<   2011年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

この1週間で熱中症で搬送された人の数は、去年の6月の1ヶ月間で搬送された人を上回ったのだそーだ。1週間でだよ?どんだけ暑いんだ…てゆーか、倒れるまでガマンしないで欲しい。とは言え、さすがに今日はあたしもちとヤバイかと思った瞬間があり、日頃の不摂生と寝不足(って、6~7時間は寝てるんだけどさー)と、疲労が重なってるのだな、と思った。決めた。「R.R.R」が終わったら、「ぐーたら省エネ生活」に入るぞ!絶対何もしないでごろごろするのだ!そんで秋までおとな~しくしてるのだ!冬眠ではなく夏眠。したいなぁ。でも「R.R.R」終了翌日からそば屋5連勤なんだよね…とほほ。そんでそば屋は繁盛するのだ。ぼーなす出ないのに!シャインは出るのに!(そのシャインよか働いてるのに!)

昨日はブログ後、ちよっとちぎった。汗も引いたし、だいぶ涼しくなってきた気がしたのでね。4時過ぎに寝て、10時過ぎに起きてその続き。まだ完成はしてないけど、とりあえずそのメドは立ったところで「R.R.Rとスペースコウの作品の振り分けをしよう」と思ってそちらへ。
3月に作った六角ダンボールは3つの袋に分けてたので、数を数えながら1つにまとめた。3月にいくつ作ったのかとんと忘れてて、200枚くらい残ってるのかなと思ったら150枚ちょっと、だった。新作を足して、200になるかどーか…もうちょっとあると思ったんだけどなぁ。出来たら200にしたいなぁ。

で、部屋の隅でしゃがんで振り分けてて、ちょっとメモ、と思って立ち上がったところで立ちくらみ。くらっときて、ありゃまずいじゃないの、と自分に突っ込む。夢中になってると暑いとか何とか気にしなくなるのだけど、カラダの方はしっかり信号を出してるんだよね。水分摂ってなかったし、気をつけなきゃいかんね。大体、倒れる人ってのも「気づかないうちにひどくなってた」人の方が「がんばって無理してた」人より多いんじゃないかと思う。用心用心。

2ダースのくりんくるたちは、CDコンポの上にずらりと並んで「日光浴」をしている。みんなのほほんとした顔してて、イイのかどーかいまいちわからん。と、ハハが部屋に入ってきて彼らを見て『そうやって並んでいるとナントカみたいね』と言うので、ナントカとは何?と尋ねたらば
『えーと、えーと、モアイじゃなくて…』
『……?』
『ほら、何だっけ、チューゴクの…』
『…兵馬俑?』
『そう、それ!』
『………。』
ヘイバヨウだぁ~?似てるかぁ~?これのどこが似てるんだ。ハニワじゃあるまいし。モアイもどっこいだ。何だかなぁ。ちょっと気が抜けた。似てませんからね、兵馬俑には!

あっぢぃー中をそば屋へ行った。何かもーこの暑さの中へ出て行く、ってことからして萎える。ましてや今日は10人態勢なのだ。いらないって10人も!ここんとこなぜか10人入れる日が何日かあるのだけど(ベストは8人)、どんなに忙しい日でも10人はいらない。なぜならどんなに揚げ物が足りなくても鍋は2つしかないので2人しか作ることが出来ない。どんなに急ピッチで食材補充が必要になっても、そのために使えるシンクは1つしかない。だから「それらを効率よく使いこなせる人3人」がいればいいのだ。つまり8人を超えると、「何をすればいいのかわからないでうろうろ」する人が出てきて、大抵その役はシャインになる。てとこがさー、むかつくっつーか滅入るっつーか、だったら床掃除でもしててよ!と思うのだけどやらないんだよねぇ。『明日は10人態勢だよ』と言われてウンザリしてたのはそのせい。だったら休ませて!と言ったのだけど無理だった…シャインにその権限はないし、この「10人」の理由がちゃんとあるので。
つまるところ、震災後「8人を7人」に削った結果、混乱を極める忙しさだったことに加え、予算計上の理由で「1ヶ月の人件費はこれだけかかる」というのを出さないとまずいから「帳尻あわせをしてる」っぽいのだ。だったら7人に削らないで運営してればよかったのにー。あ~、ここってホントにしょーもない…。

今夜もまだ仕事したいんだけど(そんなに眠くはないし)、明日は「てづくりもん市」の店番日なので8時にはおきなければならない。のでもー寝なくては。バス、乗り過ごさないことを祈ろう。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-30 01:35 | そんな1日 | Comments(0)
うひぃー、あぢぃあぢぃ。こんなンじゃホントに真夏が思いやられるなぁ…去年と同程度だとしても、また人が倒れるよなぁ。みなさん水分補給を忘れないよーにね。電力も控えめと思うと余計暑くなるから、いろいろ工夫しないとね。

