<   2010年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

昨夜、ゆるゆる漫画『聖☆おにいさん』を読んでしまったがために、すっかり寝不足…こんなハズではなかったのにぃ~!3巻だけだけどさ。「ブッダとイエスが現代の日本で休暇中」っていう、その発想はどこから?!と感心(?)するのだけど、内容はまぁ、ひとことでゆーと「どってことない」。でもなーぜか読んでしまうのよね。2人のボケと突っ込み具合が笑えるっつーか、でも意外に史実をモトにしてきっちり会話を成立させてるあたりが悪くないとゆーか。

ともかく朝。まずは台所の天袋の扉を、脚立持ってきてせっせと磨いた。全部で12枚だか13枚だか。それから風呂場。これまた脚立で、壁と天井をせっせと磨く。のはいーんだけど、問題はその後。シャワーの水がここまで届かないんだよね。以前は届いてた部分も届かない。なぜかとゆーと、チチ。
ブログに書いてなかったと思うけど、以前から雪丸ンちのシャワーは水漏れしてて、それがあるとき「設定温度を35度にすると止まる」というのを発見したのね。したのはあたし。(えへん) だから使ったあとはその温度にしておけば問題なかったんだけど、あるときチチが修理を試みた。そして35度でも水漏れが止まらないよーになってしまった…だけならまだしも、シャワーの勢いもなくなった。
チチは昔から日用大工が好きで、何でもいじるのだけど、時として「以前の状態の方がマシだった」になる。特にここ数年はその度合いが増し、最早ハハと「触ってくれるな」が本音。でも言うこときーてくれない。ので、こういう結果になる。このときもハハとぶつぶつ言ったらさすがにこのシャワーの勢いではダメだと判断したのかさらにいじり、今度はちょっとマシになったけど、でも威力は半減、みたいな…相変わらず35度もダメで、でも今度は水の状態の「C」にすると水漏れが止まることが判明した。何だかな…いっけど、天井は泡のついたままほっとかれることになった。

そもそもさ、シャワーが天井に届くウチって多くない気がするけど、人さまンちはどーしてるのだろー?いまの蛇口って、洗面所でも風呂場でも、市販のホースを接続できるようにはなっていないじゃん?でも洗わないと、湯気とかでだんだんくすんできたりするよねぇ?ふと疑問に思ったのでした。せっせと拭いてるのか。

夕方にはオトート2号が、そして夜には1号家族が来訪することがわかってたので、部屋を掃除したり何だりかんだり。ささっとお茶漬け食べて、そば屋。
入り口では、短期バイトの子たちが、声張り上げて年越しそばを売ってた。彼らの日給はあたしらよりいーんだよねぇ。それが解せん。みんなして、「この日だけは交代したい」と思うのだ。さみーけどね、店の外は。
夕方4時に入って、中(そば茹で、計量、デシャップ(盛り付け))を命じられる。今度は失敗しないよーにがんばった。本来はヒマなはずの時間帯だけど、結構忙しかった。通常3,4人はいるのに、2人で全部しなきゃなんなかったし。日中も混んだよーで、『正月用品を買い込んだ人たちが来た』そーだ。なるほどね。そんで帰宅前にちょっと、なのか。

夜になるとヒマになって、あちこち掃除しながら仕事した。明日は大変だと思うけど、しーらんぺったんきゅーり。(と甥が言うのでクセになってしまった)
夜から雨、の予報は外れてくれて助かったけど(でもちょっと降ったみたいね)、帰りは寒かった~。すごい寒波が来てるんだよね、確か。大晦日も元旦も出かける予定はなくてよかった。

12時に帰宅したらば、甥のYGはまだ起きてて、開口一番の台詞が
『すべらない話を3つしろ』
何だよ、その命令形は!そんなの知らん、まずは熱い紅茶だ、目の前にある美味しそうなチーズケーキだ!と言ったらば、おとなしくなった。助かった。犬のプクも来てて、ハハに抱かれてうとうとしたり、ちょっとはしゃいでみたり。YGが、プク専用のエサ皿と水用の皿を見せてくれた。どっちもムックだった。『いいな、それ!』と思わず叫ぶと、『いいの、これ?!』とYGママにすかさず突っ込まれた。『欲しい?あげよーか』とYG。う~ん…イイけど、これもらってもなぁ。しょーがないしなぁ。でも今年もまた、ムックをいっぱいもらった。嬉しい。新年からは、洗顔タオルもムックなのだ。あとムックで欲しいモノ、って何だろう。つか、何があるんだろう。あたしはあまり見かけない気がするのだけど(いま持ってるモノ以外は、だけど)、来年も新商品が出てくれたりするのかな、うふふ。部屋にどんどん赤味が増してるわ。

ではではみなさん、いい大晦日を過ごしてくだしゃんせ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-31 03:29 | そんな1日 | Comments(0)

