<   2011年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 4/30(土)、5/1(日) 9時~16時 雨天中止
潮風王国 中庭広場 (房総市千倉町千田) 
 0470-43-1039 (海猫堂)
 http://uminekodo.exblog.jp/

毎年恒例のちくらのアートフリーマーケットもは今年で13回目!今年は諸事情があってバスで「日帰り出店」となるので、フリーマーケットは9時からですが、さゆきは11時からの出店となります。ご了承ください。
ホビーショー3日間通したあとの翌日からとゆーことでバテバテかもですが、みなさんの笑顔で元気になれますのでよろしくです!
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-30 00:12 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)

ホビーショー 最終日

朝っぱらからぷちショックの連続でまいった。まず朝食とりながらの新聞で、朝8時から「銀魂 新訳紅桜編」をやってたことを知る。何てこった!ずっと観たいと思ってたのに!ラテ欄は毎日チェックしてるけど、大体夜~深夜で、午前中なんてのはスルーに等しいんよ。時計を見たらとっくに9時でがっくし。
11時からの当番で、10時前に出る予定だったのに千倉行きの荷物チェックをしてたらばちょっと遅くなり、10時過ぎ。慌ててウチを出て駅について携帯を忘れたことに気づく。今日はKNちゃんが来るとゆー連絡が入ったので「3日間限定」の携帯番号を教えたばかりなのにこの失敗…(KNちゃん、ごめ~ん!でも会えてよかったよー、ありがとー!) そして電車に乗ってから、祝日なのだから休日専用回数券(平日回数券よりちょっとお得なので併用してる)を使うべきところを平日用を使ってしまったことにまたぷちショック。

りんかい線は湘南ライナーと交互(?)に来るので、せっかくホームまで走ったのに10分近く待たされてまたショック。電車の中で走りたい気分だったけどそれは無駄な消費になるので寝て、国際展示場到着が11時5分前。ひたすらダッシュ。と「徒歩」を繰り返す。すーぐ息切れしちゃってダメなのよぅ。やぁね、まったくこの運動不足は。

ともかく5分遅刻で滑り込み、それからはせっせと「チラシ配り」。真ん中に切れ込みを入れて組み立てると「出展作家の目録豆本になる」という特製品なので、反応はいい。毎日せっせと配ってるのに何故減らないのだと思ってたら、毎日追加してるからだそーだ。どんだけ作ったんだ。「配りきってしまおう」と思ってたんだけど無理な話だった。
午後からは交代して(ちょっと休憩したあと)、売り子に入る。狭いテーブルにごちゃごちゃと置いてあるのと、見本もごちゃごちゃなのでちょっと見づらいのが難点。こういう中に入ってしまうと、あたしの本は弱いんだよなぁ…そーでなくても弱いけど。人がいっぱい(とにかくいっぱい)なので、説明しても聞いてもらえてるんだかどーだか、な感じ。売ったけどねー、がんばって。でも『触ればわかります』と言っても、そこでまた財布を開くかどうかは別なんだよねぇ。

結果としては、昨日よりマシってだけで、3日間の奮闘は「くたびれ損」てほどではないにせよ、ちょっと肩透かし的な気分だった。これもぷちショック…ではなく結構ショック、な方だ。単価の問題ではなく、イイと思ってもらえるかどうかだし、ハマる人はハマってくれたけど、そういう人が少なかったのだ、と思う。豆本キットの方が売れる、ということはわかったので、次回はそれを目指したリベンジ、だな。「ホビーショー」がどういう性質のものかわかってなかったあたりに敗因があるとも言えるから、そこんとこもちゃんと考えないと。
あ~、ストラップ100個も作るんじゃなかったー、1種15づつ、計60個で充分だった~!なんだけど、ストラップにつけた豆本を外して「あるモノを作る」というのを(一緒した作家さんの話でだけど)思いついたので、落ち着いたら作ってみようと思う。(そしてまたストラップが鬼のよーに余るのだ…)

さっさと切り替えなくては、と思ってるとこなので、明日から千倉、はきついけどいいことかもしれない。ここでまた凹むよーなことがあったら、G・W後半の下北沢に殴りこみをかけるし。そう、この話もつい最近来たモノなので(例のトウキョウジョウさんからのチャリティーアート話)、突然来襲OKって許可得てるしね。
2日以外にそば屋のシフトが入ってなかったから、4日か5日あたり、ちょっと行きたいかなと思ってるところ。体力があればね。ないかもしれないなぁ。とにかくくたびれた…明日、千倉行きのバスを乗り過ごしてしまわないかどうか、が一番の問題だ。

