<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

昨日の話の続きから。
セルロイドをちょっと調べてみた。ニトロセルロースと樟脳から合成される樹脂で、ものすごく燃えやすいので(そんなんで日用雑貨や人形を作ってたんかー)、「可燃性危険対象物」として指定され、取り扱いが厳しーんだそーだ。で、もー何も作ってないのかと思ったら意外に身近なモノにあった。ピンポン玉。と、ギターピック。へへーえ、そーなんだー。そーいやあのピンポン玉はセルロイドだぁね。

あ、それと食べてみやした、「がっちゃんコーラ」。「レモンとオレンジを合わせるとコーラ味になる!」というアイスだったんだけど、食べたら「レモンとオレンジの味」しかしなかった…別にいーんだけどさー。コーラ味が食べたかったわけじゃないし。アイス、てよりカキ氷に近いような氷菓でした。味としてはまーまーかな。
シッカロールをぱふぱふして寝たら、やっぱり汗も予防にはなったみたいだった。暑いのは変わらないけどね。

新作豆本、40冊が揃ったのでコピーに行ってきた。(他にもコピーしたいのがあったし) 立体を寝かせてコピーするから、出来としてはそんなによくないけどね。写真で残しておくより「実物大」として残るからわかりやすいとゆーか、いちいち写真撮ってPCに入れて印刷して、てより手間がかからないとゆーか。ただの記録(記憶)用だし。
ついでに買い物行ってあげるよん、と言ったらば、『特にないんだけど、今日はアイスが69円よ』とゆーのでしゅたたっ。お目当ての「ザックリッチ ミント味」と「ゆずシャーベット」があった。やったー。どちらもオススメですよん。「ザックリッチ」はオーソドックスなバニラのがとんと姿を見せなくなって、代わりのチョコはちょっと甘すぎて好きではなかったんだけど、このミント味は後味もよくすっきりしててイイ。「ゆずシャーベット」もさっぱりで、ゆずの香りもいい。気がつくとハハが食べてしまってたりするので合わせて6つほど買ってきた。(あたしはブログ後、録画した番組を見ながら食べるのが習慣になってしまってるけど(でも毎日じゃないぜぃ)、ハハは「日中、スポーツ観戦しながら食べるのが好き」なんだそーだ。世の中、どこもかしこもオリンピックだしねぇ。あたしは全然見てないけど。そもそもスポーツ観戦、てのをしないな、そー言えば。W杯なんかは観たりもしてるけど、家族がみんなして観てるから、みたいなツキアイ的なものもあり、自分だけだと観ない。昨日は深夜、『銀魂』を見てたらば、ハハがぱたばたと部屋から出てきて『勝ったわよーぅ!』と叫んでた。頭ン中がすっかり「銀さん」になってたあたしは、“へ?それって何だっけ…つか、まだ起きてたんだ…”と思う始末。誰がゴールを決めたのか教えてくれても、よくわかんないんですが…ごめんね、でもよかったね、てことで。

日中は在庫の豆本の「数揃え」として何冊かづつ製本して、夜はそば屋。帰宅したらば、オトート1号から電話があったそーだ。めっずらしー。用件を尋ねたらば『いない、と言ったら切れた』そーだ。何だよ、気になるじゃんか。メールでも入ってるかと思いきや、それもなし。何だったんだろ。『タンタンの冒険』だったら録画消しちゃったかんね。数日ぶりに彼のブログを見たら「ガンオタ」丸出しだった…そんなに好きだったんだー、知らなかったわー。そーいやお台場にも行ってたもんねぇ。じゃあ今度の誕生日プレゼントはガンプラ…は買わないよー。今年も買おうかとちらりとは思ったんだけど、もーありすぎて何が何だかさっぱりわかんないんだもん。1発目のガンダムからしてハマれなかったしねぇ。それより「ボトムズ」が見たいなぁ~。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-31 01:14 | そんな1日 | Comments(0)
毎日暑いわけだけど(今日は全国で80%が30度を超えたのだそーだ!)、何となくちょっと異和感があって、それが蝉の声だと気づいた。あれ、まだ聞いてないよな?と思ってた先日、下北へ行く途中の公園でやっと聞けたものの、覇気がない気がする。で、今日は自宅にいて、おっとかすかに聞こえるなーと思ったんだけど、やっぱり覇気がない…何だろ、何か不気味だ。もっとうわんうわん聞こえていいはずじゃない、こんなに暑いんだから。もーうるさいほどの合唱で、“うぉーっ、夏だぁーっ!”て気分が盛り上がってくのがホントだと思うんだけどなぁ。

