<   2009年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

9/4(金)~16(水) 10(木)休み 12時~19時(最終日17時まで)
 ギャラリー犀
    中央線三鷹駅北口より徒歩7分
   tel/fax 0422-52-3478
   http://www.mmjp.or.jp/saito/

毎年恒例の「ちっちゃい額展」です。今年は1ヶ月早まって9月に開催。(なので他の出展とだぶらないから助かりました~!) 
今年の参加作家さんは何と41組!そりゃあもー、ギャラリーの四方の壁が額だらけになること間違いなし!です。見応えも充分だと思うので、ご近所の方、お時間のある方はぜひ足を運んでください。小さい額が1枚部屋にあるだけで、雰囲気もちょっと変わりますよー。

さゆきの在廊日は以下の通りになります。

   5日(土) 13時~19時
   9日(水) 13時~18時
  13日(日) 13時~18時

変更になる場合もないとは言い切れないので、直前にもう一度チェックしてもらえると助かります。ではでは、みなさんのご来場をお待ちしていまーす。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-31 22:30 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)

「ちぎってます」

朝、たまご焼きを食べてたら競馬観戦白熱中のハハが
『今日は砂糖が安いのよねー』
と声をかけてきた。ちっ。やっぱ引きこもりちぎちぎは無理か。
『牛乳ももーないのー』
はいはい、砂糖と牛乳ね。どっちも持つと重たいもんね。
『あなたのお昼ご飯もないわ』
それがトドメの一発か。何食べるかなぁ。チチの昼食は(夏場は)そーめんと決まってて、ハハはラーメン食べると言う。麺類はヤなので、スーパーでお好み焼き(220円)を買った。ここでは初めて買ったのだけど、昼過ぎに食べたら見た目に反してすごく軽かった。ほわほわって感じで、食べたよーな食べてないよーな、だった。タコが入ってたのは意外。あー、何かちゃんとしたお好み焼きが食べたくなったなー。

朝食後、買い物行って(帰宅直後に降った。ちょっとラッキー)、あれこれして腰落ち着けてちぎり始めたのは昼から。(つまり起きたのがまた遅かったってことだけど) たかが6枚(+1枚)にどんだけ時間かかってんだよ?!と思う。ちっちゃく細くちぎるのが難しい、っちゃ難しいけど、裏返して糊塗ってそれをそっとピンセットで剥がして(糊がはみ出るので下地とくっつくのだ)、思う場所に貼る、とゆーのもまた難しかったりする。その周囲には「まだ貼られていないコマゴマちぎり」が配置されてて、うまくよけてるつもりなのに、動いたりピンセットが連れてきちまったり。そんで“これでよし!”と思った構図からビミョーにズレてしまって“あーも1ミリ右だったー”とか半ベソ状態になっちまうわけだ。なので1枚完成すると、冗談ではなく「ぶはーっ」と息が漏れる。こゆことを繰り返すから“ローガンより前に辞めるかなぁ、こまいちぎりは”と思ってしまうのだよね。

そんでもって今日はさらに神経使った。1枚のチラシで全文字をちぎる、ってのをやったのだけど、その1枚に「青空の虹」を選んだのだ。(確かパチンコ屋のチラシだ) 虹は緩い円を描いてるから、その外周がうまく出るよーに文字をちぎる。つまり、「1文字でもミスったら外周が崩れるから絶対ちぎり損ねられない」というプレッシャー。(このプレッシャーに意味はあるのか?と自分でもよく思う)
完成して「ぶはーっ」と息ついてついでに煙草にも火をつけて、しみじみと眺めて見た。

  線が細すぎて虹かどーかなんてわかんないじゃん!

……くたびれた。この、「ダメじゃん!」とわかった瞬間が一番どっと疲れる。ちぎる前にわかるだろ、と思われる方もいると思うけど、わっかんないんだよねー、それが。ちぎるまでは1枚のチラシだから、そこに字を当ててみても「どんな具合になるか、輪郭がちゃんと出るのか」は実際にちぎってみないとわかんなかったりするのだ。ま、もっと熟練すればわかるんだろーけど。つーか、10年もやってんだからそろそろそんくらいわかれよ、自分!と思うのだけどさ。(だから疲れるわけよ)
その疲れを癒してもらうべく、ムックに登場してもらうことにした。えーえームックバカですとも!(いつまで続くのかな、このマイブームは) 6枚+1枚、の1枚の方。わかると思うけど非売品なのよ。こーゆーのを「こけし展」に一緒に並べとけばよかったのにな。
d0078532_0564273.jpg

こないだセカイドに行ったときにゲットしたミニキャンバスにちぎり貼ったモノで、大きさはご覧のとーり、リップと同じくらい。下に敷いてあるのが、KFCのポーチね。ぺらぺらのビニール製なので、実際に使ってたらすぐダメになりそだけど。バックは頂き物のムックバックであります。勿体なくて使えない~。

