったらでいいからね、とは言っておいたからいいのだけど、にしてもちょいと惜しかったなと思う。でも「ちぎり絵・ざっか・絵本 さゆき」と入った、名刺代わりになるいい住所印が出来てよかった。

今日のそば屋は昨日と打って変わってヒマヒマで(とは言ってもやるこたーいっぱいあるのだけど)、あぁ、みんな休んでるかどっか出かけてるんだなぁと思う。昨日はいっぱい来た「スーツケースの人」も少なかったし。しかし、出かけるときは青空すら見えてたのに雨の中を濡れて帰る羽目になるとは思っていなかった…しかも家についたらじきにやんでしまったし。『SP』も今夜は再放送で最終回は来年にお預けらしい…ちょーっとあくどくないか、そのやり方は?
ま、いーこと(スゥオッチと住所印)あったから、雨もドラマの持ち越しもそんなに気にならないや。
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-30 01:16 | そんな1日 | Comments(0)

『ゼブラーマン』

03年 日本
昨夜、アイスを食べながらこたつで鑑賞。ってのが好きなのだー。しかもこーゆー「いかにもB級」みたいなのを観るのが。B級だからってバカにしてはいけない。ヒットしなくたってイイものはイイのだ。脚本はクドカンだし、監督は『クローズゼロ』の三池氏だし。哀川翔主演100本目の記念映画ってことでみんなして気合い入りまくり。
しがない小学校教師(生徒にはバカにされ、家族からも疎まれてる)、市川の密かな楽しみは、34年前に低視聴率(1.8%って…)故に放映打ち切りになった特撮「ゼブラーマン」のコスプレを楽しむこと。手製で白黒の布でスーツ(?)を作り、ブーツは黒い紙。で、鏡の前でご満悦…が、あまりの出来のよさについ、「ゼブラーマン」を知る転校生に見せたくなって町に出る。時を同じくして、防衛庁。横浜の八千代区(のみってとこがまた…)に出没したエイリアンの仕業と思われる事件の真相を追うべく、極秘任務として2人の自衛官が派遣される。そしてそして、怒涛の展開のあと、終幕はゼブラーマンとエイリアンの対決となるのだ!

最初は照れてるだけだった「ゼブラーマン」がスーツも態度も(ついでに能力も)パワーアップしてくのが見所。加えて教頭の大杉蓮、自衛官の渡部篤朗がいい味出してる。渡部は「組織にも上司にも媚びない、一見やる気のないアウトローだけど腕は立つ切れ者」役をやらせたら右に出る者はいないんじゃないだろか。単にあたしがドラマ『ケイゾク』が好きだったからかもだけど。ともあれ主人公はもとより、脇役がきっちり固めてるので「ありえないしょーもない話」が現実味すら帯びて、B級ではあるけど充分楽しむことができた。『白黒つけるぜっ!』って台詞をゼブラ男が言うと「いよっ、待ってましたっ」と喝采したくなるし。ホント、世の中「白黒つけたくなる」こと多いもんなぁ。これを観るまで、実は「ゼブラーマン」は世間の理不尽に立ち向かう男の話だと思ってたので、エイリアンと対決するのは意外だった。(エイリアン相手に「白黒つける」と言ってもなぁ、とか思わなくもないのだけどね) 

夜、そば屋から帰宅してじきにオトート2号が福岡から着。「ゼブラーマン」の話をしたらば、以前観たときに途中で寝てしまったので観たかった、福岡では明日だか明後日だかに放映なのだ、と言ってた。深夜枠でもタイムラグがあるもんなんだなぁ。
そぱ屋出勤までは年末年始を過ごすための荷造りをしてたのだけど、まだ終わってないのでこれから。あちらではパソはおろか、ビデオもない生活に入るので(日中は畑仕事だ、たぶん)、夜の内職用にチラシを持つ。あ、スケッチブックも忘れないよーにしなくては。
そば屋で年越しそばを売り始めて、あぁ~、年末だぁ~、という気分になった。
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-29 02:23 | 行った観た読んだ | Comments(0)

大掃除(自室)と賀状書き

何が何でも今日、大掃除を決行しなくてはならんかった。明日がゴミの最終日なので。だってのにいっこーにはかどらず、どこから手をつけたものかまたまたわからなくなり、いつものよーに「整理整頓して収める」形になり、我ながら進歩のなさに愕然。見た目はよくても(まあ、あまりよいとも言えないが)、いらないものを捨ててこその「大掃除」なわけで、これでは単に「お片づけ」。昔書き殴ったものとか、スケッチとか使えない(と思われる)チラシとか本とか、一気に捨ててしまえば気持ち的にもかなりラクになれるはずなのに。