年の瀬あたふたどたばた

あと5分寝るだけのつもりが、気づいたら1時間経ってた…ねみぃーねみぃーとぼやきつつ、窓を開けたらいい天気だったので“お布団干すならいま!”みたいなことを思ったのが間違い?つーか、そのせいでどたばたする1日の始まり、になってしまった。
朝食のあと、賀状書きかけのまま、昨夜詰めた天ぷらに一筆添えて梱包し、まずは郵便局。(昨夜しこたま持ち帰った天ぷらは仕分けが大変だった…12時過ぎに帰宅して、仕分け終えたのが1時過ぎ。3世帯分、と思いきや4世帯分になってしまったので、お届けも大変だ) それからチャリで2駅先の100均までお掃除道具を買いに行き、ついでに本屋。ここのは結構大型で児童書も充実してるのだけど、故に「何を選べばいいか」困る。姪へのクリスマスプレゼントがあろーことか去年と一緒だったとゆー大ポカをこいたので(ちなみに昔あたしが好きだった『ももいろのきりん』だ)、選ぶのも慎重。でも時間もない。バレエをやってるので、バレエの話もいいなぁと思ったんだけど、そんでそのテの話が2、3冊あったのだけど、どれもシリーズで、それはまぁいいとして、挿絵がねぇ~…何つーか、「ぷりきぁ」なマンガ絵なのよね。それがちと気に入らない。姪はこのアニメが好きだし、だからこういうのでいーんだろな、と思ったんだけど、20秒ばかり考えて却下して、買ったのが『水曜日のクルト』。どんな話か聞かないでください。あたしもわかりましぇん。タイトル買いっす。

そんなこんなであたふたと引き返し、1時の来客に備える。お土産はもちろん天ぷら。このウチはよく食うのでいっぱいあげても安心。なんてね。個展以来に会ったムスメ御は来年成人式だとか。しょえぇ。来訪は、個展のときにご購入の絵の引渡し。いや、忘年会とかで会えるかなと思ってたんで、ずるずると延びまくってたのだ。んが、会えそうになかったので『送る』と打診したらば『取りに行く』との返事で…ご足労かけました、IJ氏。オマケ、喜んでもらえたらいーのだけど。

それから台所の棚磨きだ!と思ったんだけど、いやいやもー1軒、天ぷらお届けがある、と思って電話。最寄り駅まで取りに来てもらうことになった。彼女には「借りた本を返すつもりが違う本を返してしまった」とゆー、これまたショッキングなポカをしてしまったので、駅で交換。オマケは天ぷら。何だかなぁ~。クリスマス前後に届けた方には「ちぎり屋さんた便」を名乗ってたんだけど、クリスマス過ぎたら何て名乗ろうかしらねぇ。届けるのは天ぷらおんりーだから、「ちぎり屋天ぷら便」でもいっか。ちとセンスに欠けるな。「さんた便」の方がまだ語呂がいいな。1年中これでいっか。

夕方帰宅して、それからせっせと賀状書き。え、台所の棚磨き?はて何のことやら…つーか、それはもー明日、そば屋前にとゆーことで許しをちょーだいした。それより賀状だもんさ。
今日の最終集荷に間に合えば元旦に到着できるかなぁ~と淡い期待も抱きつつ、だったんだけど、その最終集荷には間に合わず、せめて明日の第一便に間に合うよーにと諦めずに書ききって、夜のお散歩がてら投函。そーそ、夕飯後、雪丸ンちでは珍しく、買い物にも出かけたのだった。ポイントがつくのが今日までだったので、年越し用の買出し。賀状を書くのが遅くなったのはそれもあるんだよぅ。いまさらな言い訳だけどさー。「元旦」とか書いておきながら「元旦に着いてないじゃん」て方、いっぱいいるかもです、ごめんなさい。

昔、大学のセンセがいーこと言ってた。

 『明日できることを今日やってはいけない』

至言だ。机の上は再びあれこれ散乱してるし、賀状から漏れてる人がいるかもチェックもしてないし、その他いろいろあるのだけど、明日できることなので今日はもーおしまい。お借りしたゆるゆるマンガでも読みつつ、もー休みます。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-30 01:33 | そんな1日 | Comments(4)
 2011年1月1日(元旦)~16日(日) 11時~17時
  土、日、祝は12時~18時 最終日は17時まで  
  1日~4日は不定期営業となります。お問い合わせください。
 
チクタク商店(紙工房 堂地堂)
東武伊勢崎線(半蔵門線直通) 曳舟駅より徒歩8分 鳩の街商店街
080-3933-1970
http://douchidou.cocolog-nifty.com/blog/

新年早々、20名以上の作家が参加する、カレンダー&ポストカード展です。会場はスカイツリーでも話題の向島にある、チクタク商店。下町の風景も楽しめるエリアです。お散歩がてら、ぜひぜひ遊びにいらしてください。