ところでミンシュが圧勝だって?マジっすかー。天狗になんないといーけど。つーかさ、高速道路を無料化したら車がどっと増えて大渋滞になってCO2もいっぱいで温暖化が加速しちまうんと違う?道路を維持するための財源てどっから引っ張ってくるわけ?とハハに言ったらば『ETCつけた人の立場はどーなるのよ』と、これまたもっともな意見。それより何であんなアホな辞めかたした前首相が当選すんだよー。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-31 01:09 | そんな1日 | Comments(4)

オークとムック

昨夜、メールにお世話になってる三島のお店のオーナーさんから連絡が入り、そば屋前に明大前のギャラリーオークさんで会った。オークのオーナー夫婦もいらして、ちょっとお喋り。オークさんでは作品があまり動かないので撤退してたのだけど、10月にカード展をやるから出さないかというお誘い。もちろん即OK。壁一面に張り出すというからちょっと楽しみだ。ご無沙汰してしまっていたのに声をかけてもらえて嬉しい。昨夜いっぱい持ち帰った天ぷらを持参してよかったー。

そば屋まで少し時間があったので、ケンタに行ってきた。もちろん目当てはスマイルセットの、「ガチャピン&ムックのおでかけグッズ」。昨日、HPで調べたらトートバックやポーチ、コインケース、ハンカチなんかがあるのだけど、トートもコインケースもガチャピンなのだよねー。“その裏がムック?”と思ったのだけど、グッズを選ぶとき、ついポーチを頼んでしまった。(ジュースコップに入ってるガチャピンはともかく、パンにはさまれてるムックがえらくかあいいのだ!) 頼む前に『ちょっと他のグッズも見せてください』と言えばよかったなー、と激しく後悔…も1回行くかなぁ。でもいくつかある「スマイルセット」って、ポテトのSとナゲット5つとか、500円じゃちょっと高いかなぁと思うものばかり。CMなんかでさかんに宣伝してる「サンキューセット 390円」の方がいろいろあってお得感もある。(てことはポーチは110円なのか?) うーん、考えるなぁ。でもコインケースの裏がムックならやっぱ欲しいかも…(ちゃんとHPに載せるか書くかして欲しいわ!)
ところでポーチ、ムックの色がやけにオレンジっぽいとゆーか、ボケた朱色みたいでちょっと不満。ムックは赤だぞー。

そば屋では今月、入って3ヶ月のシャイン候補が辞めて(シフトでは重ならなかったのでどんな人かは知らない)、その理由ってのが“どー考えても悪いのはウチ(そば屋のトップ)”で、しわ寄せを喰らう人たちのキリキリ具合にちーとばかし胸を痛めてた。そしたら今度は他人事ではなくなり、その事実にいま頭がぐぁんぐぁんしてるところ…。ウチの運営方法っつーか経営の在り方みたいなのについては常々ギモンに思うとこが多々あるので、そのあたりに不満や不安を感じて辞める人を責めるつもりも引きとめる理由もないのだけど、ショックはショックだ。まいったなぁ。そろそろ「有能な奴ほど見切りをつけて辞めてく」事態に気づいて体質改善を重視しろよ、ウスラトンカチボケナステーノードマヌケのエパリンボジジィども。

昨日、救急車で運ばれた酔っ払いの話をしてたら、シャインが『今日の昼、喫煙所で会ったよ』とのたまった。
『え、あの人だったんですか』
『うん、一服してた』
『運ばれたのは11時近くだから、一晩病院で寝てすっきりして出てきて一服、って感じなんですかね』
『そーなんじゃない、時間的に』
ふーん、ま、一晩寝て快復したんならメデタシだけどね。そーゆー人の世話をせにゃならん救急隊員も大変だよなぁ。同情するわ。

ここ数日あたり、PCの画面がいきなり暗くなったりチラチラしたりしてる…これは何だ?唸ってるのは毎度のことだけど、今日の色変わりは激しい。暗くなるとゆーか、色が黄色っぽくなるんだよねぇ。蛍光灯が切れかかってるみたいとゆーか。ホントにそゆことなのかな?うーん、うーん。ブログとメール以外にほっとんど何の用途にも使っていないに等しいのに、こゆことがあると“何が不満だ、はっきり言ってみろ!”とド突ききたくなる。
さーて、明日は「ちきちぎマシン」の日だ。選挙も済ませたので「引きこもり」。あと2、3つ、アイディアが出てくるといーんだけどなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-30 01:42 | そんな1日 | Comments(0)
こんな絵をちぎり貼ろう、と描いたラフ画は、大抵は額の中に収まりきらず、省略することになる。花を10本入れようと描いても、実際にちぎってみたら8本しか入らなかった、とか。10本でも8本でもさして問題がない場合はよいのだけど(ラフ画はそのあたりを「想定内」として描いてるし)、ちぎり文字、となると話は違う。昨日、まずは5枚作って(貼らずに並べただけ)、そのうちの4枚が「1字入らない」という、泣くに泣けない目測誤り…5、6字だったらちぎり直すのだけど、20字を超えてるとそれもヤで(つーかメンドで)、2枚は額を替え、1枚は縦横を替え、そんであとの1枚を仕切りなおした。文字の内容を変えたのだ。ま、そっちの方がよいかな、と思えたからよかったけど、そんでもやっぱりちょっと悔しい。「小さい額展」用に買った額、も少し買っておけばよかったー、とも思ってるとこだ。

