<   2012年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

昨日届いた、岡山での「豆本展」の荷物とその他を片付けるのに終始した。何たって高円寺、国分寺、への制作、納品が終わった後片付けがまだのうちに、漫画を借りて、直後にどどんと貸してた本と借りる本が届いて、そこに豆本返品で、しかも「送った箱よりひと廻りでかいのが着いた」ので、もー「床はどこ?」状態だったのだ。何でこんなにでかい?と思ったんだけど、やっぱり什器をうまく入れるのが難しかったのかな…梱包材が山のよーに入ってて、こいつも結構飽和状態だったりする。ふっと、6日からの「雑貨市」で売っちまおっかなと思ったんだけど(これも雑貨よね?いちお)、いくらにするにしてもアコギだよなぁと思ってやめた。

豆本は「1人150冊まで」とあって、それに対して2、30冊ってわけにもいかないじゃん、と友人らに話したらば、『そうだね』と言う人と『え?そう?』と言う人とで、ちょっと考えた末の120冊、だったんだけど、売れたのは20冊。う~ん…半分とまではいかなくても、1/4くらい、はいって欲しかったかなぁ。
主催者さんにお礼メールをして、『120冊は気張りすぎましたかね』と書いたら、
『ちぎり屋さまの空間は細かい指示もありましたし、みなさん楽しんでらっしゃいましたので、次回も同じくらいで』
とあった…薮蛇だったかどーかわかるのは喉元が熱さを忘れた頃なんだろな。
ギャラリーにある芳名帳とは別に(これも10枚、130名の分がコピーされて入ってた)、あたしのスペースにも芳名帳を置いてもらっていた。書いてくれるのはほんの数人なんだけど、中に、名前も住所もなく、ただひとことだけ書かれたページがあった。

    元気でた!!!

そうですか、元気でましたか、あたしの豆本で。しばしその4文字を見つめる。何か泣けるな。ありがとう。字の感じからすると男性かなぁ、でも若い女の子かなぁ、と思ったりもしつつ、顔も名前も知らない人を「元気にできた」のなら、例え赤字でも(いや、これは赤字ではないですよ)、作り続ける価値も甲斐もあるってことだよなぁ、と思った。会場の写真も何枚か同封されてて、みなさんキレイに作ってるなぁ~、あたし浮いてたんじゃないかなぁ~と思いつつ、でも何か、もーこの路線で行く以外に道はないんじゃないかとも思う。そもそも、「キレイにきっちり、まるで市販品のように均一に仕上げる」なんてあたしには無理だしさ。こう言って(思って)くれる方がいるってことで元気になれる。ホント、ありがとです、これで元気になってくれて。

こないだ借りた漫画を、やーっと読み始めた。『銀の匙』、1巻を読ませてもらったときは「う~ん…?」だったけど、2巻以降でどんどんおもしろくなって、この4巻ではあろーことかそば屋であははと笑ってしまった。(休憩中でっせ、もちろん!) 北海道の農業高校の話なんだけど、すごい事件とか何とかがあるわけではなく、ただ「いかにも農業校ならでは」な話の数々がおもしろいのだ。
で、今日は『進撃の巨人』の8巻を読み始めたのだけど、読み始め数分で「やばい!」と思った。あたし7巻読んでないじゃん!と。う~、どーしよどーしよ…と思いつつ、でもそば屋に向う車中で読まずに置いておく、てこともできなくて読んでしまった。7巻借りて、も一度読ませてもらおう。

そば屋4連勤は今日でおしまい。その前の4連休は「制作と納品」に追われたので、やっとほっとできるな。(何かこの台詞ばっか書いてる気がする…4連休前日もそー書いたものの、結局はまた追われてたわけだし…明日も「雑貨市」のことやんなきゃいけないわけだから、「丸1日ぐーたら」はできんだろなぁ。ふぅ~。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-31 02:18 | そんな1日 | Comments(0)
高倉健、8年ぶり?だかの新作。ハハが行きたいと言ってたので、お供した。(たぶん、1人では行かなかっただろーなー) 健さんの主演映画は昔はよく見てて、任侠3本立てとか人情(?)3本立てとか行ったなぁとちと懐かしく思う。当時は三茶の映画館は3本立てってのをよくやってたのよ。のっけから話それるけど、この「3本立て」って、かなりお得だけど、後年“それ見たけどどんな内容だったか3本ごっちゃになってわからない…”となるのだ。「嵐が丘」と「エミリー・ブロンテ」と「風とともに去りぬ」はあたしン中では一緒だし、「メアリー・ポビンズ」と「サウンド・オブ・ミュージック」(ともー1本忘れた…)も一緒になってしまう。コッポラ3作とかキューブリック3作とか、うち1本は半分寝ちゃってたしなぁ。