さゆきの在廊日は未定ですが、期間中、1日か2日くらいは顔を出す予定でいます。「ぱたぱたカレンダー」こと、アコーディオン型のカレンダーもちょびっとだけど出品しています。(作ってみたら結構楽しかったので、また作りたいと思ってます) さゆきはここで初めて、ナマでスカイツリーを見ました。さすがにでかかったです。近くまでお越しの方、ご近所に住まわれてる方、ちょっと覗いて見てください。
堂地堂さんは、紙を専門に扱う製本工場を営んでらっしゃいます。2011年は、コラポりたいと思ってる作家さんのひとりで、堂地堂オリジナルのノートも多種揃ってます。興味のある方はぜひどうぞ。

今回、DMは出しません、ごめんなさい。HPをご覧になるか、駅で「鳩の街商店街」を尋ねてください。下町風景を楽しみつつの散策はなかなかよいですよ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-30 00:41 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)
本日は、向島のチクタク商店へ「カレンダー&ポストカード展」の納品。でいーのかどーか不安だったのは、チクタク商店の堂地堂さんの名刺に「月・火曜休み」とあったからだ。納品は22日~28日、となっていて、27日に行こうと思ってたら休みだったので、“でも今日はやってるよなぁ”と朝電話したらつながらない…う~、う~と救急車のよーに唸りながら、3度目の電話で折り返しを頼むと、かかってきた。今日は営業していると言う。よかったー。

向島、という駅名はなくて、最寄り駅は曳船。京成線と東武伊勢崎線と2つあり、どっちからでも行ける。先日調べたところ、ウチからだと半蔵門線、伊勢崎線経由で行く方が100円安いことがわかったので、渋谷に出た。半蔵門線はそのまま伊勢崎線になってくれるので(のもある、とゆーことかな)、乗り継ぎもスムーズで1時間ちょいで曳舟へ。駅で「鳩の街商店街」の場所を聞き、歩いて10分ほどで着。ここはご夫妻でやってるのだけど、奥さまがいらして、続々と集まってくるカードとカレンダーをひとりで捌いてた。
真っすぐ一本道の商店街は「シャッター店」も混じるのでお世辞にも賑わっている、とは言えないのだけど、昭和レトロな匂いがして、ちょっとわくわく。すぐそこにスカイツリーが見えるし。あたし、ナマで見たのはこれが初めてだ。さすがに高い。話それるけど、今朝新聞で、スカイツリーが完成したら、最寄り駅の「業平橋」が「スカイツリー駅」になるとあって思わず“それは違うだろう!”と突っ込んでしまった。在原業平にちなんで付けられたこの名前、失くす意味があるのか?そもそも駅名に平仮名を使うことにすら抵抗を覚えるのに(難しい漢字の方が、その意味を知ろうとするからイイとあたしは思うのだ)、カタカナ名なんてねぇ。こういうときだからこそ、下町らしさとか大事にしろよと思うわー。

と、それはともかくとして。
堂地堂さんは、過日見学させてもらった工場でノート(が専門というわけではないみたいだけど)の製本をしてる。そこで生まれた紙の端財を廃棄するのが「もったいないな」と思ったのが始まりで、堂地堂オリジナルの、ダンボールを表紙に使ったノートを作るようになり、この春に「チクタク商店」という店をオープンさせてそこでこれらのノートを並べるようになった。企画展としてこれまでにもいろんな作家さんの作品を並べたりしてたみたいだ。
あたしは先月の横丁ギャラリーでの「ブックカバー展」で初めて知ったのだけど、すぐに“この人のノートにちぎり貼ったオリジナルノートを作りたい、コラボりたい!”と思い、今日は納品目的だけど、その話もちょろっとさせてもらった。

カードやカレンダーを持参してるので、『チラシでこういう絵をちぎって貼ってるんです。ノートの表紙に貼ったらすごく可愛いと思うんですよ』と言ったらば、速攻即決で『このちぎり絵、いいですね!おもしろい、ぜひやりましょう』と俄然盛り上がってしまった。「もったいない」から生まれた「エコ」話になり、ああっ、ちゅー間にそば屋に出勤せねばならん時間…でも3日にはオープニングパーティがあるし、ご主人も含めて、ノートの仕様やその他もろもろの話を、今度はじっくりゆっくり出来ると思う。帰路、“いいノートが作れるだろーなー”とひとりにまにま。素晴らしい収穫に気分はほくほく。
今日、チクタク商店でゲットしたのは、掌サイズでちょい縦長の、「取り扱い注意」と書かれたダンボールノート。他にも「この面を下に」とか「横積み厳禁」とか、ダンボールに書かれてる文字をそのまま生かした表紙のノート、そしてフィリピンバナナとかどこぞのリンゴマークとか入ったのもあって、見てるだけで楽しい。
『表紙がダンボールっていいですよ』
とは奥さまの弁。愛用してるノートを見せてもらったら、いい具合に馴染んでて素敵だった。1冊から作ってもらえるそーだから、自分用にも作ってもらうかな。どのくらいのサイズがいいかなぁ。

