<   2009年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

いまさらながらだけど、自分で組んだ「ちぎり屋」としての日程を見て唸ってる。これから夏にかけて、結構ヤバイかもしれない。秋もきっとヤバイ。てことはこれからずーっと冬までヤバイってことじゃん。何かくらくらしてきた…昨日は深夜アニメの録画しといたのを4本も見てしまう。なので起きたのが遅く、当然のようにほっとんど何もできないままそば屋時間となった。

そーそ、『夏目友人帳』は、録画しそびれたと思ってた先々週のが今週入ってて、てことはラテ欄にはあっても何かの事情で放映されなかった、とゆーことなのだろな。ま、よかった。無駄に熱いとか何とか言いつつ結局『戦国BASARA』も見ちゃったし。(何か全然話がわかんないんですけど…戦国時代に詳しいわけじゃないんだけど、明智光秀が家康を討つ、ってとこで混乱してる。の前に信長生きてるし…パラレルなの?こないだマンガの表紙だけ眺めたのだけど、絵はなかなか好みだった。やっぱ無駄に熱いのかな)

そば屋に行ったら「マスク解禁」だった!やったー!もーあのうざいヤツをやんないで済むんだと思うとみんなでほくほく。解禁は今日かららしいけど、「使いきるまで」というのは無効になったのだな。次回に待ち受ける厄介ごとはエコ箸。洗うくらいはどーとでもなるけど「水分を拭き取ったあと殺菌消毒」して、「それをそれぞれのテーブルに戻しに」ってのがどーもね…そのときまで考えないようにしてるけど。

そば屋に『BLACK CAT』ってマンガの忘れ物があって(B.オフの105円シールが貼ってあった)、休憩時間に読む。絵もイイし話も悪くないんだけど、なーんか“どっかで読んだような主人公、組織、敵、展開”な感じだ。でも続きがちょっと気になる。要するにお尋ね者の懸賞首を追い駆けてる賞金稼ぎの話で、イケ面で凄腕で実は「組織離脱者」という…「オリジナル」って難しいよな、と思ったり思わなかったり。

そば屋では禁煙なので、吸いたくなったら屋外の喫煙所に行くしかないのだけど(そこで突っ立ったまま吸うのだ)、そのエリアが植木の入ったプランターで囲まれた。狭くなった。人はいっぱいなのに。檻ってほどじゃないけど、“隔離されてるなぁ”って感じ。喫煙者はどんどん肩身が狭くなってくよなぁ。駅構内の喫煙所も次々と撤去されてて、それについての論議がネットでもあれこれ交わされてるみたいだけどさ、『タバコは嗜好品だから、喫煙所の設置に公費を使うわけにはいかない』って理屈、ちょっとおかしかないか?じゃさ、何でタバコに税金かかってんの?「ただの嗜好品」なのに。そもそもタバコにかかってる税金は一体何に使われてるのさ?ずーっと前から疑問だったんだよね。この10年で何回値上げしたかわかんないくらいってのも腹立つ。そんで「1箱1000円だったら吸わなくなる」みたいな話にもなったりしてるけど、それで税収が減って困るのはお上じゃないのかね?あたしは「嫌煙権を認めるから喫煙権を認めて欲しい」人なので、昨今の風潮には理不尽感がつきまとうな。

今日、そば屋でKDちゃんからムックの巾着をもらった!やったー、うれしー!彼女はリラッくま(字がこれでいいのかわからん)好きなので、こないだミニがま口を見つけたときに何となく買ってプレゼントしてあげたから、そのお礼だと思うけどね。ん~、やっぱかあいいわ、ムック。リアルな写真のとかは好みではないのだけどね。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-31 02:20 | そんな1日 | Comments(0)
カサさして、普段は滅多に利用しないU駅までてくてく。高架下のチャリ保管庫はなかなか立派なとこで(屋根付きなのはもちろん、どっかのチャリ置き場よりずっと1台のスペースにゆとりがある)、撤去された場所と日付を伝え、おじさんと区分けされた駐輪場へ。あったー!やったー!うぅっ、いてくれてよかったよ、グリン号。ココロで嬉し泣き。3千円は痛いけど、給付金でチャリ、なんてことにならなかっただけよしとせねば。ごく普通のチャリだけど、長らく苦楽を供にしてきたし、チャリ屋の兄ちゃんのオリジナルなので思い入れは人一倍。ほんと、よかった。

で、町田まで(再び、だな)行って、まずは「日本最大」が謳い文句の100均へ。そこでB3の額を500円で購入。このサイズってありそでないんだよねぇ、以前にも書いたけど。自分の作品を入れるためではなく、過日購入したM・ゾーヴァの「スープ豚」を入れるためで(そのためにわざわざポスター持参したのだ)、あってよかった。あんまり種類はなかったけど。
ついでにミラー額と5本指靴下(そば屋のときはコレなのだ、何となく。踏ん張れる感じがするっつーか)を買って、作家仲間ののりぶぅの個展会場へ行った。