昨日、まなちゃんと豆本展の話をしてて、『上限150冊なんだけど、何冊送るべきかな』と言ったらば、目一杯送ればいーじゃん、参加費は一緒でしょ、と言われた。確かにそのとーりなんだけど、150冊送って140冊戻ってきたら、たぶん凹んで立ち直れないと思うんだよねぇ。新作が40冊出来たんで、80冊をこの春までに作られた分にして計120冊、にしようと思う。ま、実際にその通りにするかどうかはまだ未定なんだけど。
作家出納帳に書き付けてなかった分を整理したり、コピーしたまんまほったらかしだった絵本の表紙を整理したり、机周辺のごちゃごちゃをちょっとキレイにした。もー、どんだけ整理してなかったんだよ!と思うくらいあっちこっちに走り書きやらレシートやらが分散されてて、この夏はこういうことを片付けるつもりでいたはずなんだよな、と反省。だからまーいましてるわけだけど、“ここに手をつけたらマズイ”てとこもあって、あたしって多分すっきりした何もない部屋に住むことは一生ないんだろな、と思ってしまった。あたしの部屋だけでなくて我が家がそーなわけだしさー。

買い物のとき通りかかったドラッグストアで「シッカロール」が山積みになってて、何だよ、あたしが買ったとき(去年あたり?)より随分安いじゃないの、と眺めてた。あたしがシッカロールを買ったのは汗も予防とかではなくて、「ニスを塗ったあとのべたべた感がシッカロールで解消できる、暑い日でもくっついたりしない」と言われたからなんだけど、自分に使ってもいーんだよな、とふと思った。ちょっと前、友人が『昔は赤ちゃんの肌につけてたけど、いまは「気管支炎の元になる」と言われてやらなくなったんだよ』と言われ、へへーそーなんだー、と思った記憶があるのだけど、いまもそーなのかなぁ?何かあの山を見ると、『気管支炎の話はガセ』だったんではなかろーかと思ってしまうな。

ま、ともかくそんな話をハハにして、『シッカロールをぱふぱふするヤツってどこに売ってるんだろ』と尋ねたらば、
『ウチにあるわよ。雪丸が赤ちゃんのときに使ってたのが』
と言われた…やっぱそーか。いやー、あるんじゃないかなーと思ってたんだよ、実は。ピンクのセルロイドのケースに入ったぱふぱふ。(これの正式名称は何とゆーのだ?) ハハがあっさり出してきてくれたので、今夜はちとそれを使ってみるつもりなんだけど(汗もが出来たわけではないのだけど、それに近いよーな状態なのよね)、見覚えのあるぱふぱふが何とも懐かしくて、40数年経ったいま、また使うことなるとはと妙な感慨に耽ったりもする。しっかし、ハハとも言ってたのだけど、いまどきセルロイドって希少じゃね?まだ売ってんのかな、これ。セルロイド自体、いまの若い子は知らんだろ。実はすっげー価値があったりしてな。昔は玩具でも何でもセルロイド製だったけど、プラスチックがそれに変わって、そもそもいま作られてるの?て思うもんなぁ。そーいや、セルロイドって原料は何?やっぱり石油?ちとググってみるか…つかさ、あたし、ヤフ検索はたまにするけど、ググることって滅多にないんだよね。でも「ググる」とは言うけど「ヤフる」とは言わないのはなぜ?ネットで何かを調べるときはみんなヤフ検索ではなくググるもんなの?前からちょっとギモンだったんだよねー。

スーパーで「がっちゃんコーラアイス」なるものを買ってみた。(これだけ69円だったのだ) 「レモンとオレンジを合わせるとコーラの味がする!」と書かれたアイスで、つまり「コーラ味だけどコーラじゃないアイス」とゆーことらしい。ふふーん。ともかくこれからちょっと食べてきまーす。


 
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-30 01:23 | そんな1日 | Comments(0)
朝、ハハがぼやいた。
『熱中症対策だの予防だの熱中症には気をつけろだの、熱中症、熱中症ってどこもかしこもうるさくて「熱中症ノイローゼ」になりそーだわ…』
っとにそーだよねぇ。自分たちはともかく、ウチには暑さにも寒さにもまるきり抵抗力を失くしてしまってるゴロータイがいるので、やれもっと水分摂れだの(トシいくとあまり水分を欲しがらなくなるらしく、それで熱中症になってしまうケースがままあるらしい)、ちょっと冷房つけた方がいいかだの、あれこれと気を遣う。ここでハハに倒れられても困るので、今日は西新井まで足を伸ばすつもりだったけどその前に夕飯の買い物。しっかしこー暑いと頭丸刈りにしたくなるよなぁ。先月カットしたばっかだからガマンしてるけど、ガマンする理由があるのか?て感じだ。いや、さすがに丸刈りはしないけどさ。