てなことはともかく。
健さん主演映画だと印象に残ってるのはタイトル忘れた任侠モノと並んで「幸福の黄色いハンカチ」と「海峡」と「駅」。これも3本一緒に観たのだけど、ちゃんと区別はつく。(ちなみにイチオシは「海峡」だ) それから何年、つか軽く20年経つわけだけど、何が驚くって「健さんの佇まい」が全然、ちーっとも変わらない、てことだ。朴訥で誠実で人に対しては不器用だけど芯がある。(任侠映画時代、この「芯」に世の中の野郎どもはヤラレたのだよな) 既に80を超えようかという年で、確かに老けてはいるのだけど、その「老い」すらも、「寡黙な故の雄弁さ」に取り込まれて、観る者を圧倒する。どれほど齢を重ねても、変わらないものがあるのってすごいことだよな。

健さん礼賛になってしまったけど、この映画はどーだったんだとゆーと、“え~、う~ん、いやぁ…”だった。亡くなった妻から死後に届いた手紙は2通。1通は自分の骨を故郷の海に散骨して欲しい、ということ。そしてもう1通はボランティアの人によって投函され、その地の郵便局留めになると言う。つまり彼は嫌でも出発しなければならないわけだ。そして始まるロードムービーで、行く先々で出会う人たちとのことや、妻との出会いから病床にいたるまでの回想などをうまく盛り込んで話は進む。のだけど、そこに新味も何もなくて、8年ぶりの新作がこれでいいのか?と内心唸ってしまった。健さんが受け取る手紙の内容もちょっと肩透かしな感じで、いい俳優いっぱい出してるのに(という映画にありがちなんだけど)、“え、この人こんだけ?”てのもあり、何だか残念。もうちょっと展開なり内容なりにひねりがあればよかったのになぁ。ラストも“何でそれがわかったの?”だし…。

健さんが健在なうちに、ぜひぜひ、「任侠モノ再び」って感じで作って欲しいと思う。引退した極道で、殺陣はなくとも眼力は誰にも負けてないぞ、みたいなのとか。そんで素ン晴らしい刺青の入った背中を見せて欲しい。例え皺だらけで老醜を晒すことになるとしても、その佇まいの美しさは変わらない気がするから。故原田芳雄が、遺作となった「大鹿村騒動記」を渾身の一作としたような、そういうのをひとつ、ね。それも今回みたいな善人役ではなく、清濁あわせ持ったような役で。やって欲しいなぁ。

ハハと久しぶりにランチして、それからそば屋。帰宅したら、26日で終了した「岡山 いまどき 豆本どき」の荷物が届いてた。早くてびっくりだ。成果の方は…もーちょっといって欲しかったかな、てとこで。でも上出来な方かな。何にせよ、ご来場の方々、関係者諸氏、ありがとうございました。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-30 02:22 | 行った観た読んだ | Comments(0)
昨日のブログで書き忘れてたことがまだあった。(ので追記しますた) 「友人が買うのを待ってる」漫画として3冊。あるいはもっとあるのかもしれない。どんだけ人に頼ってんだよ!と思うのだけど、そんでもこんなこと言われると“オアイコでいいんだな”と思えて嬉しい。
『雪丸がいなかったら、「ギャラリーフェイク」も「20世紀少年」も「MONSTAR」も「スラムダンク」も、気にはなっていても読むことはなかった、ありがとう』
まったく同じ台詞を発言者のびーどろねずみサンに返したい。キミがいなかったら、あたしは「ハチミツとクローバー」も「君に届け」も「3月のライオン」も読むことはなかったよ、ありがとう、と。彼女はどっちかってーと「少女漫画系」なんだけど、「ヘルシング」なんつー血飛沫どんだけ飛ばすんだ?!みたいなのも読んでるし(もちろん借りた)、返してあたしは「少年漫画系」だけど、「花咲ける青少年」とか「黒執事」なんつーのもあって貸してる。なので「50:50」ってことだよね。お互い読書幅が拡がって、共通の話題も拡がってよかったよかった。

そしてこの台詞、今日どどんと本を返してくれたb級さんにも言いたい。またまた本を貸してくれてありがう!キミがいなかったら「秘密」も「死化粧師」も読むことはなかっただろーし、今回貸してくれた、何かと話題(なのかどーかイマイチわからんけども)な「ヘルタースケルター」も読むことはなかったと思う。でもたぶんあたしが貸さなかったら「地雷震」も「竹光侍」も読んでなかったよね、えへへ。

と、2人への謝辞ブログになってしまった…ちと失礼。そーいやこないだ、びーどろねずみサンに
『雪丸、うちに来て本を借りるとき、私が三原ミツカズの「ハッピー・ファミリー」を『これはいいや』とスルーしたんだよ』
と言われてぎょぎょぎょ。
『なのにブログで「おもしろかった」とか書いた挙句、人に『読む?』とか訊いてきて笑ったよ。しかも(気に入ったキャラが)うづし夫?!も、大笑いだよ!』
ひょえ~、すいませーん、失礼なヤツで~!!!まったくもって赤面モノです、ごめんなさい。いや言い訳するとあんとき、あまりにも借りすぎて脳内収拾がつかなくなりそだったんよ…しかしあのとき借りてたら、210円出費は避けられたわけですな…たぶん代わりに別の漫画買ってたと思うけど。

