<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

そば屋でちょい切れ

午前4時に寝て、6時間後には朝食して仕上げたカレンダーを発送しに行った。(の前に昨夜しこたま持ち帰った天ぷらをご近所にあげた) 帰宅して、ほぅと息つく間もなく、まずは玄関掃除。やたらある靴(チチのが多い。何か好きでよく買うのだよねぇ、この人)を片して、デッキブラシでがしがし。天気よくてあったかだったのでさほど苦ではなく、続けて窓ガラス磨き。は、一部で免除してもらったけど。だって「昼メシ食ってそば屋」な時間だったんだもん。その昼メシ、オトート2号がお歳暮(?)に送ってくれたカニで作ったカニ鍋の残りだったのだけど、味わう時間もなかった。ばばっと食べて『行ってきまーす』、みたいな。せわしないことこの上ない。

やたら眠くてしんどかったのだけど、まあ仕事となればそれなりにまたカラダも動くわけで、洗剤と雑巾持ってお客さんのいないスペースをせっせと磨く。腰は痛いわ、手はガサガサになるわ、腱鞘炎モドキが復活してくるわ、で手抜き…にはならず、“こっちの角も気になる、あそこもやりたい”が出てきて困る。何でかね、性格かね、これは。
で、ちょい切れた。

自分だけ忙しくて他の人がそーでもない、というのはある程度までは許容できる。が、もちろん限度はあるわけで、いきなりそこに到達してしまったのだ。
お客さんはちらほらで、厨房内は結構ヒマそう。なのはよいとしてホール磨きに専念してたのだけど、持ち帰り用の年越しそばご所望のお客が来ると、その人はまず厨房に声をかける。厨房の人があたしを呼ぶ。あたしは洗剤まみれなのでまず手を洗って対応しに行かなくてはならない。何度目かでぷち切れた。お客さんに笑顔で『ありがとうございました、よいお年を』と声をかけて送り出したあと、厨房を振り返って30代、40代、50代の男衆に鋭く言い放った。

『ヒマな奴が動け、バカめ』

あーあ、言っちゃった。だって「ホールに出てる人が年越しそばを売る」なんて決まりはないんだもん。バカ共が勝手にそう思い込んでるだけで。客がいなけりゃぼけらっと突っ立ってるだけで、なーんもしとらん連中に軽く冷水を浴びせたことでちょっと気が晴れて、また磨きに専念した。彼らも決して悪い連中ではないので(それに、その一発を本当にくれてやりたい奴は休憩中だった、ちっ)、言えばちゃんとわかる。のだからあの言い方はなかったよな、とも思ったんだけどさ。言うときはそこまで頭廻ってなかったんだよね。ま、あとはお互いフツーにいつものよーに接してられたから、この「ぷち切れ」もどってこたーないっしょ。

さてさて。カレンダーを発送し終えたとこで(ご近所の友人にはまだだけど)、やーっと「個展が終わった」というキモチになれた。長かった…ハハにも『年の瀬に個展するものじゃないわね』と言われた。ホントにそのとーりだ。疲れたー。でもこれでホントに熟睡できる気がする。(って、これまでもしてたわけだけど) 
部屋は(個展の片付けとしては終わったけど)ごちゃごちゃのまんまだし、それより何より賀状が全然できてないのだけど、そば屋7連チャンの2日めがやっと終わったばっかで、体力温存…つーより復活のために今日はもー寝る。賀状は、「来年はくれた人にだけ」という、かつてやったことのないバージョンになるかもです。このやり方、邪道っぽくて好きじゃないんだけどさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-31 02:07 | そんな1日 | Comments(0)

おにゅーテレビ来たる!

とっぷりたっぷり、8時間も寝てしまった…起きてしばしボーゼン。昨日の買い忘れだとか何だとかを頼まれて帰宅すると午前中が終り、カレンダーに着手するも、うぁっちゅー間にそば屋出勤時間…作ってる間、ハハが階下で台所を磨いたりしてる気配がしてて、あぁ、申し訳ないなぁ、と頭が下がる。窓磨ききもあたしの仕事なのにできそーにないし、せめて玄関くらいは…っていつやるんだろう?賀状はきっともの凄く遅れます、ごめんなさい、友人諸氏。

ウチのイカレテレビはもーホントにダメらしくて(先日は10時間以上もずーっとモノクロならぬ青白テレビだった)、ハハらと『(新しいテレビを)歳末セールに買うのがいいか、正月セールか』と言い合ってたのだけど、2号がいるうちに買って接続その他してもらうのがよかろーということになり、チチを交えた3人で買いに出かけた。
あたしはそば屋だったので、帰宅したときにはもー接続もばっちしで、テレビ周辺にあったビデオその他はキレイに片付けられてたのだけど、それを見るためにはビデオをまた接続してもらわにゃならん…今後はDVDになるのはよいとしても、この溜まりまくったビデオは観たい…2号は親切なので、明日どーにかしてくれるのだそーだ。助かる。(帰宅してから接続するまでが結構大変だったよーだ、ご苦労さまでした)