いらないけど捨てられないものの中に「人からもらったもの」というのがある。こういうの、みんなどうしてるのだろう。“使わないし(使えないし)、邪魔だし好きじゃない”モノたち。いざ捨てようとすると、それをくれた人の顔とか状況とか頭に浮かんできてしまって、その人に対してすごーく失礼かな、と思ってしまって捨てられなくなるのだ。ぬいぐるみとか人形とかもそうだな。それに本も。ああ、この本つまんなかったー、と思ってもそれが人からの贈り物だと思うと処分できない。まさか「処分してもいいか」とも聞けないし…てなこと考えてるから一向に進まないのだ!手紙とかも束になって、毎年詰め込まれてく。もし急に「引越し」なんつーことになったらどうするのだろう。そのときが来ないもんだからこういう状況を作り出してるわけだけど。

夕方から再び賀状書きに専念し、今年は少し削らせてもらって90枚書いた。でもきっと正月明けたら“あ~、この人に書いてなかったー”とか思って書くだろーから、結局100枚にはなるだろーな。
にしても毎年みんなからもらう賀状はキレイな印刷ばかりで、自宅プリントだってもーちょっとマシなのが出来るはずなんだけど、今年のは何だかなーな出来。せっかくスキャナーをつないでもらったんだから、もーちょっとイイのが作れるようがんばらねば。

気ぜわしいばかりで、何かがちゃんと進んだよーには思えない1日だった。明日から30日までそば屋なんだから、もーちょっと有意義に過ごせたはずなのにと後悔ばかりが先立つ。
とか何とか言いながら、今夜はこれから『ゼブラーマン』を観る予定なのだ。録画したら絶対観ない気がするし。つーのは言い訳かもだけど。

明日深夜にオトート2号が到着し、あたしを除くみんなで千葉某所に行く。31日に追っかけてく予定なんだけど、その高速バスの手配がまだ出来ていない…ネットで買えるはずなのだけど、こういうことにもしどろもどろでイヤになるなぁ。PC嫌悪を早く克服せねば!こいつが来年の抱負?ってのもちょっと芸(?)がない気がするけど。
来年の賀状には新年の抱負がない。「ちぎり始めて10年!」とか書いてるくせにね。やれやれ。
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-28 00:23 | そんな1日 | Comments(2)
まずは玄関のおーそーじ。戦闘服に着替えて水ばしばし、デッキブラシがしがし。なぜか広いのだよね、ウチの玄関は。でも昔はここに7人住んでたわけで、オトート1号と2号のでかい靴がごろごろしてたから広さ的にはよかったのだけど。ついでに石畳の階段とか壁面を磨き、昼食のあとは台所壁面。昨年は大掃除を免除してもらったので、今年は気合い入れた。ハハが床を磨き、あたしはクリーナーで壁。2人して黙々…と思いきや、ハハの話題はべるでーへ。いい選手獲得に動いてるから来年はイケるはずだとか、柳沢がどーしたこーしたとか。彼の顔は(顔は、ね)、昔ちょっとタイプだったのだけど、いまはとんとテレビを観ないので活躍してるのかどーかも知らない。でもしてるのだろう。鹿島が手放さないのだとぶーたれてるから。

ところで、商品の謳い文句としてこの冠に弱い人はかなりいるのではないかと思う。
「ドイツが開発した×××」
こないだ100均で見たときにヤラレて(そそられて)買ったのが「落ちV(ブイ)」。「洗剤不要、水だけでOKの科学スポンジ」なるもので、ステンレス磨きとかによいらしい。いろいろタイプがあるのだけど、長~い、必要な分だけカットできるというのを買って使ってみたのだ。す、すげぇスグレ物!ちょっとびっくり。水道の蛇口とかヤカンとかステンレスのボウルとか、磨いてるうちに気分よくなってきて、あれもこれもと磨いてった。おかげでぴっかぴか。さすがドイツだ~。台所用品とか、この手のスグレ物は多い気がするな、やっぱり。でもってこれが100円で売られてるってことは、特許を取ってないってことだろう。えらいぜ、ドイツ。