朝から「くりんくる2」を、でこぱっち用の専用ニスで塗り塗り。このでこぱっち、「手が汚れない」なんてオーウソ。いやたぶん、でかい箱みたいなのに塗ってる分には汚れないのだろーけど、掌サイズのモノを塗るにはどーしても(お尻部分に穴開けて箸入れてその箸を持って作業でもできるよーにしない限り)、指先が汚れる。で、なかなか強力なこのニス、「指先コーティング」状態になってしまって、ウエットティッシユでちょっとやそっと拭いたくらいでは落ちないのだ。終わってから爪ブラシでごしごししても、薄い膜がなかなか剥がれない…ここまで強力とはちょっとびっくりだ。
丈夫になるだけでなく防水もしてくれるけど、これを塗らないでもある程度は防水するし、丈夫になると言うから、次回からはこのニスを使うのはストラップやキーホ用の「くりんくる2」、またはそういった小物に限ることにしよう。お値段もよろしいしね。
くりんくる以外に、5、6個、「名無しクン」を作った。ただの粘土の塊だけど、ヒートン(金具)を付けたのでジップホルダーくらいにはなる。ただの花紙と英字新聞の塊にするつもりが、何となく目と口をつけてしまったので「名無しクン」。いいネーミングが出来るまではこれ。さーて、どーやって「くり」のついた名前にするかなぁ。やっぱ「ちびくり」かな。「くりちび」か。目とか、入れない方がよかった、とか言われるかもなんだけど。

終わると、そば屋まであと2時間ばかりとなってしまってたので、でかい六角ダンボールに手を入れるのは諦めて、「R.R.R」の日付けをちぎった。さーて、何でちぎるかなぁ~とチラシを物色してて、寿司でいこーかと思ったのだけどあまり暑いので「31」のアイスにした。おおっ、美味そうだ、これ!ものすっごくアイスが食べたくなって、まだあるはずだよなと思ったのだけど、それはそば屋から帰ったあとのお楽しみにとっとくことにする。そーいや「31」のアイス、しばらく食べてないなぁ。あ、でも「R.R.R」会場のカフェスローの隣は「ぶるーしーる」というアイス屋なのだ。(食事もできるよーなので「アイス屋」とは呼べないのかもだけど) モトが沖縄なので、ちんすうこう味とか黒糖とかシークゥワーサーといった、フツーのアイス屋にはなさそな味もいろいろあるのだ。楽しみだー。気をつけないと、毎日食べてしまいそーだな。

麻ひもストラップ&ちぎり絵教室の案内を書きながら、そーだ「教室用」のチラシも確認しておかなくては、と思ったけど今日は無理だった…前回のチラシをそのまんま残してあるので、たぶんそんなに補充する必要もないと思うのだけどね。1人でいっぱい使った人もいたし。(ダンボールカードに好きなだけ貼れるので、チラシの制限はありませんことよ)

そば屋から帰宅したときは汗だくでひーひーだったけど、靴下脱いで(これが暑くてかなわんのだ。玄関で速攻脱いだ)、シャツを替えて、熱い紅茶をがぶがぶ飲んだら、だいぶ汗がひいてきた。助かった。これから「でかい六角ダンボ」に着手するとしよう。
えーと、今日も(?)短いですが、このへんで。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-29 01:20 | そんな1日 | Comments(0)
昨夜はブログ後も全然眠くなくてちーとばかしハイテンション(てほどでもないか)だったので、ちぎりに入ろうかとも思ったのだけど、DM書きに突入した。先日の「手づくもん市」で内職してコメントは書いてあったので、あとは切手を貼って住所を書くだけ。せっせと書きまくり、ふと気づいたら窓の外から「ちゅんちゅん」聞こえた…おおっと、4時をとっくに廻ってるではないか!こりゃイカンと思って(でも眠くはなかったのだけど)、風呂入って寝たらば熟睡。起きたらじき11時になろーかという時間だった…何だかなぁ。

DM書きの続きをして、頼まれた買い物に出て、今回の「R.R.R」のワークショップ(またやのまっせー、ちぎり絵教室!)の案内を書こうとしたらそば屋時間になってしまった…っとにあっちゅー間だ。
そば屋に出かけるのは3時過ぎなので、それまでの半日、とまではいかなくてもかなり充実した時間を過ごせるはずなのだけど、起きるのが遅いので充実できた日ってのは結構少ない。ここに書くことがなくて困るほどだ…情けないなぁ。