しかし2人とも「作家してなかったら出会わなかった人たち」なわけで、そういう意味でもこの充実した「貸し借りライフ」、素晴らしいです。これが「雪丸的御宅街道」てやつてことかな。読んでおもしろかったからって「自分のモノにしたいから買おう」にはならないし(びーどろねずみサンは一部は買っちゃうよな、ははは)、録画してるアニメはいっぱいあるけど、見たらすぐ消してしまうんだけどさ。(でないとすぐ満杯になってしまう…) なので「この世界に浸りたい」故に物欲にも正直なオタクな人たちとはやっぱりちょっと違う気がするのよね。

と、そんなこんなを書いてたら、銀魂仲間のYDちゃんから『10月からアニメ再開!2013年映画公開!』のメールが!うっひょおー、やっほー、はらしょーう!!!素晴らしい朗報だ!今夜も1本観よっと!
あたしってやっぱオタクか…。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-29 01:49 | 我思う | Comments(0)
午前3時過ぎまで封筒を作ってた。カードの在庫が3枚とはいえ、これに付いてる手作りのチラシ封筒はカードと合ってなくて、ちと納得できないので12枚…としたかったけど、実際には15枚。だって「合う」のがないんだもん。ポストカードの入る封筒ってのは結構でかく取らないとダメなので、使える雑誌が限られてるのよね。なので手持ちの外国雑誌2冊から取るしかないのだけど、もー作りすぎ?で、ばっちし!と思えるのが少ない。友人からもらった日経マガジンだかのページもいい大きさなのだけど、どーしても日本語が入ってしまうからねぇ。

何とか作って、合わせて、今朝郵便局へ行った。ちょっと測ったところ250グラムちょい?な感じで、これでどーですか、と尋ねたらば『260グラムで390円』と言われる。う~、納得いかなーい!だってさ、250グラムまでだと240円なんだよ?!なのに何でたかが10グラムで110円も跳ね上がらないといけないわけ?!2、30円増しくらいでいーじゃんね!中から外せるモノもないので、レターパック350円を買って出した。あーあ、カード売れたってまた出費、じゃーペイは難しいかもなぁ。参加費は出たけど、2度にわたる発送費と3度になる交通費が出るかどうか…さらにカードが10枚売れてくれたら、額が1枚も出なくても黒字にはなるけどさ。こーゆーのってえてして追加分は売れなかったりするしねぇ。

も、いい。ともかく「高円寺」に続いて「国分寺」が無事制作できて納品できたことでヨシとする!あとはもーいーんだ!と思ってたら「ざっかーにばる」のお誘い…受けて立つちぎり屋。何でかな…「雑貨」と「豆本」はつい手が出ちまうんだよな。そろそろ来年の個展についてきっちり考えないといけないのだけど。つか、まずどこでいつやるのか、でもある。う~ん。

昨日、びーどろねずみサンとちょいとオタクな話で盛り上がって、あたし的にはそれを「オタク話」とは思ってないのだけど、オトート1号のブログが(びーどろねずみサンはこちらも気に入って読んでくれてるらしい…アネとしては“へっ、なーに言ってんだか”なんだけど)、オタク的かどーかて話から、あたしもじゅーぶんオタクなんかな、と。ことここ数年はマンガとアニメをやたら見てるしねぇ。
「オタク」の定義は諸説あるだろーけど(平仮名かカタカナか、「オ」か「ヲ」かにもよるのか?このへんはわからん)、あたしからすれば「それについていかに語れるか」であって、自分はその範疇にはいない、と思ってんだけどね。でも「どんだけ好きで見てる(読んでる)か」て考えるとオタク度は結構なもんかもしれない。ちと書き出してみる。

 ≪いま現在見てるアニメ(順不同)≫
  「銀魂」/「NARUTO疾風伝」/「へうげもの」/「宇宙兄弟」/「貧乏神が!」/「君に届け」/「夏雪ランデブー」/「アルカナ・ファミィリア」
 ≪続巻を待ってる漫画≫
  「青空とおくに叫びたい」/「SUNNY」/「黒執事」/パームシリーズ/「ぎんぎつね」/「ヒトガタナ」/「黒鉄」/「火星人刑事」(この2冊はホントに出るのか?!と思うくらい待ってる)
 ≪友人(もしくはオトート)が買うのを待ってる漫画≫
  「進撃の巨人」/「銀の匙」(この2冊は昨日借りた!)/「君に届け」/「ワンピース」/「キングダム」/「ジャイアント・キリング」/「岳」(続巻を借りそびれてる…)/「3月のライオン」/「NARUTO」/「高杉さんちのお弁当」/(まだまだある気がする…)