午後、西新井へ。はんこやまなちゃんとこの店に作品の引き上げと(ご来場の方々、ありがとうございました)、「クレセント・シュマリ」さんに委託してたカードの受け取り。こちらもありがとうございましたです。交通費で消えちゃうあたりにオノレの力不足を見せつけられたですが。ま、メゲずに行きますよぅ。
池袋からバスなのだけど、このバスってのが冷房の効きすぎでいつも困るのよね。なので先日下北で600円で買った七部丈の白いボレロ(でいーのか?)を着てった。それに白いテンガロンハットと黒いTシャツ、そしてジーンズと和柄サンダル。でもって手には黒地に銀色の海老の絵の入った扇子。ちょっとキメすぎ?と思ったけど、でもこんくらい楽しまないとね、気分が高揚してかないっしょ。新宿も池袋も浴衣姿がわんさかいて、あー、今日は隅田川の花火かぁ~と思い出した。(そば屋でなくてよかった…帰りに食べてく人多いんよー) 浴衣、久しく着てないなぁ。

はんこやまなちゃんに「ちぎり屋」のハンコを作ってもらったのでその支払いも済ませ、ちょっと先にある大師様にお参り。何でも「風鈴祭り」をやってるとかで(8/5日まで)、ちょっと楽しんできた。境内の中にテントを張って、その軒下にいーっぱい、全国各地の風鈴を提げてるのだ。200?300?結構あって、それが夕方になって吹いてきた風のせいでみんなして大合唱。も、すごいの何の、うっわー、て感じ。だってガラスだけじゃなくて(琉球ガラスの風鈴、素敵だった。あの重厚さが好きなのよー)、磁器や陶器、備前、南部鉄と、それぞれ音色が違う風鈴がいっせいに鳴ってるんだもん。壮観っすよ。(観、じゃないけど) 名産風鈴てこんなにあるんだなぁ~とつくづく。どれも番号が振られていて、近くにある仮設店舗で買えるようになってるんだけど、ねぶた風鈴とか「完売」の札だけ下がってるのもいくつかあった。ねぶた風鈴てどんなんだったんだろ…ちょっと気になる。長野のガラス風鈴も完売してたな。完売しても、見本として1つだけでいいから残しておいてくれたらよかったのに。

来る前から「赤字でも買う!」とココロに決めてた桐下駄を買った。5本指の桐下駄もあって、履いてみたら確かにキモチいいのだけど、何つーかちょっと…見た目がねぇ。足の指が5本(しかもナマで)開いてる、て状態がちょっとどーなんだと言う…値段は同じ1000円なんだけどさ。
「琴になるも 下駄になるも 桐の運」
なんつー句を思い出しながら、結局、オーソドックスな方を選んだ。黒地に赤い花の和柄。明後日のそば屋からは、またカロンコロンだぜぃ。

そーそ、まなちゃんの店の隣は鯛焼き屋なんだけど、夏はカキ氷もやっている。店で食べるカキ氷って、どーしてこんなに美味しいのかね。氷がきめ細かいからかな。スーパーで買ってウチで食べるのとは全然違う。「作りたて」の美味しさなのかしらん。ちょっとクセになりそーだ。
帰り、新宿でB・オフのでっかいポスターを見た。「7/26 新宿東口店オープン」とあった。一昨日じゃん。そーいや新宿ってB・オフがないよなー、と思ってたので嬉しい。東口から6分てどのへんだろ。しばらくは混んでるかなー。つか、行ってる場合じゃないよな。にしてもこのご時世に新宿に店を出せるとはねぇ。いーなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-29 02:08 | そんな1日 | Comments(0)
どっこを探してもなかったマグネットシートは、あるべき場所にちゃんとあった…最初に見たのに!その後も何度も見たのに!昨日の「探しまくり」は何だったんだ、もう!で、「ちゃちゃっ」とやったわけだけど、そこで大いなるギモン。

 何でマグネットシートはカットすると「ズレてくっつく」んだ?!

磁気力(?)が違うの?シートそのものがちょっと薄すぎるので2重にして、扉の左右に付けてるのだけど、扉を合わせたときにズレるんだよねぇ…むかつくわ。2ミリ×10ミリのマグネットをカットしてるうちにだんだんイラついてきて(この暑さのせーもある)、も、これでいい、こーゆーモンなんだ、と思うことにした。でないと次に進まん!
この扉豆本(てどんな?と思う方、根気よく画像写真を探してください。確かあったはず…たぶん…なかったかなぁ)、タイトルを決めてなかったので「歌う扉豆本」にした。理由は中を見ればわかる!なんてね。ただ花やハートと一緒に音符がちぎり貼ってある、てだけのことなんだけどさ。