昼過ぎあたりからざんざか降り始めたのでまいったなーと思ってたら、出勤する頃にはやんでくれて助かった。そば屋では久しぶりにかき揚げを200枚ばかり揚げたけど(最近はこれ以外のポジションにつくことが多かったのだ)、混み具合はフツー。さして混乱もなく無事終了した。
10時45分にラストオーダーとなるのだけど、地下のゴミ置き場はこの頃に行くと込み合うので、大抵は10時半に誰かが行くことになる。今日はSUさんが行ってきて、何やらいろいろ手荷物を持って帰ってきた。ガクセイ君たちが狂喜してたので、まーた何かゴミ捨て場で(他店の人から処分食品を)貰ってきたのだな、とわかった。掃除が終わったらみんなで分けろと言う。見たら寿司の折り詰めだった!1箱1500円が5つ!と、1パックに2、3本のスペアリブが8つ!素晴らしい!当然のよーにみんなで分けた。

1箱にトロが2つ入ってたので、遠慮なく1つ頂く。美味かった~。もひとつカニももらったのだけど、半生な感じで絶品。何カン入ってたのかなぁ。10カンくらいかな。これで1500円は高くないと思うけど。こういうのを廃棄しなきゃならない、ってのは切ないねぇ。天ぷら持ち帰り禁止令が出たおかげで、こちらも相当な天ぷらを廃棄してるわけで、換算したらいくらになるんかなぁ。単品だとエビ天1本240円、かき揚げ150円、コロツケ170円だから、1万円以上にはなってると思う。『余らせてもいいから売り切れにするな』と言う強~いお達しだから仕方ないのだけど、他店でもそうやって作ってるのだとしたら、10時半の地下ゴミ置き場はものすごいことになってるんだろうなぁ。それが「毎日のこと」だもんねぇ。慣れたくないけど、麻痺してくのはわかるな。どこかが根本的におかしいよね。

結局、今日はDM書き以外にほっとんど、何もしなかったに等しい。大丈夫なんか、あたし?明日を充実させるために今夜は早く寝るか。(で、起きたら11時、なーんてことになってたらどーしてくれよう?)
そーそ、7月からCSで「銀魂」をやることがわかった。100話からだけど、文句はない。楽しみだ。これを励みに7月10日までがんばろー。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-28 01:07 | そんな1日 | Comments(0)
なるならあと2時間寝て、昨日買った「歌川国芳展」の図録を眺めて半日過ごしたかったのだけど、そーも言ってらんない。何たって「そば屋もてづくりもん市の店番もない日」は、今日が最後なのだ!ともかく「効率よく充実した1日」を過ごさなくてはならない…というプレッシャーに負けそうになる。挫けそうとゆーか、“つまり何をするのが一番イイんだ?!”状態。ごにょごにょ考えてる間はないので、まずは六角ダンボールに着手。3月のときに評判のよかったねずみ君を5枚。でも6枚でも7枚でも行けそうだったのだけど、それってどーなんだ?と思って、カエルとカッパとか、スイカとか蚊取り線香とかをちぎってみる。ハリネズミってちぎったっけ?とか、カッパをちぎった記憶はあるけどどんな絵にしたんだっけとか、やっぱ一度前回の作品を見なきゃダメかぁ~と引っ張り出してきた。たった3ヶ月前の絵だけど、何かもー妙に懐かしかったりして、あ~、こんなの作ったなー、とか、これってこーすりゃよかったのになー、とか。本体をひっくり返すのではなく、コピーをざくざくっと見ただけだけどね。

六角ダンボールが残り10枚となったところで(余裕があればもちょっと作りたいけど、いまのところ無地のはこの10枚でおしまいだ)、でっかい六角ダンボールを3枚作った。ホントは30センチくらいの正六角形を作る予定だったんだけど、カットしてるうちに“あれ、何かちゃんとした六角になっていないよーな…”となり、ダンボールそのものの大きさも半端だったので、結果だいぶ小さくなった。壁面を飾る六角の、4倍?6倍?くらいだな、たぶん。
で、ここに「何をちぎり貼るのか」ってのがまた問題で、ちぎり貼りって「ネタとシャリ(チラシ)」がはっきりしてれば出来るのは早いのだけど、どちらか一方でも決まっていない場合は時間がかかる。ここ数日は何してても“何をどーすりゃいっかなー”と思ってはいたのだけど、結局決めきれないまま今日に至ってしまった。

