<   2011年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

じじゃーん!こいつが「へんちくりん わんだーす&さんだーす」でぃ!
d0078532_1375316.jpg

後ろにいるでかいのがわんだーす(12体)で、ちっこいのがさんだーす(36体)。どれかいーのを1+3体選んでくれ、とハハに言ったらば、さくさくっと選んでくれたのがこの連中。色も形もいろいろなんだけど、まぁ、いいのを選んでくれたかな。みんな「R.3.11」って豆本提げてます。仕様はちょびっと違うけどね。(大きさ比較にメンタム置いてみやした)
『この目が何か訴えてるみたいでいいじゃない』
とハハ。そう、訴えてるのよん。何を訴えてるかは「R.3.11」を読めばわかる!(と書くと見たいと思ってくれるかなー、と思って書いた)

何か形がいまいちいびつで、ここんとこちゃんとするんだったなぁ、と後悔しきり。もーしょーがないけどさ。次回の戒めとして覚えておかねば。最初が肝心、なのよね。「ちぎり絵」みたいに「置いて見てダメだったら別」ってことが出来ないんだから。

12体+36体無事完成、と書きたいけど、実はさんだーす8体が未完成。でもあとは目を入れるだけだから明日には出来るでしょう。
そんで今日は、ボードとレイアウト用小道具に着手。この小道具、ただの円錐発泡スチロールなんだけど、ユザで見たら1本120円だったのね。ま、それを3割引で買えるんだからいっか、と思い、でももしかしたらシモジーでもっと安く買えるかも、と思ってたらホントに安かった。4本で157円だもん。(しかもユザよりちょっとおっきい) やっぱこんだけ違うんだなぁ、とつくづく思ったりして。たぶんいまのシーズンにこれがいっぱいあるってことは「ツリー用」なんだと思うけど、ツリーにはしないです。たぶんそれっぽく見えるけど。完成させる前にそば屋になってしまったのでこれから作りまーす。

ところで昨日の我が家の事件(?)を。
ハハが夕方、炬燵の電気を入れたら『火花が散った』と言い、コードが剥けてたり傷んでたりして、チチが『直す』と言い出した。大丈夫かなぁ~と思ったんだけど、テレビの前でぼーっとしてるよりいいか、てことでやってもらった。ブレーカーが落ちた。もう一度やった。また落ちた。何なんだよ、もー。
電気屋を呼ぶかってことになって、ウチが懇意にしてる某リビングに電話。開口一番の台詞がこれ。
『よくいままで火事にならなかったですね!』
アレもコレもダメだし、いつ火事になってもおかしくない状態だったよーで、即取替え、となった。(昨夜持ち帰ってくれて、今日のうちに新しいのが来た。よかった)
いやはや、そろそろ寿命とゆーか、もーとっくに寿命でもおかしくなかったんだよね、この炬燵。何せウチは「掘り炬燵」なのだ。(余談だけど、あたしはこの掘り炬燵しか知らないで育ったから、友だちのウチで初めて炬燵に入ったとき、すごぉーくびっくりした。足をどこへやったらいいかわかんなくてさ。母方の爺さんちも掘り炬燵だったしね) 物心ついたときから使ってる炬燵だから、40年は使ってたってことよね。よくもってくれたもんだわ、ご苦労さまでした。

この掘り炬燵に使える炬燵なんてあるのかとちょっと不安だったけど『ないことはない』んだそーで、今日届いたのは大阪産。(東京じゃ作ってないのか?) 7800円つったかな。ともかくこれで冬が越せるわけだ、めでたしめでたし。
そーいや大阪の陣、どーなるのかと思ったらはっしーになったね。終盤戦で劣勢が伝えられてたからヤバイのかと思いきや圧勝に近かったみたいじゃん。ふふーん。新聞テレビ媒体もアテにならんね。やっぱ対戦相手の「生テレビ討論ドタキャン」がダメ押しの一手だったんじゃないかとあたしは思うね。「大阪都」か。なるまでがまた大変そーだけど、なったらどーなんのかな。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-30 02:09 | そんな1日 | Comments(6)
へんちくりんわんだーすが持ってる豆本は、さんだーすが持ってるのとちと違う。仕様も中身も。ほんのちょろっとだけど。で、そーすることは決めてたのだけど、仕様については「どう作るのが一番いいか」悩んでて、結局フツーに、両面合わせて3隅カットして表紙つけて…という手順を踏んで作った。14冊。(1冊は見本、1冊は予備) たかが12冊のためにコピーするほどのことではないので、ひたすら手書き。ま、ホビーショーで100冊作ったときのこと考えたらちょろい。大きさも2×2センチだし。ストラップ豆本は1.5×1.5で、5ミリしか違わないけど、この5ミリって結構でかいのだよね。