にしてもあれこれ機能がいっぱいで、CSの他にBSも観られるよーなのだけど(そもそも違いがよーわからん)、覚えるのが大変そうだなぁ。録画するにはどーしたらよいのかとか、予約とか、観るためにはどーしたらよいのかとか、あたしのこのアナログ頭でついて行けるのだろうか…不安だ。しかも彼がいるうちに教えてもらう時間があるのかどーかさえ微妙…。
『オレがマニュアル読んで覚えて教えるより、アネキが読んで覚えればいいんじゃん?』
いや、ごもっともなんですけどね。活字は何であれ読むの好きなんだけど、どーゆーわけか、マニュアルとゆーモノは(それが何であれ)、読んでもちーっとも頭に入らないのだよ。言ってることがさっぱり理解できないとゆーか。何でかなぁ。

そば屋はメチャ疲れた。ヒマで。これがつらい。そりゃやることはあるのだ。いつもより徹底的に磨くとか何とかかんとか。でもさ、お客さんはいるわけで、そーそー磨きに専念してられるわけでもない。すごく中途半端なのだよね。これが明日も続くのかと思うと“あたしをウチに帰して!”と叫びたくなる。かき揚げ60枚なんて作った気にならないし。(とゆー感覚が既にヘンだと思うけど、そーなのだ。ここにいると200、300当たり前~なので) 普段の忙しさに慣れた身としては、時間の経つのが遅いこの「ゆるゆる」がきつかった。

大晦日はそば屋は早くに終わるので(この日こそ最後(11時)までやれ、とお客さんに言われそうな気もするけど)、2号に伝授してもらおーかな。できるかなぁ。
ともあれおにゅーテレビは薄型だし色もココロなしかキレイだし、イイ感じだ。使いこなせれば、ね。
さて、カレンダー仕上げて、明日はウチの仕事をちょっとは手伝えるかな。
[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-30 01:11 | そんな1日 | Comments(3)
年内最後のお休みっ!なのだけど、まーやることテンコ盛り…寝たのが4時過ぎだったので、起きたら10時半。朝食後、まずはハハの「年末年始のお買い物」に付き合う。お節はどーするの(特にコレといったことはしないのだけど、でも黒豆は欲しいねとか)、何が必要だの、あれこれ言いながらカート転がしに専念してた。ら、『餅はエチゴがいーのにない』とのたまう。確かに各社の餅が積まれてはいるけど、ハハの言うのが見当たらない。特売品ではない棚に行ってみても同様で、そんなこだわりがあるとは知らなかったあたしは(だっていつも米屋で買ってるし。今年は予約を忘れて間に合わなかったからスーパーで買うのだ)、『餅はエチゴがいいの?』と尋ねたらば『タカハシがイイって言ってるから』と言う。タカハシ?誰だ、それは?
『ヒデキよ、高橋秀樹』
……絶句。よもやその「タカハシ」とは思いもしなかった。42年彼女のムスメをしているが、まだまだ驚くことは多い。彼が「いい」と言うのはCMだからなわけで、ンなこたー百もショーチだろーに。“そーゆーモン”なのか?ま、いーけどね、どーでも。つーか、その餅はなかったので別のにしたんだけど。

金が足りなくて走らされるというオチまでついて、帰宅してからまずはクリスマスグッズの後片付け。ウチではほっとんどやらなかったよーなモンだけど、個展のディスプレイに使ったりしたのでそれらが出っ放しだったのだ。それから、せめて自分の部屋くらいはも少し何とかしよーとしたのだけど、どーにもならないうちに夕方近く。個展後の荷物整理と机周辺をちょろりと片付ける程度で終わった。

夜になってとりあえずひと息ついて、「これが済むまで個展は終わらないっ!」と思ってた卓上カレンダーによーやく着手。(礼状は今朝方書き終えた。遅くなった友人諸氏、すまぬ) さくさくと作業を進めてるつもりが、気づくと夜更け…オトート2号到着。紅茶なぞ飲みながら、家族で四方山話をあれこれ。で、ひと息ついたら1時をとっくに廻ってた、という次第。ううっ、カレンダーが…やるけどね、これからまだ。お客さんたちはどの人もみぃーんないい人たちで『新年、落ち着いてからでいいですよ』とおっしゃってくださってたのだけど、あたし自身が気に入らないのだ、それは。逆に落ち着かないというか。借金残してる気分というか。(実際お金を先に頂戴してるからそのとーりなのだけど) 賀状は遠い。大掃除はさらに遠い。今夜あたり、2号と映画でも観れるかとちーと夢見てたんだけどねぇ。夢に終わるか。賀状、なぁ~んも考えてないし…元旦に着かなかったらごめんなさいです。最近はメール賀状も増えてるから、30日くらいに出しても元旦に着いたりするみたいだけどね。

メール賀状と言えば、こないだクリスマスの日。搬入出を手伝ってくれた友人やクリスマス出来なかった甥のYGに何かいいメールカードを送ろうと思ったのだけど、ずーっとアクセス過多(?)で入れなくて“考えてるこたー同じかぁ”と思ってしまった。便利だもんな。タダだし。カード屋が苦戦して当たり前だわね。(だから益々「アナログ勝負」したくなるわけだ)