ギャラリーではなく「ひじかた園」という、老舗のお茶屋さん。1階が店舗で2階が喫茶スペースになっていて、日本茶が飲める。と書くとフツーだけど、この「お茶」、奥が深い。ゆったりスペースの中でそれぞれのテーブルには茶釜を置けるような造りになっており、お茶の種類も豊富。知らなかったけど、「世界3大お茶」とは「紅茶、緑茶、マテ茶」を指し、マテ茶の原産は中南米だとか。で、DM持参の方限定のブレンド茶「テレレグリーン」を頂いた。
これがまた変わっててね。竹筒みたいなコップにたっぷりの茶葉(マテ茶)が入ってて、それに別ポットに入った氷水(だけでもすっごく美味しそう!)を注ぐ。の前に茶葉の下に「ボンビリャ」というマドラー兼ストロー兼茶漉し、みたいなのを差し込むのだった。先端に茶漉しのついてる、キセルみたいな形のストロー、と言えばわかりやすいか。冷えた水はすぐに芳香漂うさわやかなお茶になり、飲み心地もいい。ビタミン、ミネラル豊富で「飲むサラダ」と呼ばれてるそーだ。お菓子もついて525円。素晴らしい。あ、「DM持参の方限定」とあったけど(通常は800円前後なのかな)、入り口でDM取って渡してもこの金額になるのかしらん。聞かなかったな。

と、のりぶぅの個展に行ったのに、彼女の絵について何も書いてないことに気づいた。すまん、のりぶぅ。ちょうど彼女にも会え、お茶を飲みながらいろいろ話をし、『ゆるゆるしてる』と言う割には結構な力作も拝見する。彼女は「カッパ描き」というか、とにかく「カッパ」なのだけど、ヘタウマみたいなのんびり感はクセになる。あの黄緑がいいのだな、とあとで思った。どの絵にもいるカッパ君の黄緑がみんな同じだから、全体を通して観ても統一感がある感じがするのだね。
彼女への差し入れは「かっぱえびせん」!と思ってたのに近所で見つけられず、100均にもなく、ただのお饅頭になってしまった。何かちょっと悔しい。昨日のそば屋はメチャ混みで天ぷら余らなかったしさ。

帰宅したら結構くたびれてた。イカンね。映画『クローズZEROⅡ』でライブしてたSTREET BEATSが気になってたのでCDをB・オフで買ったけど、んんー、だった。残念。でも「スープ豚」は額装されて立派になった。そのうちアップしよーかな。

 のりぶぅ個展「カッパカなゆるゆる展」 5/28~6/4(木) 水曜定休 11時~19時(最終日17時) 老舗ひじかた農園 小田急線町田駅より徒歩5分、JR町田駅より徒歩3分  http://www.hijikataen.com/  042-722-3265  
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-30 01:25 | 行った観た読んだ | Comments(0)
起きたら雨が降ってて、今頃あたしのグリン号は雨に打たれてるのかと思うと泣けた。のろのろと片付けたり、夏服をちょっとだけ入れ替えたりしてるうちに午後になり、ちょっと早めにウチを出ていつも利用してる駐輪場を訪ねる。(何人かいるのだけど、いつも挨拶してるせいかどの人とも顔馴染みで親身に応対してくれた) 自転車のコールセンターというところがあり、そこで尋ねればわかるだろうということで、電話番号を控え、駅に入る。雨季周辺に公衆電話はなくて、駅構内でないとないのだ。(電車に用がない人はどーするのだ、ったく!) 防犯登録はしてるけど、そのナンバーを控えてはいない。ま、探せばあるだろーと楽観しつつ電話する。昨日、どこで撤去作業を行ったのかはすぐにわかり、我が愛車、グリン号の特徴を並べると『らしきものはあるが確認は出来ない』とのこと。名前も入ってるけど、いまその場にいないから確認できない、ということなのだろう。ともかく、撤去したチャリの保管場所を聞き、直接行って確認しても構わない、身分証があれば引き取れる、ということなので明日行くことにした。
身分証はともかく、「引き取り代金3000円」か…痛いな。キューリョー前なのに。

ここでも親切な対応してくれたので、悪くない気分で電話を切って、ふと隣の電話を見たら、テレカが入ったままになってた。あたしが来るまで利用してた小学生の男の子のだ、とはわかったのだけど、追い駆けるには時間がかかりすぎてる。試しにそのテレカを入れてみたら、残数が35もあった。感謝をこめて頂戴することにした。ありがとう、見知らぬ少年よ。ママによろしく言ってくれ。