考えてる時間もどんどんなくなるわけで焦ったけど、「白で行こう!」と決めてからはスピードもちょびっとあがり、白いくじらと白い鳥と白いライオン、の3枚に決定。チラシは確か「白地に白い扇風機の写真てでかいチラシがあったはず!」と思い、手付かずのチラシ箱(とちょっとちぎっただけとだいぶちぎったのとの3箱があるのだ。もっと細かく分類してたりするけど)を引っ掻き回した。あった。記憶合っててよかった…と思ったけど、思ってたのより色が濃い。白地に白の扇風機、は合ってるのだけど、陰影とかね、結構はっきりしてる。ま、はっきりしてなきゃチラシとしての体裁は整わないわけだから当然ちゃー当然なんだけど。

そんでまだ完成は出来ないで途中なんだけど、何をちぎるか決めた時点で「先が見えた」のでちょっとほっとした。これが決まらないとね、いつまで経ーっても気分が落ち着かないのよね。もっとも、ちぎってみたらライオンが別のモノに見え、何だろなこれは、と思ってて思い当たった。

  ナマハゲそっくりではないか…

実際に貼って目玉を入れてみるまではわかんないけど、輪郭をちぎった時点ではナマハゲにしか見えん…いっか、ナマハゲでも。よくないけど。
このダンボール、先月(先々月?)に買った掃除機が入ってた箱なのだけど(それでチラシが扇風機という…)、ウラを返せば機種やカラーまで詳細に記されてる。ちっさくカットしてる分にはね、文字入ってても意味半ば、みたいな感じで気にならないのだけど、こーもでかいと丸わかり…雪丸ンちの掃除機がどこのメーカーの何色かなんて知られても別に全然構わないんだけど、売り物とするには…かなぁ。出来上がったらウラに英字新聞でも貼るとするか。

今日は昨日までと変わって涼しくて過ごしやすくてよかった。まだちょっとイケそーなので、仕事します。あ~あ、「ちぎり屋オンリーの1日」って早いなぁ、ホント。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-27 01:27 | そんな1日 | Comments(0)
7/5(火)~10(日) 
  火・水・木 11時半~18時
  金・土   11時半~15時半
  日(最終日) 11時半~16時

 国分寺カフェスロー
 JR国分寺駅西口より徒歩5分
 042-401-8505

今年3月に開催した、麻ひもバックの歌ちゃんとの2人展「R.R」。この期間中に、いまだ終息のメドが立たない未曾有の大地震が起き、中断、とまではいかなかったものの、展示会どころではない状況になってしまいました…せっかく作った作品たちを、中途半端なまま眠らせてしまうのはちと惜しい、と思い、早々に『リターンマッチをしよう!』となった次第です。タイトルは速攻で決まりました、『R.R.R』。最初の『R.R』のときは、いいタイトルが出てくこないで2人で苦労したんだけどねぇ。
そしてあれから3ヶ月…月日はホントにあっという間ですが、被災地にしてみれば「まだまだ落ち着かない」日々ですよね。被災地だけでなく、全国が不安いっぱいの日々でしたが、非被災地の人間が元気いっぱいになってパワーを送らねば!とも思った3ヶ月でもありました。

3月の『R.R』同様、またまたいーっぱいの六角ダンボールをギャラリー壁面に飾ります。お値段も変わらず、1枚500円、3枚1200円。即売品なので、当然「早い者勝ち」です。300枚近い数の絵をまとめて見られるのは、しばらくはないでしょう。ぜひぜひ見に来てくださいね。
また、3月にはなかった新作として「くりんくる2」も登場!こちらは粘土にマクラメ紐の手足をつけた「ちぎり貼り」の立体作品です。とぼけた味わいの彼らもぜひ見てやってください。

そしてそして、再びやります、ワークショップ!
   麻ひもストラップ&ちぎり絵 1コインW.S
   毎日14時~ 各回定員3名まで 要予約
   お問い合わせ 歌川携帯 090-9151-8049


また、7/7(木)には、「手織りカフェ」として、カフェスロー店内で歌ちゃんの麻ひもバックの講習会もあります。こちらは参加費2800円で、予約は上記と同様です。興味のある方はお問い合わせくださいね。
みなさんのご来場、ココロからお待ちしてまーす。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-27 00:51 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(4)
7/6(水)~9(土) 11時~19時(最終日18時まで)
 スペース コウ
 西武柳沢駅より徒歩
 042-468-8558