スカイツリーを見ながら歩き、そば屋へ出勤。忘年会シーズンもひと段落したのか、平日だけどそんなに無茶な混み方はしなかった。(ので、目測を誤ってちとかき揚げを揚げ過ぎた…) 明日はまたやることがいっぱいだ。賀状もだけど、その他もろもろ。そば屋でなくてよかったー。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-29 02:16 | そんな1日 | Comments(0)
向島納品が明日(でいーんだろな、ホントに…だんだん不安になってきた…)なので、今日はまず窓ガラス磨きから。(とその前にクリスマスの片付けしたんだった) めっちゃ寒いとゆーほどではないので、水をばしばし出してウチ中の窓、1階、2階と順に。T字(と呼ぶ、窓拭き用のカッパキ)のゴム部分がちょっと傷んでてスムーズにはいかないもの、何とか2時過ぎには終了できた。ふぅ~。毎年のことながら、庭にある植木鉢をよけつつのガラス磨きは疲れる。ソテツ(千葉某所から持ち帰った種から育てたモノ)なんか、もーでかくなりすぎて動かせないもんね。年々しんどいと思うのは何もトシのせーじゃないと思うわ。ともかくキレイに出来て、昨夜はハハの賀状も全部印刷できたから、これで家族の一員としての「年越しのためのツトメ」は果たした気分。

買い物に付き合い、夕方から自分の部屋の掃除。鏡を磨いたり、座卓(ちぎり用に使ってたモノに、いまはあれこれごちゃごちゃと乗ってる)とその周辺、そして洋服箪笥(下着とTシャツのみのちっちゃいやつ)周辺。その隣の本棚1号と入り口側の2号までは手が出せなかった…。つか、出してたらえらいことになってたと思う。何せ本棚だけど本だけじゃないかんねぇ。何でこーもごちゃごちゃとあるかなぁ。作家サンの小物たちも多いから簡単に始末できるよーなもんでもないし。

賀状を置いといてばたばたと部屋を始めたのにはワケがある。何と「可燃ゴミの日」が明日が最後なのだ!早すぎるだろう、それは。そんで新年は4日からなんて、生ゴミとか1週間も溜め込まされるわけじゃん。不燃ゴミなんて先週の木曜が最後で、いつのまにか終わってた感じだし…ぶつぶつ。まぁ、あたしらしく「大掃除」ではなく「掃除」なので、ゴミの量なんてタカが知れてるんだけどね。本格的な大掃除は来年…て台詞を、もー何度も言ってる気がするなぁ。
腰の調子が抜群にいいわけではないのだけど、つーかまだ多少は不安を抱えてるわけだけど、座卓に戻りたい、と思う。その方がチラシ箱を周辺に配置できるので作業がやりやすいし、何より机が広い。(仕事してるうちにどんどん狭くなるけど) 来年、それを目指そうかなぁ。のためにはとっとと捨てればいーものがゴマンとあるな。いまは収納してごまかしてるけど、そろそろ飽和状態。友人からの手紙とか(ン10年分)、未整理のままの写真、読んだらと思うまま読んでない雑誌とか(ちぎり向きではないヤツ)、昔のスケッチと原稿とか殴り書きとかその他もろもろ。ぬいぐるみとかも多いんだよねぇ~。捨てられないまま今日に至ってるモノ、あまりにも多すぎ。44年も生きてりゃこーなるよなぁ。

夜になってから賀状をせっせと書き始めた。「あけましておめでとうございます」なんて、毎年100回以上書いてるわけだから、いー加減も少しキレイに書けそうなもんだけど、相変わらずまっすぐじゃないし、文字の大きさも均等じゃない。これって「殴り書き」って言わないかなぁ。「達筆」と呼ばれる域に達するには、どんだけ書けばいーのだろー。ま、不揃いさが「手書きの証拠」と思えば悪くないか。なんてな。
先日、そば屋でシャインが領収書(ン百円のそばでも、これを求めるお客さんとゆーのがたまにいるのだ)を書いてて、思わず『きったない字っすねぇ~』と本音を漏らしてしまった。だってホントに汚い字だったんだもん。本人も認めてたけど。仮にも領収書なんだからさ~、とまでは言わなかったけど、成人してそれはマズいんじゃないの、と思ってしまった。これから益々、そういう人ってのが増えてくんだろね。「手書き」というだけで尊敬されたりしてね。
かく言う自分も最近じゃ手紙よりメールの方が圧倒的に多いわけで、字ってのを書かなくなった。絵本の字は手書きだけど、日頃書かなくなったから不揃いも治っていないし、むしろ緊張するようになった気がする。来年はもっと字を書こう。今年は「日記をちゃんと書く」のが目標だったくせに、5、6月あたりで止まってるんだよねぇ。まずはこれを質そう。抜けてる半年分は…どーしよっか。このブログ見ながら書くのもひとつの手だけど、アホらしすぎるので、ここには書けなくて、思い出せることだけ書いてみよーかな。

って、それよかいまは年賀状だ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-28 00:30 | そんな1日 | Comments(0)
いちお予定どーり、「カレンダー&ポストカード展」の作品を完成は出来た。途中、お使いとか宅急便(お歳暮?とは言わないな、「着払いで」と頼まれたモノ(もちろん天ぷら!)だから)を送ったりしてて、完成は午後3時あたり。さてまず机周辺でも片付けるかね、と思ったけど、あちこちに散乱してるチラシの端とか完成したものの使わなかったのとかをまとめたり、賀状に入れる「ちぎり」をしてるうちにずんずん時間が経ってしまった。