帰宅したらば、オトート2号が仙台からやって来てた。地域によると思うけど、大体不足なく生活できてるようでよかった。まぁ、話を聞き始めると、やっぱりいろいろ大変そうだけど。
ともかく明日、気張ってきます。晴天、盛況、祈っててください。

あ。もしかして「出店情報」に入ってないかも…ひぃ~!すみませーん!
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-30 00:07 | そんな1日 | Comments(0)

ホビーショー 2日め

当番は14時からで、ちょびっとだけ余裕。とはいえ、明日の29日祝日はゆっくり会場を見てる間もないだろーから、11時くらいに着いて3時間いろいろ見て廻る予定だった。起きたのは(もちろんまだ寝てたかったけど)8時過ぎ。千倉の荷物をまとめたりして、ウチを出たのが10時…と思いきや、チャリ置き場にチャリを停めてからケータイを忘れたことに気づいた。日頃持ち慣れてないもんだから、すーっかり頭から消えうせてたのだ。

雪丸ってば遂にケータイ持ったの?!と思うことなかれ。そんな大ニュース、ここで書かないわけないじゃないの。あたし個人としては「まだいらない派」なんだけど(既に大勢の人に「雪丸は携帯不所持」が浸透してるので)、ここでは「あることが前提」的な感じで、まぁ会場も広いから必要だよな、と納得してチチに借りてるのだ。昨日は忘れなかったけど、今日になったら頭からすっぽり抜け落ちてて、慌てて引き返した。その他でもバタバタして、結局会場に着いたのは12時。ちょこっと挨拶に顔を出して、あとは店番の時間までずーっと会場内を徘徊してた。

昨日見たのは半分てとこだったので、あとの半分を見て廻る。人はまぁいっぱいではあるけど、ぶつかりあうほどじゃないし、ワークショップとかも横から覗き込めたりして、ゆっくり見ることは出来た。
安いのだろーな、とは思うのだけど、いかんせん、ちぎり屋のあたしにゃ不要なモノばかり…革のハギレ1枚100円でも、あたしゃもらっちゃってるし、欲しい色とかは3枚100円で買っちゃってるし、パンチもハサミもいらないし、ピンセットもいまので充分…とは言えないかもだけどお値段もよろしいので控えてしまった。スグレ物ミシンやプリント機材とか、布に絵や文字が入るペンとかハンコとかその他の手芸品、みぃ~んないらんしねぇ。

で、結局何も買わずに店番時間になり、交代したあとにまた1時間ほど時間があって、お昼ゴハンをどーしよーかなーと再びうろうろ。会場の奥が「クッキングフェア」で、調理したものを味見させたりしてたのね。その奥のパン屋でパンを買おうと歩いてたら、いろいろ引っ掛かって「プチランチ」になった。
前菜にカマンベールチーズ。スープはバーニャカウダースーブ。そして万能ネギとタラコとじゃがいものサラダ。メインがお好み焼きで、デザートがホットケーキ。どれも試食だからほんのちょびっとだけど、美味しかった~。(何も買わずに申し訳ない、各ブースの方々) あ、「エサが米の鶏の卵」てのがあって、その卵焼きも食べたな。色が白っぽいんだ、すごく。それで甘みがある感じ。いくらなのか知らないけど、いい値段なんだろな。おかげで、パン屋のパンはヒザ1枚で充分だった。明日もこれで行くかな。そーはいかないか、えらい混むだろーし。

そーそ、ひとつ買ったのだった。チチへのオミヤゲとして「ぷちぴーまん」の苗。ししとうのでかいのみたいな(直径2センチ、長さが10センチ未満くらいの)ピーマンの苗で、赤、オレンジ、黄色の3色。苗は20センチほどでまだ実をつけてなかったけど、おねーさんと喋ってたら欲しくなってしまったのだ。収穫されたぷちぴーまん、いい色で美味しそうだったしさ。新種らしくて、でも2鉢で500円。帰宅したらチチが喜んでた。去年の父の日に贈ったぶどう、ちーっちゃな実をつけ始めてて、ベランダ菜園もだいぶ賑やかになってきたところ。こないだまた芽キャベツを(ほんの8粒ほど)収穫したしね。

さて、肝心の豆本はとゆーと。
これが惨敗。しばし声も出ないほど…『どーしたんですか、ちぎり屋さん』とか言われて、そんなのこっちが聞きたいやぅ、だった。まーね、何となくわかるんだけど。豆本、ごちゃごちゃいっぱいすぎるし、店番の人がみんなちゃんと説明できるわけじゃないし。それと思った(つーかわかった)んだけど、革豆本の『ing』、半分がコピーで半分が生ちぎりなんだけど、

  言わなきゃわかんないのかよ!!!