豆本作りに入る前に、ちょっと部屋の隅を片付けて、今回の展示のレイアウトをやってみた。即売グッズを並べるなら、90×60センチのスペースは余裕のよんのじがためなんだけど、展示作品のみ、となると話は違う。これでいいかなぁ、いいと思わないともー無理だなぁ、と思いつつ並べて、でもって最初に作った、付属品としての「ちぎり貼り絵の砦」をすっぱり諦めることにした。このために作ったんだけどさ、用途が変わってきたとゆーか、合わせるのには無理があるな、と思ったので。これ作るのに2日だか3日だかかかってんだけど。

12体のわんだーすに、紐でくくりつけた豆本を肩から提げさせて無事完成。ふぅ~。何か連中の形がいろいろなので「本を提げてる」とゆーよりは「くくりつけてる」感じになってたりもするんだけど、ちゃんと読めるしね。
これで終わりだったらどんなにいいか!なんだけど、ゲンジツはセツジツで、まだ「ちぎり」が残ってる。これやんないと「ちぎり屋」の名が廃るから、意地でもやるけどさ。アホだと思うけどねー、我ながら。

でも今日のノルマはおしまい!行くぞ映画『UN-GO 因果論』!!
1日1回、レイトショーのみでの上映なので、夕飯を食べて仕度して行ってきた。20分前に到着した。(ここで映画のチラシをゲットするのも目的のひとつなのでちょっと早めに行ったのだ)

  満席で入場不可だった!!!

何てこと?!どんだけコケにされたら済むんだ、あたし!!!撃墜されるにもほどがあるだろーが!日頃の行い?朝から突っ走ってノルマ達成したのに、何この仕打ち!しかもしかも、劇場のおねーさんの言うことにゃ、『月内の予約は既にいっぱい』で、『明日(29日)に12月1日分のチケット予約が可能』なんだそーだけど、あたしが持ってるタダ券は月内なのよっ!明日またここに来て予約できないこたーないけど、あろーことかそば屋の12月前半シフトがまだ出てないの!でもこの映画は2日までじゃん!ネットで予約も出来るけど、あたしはタダ券を持ってるんでそれは出来ない…うぅっ、泣ける…昨日、映画レビューを見たら結構いいこと書いてあって、特にヤラレたのが
『いまきつい状況にいる人、閉塞感に苛まれてる人は絶対見るべき。人間の醜い部分もひっくるめた全てが愛おしいのだと思わせてくれる』
ってやつ。(正確ではないけど確かこんなよーなことが書いてあった) しかしレビュー投稿されてたのはたった6人だよ?2週間限定だし、1日1回のレイトョーだから人なんかいないんじゃないかと思ってたのに…悔しい。ノイタミナ(深夜枠アニメ)って、そんなに人気なんだろか。

あぁ~、どーしてくれるぅ、このムカムカもやもやヘロヘロうわぁぁ!な状態を!!
夜の街はひさしぶりだと思いつつちょっと歩いて(すぐ帰宅するのはシャクだったので)、センター街にヴィレバンがあったのに初めて気づいて、ふらふらと入った。ヴィレバンにはムックとガチャコーナーがあるからさ。なかった。じぶりもむーみん一家も勢ぞろいしてるのに何で?!どこまで落されるんだろか、あたしは。あー坂口安吾の『堕落論』が読みたくなったなぁ。
B・オフに入って“いいのがあったらオトナ買いしてやるぅ~!”と思ったんだけど、なかった…文庫もコミックも。なくて正解だったのかもだけど。で、絵本コーナーを覗いたら、粒ぞろいだった。谷内こうた、村上康成、葉祥明、極めつけがスーザン・バーレイの『わすれられないおくりもの』。て誰?と思う人もいると思うけど、絵を見たら一発でわかります。某都市ガスのCMに使われてたアナグマ君の絵の作家さん。被災地へ送る絵本としてぴったりの、いい話っすよ。もろもろ買って1025円。かなりなお買い得。つまるところ、人さまに対してのことならついてるってわけね。で、いつ報われるの、あたし。

ウチ出て帰宅するまで1時間半。もー何もする気力なくて、ひたすら買ってきた絵本読んでた。葉祥明の絵本にラクガキ。ちぇっ。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-29 01:30 | そんな1日 | Comments(0)
昨日、「寝るぞ!」と書いてからアイス食べつつ『UN-GO』を見てしまった…ウンゴじゃないよ、アンゴ、坂口安吾だよん。いま深夜枠のアニメで坂口安吾の『明治開花 安吾捕物帖』をベースにしたのをやってるのね。、本は未読だけど相当現代風にアレンジしてると思う。設定は「戦後」で、そこかしこに焼け跡や傷跡を見ることが出来るけど、いろいろハイテクだし、財閥が健在な一方で政治経済はまさしく現代。「2000年代の戦後」みたいな感じかな。各話で事件は解決されるけど謎は多い。相棒の「因果」との関係とかさ。う~ん、やっぱ見るか、映画。(因果との関係とかがわかるのだ) 2日までだけど。レイトショーで1時間。行って帰って2時間足らず。そのくらいは許される。いや許そう。でないともーやってられん!