しかしこの雨…またえらい降ってきたな。おかげでそば屋じゃかき揚げだのイカ天だの、山のよーに揚げたわ。しかもみんな閉店10分前に完売。やれやれ。
帰宅はひと駅先まで行って(こっちの方が近いのだけど、急行が停まらないのと、チャリ置き場が遠いのとでいつもはひとつ手前を利用してるのだ。20円違うしね。でも「交通費」として請求してるのはこっちの駅なのさ、ははは) そこからてくてくと雨の中を帰る。人っ子ひとりいない暗い雨の道を歩いてると、パトカーが走り去って行った。こゆとき、友人のねーちゃんの話を思い出す。

彼女は仕事帰りに酔っ払って終電で帰宅、やはり誰もいない暗い夜道を歩いてた。と、傍らをパトカーが走り去って行った。彼女は(かなり酔ってたらしく)、去ってくパトカーに大声で叫んだ。
『こんな暗い道を女がひとりで歩いてるんだぞっ、送ってけっ!』
と、走り去ったはずのパトカーが停車し、中から警官が降りてきて言った。
『失礼しました、お乗りください』
で、パトカーに自宅まで送ってもらったんだそーだ。『いままでお仕事ですか』とか『ご自宅はどちらですか』とか質問攻めにされ、帰宅した彼女は妹(あたしの友人)にぼやいたそーだ。
『いい気分で酔っ払ってたのに、すっかり醒めてしまった…』
パトカーに向って怒鳴ったりするからだ、説教されなかっただけよかったと思え、とあとで家族に怒られたそーだけど、夜道を歩いててパトカーに出くわすとと“ホントにパトカーを停められるかなぁ”とか思ってしまうな。度胸のある方、どーぞ試してください。

チャリを探すためにちょっと早くウチを出たので、本屋で時間を潰した。松本大洋の『竹光侍』の6巻を見つける。やったー!割と順当に5巻まで出てたのに6巻がなかなかだったから休載してんのかとドキドキしてたのだ。もちろんこれから読むのさ、うふふ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-29 01:09 | そんな1日 | Comments(0)

あたしのグリン号!!!

いま、あまりのショックとゆーか、今日ここで書こうと思ってたことがみんなすっぽ抜ける事態にこれからどう対処すべきなのか、で呆然としてる。

あたしの愛チャリ、グリン号が撤去(もしくは盗難)されたのだ!!!

彼がいないと、そば屋の往復(特に12時近い夜の帰り道)が困る。ひっじょーに困る。クソ重い天ぷらを持参する気にも当然なれないし、何よりへろへろな状態で徒歩12、3分は「老体にムチ打つ」よーなもんだ。まいった。
大体、最寄り駅のひとつ、H駅のチャリ置き場はとーっても駐輪場が狭くて、平日9時以降は満車、というのがよろしくない。他に停められるべきところもなくて、仕方ないからその駐輪場の脇に停めておくのだけど、通常であれば、係員(これまた常駐ではなくて9時前後と6時前後にしかいない)が空いてるとこに移動してくれるのだけど、今回はそーではなかった。迂闊。とにかく明日からのそば屋の算段、下北への往復、その他もろもろについていま頭を悩ませてる。

今日は友人のみっちょんと映画『消されたヘッドライン』に行ってきた。映画は…R・クロウってキライじゃないんだけど、いやむしろ好きな方なんだけど、あの野暮ったさは(役として狙ってると思っても)ちとどーかと思う。イギリスの人気ドラマをアメリカが映画にした、という形みたいだけど、国家的陰謀とか策略とか、何かそういう「突くと背景が意外にでかかった」的なブン屋の話って“どっかで見た”感が拭えない。緊迫感があるよーなないよーなだし、「ネタ(記事)を取るか友情をとるか」というあたりの葛藤も曖昧なままだし、何だかな、だった。

つまりこの映画について語ろうと思ってたことがみーんな「グリン号の喪失」によるダメージでぶっ飛んでしまったのだ。まいった。泣ける。これが「撤去」なら、連絡が入るのかもしれないけど、それがいつになるのやら、だし、明日はとりあえず係員が常駐してるM駅の人に尋ねるとこから始めなくては。

みっちょんと映画のあとあれこれ四方山話をしてて、キューフキンの話になった。まだ入金されてないけど、1.2万入るじゃん。その使い道ね。財布に入れておけば気がつくとなくなってる額(そもそも1ヶ月分のネンキンにすらならん額だ)だけど、「これで〇〇を買った」という形にした方がいいよね、となって、じゃ何が欲しいかなー、とあれこれ言ってたのだ。(ちなみにハハは夏物バックを買うつもりらしい。まだ出ないことに苛立ってる様子) カバンかなぁ、靴かなぁ、1.2万で買うなら長く使える、いいのが欲しいよね、と言ってて、ま、答えは出ないまま別れたのだけど、帰路、“あ、使い勝手のいい財布が欲しいや”と思いついた。で、駅で真っ青になって、付近を探しつつとぼとぼ歩きながら、“もしかしてキューフキンはチャリ?”と思い、何だかとーっても自分が哀れになってきて泣けた。夕食後はどっ散らかった部屋を片付けようと思ってたけど、そんなやる気は宇宙の彼方いすかんだる。はぁー。そろそろ6月展示の作品についてもきっちり考えないとイカンのにな。