ともかくそんな中、オトート2号から電話。22日にメール便で送った、姪っ子へのクリスマスプレゼントが今日届いたのだと言う。あちらは大雨とか大雪とかで交通網がごちゃごちゃしてたから遅れたのだろーことは予想がつくけどね。そんなことより最大ショックだったのが、「去年もらったプレゼントと同じ」ってことだ!何てこった!!!あぁ、ショック…ここ数日、そば茹での失敗とか、借りた本を間違えて返したとか、豆球焦がし事件とか(これはあたしがじゃないけど)、ともかくいろいろショックが続いてたけど、それら全てが霞むほどの衝撃だ。

あたしは甥&姪へのクリスマスプレゼントは絵本と決めてるのだけど、ラクだし楽しいからいいなと思ってたのは最初のうちだけ。だんだんメンド…では決してなく「難しい」と痛感するようになった。好みとかあるし、「もう読んだ」とか「それ持ってる」ってのが怖くて手が出しづらいのだ。去年は甥に買った『エルマーと16匹のりゅう』がだぶってて買い直したし。うぅ~、まいった~。昔好きだった絵本てのがまだ売られてるってのはある意味すごいことだと思うけど、そうではない、最近出版された本から選べないってのは「いかに日頃接してないか」ってことでもある。絵本作ったりしてるくせにねぇ、情けない。

あー頭痛いーと思いつつ、夜になってから賀状印刷を始めた。遂にスキャナー始動!なんだけど、まず起動して1枚目の仕上がりを見てがっかり…何で「等倍」じゃないの?!「スキャン=等倍」なんだと思ってたぞ、あたしは。第一倍率をいじるとこなんてどこにもなかったじゃんか!
むききぃ~と歯軋りしながら何度かやってみて、倍率をいじるとこはないくせに4度か5度めあたりでまぁOKかな、と思えた。出力してみた。色悪ーい。何で?これで「スキャンした」ってことになるの?コンピニコピーの方がはるかにマシじゃん、むかつくー。解像度を上げればいいのかなと思ってやってみたけど、たいして変わらない。それに、「ちぎってる感じ」ってのもない…線がブレてないのは「上手くなった」てことなんだろけど、全然嬉しくないな。これもらった人は、あたしがちぎり屋だと知ってても、気づかないかもだ。と思うと切ない。何つかこー、もっと「らしい絵」にできんのかなぁ。解像度の問題?それっていくらくらいがフツーなんだろー。上げるともっと鮮明になるってことかしらん。そんでインク代は?高くついたりするの?たかがこれしきの絵(ハガキの隅、5×5センチ程度)で、半分近くなくなってるんだけど…びびるな、これは。イイ感じの仕上がりになったらこの先のやり方についても考えようと思ってたのだけど、これじゃーダメだ。速攻却下。「売り物はナマちぎり」に限る。もっとも、個展のときにKNちゃんが撮ってくれたような、素ン晴らしい出来具合の写真をモトにするんだったら別だけどさー。

さーて、明日もそば屋オフなので、向島の堂地堂さんへ納品!と思って、いま再確認したら明日はお休みだった…あぁ、一体あと何度ショックを受ければ年が明けるんだ?!うぅ~、泣けるぅ~。明後日のそば屋前に持参するか、いっそのこと郵送してしまうか…なるなら直接行って、店の感じを見たり、ご主人と喋ったりしたいんだけどねぇ。んーむ、悩む。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-27 01:39 | そんな1日 | Comments(0)
「こんなのちゃちゃちゃっと出来る」と思ってた、「ぱたぱたカレンダー」に、どーしてこーも時間を取ってしまってるのか…とふと我に返って思ったりする。今日、そば屋までに完成!と思ってたけど、そゆわけにいかんかった…どたばたしてたわけでもないのだけどねぇ。昨夜はアイス食べながらつい夜更かししてしまったのが原因かな。『よりぬき銀魂さん』、笑えます。すっげくだんないけど。