んー、こんなモンかぁ~と思ったり、いやこれで充分だろと思ったり…あたしが「オタク」なのかどーかはみなさんの判断ですが、これらについて「好きで見てはいるけど、そーそー語れるモノでもない」「ファンクラブやサイトに興味はない」「グッズが欲しいというほどのことでもない」、てことでオタクの称号はつかないと思うんだけどねぇ。
にしても、まるで統一性とゆーモノがないラインナップだな。(持ってる完結した漫画書くともっとすごいぜぃ) 雪丸の中身ってこんなもんなのよ、てことで。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-28 01:52 | 我思う | Comments(0)
本日はくるみギャラリー在廊日。なんだけど、その前にちょい早起きして(つかさせられて)、夕飯の買い物に付き合う。ハハは自転車に乗れないのでねぇ。重いモノ買うときはついて行かないとダメなのよ。で、『雪丸が来てくれてるんだから…』とさらに重いモノ買うことになったりしてさー。

まぁともかく、午前中のうちに買い物行って、国分寺のくるみギャラリーへ。『カードを置いてもいいよ』というお言葉に甘えて、「くり抜きカード(あぁ、もっといいネーミングはないものか!)」を10枚持参した。『こういう方が、ホントにちらしをちぎってるんだな、とわかりやすくていいと思うんですよ』と言ったらば、
『ホントだ!すごくわかりやすい。ネガとポジみたいでいいね!』
とオホメの言葉をいただき、開店早々にいらしてくれたお客さまも加わって、1枚お買い上げ。ありがとうございますぅ~!
昨日の土曜はあまり人が来なかったのだ、と言われてたのだけど、今日は開店から通りすがりの方から参加作家さんの友人知人さんたちが次々にいらして、途切れることがほとんどなかった。あたしが出したDMの方も数名いらして、まだまだこんなに暑いのにありがとうございます、と恐縮しきり。しかもカードをお買い上げくださって、「ちぎり絵初見」な方々も含めて10枚持参したうちの7枚が売れるという、嬉しい事態に。(今夜は泣くな~と思いつつもだけど) 「くり抜きカード」は、ポストカードに手作り封筒と宛名シール(この封筒に文字は入れられないので)とを付けて1枚500円。カードとしては結構いい値段してるんだけど、3千円~5千円以上する額絵を見て“いいな”と思ってもらえても同時に“でも飾るとこないし、ちょっと高いし…”と躊躇される方にとっては手ごろなんだよね、たぶん。500円カードにはちゃんと「Sa1/1(一分の一)」とサインが入ってるから、他の雑貨とはちょびっと違う付加価値はあると思うし、額装して飾るもよし、手紙書いて友人に出すもよし、てことで。

以前、アクセの作家さんと喋ってて、『いろいろ出品してて、最低価格が1000円だったら1000円のが売れる。だったら最低価格を5000円にしとけばそれが売れるんじゃないか』みたいな話をしたことがあったけど(暴論ちゃー暴論だけど、あながち間違ってはいないと思う)、このカードが売れるってことはそゆことなんだよね。だから屋外イベントでも100円の震災くじが一番人気だったりするわけだ。まー、そゆのをすっぱりやめて、最低価格500円で勝負する、てのもひとつの方法だたー思うんだけど、やっぱちょっとね…何が問題かって、あたしが
「100円、200円くらいの雑貨を作るのが好き」
てことではないかと思う。そのへんにあるテキトーなチラシをただひたすらちぎって貼る、てことが。それにしたって「コピー、印刷ナシの1点モノ」ではあるから、500円まで上げちゃう、てのもまたひとつの策ではあるのだけどさ。

4時近くになってやっと昼ごはん。隣の隣のバーガー屋に入った。バーガーひとつ800円からと、なかなかいい値段してるのだけど、黒胡椒たっぶりの100%ビーフでソース抜き、自家製マヨネーズと野菜いっぱい、であたし好み。あたし、ソースとかケチャップって、食べれるけどそんなに好きじゃないんだよね。(甥のYGと一緒だけど、ヤツはほんのちょびっとついててもダメだから、まっくでも「ソース抜き」なのだ。味覚があたしに似てるわけじゃあない。刺身だってちゃんとわさびと醤油欲しいし!) ボリュームあって美味しかったです。
5時半過ぎくらいだったか、まさかのびーどろねずみさん登場。ここんとこ(公私にわたって)忙しいらしくて、DMは出したものの無理だろな、つか無理しないでねと思ってたので嬉しい。帰り方向も一緒なので、閉店ちょっと前に辞させてもらい(もし「いると言ってたのにいない!」と言う方がいたら本当にごめんなさい!いちお6時半まで、てことで10分繰り上げただけなんですけど…)、珈琲飲みましょか、と喫茶店へ。そしてオタクトーク炸裂…溜まってたんだ、あたしたち…なんてね。ま、その話はまたいずれってことで。

帰宅は8時ちょい前あたり。リョーシンは夕飯を早々に終えて「ヤングなでしこ観戦」。わかってたんだけど。なのでちゃちゃっと済ませて、あとはひたすらカード作りですよ。在庫が3枚しかなくて、そこに9枚加えるのがやっと。これ、結構チラシを選ぶからさぁ~時間かかるんだよぅ。封筒もないしー。てことでまだ制作中、なのでした。明日発送するためには、今夜のうちにメドつけなくては!
あぁ、明日からそば屋4連勤…あっちゅー間、つか、ほとんど休めてない4連休だったなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-27 00:42 | そんな1日 | Comments(0)
昨日、「もー寝る」と書いておきながら、カキ氷食べたあと“ちょっとここんとこだけやっとこ…”とか思って手ぇ出して、結局寝たのが3時過ぎ…何だかなぁ。
10時に起きてちょっと仕上げして、ウチを出たのは2時過ぎくらい。目指すは高円寺、新店舗になった「猫の額」!