ところで昨日、携帯について「誰が持つか、あんなぴろぴろした軽薄なヤツ」と書いたけど、あたしが携帯をキライな理由について聞かれたのでここでお返事。
たぶんこれについて書くと怒涛のよーに長くなるので、なるっべく短く書く。つまるところは「人といるとき、1人でいるとき、何かをしてるとき、ぼーっとしてるとき、呼ばれたくない」「使いもしない電話に料金を払いたくない」「所持することで緊張感がなくなる」「いまだかつて一度も“携帯があれば”と思ったことがない」「あたしに用があるならウチに電話しろ、いなきゃ諦めろ」…まだまだある気がするけど、ざっと書くとこんなもんすかね。緊急事態発生が予測される際には家族のを借りることになってるけど(つーか持たされることになってるけど)、まだないしね。ま、この先リョーシンのことで必要になる日が来るかもしれないけど、そんとき、ついでに誰かに番号を教えとく、ってのはない気がするな。

ンなことよりいまはグリン号だぜっ!!!
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-28 01:17 | そんな1日 | Comments(2)
1時には下北に到着するつもりでいて、ドタバタと仕度してたりして(夏物の帽子が出てないのでそいつを引っ張り出してみたり、いやそれでこのシャツは似合わんだろーと思って着替えたり、とかとか)、着いたのが1時15分。オーナーに『お客サンと思われる方が来て、ちょっと(下北を)廻ってまた来ると言ってましたよ』と告げられる。あっちゃー、来ちゃったかぁ、1時に来たってことは十中八九、ブログ読んでくれた人だなぁ~と思いつつ待ってたら、案の定そうだった。もう何だかんだで長く懇意にしてくれている方なのだけど、ブログを読んでるとは知らなくてちょっとびっくり。(5月から携帯で読み始めたそうだ…この無駄に長いブログを携帯で読むのはさぞ疲れるだろーと思うのだけど、そゆ方、意外に多いのだよね。感謝) そして昨日出来たてほやほやの黒い額をご購入してくださる。本当はきりんと紫陽花のでかい額以外は即売の予定だったのだけど、ご好意に甘えさせてもらって、会期中はそのまま「売約済み」で飾らせてもらえることになった。ありがとうございます、MKさん。終わったらちゃんとお送りしますので。

それでひと息ついたかな、と思ってたらまたすぐ来客。知らない方だったのだけど、熱心にあたしの作品を眺めてくれてるので声をかけたら、4月に相模台へ行ったときに拝見した作家さんだった。(作品はそれ以前から知ってたのだけど) そのときの礼状に『展示会があったら知らせてください』とあったので今回お出ししたら初日に来てくださったのだ。これまたありがたい。共通の友人作家サンが意外に多く、『じゃ〇〇さんは知ってます?』『もちろん!もー長い付き合いですよ』『最近××サンには会っていないけど』『あ、こないだ会いました』なんて話を、作品や出展場所の話題も含めつつ、気づいたら結構な時間を喋ってた。いやぁ、凄い作品を作る方なのだけど、ホントに気さくで楽しい方だった。同い年、にはびびったけど。何かね、ジャンルが違うので比べようもないのだけど、雲泥の差だよなー、とホレボレと見惚れる立体作品を作られる方なのでね。

で、余裕で町田の友人に会いに行けるはずが(早めに着いたらCD見てサンダル見て~と思ってたのだ)、到着は待ち合わせ15分前。そんでそれから待つこと25分。(おかけで福井晴敏の『6ステイン』がさくさく読めた) もひとりの到着はそのさらに10分後。ひっさしぶりに『携帯持て』コールを聞く。2人してぎゃーぎゃー言うのぴしりと『遅刻するのは携帯持ってる奴なんだよね』と言い放って黙らせた。誰が持つか、あんなぴろぴろした軽薄なヤツ。
そば屋メンツで飲む(しかもうち1人は異動していまは一緒に働いていない)なんてのはそーそーあることじゃなく、居酒屋行ってのっけからハイテンションで語りまくった。同年代のKS氏が「熱く語る人」だってのは大体想像がついてたのだけど、つられて自分もこんなに語っちまうとはな。もひとりはあたしらの半分の年なので、話を聞いてると“わっかいなぁ~”って感じなのだけど、それはそれでまた楽しかったし。