そんなこんなであっちゅー間に夜になったので、今度は(自室の掃除はほっといて)せっせと賀状書き。印刷したのは絵だけなので、昨年の賀状を見ながらそれぞれに(微妙に)異なる文面を書く。今年、一度も会わなかったのに「お世話になりました」とか書きたくないしね。そんで筆ペンで宛名書き。やーっと1/4くらい終わったところ。寝るまでに何とか仕上げたいのだけど、どーかなー。
あたしは賀状だけは「縦書き」で書くのだけど、何か毎年この縦書きが下手になってる気がする。まぁ、昔から得手ではなかったけど、賀状以外のとこで縦書きをする機会というのが減ったからなんだろな。何か日本人としてヤだなぁと思うのだけど、かといってじゃあどこで書く、というと手紙はもっぱら横書きだし、考えると縦書きの機会ってない。(昔は小説を縦書きで書いてたからね、ちょっとだけでも機会はあったわけだ) 宛名印刷の人も増えるってことは、縦横関係なく「字を書かない」人も増えるってことだよなぁ。

メールなどの字を入力するのと、手を使って文字を書くのとでは、脳味噌を使う量が全然違うのだそーだ。いくらここで長文書いたところで、さして脳味噌は活動してないってことらしい。もっと書かなきゃだめだよなー。

あ、そーそ、今日は掃除前に豪徳寺へクリマカ回収に行ってきたのだった。う~ん、ちょっと厳しい状況。も少しいってくれると思ってたんだけどな。じゃんねんであった。
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-27 01:06 | そんな1日 | Comments(0)
掃除が、どっからどー手をつけていいかわからなくなってしまい、時間が無駄に過ぎてくよーで自分にハラが立ち、まずは賀状をやっつけることにした。と言っても「あけましておめでとう」をとりあえず100枚書いたとこで出勤時間。筆ペンのインク(墨汁と言うのか?)がなくなってしまったので買いに走ったり、ついでに買い物頼まれたりしたからな。今夜これからまた始めるか~、と思ったり、何かもー疲れたからいいや、と思ったり…今日のそば屋は平日らしく結構な人出だったのだ。クリスマスとかもう関係ないや、って感じ。もともとそんなに関係ないとこへ、たまたま休日となったから昨日はヒマだったんだな。ラスト5分前でかき揚げ、コロッケが終了し、いろいろ持ち帰りたかったのに(そーゆーときに限って)ちくわが3本、えび1本、という内訳。ま、あたしが食べたいからではないのだけど。

はーあ、ついに来たか、って奴が来た。そば屋で酔っ払い…なのかどうかちと微妙(酔ってるのかもともとの性格なのか不明)。客に因縁つけて、間に入ってとりなしたんだけどこっちの言うことなんか聞きもせず、込み合った店内の客はどん引き、因縁つけられた客はたじたじ、連れの女の方が(なぜか)強気…『警察呼んでもらうわよ!』『オレが怖いと思ってんのかよ?バカにすんなっ!』バカかお前は。釣られてこっちまで強気で行くかと思ったとこへ厨房から助っ人が来て、諌めつつ店外へ出してくれた。ったくもー。どー見ても30代後半のリーマンのくせにガキみたいに騒ぎやがってアホかい。
でもおそらくは夜の飲食店では日常茶飯事であろうこういった騒ぎが、ここでは少ないのも確かだと思う。ケチつけてきたり、文句言ったり騒いだりする客はほとんどなくて、みんな大人しくそばをすすってる。店いっぱいの人でも、聞こえてくるのはそばをすする音だけ、というのは平和だ。

帰宅途中、あちこちで見られる電飾は今日が最後なのかなぁとちょっと切なくなった。庭木だけでなく、ベランダや玄関までにぎやかに色とりどりの電飾をつけ、出窓にツリーを飾ってた家もあって、12月に入ってからは随分楽しませてもらった。暗い夜道だから、防犯の役目も果たしてたかもしれない。すぐ近所の家の電飾は、以前始めたとき『これから毎年1つずつ増やしていこうと思ってるんですよ』と言ってて、それがもう6つか7つになっている。それを目印にチャリをこいでくる形になるので、なくなったら淋しいだろな、やっぱり。
我が家では庭木には飾っていない。あれって、外に電源がないとできないよねぇ?部屋から延長コード伸ばしてもいいのだけど、そーすると窓を少し開けておかなきゃならないし、それは防犯上、よろしくないのではないかということになってるのだけど。それともみんな外に引っ張ってるのかなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-26 01:19 | そんな1日 | Comments(0)