ハハが突然、『今日、一緒に不在投票に行かない?』と言い出したので、『だってあたしまだ決めてないよ』と言ったらば『私もよー』と言う。うーん。30日はそば屋オフだからその日に行くつもりしてたけど、引きこもってちぎりまくるって手もあるなー、その方がいっかなー、と思って行くことにした。不在投票の場合は(通常と違って)、そば屋へ向う駅の途中にあるのだ。だからちょっと早めにウチを出れば、そのままそば屋に行けるのでラクだしね。
家族と投票に行くときでも(それが何であれ)、誰に入れるとかどの政党にとか言う話は一切しない。でも今回、『共産党は躍進するだろーね』ってとこで意見が一致した。するだろうなぁ。党首インタビューでも『これほど手応えを感じている選挙は70年代以来』と言ってたし。
とゆーわけで、不在投票行ってきた。ホントは不在ではないのだけど、「仕事」って理由にはなってるじゃん。引きこもってちぎちぎマシン稼動中だよ、きっと。

それはともかくとして、投票用紙とは別に「最高裁裁判官罷免権」の用紙をもらうのだけど、これもらう度にいつも考えてしまう。とゆーか、大学のセンセ(法学部)の言葉を思い出す。
『最高裁の裁判官を罷免する権利は国民にあるが、それを行使しようとする人はほとんどいない。仮にいたとして、その裁判官の名前に×をつけても、それは投票数の1割にも満たず、国民投票によって罷免された裁判官はいない』
という話。今回も裁判官の名前が列記された紙をもらったけど、誰がどんな裁判をしたかなんて全然わかんないもんな。わからないから×をつけるのも悪い気がしてつけない。ていう人が大半なんだと思う。ホントは、最高裁までもつれこんだ事件としてちゃんと新聞にも載るし、裁判官の名前も出る(はず)なんだけど、「こんなひどい事件なのに懲役がつかないなんて!」とか「これは国の責任でしょ、この判決は不当だ!」とか、思っても「次の選挙で罷免してやるぞ、この裁判官!」とは思わないんだよねぇ。だから名前も記憶に残らない。つーか、そもそもそういう思考回路にならないんだろな。陪審員制度が始まったけど、それでちょっとは意識が変わったりするんだろか。(うまく機能してんのかなぁ、あれ…指名された人の6割だかが「どうすれば断れるのか」と問い合わせたって話だけど)

話変わってそば屋。何だかんだで今日も忙しかったのだけど、10時過ぎ、すごい酔っ払いが来た。足が覚束ないどこの騒ぎではなくふらふらして倒れそうで(それでもそば食いたいと思うんだな)、たまたまあたしがホールにいたのでそばを運んであげた(でなきゃひっくり返してた) 『すみません、すみません、ありがとう』を連発する人だったのでヤな気分ではなかったのだけど、振り返るとそばひっくり返してたりして、それでも残ったそばをきっちり食べて出て行った。大丈夫かなー、と思ってたら、全然大丈夫ではなかった。店を出た数メートル先で今度は自分が引っくり返って、そのまま寝ちゃって駅員が来たけど起こせず、大柄な人だったので車椅子に乗せることもできず、救急車。3人がかりで担架に乗せてた。こー言っちゃナンだけど、ウチの店で引っくり返ってくれなくて助かったわ。身長も横幅もある人だったから、移動も出来ずに通路塞がれて大変だっただろーし。担架に乗せられたとき、手をひらひらさせてるのが見えたから大丈夫だと思うけど、「しこたま飲んだあとにそばが食べたくなる」ってあの心理は何なのだろー。
そーいや先日も、そば食べたあとテーブルにつっぷして寝ちゃったおじさんがいたなぁ。しばらく様子を見てたら、そのまま熟睡しそーだったので水持ってって『大丈夫ですか、水、お飲みになってください』って無理矢理飲ませて起こして帰らせたけど。飲んでいい気分になったのなら、そのまま帰ればいいのに、何でそこで「そーだ、そば食べてこ」になるの?ヘンなの。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-29 01:42 | 我思う | Comments(0)
昼から(つまり昼近くまで寝てたってことだけど)、ずーっと「ちぎりっぱなし」だったので、さすがに夜9時過ぎあたりからはバテてきて(ま、それまでもバテ気味で小休止はさんだりしてたけど)、PCの前でぽけらーっとしてた。ら、こんな時間になってしもーた。うぅ、甘い。