だったのだ、ずっと。説明するとコピーの方を撫でて『へぇ~』って、そっちは生じゃない方だってば!と突っ込みたいところをぐっとこらえたりしてた。わかなんいのか…はぁ~あ。どーしたらわかってくれるんだ。結構切実。

帰り、そば屋に寄った。5月前半シフトがわからなかったので。2日に入ってて、千倉翌日にそば屋かよーとココロで半ベソ。でも前半で5日しか入ってなかった。辞めろってことか、これは?
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-29 00:57 | そんな1日 | Comments(0)

ホピーショー 初日

7時に起きるつもりでいて、6時半には目が覚めた。1時くらいに寝たものの2時過ぎまで眠れなかったのに、よくまぁ時計もなしに起きたもんだ。眠かったけどね。

荷物はちょびっとなので(ストラップ100個あるから「ちょびっと」ってわけでもないけど)、チャリで駅まで。ビックサイトは新宿乗換えのりんかい線。てのに初めて乗って、そんで初めて「ガラすきの車内でも椅子に座れない(10時まで椅子がおりない)のは結構イラっとするもんなんだな、と思う。1車両に10人もいなかったのにさー。
国際展示場からビックサイトまではちょっと距離があって、会場内でもまたちょっと歩いて、それでもとりあえず9時20分くらいには無事到着。納品して(検品のとき、やはりこの数はちょっと多すぎたかと反省した。メンドいし)、当番の12時までは会場内を徘徊した。

ホビーショーは、ひとことで言うと「クラフト作家ご用達の祭典」て感じで、あっちでもこっちでも、いろ~んな種類のキット(ビーズ系から布、革、その他の素材や画材)が格安で売られ、ワークショップも人いっぱい。(10時過ぎに外を見たら、入場券を求める長蛇の列が!) それでも広い会場はさほど込み合ってる印象はなく、お客さんの『去年に比べるとそうでもないね』『人が行き交うのに余裕があるし』という会話を耳にしたりした。豆本作家の大御所さんいわく
『何てったって「外人がいない」もん』。
あー、そーか~。熱海とかの温泉街から浅草まで、すーっかり「外人がいない」と言うから、ここにだっていないわよねぇ。いろんな文具メーカーがこぞって出店してるわけだから、毎年外人バイヤーも多かったのだろうな。

ワークショップで「これやりたい!」と思うほどのものはなかったけど、どこも盛況だった。ただ型押しするだけとか、切り貼りするだけとか、組み立てや何かで“オリジナリティをはさむ余地はどこに?”みたいなモノが多かったかな。まぁ、メーカーとしてはキットやそれに対する小道具を宣伝、販売したいのだろうから、そーゆーもんか、と思うけど。
で、ひとつのブースで、フランス製の糊とニスを扱ってるところがあって、『実は広告の紙をちぎってまして…』な話をする。そこで売られてるのは「フランス製張り子」用のキットみたいなもんで、専用の薄紙を重ねて貼り、仕上げニスを塗ればさらに強度も増して防水もする、みたいなやつ。おねーさんは自転車に貼ってるんだそーで、写真も見せてもらった。広告が「にじむ」かどうかは、その紙質によると思うけど、1セット買わせてもらう。なかなかいい値段してるけどね、ここで買えば1000円近く割引きだし。

そう、ここで買うと安いのだ、みんな。(だからクラフト作家さんたちがやって来るわけだぁね。知り合いと会っちゃったし!) 型抜きパンチなんて「袋に入るだけ 1000円」なんてことやってたり、外国製のレースシール、8メートルで1000~1500円のものが300円均一だったり、革もフェルトもボタンから画材まで、みんな「特価」だ。正規の価格の豆本が売れなくて当たり前、みたいな。
売れてるけど、思ったほどでもないな、というのが初日の感想。がんばって接客したけどね。豆本よりは豆本キットとか、豆本の作り方みたいな本の方が売れる。そーか、そういう場所なんだな、と改めて思った。まぁ、思ったほど売れてなくても、出店費と3日間の交通費はラクショで出て、1日分の売り上げとしては「まぁまぁ」。最終日は祝日だから、「そりゃあすごい人」になるそーで、そのときどれだけ稼げるかな、というとこか。がんばろう、うん。