毎月代わりで展示される、しげくま商会さんを始めとした、手づくり雑貨とお菓子の展示会です。今月のテーマは夏らしく「海の色 空の色」。さゆきは不在で、委託での販売となりますが、しげくま商会のゆりりん姉さんとオーナーが応対してくれます。毎月評判の焼き菓子も美味しそうですよ~。(実はまだ食べたことがないんでした…)
「海の色、空の色」と聞いて、最初は青いイメージで行こうと思ったのだけど、ホントはどちらも青だけでなく、いろんな色を魅せてくれるのですよね。新作カードは、夕焼け空とか緑に近いような水色の海とか、そんな色のチラシで作ってみました。いつもとちょっと違う、でも「くりくり」健在の、ダンボールカードです。封筒も手づくりで、80円で送れますよ。
お近くの方、ぜひ覗いて見てくださいね。きっと夏らしい、素敵な展示になっていると思います。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-27 00:16 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)
東中野のビタミンTeeの「元気のでるネコ展」に着いたのが1時過ぎ。と、着くなりメンバーのひとり、茶柱サンが『何ていいタイミング!』と言った。たったいま、新作の「悪魔猫(というタイトルだった気がするけど違ってたらごめん!)を飾ったところなのだそーだ…今日が最終日で、つまりはあと数時間しかオヒロメできない新作か…ちと可哀想な気もするけど、続々と来場者がやって来るのだから最終日までがんばって作ってた甲斐はあったよな。彼女は妖怪モノが得意で、豆本も多数あるのだけど、この作品は立体で「悪魔みたいな真っ黒い羽をつけた黒猫(とフクロウ)」の作品。ちょっと違ったテイストだった。まぁ、好みとしては彼女の日本の妖怪モノの方なんだけど。

で、以前ここのオーナーさんとちょっと喋ったときに『小さい額のものがあれば』という話だったので3、4点持参した。よければ委託をお願いしようと思ってたのだけど、どーも「白地にちぎり貼り」というのがお気に召さない…というか『ちょっと引っ掛かる』のだそーで、『なぜ白なのか、白でないとダメなのか』と問われる。う~ん、白でないとダメというほどのこだわりはない(と思う)のだけど、ずーっとこれできて、これがイイ(好きだ)と思ってやってきたからなぁ。うまく答えられなかったけど、この後、あれこれいろいろ考える羽目になってしまった。そーいや昔、元画家の作家さんから『背景が白いのは未完成と同じ』みたいなこと言われたことがあったから、そういう意味だったのかもしれないな。
ともかく作品は全て持ち帰り、ついでにと思って持参した豆本等は見せずじまい。凹みはしないけど、こういうときに持ち込んじゃダメだよなぁ、何がどーなるかわからんのだし、と思ってしまった。

気を取り直して歌川国芳展。週末の原宿なんてどんくらいぶりだろか、と思うほど久しぶり。相変わらずのすごい人で、真っすぐ歩けない感じだった。それで、そういうときでもちょっと路地を入った形の太田記念美術館は人は静かで閑散としてることが多いのに、今日は別。過去何度も訪れてるけど、こんなに人がいたのは初めてな気がする。
国芳は広重と同い年だけど、その画風はもっと自由闊達でダイナミックで色彩感覚も抜きんでてるように思う。見たことのある作品がほとんどだったけど、いろいろ発見もあって楽しかった。

おもしろかったのが、1827年に発表された「水滸伝」。これまでにも刺青の風習はあったものの「一筋彫り」が主流で、絵としての面白味とかは特になかったらしいのだけど、この水滸伝の絵の、登場人物たちの刺青の意匠の素晴らしさに真似する人が大勢現れ、大流行となったのだそーだ。彼の描く絵の凄さは刺青だけでなく着物の意匠もまた素晴らしい。(彼の作った意匠にスポットを当てた展示も観に行ったことがあったなぁ) 江戸時代は、奢侈禁止令とか遊女や役者絵禁止とか何年以降の人物を描いてはならんとか、結構メチャクチャな禁止令がいろいろ出たのだけど、その都度、発想を逆転させたり、揶揄したり、奇抜なアイディアでそれらをかわして拍手喝采を受けてたようだ。いまの政治家達をからかえないなら、昔の歴史上の人物に見立てたりして、なぜここにスイカのお化けが?と思うのは「奢侈禁止(ぜいたく禁止)」の中にスイカが入ってたからだとかね。

この奢侈禁止令に「多色刷りは贅沢だからダメ」というのが含まれてたこともあって、名だたる浮世絵師たちだけでなく、刷り師たちも、版元たちも「腕の見せ所」を失ったことに腹を立てて行き着いたのが「春画」。だから公の出版物としては認められていないこれらの絵の方が、実はものすごい凝った、多色刷りの(12色とか!)があったりするのだ。もっとも、局部ばっちりだったりして、いまのご時世でも簡単には見られないだろーけど。(当然ここにもそんな絵はちらりとも出てきてないですよ、念のため)

