<   2009年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

我が家で最も古い家電製品は冷蔵庫だ。昭和50年(1975年)購入とゆーから、かれこれ30年以上の長きにわたって家族の台所を支えてくれてることになる。自慢じゃないが、かなりでかい。とゆーのも、購入当時、我が家は7人家族で、チチもオトート1号、2号もあたしもよく食べたし、ハハが『大きいのが欲しい』と言うことで見に行って、国産だと思うのがなく、その頃としてはかなりの破格である値段のアメリカ製冷蔵庫を『えいやっ』で買ったモノなのだ。どんだけでかいかとゆーと、扉からは入らず、窓から大人3人だか4人がかりで入れなくてはならなかった。何度か修理もしたけど、その度に(その会社はとっくになくなったりしてたので)、電話がたらい回しにあったりして、それでも何とかなって今日に至ってる。

んが。昨年あたり、いきなりぶぅおんぶぅおん鳴り始めたり、それがぴたりとやんだり、最近それはなくなったね、何でだろね、と言ってたら、代わりに(?)水漏れがするようになった。下の引き出し部分の下にいつのまにか水が溜まるのだ。またそれを修理する、という手もなくはなかったと思うけど、リョーシンが『もう買い替え時では』と言うことで先週末、オトート1号家族が来たとき、みんなで冷蔵庫を見に行った。(あたしは三茶真っ只中) 
いまの冷蔵庫はみんなスリムで、でも許容量は似たよーなモンで(たぶん)、おまけにとてもエコだそーだ。年間の電気代がいくらになるのか知らないが、ものすごく安く済むらしい。つーか、当時の冷蔵庫は(これに限らず)、結構な電気代を喰ってたのだよね。だから盛んにエコだとかポイントだとかで煽るわけなんだろな。
ま、それはともかく、シンプルで(つまりあまりややこしい機能がついてない)、フツーの冷蔵庫を購入。30数年がんばってくれた薄黄色の冷蔵庫君ともお別れ、となってしまった。
んが。30数年の付き合いともなると、そんじょそこらの別れ方はできないようだ。「窓から入れたんだから窓から出るはず」なんだけど、新人冷蔵庫君を買った家電店もリサイクル業者も型を聞いただけで後ずさりし、『出しておいてくれれば引き取る』みたいなアホな返事で、あっちこっちに電話をかけまくり(あたしではなくハハが、だけど)、たらい回しにされ、リサイクル業者だけで何軒尋ねたかわからんほど。区の業者なんか『ウチは2人しかいないから無理』とか言うし、家電店には6千円だかの引取り料を支払ったけど、それは返す(たりめーだ)、ついでにエコポイントも、みたいな話でさすがにハハもちょっとキレかかってた。以前、ウチの玄関を直してくれた某リビングセンターの人を呼び出して見積もってもらったら、3万円はかかる、手配しないとまだ何とも言えない、みたいな返事。

午後中ずっとそんなやり取りを聞いてたので、修理を受けてるそにー(その製品を扱ってたわけではないが、会社がなくなったのでそこに引き継がれたのだ)に電話して、扱える人に尋ねるのがいいのでは、と提案した。そこでわかる人にたどり着くまでもまた大変だった。電話先も川崎になったり大田区になったり…『ンもー、何なのよぉ~、窓から入れたんだから窓から出せるでしょ?!』とハハはぼやき、ため息。だが結局のところ、そこの「ウチの冷蔵庫の型や形をわかってる人」がいて、来てもらえることになったので、やーっと決着。(それでも結局、引き取り料としてやはり3万近くはかかるみたいだ…チチいわく『電気代が安くなったからって、その3万円のモトを取るのに果たしてどれだけかかるんだか…』。また修理した方がよかったんじゃないかなぁ、とも思ったんだけどね。でももー買っちゃったしさ。しょーがないか…何か、いなくなると思うと淋しいなぁ、薄黄色冷蔵庫君。でも34年もがんばってくれたんだから、ありがとう、お疲れさまでした、おやすみなさい、を言ってあげた方がいいんだろな。
あたしが厚木に出張ってる頃、彼はいなくなる。最後の日にいられないのもまた悲しい。ふぅぇ~ん。せめて送り出してあげたかったよぅ。

今日はいー天気だったので、眠気をこらえて洗濯、布団干し、そして夏の帽子を洗ったり陰干ししたりして、冬物帽子を出した。やっぱり、とゆー結果になった…あの、ランドリーボックスであるばんだ君の中に入りきらないのだ、冬帽子は。うーん。高さが60センチでは足りないか…足りない、ってことが問題だよな。ありすぎだって、帽子が。こんなに持っててどーすんだ。
5連チャン勤務のそば屋は、本日が最終日。だからがんばれた、って感じ…もーへろへろ。1日7時間の労働のうち、実に6時間は何かしら揚げてたわけで、もーいー加減、う~んざり、げ~んなり、の極致に来てた。明日からそば屋は3連休だ。楽しんで、休んで、作って、の有意義な3日間にしよう。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-31 02:21 | そんな1日 | Comments(0)
今日はリョーシンと新宿へランチに行った。行くからには早く起きなくては~と思いつつ、起きたのは10時過ぎ…うぅ。昨日、半端な状態のままだった衣替えを無事に完了させ、夏帽子の陰干しとか洗濯とかしたかったけどそれは無理。布団だって干したいのになぁ~。(早起きしない方が悪い…つーより早寝できない方が悪い) チチの歩みは遅々としてるので、ちょっと早めにリョーシンだけウチを出て、あとからあたしが出かけた。某デパートの入り口の待ち合わせ場所とゆーか、椅子がずらりと20ばかり並んでるとこで待ち合わせてたのだけど、階段から見えたチチの後姿の隣はハハではなく、別のおばさまと何やら談笑してる。行くと、椅子が空いてなくてハハはデパート1階をひとりで見てる、ということだった。最初に到着したとき椅子は満席で、空いたら座ろうと思うのに、空くと後ろから来たおばさんがささっと座ってしまう、というのを何度か繰り返してたそーだ…チチのように長時間歩いてはいられない人にとっては路上のベンチや待合室の椅子は欠かせないモノだけど、動作も鈍いと目ざとく突進してくる人には負けるんだよねぇ。談笑してたおばさまは、そんなチチを見かねて、隣が空いたときにまた横取りされそうなのを制して座らせてくれたのだそうだ。ありがとうございました、見知らぬ方。