たっぷり7時間寝て、まずは「さんだーす&わんだーす」の補整から。ハハが来て『目を入れたらよくなったじゃない』と言われた。そっか、よかったー。ちょびっとだけほっとした。自分じゃもーよくわかんないんだもん。
補整を済ませて、さんだーすたちの持つ豆本の表紙と紐。この紐をね、輪ゴムにしよーと思ってたのね。綴じた本にはさんでまた綴じて、さんだーすたちに引っ掛ける。ラクだしどんな形してる奴でも対応できるし。何よりこの「安っぽさ」がいいじゃん。
でもはたと思ったのよ。輪ゴムって劣化が早いよなぁ、と。せっかく買って飾ってもらっても輪ゴムが劣化したら台無し。なのでどーしよーかと思って、結局フラワーアレンジ用の細いワイヤーでやることにした。まぁまぁ上手くいった。36体分作るのはしんどかったけど。にしても、スーパーや惣菜屋でちょっとづつ集めてたこの大量の緑と赤の輪ゴム、どーしようか…何か「ちょっと拝借する」より「ちょっと返却する」方が恥ずかしいとゆーか後ろめたいのは何でだろか。「拝借」ではさほど感じなかった罪悪感がひしひしと…『返すの?何で?』とハハ。いやさ、あってもしょーがないし、輪ゴム36本。いちお未使用だしね。でも返却の必要なし?それもちょっと申し訳ないような…あぁ、何なんだ、この罪悪感は!きっとアレだな、「せっかく頂戴したのに有効活用できなかった」ことに対する罪悪感なんだな。

ワイヤーをはさんでホッチキスを留めてたら、あと数冊とゆーとこでいきなり詰まった。芯を入れる部分が開かないのでしばし四苦八苦。ホッチキスってさ、単純な作りのよーでいて結構フクザツとゆーか、システマチックだよね。バネがあって針があって、何つーか「単純そーだけど組み立てられない」。分解の文字が頭に浮かんだけど、芯を出し入れする場所が開かない以上、どこをいじっても分解できないきことに気づいた…ちょっと困った。いやさ、別のホッチキスがないわけじゃないのよ。でもひと昔前のホチキスって(いまはもーないかもね)留めた紙の後ろはちょっとぽっこりするじゃない。針が浮いてるみたいな。それがない(平らになる)ホッチキスはいま持ってるこれだけで、豆本だからやっぱりこれを使いたいところ。う~ん。「分解」の2字の次は「修理」の2字が浮かんだけど、ホッチキスの修理ってもなぁ…文房具屋?できんのかな、そこで?と思いつつ、ペンチで格闘してたら開いた。よかった、助かった。ふう~。ごめんね、ホッチキス君。もー「もったいないから」って芯を3本だけとか入れたりしないよー気をつけるよ。

豆本に表紙(製本シール)を貼って、「R.3.11」の文字とちぎったハートを入れて完成。だけでやっぱり半日かかってしまった…あとはさんだーすの残り8体のちぎり貼り再び。あと2体。の色が決まらないのでPC前に来た。もーさ、何色が足りないのか、どの組み合わせがないのかがわかんないのよ。まだ「やっていない組み合わせの色」があるはずなんだけど。黒が弱冠足りないのはわかってるんだけど、これ使うと(色としてはいいのだけど)、下の文字が全然透けないのと、貼り付けたところが「海苔が貼ってあるみたい」になるのがどーもね…とハハに言ったら『本当だ!』と大笑いされてしまった。ん~む。ま、ともかくこの2体を完成させて今日はおしまいにする。とりあえず「今日のノルマ」は達成ってことで。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-28 01:25 | そんな1日 | Comments(0)

制作とそば屋でへろへろ

あわわ、もー午前2時過ぎじゃないの。あんまりくだくだと愚痴メールするもんじゃあないわねぇ。しかも今日のそば屋はアホかと思うほどの急がさと混みようだったし。つーわけでいま、くたくたっす。

へんちくりんさんだーすとわんだーすの黒目を入れた。入れるだけで2時間たっぷりかかった…昨日の絵付けといい、今日の目玉といい、「筆を入れる」って行為は息がつまってしんどい。何か脳内酸欠になるとゆーかさ、そんな感じ。終わると「ぶはーっ」てタメ息が出るし。まーちぎり絵も似たよーなモンだけどさ、ちょびっと「いつもと違うことしてる」ってだけでどーして疲労は2倍になるんだろか。