しっかし何でこんなに混んでるのかなぁ、と思ってたら(原宿買い物目当ての若者たち、という感じでもなさそなのだ。そのくらいの年代の子がいっぱいだけど)、モレ聞こえる会話から“いわゆるレキジョかね、キミたち”と思えてちょっとおかしかった。20代の、ミギレイだけどさしてスレてないような「普通の男の子ひとり」ってのも意外に多かったな。いまある漫画のルーツを辿ってけば鳥獣戯画まで遡れるし、浮世絵の大胆な構図や躍動感、疾走感、そして美しさや艶やかさなんかを抜きには語れないと思う。西洋にかぶれてなかった、けれど取り入れることに躊躇もなかったこの時代の文化に、いまの若い子たちが触れてくれるのはいいことだ。(いまの若い子たち、って書くとこに何かちょっと抵抗があんだけど) 

大急ぎでそば屋に行ってギリギリセーフ。(駅がまたえらく混んでたのだ…) 7月前半のシフトが出てた。3日~10日までお休みください、と申し出てて、それは許可された模様だけど、代わり(?)に、1、2日と、11日~15日まで全てシフトに組み込まれてた…やれやれ。「休み」が取れるのはいつだ?

  歌川国芳展 華麗なる武者絵と妖怪 6/1~26、遊び心と西洋の風 7/1~28
  太田記念美術館 JR原宿駅より徒歩5分
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-26 02:00 | 行った観た読んだ | Comments(0)
何なんだ、この風は!!あまりの突風に汗が流れまくって目にまで入ってた。なぜなら

 窓が開けられない!

からだ…カンベンして欲しい…やーっと「ちぎり」に入ったとゆーのにこの風か。つか、吹き荒れててもいーのよ、別に。部屋に入ってこないのであれば。でもたった5センチの隙間でも容赦なく風が入ってきてチラシを舞い上げたりするのでキレそーになった。
それでも密閉する気にはなれず、カラダに汗を、ココロに涙を流しつつ格闘。昨夜から朝4時過ぎまでかけてちぎった「大ちぎり」のダンボールカード20枚を完成させた。(午前4時過ぎでも全然眠くなくて、このまま朝までいっちまいたいとこだったのだけど、行くとそば屋がしんどいだろな、と思って寝た。でも行っちまえばよかった…そんでこの突風の中、大人しく寝てた方がどんだけマシだったことか!) 

6時間は寝たはずだけど、しんどかった。熟睡できんかったし、起きるまでの1時間は布団の中でもぞもぞぐずぐずしてたよーなもんで、不毛だったかもしれん。
ともかく「大ちぎり」(何か「大喜利」みたいだ)、これだったら何のチラシかすぐわかるだろう、という大きさなのだけど、その分目もでかくしてて、あたしとしてはちょっと異和感がある。普段の「くりくり」の白目黒目の比率とまたちょっと違うのでねぇ。比率を一緒にする手もあるのだけど(シールはこのサイズがないのでカットすることになる)、メンドなので今回は見送り。お客さまの反応次第、かな。

明日、太田記念館に行くことにしてがんばって作ってたわけだけど、ついでに(?)中野まで行くか、と思ってミニ額と豆本をいくつか選り分ける。先月だったか先々月だったか、そういう額があれば、と言う話をしてくれてたので、豆本展が終わったら行くつもりしてたのに、結局ここまで引っ張ってしまったわけだ。アポなしだけど、確か知人が出展してるからちょうどいい、かな。
くりんくる2が完成して、ダンボールカードが完成して、あと出来れば大額。そーいや2、3年前に作った「紫陽花とキリン」の大額があったなぁと思い出したのだけど、ちびっとばかし時期がズレてしまったな。つーか、これこそ「てづくりもんでつながろ市」用だったかもしれない。売れないと思うけどねぇ。

今日のそば屋は(通常8人体制のところを)10人。何でかってーと(たぶん)、「25日で金曜」だから。給料日で金曜ってのは混むのよ、なぜか。ホント不思議っつーか、せっかく給料出たんだから「立ち食いそば屋じゃなくて他へ行けよ!」と思うんだけどねぇ、毎度。
で、10人だとラクかってーと、これがそーでもないわけで、おまけに早番が(おそらくは10人いるんだからいーだろってことで)な~んの仕込みもしてくれてないもんだから、ドタバタだった…それこそ自分でもワケわかんなくなるくらいに。加えてあろーことか火傷!しかも顔!!まさか顔面に飛び跳ねて火傷を負ってしまうとは思ってもいなくてちょっとショックだった…すぐ冷すったって、冷してたら仕事できないしさー。ジンジン痛むし(右目の下あたり)、腫れてくるし、赤くなってくるし、まいった。幸い、救急箱に塗り薬があって(つい先日までなかったのだ。誰が入れてくれたんだろう)、それを塗ったら痛みも腫れもだいぶ治まったのでよかったけど。今夜寝るときはアロエを貼り付けておかなくては。(これ、結構効くのだ。ちっさい火傷はしょっちゅうなので重宝してる) 