さて、明日から怒涛未踏の7連チャン勤務。そーいや昨日、そば屋で『雪丸さんは風邪ひかないっすね』と感心されたな。『バカだから?』ときーたら『いやぁ』とごまかしつつ、『だってウチ(そば屋)でもみんなひいてるのに雪丸さんだけ大丈夫じゃないですか』と言われる。確かにそーだ。『個展前なんだからやめてよねっ、近づかないで!』とか言いつつ、ゲホゴホしてる連中と一緒に仕事してたし、帰ったら帰ったでチチまでゲホゴホしてて速攻で病院行かせたりしてたけど、なぜか無事…やっぱホントにバカなのか、まだ気ぃ張ってるのか、それとも単に丈夫なのか。どれでもいーけど、そろそろ倒れて寝込んでみたい。
[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-29 01:43 | そんな1日 | Comments(0)
あたしは写真が下手だ。(だから旅先ではカメラではなくスケッチブックを持ちあるいて描いたり書いたりしてるのだ、という会話から『タイへ行きたい!』の仕事が舞い込んだのだから世の中わからん) 昨日、デジカメで撮った写真をプリントしてて(ちゃーんと印刷される…何故印字はできん!)、つくづく「ダメだ、こりゃ」と思った。フツー撮ったら(デジカメは)ピンボケかどうか確認できるわけで、したはずなのに何故かピンボケ…しかもギャラリー内を全部撮ったつもりなのに撮れていない…どーもPCだけに限らず、電子機器全般に対して「ダメ」であるらしい。
『アナログで行け』
という神の声なのだ、という気もしてきた。ギャラリーをスケッチして廻るつもりはないけど。でも根っからのアナログ人間なのだ、と思った。しかし「個展を観られなかった人」には不親切この上ない写真になってしまったなぁ。絵も何か黄ばみがかって撮れてるし。反省した。でも来年もアナログで行くことだけは確かだ。(つまり反省は生きることがない)

個展前あたりからなのだけど、このカナ打ちブログ(あたしは英字ではなくかな打ちだ)、表示が「かな」であるにもかかわらず英字変換されるようになってしまった。むかつく。個展中もずっとむかついていて、でもここで書くのもメンドで書かなかった。
一体何の拍子でそうなるのかさっぱりわからないのだけど、こうしてフツーに打ってて、親指シフトキー(と呼べばいいのか?)で漢字変換すると、その次に打つキーが英字になるんだよねぇ…Caps Lockのキーで一度英字にして、も一回かなにすると戻る。でもとーってもロスしてる気がする。第一メンドい。やだやだ。

今日もそば屋で、8時過ぎに『かき揚げ2バット(40枚)じゃ足りないよねー、あといくついるかなぁ』とエビを揚げながら洗い場の人と喋ってたら、ドンブリを下げてきたおじさんに『ちょっと』と声をかけられた。普段、そうやって話かけられることがないから、“うわ、何のクレームだ”と一瞬身構えたのだけど、おじさんは諭すような言い方でこう言った。
『いまはお客がいなくてヒマで困ってる店もすごく多いんだよ。ここはいつも人が入っていて素晴らしい。いいことだ、とても』
どうやらクレームではなかったのでほっとしつつ相槌を打ってたら、酔ってるのか他の従業員たちにも同じことを言って帰って行った。でもおじさんの言ってることは正しい。派遣従業員が突然解雇されて(あたしも経験がある)、何百万人だかの失業者が出るとか、労働意欲があっても路頭に迷う、働き盛りの人たちがどれほどいるかとか、この年の瀬になっても新聞で明るい見出しを読むことがない。(一方で、そのしわ寄せで過酷な労働を安い賃金で強いられてる人も大勢いるようだし) 「景気対策」とは言うけど、具体的にその人たちをどうする、というアテってあるんだろーか。

本業の「ちぎり屋」が順調に軌道に乗ってこれば、そば屋なんざいつでも辞めやるわい!みたいなキモチでいたのだけど、軌道に乗ったとしてもそば屋を辞めるのは怖いな、と思い始めた今日この頃だ。ま、ちぎり屋中心で休みをもらってもすぐ復帰でき、かつ喜んでもらえるのはとてつもなくありがたいことだし、居心地もよいのでしばらくは辞める方向では考えてないけど。トシもトシだしさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-28 01:52 | 我思う | Comments(0)
せっせと礼状を書いて昼過ぎに友人に会って借りっ放しだったマンガを返してセカイド行ってカレンダーの台紙を買ってそば屋に走ってでかい油鍋と下水をがしがし洗ってかき揚げ揚まくってくるくる仕事してダッシュでご近所忘年会に顔出してぶどうジュース2杯といわしの梅揚げとりんごとチーズの春巻きとオムレツを食べてひーひー言いながら帰宅したところ、いま。ふぅー。我ながら何て1日。

そば屋は、今日が「仕事納め」の人もいるせいか混んでた。ま、それはいつもの光景なのだけど、10日も現場を離れてた人間からするときつかった。1時間早いシフト(年末まで)になったというのもあると思うけど、やっぱり「忘年会後に」来る人が多かったからだろな。かき揚げ200枚は作ったし、「大入り」に近い売り上げだったみたいだし。それより久々にやった油鍋と下水掃除が大変だった。制服(?)の前がびしょびしょになり、着替えに戻ったりして。こーゆー日々が年末まで続くわけだ…泣ける。10周年個展の余韻に浸りつつ、部屋の整理とかしたいのに。つーか、それより賀状なんだけど。