「目玉を入れたら可愛くなる!」と信じて作ってきたけど…びみょおー。どーなんだろ、これは。と、みなさんに聞きたいと思って写真撮るはずだったんだけど、その気力は残ってなかった。えーと、たぶん近いうちに。「へんちくりん」たちっていつもの「くりくり」ではないから、かあいく見えないだけかなぁ。作ってたときの精神状態も関係してると思うんだけど。
いわゆる「ちぎり絵張り子」なので、モトとなる土台が粘土(と発泡スチロール)なのね。この造形のとき、きっちりやっておかなかったところがもーどーしよーもなくてさ。“この尻尾、微妙に真ん中からズレてるよな”とか、“この両手、高さが違う…”とか。も、修正のしようがないのよ。足のある子もいるのだけど、歪んでるのでちゃんと立ってなくてガタガタしたり。売れるのかぁ~、これー?売れ残ったらジャマなだけだしねぇ。困ったわ。
値段、決めてないのだけど、わんだーすは即売品ではなくて、会期終了後の発送。てゆーことすると余計売れない気がするんだけど、どーだろか。(そのやり方でやることに異存はないのだけど、それならそれでもっと早く言って欲しかったとつくづく…これやると言われたのは「あつぎ楽市」後、搬入1ヶ月前を切ってからなのだ。恨むぜ、リーダー) わんだーすは即日販売ではないけど、さんだーすは即日購入が可能。てことでよろしくですわ、みなさん。

黒目を入れた後、「さんだーす」をちゃんと3ダースにするために作った8体にまたちぎり貼り…のつもりが叶わず。またまた明日持ち越し。こんなんで大丈夫なのか、あたし。とりあえず明日、明後日はそば屋オフなのでそンとき作るけどさ。豆本もまだだし、作るモノもまだある…気が遠くなる。こーも「集中」が続くとね、神経がイカレる気がするわ。(しかし「集中」と言いつつ、仕上がりはロクでもなかったりするから、この「集中」もよくないよなぁ)

そば屋に行ったらば、1人欠員で補充がナシ。そしてかき揚げもかき揚げの練り(具材)もなくエビ、イカもなく、まさかと思うよな状態で週末とは思えない混み方をした。何かあったんだろか。フツー、土日祝は3桁いかないのね。やっぱり通勤客がメインとゆーかなので、平日とは30万くらい売れ方が違う。なのでこっちとしてはラクなんだけど、今日は3桁。103まん。終わってどーっとタメ息ついて、みんなで『売れたよなー』『半端なかったっすもんねー』と労いあった。いつもの土曜よりそばを多めに茹でたのに、ギリギリだったそーだ。ごはんもまさかの売り切れ出したし。
あー、しんどかった。昨日の今日でこれかよー、と泣きが入りそーだった。明日はまた制作に集中するけど、そのためには熟睡が必要だー!寝るぞ!
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-27 02:50 | そんな1日 | Comments(0)

陶芸絵付けでへろへろ

本日は陶芸「絵付け」の日。素焼きしてくれてあるモノに色を付けてく「だけ」なんだけど、その「だけ」に何とまぁ、7時間!えっらいくたびれた…そんなに凝った色を付けてるわけじゃないんだけどねぇ。

10時半に吉祥寺で待ち合わせて、ランチ用の惣菜を買いに行く。JKさんの旦那さんが前夜からシチューを煮込んでくれてたとゆー話で、ごはんは炊いてあるとゆーので、じゃちょっとサラダ的なものでも、と3品ほど選び、JKさん宅へ。そして「早昼ごはん」。シチュー、素晴らしく美味かったです。旦那さんは自宅仕事の方なので『出かけて発散できないから、料理に凝り始めた』そーだ。いい旦那だなぁ~。

12時から絵付け作業を始めた。窯から出して、とりあえず激しい損壊はなかったことにほっ。手(?)が取れてるとかはちょっとあったけどね。(そんでそれは釉薬のときに補整するのだ、と言われてたにもかかわらず失念。仕上がってから貼り付けることになったんだけど、さてどーなることやら…)
ともかく素焼き後のブツはこんなモンです。
d0078532_113296.jpg

手前にあるのがボタンね。もーしっちゃかめっちゃかで「キレイに撮る」とか「ちゃんと並べる」なんてことをまるでしないまま始めたのでごたごたしてますが。これで役半分、かな。カップとかの大物は作らず、お皿もちょびっと。一輪挿しのつもりの動物(?)たちは、漏れる可能性大なので「飾り」にしかならないかも。色とゆーか絵柄はとーっても単純にしたのだけど、それでもえらい時間がかかってしまった…難しいねぇ、陶器の絵付けは。色が見た目通りに出るとは限らないし、電気釜かガス窯かでまた発色も違うそうで…今回は電気釜なんだけど、どんな仕上がりになることやら…。

OKさんもJKさんもとても丁寧に作って描いてたので、あたしのガサツさが際立つ。性格が出るとゆーかね。造形にしても絵柄にしても、とても人さまにお見せできるよーなシロモノではないのに、出品なんかしていいのかねぇ。しかも即売。
JKさんの母上のセンセが『カップと小皿を何枚か作っておいたから、好きに絵付けしてちょうだい』と言われ(さすがにキレイな仕上がり)、あたしもOKさんも『こんなにちゃんとしたカップや皿になら描きたい!』とやる気まんまんだったんだけど、自分の作品に絵付けするのがもー精一杯。筆を入れる余裕まるでナシ。やりたかったんだけどなぁ、ホントに。でも5時間、6時間とやってると集中力も衰えてくるとゆーか、「何を描いたらいいかわからなくなる」状態でへとへと。これ書いてるいまもへろへろ。結構しんどいっす。