ブログしながら頭がぼーっとしてきたけど、明日の仕度をして今日は少し早めに寝よう。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-25 01:21 | そんな1日 | Comments(0)
午前4時に寝て10時に起きた。もちょっと早く、と思ってたけどこのあたりが限界かもしんないな。あんまりねみーと手元狂うし。

くりんくる2、2ダースに白目と黒目を入れて、ともかく無事完成。とはいえ、仕上げにもう一度(今度はでこぱっち専用の)ニスを塗った方がよいのかもだけど。防水とか別にいらないと思うけどね、いちお。頭にヒートン(金具)付けてる子も何人かいるし。
色のパターンは結構あるのだけど(7、8色?くらい)、真っ赤とかないのは淋しいなぁと思いつつ、でも花紙の色が濃いと下地の英語だのイタリア語だのが見えなくなってしまうのが難点。青や臙脂色は、かろーじで“何か文字が入ってるな”とわかる程度なのだ。黒に至っては全然わかんないし。それに引き換え、ピンクや黄色は何枚重ねても色が薄い…何か微妙だなぁ。

手足の補整をしたり、またちょっと花紙を継ぎ足したりして、完成後は「さてちぎり!」と思ったものの、そば屋まで1時間を切ってた…悲しい。なかなか「ちぎり」に辿りつけないし、辿りつけても思うよーにはいかないのだよねぇ。はーあ。いちお、ほんのちょびっとだけちぎったけど。
とりあえず六角ダンボでの「くりんくる」は一昨日までで15枚出来て、あとの20枚をどう作るか、がまた問題。くりんくるにするか、くりくりにするか、はたまた全然別モノにするか。「あと20」と決めてるわけではないのだけど、作ってあるのがあとこんだけなのだ。もーちょっと作っときゃよかったかなぁ。まだチェックしてないのだけど、3月の『R.R』のときの六角ダンボ、ちょっと時期外れのモノがいくつかあるはずなのだよね。チューリップとかはいいとしても、桜吹雪とかさ。今回は今回で、スイカとか風鈴とか蚊取り線香とか作りたいし。夏の定番アイテムね。朝顔もやりたいとこだけど、どーもあの形、「ちぎる」には難しいとゆーか、やってもらしくは見えないだろーな、と思ってやったことないんだよねぇ。朝顔ではなく、ただの花になりそで。

昨日、ちょっとやばいポスターを見てしまって、誰よりもまず自分が「そんなことしてる場合っ?!」と突っ込んでるんだけど、ここで見たのも運命?な気がする。太田記念館で「歌川国芳展」をやってるのだ。今月26日まで。
わーってるって、そんなこと言ってる場合じゃないのは!でもさでもさ、太田記念館(浮世絵美術館)で、展示を見る度にアンケートの「今後、どんな展示を見たいですか」というアンケートにことごとく「歌川国芳、月岡芳年」と書いてきた奴としては、観に行かないでどーするよ、じゃない?だよね?せっかくやってくれてるのに行かないなんてさ、ちょっとしつれーじゃん。うぅっ、う~、行くんか、行かないんか…つーか、行けるんか、て話か。あ~、でもホント、観たい~!浮世絵とはとんとご無沙汰してて、もーウズウズしてんだよねぇ。どーしていまになってこのポスターを見るかなぁ。6/1日からやってたみたいなのに。その頃だったら(豆本展前だけど)、行けたかもしれないのに。
大体さ、「有名な浮世絵師」とゆーと、大抵は「北斎、歌麿、広重、写楽」で済ませられて、あとの浮世絵師は「その他大勢」的な括りにされちゃってる気がするのよね。春信あたりはわかってもらえても、あたしの好きな英泉なんて認知度はすこぶる低い。気がする。いや、今回は英泉じゃないけどさ。歌川3代展とか、またやってくんないかなぁ。あれ観たのはいつだっけ、どこだっけ。

こんだけ書くってことは、つまりはもー「行く」ってことだよな。そのために今夜はあと2、3時間はちぎります。のでこのへんで。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-24 01:37 | そんな1日 | Comments(0)
梅雨明け前とゆーのに、この先が思いやられる暑さになったなぁ。夜になってもまだ暑い…PCもあぢーあぢーと唸り始めた…やだなぁ。
4時間弱寝て、また池袋からバスで(今度は乗り過ごさないよーに読書ナシ!居眠りもナシ!)西新井大師まで。車窓からの風景を、楽しげなとこがいろいろあるなぁ、とぼーっと眺めてた。飛鳥山公園なんておもしろそーだし、切手博物館みたいなとこもあったし。