ここ最近は「ちぎり文字」が増えてる。ちぎり具合も細かくなって、“何であたしこんなに細い線をちぎんなきゃいけないわけ?!”とキレかかったり…ヤならやんなきゃいーのに。ネタがないんだからしょーがないよなぁ、と我が脳味噌を呪いつつ、ちぎちぎ。ま、どーせこんな細かい「ちぎり」も、あと2、3年だ。老眼入ったらやりたくてもできないだろーし、指先も震えてくるだろーしさ。
大体、ちぎりが小さければ小さいほど、チラシの柄とかがわからなくなって、せっかく英語とかフランス語とかイタリア語とか入ってるのにその区別もつかないよーになってくるから「チラシをちぎってるおもしろさ」ってのには欠けるんだよねー。ただの色紙使ってるみたいで。それもまたヨシ、と思うことにしてカラーコーディネイト(?)を楽しんではいるのだけど。

初めて「ちぎり文字」をやった頃は、カードサイズの紙に平仮名5文字が限界だった。(「おかえり」はやたらちぎった記憶がある…) それがいまや、半分以下のサイズにアルファベット24文字。アルファベットの方がちぎりやすい、ってのはあるけど(最高でも穴2つってのはラクだ)、とりあえずこの7、8年で技術は上がったんだな、と自分を慰めることにした。そんで、そろそろ「細かいちぎり勝負(勝負だったんか、これ?)も終り」にしよーかなー、とか。ローガンまでと言わずに。だって何かもーくたびれるんだもん。細かさの限界にひとりでチャレンジして勝ったり負けたりしながらきーきーひーひーしてるより、チラシ本来の色や柄を出すことに重点を置いて「これまでとは違う絵」を模索してく方がいいんじゃないかなぁ、と思ったってわけ。いや具体的に「どんな絵」とかあるのではなくて、単純に、ぼややーんと思ってるだけなんだけどさ。ちっちゃいからって売れるわけでもないし。でっかくても売れないけどね、ははは…しまった、地雷だ。自爆。

しかし何だな、ちぎりまくってた日ってのは、それ以外に書くことがないな。
そーそ、こないだムックのインスタントスープについて書いたけど、その空き箱をちょっと修理して(丁寧に洗ってたら分解しちまったのだ)、鉛筆立てにしてみた。もー“そのために作られた容器じゃないの?!”ってくらいドンピシャなはまり具合で、気分はほくほく。(中が汚れないよう、ガチャピンの空き容器が重ねてある) そんでぬいぐるみのムックに見守られる中で仕事してるわけだけど、今日、友人からのメールに『ケンタがまたガチャピン&ムックのグッズプレゼントを始めたよ!』とあって目がきらりーん、と輝いてしまった。素晴らしい。これでまたムックがひとり増えるわけだ。そいつを励みに、もーひとちぎりいくかな。明日からまたそば屋2連勤だし。あ、でもその前にどんなグッズがもらえるのかいつまでかをケンタサイトで確認しなくては!
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-28 01:30 | そんな1日 | Comments(0)
09年 日本
ナルト連載10周年記念、てことでこの夏、過去の劇場版ナルトとか外伝とかいろいろやってくれて、そして本作が集大成。過去の劇場版は観てなくても多分問題ないのだけど、「カカシ外伝」は観てないとちとわかりづらいかもしれない。
『掟やルールを守らない奴はクズだ。でも仲間を見捨てる奴はそれ以上のクズだ』ってのがキーワードで、これはかつてカカシがチームを組んでた友人に言われ、そしてそれをそのままナルトたちに伝えてきたもの。で、ナルトを始めとした木の葉の里の忍びたちは、「掟を守る(任務を遂行する)」か「仲間を見捨てずに行くか」の二者択一を迫られる形になる。後先考えない(よーにしか見えない)、直情熱血ど根性忍者のナルトが後者なのは言うまでもなく、師であるはたけカカシが自分の命と引き換えに木の葉の里を守ろうとする意志に反して行動を起こすのだけど、仲間たちは揺れる。ひとつの命を犠牲にすることで救われる、無数の命。簡単に天秤にかけられるものではない。

ま、つまるところは「お子様向け」なので、あまり小難しい展開にはならず、それぞれの見せ場を作ってきっちり守って終わる。んだけど、そんでい~のか~?「仲間を救うためなら掟破りもよし」的な解釈をお子様たちに与えちまってないか~?とか思ってしまうのだ。も少し何かこう…うまく言えないし考えつかないけど、違う作り方があったんではないかなぁとか。
長く続くバトルモノ(漫画、アニメ含む)の宿命として「これまでで最強、最悪の敵」って奴を延々と作り続けなければならない、ってのがあると思う。毎回毎回、そういう敵と遭遇しないと話が続かない。で、その度に主人公たちもパワーアップして経験値も上がっていかないといけない。今回の敵は「全ての忍術を吸収してしまう」という厄介な奴なので(だからカカシが自分の命(血継限界)を狙うその敵に対して「供に死ぬこと」を覚悟するのだけど)、対抗するなら「ゴリ押し」解決ではなく「知恵と連携」で勝って欲しかったなぁ。てゆーか、あたしはそういう展開を(ナルト全般に対して)望むのだ。忍術ガチンコ対決だけってつまんないんだもん。かつての「影分身の中でひとりだけ手裏剣に化けてて」みたいなやり方って、それだけでわくわくするじゃん。ナルトたちが強くなるに従って、そういう意表の突き方がなくなってきた気がして残念。
もっとも、お目当ての我愛羅クンに会えたのでヨシヨシな気分なんだけどさ。