搬入は当日で、JKさんが持参してくれる。つまりそれまで「どんな仕上がりになったか」見れないのよね。不安だなぁ、大丈夫かなぁ。マトモなのがあるといいんだけど。
帰宅してから今度は「ちぎり屋仕事」をちょっとしたので、もーそろそろ限界。てことでもー寝ます。明日はまたそば屋だし。ぶっ倒れないよー気をつけねば。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-26 01:20 | そんな1日 | Comments(0)
今日は仕事にならんなとわかってたんだけど、ちょっとくらい出来るかと思ってたらやっぱり出来なかった。そんな1日。

チチの「現況証明」なるモノが必要で、区役所の出張所まで行ってきた。駅前近くの出張所では取り扱ってないんだか何なんだかやってなくて、ハハは毎年下北まで行ってたんだけど(1年に一度必要らしい)、経堂の方にあるってことでチャリで。ホントにこんなとこにあんのかなぁ~と思ってたらあった。よかった。周辺にな~んもないとこなんだもん。チチが「ちゃんと生きてまっせ」てゆー証明書なんだけど、当然本人はそこまで行けないので代理人としてね。いろいろ面倒なこと聞いてたけど(ホントに代理なのかとか自分の身分証を見せろとか)、そーでもなかった。ま、ほっとした。

で、普段は滅多に通らない通りの古本屋に入り、夢枕獏の『陰陽師 瀧夜叉姫』を2冊400円で購入。以前見かけたときは“まいっか”と思って見送ったら、以降ぱったりお目にかからなかったのでラッキー。このシリーズ、もー何を持ってて何を持ってないのかわかんなくなってるんだよね。読んでても前後関係ないから抜けててもいっかになるし。それで『瀧夜叉姫』を買わずにいたのは、あたしン中で「瀧夜叉」と言えば皆川博子の『瀧夜叉姫』だから。そのイメージが強すぎると、いくらフィクションだとわかってても別の人の書いたのが読めなくなる、てことない?読めないとゆーか、また別人格になってる歴史上の人物を読むと混乱してしまうとゆーか。(ちなみに瀧夜叉姫は平将門の娘で「妖術使い」とも言われてた人です) 
あたしにとっては森蘭丸もそーで、世間的には織田信長の寵愛を受けてた美少年なイメージが強いけど、あたしが読んだのはもの凄く数字に強い(やっぱり美少年だけど)、頭のいい真っすぐな子で、信長は愛しすぎて逆に手が出せずにいたという…彼の頭の回転の速さ、潔さ、誰からも慕われ、代々森家に仕える忍びの者たちが「蘭丸が信長に仕えるから自分たちは信長につく」とまで言わせる。そういうのがあたしの「森蘭丸」なので、別の蘭丸を読む気になれなかったりするのよね。ここまで書いて「それって誰の書いた蘭丸?」と聞かれると、すいません、作者名忘れました、なんだけど。

話がそれた。
買ったはいいけど、いつ読めるんだろか、この「瀧夜叉」。未読の本がいっぱいすぎる…いま読んでる『月に繭、地には果実』、長すぎ、つらすぎ…だってどー転んでもタダのガンダムなんだもん。(正確には「ターンAガンダム」だけど) 書いてるのが福井晴敏でもさー。とっととオトート1号に返したいから読んでるんだけど、やーっと中巻の1/3まで来たところ。ガンダム戦闘シーンとかはもー斜め読み。最初は別物として読もうとしてたんだけど、無理。登場人物ははみんな安彦キャラで動きやがるし。見てないんだけどね、「ターンAガンダム」。
去年の誕生日に買った、マイケル・サンデル教授の本もまだ半分もいってないのにー。(ハードカバーだとそば屋に持っていきづらいのだ…)

夕飯のお惣菜を買って、B・オフに立ち寄って「被災地に送る用」の絵本を10冊ばかり見繕った。『エルマーと16ぴきのりゅう』が105円であった。これまたラッキー。先月、『エルマーとりゅう』を読んでから、これもまた読みたいと思ってたんだよねぇ。(そしていつ読むのだ…月内には発送したいのに)
そんなこんなでやっぱり「ちょっと制作」の時間はなくなって、そば屋。明日は混むだろーけど、今日はそーでもなかった。給料日前だかんね。たぬきがやたら出たし。(ざるとたぬきが一番安いメニューなのだ、このそば屋は) 