メリークリスマス~♪

ついぬくぬくと寝坊してしまい(昨日はあれから録画しておいた『SP』を観て、そのあとCSをザッピングしてしまい、気がついたら3時過ぎになってしもーた…)、イイ感じのお日様だったので布団を干した。そーいや昔、オトート2号がパチンコでゲットしたCDの山の中にM・キャリーのクリスマスソング集があったなーと思い出し、久しぶりに聴いてみる。久しぶりというより、部屋で聴くのは初めてではなかろーか。以前立川で出店してたとき、1週間ずーっとコレをかけられて発狂しそーになり、以降聴きたいとも思わなかったのだ。今回聴いてみたらば、あのときかけてたのと曲が違うので意外にも新鮮だった。ま、だからってずっと聴きたいモンでもないけど。

そば屋から帰宅したら部屋が雑然としてるのはヤだなぁと必死になって片付けたのだけど、明大前のギャラリーオークにも顔を出したかったのでほどなくタイムアウト。(だからもっと早く起きねば~!) 出かける直前に国立naksiの企画展『クリスマス雑貨展』の作品が戻ってきた。15日には終了してるので(ご来場の方々、感謝です!)、少々焦れてたのだけど、電話しないでよかった…かな?もちょっと早く戻ってくれれば他に回せたのに残念。クリマカ(カード)は売れてたけど、オーナメント類はてんでダメだった模様。まだまだ詰めが甘いと反省。

ギャラリーオークさんにて、オークでの売り上げと、落ち合ったKNさんから三島での売り上げをいただく。助かった。ここでもダメだったら、来年のクリスマスは在庫放出になるところだった。それはそれでよいのかもだけど、やっぱねぇ、心情的にねぇ。結局は似たカードを作ってしまうのだけどさ。
ここで珈琲とクリスマス菓子のシュトレーン(だっけ、シュトーレンだっけ…田舎モンなのでわからん)を美味しく頂戴した。ご近所の方の手作りだそうで、ほどよい甘さとボリューム感。お菓子なんてもー何年も作ってないなぁ。ジャムくらいなら作ってるけど。あ、そのジャムを餃子の皮でくるんで揚げるという、簡単ジャムパイは作ったか。あれはあれでよかったな。
KNさんと仕事の話をちょこちょこ。来年どうするかという具体的なモノを何も持っていないので、ああ、そういうことやってもいいかなぁ、と思ったり。できる能力があればよいのだけど。

そば屋(はヒマだった~、そんでも客が5人をくだることがないのはある意味立派かも)のあと、我が家でささやかなクリスマス。ケーキの代わりに、シュガープラムというチョコ菓子を食べる。これ、アメリカのクリスマス菓子らしくて、ドライプラムやフルーツのたっぷり入った濃厚なチョコレート。かなりの食べ応え。(よってトーニョーのチチは半分で没収…のはずが2/3は食べてたけど) 
ガラスの小さな器に水に浮かぶ蝋燭を入れて、ゆらゆら揺れる炎を楽しみながらこれを書いてるのだけど、寝るのにはちょっともったいないな。も少しこの炎を堪能してから休みます。

みなさん、いいクリスマスでありますように。
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-25 00:52 | そんな1日 | Comments(0)
いいお天気だったので掃除に精を出すつもりが、リョーシンが『いつ賀状を印刷してくれるのか』とやいやいゆーので、それは夜にと思ったけど昼からやることにした。ハハのは割りとすぐに出来たのに、な~ぜか、チチので詰まる。差出人の名前が出ないのだ、どーゆーわけかっ!あったまきてPC壊すとこだった。だって「登録→確認」の作業ではちゃんと入ってるのに、印刷プレビューでは抜けてるんだもん。
で、なぜできたかとゆーと、去年、じゃなくて今年の宛名印刷にしてやってみたら出来た。のだと思う。続いて自分のもやってみた。賀状はずーっと(でもないのだけど、正確には)「手描きでいく」ことにしてたので、いろいろ思わなくもなかったのだけど、先日(先月か)スキャナーを接続してもらえたので試しがてら「賀状印刷」に挑戦した次第。ちぎったねずみ君をスキャナーに入れ、取り込むことは出来たものの、それをどうやって賀状の「ちょーどいい部分」に入れるのかわからず四苦八苦。あれこれ試してたら不意にあっさり出来たのでちょっとびっくり。再来年も出来るとは限らないなぁ。てことより、再来年はどーやって牛をちぎるのだ?の方が気がかりだったりして。にしてもこのねずみ君、何か横綱みたいなんだけど…うぅっ、見れば見るほど妙かも…素直にカレンダーに入れたタイプのねずみにすればよかった…。