忘年会は地元でいつものメンバー。でも風邪ひーたり都合が悪かったりで集まったのはあたし入れて5人。個展に来てくれた人に礼状を渡して、あーだったこーだった、なんて話をちらほら。ひとりご懐妊でめでたい!来年4月かぁ。何か(直接聞きはしなかったけど)「夫婦2人」でずーっときてたから、「作らない」のだと思ってた。おめでとね、ST夫婦。天然ママと薀蓄(うんちく)パパの子供って、どー育つのか楽しみだわー。

礼状より先に個展での写真とか『久しぶりに会えて楽しかった』みたいなカードをもらったりしてて、まだ数名書けていない人もいるので焦る。でも今日はもー無理。明日も昼まで寝ちゃいそうだ。個展が終わったいま、とりあえず睡眠時間だけはたっぷりとりたい…でも部屋もどーにかしたいから、やっぱ睡眠削るしかないのかなぁ。うぇーん。映画だってマンガだって見たいのにぃ。
年末シフトは28日以外は全部埋まってて、正月も明けてから4日まで。7連チャンなんてやったことないぞ!とぶーたれたら、YJさんに『私は9蓮チャンです』と言われた…10日も休みもらって融通きかせてもらったのだから、7連チャンくらいこなすのは当たり前か…やれやれ。このあたり、もー考えるのはやめよう。空しくなる。

食べすぎで苦しいのだけど、喉は渇くなぁ。どーしよーか。熱~い紅茶でも淹れてこよう。で、それから『ナルト疾風伝』を見るのだ。明日もしんどいが風邪蹴散らしてくぜぃ。
[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-27 02:01 | そんな1日 | Comments(0)
ぐーたらぐーすかしてやるぅ~!と思いつつも、やっぱりあれこれ気になって午前中のうちに起きた。まずは梱包作業。でかい絵を包む包装紙がなくて困る。あたしは自他ともに認める「捨てないヤツ」だから、当然このテの紙とかもしーいっぱいとってあるのだけど、みぃ~んな寸足らずなのだ。おまけに昨日少しは片付けたとはいえ、「積んで積んで重ねて重ねる」状態なので、倒したり引っ掛けたりぶちまけたりしてタメ息ばかり…ともあれ3時過ぎにはそれらの仕事をどうにか終え、郵便局へ行った。ふぅ~。

そーいやクリスマスじゃん、と思いつつ、商店街をふらふら歩く。自分にプレゼントもまたよし、と思いつつ、んじゃ何を、というのも思いつかないまま歩いてて、ふといつも素通りしてた古着屋を覗いた。スカートが欲しかったんだよなぁ、いま持ってるのはみんな廻っちまうんだー、とちょっと物色。で、黒とグレーとアイボリーみたいなストライプのキュロット(っていま言わない?何て言うの、あれ)を見つける。悪くない感じ。古着っぽくないし。サイズを聞いたら、ちと微妙。でも“もしかしたらイケるんじゃないか”と思って買った。ウチ帰って即はいた。入った!やりぃ~!
個展無事黒字終了&クリスマスのゴホービプレゼントは525円。でもうふふ。この価格でしゃーあせになれる自分も結構嬉しかったりして。

そんで夕方から夜にかけてはせっせと礼状書き。はいいのだけど、芳名帳に名前を書いていない人多数。うーん、結構『名前だけでも』を連発してたつもりなんだけどなぁ。(あとで追い駆けた人もいたし) 迂闊だったなぁ。友人とかだとお喋りに夢中にもなってしまうから、つい忘れるのだ。住所とかわかるからよいのだけど、「足跡」が欲しかったのに。

昨日もちょこっと書いたけど、今回の個展、10月出展(店)ラッシュから間がなかったとはいえ、反省点多すぎで課題をいっぱい残した。もちろん得るものもいっぱいあったのだけど。
まずこの会期は年の瀬に近すぎてよくないよな、と。クリスマス雑貨が思ったほど出なかったのはともかく(そんなに多くもなかったし)、23日が祝日ということで飛びついたけど、新年明けて落ち着いた頃、の方がよかったのではと反省。常連さんでも来られなかった人続出だし。これは申し訳なかった、すいませんです。

絵に関しては“これやったらマジで「もー当分ちぎりたくない」と思うんじゃないか”と思ってた。けど、全然そんなことなかった、ってことにびっくりした。(自分で驚くか?) でもさ、あんだけ連続技をやったら、そー思うかな、と思うじゃん。飽きるとゆーか、イヤになってチラシ箱ひっくり返すかな、とか。そゆのがなかったな。それよりも“もっとイケたんじゃないか”と思った。もっといいチラシで作れたのでは、とかさ。これ、大きい。あれらのでかい絵はチラシをいっぱい使うから、どーしても「大きいチラシ」を選ぶようになる。そこでまず妥協してしまうんだな。
先日アップした「Fish unfinish」の、丸い輪っかは、東京のスモッグのかかった水色の空なのだけど、同じ大きさでちぎって貼ってくと足りない…のでくり抜いた輪をさらにくり抜いて「大小の輪」を連ねたものだ。空は広いけど、上と下では微妙に色が違ってしまうのでね。結果的には、ああいう形にして正解だったと思ってるけど、そうやって「とりあえずあるチラシで妥協して“もっと違う色や柄があるのでは”と探さなかった」という反省もある。ホントにこの色でよかったのか、とか。ま、ここであれこれ書いてもしょーがないのだけど。