昨日の新聞で、今日明日が高円寺の「阿波踊り」だとは知ってたのだけど、夕方からだし、見物客がお店を覗くこともあるだろーからと思って出かけた。噂には聞いてたけど、いやはやすごい人だった…駅のホームからしてもういっぱいで、まだ開催まで2時間もあるのに…とちょっとびっくり。
新店舗になった「猫の額」はJR高円寺の北口を出てから4分程度。まっくの横の細い商店街をひたすら真っすぐ歩いてくと左側にある。そこにたどり着くまでに、まぁいくつ露店が出てたことか!ビールカキ氷から揚げ枝豆は当たり前。コンビニやチェーンの飲食店まで路上に出てて、声を張り上げてた。さすが、近年ではン十万人で賑わう阿波踊りだけある。

以前の店は老朽化が激しいので建て替えとなり、こちらの店舗に移ったのだけど、ちょっと大きくなって、作品も見やすくなって、イイ感じになってた。しばらく不精してしまってたので、梅ジャム持参でお詫びと四方山話をちょろり。確か前回も言われた気がするのだけど、今回も『痩せましたね』とひとこと。そんなに痩せたかなぁ…しっかり食ってるししっかり寝てるし、心配されるほどではないと思うのだけど…(あとでメールしたあとに文末に「ちゃんと食べてくださいね」とあった…) 最近じゃ、そば屋がゴハン始めたせいで、夕飯もしっかりゴハン食べてるんだけどね。(かき揚げは飽きてるので、ふりかけ持参で豆腐(夏季限定でいま「豆腐そば」をやってるのだ)とかめかぶとかオクラとか醤油かけておかずにしてるのだ) でもそば屋で働き始めた5年前と比べても3キロは減ってるかなぁ。あんま気にしたことないんだけど。

しばらくお喋りしたあと、こっちの商店街を歩くのは初めてなので散策。高円寺には何と「13本の商店街」があるんだそーだ。これってすごいことだよなぁ。昔ながらの商店は少なくなってきてはいるだろーけど。そーいや韓国の日本ガイドマップで高円寺が「東京で最も活気のある商店街」と紹介されてて観光客が増えた、と聞いたことがあったな。1つの駅に13本の商店街ってのはまずないだろね。

阿波踊り、ちょっと見て行こっかなと思ってたんだけど、もー人、人、人でケーカンの数もすごくて、場所取りの人たちはみんな路上宴会を始めてて、こりゃー「ちょっと見る」なんて不可能だな、どーせ見るならそのつもりで来ないと!と思って引き上げた。
ちょびっと財布がほくほくしたので、帰りにそば屋に寄って差し入れして、自分ち用にケーキを買って帰る。今日も暑かったけど、夕方になるとコオロギがよく鳴くようになって、だいぶ過ごしやすくなりましたよね、とチャリ置き場のおじさんに言ったら、うんうんと頷いて、
『私は岡山なんですけどね、あっちは夕方になると「夕凪」で、本当にぴたりと風がやんでしまって、そりゃぁ暑いんですよ。それに比べたら、本当にこっちは楽ですよ』
不意に「岡山」が出てきたので、意味もなくどきりとしたりした。そーか、「夕凪」てただ夕方になると風がやむ、てことだけでなくて、「だからすごく暑い」となってしまうのかぁ、と思いつつ、明日までとなってる「岡山 いまどき 豆本どき」を想う。どーしたかなぁ、売れてくれたかなぁ、売れてくれてますように!

さて、明日は国分寺、くるみギャラリーでの在廊日です。12時半くらいから、6時半くらいまではいるつもりですんで、お近くの方、近くまで来られる方はぜひ覗いて見てくださいね。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-26 01:48 | そんな1日 | Comments(0)
朝、友人からの電話で目が覚めた。9時半だった。昨夜、溜めまくってた『宇宙兄弟』を5話連続で見てすーっかり明け方、だったので、そば屋オフでも逆転生活が直らないなぁ、何とかせねば…と思う。電話は、過日もらった残暑見舞いの返事の返事、てところ。相変わらず精力的で勉強家で頭がさがる…それに引き換えあたしゃなんだろなぁ、全然進歩してねーよなー、と改めて凹んだりして。