明日もまた「制作にはならない1日」。陶芸の絵付けの日なのだ。これも「展示即売品」だから、制作にならないわけじゃないんだけどね。素焼きしたらどんな仕上がりになってんのかなぁ。絵を入れるとゆーよりは色を入れる感じのモノになると思うんだけど。うぅ~、ちょっと見るのがこあい…「販売してもおかしくない」程度の仕上がりになっていますよーに!
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-25 01:36 | そんな1日 | Comments(0)
ありがたきそば屋オフ日。早速「へんちくりんわんだーす」残り2体の色付けから。“えーと、ない色の組み合わせは…”と机に並べた彼らを見ながらさくさくっと完成させた。んが!な、何と、机の上になかった(あたりを見るためにちょっと移動してた)1体とまったく一緒の配色であることが判明。撃沈。たった12体しかないってのに、どーしてこゆミスをするかな!しばし呆然、凹みまくり。考えたらこの配色(水色、黄色、藤色)、してないわけがなかったのだ。仕上がったのを見て“この色の混ざり具合、いいなぁ”と思ったのだから。

3色の薄紙は、重なることでまた別の色になり、そこんとこがまたいい効果を生む…こともあるのだけど、ないこともある。キレイな水色とキレイなオレンジなのに重なるとえぐいとか。こればっかりは「やってみないとわからない」ので、“あぁ、しまった”と思っても遅いのだ。でこぱっち(糊)の浸透具合にもよるからねぇ。どっかで試しにってみりゃいーだけの話だけど、そゆことメンドくさがるのがいけないのかもね。
と、そんな話ではなくてこの「配色ダブリ」。キモチがっくしで、ハハと買い物ついでにランチしよう、と誘った。今日はチチはリハビリの日なので昼メシはいらないで、夕方までに帰宅すればいいのだ。よっしゃ行くか、と出掛けにトイレに入ったらカラカラン、と音。シャツのボタンが外れて転がった。下から3個目のボタンで、一番「ないとおかしい」ところ。これは何なんだ、今日は厄日か。(ボタンひとつで大げさな…でもこーゆーのって「ちっさいことの積み重ね」でふと思ってしまうもんじゃない?)

ランチはすぐ近所に出来たB・キング。あたしは浅草橋で食事済みなので(割引券も持ってるし)、ちょっと興味はあってもひとりで入れないハハに『美味しかったよ、おごるよ』と言って入った。まだ開店して2週間ちょっとってとこなのでずらり行列。でもテイクアウトが多いらしくて座ることが出来た。先日と違うの食べたけど、やっぱり美味しかった。味、濃くないしね。ウチは結構薄味だから、それなりのボリュームで薄味だと嬉しい。
まだ気分がちょっと晴れなかったので、2、3軒店を冷やかして「欲しいモノ」を探したけど、散財モードに入ってたにもかかわらず欲しいモノはなかった。ちぇっ、つまんないの。でも考えたら散財モードが許されるほどお金ないんだけどさ。浅草橋とかセカイドとかでさんざん使っちゃったし。(厳密にゆーと「散財」ではないんだけどねー。ひとつひとつはたいしたことなくても、モトが取れるのか既に怪しい金額になってるのだ…) あー、DM用に切手も買わねばと思ってチケット屋を覗く。イイ感じの記念切手があったので50枚購入。3600円だから、400円得したわけだ。と思ってもやっぱ財布には厳しいよな。

2時間ほどで帰宅して、それからずーっと(夕飯はさんで10時過ぎまで)制作に没頭してた。さんだーす&わんだーすに白目を入れて、わんだーすのボディに(久々に)ちぎり絵入れて。どーなのかなぁ、これ。ホントに自信ない。購買意欲をそそってくれるといいんだけどなぁ。ちょっとばかしネガティブモードに入ってしまったおかげで、制作はちゃんと進行してるくせにいまいちすっきりしない。どーしたもんかなぁ。
先日、友人から『今年はやられっぱなしだったけど、最後にいいことがあった』という報告メールがあった。ご贔屓のアーティストのライブで最前列が取れたそうだ。(よかったね、MK!) そういう「元気の素」があるといいよな。あたしは特にお気に入りのアーティストとかいないしなぁ。お気に入りの俳優とかも特にいないし。ムックがいるか。リアルじゃないけど、つかリアルだと困るけど。

ともかく「1日も早くきっちり終わらせる」を目標にがんばろっと。そんで「ゴホウビ」を何にするか考えるのだ。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-24 01:59 | そんな1日 | Comments(0)
ひさしぶりにちょびっとだけ早起きした。いい天気だったので布団を干した。そしたら掃除機も入れたくなって机周辺をちょびっと片付けて掃除機かけた。以前友人が『ホコリで人は死なない』とゆー名言(迷言?)を吐いてくれたことがあったが(このときのあたしも出展に切羽つまのすけ状態で、『部屋がホコリだらけだけど掃除してる間がない』と嘆いたらこー言って慰めてくれたのだ)、でもあんまりあちこちにホコリが見えるのは気分的にさっぱりしないのでね。とりあえずちょこっとだけでもキレイになったら、仕事能率もちょこっとだけ上がる気がするし。