で、ランチはデパートの13階。洋食が食べたいなあ、という3人の意見が一致してて、あたしが『満点星にしよう』と提案したのだ。(どーもよくわからんのだけど、この「満点星」は「つばめグリル」と一緒だよねぇ?でもってここは「麦星」になってるんだけど、隣にちっちゃく「満点星」とあるのだ…何が違うんだろか…)
ここのオムライスとデミソースは絶品なのだけど、リョーシンは季節限定の牡蠣フライ定食にして、あたしは牡蠣のドリアにした。季節ものだし、何かすごく美味しそうだったので。ウチではチチの糖尿のせいもあって、とんと揚げ物をしなくなった。(天ぷらはあたしが持ち帰るってのもあるけど) なので、チチは密かに“牡蠣フライが食べたい”と思ってたのだそーだ。よかった。ちょっと食べさせてもらったらほくほくと熱くて、タルタルソースも美味しくてよかった。デザートのココナツゼリーと果物も美味しかったし。3人で5千円ちょっと。を、あたしが出した。ご馳走できてよかった。お誕生日おめでとう、雪丸ママ。
これがハハと2人なら、デパートのバーゲンを冷やかしたり、ちょっと散策的なことも楽しめるのだけど、チチはこの外出だけでだいぶお疲れのようだったので食後に別れる。そば屋まではまだ時間があったから、デパートとか近くのウンクロとかを覗いたりしてたのだけど、別段欲しいモノもなく、ふと
“そーだ、手相でも見てもらうか”
といきなり思い立った。デパート脇のとこにいつも3人の占い師がいるからさ。んが。そーゆー気分になってるときに限っていないんだな、これが。時間が早すぎたのかもしれない。うーん。いま特に何かに迷ってるとか、アドバイスが欲しいとか、そゆわけではないのだけどね、あーゆーのって「思い立ったとき」じゃん。気分というか。ちょっと残念だった。作家になってからちゃんと(お金を払って)見てもらったことってないんだけど、いまの相場ってどのくらいなんだろか。やっぱ3千円くらいするのかなぁ。次、思い立ったとき、フトコロがそんなに厳しくなくて時間に余裕があったら見てもらいたいな。

そば屋は昨日同様ちょいヒマじゃん、と思ってた矢先の8時過ぎあたりかに急に混み出して、かなりのあたふた。アレ作ってコレ揚げて、に追われまくる…何かもー“こーゆーモンなんだ”という、諦めの境地に入ってきた、5連チャン勤務の4日め。明日が終われば3連休が待ってるのだ!布団干して帽子を洗って出して、厚木に備えたい。三茶後は余裕かと思いきやまさか、の展開でかなりくたびれてるけど、がんばれ自分、だ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-30 01:47 | そんな1日 | Comments(2)
とにかく今日やらねばいつやるのだ!と奮起して、衣替え。毎度のことではあるけど、着なかった夏服が多い…そば屋を始めてからとゆーもの、ハケンシャイン時代の服はとんと着なくなってしまったし、ロッカーが狭いので脱ぎ着にちょいと手間のかかる服(ぴったり系とかボタンが多いのとか)も着なくなった。だからといって処分するには惜しいし、また着たいとも思うしねぇ。でもこーやって、一度も手を通さずにまたタンスの奥にしまわれるってのも、それはそれで服を傷めてる気がするんだよなぁ。

昔懐かしいリンドバーグの曲とかをかけながら服の整理をしてて、ふとギャラリーオークにハハを伴おうか、と思い立つ。今日はチチがリハビリで不在の日だし、オークのカード展は25日で終了したけど(遅ればせながら、ご来場の方々ありがとうございました)、その近くにある洋品店(わ、何か書いてて死語に近い気がしてきた…でもブティックって感じじゃないんだよな)に誘おうと思ったのだ。もともとあたしはそば屋前にちょいと立ち寄るつもりではいたのだけど、ハハを誘うからには1時間は早く出たい。てことで衣替えも中途半端にやり残したまま、ハハと出かけた。