「これまでのチラシを大放出するほどちぎりまくってやる!」と思ってた割にはそんなに使わなかった…とゆーより、「大きいチラシを細分化しただけ」な気がした。ま、それはいつものことだけど、「いつか使おう」と思って残してあったのを使わないままだったり。もっといろんなバリエーションを楽しめたはずなのだけど、時間と体力の都合もあってできんかった。やっぱ個展するからにはもっと準備万端整えて「出し切」らなきゃだよなぁ。

ともあれそんなこんなのクリスマスで、明日からそば屋復活。はふー。でもこの2日間、休みがもらえただけでもヨシとせねば。どーやら酔客も増えて大変みたいだし(何で忘年会でしこたま飲んだあと「そばで締める」人が多いんかなぁ)、時給分、がんばってこっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-26 02:29 | そんな1日 | Comments(0)
雪丸: ムック、お疲れぃ~!
ムック: 雪丸もお疲れぃ~!
雪丸: いやぁ、ほんっとにくたびれたね。ムックがこれほど活躍してくれるとは思ってなかったよ、ありがとね
ムック: 改めて言われると照れるな。でもチビちゃんも多かったからさ、オトナが絵や会話を楽しんでる間、遊んであげられたからポイント高かったよね
雪丸: さすが、長寿子供番組で鍛えただけある
ムック: へへへ
雪丸: 顔潰されたり丸められたり投げられたり飛ばされたり、ご苦労さまでした
ムック: ギャラ出るんだよね?
雪丸: ……ほらほら、お菓子がこぉ~んなにいっぱい!
ムック: あ、ごまかしたっ!
雪丸: まずはクリスマス定番のシュトーレンでしょ、焼き菓子でしょ、うなぎパイでしょ、浅草人形焼きにてんとう虫チョコにサンタあられ、カニチップス、きてーのゴーフレットまであるよ!
ムック: それ、ボクがもらったましまろっ!
雪丸: いーじゃん、減らさないとクリスマスが終わっちゃうよ
ムック: ぶぅー

ムック: 12時間は寝る!と言いつつ、10時間で起きたね、雪丸
雪丸: 小人たちが来なかったから、目を開けたら部屋がとんでもない状態だったからさ
ムック: 宅配で送った荷物も届いて、片付けるのに半日。発送する額の梱包ができる状態になったのが夜…礼状はこれからだねぇ
雪丸: 賀状と一緒にするのもヤだからがんばるよ
ムック: 雪丸えらい!
雪丸: そーそー、もっとホメて!
ムック: 予約カレンダーが年内に出来て、大掃除までたどり着けたらもっとホメたげる
雪丸: ぶぅー

ムック: 個展、盛況のうちに終わってどーだった?
雪丸: 反省点多し…凹みそーなほどいっぱいだよ
ムック: お気に入りシリーズ『同じ月を見てる』の最後の1枚、額割っちゃったしね
雪丸: ……いま思い出した。誰も見てなかったのに!
ムック: 「ムックは見てる」んだよーん
雪丸: 最初の4日間、値札ついてないのもあった…
ムック: つーか、価格考えてなかったんだよね。いくらに設定すればいいかわかんなかった
雪丸: ギャラリー正面の壁の「10」の文字、「O」の形にした額は都庁での「HearTokyo」出品作品なのに、そのキャプションもとーとーつけられず仕舞い…
ムック: アレはひどいよ。ワイヤーが暖房でがたがたしてたし、そもそも美しくなかった
雪丸: でももーアレ以外にレイアウトが思いつかなかったんだってば!
ムック: まーねー、しょーがないとこもあったんだけど。でもさ、全体に「額がよくなかった」よね
雪丸: それはまったくそのとーり…もっといい額にしてれば、見栄えもよかったと思うよ
ムック: 値段もあげられたしね
雪丸: う、う~ん…そだねぇ。てゆーか、売れると思ってなかったんよ、あれ
ムック: お客さまは神さまだねぇ。後光がさして見えたもんね
雪丸: 3枚だもんな、この不況のさなかに。来て見てもらえただけでもありがたいのに感動したよ
ムック: 貼りながらズレてったとことかさ、ごまかしたとことか正直に申告してたら意外な好反応で驚いたね
雪丸: 『きっちりした絵はPCでできるのだから、このズレや微妙なサイズ違いがいい』と言う人が多かった。単に慰めてる感じでもなかったな
ムック: つまりさ、「これ以上「ちぎり」が上手くなってきっちり正確になったらPCで作るのと変わらなくなってつまんなくなって売れない」ってこと?
雪丸: ……そーゆーオソロシイこと言わないでくれる?シャレになんないし
ムック: 突込みどころいっぱいなんだけど、このくらいにしといたげる。クリスマスだしね!
雪丸: うん、そーして。いまは芳名帳に最も多く書かれた「これからの10年」についても考えられないし。ほらほら、ポーズとって!
d0078532_1223831.jpg