ところで新宿ピカでリーが新しくシネコンになって初めて入ったのだけど、チケット買うまでがえらい行列でまいった。それで『入場は10分前からです』とか笑顔で言われても“15分前に並んでんのにもー1分切ってるだろがボケっ!”と突っ込みたくなるのも道理でしょ。ったくもー。10分前になったらそれだけ別の窓口用意するくらいの融通を利かせてみろって。(レディースディだからってだけでなくて子連れからカップル、熟年までいっぱいだったのだ)
そんでさらにどーでもいいことだけど、あの「リーゼント、剃り込みにしか見えないアトム」を許したのは誰?ポスター見ただけでムカムカしたわ。何でいまさらアトムなのよ?

終わってセカイド行って近くでランチしてそれからそば屋。かき揚げ200枚は揚げた。どいつもこいつもかき揚げばっか食べやがって…夜になると涼しくなったからか?はー、秋なんだねー、って、こんなことで季節を感じたくないのにな。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-27 01:52 | 行った観た読んだ | Comments(0)
ちぎり始めて3分で、肩がぱっきばきであることに気づいた。無視してちぎってると、10分で「このちぎりは無謀」とゆーことがわかった。「辞めるならいま!」だ。これを逃して“えーい、やれるかどーかやっちまえー”になって、数日経って“う~、やっぱ無理ぃ~”となっても遅い。気がする。
しばし黙考。やれそな気もするし、やはり無謀な気もするし…で、結論として「辞めてどーするとゆーアイディアがない以上、やるっきゃない」と奮い立つことにした。後悔したら、したときにまた考えよう。そんときまた違うアイディアも出てくるかもしれないしさ。

昨日はブログ後にちょいとナルトサイトを浮遊してしまった。いや、お気に入りの我愛羅クンが本誌に登場したので(もー出てこないのでは、と思わせといての登場。憎いったらないわ)、ファンサイトでどーなってるかと思って。そしたら案の定、狂喜乱舞でみんなして萌えてて、つい読んでしまった次第。男前上がってたしねー。『ナルト』の中では、主人公のナルトの「昨日の敵は今日の友」的立場にいる子なので、ナルト周辺の忍びたちに比べると出番もファンも多くはないと思うのだけど、だからこそなのか、登場すると「美味しいとこ」持ってくんだよねぇ。
てなわけで、そろそろ本腰入れて「ちぎりまくり」せねばならんこの時期、激しく寝坊した上、明日は『ナルト疾風伝 火の意志を継ぐ者』を観に行くのでした。れでぃーすでーなのでね。

本日はそば屋。イイ感じに仕事は進んでたので(かき揚げの練りの出来がイマイチで謝りまくったことを除けば)、疲れ具合もひどくはない。それはいーとして、休憩時間に喫煙所に行ったらば、選挙カーでおっさんが必死こいて演説してた。この喫煙所は右翼だか左翼だかががなったり、パフォーマーが立ったり、また立候補者が立ったりする場所の真横になるので、嫌でもいろいろ耳に入る。
『政党ではなく、立候補者がどんな政策を持っているのかを見定めてください』
みたいなことを言ってて、うん、それはわかった、で、あんたの政策は?と思うのだけど、いつまで経ーっても自分の名前と、どのあたりに危機感を感じてるかと、いま日本を何とかしなくては、みたいなことしか言わない。だんだん苛々してきた。そもそも『東京1区のみなさん』、て呼びかけるけど、ここにいる人間で1区の人がどんだけいるんだろかと思う。確かに人通りはあるけど、みんな他所から来てるんだし、演説場所間違えてないかねぇ。(でも彼に限らずみんなここで演説してるけど)

消費税は上げないって言うけど、どの道あげねばならんだろ、上げずに据え置いたらさらに火の車じゃん。そんでそのツケは国民が払うんじゃん。だったらとっとと上げて、みんなが不安に思う医療費や年金や雇用問題にきっちり決着つけて、まず国民を「安心させること」が大事なんじゃないのかねぇ。「税金の無駄を失くす」って、それはむかつくくらい「当たり前のこと」で、じゃどこの何が無駄だと思ってるのか、その無駄を是正するにはどうするのか、を力説して欲しい。その無駄遣いを容認してきたシステムそのものをまず壊して「無駄を出さないシステム」を構築するとこから始めないダメでしょ。ってことがわかってんのかわかってないのかが全然わかんない立候補者ばっか、な気がする昨今なのでした。