散歩するのにも気持ちのいい天気で、ハハとあれこれ喋りながら歩く。彼女は11月の同窓会旅行に着てく服を、あたしはジーンズを1本見る予定で、まずはオークへ。カードの売り上げと、額の引き取りを済ませ、その洋品店に向った。
ジーンズは目をつけてたモノがあって(サイズが心配だったけど無事あった、よかった)、寸法を直してもらう。以前ここで買った色違いのジーンズも重宝してるのだ。種類があまりないのが難点だけど、欲しいのがあればお買い得。直しは無料で2980円。
ただ、ハハはあまりイイと思えるシャツがなかったみたいで、ちと可哀想なことしてしまった。もひとつの店を覗く余裕はなかったし。あたしもハハもレーヨンやアクリルとかが好きではないので、色や柄が気に入ってもそれだと躊躇してしまうのだよねぇ。でも冬仕様となるとそっち系が増えるのは確かで残念。

ハハと別れ(額は持ち帰ってもらった。助かった、感謝)、5連勤の3日めとなるそば屋へ。天気はいいし、従業員はいつもより1人多いのでかなりラクだった。ここの勤務は9人がベスト、と言われてるけど、9人がシフトされてることは稀。(その理由ってのが「売り上げが落ちてるから」ってのがむかつくっしょ?キョービ、売り上げの落ちてない店なんかあるのか?と思う) なぜ今日が9人体制だったのかは謎だけど(この点、結構いい加減なのだ、この店は)、ともあれ何をするにも余裕があって、互いをフォローし合うこともできてよかった。月曜の雨の日に比べたら客数も相当少なかったけどね。

昨日のYGネタで、もしかしたらここの閲覧数がまたすンごいことになってるのでは?と思ったけど、先々週のに比べたらフツー。あの、341件は一体何だったのだろう、と思う。(ちなみに昨日は42件) どっかで誰かがあたしについて何か語ったのかなぁ。この謎が解明されるこたーないのだろーな、と思うとちと悔しい。
明日はハハのたんじょびなので、リョーシンと食事に行く予定。夕食ではなくて昼食で、その後そば屋、ってのが悲しいけど、それはまーしょーがない。せいぜい美味しいご飯でも食べよう。夕飯が5連チャンで「そばかうどん」てのはキモチ的にちと荒んでくる。キライなわけではないのだけど、労働に見合わないとゆーか、やはり夕飯は米が食いたいというか。あ、でも立ち食いそば屋のくせに今度定食も、と上の連中が考えてるらしくって、これはもー強硬に反対させてもらてるのだけどさ。だってどー考えたって無理なんだって、この店の状態で定食をやるってのはさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-29 01:33 | そんな1日 | Comments(0)

あつぎ アート楽市

11/7(土)、8(日) 10:30~16:30 雨天決行(雨天会場あり)
小田急瀬線 本厚木駅周辺 あつぎ国際大道芸F会場 サンパーク(バスセンター2階)
 ブース№24 ちぎり屋さゆき
http://atsugi-kankou.jp/daidougei/

08年より開催されている「あつぎ国際大道芸」のその周辺13会場のひとつで手作りアートの市、アート楽市が立つことになりました。「三茶de大道芸 アート楽市」の流れをくむ、このあつぎアート楽市に、85組の手作り作家さんたちが集結します。雨天の場合はすぐ近くの、屋根つきの会場になりますので、ぜひぜひ遊びにいらしてください。クリスマスグッズ他、いろいろ揃えてお待ちしてまーす。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-29 00:54 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)

先週末のYG

そば屋5連チャン2日めにしてもーくたくただ…先が思いやられるっつーか、思いやりたくないっつーか。11月前半シフトが出て、とりあえずあまり詰まってなさそだったのが救いだけど。
起きてからビニールシート干したり布洗ったり、厚木のことをちらちら考えながら荷物ほどいたり作品入れ直してたりしてるうちに出勤時間…またもや衣替えできず。うぅ~、いつになったらできるんだろか。厚木まで無理、てこたーないはずだけど。

そんな1日で書くネタがないので我が愛すべき甥のYGネタ。先週末にやって来たときにいろいろネタを仕入れたものの、げたげた笑ってるとオトート1号が横で『どーせブログに書くんだろ』とのたまうから悔しいので書かないでいよーかとも思ったんだけどさ。つーか、何を書いていいかやっぱYGママに許可を取るべきかなぁとか。でも許可取ってる間がなかったりするんだよね、ごめんね、YGママ。(って名前で定着するのも可哀想なんかな…「ママ」と他人から呼ばれるのを嫌う人もいるんだよね。よかったら好きな名前名乗ってください)

さて何から書くか。
土曜日、雨に降られてさんざんで半ベソ状態で荷物をほどいて濡れたカード類を拭いたり梱包し直したりしてるときに1号家族が到着した。挨拶もせずに玄関口であたしを呼ぶ声が聞こえ、慌てて階下に出ると玄関に傘をさしたままのYG。持ってる「真っ赤なムック傘」を見せびらかしたかったらしい。ヘリコプターの形がヘンなのを除けば、ちょっと羨ましいかもだ。
彼は先週、左目に見事な青タンを作ってて、それはハハの携帯に送られてきた写真で知ってたのだけど、いまはカサブタみたいになってた。どーしたのかとゆーと屋内サッカーで転んで(どー転んだらこーなるのかは不明…)、写真の青タンに、とゆーより思いっきり「こんなとこ撮ってんじゃねーよ」的なガン飛ばしてる表情にウケたのだけど、夕食でその話になった。最初はアザにすらなっておらず、ただ「痛い痛い」と涙目でつらそうだったらしく、サッカーコーチがやって来て彼の前に屈んで指を1本立て、『YG、いくつだ』と尋ねた。彼はとても真面目に応えた。
『8歳です』
……イケてるよ、YG。抱腹絶倒モノで笑い転げるハハとあたしを尻目に『このテのことはいつものことで何とも思わないんだけど』と前置きしたYGママは、『でもコーチもYGがそう言う奴だとわかってるから別に騒ぎもせず、すぐに「うん」と頷いて「何本だ」と言い直してたよ』と言ってた。ここで本人を前に爆笑してしまうと、悪気も何もなくて真剣な彼を傷つけてしまうことになるのだろーな。難しい…。