ムック: ねーねー、ボクが持ってるこのカードさ、「母の日」用に作ったやつだよね。ほら、このウサギのくりこが持ってる花、よく見たらカーネーションじゃん
雪丸: バラすな!バラすぞ!
ムック: ではみなさん、よいクリスマスを~!
[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-25 01:30 | 妄想劇場 | Comments(6)
~~~~ったぁーっ!!!!!!

という感想しか出てこない…とにもかくにも終わった…真っ白に燃え尽きた、とは言えないけど、それに近いモノがある気がする。過去4回個展をやってるけど(喫茶店の一角を借りてとか、雑貨店の壁面を借りて、というのは2度ほど)、こんなっっっなにしんどかったのは多分初めてだ。
フツーは個展が始まってしまえば、初日はちょっとだけ気が緩んでほっとできるものだったし、ちょこっと作ることはあっても「部屋は少しづつ片付いて」いくものだった。いまやあたしの部屋は(個展中もずーっと片付かないままで)、凄まじさをとーりこして「掃除キライなハムスターたちの集団生活小屋」と化してる。仕事して片付けるのが好きな裸足の小人たちの代わりに、散らかすのが大好きなハムスターたちが住んでるのだ、きっと。小人さんたちよ、あたしが爆睡こいてる間に部屋をキレイにしておくれ。お礼にチラシで靴を作ってあげよう。いらねーか。

気が緩んだ、というよりもむしろ疲労ダンデスピークであろーことか釣銭を忘れた。ハハに電話して持って来てもらう。最後の最後まで申し訳ない…(6日間のうちの5日間、ハハが来たことになるのだけど、でもうち4日は「ハハが友人を誘って来た」のであってあたしの不手際ではないからね)
出だしはハハ到着(11時45分)まで誰も来ないという、個展中で初めて「開場同時のお客さん」がいなかったことになる。あやや、目標金額(ちょい高めに設定してみた)届かないで終りか?と思ったとこへご来場。それも続く続く…わけわかんなくなってあとで『これは誰がくれたお菓子?』状態になった。(いっつもフセンをつけておこうと思って忘れるのだよねぇ~) “今日は搬出なのにぃ~”と思いつつ、ありがたく頂きました。クリスマスケーキなんざいらんわ、マジで。

学生時代の友人からバイト先の人、そしてDMのお客さんとラストの5時過ぎまで人が途絶えることがなく、すごく嬉しかった。ありがたくて涙が出そうだった。
本日もサプライズがあった。DMを出しておきながら失礼だけど、本当に来られるとは思ってもいなかった方。98年に横浜のアート縁日に出店したのが「作家デビューである」と書いたけど、そのときご近所に出展されてたMB氏。あたしと違っていつも人だかりを作ってて“何を作られる人なのだろう…”と思ってやっと覗けたら、そこは原色キッチュでハラショーに素敵な木彫りのおもちゃの宝庫だった。その素晴らしさに目を奪われたものの、こちらは天と地ほどの差もある人気作家さん。ほとんど話もしないまま、「使えないモノを作るのが好き」と言う氏の切れないペーパーナイフ(赤、青、黄色)を購入した。(まだちゃーんと机の上にある) 
その後は互いにDMを出すこともなく(あたしは氏の住所を知らなかったし)、10年の歳月が流れた。それが今月の初旬だったか、あたしがせっせとDM書きいそしんでるとき、氏から案内が来たのだ。東京に拠点を移し(確か京都だったか大阪の方だった)、HPを開設したのでよろしく、という内容だった。『98年にお会いしました、覚えてますか』という書き出しのその案内にぐぐっときて、それが自分のデビューでもあったこと、今度10周年記念個展をするのでよかったらぜひ、と書いて送った。でもまさかホントに来ていただけるとは思ってもいなかったのだ。
ありがとうございます、MB氏。ちょっと(いや結構)感動しました。目の保養もさせて頂きましたし。(素敵な方なのだ~へへへ)

5時過ぎに無事閉場し、片付けるのを学生時代の友人のみちゃおとネイル屋ハリネズミちんが手伝ってくれた。とんでもなく小物がいっぱいある上(だいぶ減ったけど、その分追加もしてるので分量としては搬入時よりやや少ない程度)、ここのギャラリーは棚からテーブルまでの什器を全て壁裏に収納しなければならなかったので2人がいてくれて本当に助かった。感謝です。あまり頭が廻ってなくてごめん!お礼はまた後日改めて。

会期終了後発送予定の方へは、近日中に発送します。また、「礼状を書き終えて個展が終わる」と思っているので、みなさんへの感謝を込めたハガキも近々お送りしたいと思っています。いましばらくお待ちください。
年の瀬の慌しい中、ご来場くださり、本当に感謝しています。みなさんのおかげで目標金額も達成でき、そしてそれ以上に「得るもの」がとても大きかった個展でした。ありがとうございました。

新作7点の大型の絵の中で最も人気のあった絵「Fish unfinish」です。「結婚10周年」の記念に購入していただき、とても嬉しかったです。末永くお幸せに。

d0078532_13854.jpg

[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-24 01:07 | そんな1日 | Comments(0)