豆本協会から、10月の豆本フェスタ3のDMがどどんと届いた。協会の会長さんはいま、岡山の「豆本展」でワークショップに励んでる頃なので、メールではなくて残暑見舞いを兼ねて受け取りの礼を書く。岡山であたしの作品を見てるはずで、どーなんだろなぁ、ちったー売れてるのかなぁと思いつつ、『さらにパワーアップして出品したいと思っています』と書いた。書いてから、“パワーアップできんのかよ、おい”と自分で突っ込む。何つーか、もー引き出しがカラ!な状態なんよ、ホントに。豆本フェスタ3は10月7日。正味1ヶ月といったところか…何か新作出来んのかなぁ。う~ん、う~ん、と唸って、制作しながらもずっと考えてて、結局“岡山の豆本が戻ってきてから考えよう”とゆー、とても安易な結論に達した。
そーだ、いま思い出した!ちょっと前に作った「KAPPAしりとり」の続編で「KAMEしりとり」をやろーと思ってたんだった!最初は「カメ」で、最後も決まってて、その過程を考えなきゃなんないんだけど。しりとりでラストが決まってるのって、なかなか難しいんだぜぃ。「ちぎれる絵」じゃないとダメだしさ。数(ページ)も決まってるし。でも「KAPPA」が500円だったから、「KAME」も500円、と思うとやっぱこれだけじゃほくほくにはなれんよねぇ。300冊くらい売れたらほくほくできるか。作れねーって、300冊。(つかそんなに売れねーし)

今日は昼から真面目に制作に励んでた。ご無沙汰しちゃってる高円寺「猫の額」用。豆本付き革しおりがこれまでに7本売れたと報告があったので(確か8本しか納品してない)、これはまず作らねば!だしね。
豆本付けるべく、革に穴を開けようとしたら、その道具(何と呼ぶのかわからん)が摩滅しちゃってて使いモノにならない…チェーンの在庫はぎりぎりだし、どっちも買わなきゃダメだ。岡山の売れ行き次第か、こっちも。にしてもこの豆本付き革しおり、売れてくれてるのはほんっっっとにありがたい。意気込んで100本作った豆本ストラップがてんで売れなかったのでバラして使ってるんだけど、もー残り20冊もないのだ。嬉しいなぁと思いつつ、バラしたあとのこのストラップとチャームはどうしてくれよう?と思う。また誰か作家さんにもらってもらうかなぁ。チャーム、いるかなぁ。それともあたしがまた使う機会があるかねぇ。

ちょいと集中して制作してたせーか、頭痛い…熱中症ってヤツか?(これ、夜になる人が多いんだってよ。日中は気をつけてるけど、夜になると油断しちゃうからなんだって。みなさんもご注意を~) 
ま、ともかく今日は(ホントはもーちょいやりたいとこなんだけど)、早めに寝ることにします。かき氷食べてからねー。
そだ、明日は高円寺は阿波踊り大会なんだった。ちらりとでも見れるかなぁ。メチャ混みかな。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-25 00:58 | そんな1日 | Comments(0)
さぁー、今日は本棚掃除だーっ!と思っただけ。実行せず。まるっきり。だってあぢぃーし。でも邪魔なんだよなぁ。こないだまたマンガをどっちゃり貸し出したので、スペースが空いてる…なんてこたーなくて、むしろ「どこから本がなくなったの?」状態。うーむ。長期貸し出しについては何とも思わんのだけど、売り飛ばし、となると別だからなぁ。でも売らない限りスペースを確保するこたー難しいよねぇ。玉の輿に乗って豪邸に移り住むとかね、そゆことしない限りは…可能性としては0.2%くらい?

日中はうだうだだらだらと眉村卓の『ねらわれた学園』を読んでた。これ、本売れてたし映画になったし、誰が主演したかまで覚えてるんだけど、内容を全然知らなかったんだよね。誰がどー狙われたとゆーのだ?みたいな。学園モノだってことくらいはさすがにわかってたんだけど。(このタイトルなら当たり前) 
この作家さんは知ってたので、SFな感じだろなと思ってたんだけど、小学校高学年から中学生向きなレベルだったのね。も少しハイティーンなんだと思ってた。内容もまぁどってこたーなくて、へ?これでおしまい?みたいな…ちょびっとがっかり。(もっと捻ってるんだと思ってた) あ、これは「送る本」なんで、失敗したとは思ってないけど。

夕方からちょびっとだけ過ごしやすくなったので、ミニレターセットを作り始めた。秋のイベントにも出すけど、ご無沙汰してしまってる高円寺の「猫の額」用。白紙の大判メモ用紙(ハガキよりちょっとおっきめサイズ)に、5本のカラーペンでただひたすら罫線を引く。2色とか3色とか、交互にしたりランダムにしたり。ほら、フツーの便箋て罫線の色は単色じゃない。そいつをカラフルにして絵はワンポイントにした方が可愛いし「印刷ではない」感があるっしょ?ないか。でもこういうの、好きなんだよねぇ。ただ黙々とひたすら手を動かす、みたいなの。西新井の「手ぢから よいな」に出してたんだけど、6部作って6部戻ってきた。から、評判としてはよくなかったのかもだけど。で、じゃ何で作ってるかとゆーと「全部自分で使っちゃった」から。こういう、カードやレターセットなんかは、売れ残っても自分で消費できるからいいやね。