しかし結構くたびれた。電車で爆睡して、危うく乗り過ごすところだった。千倉行きの荷物、まだ完了してないのに(帰宅してまたちょっと作った)、大丈夫なのか、あたし?「大丈夫、何とかなる」とゆーことにしておこう。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-28 00:17 | そんな1日 | Comments(0)
いまだにがさごそしてるってことは自分が「ダンドリワルコ」である証明みたいなモンだ。はぁ~。タメ息。いや、千倉分は足りてると思うのよね。例年の販売品を見てみても。でもやっぱり“カードはもう少しあった方が…”とか“これもちょっと追加で…”とか思っちゃうわけよ。欲かいて、とゆーよりも、例えば「レターセットはこれだけ?」みたいなこと言われて、残数が1つ2つしかないって状態がすごぉ~くヤなのよね。(だからあらかじめ作っておけ、てことなんだけど)

極力、きょっっっっくりょく、荷物を軽くしよーとしてるのだけど、これもまた「いつものこと」で、普段と変わらないっぽい…何だかなぁ。
で、ここ数日、悩んでたのがテーブル。やっぱり持参できないかなぁと思って、千倉出店する友人作家サンに、車の中にテーブル(63×63センチ、幅10センチの折り畳み式)を持ってきてもらえないか、と打診してみた。彼女は『2日めしか出ない』ということで断念。(カンケイないけど、彼女からの返信、もンのすごい「文字化けメール」だった。迷惑メールかと思うほどの長文で、でもタイトルだけはあたしが送ったモノだから化けてないのだけど、何でなんだろ、あれ。携帯からのメールで顔文字がみんな化けてた、てのはあったけど、全文化けてたのは初めてだ…2度目に再送してくれたのもダメで、3度目でやっと用件が伝わった) ともかくどーしたもんかぁと思って、もひとりの友人に電話…したら留守電だったのでFAXしてみた。メールとどっちが早いだろかと思ったのだけど、何となく、ね。留守電に『FAXしまーす』と残しちゃったし。(そーいやFAX機能ってとんと使わなくなったなぁ。あ、去年グランパス優勝のときに「祝・悲願達成」FAXしたっけ。絵とかいっぱい描けるからFAXの方が楽しいやね)

それはさておき、テーブル。
彼女は千倉に出る、とフリペに書いたりしてたのに、出店をやめたのだそーだ…理由は聞かなかったけど、その後の活動はするみたいだから、遠出を諦めただけかなぁ。う~ん…彼女を責めるつもりは毛頭なくて、ただ単に「振り出し」に戻っただけの話。無理して持ってくか(で初日は東京駅のロッカーにぶち込んでくるか)、あるいは直おきにするか、まだ思案中。明日の道中にでも考えることにする。

明日の仕度(最終チェック)をして、エプロン持参なので以前ゆりりん姉さんから買った、腰で履く巻きエプロンを引っ張り出した。ポケットがいっぱいだからこれでいいや!と思ってたのだけど、開いてみてびっくり。ポケットが1つしかない。あっれぇ~、そーだっけかぁ~?と目を疑う。何かイメージ的に、あっちもこっちも後ろにも、て感じだったのだけど(ちなみに色のイメージも違う)、もしかしたら2着買ったのだっけか、と思ってがさごそ探す。見つからない。あの漠然としたイメージはTシャツだっけか?それとも別のとこにあるのか?といまだ半信半疑のまま…明日だってのに!くぅ~!エプロンとしてはいっぱい持ってるのだけど、「いかにもこれから料理」はちょっとねぇ…ひとつポケットとおっきめポシェット、で応用させてもらおう。どうせ貴重品も入れなきゃなのだし。

目下の心配事は、明日ちゃんと国際展示場へたどり着けるのか、と「何の帽子にするか」。いちおーさ、コーディネイト、ってのがあるじゃない。この格好だったらこの帽子だよな、とか。あたしの場合は服装より先に帽子なので、帽子が決まらないと格好が決まらないのだ。
とゆーわけでまだちょっとがさごそするけど、もー寝ます。12時過ぎてるけど、あたしには早いなぁ。ちゃんと寝れて、ちゃんと起きれますよーに!
3日間、売り場かもしくはその近辺にいると思われるので、ご来場の際には声かけてくださいねー。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-27 00:15 | そんな1日 | Comments(2)
まず髪を切りに行った。ばっさり3センチ。たかが3センチを「ばっさり」たー言わないのかもだけど、キモチ的にはね、ばっさりって感じ。いま、うなじ丸出し状態で、ちと寒い。夜になるとまだ少し冷えるのは何でだろー。いつもこんなもんだっけ?