そば屋ではいーことも悪いこともあるけど、そういうことをひっくるめて「語る」ってことができない。仕事中はただもーひたすら追われてるし、終われば「さて飲みに行くか」という時間ではないからだけど、ちょっと吐き出せばラクなことが出せないでいるからこそ「溜まる」。それがつらいってわけではなく、この年になると「流して次に行く」こともそれなりに出来るようになってるからいいのだけど、多分ココロの奥底では「吐き出したい」という欲求がずっとあったんだろな、と改めて思った。長くやってれば(ほんっとによく人が辞めるとこだし)、いろいろ思うことも多いし、“ここがこうならもっと上手くいくのに”と考えもする。それを語る場がない、ということが単純な問題を不必要に根深くもしてる要因なのだ。それを異動したKS氏にだからこそ語れる、ってのもまー何なんだけど。

にしても今日はよく喋った。無寸草でも、町田の居酒屋でも。明日もオフ!ってのが嬉しい。
あ、在廊日、出しましたのでよろしくです。想像以上にそば屋の6月前半シフトに入れられてたので、こんな感じですみません。

   無寸草在廊日 5/31(日) 13時~17時  6/4(木) 15時~17時 6/14(日) 15時~17時

この時間以外でも顔を出せたらと思っているけど、ちょっとわかりません、ごめんなさい。「何時から(まで)いて」というご要望があれば伝えてくださいまし。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-27 01:53 | そんな1日 | Comments(2)

「作品」か「雑貨」か。

睡眠時間は昨日と同じでも、心理的にこーも違うモノかと思うほどさっぱりしてた。熟睡度が違うというのだろーか。“まだアレとコレとソレと…”と考えながら寝るのと、“とりあえず終わった~!”とでは深さが違うんだろな。寝てる本人にはよくわからないけども。

実は「あと1枚、小さいのを」と思ってて、再びちぎり始める。西荻で買った黒い小さい額で、紫陽花と猫の後姿。何色の猫にするかを決めかねてて、やっぱ銀色にしよう、とやってみた。悪くない。これは明日持参するつもり。この黒い額、なかなかよいのだけど、他と比べて格段に安かったのは店主いわく『接着剤を間違えたから』。つまりちょっと枠のつなぎ目にはみ出た接着剤が「目立つっちゃー目立つ」のだ。サイズもいいし、額の大きさとしても、また形としても気に入ってるので買ったけど、“この倍の値段でいいからまともな方がよかったな”と思ってしまう。買う側としてもそうなるかなぁ。ともあれ1点モノの額で1点モノの絵としては破格値段です。たぶん。(高いか安いかは人によるのでわかりましぇん)

昨日、並べてたらオーナーが『いっぱい(種類が)あるんですねぇ~』と言ってきたので思わず『雑貨屋ですから』と言ったのだけど、「作品展」なのだから「雑貨」ではなくてミニ額とかの「作品」をいっぱいにした方がよかったんではなかろーか、とふと思ってしまった。ちょびっと反省。みなさん「作品」て感じだし。ついストラップだの絵本などでスペースを埋めてしまったけど、そゆのナシもアリだったかもしれない。
『細かいですね。もしかして値段も細かいですか』と聞くので『300円から1000円くらいですね。100円単位で設定してるので、端数はないです』と言ったらば『それはありがたいです!』と言われた。10円や5円が入ると釣り計算がメンドいばかりか、小銭用意しなきゃいけないから大変なんだよね。そのあたりはイベント出店でよーくわかってるので。

プロフィールを探し出したものの、壁の色と一緒だから書き直すか、それもメンドいなーと思ってるうちに時間が過ぎてった。あっちゅー間にそば屋時間。どーしたもんかはこれから考える。
そば屋ではまだマスク着用で(当たり前か…当分は続くんだろーなー)、時間が経つごとに息苦しくなる。眼鏡がくもってくる感じ、と言うのが一番わかりやすいか。眼鏡してないけど。してる人はもっと大変みたいで、何と見たら鼻を出してた。笑えた。キモチはわかるんだけど、口だけマスクってのもまた妙だ。意味があるとしたら半分?ま、マスクそのものにあんまり意味はない気がしてるので、どーでもいーっちゃいーんだけどさ。

にしても今日は月曜だってのに割とヒマだった。ココロなしか店の前を歩いてる人の数も少ない。ここんとこ売り上げが落ちてるらしくて(そんでも1日120万を下ることはないから、この不況で善戦してると思うけどね)、上の人たちはあーだこーだ言ってるみたいだけど、下々としては「やるこたやってんだからあとは知らんがな」が本音。1日10万の差(1日130は行ってくれないとまずいらしい)は、実際に仕事してると結構でかい。“こんなにラクなもんか?”と思うほどなのだ。1人平均500円使うとして(ざるが400円、かき揚げそばが450円)、200人分。欲かかないでこのくらいにしとけば~、って気がしてるんだけど。