始まりの理由がよくわかんないんだけど、YGがあたしの部屋で何かを作ることになった。タイルが欲しいと言うので、数ある箱の中から「かえるまんじゅう」の箱を出すと、じーっと見てる。これで彼はこの箱の中がおはじきとカラータイルがぎっしり、を覚えたな。次回はあたしがいなくてもこいつを引っ張り出すだろう。
最初はおはじきで、と言ってたくせに赤いタイルを2枚出して、これを使っていいかと言う。いいよ、とゆーと今度は青い紙を探させて『くじらを貼る』と言うのでこれも許可した。と、(あたしみたいに)いきなりちぎるのではなく、裏返して絵を描き始めた。でもそれだと「青くない部分」にも描いてしまうことになるのだよね。てことに気づいた彼は机の上のメモ用紙を取り出し、それに絵を描いた。あとで塗る、と言うのであたしがちぎった。『タイルはやっぱり6枚必要』とか言い出すので、“ちょっと待て、クリスマスカラーのその色をいきなり6枚使われると厚木分が困る”と思いつつ、『青とか黄色とかにしよーよー』とささやかに抵抗。でも描けた絵はタイル3枚で大丈夫そーだったので問題なく済んだ。
完成した絵を3等分し、色を塗り、タイルに貼り付ける。あたしにはなかった、なかなかいい発想だ。とても上手に、YGいわく『合体系』が出来たので、タイルの裏にマグネットを貼ってあげた。上出来、2人でご満悦。合体系マグネットか、おもしろいな。マグネットとしては使い勝手がどーかという気もするけど、1枚分のスペースを空けて移動させて1枚の絵にするボードゲームとか、作ってみたらおもしろいかもしれない。ナイスだぞ、YG。出来たら真っ先にキミに進呈しよう。

YGの妙な(?)偏食ぶりについてはよくここでネタにさせてもらっている。ジュースよりお茶より水道水とか、好物はかけそばネギ抜き、ミートソーススパゲティミートソース抜き、味噌汁具なしとか。そんな彼の深遠なる名台詞に
『おさしみは何もつけない方が美味しいよ』
ってのがあるけど、夕飯に出たおさしみ(サーモンオンリーだ。彼以外は誰もこのお刺身を口にすることができなかった…)には、醤油をつけてた。すごい進歩(?)だ。もっとも、ほんのちょびっと、だけど。箸でお刺身をつまんで、端っこの方にちょこっとだけ醤油をつける。もー、ついてるのかついてないのかわかんないくらい。いーのかそれで、と思うんだけど、いーんだろーなー。すっごく美味しそうに食べてるし。
ところで彼の『(お刺身の)サーモンは焼いたら鮭になる』ってのは本当?あたしかねてからギモンだったんだよねぇ、すし屋でも「鮭」ではなく「サーモン」と書かれてることが。でも生きて泳いでるときは「鮭」じゃん?切られて刺身になったら「サーモン」で焼いたり料理したりしたら「鮭」になるの?うーん。
何にせよ、サーモンは美味いよね。あたしは寿司ネタでは1番が鯵だけど、サーモンは2位か3位くらいに入ってくるな。あー食べたくなったー。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-28 01:57 | そんな1日 | Comments(2)
起きたら1時だった。10時間くらい寝たことになるのか?雨だった。予定が狂った。ビニールシートや布は濡れて丸めたまんまだし、部屋はどっ散らかったままだし、作品はカートにくくりつけられたまま…タメ息。2時間後にはウチを出なくてはアカンのに。今日は出勤前に散髪に行こうと思ってたのに。
朝食(なのかどうか既に疑わしいが)を食べて、1時半過ぎ。さて、と唸ってからささっと部屋を片付けて散髪に行った。980円を全部100円で支払った。それでもまだ3000円分くらい小銭がある…厚木での釣銭を置いといても、だ。帰宅するとハハに『人がいっぱいだったの?』と訊かれた。行ってから帰ってくるまで30分かかってない、ってのはそー思われるのだろう。でもちゃんと行ってきたのだ。近所に980円カットがあるのってありがたいなぁ。(この値段だと「カット」ではなくて「散髪」って感じだ)

それから、かなり無理矢理な感じで掃除機を入れる。カートからおろした荷物を部屋に戻すと狭くなるから、先に掃除機。寒いので井草ゴザを取り替えたいのだけど、はてさていつになるのやら…この雨はいつやむんかね。いい加減、冬物出さないと凍えるわ。帽子もないし。

10時間は寝たはずだけど、眠いし疲れも取れてないしで、そば屋に行きたくなくて泣ける。加えてこの雨。も、どーゆー状態になるのか、目に見えてるっつーかね。どーせ揚げ物ばっかやらされることになるんだ。
先週の土曜から新メニューで、それが「季節のセイロ」という。エビ天、茄子天、イモ天、まいたけ天の4種がひと盛りになってて、いまさら(これから寒くなるってのに)何でセイロだよ、揚げ物ばっかじゃんか、誰が苦労すると思ってんだ、といちお抗議はしたんだけど、「やる」となったらやりたいのが上の連中の考えで、あたしらパートのことなんかな~んも考えちゃおらんのだ。