ちぎり抜いたチラシと、抜かれた「くりくり」を貼っているカード(便宜上「くり抜きカード」と呼んでるけど、他に言い様はないものか…)、猫だけチョイスしてたら、あろーことかチラシ封筒が褪色してた…カードの線がくっきり、なのが4、5通出てきて、しばし呆然。やっちゃったのは5月の潮風王国のイベントでだけど、たった1日、2日でこーもくっきり出てしまうのか…侮りがたし、5月の紫外線。褪色しちゃった封筒は入れ替えて、自分で使うことにする。あーあ、いいチラシの、ばっちりな絵柄だったのになぁ。

チチが(某テレビの鑑定団の影響で)、昔の切手を引っ張り出し始めた。知る人ぞ知るですが、雪丸は幼稚園は沖縄です。でもってその当時、沖縄はまだ日本に返還されてませんでした。だからアイス買うんでも何でも「10セント硬貨を握り締め」だったんですねぇ。(紙幣を持った記憶はないな、そー言えば) そゆわけで、切手ももちろん「¢(セント)」。3¢、5¢、10¢て具合で、このときの切手を「琉球切手」もしくは「沖縄切手」と呼ぶのね。(日本郵便、とは書いてないのよ) この切手がね、いーっぱいあるわけよ。それもシートで。返還されるとき、価値が出るからってんであちこちの郵便局で買ってたからねぇ。(あたしも並んだ記憶があるし) 切手ブームだった昭和40年、50年前後の切手は「額面以下」な場合があるけど、フツーには使えるのでDMなんかには使ってる。(これ、ネットをいろいろ見てたら「昔の切手で出すのは失礼だ」みたいなコメントがあった…そーなの?どこが?と思ったけど、不快に思った方がいたらごめんなさい) でもさすがに¢は使えないでしょ?使えないから買い取りしてるチケット屋もないみたいで、どーしたもんだろと思う。ネットオークションに出して、好事家、収集家に買ってもらうしかないのかなぁ。それもいろいろメンドそーなんだけど。つか、まだ『売れ』とは言われてないんだけどね。

夕方、制作してる最中にそば屋から呼び出し電話。夢の4連休初日に呼び出すか~?悪いけど断らせてもらった。だらだらでも、いちお仕事はしてんだからさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-24 01:15 | そんな1日 | Comments(0)
何つーか、「夏が終わった」気分なので、まだ暑いのが納得できない…でもまだ8月なんだよね。そーいやこないだの銀座での五輪パレード、50万人だって?これってもーメダリストの顔が見えない人(もしくは車さえ見えなかった人)の方がはるかに多かったんじゃないのかねぇ…ご苦労さまだわ、あぢぃーのに。でも何が凄いって、「苦情ゼロ、犯罪ゼロ」で終わったってこと。にしても、開会式直後、ネットで騒がれてた「日本は開会式に出られなかった」事件は結局マスコミもテレビも沈黙を通してたね。あれは何でだろ。選手もそれについては何も語ってないみたいだし…ご存知でない方にちょっと書くと、
「開会式で、選手を誘導する係りが入場と同時に(本来ならセンターに誘導するはずが)誤ってそのまま退場口に誘導してしまった」
というモノ。隊列組んで入場して、そのまま退場…委員会は最初それを認めず『開会式は(あとの試合にも影響する人もいるから)、参加は自由だ、退場するのは勝手だ』とか言ってたくせに、あとになって『誘導ミス』と認めた(らしい)。ミスではなく故意だとか、放射能汚染を怖れた国がとか、もろもろ言われてたけど、それはともかくとして事実を事実として報道されなかったのはなぜ?と思ってしまった次第。ハハも『道理でニュースでは開会式の日本人についてはあっさりしてると思った』とか言ってたし。震災からこっち、どーも「報道の在り方」に疑問符がいろいろついてしまうんでした。まぁ、それ以前からも思ってなくはなかったんだけどさー。

残暑見舞いを書かねば!と思ってた友人らにハガキを書いてたら、一昨日カードを発送した人から電話があった。代金は郵便振込みでってことで番号を知らせてあったのだけど、『こんなに長い番号は入らない』と言う…入らないって言ったって、それがあたしの口座番号なんだから入らないわけないんだけど…郵便局から電話してくれてるらしく、だったら郵便局の人に振込みの仕方を訊いてください、と言ったらば、『その局員が入らないと言ってる』と言われ、瞬間的に頭がスパークした。いやマジで。ありえないでしょ!何をどう勘違いしてるのか全然わかんない!そしたらあっちでごちょごちょしてる気配がしてて、それからあっさり『入りました』で電話が切れた…何だったんだ…しっかりしてくれよ、ユーピンキョクイン。パートかバイトだったのかもしれないけど頭悪すぎだろ。

今日はそば屋で、1人欠けてて(またかよ…)、それでも何とかこなした。またまた大量のオニギリと稲荷が余ってう~んざり。持ち帰るな、廃棄せよ、だし。いくらランチ(そばとセットでオニギリ&稲荷がつく)を始めたとはいえ、時間限定なんだからこんなに出ないことくらい最初の2、3日で読めるだろーに。