てなわけで、結局制作開始はいつもと似たよーな時間帯から始めた。「へんちくりんわんだーす」は「さんだーす」より2廻りくらい大きめ。名前のとーり12体。「さんだーす」同様、お花紙、薄紙、カラートレペ(みたいなの)を3色入れて作ってるのだけど、だんだんカラー配分が自分でもよくわからなくなってきて、イイ悪いの判断がつかない…いい色(配色)だーと思うこともあるけど、“こんな妙ちくりんな配色で「欲しい」と思ってくれる人がいるんだろか…”と不安になる。
お花紙、薄紙の色は全部で18色。その中からを3色を組み合わせて作ると全部で何種類できるんだ…?確かちゃんとした公式みたいなのがあった気がするんだけど、算数も数学も苦手だったのでわかりましぇーん。ともかく数ある組み合わせの中から、イカレ配色を選んでしまってる気がしてならない…いまはただ「目玉を入れたらそれなりに可愛くなる」という一縷の望みに賭けてる次第。とほほ。

にしてもやっぱり「さんだーす」よりでかいだけあって紙の消費も早い。あんなにいっぱいちぎっておいたはずなのにもーない…ちぎればまだある、てのは救いだけどさ。
そば屋出勤までに作れたのは(昨日の分も含めて)10体。あと2体を今夜中に作れれば明日のそば屋オフ日はラクなんだけど、できるかなぁ…つか、やるかなぁ。どーしたもんかね。あと2体の配色、てのが難しいんだけど。

日中もちょっとは肌寒くなってきたけど、11月下旬な気はしない。こんなもんだっけ?何かもっと寒かったよーな気がするんだけど。とりあえず今日はボアのついた革ジャケット(ボロ市で1500円だかで買ったモノ)を着てった。チャリなのでこれだと“足が寒いなぁ~”といつもなら思う時期だけど、全然そんなことなかった。今年は暖冬なんかな。だとしたらそれは被災地であって欲しい。
被災地と言えば、今月はまだ絵本を送ってなかった…しまった。見に行ってる時間がないや。作るけど。いちお「自分で決めたこと」だかんね。別に誰にも約束してないし、責められることもないことだけど、自分に納得できないんよ。それもひとつの「性分」かな。

あー、何か歯が痛い…歯茎なのか歯なのかいまいちわからんのだけど、ともかく痛い。やだなぁ。歯医者、しばらく行ってないから行くべきなんだけどさー。う~、行きたくなーい。歯医者のあの「うぃ~ん」が嫌だとか(嫌だけど)、そゆのではなくて、ただ単にメンドなだけ。1度で済むならまだしも、絶対数回は通うことになるじゃん。それが嫌なのよぅ。先延ばしにするほどに「行く回数も増える」と覚悟して行っちゃうべきなんだけどねぇ。

ブログ書いたら、アイス食べながら(原因はこれか?!)、『銀魂』でも見て寝るかー、と思ってたんだけど、午前1時20分現在、リョーシンはまだサッカー観戦中。(アンダー20でバーレーン戦?) なので仕事することにした。いーさ、別に。どっちにしろやんなきゃいけないわけだし。
あ、終わったみたいだ。よかった。やっぱ仕事やめたー。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-23 01:26 | そんな1日 | Comments(0)
今朝方、オトート2号夫婦から「近所に美味しいケーキ屋を見つけたので」という手紙と一緒に焼き菓子が送られてきた。箱を開けたらムックキャンドルが!!ハハがすぐ電話をしたらば、レジ横にあって、咄嗟にオトート2号が『これも一緒に入れてください』と頼んだのだそーだ。G.J!2号!はらしょーう!3センチほどのムックキャンドルだけどかあいいったら!うふふのふ。いろいろ溜まってくなぁ。嬉しい。靴下も結構な数になったし(持ってる靴下の半分は赤い気がする)、あとないのは…何だろー。そもそもどんなムックグッズがあるのかよくわかんないんだけどね。あ、ちなみに真っ赤なムックぱんつも持ってます、あたし。去年の誕生日にもらったんだけど、1回洗濯したらほつれてしまった…靴下に比べて耐久性がなさすぎだぞ、ムック。

そーそ、こないだシモジーで買ったムックの2色ボールペン、ちゃんと見たらシャーペンもついてた。これで定価が680円だかで、それを500円だかで買えたのだからほくほくだ。まだ使ってないんだけど、来年はこれを愛用しよう。
こないだびーどろねずみサンに大量の本(「ダレン・シャン」全巻)を貸すのにムックカートで行った。持つのが恥ずかしいよーだったら中身だけ渡すつもりで紙袋に入れてだけど、そのまんま引きずってってくれた。でも(あたしも持参したときに気づいたのだけど)このカート、持ち手の伸びる部分がちょーっと短いんだよねぇ。つまりはお子さま用?なので、あたしよりタッパのあるびーどろねずみサンはさぞ歩きにくかったと思う。失礼したです。(そして玄関に置かれたムックカートの「真っ赤」に旦那サマがご贔屓のグランパスモノかと思って騒いだとゆーオチつき) 