で、本日は5時から10時過ぎまで、ただひたすら揚げ物してた。ま、それをやるのはそんなに苦労でもないっつーか、あたしは(他の人たちに比べると)長時間の揚げ物が平気なのだけど、イヤなのが「追われる」こと。かき揚げやってりゃイカ天が足りない、イカ天やってりゃ季節天が足りない、そっち始めるとブタかき揚げがない、と次々に言われるのが、もーたまんなくイヤだ。
『エビ天がもー残り3です』
『いまブタやろーとしてんだってば。どっちが先?』
『…どっちって…』
『ブタいくつ』
『5です』
『どっちが先か聞けって』
そんで、どっちを先にやって欲しいも何もない(つまりどっちも欲しい)振り場の連中は(あたしの真っ当な問いかけを聞いて)まごつく。雨なので人は次々に入ってきて、ホールは既に恐慌状態。コップはないわ、ゴミ箱は溢れてるわ、テーブルは汚れまくりでしょーもない。揚げ物は、どっちかやったらどっちかは切る(券売機を「売り切れ」状態にする)しかないのだけど、それやるとあとで上の連中にどやされるから切りたくないんだよね。ま、どやされるのはあたしじゃないし、どやされても知ったこっちゃないんだけどさ。
ともかくとてつもなくくたびれた。これが5連チャン勤務の初日かと思うと疲労も倍増。帰宅したらあまりの空腹にチーズトーストを焼いてしまった。だってこゆ日に限って食べるモノが何もないんだもん。

にしても、今日が快晴だったら“何で1日ズレてくれないんだよ!”と思うとこだったけど、この雨が週末でなくてよかったな。どうにか2日とも出店することはできたわけだし。髪も切ってさっぱりできたことだし、必死こいて制作せねばならんほど不足の事態にも陥ってないし、今夜もゆっくり寝て、明日は晴れたら洗濯と衣替えといこう。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-27 02:07 | そんな1日 | Comments(0)
雨があがったら出店するつもりで、9時前に起きたのだけど、何やら小雨…かなり微妙。ネットで調べたら雨雲が移動してるのがわかったので“午後にはやむかな、だとしたら楽市はやるだろな”と確認の電話を入れると、『開催の方向で進めてる』という応え。仕度をしつつも、地面は濡れてるだろーし、昨日の雨でビニールシートはまだ乾いてないしで、何をどーしてどー持ってくかに悩む。とか何とかしてるうちに11時近くになってしまい、YGらはYGらでハハと出かける予定になってたので家族でドタバタしてた。景気づけ(?)にいっちょ、とゆーことでリョーシン(つーよりオトート1号とYGママらと、つまりはみんな)がやってる菊花賞に参戦。ネーミングのかわいさってだけで「イコピコ」(チチいわく「ボリネシア語で山の頂上という意味」なんだそーだ)の1点買い(せんえん)を頼んでから出かけた。
とか何とかどたばたしてて、このブログに『午後から出店します』とひとこと書いて出よう、と思ってたのにすっぽ抜けてしまった…失礼しましたです。

到着は1時前あたりか。雨はあがったものの、雲はどんよりしてて、また降る可能性もあるってんでちょっとどきどきしつつも並べた。荷物を昨日の半分以下にしたのだけど、それでもじゅーぶんな品揃え、ってどゆことだ。少なくとも周囲と比べても見劣りはしない。
あとで廻ってきたスタッフさんに聞いたところ、『103組中、現時点(1時半)で71組が来てます』ということだった。あんな雨のあとで、午前中も降ってた割には出席率が高い方ではないかな。ともかくみなさんがんばってた。

昨日、すごーく残念だったことがあった。去年、終り際に来てくれた小学生の男の子が絵本『ぼくの好きな場所』を気に入ってくれて、でも既にお小遣いを使いきってしまったあとで、泣く泣く引き上げた、その子がまた来てくれたのだ。で、あたしとその本を覚えててくれたのだけど、ママと一緒だったので『他を見てまた来る』と言い、また来てくれたときには既に2000円の小遣いが500円になってた。『ぼくの好きな場所』は900円。400円まける、ってのはどーだろう、ちょっとまけすぎ?とか躊躇してしまった。彼が1500円で買ったモノってのが小さなガラスの金魚鉢で、なぜかと言うと『この本を入れておくのにぴったりだと思ったから』。ってその台詞だけで『よし、500円で売ってあげよう』と言うべきだったのに、他のお客さんと接客してるうちにいなくなってしまったのだ…しまった。激しく後悔して、せめて名刺を渡すくらいの配慮をするべきだったとか、そもそも去年のことを覚えてくれてた時点でまけてあげるべきだったのだ、とか、もーココロで地団駄。あー、いま思い出しても悔しい。もしかしたら今日また来てくれないかなと思って待ってたのだけど来なかった…うぅ~。

寒そうだと思って着膨れてきたものの、それでも寒かった。差し入れにホカロンなんかもらっちゃって感謝。熱い珈琲も美味しかった。入り口でたこ焼きの露店が出てるのだけど、あまりの空腹に耐えかねて買ってみたら意外に美味しかった。(いつも出してるのに初めて買った…「意外に」とか言ってすみません) 8個で250円だしかなりお得だ。タコもたこ焼き本体もちっこいけどね。