今日、被災地に送る絵本を送らねば!だったので、慌てて読みかけだった『たのしいムーミン一家』を読了する。恥ずかしながらあたしは「トーベ・ヤンソン」が女性だったことも、あの可愛らしいイラストも彼女だったことも知らなかった…男だと思ってたのか?と言われるとそーでもない気もするんだけどさ。
その他の本、全然読んでなくて、いまさら読んだところで間に合うはずもなく(絵本は「土日月必着」なのだ)、先月重量オーバーで外してた本と、売り飛ばすつもりだったあさのあつこの『バッテリー』6冊を入れた。書籍扱いで郵送できるのは3キロまでで、毎月ぎりぎりの重量で送るのだけど、今月は2キロ…ちょっと情けない気分。3キロだと690円だけど、2キロだと450円だった。ふーん、そんなモンなのか。

いま、通勤中は童門冬二の『上杉鷹山』を読んでるのだけど、どー考えてもこれ読むより先に、送る絵本として買った子供伝記文庫の『直江兼続』だったと反省しきり…鷹山は上杉家の養子に入った藩主なんだけど、直江はその前の人だかんねぇ。でもま、これ読了してたとしても3キロにはならなかったけどさ。
ところでいま「かねつぐ」と打ったら「加熱具」と変換されてしまった…名前としては認知されてないのかしらね。ちなみに「ようざん」も当然無理で、変換される人名って知名度によるのかなと思ったけど、その知名度ってどのあたりが基準なのかしらね。高校生教科書くらい?「信長」や「家康」が一発なのはともかく、フツーに考えたら出てこなさそな「景勝」とか「三成」とかは出てくるのにな。

今日はそば屋で、週末はオフ。7月中にメド立てて、それから「小さい額展」用に切り替えてがんばろっと。8月前半シフトが出たのだけど、ギチギチでなくて助かった。ホントかなぁ~、とやや半信半疑ではあるのだけどさ。「もー予定入ってます」てことで切り抜けよう。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-28 01:31 | そんな1日 | Comments(0)
昨日、「新作豆本は終わった」と書いたけど、実はまだ終わってなかった…「扉豆本」の扉の内側に仕込むマグネットを装着してなかったのだ。で、こんなのちゃちゃっと出来るわい!と思ってたんだけど、それは「マグネットがあれば」の話。ない!から出来ない!何でないんだ、ぜーったいあるはずなのに!と探すんだけど、ない…これだけに関わってるワケにもいかないので、あれこれしながら探すんだけど、ない。うぅ~、試作品として作ったとき、マグネットシートを2ミリ幅にカットして、残りはちゃんとまた袋に入れて戻した、はずなんだけどなぁ。何でないんだろ。むかつくわー。

三茶の募集要項が来てて、いつまでだっけ、と改めて見たら8/2日必着だった。危なかった。もちょっと先な気がしてたのだ。毎年恒例の三茶は10月、あつぎ楽市は11月。どちらも申し込んだので、またぜひ遊びに来てくださいねぇ。あ、受かれば、の話なんですが。あつぎは多分だいじょーぶなんだけど(今年は特にデザフェスと重なるらしく、募集定員割れ起こしそうで主催者サンが盛んに呼びかけてる)、三茶はちと危ないかもなのだ。去年、とうとう『常連でも外れる可能性があるそうだ』とゆー噂が飛び交ってたし。なぜか激戦区になってきてるんだよねぇ。ものすっごく売れる、てわけではない気がするんだけど…個人的意見でなく。ただ、大道芸と合わせて人出は多いから、そう見えるのかもとは思う。商品がいーっぱい並んでると“こういうのが売れてるのかぁ~”と思いがちだけど、実際はそゆわけでもない、てのと一緒?みたいな。まぁ、「人がいっぱい」てのは、「これは、と思って買ってくれる人がいる可能性も大きい」てことだから、どーこーゆー話でもないんだけどさ。今年で12回目だそーで、てことは第1回から出店してるから12度目ってことになるんだ。トシとるわけだぁねぇ。思えば最初の頃は随分いろんな作家サンを紹介したなぁ。そのうち、続けてくれてる人は…どんくらいだろ。あたしも忘れてら、ははは。