6月前半のシフトが出た。結構きつい。んーむ。1人クビで1人入院だから当たり前なんだけど、まいったなぁ。ギャラリー在廊日はこれから検討します。とりあえず明日、初日火曜日は1時過ぎくらいに顔を出します。帰るのも早いかな、すみません。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-26 01:30 | そんな1日 | Comments(0)

無寸草無事搬入

何に追われていて、何が終わらないのか自分でもよくわからないまま、気づくと午前5時過ぎ。(これまでに雨がざっときたと思ったらすぐやんで、よくわからない深夜の天気だった) ダメだ、ちと寝るぞ、風呂入る気力もない、朝シャンといくか、ってんで寝た。起きて青ざめた。もー昼かと思うよーな時間じゃん!11時過ぎで、慌てて朝食かっこんで、あたふたと作業に入る。値札書かなきゃ、ピン持たなくちゃ、プロフィールはどこだ、とココロで悲鳴をあげてたらあっちゅー間に夕方。雨はやんで晴れ間も見え、ラッキーだった。雨の日搬入はつらいもんね。

どんな什器が借りれるのか、どの程度の大きさか、てんでわからなかったので3種類ほどの布を持って(バタバタとアイロンもした)、大きい額は1枚なのにやけに重い荷物を引っさげ、無理矢理チャリに乗って下北へ出かけた。電車で行くか、このままチャリで行くか、こぎながらも迷う。迷ってるうちに分かれ道に来てしまい、続行することにした。悔やまれた。チャリカゴに入る荷物ではないので肩から提げてたのだけど、バランスがすこぶる悪い上に坂を3つはクリアしないといけない。も、ひーひーだった。対向車も多いし、止まると発進しにくいし。
ともかく無事到着。18時搬入で、着いたのは5時40分。一番乗り。なので借りたいテーブル(大小、丸四角とあって、高さ的に一番イイ四角いテーブル)を借りることができた。よかった。レイアウトとか(ったくいつも似たよーな感じになっちまうなぁと内心ぼやきつつ)、何とか「らしく」収めることができてほっとした。

6時過ぎくらいから続々と作家サンたちが集まって、そのうちのひとりが『高田馬場は土砂降りですよ、新宿ではまだ降ってなかったけど』と言っていてびっくり。今日の天気が「夜半までカサを手放してはいけない」だとは知らなかった。カサなんてもちろん持っていないよ、出るときは青空だったんだもん。なのでそそくさと荷物まとめて「一番帰り」させてもらった。
ギャラリーには2、3度は顔を出したいと思ってるのだけど、オーナーさんに聞かれても応えられない…そば屋の6月前半シフトがまだ出ていないってのもあるけど、それ以上に「頭が回転してない」のだ。朝シャンできなかったし。(あーばっちー。気になってしょーがなかった…) プロフィールを探しきれなかったのと、他にもあれこれ思うことがあったので、初日の26日(火)にちょこっと顔を出します、とは言ったものの、その日は町田行きが決まってるので何時になるか、どのくらいいられるか微妙…ごめんなさい。も少しシャキっとできたらここの「出展情報」にでも入れますのでご容赦。

帰宅して、夕飯食べてちょっと落ち着いたら雷鳴って雨ざーざーでまた驚いた。帰るときにちょっとぱらついてたけど、数時間ズレてたらえらいことだった。結構光ってたしねぇ。ほんと、ラッキーだった。
どっ散らかりの部屋をものすごくテキトーに片付けつつ、どっかに紛れてるはずのプロフィールを探そう…として挫折。明日でいーや、明日で。6、7時間は寝てるはずだから、そんなに寝不足、というほどでもないはずだけど、眠いっつーかくたびれてるのでもー休む。あ、そーだ。『ナルト疾風伝』は観よっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-25 01:01 | そんな1日 | Comments(0)

3ミリに泣く

「B.D.NOTE」の仕上げをしてて、真っ青になった。表紙にコーティング用として幅広の透明テープを貼ってるのだけど、さ、3ミリでかい!!!何たる不覚!つーか、まさかそんな事態になるとは予想もしていなかっただけに、ココロで号泣した。たかが3ミリ、されど3ミリ。ちぎりのギリギリまで切り込んでも3ミリでかい。画像のない状態で説明するのもしんどいけど、タイトル文字がテープの幅よりちとでかい、ということなのだ。これはもー「手の施しようのないミス」で(これ以上小さくはちぎれない…と思う)、しかも「ボツにするには惜しいミス」でもある。むかつく。今回はこれがメインのつもりでいたのに。いや、メインは「After Rain」とタイトルつけたきりんと紫陽花なんだけども。これはま、「飾り」のメインであって、売れないだろなと思って。と書くと売れたりして…もちろん後者の方がありがたいのだけどね。