印刷でごたごたしてるときに、スゥオッチの店から電話が入った。先月の28日(更新は29日)に、ガラスが割れたので直せたらと持ち込んだら『溶接してしまっているのでガラスを直すことは出来ない』と言われ、そしたらたまたま同店にいた部長サンだかが『自分が責任を持って預かり、同じものの在庫があれば取り寄せる』と言ってくれたモノ。10年は前の、しかもポルトガルからの帰途(つまり飛行機ン中)で購入したものだから、「なくて当然」だと思ってた。けどあったらしい。何でもイタリアから取り寄せてくれたのだそうだ。泣ける。過日のそのブログでも書いたけど、特別な記念とかそういうのじゃあない。ただ何となく愛着があり、見易さも文字盤や色も気に入ってたから、あるなら同じのが欲しかったのだ。(ホントは直したかったけど) 価格を聞いたら1.6万弱。当時の価格でいいそうだ。取り寄せるのにもお金かかってるだろうし、探すのは大変だったと思うけど、「ちゃんと仕事をし、適性な価格を請求する」姿勢にただただ感謝。自分もまた、かくあろうと思った。クリスマスイヴイヴに、形ではないいモノもらった気がした。

にしても最近ちと散財気味だ。ゾーヴァのカレンダーも到着し、その入金もせにゃならん。なのに本買っちまうわ、忘年会ではしゃぐわ、ちょいとやばい。がんばって(?)帽子はまだ買ってないのだけど、な~んの自慢にもならん。ハハに以前、『安物買いの銭失い』と指摘されたけど、ホントにそのとーりなんだよなぁ。クリマカでどんだけ回収できるのかわからんけど、「それはそれ」だし。
まいーや。何とかならーね。とりあえず来月のネンキン納めたし。10日の給料日まで(と、遠い…)、何とかもたせてやるわい。
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-24 01:40 | そんな1日 | Comments(0)

大掃除前哨戦と忘年会

何だって人がガラス磨きだとか大掃除(前のそーじ)をしようとゆー日に限って薄らさむ~い、お日様のない天気になるんだろか。日頃の行いか、やっぱり。んーむ。悪いことしてないはずだけど、いーこともしてないからなぁ。
ともかく「今日は片づける!」と決めたのでそーした。使ってない机(じーさんのおじさんが作ったという木製の学習机。これで受験を乗り切った)の上にあるごっちゃらごっちゃらしたモノを区分し、多少はすっきりさせて、これまた使用してない小机を乗せ(強引…)、あれこれと移動。ほんとは紙類(チラシではなく、昔書いた雑文とかスケッチとか何かの覚書きとか)を整理したいのだけど、それ始めると他になーんもできなくなるのはわかってるので大まかに分類。キレイなカレンダー写真(95年のまである!もしかして使えるのではと思ったら曜日が1日ズレてた)が結構な量出てきたので、これは後日封筒を作ることにした。A4サイズとかに作っておくと便利なのだ。受け取る方も嬉しいし。たぶん。
結局、掃除ではなく「移動と分類」で半日が終り(ゴミも少々しか出なかった…すっきりさせるためにはきっぱり捨てなきゃいかんのに!)、夜は忘年会。

ご近所の腐れ縁系な友人(KANZIという、いまはないタイ雑貨衣料の店に出入りしてたメンツ)で近場の飲み屋に集まる。風邪っぴきや家族サービス組を除く8人が集まり、7時~12時過ぎまで食べてだべって食べてだべって食べてだべった。(あたしはジンジャー2杯。あとの連中は知らん。ベルギービールが豊富な店でみんなビールだったくせに、最後はなぜか半数が赤ワインだったな) MCが中国人の旦那(日本に3年いたので日本語はぺらぺら…ビミョーに怪しいとこあるけど)を連れてきて、メンツにひとり中国語をかじってるのがいるので、「ここは中国語会話教室かい?!」と突っ込みたくなるよーな、妙な盛り上がり方をしてた。
途中から中国人の彼の友人が飛び入り参加し(彼は日本人)、彼もまた地元民なので終電を気にすることがなく楽しかった。地元だとそういう心配がないからラクちんだ。