買い物行ったりちょろちょろ作ったり募集用紙に書き込んだりしてるうちにそば屋の時間になり、仕度してさーて出るか!と思ったら雨。今日は朝から快晴でまたまたあっつくて、信じられないかもしれないけど、雨だったのだ。しかも晴れてるのに!夕立かぁ、じきやむよね、と思ってたのにその気配がないばかりかだんだん雨足が激しくなり、洗濯物を取り込んでもらって、あたしは慌ててビニ傘のでかいのを持ってウチを出た。晴れてるんだよ?晴れてるんだけど、土砂降り。カバンはびしょ濡れになり、“マジかよ、マジかよ…”とココロでぼやきつつ必死にチャリをこいだ。で、駅に着いたらぴたりとやんだ…何だよぅ、ちきしゃう!でもこの土砂降りの中を出なかったら電車に間に合わず遅刻は必至だったんだよな。いつもは2本ほど早い時間のに乗るから余裕なんだけど、今回はその余裕すらナシ。結構際どかった。何だろなぁ、やっぱ日頃の行いがよろしくないのかなぁ。行きも帰りも、こんなでかい傘を持ってる人はどこにもいなくて、ちぇっ、て感じ。
とりあえずそば屋はフツー。どってことないのに梅干し天とかナス天が切れたのは、ろくに確認もせずせっせと「自分が揚げたいモノ」だけ揚げてた人のせい。そっちはいっぱい余って、突っ込みどころだったんだけど、敢えて何も言わなかった。もー突っ込むのもメンドだ、てのが本音。ナス天、持って帰りたかったんだけどなぁ~。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-27 01:32 | そんな1日 | Comments(0)
ハハが思ってた今日のスケジュールとあたしのとが微妙に食い違ってたので出かける気が失せてしまったのだけど、ハハがひとりでも行くよーなこと言い出したのでやっぱり付き合った。あんまりあぢぃーのでチャリではなく電車で行こうと思いつつ、結局交通費惜しさにチャリで行く。お財布事情が苦しい昨今なので出費は極力抑えないとね。
昼までに掃除と洗濯と布団干しを済ませたので、下北に出た2時近くにはもーくたくた。ハハもスポーツジム帰りでくたくたで、そこへきて「これだ!」と思うよーなプレゼントが見つからず、暑いわ喉乾くわ汗吹き出るわでイライラ…よくないやねぇ、こゆのは。
値段はともかくモノがねぇ…と思いつつ、ハハの『もういい、これにする、くたびれた』のひとことで決定。好みでなかったらあたしがもらい受けるからね、オトート2号よ。

4時過ぎには夕飯の買い物も済ませて帰宅。どどーっと疲れたけど、今日はまだ何も出来てない!とちと焦りもして、がんばって豆本を完成させた。写真がないって?そーですね、気が向いたらってことですいません。
(だって写真撮るの、メンドなんだもーん。まず撮影場所に困るしさ。撮ったらPCにつながないといけないしー)

ダメだ、疲れた、きっとねっちゅーしょーだ、と一服して、「被災地に送る絵本」をまだ全然読んでなかったことに気づいた。ちょっと手を休めて読み始めてしまった、『たのしいムーミン一家』。ガキんときは好きでアニメ見てたけど、内容なんかてんで覚えてなくて、覚えてるのはむしろアニメの絵の方の絵本。確かムーミンパパの仕事ってのが「ニョロニョロ」の研究で、ニョロニョロの島を訪ねるんだった。(確か嵐だったような…あ、舟が難破したんだっけか!でもってニョロニョロが放電してた気がする…) 
つまりちゃんと読んだことはなくて(今度借りる予定だけど)、今回初めて単行本を読んだ。昔のアニメ(70年代?)は「ムーミンとノンノン」だったよね、名前。で、その後のアニメでは「フローレン」だった気がするんだけど、本だと「スノークのおじょうさん」なのは何で?てことは「スノーク」ですらないんだよね?う~ん。数あるムーミンシリーズでこれが最初の巻なんだけど、このまんま名前は出てこないのかしらん。とか思いつつ読んでたら、彼女のお兄さんが登場した。「スノークのぼっちゃん」じゃなくて「スノーク」。むむむ?ややこしくないか?何かヘンなの。そーいや「ニョロニョロ」って名前も不思議。すごく日本的な気がするんだけど、直訳したら「ニョロニョロ」としか訳しようがないのかね。

スナフキンて、みんなの中では「一番お兄さん」なイメージだったけど(よく旅してるし)、ムーミンたちと無邪気に遊んでるところを見ると同年代なのかと思ったり、にしては言ってることがちょっと老成してないかと思ったり。彼の歌う歌は ♪おさびしやぁまぁ~ くらいしか知らない(つか記憶にない)のだけど(このあとどう続いてたんだろー?いまになって気になる…)、単行本で最初に披露される歌は

 ♪すべてのちっちゃな動物は しっぽにリボンをつけなくちゃ

だった。ぷぷぷ。でも案外正論かもしれない、と思ったりもして。にしてもイラストの絵は、スナフキンの鼻が黒いんだよねぇ。そのおかげで何か違う動物(?)に見えるわ。いちお「妖精」なんだっけ?違ったっけ。架空の動物?よくわかんないや。