雨が完全にあがっても、雲は重く気温は低い。にもかかわらず、なかなか大勢の人が行き来してくれてて、ありがたかった。絵本で盛り上がってくれるのは子供たちばかりではなくて、説明したり世間話したりと楽しい。それはいつもの光景ではあるけど、三茶に限らず、どこのアートフリマでも額が売れなくなったなぁ、というのを実感する。大小に関わらず、見向きもしない人も大勢いる。興味がないとかではなくて、ハナから「(額とかの)高価そうなモノは見ない、買わない」と決めてる感じ。わからなくもないけど、淋しくもあるな。
他の出店者さんたちがどうだったのか知らないけど、あたしの成績は例年並み。両日とも半日出店だったことを思えば「上出来」なのか、相変わらずの出店内容に反省すべきなのか、ちと判断に苦しむ。この調子でいきなりブレイクするわきゃないだろーから、何か対策を(アートフリマに関してだけでなく)、考えるべきなのだろうな。

今日もまた手伝ってくれたみっちょんが、菊花賞の結果を教えてくれた。なかなか荒れたレースだったよーで、イコピコは4着。くぅ~、悔しい!3着内であれば配当が出たのにぃ~!
帰宅して夕飯食べてYGらとちょっとまったりして、彼らを見送って、やっとひと息ついた。疲れた。それに寒い。何でも11月下旬の寒さなんだそーだ…寒いわけだよなぁ。まだ冬服出てないのに、明日からどーしよう。とにかくいろんなモノが片付けられておらず、今日の分も玄関に放置したまんま。で、明日からそば屋5連チャン…きついなぁ。明日からのことは明日考えることにして、風呂入って寝ます。
最後になりましたが、ご来場の方々、本当にありがとうございました。もちろん来年も出店しますのでよろしくです。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-26 01:12 | そんな1日 | Comments(0)
2時にベットに入ったのに4時過ぎても寝られず、“何でだよー、ねみぃーんだよぉ~”と半ベソかきつつ、結局のところは3時間程度の睡眠で起床。(ハハがまだ寝ててちと驚いた…いつもはとーに起きてるのに) ちゃっちゃと仕度して9時前にウチを出た。荷物のあまりの重さに泣けた。受付9時半でジャストに到着。さすが地元だ。

開店準備中、はんこやMNちゃんが通りかかったので、引きとめて『見せたいモノがあるのだ』と言ったらば、
『何?イヌ?』
……何でそこで何の脈絡もなく犬が出てくるのだろう…?違うよー、と言って昨日ブログで披露した「ちぎり屋さゆき」の看板を見せた。すっごい喜んでくれた。ところでこれはどこで買って何の用途に使うモノなのかと尋ねると『はんずで買った。用途は不明』との答え。そのまんま、これだけが売ってたのだそーだ。いくらだったのだろう?国立では50円で売りに出してて、かつ残ってたわけだけど。でもいー買い物したわ。
2日ほど前の天気予報しか知らなかったので(週末はくもり、月曜は雨、ってやつ)、行ってから会う作家さんたちに天気のことを言われてびびる。雨天対策としてのシートくらいは常備してるのだけど、問題はそこじゃないじゃん。かなり気合い入れて作って持ち込んでるわけだから、その1/3くらいははけてもらえないと困る。
空模様を気にしつつも無事開催。常連の方たちも続々(ってほどでもないか…ほんの数名)到着してくれ、世間話とか作品話とかで楽しく過ごさせてもらう。来てくれたみなさん、ホントに感謝です。

今回のウリのひとつ、レインボールブック(「持ち上げて読む絵本」)は子供から大人まで好評で嬉しかった。親指と人差し指でつまんで、蛇腹の絵本をびろろーんと持ち上げ、『こうやって読む絵本なんだよ』と言うときの、『わぁ~っ!』とか『うぉ~っ』って歓声がもーたまんない。カ・イ・カ・ン、てやつだ。こゆのに味をしめてしまったらやめらんないわな。ま、子供たちが小遣いで買えるかっつーと微妙な値段(1000円)で、スポンサーでもあるママたちにかかってるのだけどさ。でも子供たちが目を丸くして声をあげてくれると、それだけでとても儲けた気分になれることは確か。また何か新ネタを考えねば。それが簡単に出てこればねぇ~。ラクなんだけど。

ときどき天を仰ぎつつ、“どーかもってくれぇ~~~”と祈ってたのだけど、3時過ぎにぽつりときて、やばいか、と思った瞬間から本降りに近い降り方。しょえぇぇぇぇ~。シートを出してまずは保護して、それから片付け始める。シートをかぶせるまでにはやはりちょっと時間がかかるし、テーブルと路上置きの作品2.7メートルにはシートはちょっと足りない。(これは100均一で買った、「サッシ用のビニール袋」を開いたモノ。切り開くとかなりの大きさになるのでオススメですよ、作家さんたち) とりあえず保護することはできるけど、問題はそのあとの「お片づけ」。あたしは作品を衣装ケースに入れてきてるけど、これをテーブルにも使用しているので、その上にあるモノをまず片付けて箱にしまって、それからケースに入れなくてはならない。いちお、積み木をしまうときのよな順番があるのだけど、こゆときにそんなことに構ってられる余裕があるはずもなく、かなりのしっちゃかめっちゃか状態。カード類はOPP袋に入っているとはいえ、濡れれば引っ付くからキレイにはまとまらない。この片付けてるときが一番泣けた。近所に住む友人のみっちょんが傘の差し入れをしてくれたのがどんなにありがたかったことか!(作品の雨天対策はしてても、自分の対策はしとなかったのだ) このお礼はまた改めて。