さて、まだちぃーとばかし余力があるので、ちぎるか、それとも明日のお楽しみに備えて寝るか…後者かしらね。肩はまだバキバキだし、寝過ごして見損ねたら凹んで「ちぎり」どころじゃなくなる気もするしさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-26 01:25 | そんな1日 | Comments(0)
「自由への拡大図」「掘り出し市」「鳴子現代こけしアート」と3連敗(赤字)中で、ちょいとしんどくなってきた…そりゃ伊達や酔狂でそば屋してないけどさー、違うだろ、そこんとこ。07年が13勝1敗、08年が10勝2敗、でもって今年が5勝3敗…「待ったナシ」の気分。で、各種振込みと夕飯の買い物しながらなぜかだんだんむかついてきて、チャリこぎながら
『だから何だ、勝ち負けじゃないだろっ!』
と思った。帰宅して額にした。もちろん「小さい額の大展覧会」用。超特急ラフ画でちぎったわけじゃない。でもひとつはコレで行くわけだ、たぶん。つーか、あたしって
「思考回路目詰まりなし垂れ流し」
な奴なんではなかろーか、とふと我に返って思った。このブログだって「思考回路まんま」な感じだし、そりゃちょびっとは脚色…はしてないか、ほとんど。でもいちお気を使ってはいて、「悪口厳禁」「毒舌回路解放せず」「ダークサイドは控えめに」はココロしてるつもり。(これでか?!と思ったあなたはちょっと正しい) もっとも、肝心な「そしてちぎり屋としていかに生きるのか」みたいな命題に対しては思考回路そのものが機能しないのでダメダメなんだけどさ。

昨日、9月にまたお世話になるギャラリー犀のST氏にパーティで会って(こけし展に参加されてるので「作家」でもあるのだけど、あろーことかこのこけし展DMを出すという愚挙をしでかした)、そういえばあたしのこけしを見ていない、とゆーので案内した。氏は『へへー』と言ってからこー言った。
『今回はちぎらなかったんだね』
…しばし絶句。ちぎってますって、ばりばりちぎってちぎりまくってますよ、何見てんですか、この花畑のなんか紫の花が30、赤い花が40、オレンジとピンクが20、おまけのハートが10…いくつだったかわかんないけどとにかくちぎりまくり全開であたし1枚の額にこんだけ仕込んだの初めてなんすよ、カンベンしてくださいよ、もー何年の付き合いになるんすか、あたしまだ描いた絵ぇ見せたことも売り物にしたこともないでしょがー、っと叫びそーになるのをぐぐっとこらえてひとこと『ちぎってますよ』と応えた。氏は手にとり、触ってみて
『あ、ホントだ、ちぎってる…もー老眼てことで許して』
と言った。もちろん何の問題もわだかまりもなく100%許せる話なのだけど、搬入時にちらりと思った、「広告の紙をちぎってます。触ってください、鳴かせてください」みたいな札が必要だったのだろな、と後悔した。何かこれ、いちいち書くのがヤになってきてるのだけど、でも必要なんだよね、きっと。作家としての知名度なんて下の下の下…(と自分で書いててちと凹んだ。せめて「下の下の中」くらいにしておこう)、努力が足りんよな。大体、花畑なんてガキでも出てくる発想を持ち込んだのもよろしくない。次回の「こけし展」は2011年。リベンジ誓うぜ!

今日はチチは朝早くから病院で(ハハは付き添い)、先週、白内障の手術をした後の初検診と、「転倒、骨折、人工骨手術」から1年(ちょい)ってことで外科の検診との2つ。混んでたらしくて帰宅は夕方。目の方はともかく(劇的に見えるようになったわけではなくて、徐々に、なんだそーだ)、足の方は
『これ以上はよくはならない、むしろここまで歩けるのは上等』
と言われたそうだ。現在は杖つきで20分歩くのが限界。それ以上だと疲労して道端に座り込んで立てなくなる。速度も遅い。(一緒に歩くのがしんどくなるほどだ) 「これ以上は望むな」と言うのも酷な話だけど、既に過去14回の手術で「生きてるだけで奇跡」みたいな言われ方もしてるのだから、受け入れなくてはならんのだよな、本人も家族も。ま、だからってチチはそーメゲてるふうでもなく(もしかしたらメゲてるのかもだけど)、『でももう少し早く歩けるようになる』と決意してた。徒歩20分だと片道10分が限界なわけだから、距離を伸ばすためには速度を速めるしかないもんな。
『人工骨を入れると歩くのが辛いから外へ出なくなり、引きこもってしまう人も多い。なるべく外出はするように』とも言われたらしい。家族としてもそーあって欲しいところだ。倒れない程度にがんばれ、チチよ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-25 01:13 | そんな1日 | Comments(0)
こけし展の最終日は、2時からパーティだ。誰でも参加できるけど、参加作家は1品持ち寄り、である。昨日は“もーねみー、明日考えよー”と思って寝ちまったので、起きてから慌てた。あたふたしてたら2時のパーティに間に合わないので、近所に買い物出て(ついでに牛乳だの何だの頼まれて)、ドタバタと帰宅してジーンズかスカートかでしばし悩み、悩んでる時間も惜しくてワンピ(?)着て出かけた。
乗り継ぎがうまくいって、到着は1時40分。2時スタートなので欲かいてB・オフを覗く。あちこ探してもなかった『雨の牙』を見つけてほくほく。続巻を先に買ってしまって以降、どこでも見つけられなかったのでこの収穫ににんまり。