夜が明ける前、さすがに限界を感じて“今日あたりは6時間は寝ないとダメだ!”と思い、“たぶん明日(今日)は6日間のうちで一番人が少ないからシャカリキらなくてもよいだろう”と自分を慰め、3時過ぎに寝た。起きて、3時間睡眠も6時間睡眠も体力の復活加減がさして変わらない気がしたのはきっと気のせい…。

クリスマスの絵の小さい方(新作『はやく夜になれ』)をギャラリーへ行く前に郵便局に寄って発送した。『会期が終わってからでいいわよ』と言ってくれてたのだけど、土日と大勢の人に見てもらえたし、やはり本番(?)のクリスマスには彼女の手元にあって欲しいと思ったので。作家始めたばかりの頃からの常連さんで、でもしばらくお会いできていなかったのでどうしてるかなとちょっと心配してたのだけど、入院していたとはいえお元気そうで何より。クリスマスカードをつけるのも忘れなかった。あとは住所を間違えていないことを祈るばかり。

出かけるときはえらくあったかだったのに、午後から相当雲行きが怪しくなり、お客サンから『予報は雨ですよ』と言われ、びびる。明日の搬出を少しでもラクにするために今日もまたあれこれ持ち帰るつもりでいたからだ。カサないなー、ハハは持ってきてくれるだろーか、と思ってたらちゃんと持参してくれた。向かいのアパートに住むご近所のムスメさんを連れて。
彼女とは軽く挨拶を交わす程度だったのだけど、ハハはも少し話をしてたようで誘って連れてきてくれたのだ。いろいろと丁寧に見てくれて嬉しかった。こんな機会でもなかったらまだずっと挨拶程度で終わってただろう。ハハにも感謝。MMさん、今度天ぷら持ってくね。(結局それかい)

本日のサプライズはまたまた大学時代の後輩登場。みなさん律儀だわー。DM送ったのはTKなのだけど、彼女は来ず、メール回された人たちが「何をしているのかよくわからないまま」やって来るという…あたしだったら行くかなぁ…行くか、興味があれば。かあいいお子さま連れで、パパが絵を眺めている間、ムックと3人で遊んだ。ふにむにされたりぐるぐるされたりくしゃくしゃされたりしてムックはヘタレ気味だったけど、でも満足そーだったのは彼女が彼の絵を描いてくれたからだ。(の前にあたしも描いくれた。うれしぃ~) 最後は握手してお別れ。
ムックと、YGが誕生日プレゼントにくれた妙な香りのカラーペン、かなり重宝してる。子供たちが来るとそれで遊んでくれるから、大人が絵を見たり絵本を読んだりしてる間、双方が楽しめるのだ。ホント、今回の功労者はムックだなぁ。で、彼は今日、マシュマロの差し入れまでもらってしまった。ありがとです、SO殿。

モノ作りの作家には、「売れて淋しい、売れ残って悲しい」という、ちょっとばかり矛盾した想いを持つ作品というのがある。と思う。作ってすぐ売れると淋しい、でもずっと残ってると“こんなにイイ出来なのに不憫な…”と悲しくなるような。そういう作品のひとつが『クリスマス準備』の絵で、「くりくり」たちがでっかいリースを飾り付けてる絵だったのだけど、2日めに来てくれた方がご購入。そして本日、引き取りに再びご来場。誠に感謝。ちょっと淋しいけど、でもそれよりずっと嬉しい。
いろいろ喋っていて、中で拙著『タイへ行きたい!』が都内の某図書館で「貸し出し回数22回、以後行方不明」と知った。(図書館で借りたまま返却されない本て全国でン十万とあるらしいね、ちゃんと返せよ、いー大人なんだろーから) 22回という回数が果たしてどれほどのモノなのか聞きそびれたけど、あたしはもの凄い数字だと思った。そんなにたくさんの人が読んでくれたということが素直に嬉しい。いや、本来なら「買って読んでよ!初版だけじゃ印税入んないんだよ」と思うべきとこなんだろーけど。初版5千部(あれ、4千だったかな)の、どのくらいが売れたのか知らないけど、なるなら重版して欲しいなぁ。ガイドブックは賞味期限が1年というから、難しい気もするけど。

昨日と一緒で、5時半以降はぱったりと人の足が絶え、明日はなくてもOKだと思える什器(イーゼルとかカードスタンドとか)を片付けつつ、値札つけたり(いまさらかよっ!)、カード整理したり、ギャラリー内をあれこれ動き回る。初日にはすべきだったことを、5日めにするとは…とほほだ、まったく。それだけずーっとせわしなかった、というのはある意味嬉しいことなのだけど、前日までにしっかりやっとかなきゃねぇ、こゆことは。
で、「初日夜のお楽しみ」として取っておいた『蟲師』の最終巻(もしかしたら今日はヒマかもと思って持参した)を読んだ。うぅ、これで終りなのかぁ、もちょっと楽しませてもらえるかと思ったんだけど…でもいい話だったなぁ、どれも愛おしくて。(あの映画がまずかったんではなかろーか…観てないけど) 漆原さん、ご苦労さまでした。

雨の中、必死でチャリをコギコギして帰宅。ちょっと落ち着いて制作。ブログ後、最後の、ほんっとーに「最後」の悪あがきとしてちょびっと作って寝る。2時には寝たい。雨がやんでくれてほっとした。いい天気でお客さんいっぱいだといいなぁ。あ、最終日で搬出も兼ねてますんで、くれぐれもお花やお菓子なぞお気遣いなきよう、よろしくです。
[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-23 00:38 | そんな1日 | Comments(0)