千倉準備で、ちょっとチョーカーを作ろうと思ってたのね。いつもの1.5×1.5センチのガラスタイル(かおはじき)でウラにチャーム仕込んで革で止める形。すごくシンプルな作りだけど、以前ちょろっと作ったら悪くなかったので。(でも売れなかったけどさー。こんときはクリスマス仕様だったので新しく作る) 
ウラに貼る革なんてちっこくていーからラクちんなんだけど、ふと

 ちょっと大きめの革を2枚貼らずに重ねて、上の革にタイルを貼る、てどーだろう

と思ってしまったのね。よしときゃいーのにさ。でも思いついちゃったんだからしょーがないじゃん?タイルのウラにチャームを仕込むのと、革に直接タイルを貼り、革に穴を開けて(またこの作業をやることになるとは!)と、どっちの方が強度があるかなぁと思いつつ、2種作ってみた。やや大きめの革を使った方が(手間だけど)ちょびっとゴージャス。どの革をどんな形で組み合わせるかとか、たかがそれだけのことにえらい時間がかかってしまった…こんなはずではなかったのだ!もっとさくさくとあれこれ作って仕上げて、明日は千倉行きの荷物のまとめとホビーショーの最終点検と部屋の片付け(と出来たらちょっと冬物片付け)で明後日からの本番の嵐に備えるはずだったのに!しかも「早寝早起き」を実践するはずだったのに!
予定は未定だ。しょーがない。

髪を切ったあと、ちょっと豪徳寺まで出た。ここのB・オフの「50円券」が4月末までだったのを忘れてたのだ。もー1枚あって、でもそれは吉祥寺店なので、昨日ちょっと覗いて、欲しい本がないことにイライラしつつ(105円の棚から買おうとするからイカンのだ)、結局、2、3年前だかに評判になった歌野晶午の『葉桜の季節に君を想うということ』を買った。いつ読めるのか見当もつかないけど。で、豪徳寺でも読みたいと思うのがさくっと見つけられず、ちょっと迷って恩田陸の『夜のピクニック』にする。あ~、未読の本がいっぱいだぁ~。

ここんとこ、電車での移動中は読んでるんだけどね。どーもイマイチばっかだったな。草上仁の『東京開化えのきのからくり』とか、柄刀一の『レイニー・レイニー・ブルー』とか。あ、『日本人の知らない日本語』はおもしろかったな。高円寺のB・オフで200円で買ったんだけど、こっち来たらパート2は500円。パス。ま、そのうち、ね。
去年の誕生日に買った『これからの「正義」の話をしよう』は、まだ大事にとってある。G.W明けてからのお楽しみ。こないだ借りた『ポーの一族』もね。あたし、これ読んでないんよ。楽しみ楽しみ。
そーいえば樹なつみの『八雲立つ』が文庫本であったのだけど、1、2巻は105円なのに、あとの8巻は350円…そりゃないでしょう。読みたいけど、その値段じゃあ買えない。『花咲ける青少年』が6巻600円だったんだから、こっちも10巻1000円くらいでないとね。たぶん、読んだら(読みたい人に貸したあと)売っぱらってしまう類だと思うし。

千倉行きの作品は足りてるっちゃー足りてるし、足りてないっちゃー足りてない。カードも半端だし、新作らしいモノがあるんだかないんだかだし…六角ダンボール、持ってこーかなぁ。軽くてラクだよなぁ。飾ったらきっとすぐ風の餌食になる(飛ばされる)と思うけど、でかい紙袋に入れて、手を突っ込んでごそごそ探してもらう、なんていうの、どうだろう?
あぁ、そゆことも今日参段つけるはずだったのに!どこで何を間違えたんだ?!売れるのか、チョーカー?!
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-26 00:50 | そんな1日 | Comments(0)
朝食はここ数日の念願だったハムカツサンド!で気分はほくほく。堀田肉屋のカツやコロッケは美味いんだよね~。ハハよ、買ってきてくれてありがたう!