で、そのにんまり気分でギャラリーに到着。牛久のねいさんと、赤レンガでお会いしたkazさんに『ガーリッシュだー、ガーリッシュだー』と後ろ指差される。(この比喩は100%間違ってるのだけど、そゆ気分になったのだ…そもそも「ガーリッシュ」の意味わかんなかったし) あたしの頭では「ガーリッシュ→コショウ→じゃなくてガーリックトースト→ちょい辛い?→つーかスパイスがきーてる?→全然ちがくてガガーリン?→もっと意味わかんない…」で混乱してたのだけど、そこへ初対面であるとときち殿が来て『ナマだー、ナマだー』と連発されてしまったのでさらに混乱した。
えー、つまるところ「ガーリッシュ」とは「ボーイッシュ」の逆で「少女っぽい」みたいなニュアンスらしく、とときち殿はこのブログの読者であられるので「やっとナマの雪丸に会えた」という意味であったらしい。まずはお三方にお会いできて光栄至極、お褒め頂き恐縮至極。「ボーイッシュ」と聞くことは多々あれど、「ガーリッシュ」は初耳。(どっちがイイのかわかんないけど) この無駄に長いブログの読者とは貴重。話を聞くに、『断定口調的なとこがツボ』らしい…あたしとしては「かなり控えめに」意見してるつもりなんだけど。『~なのだ!』ではなくて『~なんではなかろーか』とか『~だ。と思う。』とか。昔から字ぃ書かせた方が強気なんだよねー、何でかしらんけど。

あぁ、パーティ始まるまでにすでに今日分のブログ行数の半分を終えようとしてる…「5行日記」とか絶対無理だ、あたしー。
ともかく“このギャラリー、酸欠なのでは”と思うほどの人込みで、もー誰が誰やら状態。発起人である大野氏とも挨拶程度で、見知った作家サンたちにちょろっと声かけるのが精一杯。おろおろしつつ、お茶飲みながらおつまみつまんで(あたしは酒はダメだが酒のつまみは好きなのだ)、馬頭琴のライブを楽しんだりしてたらあっちゅー間に搬出時間。3体のこけしたちは誰もヨメに行かず、ちーとばかし凹みつつ、素敵な紗の着物を着たMS嬢こと花車さん(ご来場感謝!)と帰るころ、都庁や浅草橋で一緒したKN氏に会う。で、彼の作品を(この間際に)購入された方が、あたしが人気投票で1票入れたMJさんと知り、名刺交換したらば、何とご近所であった!思わず話が弾んだら、『でも雪丸さんはこれ1本でやっているんでしょう、すごいですよ』と言われ、思わず目が泳ぐ。
『…えーと、いや…コレだけでは立ち行きませんので、そば屋で働いてまして…』
『ええっ、そば屋?!何てかっこいい!』
……そば屋を「かっこいい」と言われたのは初めてだ。ま、「ちぎり屋でそば屋」ってのはちーとばかし気に入ってはいるけどさ。しかし今日は初めてが多いな。
『かく言う私は寿司屋なんですよ、〇〇って言う…』
おおっと、そば屋より寿司屋の方が格が上じゃん!(ましてや立ち食いそば屋とでは月とすっぽん!) しかもその店、近所では知らない人がいない有名店!すっげー。いまの店がクビになったら鞍替えすっかなー。(つまり「屋」の字が付けばどこでもいーらしいことに最近気づいた)

帰り、花車さんとちょっとお茶…のはずが、「ケーキセットのあとにパスタを食べる」とゆー、堂々3時間の長丁場(?)になった。真面目な仕事話はいつのまにか脱線してオタッキー話になり、それはもー怪談。じゃなくて会談。『野球狂の詩』の話から、エンディングが好きだったのよー、♪男は誰もぉ~ヒーローだからぁ~と歌って、彼女に「懐かしすぎて鳥肌」を立てさせてしまったし。(やっぱ怪談か) 昔のアニソンほど「血ぃ沸き、肉踊る曲はないよね」って話から、「何がベスト1か」という話になる。彼女は『海のトリトン』らしい。あぁ、いーよねー、あのオープニングの♪タン、タタタータンが始まっただけでぞくぞくするもんなー。『野球狂の詩』同様、間違いなくトップ10には入るな。でも1位は何かなー、やっぱ『あしたのジョー』の挿入歌、♪髪の長い女が歌ってたー(『K.O』)かなー、とかつらつら考えながら帰宅した。

今日あったこと、書きたかったことの1/3も書けていない、ってのはストレスが溜まりそーだ。何で「短くまとめ」られないかなぁ、あたし。つーか、問題はそこではなくて、『自由への拡大図展』に続き『こけし展』でも赤字出したことを反省すべきなのだよな。いっそのこと「文筆屋」に行くか。この「まとまりのなさ」でよーゆーわ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-24 00:56 | そんな1日 | Comments(2)