そば屋は普段より1時間早い出勤で、アレがあーでこーだから多分そーなのだ、とゆーことはわかるのだけど、解せないっちゃー解せない。クリスマスだしさー、いちおー。予定ないけどさー。
土曜のそば屋ってのはおーむねヒマなのだけど、変な時間が混む。あたしはいつも4時からだけど、この前後の時間から6時あたりまでが混むのよね、不思議と。夕飯としては早いんじゃ?と思うんだけどさ。ともかく今日は3時入りで、揚げ場に行かされると思いきや、いきなり「振り場」。つまり茹で上がったそばをも一度湯通しして水を切って丼に盛り付け、そばつゆを入れ、デシャップ(具材の盛り付けをする人)に渡す、というポジション。お客さんが出す食券を見て「かき揚げです」とか言ってそばを渡す、てことね。1時間で100人捌いた。て書くとすごい気がするな。ここのそば屋としてはごくごくフツーのペースなのだけど。でもしんどかったぁ~、キモチ的に。ポジション交代で「ふぁ~」っとタメ息出たもん。そばつゆは常に沸騰してるわけだけど、どんどん減るから足してくでしょ。でも一気に足すとそばつゆが冷めてしまうし、あまり長時間ぐつぐつさせると煮詰まってしまうから火を強くしたり弱めたりしつつ、でも人もどんどん来るからそれも捌きつつ、で神経使うわけさ。食券の置き方なんてみんなバラバラだし、そばかうどんか、冷しか温かいのか、もあるしね。ともかく1時間、どきどきしつつがんばって、クレーム(『頼んだのと違う』とか、『つゆがぬるい』とか『そっちよりオレのが先だ』とか、その他もろもろ)もミスもなく、何とか無事に乗り切ることが出来てほっとした。これもクリスマスの奇跡だったりして。たかが1時間、されど1時間。えらい緊張した。揚げ場に廻されてる方がなんぼかマシだ。

て、何語ってんだかなぁ。それにクリスマスと全然関係ない。でも「そういう日」だったんだもん。
休憩のとき、クリスマスケーキを売ってた仮設のコーナーで『全て1000円引きでーす』とかやってた。3000円~4000円のケーキだったから、1000円引きでも「お得感」はちと薄い気がしたけど。しかし閉店後、ゴミ出しに行った人が『ケーキが山のよーに捨てられてた』と言ってたから、「予想を下回る売れ行き」だったってことだぁね。
先日、友人が百貨店の配送手配のバイトで『20万、30万のモノがばんばん売れてる』と言ってて、やっぱあるとこにゃあるんだねぇ~、と言う話を別の友人にしたら、『そういうわけではないらしい』と言う。
『消費を極力抑え、ガマンして節約してきた人たちが、ここにきてガマンの限界を超え、「タガが外れて1点豪華主義、自分にゴホウビ的な買い物」が増えてる』
のだそーだ。でかい買い物をしたり、都内のホテルのスィートは満室だったり、で「抑えてた消費意欲を一気に放出させて満たしてる」らしい。ふふーん。いいのか悪いのかわかんないけど、1泊ン十万もするスィートが満室なんてすごい事態だよな。その金で海外に行った方が…とも思うけど、今年の年末年始の休みはえらい短いしね。「しばし浮世を忘れて」行くのかもしれないな。

イヴイヴ(天皇BD)、イヴ、そしてクリスマス当日と3連勤だったそば屋も本日で終わり。普段より忙しかったわけではないのだけど、やっぱり終わるとほっとする。なるなら明日は堂地堂サンへ納品に行きたかったのだけど、ちと無理なので、きっちり仕上げて、賀状に手をつけたいなぁ。スキャナー、ちゃんと稼動させることが出来るかしらん。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-26 02:12 | そんな1日 | Comments(0)
  めりーくりすまーす!

聖夜ですねぇ。お月さんもちょいと欠けてるけどキレイです。寒いから空が澄んでるし。みなさんはどんな1日を過ごしましたですかね。雪丸は、おそらくは世の中の何%かがココロで思ってる1日を過ごしました。

  クリスマスなのにっ!

です。そゆ日でした。
朝食のあと、まずは豪徳寺。天ぷらを3世帯分持って、キモチはサンタクロース。りんりん、て感じ。それから東松原。そして明大前。3ヶ所廻るだけで約45分。しかもうち2軒は不在。東松原は不在通知を出すことにして、明大前はあとで再配達することにして、ちょっぴり切ない気分で帰宅。それから「ちぎちぎ」。
朝食のとき、ハハが『どうも気分がよくない、新聞を読んでるとボヤけて頭が痛くなる』よーなことを言い、ハハは貧血気味でもあるのでちょっと休んだら、と言ってたのだけど、帰宅してしばらくしたら『理由がわかった!』とのたまった。いわく
『眼鏡のレンズが片方落ちてた。これがないから字が読めなかったんだ!』
気がつかないモンなの?それ。眼鏡を必要としたことない人間にはわからんのだけども。ともかくレンズが見つかってよかったじゃん、と言ったらば、ネジがないから眼鏡屋に行かねば、と言う。でもネジがあったら直せるよ、と台所に這いつくばって探すこと10分。見つかるのはゴミとホコリだけ。(あぁ、床を磨かねばなるまいなぁ) どんくらいのネジだ?と眼鏡を借りてみたらば、ネジが折れてた。探すだけ無駄じゃん!