新作豆本は揃ったけど、在庫から出す分とか、レイアウトのこととか(ただ並べるだけってわけにいかんので、何か考えないと!)、プロフィールとか、やらなきゃならないことはまだまだある…大丈夫なのかなぁ、あたし。「小さい額展」も(昨日DMが届いた!)、ぜんっぜんやってないんだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-26 01:12 | そんな1日 | Comments(0)
あぢぃー、てより何か“空気重ーい”て感じだ。すかっと暑いくらいだと逆にキモチいいのに、晴れてるんだか曇ってるんだかよくわかんないし。そーいやまだ蝉の声を聞いてない気がする。蝉はまだなのに、連中はわらわらとよく出てくるんだよな。その名もゴッキー。もぉー、もぉー、むかつくったらありしゃしないっ!さっきも台所で2匹瞬殺してきたところ。しゅっとやってぱしっとしてチラシで(もちんいらないヤツ)でぐしゃっとひと捻り。も、慣れたモンよ。以前は「しゅっ」をやる前に「ぱしっ」だったんだけど、このゴッキーフマキラー、よく効くんだよ。ハハなんかは「しゅっ」だけで済ませて、そのうちどこかで野たれ死んでるのを拾って片付けるんだけどね。あたしはスリッパを脱ぐクセがついてるもんで。

にしてもなぁ~んで、食べ物が(残りカスすら)一切ないあたしの部屋にまで出るのかなぁ。先週1週間「ほいほい」を仕掛けておいたら、大小5匹もかかってた。木造家屋で壁が隙間だらけなのは仕方ないにしても、これはちと多すぎじゃね?ベランダとかから入ってくるのかなぁ。つか、何であたしの部屋よ?さすがにあたしの部屋にフマキラーは置いてないってのと、カーペットの上をはたくと汚れる可能性があるんでほいほいだけにしてるけど、置いとくかなぁ、ふまきらー。何か「ほいほい」にしてもそーなんだけど、こゆモノが部屋にある、てだけでむかつくわ。こないだなんか踏んじゃったし。うげげ。(あたしが踏んだのは「ほいほい」だけど、先日来た2号なんて素足でヤツを踏んじゃったんだぜぃ)

豆本制作に励んだあと、そば屋。で、近い将来、こいつをぶん殴って辞めることになるだろう、と思ってたシャインが辞めた。ぜんっぜん同情に値しないとゆーか、ふん、だから何さとゆーか、マジで痛くも痒くもないんだけど、その辞めた理由ってのを曖昧なままで、ただシフト表から名前を消しただけで済ませる店も店だと思う。理由はいろいろあるよーだけど(そりゃそーだろな)、あたしから言わせれば「身から出た錆」だらけ。40目前で無職、てのも大変だろーけど、それすらも「身から出た錆」。目上にへつらってパートに威張って人に気を遣うこと出来ないで仕事も出来ないで機転も利かなければ融通も利かない。という自分をじっくり反省すればいいわ。出来るんなら、だけど。

明日はそば屋オフ!なのでちと西新井まで行くかーと思ってたに水曜はお休みだった…よかった、打診しといて。すーっかり忘れたよ。水曜ってそば屋オフのことが多いから、つい「この日に行こう」と思い立ってしまうことが多いんだよねぇ。
で、誕生日が近い、オトート2号とヨメさんのプレゼントを買いに下北まで行くことになってしまった…ホントはウチにこもってたいんだけどさー。でもいつかは行かねばならんのだしね。ハハと2人で「何がいいか」という相談から、
『誕生日にくれるのはいいけど、向こうは「2人から」て感じでまとめてくるのに、こっちはそれぞれ、てちょっと理不尽な気がする』
て話になった。(そもそも誕生日にもらったことはなくて、大抵は日が大幅にズレてたりするってのも何かちょっとね) 何を買うか決まったわけではないのだけど、『2人からってことにしよう』と決まる。たぶん、その方がお財布にも優しいし。いいのが手ごろな値段ですんなり買えて帰ってこれたらいーんだけどなぁ。あたしのムックみたいに「これ!」てのがないのは不便だわぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-25 01:40 | そんな1日 | Comments(0)
今日からまた暑くなる!て話だったのでどんなモンかとびびってたのだけど、まぁ、こんくらいなら許せるっつーか、人は死なないですむかしらね、な暑さでほっとした。気温が体温超えちゃーダメだよね。

キモチよく寝てて、気がついたら8時間寝てた。しかも「まだ寝れる!」くらいの心地よさ。多少のショックもあったのだけど(さすがにそば屋までの時間、出来る制作物が限られてくるのだ)、とりあえず「睡眠削らねばならんほどには追い込まれてない」てことでヨシとゆーことにした。
扉豆本の中身を作って(まだ扉に仕込むマグネットを装着しないといけない…)、粘土に黒目…のつもりだったんだけど、そっちはタイムアウト。半端に余った時間で、ガラス豆本の「Simple Words for You」のチェック。10冊ばかり残ってはいるのだけど、絵柄的にはちょっと偏ってるのでそこを何とかしないとね。