屋上花火見物

毎年恒例(なんだけど、あたしは去年は来られなかったんだよなー)の、友人宅屋上からの花火見物の日。以前はバーベQとかしたけどね、あれやると「焼かなきゃ、食べなきゃ、観なきゃ」になって忙しいので、最近ではあれこれ持ち込んでわいわいと玉川花火を観ることになってる。

で、持ち寄りのパート分担で、あたしは当然のように「天ぷら担当」。昨日の夜、“天ぷらが余らなかったらどーしよー”と内心ヒヤヒヤだったのだけど、いっぱい余ってほっ。とは言え、10時45分ラストオーダーで10時に『茄子天が残り5だから20揚げて』とシャインに言われ、“この調子だったら10で充分だ”と思ったけど何も言わずに揚げて19個余らせたあたりは作戦勝ち(?)。もっとも、エビ天の追加10に対して(ナイショで)12にしたけど余らなかったのは計算外だった…最近なぜかよく出るんだよねー、エビ天。高いのにー。

とゆーわけで、持参する天ぷらは「かき揚げ20枚(ハタチのITちゃんに揚げさせてた)、茄子天19、イカ天10本、かぼちゃ3枚(これも追加であたしが15枚揚げたのにこんだけしか余らなかった…)、コロッケ3個。どんだけ重いかとゆーと、過日の頂き物、巨峰が5房入ったダンボール箱にかき揚げ詰めたら他が入らなくて、残りをフードパックに入れて、ケーキの入ってた大型ビニールに入れたら道中裂けてしまった、とゆーくらい重かった。暑いし重いしでひーひー。ま、喜んでもらえてその甲斐があったけど。
『ホントにこれみんなで分けていいの?』
『もちろん!つーか、余っても絶対引き取らないから、あたし!』
みたいな。だって食べ飽きてるもんさ。

で、本日メインの花火。そりゃーもー素晴らしかったっす。こういう花火って、結構「スポンサー次第」みたいなのがあると思うのだけど、過去何回かのうちでもよかった方に入ると思う。毎年集まってる連中(+初めて組数名)で、『あ、これ新作だね』『いまの、お魚じゃない?』『今年は緑系の花火が多いみたいね』『真っすぐ上がって高低差つけて順番に弾けてくのが可愛いじゃん!』と会話も弾む。食事も進む。加えてなーんかすごい飲んだなー、あたし。ジンジャーとコーラとCCレモンとジャワティー(最近見かけないと思ってたけど近所にないだけなのか…あたし好きなんだ、これ)をチャンポンに2リットルは飲んだんではなかろーか、とゆー…そんでいまは熱~い紅茶でほっとひと息。ウチでもそば屋でもこんなに飲料を消費しないのにすごいな。そんだけ発汗してたってことか。

花火はちょうど1時間で終り、あとはぞろぞろと駅へ向う人たちを見ながらお喋り。平成生まれ2人に対して昭和40年代は『あれ、これ、それ』と『ほらあのナントカってやつ』と「主語がきっちり出てこない病」に悩む。つーか開き直る。固有名詞がすぐ出てこないのがオジサン、オバサンの始まりだと言いつつ『だってぱっと思い出せないんだもん、しょーがないじゃーん』みたいな。しかし単語にしろ固有名詞や人名にしろ、「きっちり思い出すまで考えた方がボケ防止になる」と言うから、ホントは思い出した方がいいんだよねー。わかってんだけど、それすると会話が途切れるからなー。あ、でも『あれ、それ』を連発してたのはあたしじゃないっすよ、念のため。シラフだったしね。

通常は1時間程度で途切れる、駅へ向う人たちも、今年は2時間近く経っても途切れなかった。てことは玉川周辺はものすごい人だったんだろーなー。いやはや。毎年場所を提供してくれるOJ&KN夫婦に感謝です。
そーそ、行き帰りで浴衣の人をよく見たけど(あたしも着ればよかったかなー、何年着てないかなー)、「浴衣をちゃんと着れてる」ように見える10代、20代は殆どいなかった。何がヘンてわけでもないのだけど、そのお端折り部分がちょっと…とか、帯が…とか。30代くらいになると「きっちり着れてるね」と思うのだけど。浴衣デザインも現代風でも素敵なのも多いけど、妙なのもずいぶんあるねぇ。思わず着る人のセンスを疑いたくなるような…帰りには「浴衣に網目テンガロン帽子」の子を見た。イイ悪いの判断に苦しんだ。帯紐と黒いスカーフみたいな紐を絡めて結んでたし。うーん。ま、去年見た「膝丈浴衣」よりマシか。それより今日のゲストの15歳の甚平(ハート目の黒白グレーのドクロ柄)の方が数段可愛かったけど。甚平着て許されるのは何歳までかしらん。一度着てみたかったな。
さーて、明日は「こけし展」のぱーちぃ&搬出。3体ともご帰還、なのかなー。1人くらいはヨメに行ってておくれ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-23 02:00 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156