まだちょっと残ってた、ホビーショー用の値札付けやら何やらをちゃっちゃと片付け、それから千倉行きの荷物チェック。あと何を足そうかとか、何を持ってくかとかおおまかに決めて、あまり無茶しないでも大丈夫そうだな、と判断した。ホビーショーに持参するのは(当然)豆本だけだしね。
で、机周辺を片付けつつ、制作の判断しつつ動いてたら、横丁ギャラリーでの「チャリティーアート展」の搬出時間になった。
d0078532_073196.jpg

ご来場のみなさん、ホントにホントにありがとうございました!!写真は、参加作家さんのしっぽさん作品。あたしはカエラーじゃないのだけど、この顔にヤラレちまいまして。カードは「応援メッセージを」ということだったので、こんなのを書いてみた次第。

かなり急な話で、告知もままならなかったような状態だったけど、おかげさまでカードや絵本がぽつぽつ売れました。トウキョウジョウ×横丁ギャラリーのこの「チャリティーアート展」は、震災復興のための寄付金を募る企画展で、参加作家さんたちはそれぞれの売り上げから任意で寄付、という形になってます。

さて、ちぎり屋さゆきはといーますと。
 カード、カラーコピー絵本その他の売り上げ 5900円×0.8=4720円 
となりまして、交通費とチャリの駐輪代を差し引いた、4220円を寄付させていただきました。みなさん、本当にありがとうございました。

全然売れてなかったらどうしよう、と思ってたのだけど、「札」が入っててよかった~!実をゆーと横丁ギャラリーさんでは過去何度か出品してるけど、赤字になることが多いんですよ。なので心配してたのだけど、ほっとしたです。売り上げ全額を寄付される方も大勢いたのだけど、それをやってしまうと続かなくなりそうな気がしたので、実費だけもらうことにしました。ということでご了承くださいまし。

さて、気になる寄付先。この話がトウキョウジョウさんから頂戴したとき、彼は『寄付先はまだ決めていない、いろいろ見て、自分がイイと思うところに寄付したい』と言ってて、任せてたのです。(ありがちなトコじゃないといいなぁと思いつつ、でもその点では彼は信頼できるので) 
で、数日前、サイトで寄付金先は「シビック・フォース」というところになった、と報告を受けて、早速そのサイトを拝見。さすが、よさげなとこでした。(「CIVIC FORSE」 http://civic-force.org/index.html) 被災地支援(今回だけでなく)をするNGO団体はいろいろあるけど、前回の中越地震のときに「それぞれを連携させる組織がない」という観点から「それらを繋げる」ことを目的として設立させたようで、もちろんそれだけでなく、いろいろ活動してます。今日の活動というページでは「地元の大工さんたちと風呂を作った」とか「ガス台が来たけど調理器具がない、という避難所にまな板、包丁、鍋その他一式と調味料を届けた」とか、あぁ、地道に、でも現地の声を真摯に耳傾けつつがんばってくれてるなぁ、と感心。ここに決定するまで、いろいろ探してくれたらしいトウキョウジョウさんにも感謝です。ホント、ありがとうでした。そしてこれからもよろしくです。

蛇足ながら、トウキョウジョウさん(またの名をふんず塾長)、いつも「崩した和装」でちょっと粋な感じでよいのだけど、今日会ったら髪の毛がくりんくりんでびっくりした。初めて会ったときは「野武士」っぽくて、そのあとは「明治の書生」とか「素浪人」とか、微妙に変化してたのだけど、今日はひとことで言うと「実験に失敗した平賀源内」。ちょんまげの方がかっこよかったのにぃ~!
ともあれお疲れサマでした。天ぷら、しこたま食べてゆっくりしてください。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-25 00:46 | そんな1日 | Comments(0)
今日はうっとーしー髪を切りに行くぞ!と思ってたんだけど、土砂降りなので中止…ではなく、カット割引は平日のみだったことを思い出して中止。あ~、切る気まんまんだったのになぁ。うっとーしい。
値札をつけねばならなくて(白いマスキングテープでと指定されてる)、100個分というのをちと侮ってたことに気づいた。まずはハンコ名刺(名前とメアドとサイトのみのモノ)をがんがん作って、OPPに入れてホッチキスで止める。と、そこでアホな凡ミスで余計な時間がかかってしまった…OPPを止めるとき、ウラに入れた名刺も一緒に止めてしまったのだ。やり直してたら余裕を持って作った名刺も足りなくなり、刻々と「そば屋出勤時間」は迫り、焦った。マスキングテープの値札は、まずカットボードにびーっと貼って、3センチごとにカッターで切り、番号と価格を書いてから剥がして貼ってった。だけのことなのに、100個となると結構あっちゅー間に時間が経つ。こういう作業、決してキライではないのだけど、時間が惜しいときはイラッとくるなぁ。