これは中身はみんな一緒で、表紙だけ別モノ。なのでコピーして「どこでどの絵柄が誰に売れた」みたいなのをノートに書きつけてる。んだけど、きっちり書いてたのは最初のうちで、ここ1年ばかりは「どの絵本がいつ売れたのかわからない」状態…コピーがあって実物がないってことは売れた、てことなわけだけど、てんで記憶になかったりしてね。もー何のためのナンバリングなのかもよくわかんないし…ちなみに初出が08年で(もーー4年も経つのか!)、現在までに109冊出てる。100冊で区切って絶版にしちまうべきだったかなぁ。ロングセラーと言えば聞こえはいいけど、単に往生際が悪いだけなのかもしんない、とか思ってもしまう。ま、今回の岡山は頭数を揃えるためにも10冊ばかり出品するつもりだけどね。

暑すぎるってわけでもない気候なおかげで、そば屋はそーんなに混まなくて助かった。ウチは極端な気候(すっげー寒いとかすっげー暑いとか)だと発狂しかけるけど、ごくごくフツーの過ごしやすい気候だと比較的平穏なのよね。まぁ、それなりに混みはするけども。
今月初旬、パートさんのひとりが暴漢に襲われて大怪我をしてしばらく休んでたのが復帰した。まだ傷も痛々しく、何と声をかけたらいいかもわからない。暴漢3人組もまだ捕まってないそーで、どっかで天誅が下っていたらいいと切に願う。加えて打撃なのが、「国保に入ってないから(病院から)凄い金額の請求が来た」ってこと。これって、どうなるんだろう…?働いてはいるからとりあえずの収入はあるとしても、その金額を一括で払うのは無理だよね、て額なのだ。『役所に相談してみる』と言ってたけど、分割支払いとか、そういうことになるのかなぁ…つか、そーでないと無理だよな。うぅ~、命があってよかった、と言うのは簡単だけど、襲われて金奪われてさらに金を払わなくてはならない、なんて「踏んだり蹴ったり」どころの話じゃない。国保に入ってないのだからしょーがない、と諦めるしかないのかもだけど、でもそういう人、いーっぱいいるんだろーな。

西新井の「よいな」に委託してる作品を引き取りに行かねばならんのだけど、いつ行けるかなぁ…何か落ち着かなくて「猫の額」同様、ご無沙汰してしまってるのだけど。あ~、早くあれこれ済ませてラクになりたい。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-24 01:49 | そんな1日 | Comments(0)
いゃあ、ここ2日ばかりは涼しくていいやねぇ~。暑いのにも増してありがたいのが「無風」であること!窓全開でも全然問題なし!だもんね。これはありがたいっす。たとえ「ちぎり貼り」でなくても、数日前みたいな強風だと置いてあるチラシも飛ぶし、製本してても「化粧断ち(3面カット)」した切れ端が飛ぶしさ。

ともあれおかげで作業は順調に進み、今日1日かけて8冊の「持ち上げて読む本」の中身を完成させることが出来た。“何でこんなメンドーなことやろーなんて思いついたのかなぁ…”と正直げんなりもしてたのだけど、出来栄えを見たらやっぱこっちにしてよかったな、と。ホントはね、もっとラクに出来る方法(カラーコピーを本にちぎり貼る)てのを考えてたんだけどね。自分的には「ラクに作れる=強気値段にできない」なのよね。コピーすれば量産可能だから、それで「いっぱい売る」てのももちろんアリなんだけど、いっぱい売れた試しはないんで。(あぁ、書いててむなしー…)

6時間ばかりぶっとーしでちぎってて“ここが「こまいちぎり」の限界か”とわかった。爪とか指とかではなくて、左手首。何でそこ?と思われるかもしれないけど、「あと1ミリちっちゃく」とかゆーちぎりのとき、チラシを持ってる手の位置が重要とゆーかさ、「右手の爪先を立てる」のも大事なんだけど、「左手でしっかり持ってる」ことの方が神経使うってことみたいね。夕飯のとき、お茶碗持とうとして危うく落しそうになり、自分でもちょっとびびった。もっとも、それ以前にカラダがすっかり固まっていて、立ち上がるのに“よっこらせ…”て感じでまいったけど。
夕食後は、彩色(?)した粘土たちに白目を入れ、扉豆本の扉を茶色に塗る。本日の作業はここまで、と決めてたので「よくできました」ってことで終わりにした。この2日で結構進んだ、かな。まだまだやるこたーあるんだけども。

そーそ、朝、ハハが『当たった!』と何やら封書を持ってきたので何かと思ったら、先々週だったか、豪徳寺の総菜屋でやってたキャンペーン。もらったハガキに名前書いて店の箱に入れてきたものが当たったのだ。