ハハが眼鏡屋に行ったので、再びちぎり屋仕事。してたら、ハハから電話。ネジだけ修理すればいいと思ってたら違って、錆びてるから新調せねばならんのだそーだ。で、お金がないから持ってこい、と。ちぎり屋仕事はそのままに、出かけることにした。そば屋に行かねばならんのでそっちの仕度もして、天ぷら3軒のあと、お金を配達。新調した眼鏡フレームにるんるんのハハと、半径3キロだか5キロだかの円周をチャリで描いて既にヘタリ気味の雪丸。加えてちょい腰痛。今日は金曜日。もしかしたらそば屋では「揚げまくり」。考えただけでげんなり。

ともかくそば屋に行って、そのとーりの1日を過ごした。(でも思ったほどには混まなかった。始まるときに『今夜くらいはそばじゃなくてケーキ食え!』と言うみんなの願いが聞こえたのだ、きっと) 
そんで帰宅したら、ハハが『以前びーどろねずみサンから買った和紙のランプのロウソクがどーっしても点かない。おとーさんと一生懸命火を点けようとしてるのにすぐ消える』とぶーたれてた。何かヘンだと思いつつ見た。愕然とした。何てこった!
『これロウソクじゃないよ、ちっちゃい豆電球だよっ!』
『え、そーなの?じゃあ点けてよ』
『って、プラスチックも電球も焦げてるじゃん、これじゃもー点かないよぅ!』
うわぁぁぁぁん!!!何だよ、すぐわかりそーなもんじゃんっ!ちきしゃう!無理矢理点けたもんだから和紙も焦げてるし、どーしてくれるんだよぅ!そりゃあたしが買ったモンじゃないけどさー、とココロで号泣してたら、午後に天ぷら届けて不在だったので放置してきたジョウさん夫妻が夜に来訪してきた、と告げられた。手作りのリンゴジャムとアップルパイを持って。ハハはちょーど風呂で、チチが応対した模様。(ちゃんと応対できたんだろか…) メール見たら、「これから行きます、どっちが赤鼻で、どっちが白ヒゲでしょーかー」みたいなのが入ってた…仮装してたんかなぁ、見たかったなぁ。つーか、よくウチを見つけたなぁ。

豆球ショックとせっかくのサンタの来訪に立ち会えなかったのと、チャリの走行時間が1時間を軽く越えたことと聖夜にそば屋と、せめてロウソク灯して気分だけでもと思う机の上はチラシとチラシクズの山でそれやったらマズイだろとゆー状態とに、疲労倍増モード。朗報と言えば、1月1日と3日のそば屋はオフを死守したことくらいか。
もー午前2時過ぎだけど、久々にアイスでも食べながら何か見よっと。ちぎり屋兼そば屋サンタ雪丸、明日はいいクリスマスでありますよーに。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-25 02:10 | そんな1日 | Comments(2)
個展が終わったらゆっくり会おうね~、と言ったものの、ずーっと(今日まで!)引っ張ってしまった友人と近場でランチ。突然のお誘いで、しかもあちらも『明日だったら…』みたいなことでいきなり決定。ちと申し訳なかったけど、楽しかった~。もっとも、あたしはそば屋3連勤務初日なので、ランチと珈琲くらいの時間しか取れなかったのだけど。
個展からこっちの「雪丸的どたばた」の愚痴を思いっきり聞いてもらい、彼女は彼女でまたいろいろ抱えてるので耳を傾けふむふむ頷き、そんなこんなであっちゅー間の3時間。でもシェアしたピザ(ドライトマトとアンチョビ)もパスタ(うにクリームとホタテ、水菜、そして柚子)も素晴らしく美味しかったし(ここってホントに何食べても外れない)、珈琲はまた別の店に行ったのだけど、そこで飲んだ、クリスマス限定の「クリスマスブレンド」ってのがまた美味しかった。「外さない食事」ってのは会話も弾ませてくれるなぁ、とつくづく。

今日は祝日なので、そば屋も閉店が1時間早いし(なので目測を誤ってかき揚げをちとやり過ぎた…反省)、ラクだったのだけど、1月前半のシフトが出てて、いきなり怒髪天とゆーか、キレかかる。1月1日~1月4日まで出勤てどゆことよっ?!1日と3日は出れません、てはっきり書いておいたじゃん!年末、30、31日も「出れない」と書いておいたのに出勤になっててキレたのに(そんで一歩譲ってあげて30日は出勤にしたのに)、ここでまたこゆことされると、ほんっとに頭くる。しかもしかも!前半だけで11日も出ることになってるのだ。あたしは「月15日勤務」だぞ?後半は4日にしてくれるってことか?!
シフトを作成するのはてんちょーなので、てんちょー宛てにキレた手紙を残しておいた。いわく『お休み願いは聞き入れてもらえないということでしょうか?』 そりゃみんな休みたいのはわかるよ。でもそれは悪いけどあたしも同じ。なのに何でそこで差をつけられなきゃいけないのさ。しかも事前に了解すらなく!あぁ~、むかつくー。どーせ明日も行ったらてんちょーはいないのだろーから、どう返信してくるのか、ちと楽しみでもある。『とにかく出られません』と書いたからね。無理すりゃ出られないこともないけど、甥っ子に「お年玉を渡す」というイベントが待ってるんだから譲れないわよ。