野暮用があって、そば屋前にちょっとコンビニへ。でかいビニ傘で、雨がそんなにひどくないときに出たのだけど(でも風がすごかったー。傘がオチョコになりそだった)、ほんの数分でコンビニを出たのに、傘立てにあたしのと同じ傘が4本も!来たときはなかったのに!
あたしのビニ傘は、持ち手部分と骨の先が黒いのだけど(そば屋の忘れ物。大きいので結構重宝してる)、あろーことかみんな同じタイプ。むしろ、フツーの白いビニ傘はない。うわっ、どれだろー、まーどれも一緒かー、と思いながら、このへんに差したよな、と思って抜いてチャリに乗った。ばっと開いた。おおっ、あたしが持ってたのよりずっとスムーズだ。しかもキレイだし。と思ったときはすでにチャリで数メートル進んでたので、引き返して戻す、なんてこたーしなかった。ごめんね、どっかの誰かさん。
結局、作品の値札付けは終わらず、そば屋へ行くことになる。寝る前にやっつけてしまうつもりだけどさ。

そば屋は通常の土曜よりもヒマだった。エビ天30本は余裕で出るはずだったのに(だからせっせと揚げたのに)10本以上余らせてしまったし。(ま、明日ジョウさんちに持参する予定だったから余ってもいーんだけどねー) 
今週、ちょっと忙しかったのでは?と言ったらば、結構大変だったと言う。今日はそーでもないけど、ここ数日は夜になると肌寒かったしねぇ。何かいつまで経ーっても「春らしいさわやかさ」みたいなのがなくて、気分も滅入る。やっぱちょっと寒いと被災地のこととか考えちゃうしね。こっちが寒いんだったら、あっちはもっとだろうなぁとか。もっとも、これから梅雨になったら、防護服を着込んで作業してる原発の所員たちはさらに過酷で大変になるそうだから、どういう天気がいいのかわからないけども。

そういえば先日、とある植物学者のセンセが『汚染された土壌にさっさと花の種を蒔け』と言ってた。汚染されてる土壌はまだ表面上のものだから、まずすぐに花の種(菜の花とかがいいらしい)を蒔き、『根っこから放射能を吸い上げさせて、花が咲いたらすぐに刈り取る』のがいいそうだ。(チェルノブイリ事故でも真っ先にしたのがそれだったらしい) そういう耳をちゃんと持ってる人がいるのかなぁ、と思う一方で、瓦礫の山に咲く一面の菜の花を想像してちょびっとだけ、その光景は素敵だなと思ってしまった。うまく言えないけど、汚染された土壌を救うために生まれた花畑って、未来への希望や活力をくれそうな気がする。
そして汚染された海はどうなるのかな。もう漁業組合だけの問題ではなく、国際問題にも発展してくんだろな。いい方法があるといいのだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-24 01:50 | そんな1日 | Comments(2)
昨夜、ブログ書いたあとに、革豆本の本体を革表紙の中に仕込む、とゆー作業をした。さくさく進んで、さて終わり!と思ったら、机の上にまだ表紙をつけてない本体が2冊あるではないか!あっちこっち探しても余った革表紙はなくて、だんだんイライラしてきて、“萎えた!もーだめ!寝る!”と風呂に入った。おかしい。ちゃんと数えて作ったはずなのに…風呂の中でゆっくり浸かりながら、“最初に作った10冊のうち、もしかして2冊は革表紙をつけないままで置いといたんではなかったか…?”と冷静に思い出す。なーんだ、やっぱり自分が悪いんじゃん(当たり前)。どっちにしろ気分は萎えたまんまで、今朝になっても「さて続き」としてあと2枚の革表紙を作る気力はなかった。しゃーない。これはこれで置いといて、出品は12冊としよう。(どっちみち見本とかもいるから販売するのは10~12冊かなと思ってたのだ) 