去年の忘年会はあたしはタイにいたので不参加で、そのタイ本の話題になり、『最初は本屋であまり見かけなかったのに最近はよく目にするようになった』と言われる。そーなのか…知らなかった。まあ、タイはこれからがベストシーズンだからなぁ。みんなして『印税は入ったか?』と言うのだけど、印税どころか重版の予定があるのかどーかさえ知らない。ギャラの入金も知らないうちに入ってて、お礼(と、その後の反響はいかがでしょうか)メールしたけど返信もないし。手持ち分がゼロになったので、そろそろまた送ってもらわないといけないのだけど(買うのよ、もちろん)、faxじゃなくて電話にしようかなぁ。あたしの個人販売で40冊は売ってるから、全国で3960冊売ってくれれば3961冊めから印税が入る(はず)なのだけど。しかし当の作者が売れ行きを把握してないってのはイカンよな。

飲んでないけど、酔ったみたいに何かふらふらしてるので今日はこのへんで。明日は大掃除。ではなくてまだまだ前哨戦。本棚に手を入れられるのはいつになることか。あぁ、その前に賀状を書かなくては!
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-23 01:58 | そんな1日 | Comments(0)
植木職人さんが来て(9時くらいに来るのかと思ったら8時過ぎに来た!ぎりぎり起きてたけどやばかった…)、あたしはPC部屋(モト納戸)に引っ込み、チチの賀状プリントに専念した。どーして文字が青みがかるのかとーっても不思議だったのだけど、あれこれ試してたら、インクジェット紙と指定するとちゃんと黒になった。インクジェット紙ではなくて再生はがきの賀状だったから、官製はがきの指定にしてたのだ。そんなに違うものなのか。ふーん。

柄もちょびっと入れて、まあ悪くない出来。しかし寒いっ!この部屋はとんでもなく寒い。陽があたらないせいもあるけど、そろそろ暖房(ストーブ)を入れなきゃイカンかなーと思う。思ってる間に出来上がったから入れなかったけど。アレ使うと何となくボケてくる気がして(それでなくてもボケてるのに!)、着膨れ状態でしのげる間は入れないよーにしてるのだ。あたしの部屋のカーペットもまだ電源入ってないし。
とりあえず裏面120枚だかを印刷して、銀行に行った。並んでた。郵便局に行った。ここでも並ぶ。スーパーに買い物に入った。ポイントカードの換金日で、これも並んだ。何だってこーどこもかしこも並ばねばならんのか。年の瀬だから?クリスマス前を「年の瀬」と呼ぶことに抵抗を感じるのはあたしだけ?おろしたお金は財布を温めることなく無粋な機械に飲み込まれ、そーやって素通りしてく札をただ涙を飲んで見送る以外にないってのは、年の瀬じゃなくても切ないのう。

昼食に辛ラーメンを食べる。韓国の辛~いラーメンね。初めて食べたときは「辛い!美味い!」と思ったけど、何度か食べるうちにフツーになってしまった。そば屋の仕事始めてからラーメンも食べなくなったので結構久しぶり。パスタとかもあまり食べてない、そー言えば。いや、ちょっと前に食べたか。同じ「麺モノ」であってもそこはそれっつーか、違うもんだな。キャベツいっぱいとタマゴ(半熟具合がよくできた)を入れて食べた。美味しかった。
風邪じゃないんだけど、ハラが痛くて“あ~、やだやだ~”とぷつぷつ言いながらそば屋に行く。行ってしまえば、痛いだの何だのと言ってられず、しかも今日のメチャ混み具合ときたらちょっと半端ではなかった。1週間のうち、金曜が一番混む言われてるのだけど、“そうかなぁ、平日はみんな似たよーなモンで混むだろ”と思ってた印象を覆すほどの混雑。かき揚げ200枚があっちゅー間にはけ、そばはラストオーダー5分前に終わってしまった。明日からの3連休で、みんな財布に負担かかんないよーにしてんのかな。

そば屋での休憩中、ちょこっと甘いものが食べたくなるので、キャラメルとか持参してたりするのだけど、今日スーパーで「コーヒービート」を見つけてしまった。なつかしぃ~!マーブルチョコはよく見かけるけど、コーヒービートはしばらく見ていなかった気がする。珈琲豆の形と、ホロ苦い感じがよいのだよね。昔から大好きだったのだ。
明日こそは大掃除前哨戦に取り掛かるぞっ!
[PR]
by yukimaru156 | 2007-12-22 01:45 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156