10時半よりちょっと前に到着。合言葉は「暑いねー」。それでも風が「なくはない」のがちょっと救いか。ただ、昨日は大師さまの縁日でいろいろ催しもあって人もいっぱいだったらしいけど、今日はその反動なのかホントに人がいない…DM持ってちょっと外で配ってみたけど、30分で15、6人に渡せたかどうか。苦手ではないのだけど、人がいないことには渡せないじゃんね。つか、あまりの暑さに「渡すどころじゃない」感じだったけど。(あたしが戻ってさて次は誰が行ってくれるんだ?と思ったら、誰も行かず…この暑さじゃ無理強いはできんけどね)

作家さんたちとお喋りしてたらあっちゅー間に昼で、順番にゴハン食べに行くことにした。先日入った最中と軽食の店で親子丼、も魅かれたのだけど、ラーメンと半チャーハンの看板につられてついそちらへ…昔ながらのラーメン、て感じで、チャーハンも美味しかった。
で、戻る前に、再び和雑貨の店へ。こないだ買った和柄のスニーカーに合う帽子が目的。2400円~3000円の帽子が900円だったんだもん!(モノによるみたいで、スニーカー同様、「メーカーが作りすぎた柄や、催事などでの展示品だったから安いのだ」と店主は言ってた) 龍とか鯉とか満月とウサギとか、派手なのはいいけどちょっとスニーカーの柄とは合わないよな、と思ってたら、イイのを見つけた。白メッシュに黒地で、白い竹林、オレンジ色の笹。なかなか渋いじゃん、と思って買って、あとでよくみたら紋だと思ってた「黒地部分の暗い色の刺繍」が虎だと判明。さらに嬉しくなった。和柄で龍や鯉ときたら、虎も定番よね!帽子はいくつあっても嬉しいや。

それで水分補給に500ミリのペットボトルを買って戻り、ちょびちょびと接客しつつ、すぐご近所の金平糖の店で(いろ~んな種類があって、味見させてくれるのだ)、珈琲味の金平糖を買った。ちょっと濃厚で、珈琲の苦味もあって、でも後味もいい。一番人気はラムネ味だそうだ。そっちも買えばよかったかなぁ。

で、同名の「さゆきちゃん」のママ、りんごさんのオイルヒーリング(?何と呼べばいいのかわからん…すいません)を体験。机に顔をうつ伏せにして、後ろの首筋からつむじあたりまでを指先で軽くマッサージしてもらいながら、オイルを数滴たらしてもらう。このオイルがい~香りでねぇ。すーっと熱くなったと思いきや、さーっと冷えたりして、ちょっと不思議体験。癒される、というか、いい気分になれた。ありがとでした、さゆきちゃんママ。

内職にちょっとDM書きとかさせてもらって、人が少ないから早退させてもらってもいいか、とみなさんの了承を得て、4時に帰らせてもらった。まだ陽は高い。当然のよーに暑い。バスがすぐ来てくれたので助かった。池袋は終点なので、ココロおきなく熟睡。起きたら池袋だった。
で、よしゃーいーのに目の前が電気屋だったので、CD売り場に入る。本日発売のCDが、ポスターはあるのに売り場になくて店員に尋ねたら、即答で「これですね」とレジ後ろから出した。う。ここで渡されると返せないではないか…で、つい(?)買ってしまう。『銀魂』のベストセレクション2。やーっと番外編から本編に戻ったものの、相変わらずの引き伸ばし作戦(?)とゆーか、回想シーンばっかで退屈な『ナルト』より、いまは「見るならこっち」なのだ。銀さんのぶち切れたシーンをこないだ初めて見たけど、さすが「白夜叉」、いー味出してたのよぅ。ま、それはそれとして。
DVDだとか初版特典だとか何とかいろいろくっついてるのだけど、そゆのはいらんから安くしてもらえんかね?と思いつつ、でも「カァトニアゴ」が入ってたのでヨシとする。5時半に帰宅して、「くりんくる2」を作りながら聴いてたのだけど、ちょっと失敗したかも…お目当ての曲以外は「ん~む」なのだ。もっと悪ノリ系の曲が多いのかと思ってた…ちと残念。つか、散財しすぎだ。ただでさえ時間がないのにそば屋シフトが増やされて「消費しなきゃやってらんないモード」が入ってしまったのかもしれん…ともかくまだ「くりんくる2」が終わらないのでまだやります、はい。
お、雨だ!らっきー。ちと涼しくなるかな。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-06-23 01:05 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156