まずはストラップの表紙にちょっとにスを塗り、乾かしてる間にOPPの用意。豆本協会の方から「盗難防止のため」に「OPPは大きめのもので」と言われてるので、通常のOPPよりひと回り大きいのにする。ただこれにストラップだけ入れてもあんまりかわいくないので、英字新聞をざくざく切り(ホントはちぎりたいとこだけど)、「Sayuki Original」のハンコをがんがん押してった。
ストラップだけでなく、ガラスタイルの豆本2種があるので、そちらの分も作る。また英字新聞、はちと芸がないので、何かいーのないかなーと思ってたら、以前もらった外国のパンフがちょっとイイ感じだったので(でもちぎるにはちと厚い)、それをカットした。これ、どこの国のパンフだったかな~と思いながら改めて眺める。デンマークだった。(B級さん、さんきーう!ここで使わせてもらったおー) 何て書いてあるのか不明だけど、文字としては英語っぽい。黒とオレンジの文字が素敵だ。
ハンコの色を分けて、OPPもまたサイズを変えて出来上がり。ストラップやガラスタイル豆本を次々に入れていった。

あたしは、自分の作品をOPPに入れるときが一番高揚する。何故かわからんけど。「完成した!」ってのと、「趣味の手作りモノがちゃんとした商品になった!」てのがあるんかな。机周辺にわらわらと転がってたモノが、OPPに入れることで「キレイに仕上がった(ように見える)」てことかもしれない。
ともかくストラップとガラスタイル豆本、無事完成。あとは作品№をテープで貼るだけ。肝心の革表紙豆本「ing」は、実はまだ表紙にタイトルがついてない…ここまでは終わらせる予定だったのだけど、文字をちぎちぎしてるうちにこんな時間になってしまったので、とりあえずメールチェックを兼ねてこっちの部屋に来た次第。ま、あとは貼るだけなのでこれも終わらせるけどね、今日中に。

しっかし何だな。この「ing」、作ってるときは“3000円…いや、4000円くらいイケるかも”と思ってたのだけど、スナップの付き具合とか装丁の感じとか、イマイチで“その値段はどーだ?”とゆー気分になってる。中身は悪くないと思ってるけどね。半分(半ページ)生ちぎりだしさ。
実はページに直接貼ってるから、「きっと膨らんでしまう」と思ってたのね。それが意外にそーでもなかった。結構普通とゆーか。だから“スナップを付ける必要はなかったのでは…?”とも思え、だとするとあの苦労は何?とか、“ない方がすっきりして、タイトルの文字も生きたのでは”と思い始めて、ちょっとしゅん。もう少し、仕上がりがかっちょよく出来たらよかったのになぁ。みんなキレイに作ってくるんだろーなー、と凹んだ。「半ページ生ちぎり」のアイディアはよかったのに、無駄にしてしまったよーな気分。

とはいえ、やっぱり「生は生」なので、1冊2800円で出すことにした。3000円にしないのにはまたちょっとワケがある。「盗難防止」として、「3000円以上の作品は見本のみ出して保管」し「購入希望の方に出す」という形をとることになってるからだ。となると、全作品の革の色が違うあたしの革豆本は、選んでもらうのにいちいち全部出さないといけない。それよりは(その場の中から)ぱっと見て決めてもらう方が買いやすいんじゃないかと思うのだ。なのでちょっと半端だけど、この価格にさせてもらった。
納品書を書いてて、すごく当たり前なんだけど「1000円のストラップが100本完売したら10万円」だとゆーことに気づいてちょっとドキドキした。完売してくれたらいいなぁ~。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-23 01:25 | そんな1日 | Comments(0)
 4月27(水)~29(金・祝) 10時~17時
 東京国際展示場(ビックサイト) 東1~3ホール 
 入場料 前売り800円 当日1000円 (各館共通 3日間有効)
  「とじ郎倶楽部」スペース内
 http://www.hobby.or.jp/hobbyshow/2011/

毎年10万人以上の人を集めるビックイベント、日本ホビーショーの「とじ郎倶楽部」さんのスペースに、52名の豆本作家さんたちの作品とともに出店します。非売品もありますが、さゆき作品はもちろん全て即売可能!3日間ともスペース内にいますので、ぜひぜひ声をかけてくださいね。
ビックサイトではクッキングフェアやニットEXPOなど他にもいろんな催しがあり、チケットは共通。ワークショップあり、実演ありで、1日中楽しめそうですよ。しばし浮世を忘れて、G.Wをにぎやかに始めてみませんか?
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-23 00:33 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156