降り出す直前に“ちょっとトイレに行きたい”と思ってたのに完全にそのタイミングを逃し、三茶の駅にひーひー状態で着いたころには「行きたい行きたい行きたい」とそればっか。でも3つの荷物を持ってトイレ前に置く、というのも無茶な気がして、電車乗って帰った。駅から自宅までが何と遠いことか!かなりめげそーになった。

あ、「めげる」で思い出した。持参したメッセージカードの中に『めげずにはげめ!』ってのがあるんだけど、最初の3人のお客さんがこのカードを選んで早々に完売。(っても3枚だけど) このメッセージが「時代を映す」と言うと大げさだけど、それでも何か「時代の気分」みたいなのを反映してる気がしてならない。
初めてこのタイプのカードを作ったときは『次はもらった!』と『ときどき図に乗ろう』がダントツ。それから『がんばりすぎないこと』に代わり、2、3年前には『キレる前にキリかえる』がぶっちぎりの首位。それで今年はこれなのかな…ダントツってほどでもないけど、今年はこれが売れてる。「めげずに励もう」と言い聞かせなくてはならないとこに追い込まれてる印象がするな。

傘を借りたおかげで自分はほとんど濡れずにすんだけど、帰宅して(トイレに駆け込んでから)の作品の後始末が大変だった。まずは全部の作品を部屋に出して、カードは1枚づつ乾いたタオルで拭き、額や本は点検し、もしかしたら出店できるかもしれない明日に備えて…る最中に甥のYG家族が到着。当然中断。つーかもー遮断に近い感じ。
YGネタもいろいろあるのだけど、あまりにもくたびれてるのでそれはまたの機会に。いま現在(1時15分)、雨はやんでるので多分明日は出店できるだろう。敷き布はみんなイカレてしまったので、これから代替品を探さねば…寝れるのは何時だ?!うぅー。
あ、でもさっき売り上げ確認してみたら、昨年の初日とほとんど一緒だった。出店費、交通費に加えて次回厚木の出店費も出てた。ご来場のみなさん、ホントにありがとうです。寝れなくてもがんばります!
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-25 01:18 | そんな1日 | Comments(0)
d0078532_073346.jpg

昨夜ちぎって作った看板。(ムックは留守番。たぶん) 何とな~く傾いてるよーに見えるのは、モトの切り株みたいなやつが傾いてるせいです。材質は…何なのかなぁ。夏に国立のゆりの木で出展店してた作家のはんこやMNちゃんが「不要什器」として売りに出してたモノ。ずっと売れ残ってるっぽくて、搬出のときにちょっと話をしてて、あたしが出した不要什器(の売れ残り)と交換した次第。あまりゆっくり話はできなかったので、明日出店したら聞いてみよう。大体、用途からして不明なんだよねー、これ。切り株っぽいけど、コルクみたいに軽い。どっかで買ったモノなのかなぁ。

三茶前日の今日は、早いうちに全部まとめてすっきりさせて出来れば掃除機も入れて、みたいな計画を立ててた。時間があれば、「あとは突っ込むだけ」のカードとかシールとかを作っておこう、みたいな。でもやっぱりドタバタして“夜になって掃除機入れるのもなぁ…”と思いつつ、いまシールとカードを作ってるところ。カードはいっぱいあるから必要ってわけでもないのだけど、メッセージなしのが少なかったので。それとシール。お子さまは欲しがるアイテムだからねぇ。8枚作りたかったけど、4枚しか出来んかった。

ハハの友人で、以前外国の雑誌をくれた方が、カードを注文してくれた。ハハが『いま忙しいから三茶後でいいか』と言ってくれたので急ぐ必要はないのだけど、ありがたい話だー。
前にも一度何枚か購入してくださったのだけど、そのときの笑い話がある。彼女がご所望になるのは「メッセージなしのポストカード」で、そのうちの1枚を、とあるご高齢の男性に出した。くりくりとハートが入ってるカードだったらしい。その男性から返信が来た。
『私はこれまでハートの入ったカードなどをもらったことがありませんので、どういった意味なのか、真面目に受け取ってよいものかとても困っています』うんぬん。
そーんなこと言われてもなぁ~…ハハとの会話であたしが直接聞いたわけではないので、そのご高齢の男性がいくつくらいで、お2人の関係もわからないのだけど、『どんな意味と言われても困るわよねぇ』とハハと2人で爆笑してたのだそーだ。笑い話で済んでくれたようでよかったけど。何か期待してたのかなぁ。ドイツ人の旦那さまとラブラブの、ちょいセレブだということはわかってるはずだけどね。
ま、そんな一件があったので、今回のご所望カードは『ハートは少なめで』と言うことだった。ハハとぷぷぷと思い出し笑いをしながらももちろん快諾。そのご高齢男性の件で用心深くなってしまったのかな。