ぷんぷん帰宅して、天ぷら仕分けして、メールを見たらば、びーどろねずみサンからメールが入ってた。先日返却した漫画「3月のライオン」が入ってなくて、代わりに「ナルト」の35巻が入ってたと言う…絶句。まずった、間違えた。つか、何で間違えるかなっ?!あぁ~、もぉ~っ!歯軋りキリキリ。ともかく近いうちに算段つけて交換してもらわねば…タメ息。「いつでもいい」とは言ってくれてるけど、こちらの気分としてはね、そゆわけにいかないじゃん。お詫びも天ぷら、だよな。これはもともと年内に(年越しそば用にでも)あげたいと思ってたんだけどさ。

過日、柚子をたくさん頂いて、柚子ジャムを作ってみたいと思ってたら、今日会った友人がレシピを教えてくれただけでなく、「それで作ったらこうなる」という、彼女ンちのジャムもちょっと持参してくれた。帰宅してハハと食べてみる。美味しかった。柚子の香りもよくて、甘さ控えめで、ママレードっぽいけど、それよりさっぱりしてる感じ。『柚子はあまり酸味がないから、少しレモンを入れてもいいかもよ』とは彼女の弁。なるほど。でもこのまんまでも充分いける。ハハが明日(あたしが不在のときに)作ってみてもいいか、と言うのでもちろんお願いした。楽しみだー。

さて、今夜はも少し制作するかな。いつ向島に持参するかが問題だ。いつ賀状を作るのかもさらなる問題だ…うーむ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-24 01:07 | そんな1日 | Comments(0)
おおっ、いー天気じゃん、こゆ日こそ「大掃除」じゃん!と思っただけで実際はしてません、はい。でも部屋全体の大掃除は無理でも、「部分大掃除」とゆーか、「本棚1号だけ」とか「2号だけ」とか、そゆことだけでもしたいと思う今日この頃。ちなみに本棚3号はいま1/3ほどの空き容量があるのだけど、貸してる本が戻ってきたら積載率200%で、そのうち抜けるよな、みたいな…なので手ぇつけること考えてません。

ともかくまずは友人知人へ礼状を兼ねたクリスマスカードと、甥&姪へのクリスマスプレゼント梱包。にちょっと時間を取られ、しかもメール便では厚すぎたので普通便で送ろうとしたら思ってたより金かかってちょっとタメ息。この時期、な~んでか連中には羽が生えるんだよねぇ。それもよく飛ぶヤツ。忘年会はかなり安く済んだはずなんだけどなぁ、いつのまにか…だ。(でもあたしの財布に入ってる連中だけじゃないと思う)

それはさておき、荷物送ってひと息ついて、「ぱたぱたカレンダー」を作った。まだ途中。なぜこいつに手を出してしまったのか疑問。完成はいつ?でもって納品は?考えると頭痛い。明日からそば屋3連勤なのに。イヴイヴ、イヴ、当日とそば屋なんて、色気なさすぎだー。やだー。行きたくなーい!

夕方、チチから『今年も賀状を頼むから』と、インク代として5せんえんもらった。はらしょーらっきぃ~っ!素晴らしい。プリンター買った、インク代が結構かかる、みたいなこと言ったからかもだけど、それより何より、チチはいまぽっぽ(懐のことを我が家では「ぽっぽ」と言う)があったかいのだ。何せ先週末のぱかぱか(競馬のことを我が家では…以下同文)が「ほぼ万馬券」でほくほく中。インク代だけでなく、夕飯もチチのぽっぽからになった。ハハがたまたまピザ屋のチラシを見てて『当たったらこれ取ってよ』と、「かに3種入りパエリャ」をお願いしてたのだそーだ。これまた素晴らしい。パエリャなんて久しぶりだ。パエリャ用の鍋を昔もらったことがあるので、その頃はよく作ってたけどね。いまその鍋は千葉某所に行っちゃってるし。
ともかくかに入りパエリャ。3人前にちょっと多いくらいで美味しかった。ごちそーさまでした、まいだっど。

まぁ、そんなわけだから、夜はがしがしとチチの賀状を印刷した。プリンターが新品だから字もキレイだ。んが。そこですんなりきっちり印刷できるわけがない。なぜなら「雪丸だから」。喪中欠礼で外した人の分まで出ちゃうし、文字だけなのでモノクロ印刷に設定してるはずなのに、カラーで出てる気がするし…はっきりそーだとは言えないのだけど、何となくね、設定見直すたびに「カラー」になってるのよね。カラーインクも微妙に減ってる気がするしさ。

印字始めてから、連名のとこにハハの名前はいらないとか、もー遅いっつーの!みたいなすったもんだがあったのだけど、ともかく無事終了。例年に比べればとても早い。助かった。年末に向けての懸念がひとつ消えた。(あとまだいくつあるのかわからんけども)

今週はなぜかよく柚子をもらう。今年は豊作なのかな?ともかく3軒からもらってしまったので、柚子ジャムに挑戦してみようと思う。やったことないんだけどね。どんなかなぁ。ママレードみたいな感じになるのかしらん。
そして今夜は「柚子湯」だわね。あ~、ホントに年が暮れるんだなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-23 01:24 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156