  日帰りバスツアーで行く、修善寺散策と360度絶景かしぎ山 

修善寺周辺を散策して、ロープウェイで絶景眺めて、美味しいランチ食べて沼津その他でお買い物。へへ~、出してみるもんだぁねぇ。まさか当たるとはね。当選者1名のみで、ハハの名前を書いたのでハハだけ行くのかと思ったら、「同伴者は1名のみ5800円で」てことになってた。で、あたしに同伴しろ、と。日程は9月初旬の1週間のうちから選ぶもので、まぁその頃だったら行けるかなぁと思いつつ、でも問題はチチ。早朝出発で解散は8時。う~ん、やっぱちょっと不安かなぁ…チチの『行ってこい、行ってこい、オレは大丈夫だ』に、まぁ日帰りならOKかな、去年だかも日帰りバスツアーでさくらんぼ狩りに行ったしね、とハハと話をしてたら、不意にチチが妙な顔して口に手を入れた。何だ?と見てたら
『歯が欠けた…』
はぁ~?ゴーヤチャンプル食べてて、何で歯が欠けるんだよぅ~?ンもぅ、だーから『大丈夫か?』と尋ねずにはいらんないんだよぅ。
バスツアーの話から一転、ハハと『歯医者に連れてくには車椅子を借りないと』とか『どのくらいの期間借りたらいいかしらね』とか、そういう話になってしまった。何だかな。しかし夜の紅茶の時間には、へーきな顔で煎餅ぱりばりかじってるチチを見ると、ウチってつくづく平和だよなー、と思ってしまった。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-23 00:34 | そんな1日 | Comments(0)
珍しく早起きしたのは「制作やる気満々!」てわけではなくて(ンなんでどーする!)、ハハが同窓会で出かけてしまったので、代わりにチチの「馬券投票」をしなくてはならなかったから。朝食前に電話でぴぽぱ…が上手くいかなくて“むきぃ~っ!”だったのだけど、何がいけなかったのかわかったあとは意外なほどあっさりと出来るよーになってほっとした。ふぅ~。
もっとも、この「電話で馬券を買う」ってのは、チチが「何レースの何を買うか」が決まってくれないとどーしよーもない。チチの傍らでじっと待ってるわけにもいかないので、2、30分ごとに制作を中断して階下へ降りて『決まった~?どこ(開催地)の何レースの何(馬連とか単勝とか)、何枚?』と尋ね、延々と続くかと思われる数字を打ち込む。もーめんどっちーったらないのだ。制作してても集中力を削がれるしねぇ。ま、ハハの息抜きのためにもこの日はわざわざそば屋を休みにしてもらったのだから、ちゃんとオツトメは果たさないとね。
にしてもチチもかなり記憶力っつーか集中力が落ちてきてて、『いま10レース買ったじゃん!』『そうだっけ…?』『〇番と〇番と〇番でしょ』『それは違う』『ええっ、もー買っちゃったよぅ~』『…あれ、それでいいのか…ということは…』と、呼びつけておきながら次の馬券が決まってないとか、何だかなぁ、ふー、て感じ。たまにだからいいけど、こゆ状態にずっと付き合うってのは半端な覚悟じゃできん。いまさらながらハハの偉大さに敬服。

朝10時から夕方4時過ぎまでずっとドタバタが続き、それでも合い間にがんばって制作。コルク豆本23冊無事完成。(ホントは2ダースだったのだけど、最初の1冊で“この表紙のつけ方はちょっとな…”と外したので) そしてガラス豆本9冊完成。(10冊だったけど1冊ミスカット。ちっ) そんで現在、「持ち上げて読む絵本」制作中…明日には完成させたいけど…がんばるです。
しっかし結構ひさしぶりに「ちまちましたちぎり」をやってたせいで目がちかちかした。つか、してる。夕飯の買い物に出たとき、チャリこぎながら“あー、目ぇ疲れてんなぁ~”と思ったしね。今夜は爆睡だわ、きっと。

制作しながら、ずっとMP3を聞いてた。YDちゃんが入れてくれた「銀魂ラジオ放送局」。あたしは普段、何かを聞きながら作る、てことをしないので、余計疲れてしまったのかもしれない。だっておかしすぎるんだもん、これ!突っ込みどころ満載だったり、逆に全然突っ込めなかったり。ネタとして出てくるモノの半分はわからん。ガンネタとか8割はわかんないし、ドラゴン球もそーだし、筋肉まんも然り。かろーじでわかるのが「地獄少女」とか「妖狐SS」とか、せいぜいその程度。いかにも「野郎トーク」だった。あたしはYDちゃんと違って声優そのものにあまり関心はないのだけど、声優のオタクトークって(ウラを知ってるだけに)ひと味違う気がしたな。ま、楽しめたのでOK。銀さんの声、聴けてよかったわぁ。好きな声、とゆーのとまたちょっと違うのだけどさ。

さーて、明日は無音の世界でひたすら没頭しますかね。やっぱ目が疲れてる気がするので今日はこのへんで。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-22 01:50 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156