そーそ、今日、吉祥寺のユザからハガキが来てちょっと驚いた。いやハガキは別に珍しくないのだけど、「新宿店オープン」のお知らせだったからだ。吉祥寺が来年2月だかに閉店するのは知ってたけど、まさか新宿に来るとはね…しかもタカシマ屋じゃん。はんずが入ってるよね、あそこ。競合するんかな。(もしくははんず引越し?ンなこたーないか) 別にどーでもいーんだけど、銀座に進出したKWにしろユザにしろ、強気だねぇ。不況でD.I.Y的な店が繁盛してるってことかね。買わないで作っちまえ、とか、あわよくば売ろう、みたいな?そういう心理、わからなくはないけど。一等地進出ってことは、動かせるだけの金と勝算がある、ってことだよな。へへー、って感じだ。

まだこれからちょいと作って、釣銭の用意とか明日着てく服とか仕度しなくては。でも2時には寝られるかな。ちと余裕?あるよなないよな、だけど。そーだ、ムックの靴下をはいてくんだった。出しておかなきゃ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-24 00:43 | そんな1日 | Comments(0)
昨日のブログで「百万両箱」と書いたが、「百両箱」の間違い。しつれい。百両っていまで換算するといくらぐらいかねぇ。“100万くらい欲しいなー”とゆー願望が出ちまったのだろな。
ところでオリオン流星。どーですか、観られた方はいたのかな。一体いつまで降るのか、何時くらいなのか、新聞読んでもネットニュース見ても、結局のとこはわかんないねぇ。先日ここで『これから観る』みたいなこと書いた日(一昨日くらい?)、結局明け方の5時近くまで作ってたりしてたのだけど、何度顔を上げて空を眺めても観れなかった…星はいくつか観れたんだけどさ。もっとも、制作しつつでだったからちらっ、ちらっと見上げる程度で、多分に「偶然」を狙ってたに過ぎないから、無理だろなとは思ってたけど。

そのオリオン流星ネタをひとつ。
友人宅は4階建てのビルで、外階段もあるので一件雑居ビルにしか見えない造りをしてる(らしい)。深夜から明け方近くのバイトで、流星が50、60は観測できると言われてた日、午前4時に仕事を終えてビルの屋上に上がった。と、向かいのビルに同じこと考えてる人がひとり。ご近所なので知り合いで、流星を待ちながら世間話。と、そこに何と!向かいのビルと彼女のビルと両方に同時に3人の警官がだだっと入ってきたのだ!(両方同時に3人づつ、ってのがすごい) で、何をしてるのか、クスリはやっていないか、と職質。あまりにも想定外の出来事に相当びびりつつも、そのビルが自宅であること、クスリどころか酒も飲んでないことを伝えると警官たちはすんなり納得して帰ってったらしい。それは当然としても、いきなり3人の警官に囲まれたら驚くよなぁ。ま、時間が時間(午前4時)だったってのが「怪しい」と思われても仕方なくはあるか。
『まさか自分ちで職質を受けるとは思ってなかったよ…』
とは彼女の弁。そりゃそーだ。多分、誰かが通報したのだろう、静かに喋ってたつもりだったけど、結構響いてたのかもしれない、とも言ってた。ま、通報を受けた警察にしてみれば当然の行動ではあるな。

今日はそば屋出勤のちょっと前に出て、セカイドでちょっと買い物をした。色つき再生紙ハガキはやはりなかった…う~ん…今回はなくてもよいけど、これからはないとなると不安だなぁ。つーか不満だ。店員に聞きたかったけど見当たらなかったので、必要だった保護シールとか糊とか買い、ついでにマスキングテープを見る。今回、結構多用したので手持ちのテープがかなり少なくなってしまったのだ。いろいろ華やかな柄が揃ってるのはいいけど、いまいち欲しいと思えるモノがない…具体的にどんなのが、ってのがあるわけではないのだけどさ。それと、色だけのテープもいろいろあっていいけど、柄つきのと10円しか違わないってのもちと納得がいかんかった…柄付きが1つ170円で、カラーが160円て…フツーの白いテープは100円くらいだよねぇ、確か。欲しい色もあったけど、用途的にはつまらないかな、と思ってやめてしまった。3つセットだとも少しバリエーションがあるのに、何で単体ではないのかなぁ。結局、青系のタータンチェック柄をひとつ購入した。

そば屋話は置いといて、帰宅してメールチェックしてたら、ポスペの雪の助のとこにイソウロウが来た。このイソウロウが来るのは珍しくはないのだけど、全部で8種類だかいるイソウロウ、全てのタイプはとっくに出揃ったと思ってたのに、今日来たのは新種。驚いた。フクロウで、しかも移動するときに飛ぶのだ。床上10センチくらいだけど。
ポスペ宅に訪れるイソウロウは、こちらからは呼ぶことも引き止めておくこともできない。(できるのは風呂に入れることとおやつをあげることくらい) なのでYGが来てるときに連中がいたり来たりしてくれると彼はヒジョーに喜ぶ。おばけとか、ときどき帽子だけ残して消えたりするし、ロボットは目ぇ閉じてため息ついたりするし。フクロウは羽に何か黄色いモノをつけてるけど、これは何かなぁ。土曜にまたウチに来ると言うので、せめてあと3日は滞在してて欲しいんだけど、いてくれるだろか。いっぱい撫でて、おやつあげて風呂に入れて歓待しておこう。とりあえず雪の助亭は快適だと思ってくれてるみたいだから、運がよければYGも会えるだろう。 
[PR]
by yukimaru156 | 2009-10-23 02:14 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156