さて本日。そば屋まで粛々と作業を進めてたのだけど、あまり具合のよろしくないハハに代わって買い物だの何だのとしてたらばあっちゅー間にそば屋時間になってしもーた。せっかく集中できてたのだから、もーちょっとやっていたかったなぁ。こーやって「中断」に近い形で机を離れるのがつらい。ま、しょーがないんだけどさ。寝るのが遅くても早くても起きる時間が大差ないので、今夜はもーちょっとやってから寝よう。

そば屋に行ったらば、「年末年始のシフト希望を12/5までに提出するように」というお達しが張り出されてた。うー、もーそういう時期なのかぁ…つか、今年はいつもより早いなぁ。年末年始ねぇ。さてどーしたもんか。クソ忙しい年末に入るか、ヒマヒマな年始に入るか…どっちも入るのはヤだけど、どっちかに入らないと稼ぎにならん。とりあえず12/27に1月からの「山椒は小粒展」の搬入があるから、それさえ無事に済めば、なんだけど。結局ばたばたとせわしないのぅ。いつもこんなモンだったっけか?

今日はちょびっと短め?ですが、制作続行するつもりなんで失礼。夜、結構冷えてきたんで、みなさんも風邪、体調には気をつけて過ごしてくださいましねー。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-22 01:22 | そんな1日 | Comments(0)
「へんちくりんさんだーす」が持ってる(とゆーか肩から提げてる)豆本のタイトルは「R.3.11」だ。これはもー作る前から決定してた。「R」は「Remember」の略。何を指すのかはみなさんご想像の通り。1ページ3~4文字で10ページ。豆本詩本。表紙はまだだけど、38冊完成。ふぅ~。1ページづつ手書きしてたのだけど、“ちょっとインクがまだ乾いてないかな”と「ふー」としたらまとめてあったページが散乱するという、ある意味お約束的ハプニングがあったけど(なので落丁本もあるかも…あったとしたらお取替えします、もちろん)、とりあえずこれでまたひとつクリアできた。あといくつクリアすれば完成と呼べるのかわからんけども。

今朝の新聞で、各都道府県への被災地のがれき処分に対して、4月に「受け入れ可能」と応えた42都道府県のうち、今月になって「拒否」に転じたのが23県、とあって、しばし絶句、何言ってんのあンたたち…と呆れた。被災地へ怒涛のごとく援助物資が集まったけど、その熱が冷めて日常が戻ったら「他人の痛み感知機能」が衰えたんじゃないのかね。「これだけのことしたからもういいじゃん」みたいな。
その言動から物議をかもすことの多いトチジが、「がれき受け入れ処分を認めない」という抗議3000件に対して
『力のあるところが手を貸すのは当然のこと』
と一蹴してた。あたしは彼の言動の9割近くは気に入らないのだけど、この声明は支持する。仮設住宅にしろ補償にしろ、どれひとつとして「みんな満足」な結果に至ってはいない状況なことくらい、日々のニュースを見てたらわかりそうなもんじゃないか。被災地で作ってた花火(震災前に作ったモノ)を打ち上げるのダメだのと論争してた時点でアホかと思ってたけど、「トップのびびり」ってある意味すごく「日本的体質」な気がする。“自分個人としてはいいと思うけど、みんなの意見は…”で、ちらほら抗議が届くと途端に萎縮し“そう思ってる人がいるなら(無難に)ここはナシという方向で…”に落ち着く。花火中止に対して「するな」という抗議がすぐに「中止賛成」を上回ったことでわかるように、この類の話で異議のない人って大抵はそれを表明しない。と思う。“うん、いいんじゃないやっても”と思ってもそれをいちいちオカミに告げたりはしないんじゃないかな。「がれき受け入れ処分反対」3000件の後ろに「受け入れてもいいと思う」が3万件はあるとあたしは思うのだけど、どーだろか。

都道府県民に可否を問うような事案の場合、トップに求められるのは「無難さ」ではないとあたしは思う。賛否どちらに対してもきっちり説明できる「説得力」じゃないのかしらね。抗議にびびって賛成を黙殺してるようでは、トップの資質が問われると思うのだけど。
記事を読んでたら「拒否県の多くは西日本」とあった。ふっと“もしかして「だって阪神のとき何もしてくれなかったじゃん」とか思ってる…?”と思ってしまった。これはうがちすぎかなぁ?だといーんだけど。「受け入れ拒否を撤回」してくれる県、市町村が1つでも増えてくれることを祈るばかりだ。

そば屋は日曜でしかも晴天、暑いくらいとあってヒマヒマだった。くたびれた。ヒマすぎると返って疲れるししんどい。何より時間が経つのが遅くて困る。まだ7時かよ!みたいな。でもって今日はあろーことか駅をひとつ乗り過ごしてしまった…熟睡してたわけじゃないのに、気がつくと次の駅だったのだ。ちょっとショックだった。歩いて帰れる距離だけど、回数券なので差額ではなく1駅分の料金取られちゃうから、階段上って降りて待って戻った。あ~、ばっかみたい。余計疲れちゃった。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-21 01:03 | 我思う | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156