昨夜は「4時に寝れたらラッキー」と書いたが、2時間もズレこむとは想定外。爆睡3時間。もちろん寝た気が全然しない。加えて体力の方もかなりキテる。このキテる具合、『タイへ行きたい』の原稿で死んでた頃に匹敵するかもしれない…キモチ的にはずーっとラクだけど。ともあれシール数枚とクリップ10個とガラスタイル豆本3冊を仕上げ、“風呂入らなきゃマズイかな…マズイよな…ちっ”とか何とか思いつつ風呂に入った。さっと入ってさっと出たいとこだけど、ぬるぅ~くなってるのでカラダをあっためるのに時間がかかる。またまた落ちそうだった。落ちたら死んでたかもな。起きても髪はまだ濡れてた。(だからドライヤーする間も惜しいんだってばさ)

本日最初のお客さまはお散歩途中のハーフツイン(2歳の女の子)。かっ、かわいい!もっとも、ママ(日本人)が『いたずらすると困るので…』と外から覗くだけ。(別にいーのに) 外人のハーフで双子ってのは別に珍しくないのだと思うけど「2人の目と髪の色が全然違う」というのは初めて見た気がする。2人ともシャイで、でもムックとちょっと遊んでくれた。エルモとの違い、わかってくれたかしらん。

そして本日のサプライズ登場。はるばる静岡から。しかもDM出してない。大学のときの1つ先輩のYM氏。昨日といい今日といい、どーしてこうも「大学のサークルで一緒で、卒業後ずーっと会ってなくて、かつDMを出してない人」が現れるんだろか。オドロキモモノキサンショノメ。
昨日現れたネモちゃん(げっ、こんな名前で呼んだことないぞ!「名前を書いていいか」と言うと代わりにムスメ殿が「ネモちゃんにして」と言ったのでこの名前)から、あたしらがかつて在籍してたサークルがこの1月にフショージで廃部になった、と聞いたので伝えると驚いてた。大麻じゃないけどね。書くとサークルのことまで説明せねばならんので割愛。ともかくびっくり。
遠いとこありがとでした、YM氏。今日は遠方からの方が多かった…三島の方とはほとんど会話らしい会話をできないままで(気づくと帰られてたので)、あとで凹みまくった…申し訳ありませんでした。小田原に近いSTちゃんとMTちゃんとはほぼ2年ぶり。ぜひ今度ゆっくり食事しませう。

高校時代の友人ら3家族(+1家族)が現れてしばしパニック状態。いや何があったとゆーわけではないのだけど、どの人ともゆっくり会話したいと思いつつ、どの人とも充分に喋れないジレンマ、みたいなね。入れ替わりでまた人が来て喋って、すーっと去ってひとりになったのが5時半過ぎ。以降は訪問者ゼロ。んーむ。友人たちももちろん「お客さん」なのだけど、純粋に(って言い方もヘンだな)「DMのお客さん」がも少し来るのではと思ってた。やはりこの時期はせわしなさすぎるな、と反省。「10周年個展をしよう」と思い立ったのが遅すぎた。でも10周年とはわかっていても「では何をどうちぎり、見せるのか」がなぁ~んもイメージできなくて、それで結構苦しんでもいたのだ、実際。
今回、「これまでと変わった絵ができたね」と好評であることがホントに嬉しい。ま、そんな話はまた会期後にでも。

帰宅して(いただいたアレンジの花とか花束を持ち帰った。重くてかさばってチャリをこぐのがえらい大変だった…)、夕飯食べて(リョーシンは「サッカー2連チャン鑑賞中)、ほぅとひと息ついたのが8時半近く。集計してOK出せて(ホントか?何か怖いんだよね、頭ちゃんと働いてなくて…計算間違ってた方いませんか?)、9時くらいに“ちょこっとだけ横になろう”と座椅子を倒した。9時半近くに電話が鳴り、あたしが出た。寝ぼけてたのでほーけた返事になり、『携帯が壊れたのでとりあえず番号を知らせる』と言われてそのままメモる。
『それでさー、データもダメになったので誰かわかる人の番号教えてくれない?』
この時点で“そーゆーお前は誰だよ”とぴんとくる。
『誰かって誰?』
『誰でもいいよ』
『だから誰よ』
『誰でもいいって言ってるだろ!』
『(ばっかばっかしー) ふーん、さえちゃんとかゆうサンとか(テキトーな名前、オトート1号も2号も知らない)、そゆ人たちのこと?』
『……(この沈黙で奴もバレたと気づいたはず)、いやさえちゃんはいい』
『へー、いいんだ。何で?』
『も、いーよ、必要になったら電話するから』
『うん、そーして』

で終り。たーいかなかった。チチに話して、いちお携帯の番号を書きとめたわけだから警察に連絡した方がよいのかね、ってことになり、電話した。(もちろん初体験。ホントに「事件ですか、事故ですか」って訊くんだ) ケーサツがすっ飛んできた。あたしの身分証明から(何で自宅にいるのに必要なんだよ?)、オトートへの確認電話、現住所、相手の電話の応対の仕方等々の質疑応答(?)にたっぷり45分。カンベンして欲しい…このロスタイム、どーしてくれる。ツケ払うのはあたしじゃんか!!!

あー、今日こそとっとと作って素早く寝ようと思ってたのにっ!!!ただでさえ疲れてるのに、下手に電話とって対応しちまったためにコレかよ!疲労倍増じゃんかー。
とにかくこれから完売品制作。メール返信滞ってる方、申し訳ない、今夜もカンベンしてください。

「3日め」となってたことにさっき(5日め)に気づいたので訂正。しつれー。
[PR]
by yukimaru156 | 2008-12-22 01:42 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156