「何も作らなくても作品展に出せるだけのブツはある」状態だったくせに、何だってこんなにひーひーねむねむでいるのだろーか。毎度のことだけど。きっと読んでる方も“またいつものパターン踏んでら”と思ってに違いない。“しかもそう書きつつもこれからまだやるんだろ”と内心突っ込んでるあなた、あなたは正しい。搬入は明日なのに!
これからは「特技=自分の首を絞めること」「趣味=悪あがき」とでも書こう。8月の横浜赤レンガ倉庫でのアートフリマ、翌日に国立への搬入であることが今日判明しちまったし。油断した。大馬鹿者だ、あたしは。だからって国立やめるつもりはないけどね。もいーの。それはそれでそんとき考えるから。いまは明日の搬入よ。

こないだ書いた深夜アニメ『戦国BASARA』で、友人の友人が声優サンしてると聞いたので、ンじゃその人が出るまで観よーか、と思ってたのに昨夜はしっかり忘れてた。今朝になるまで気づかなかった。2時半なんてヨユーで起きてたのに。(でもヨユーで観ることはできんかったな、きっと)

本日もそば屋はマスク着用。みんなしてブーイングするも(これは別に何の役にもたってない」と言っても)、姿形の見えないオエライさんたちの意向なのでどーしよーもない。ムレる。だんだんかったるくなってきて『いらっしゃいませー』とか『ありがとうございましたー』を言いたくなくなる。言うけどさ、もちろん。『むかつく客(ゴミ箱に水を捨てる人とか。っとに多いのだ!)に舌を出してもわからないですかね』と言ったらば『透けるよ』とひとこと。ちっ。あーやってらんない。つーか、いつまでコレを続けるんだろう?そもそも巷ではどこも売り切れというから、早々に手を打って手配してた、ということなんだろな。いくつくらい買い占めたんだろう。最近売り上げが落ちてると嘆く割には素早い反応だこと。(かなり嫌味)

そんなことより明日は雷雨ってのはホントかい?うぅ~、雨の日搬入ほどきついモノはないのに。帰宅してチチに尋ねると『大丈夫だ、降るのは夜らしいから』って、全然大丈夫じゃないよ!搬入は18時なんだってば!
えぇ~い、とにかくあと1日を乗り切れればいいんだ、気張り通してやるさ!
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-24 01:21 | そんな1日 | Comments(0)
搬入まで時間がなくなってくると、「優先事項の順位」が混乱してきて、大抵の場合は手を出してから“しまった、こっちじゃなくてあっちが先だった!”になる。11年やっててもこーだ、というのがシャクだ。ちぎり屋でかつ「雑貨屋」と称してるからこそという気もしなくもない。あるはずだと思ってたアクセパーツがなくて、いやあるはずだとごそごそしかけたとこでそば屋出勤時間となってしまった。うぅー。

で、昨日のお達しどーり、到着するとみんなマスクしてた。ちょっと笑えた。怪しくて。机には「全員着用のこと」と但し書きされ、マスクの箱がでーんと置いてあった。鼻が当たる部分に細いワイヤーが入ってて、昔ののっぺらぼー的マスクではないものの、つけてると何か暑いっつーか蒸すっつーか、うっとーしくてしょーがない。
「マスク」ってのは「雑菌の進入を防ぐモノ」ではなくて「自分の飛沫を撒き散らさないためのモノ」だから、健康な人がやる意味はないのだ、と何かで読んだ。マスクの箱にもそう書いてあった。世界保健機構のWHOでもマスクを風邪予防として効果がある、とは認めていないんだそーだ。でもしてるよな、みんな。駅周辺を見てても、2、3割くらいの人が着用してる。やってるってことは「予防効果がある」と思ってるからやってるんだよね?風邪ひーてるわけじゃないよね?
日本人て不思議だ。予防のためにするマスク、って発想はどっからきたんだろか。あれか、花粉対策からか。

さて、果たしてどーかと思ってた「お試しDM」が無事届いたと友人から知らせがあったので、ここでご報告。作家さんたち、ぜひ参考にしてください。
通常、ギャラリー主催の企画展とかは、ギャラリーがDMを作ってくれて、それを作家がそれぞれのお客さんなり何なりにと出す、という形をとってる。なので「1人30枚」とか、大体そんな感じなのだ。それ以上欲しい、と思っても(もちろんくれる場合もあるけど)、余分には作ってなかったりする。そゆときは作家さんそれぞれが作ったりコピーしたりして出すのだけど、今回試しにやってみたのが、ハガキの表裏を並べてコピーして、真ん中で折って3辺をマスキングテープで張り合わせる、というモノ。つまり、形態としては通常ハガキとなるわけだ。ま、ぺらぺらだけど、とりあえずの用は足せる。ナイショでこっそり中に私信も書いたりして(でも透けないよーにちょっと気を使って鉛筆で書いた…透けるっちゃー透けるのだけど)、昨日投函、本日無事着の知らせ。やったー!彼女からは『こんな手法があったなんて!ぜひ参考にさせてもらうわ』とあった。嬉しい。