はーあ、やれやれな気分で帰宅したらば、b級サンからメールが入ってた。貸した本がおもしろかったらしい。でしょでしょでしょ~う?気に入ると思ったんだよーう!嬉しいなぁ~。“キライな人もいるかもだけど、この人は好きかもしれない”と思って貸した本を喜んでもらえると、すっげー嬉しい。(逆に「ダメだった」と言われると、すいませんすいません、て気分になるんだけど)
ちなみに何を貸したかとゆーと(これだけでなく既に何度もいろいろ往復させてるのだけど)、マンガにもゲームにも映画にもなった『バトル・ロワイヤル』。高校生、いや中学生だったかな、が「クラス全員で殺しあう」て話で、もーそれだけでかなりセンセーショナルな扱われ方して批判されてたんだけど、批判する人はちゃんと読んだのか?どういう理由で、どんな状況でそうなったかわかってんのか?受け入れざるを得なかった少年少女たちの葛藤を無視すんじゃねーよ!と内心かなり憤ったんだよね、当時。こんなにすごい話を書いてんのに、作家に対して失礼じゃん!て。もうかれこれ10年以上前の小説だけど、未読の方は偏見に惑わされず、ぜひ読んでみてください。「ダメだった」らごめん!
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-23 02:35 | そんな1日 | Comments(2)
ふぅあー、終わった終わった終わったー!とゆー開放感に浸った1日だった。岡山に豆本送って、国分寺にちっさい額を5点送って、昨日、注文もらってたポストカード100枚を送って、これでやーっとココロからほっと出来た気分。この夏はヒマだったはずなんだけど…でもって年始の抱負は「何かに公募する!」で、そいつを試みるはずだったんだけど…部屋、笑っちゃうくらいとんでもないことになってるし。ここの掃除も確か「夏に片付ける」だったんだけどなぁ。て、この暑さでも夏が終わった気分でいるヤツ。2駅先まで買い物に走って帰宅したら『今、東京は34度だってよ』とハハが言い、自分の部屋の室温見たら32度だった…2度しか変わらないんか。だいぶラクな気はするけどね。体温超えなきゃへーきなんよ。つか、店内の冷房にヤラレて(そんなに長居してないはずなのに…)、トイレ借りてPしてきたなんてな。どんだけ冷房ダメダメ体質なんだよ、あたし。冬生まれなのに。カンケイないか。

帰宅してコップ3杯の水をがぶ飲み。この夏はやたら水を飲んでるなぁ。冷した水道水ね。甥のYGと一緒だわ。蛇口ひねれば出てくるモノを何で買わなきゃいけないのかよーわからんのよ。水道水がカラダにダメってんなら、生野菜食べるときも買った水で洗わないといけなくない?
ま、ンな話はどーでもいーとして。

帰宅して昼ごはん食べて、ハハが『これも一緒に片付けて』と出したのが、ペランダの鉢植えのぶどう。数年前、チチの日にプレゼントしたものが、今年はえらいなってるのよ。ほぼ毎日収穫してるのだけど、こーれーがーさー。「まずくないけど甘くない」ってシロモノで、大きさはデラウェアくらいなんだけど、しっかり種が入ってるので食べにくいのよね。それでも美味しいならいいけど、そーでもないのが殆ど。ふと思いついてハハに
『干しぶどうにしてみたらどーだろか』
と言ってみた。『皮剥いて種とって?』『う~ん』『フツーに売られてるのには皮も種もないわよね』『だね』『少しは甘くなるかしら』『さぁ~』 などと言いつつ、こーして食べてても美味しくないから、という理由で皮剥いて種とって黙々とザルに並べ始める2人…こういう作業、キライじゃなかったりするのよね、あたしたち。
しっかし、これがぶどうでなくてブルーベリーだったらどんだけよかったか!いちお、こっちもなってるのだけど、ほんのちょびっとしか収穫できない上、ぶどうは食べない鳥たちもこっちは網の目をよけてでも食べようと必死になるのよね、甘いから。毎日コップ1杯以上収穫してるといううたちゃんが羨ましい。

コップ半分くらいのぶどう(とりあうえずこの2、3日で収穫して食べ残ってた分)を全部、皮剥いて種取った。ハハが言った。
『どうせならジャムにした方がよくない?』
おおっ、おっしゃるとーり!いーねいーね、ジャムにしよう!とジャム化決定。自家製干しぶどう、てのもちょっとココロ惹かれてたんだけどね。干し柿は渋柿の方が甘くなるじゃん?ああならないかなぁ~と思って。2、3粒やってみるかな。

本棚周辺に「戻ってきた本の行き場がなくて山積み状態」で、何とかしなきゃなぁ~と横目で眺めつつ、やる気ゼロのぐだぐだで、のろのろと机周辺を片付けただけで1日が終わった。あ、被災地に贈る絵本で『くまのこウーフ』を読んだんだった。こっちも全然読んでないんだよなぁ。せっかく『真田幸村』と『直江兼継』買ったのに。月内発送、間に合うんだろか。間に合わせるけどさー。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-22 01:35 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156