いやぁ、結構半信半疑だったのだ。なのでお客さんには出さないで(今回は60枚もらえたので間に合った)、『差額払わされたわよー』と笑って済ませてもらえそーな友人1名に出してみた次第。でもよかった。中に私信だけでなく、何か紙切れとか入れてしまうと認めてはくれないと思うのだけど、直接書くのなら大丈夫なのかな。
にしてもマスキングテープって偉大だ。曲がっても貼りなおせるし、開ける方も楽ちん。いまは可愛い柄付きがいっぱい市販されてるから、次はどんな柄にしよーうかとわくわくする。つい最近まではホントに「絵を塗るとき、ラインが曲がらないように」とか、「工作するときの仮止め」とか、そのくらいの用途しかないモンだと思ってたけど(実際、作る方も使う方もそう認識しとたはずだ)、こんな使い方が出来ると楽しい。CMとかではラインマーカーの代わりとか、封緘シールにとか、そゆ感じで宣伝してるけどね。

さて、今夜ももーちよっとがんばろっと。
にしてもあのマスクは一体いつまで着用するんだろか。「いらっしゃいませー」も「ありがとうございましたー」もくぐもってしまうのはよろしくない気がするし(でも思ってたほどひどいくぐもり方ではない)、オーダーも聞き取りにくい。喋ってるとだんだんズレてくるし、ムレてくるし、暑い。豚風邪がひと段落するまでダメなんだろか。ヤだなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-23 01:15 | そんな1日 | Comments(2)
いま、深夜アニメの『東のエデン』を観てきたとこだ。余裕がある、とかそんなんじゃなくてね、今週の月曜、「毎週録画」設定してるはずの『夏目友人帳』ができてなくて、それはともかくこっちが出来てなかったら悲しい、悔しい、と思ってオンタイムで観たわけ。(ちゃんと録画できてたみたいだけど) なーんで『夏目』は出来てなかったのかなぁ…毎週録画されていて、この月曜だけ出来てなかった、ってのが不可解。ラテ欄には書いてあったけど実際には(何かの理由で)放送しなかったんだろか…次の月曜も出来てなかったらかなしーなー。

『東のエデン』、何かもーわけわかんなくなってきてるとゆーか、それなりに道筋は立ってるんだろーけど、1話も見逃せない。(その点、『夏目』は1話完結なのでだいじょぶだ) 12人、だっけかな、100億渡されて(現金でではなくて、携帯に繋がるオペレーターを通してビル1つ買ったり公権力にワイロ出して融通きかせたりできるということなんだけど)、それぞれのその金の使いっぷりが凄まじい。つーか笑える。ビルに入らせないようにビルごと15億で買ったり、それを17億で買い戻したり。「残高が0になったら殺される」ってルール、みんなあんまり気にしてないみたいなんだよね。100億あったら、そーなるかしらね、あたしも。

昨夜は3時過ぎくらいまであれこれ作業してて、3時半過ぎには寝たのだけど、なーぜか眠れなくてまいった。遠足前じゃあるまいし、たまにこーゆーのがあるのは何なのだろう。
ともかく寝不足のまま、10時には起きてまたせっせと作業開始。DMの発送も無事済んだし(まだちょっとあるけど)、ニス塗りとか製本とかを終えることが出来たので、あとはカードと、できればミニ額用の絵を少しやりたい。そんで日曜搬入に突入できるかな。できなきゃ困るけど。

豚風邪がとーとー東京に来た、って話だけど、それはもう時間の問題だったわけで、あまりヒステリックになってもしょーがないと思う。大体、アメリカに行ってた高校生、凄く注意しててマスク常用してて手を洗ったりうがいしたりもきちんとやってたと言うから、『それで発症したってんなら、防ぎようもないのでは』という話をそば屋でしてた。してたら、オエライさんからのお達しで、「明日から全員マスク着用」。…それって、わかるけど怪しくないか?何か給食当番みたいだし。みたいなモンなんだけどさ、あたしたち。困るのが、オーダーを聞き取ることができるかどうか、ということ。そば屋では、食券渡された「湯切り」ポジションの人が通すオーダーに従ってみんなが動くからね。マスクで聞き取れなければ出せないのよ。そこんとこ、どーなるのかは明日のブログをお待ちあれ。

昨夜はうまく寝れなかったせいか(いや、寝るには寝たんだけど)、今日はもー眠い。これからまだアレとコレと、と思ってたのに。何かむかつく。さてどーすっかな。もー寝た方がいーかもしんないな。ともかく今日はこのへんで。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-05-22 01:56 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156