<   2013年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

朝起きてもまだハラいっぱいだった…どんだけ食べたんだ!もーかっくじつに太ってるよなぁ~お散歩も行ってないしな。と反省しつつもしっかり朝食を食べ、布団を干し、それから玄関の掃除。デッキブラシでごしごしとね、石段も塀も含めて。この仕事は昔からあたしがやってるんだけど、つくづく思うのは、「昔の方が寒くてきつかった」てことだ。きっちり防寒して、“うぅ~冷てぇ~”とか言いながらごしごしやってた気がする。それがいまじゃ、セーターだけの普段着のままやってるんだもんねぇ。時候の挨拶として『寒いですねぇ~』とか言ってはいるけど(もちろん寒いんだけど)、その実、どってこたーないよな。

買い物に出て、魚屋とか花屋がえらい混みようでさすが年末、と思いつつ、魚屋の威勢のいい掛け声と煽られて(?)あれこれ買い込んでる人を横目にぶりのアラだけ買って(たっぷり入って200円だ、素晴らしい!今夜は好物の「ぶり大根」だ)、朝食用のパン買って、ずっと買ってなかった「ぎんぎつね」の10巻を買って帰った。今年はハハの負担を減らす目的もあってお節は市販のモノですませることになったんだけど、とは言いつつ毎年なにかしら作ってもいるわけで、ハハはこんにゃくの「お煮しめ(ってこの字でいいのか?)」やら蓮のきんぴらやら作ってた。いい~匂いだった。
やれやれふぅ~で落ち着きたかったけどそゆわけにもいかず、チチのリハビリに付き合い(昨日、あたしが出かけてしまったもんだからきっちりサボってた…罰として今日は2回やると宣言した)、以前からやりたいと思ってた、台所の一角にある紙袋や包装紙の束をキレイに整える。昔あたしが作った箱に収めてるんだけど、ただのダンボール(に包装紙を貼ったモノ)がだいぶくたびれてきてたので、その作り直しから。(ちゃんとサイズを測ってもらってきておいた箱をカットした) いつもは必要になりそうなサイズのものだけ残してあとは捨てるのだけど、もー紙ゴミの収集は終わってしまったのでただまとめただけ。にえらい時間を食ってしまった…5時には「珈琲読書で一服」の予定が5時半になり、6時になり、2度目のチチのリハビリで遂に叶わず…ちぇっ。結局、自分の部屋の片付けはやる気が起きなくて相当いい加減になり、「あとは明日!」てことにした。つか、明日は甥のYGらが午後にはやって来るし、夜はバイトで出来ないだろーから今日やる、て決めたはずなんだけどね。やる気なくなっちゃったんだからしょーがない。

チチの風呂のあと、爪を切るとゆーのでやらせたら思いっきり深爪してくれて、前にそれやったときの指がまだ膿んだりしてるから注意するだろーと思ってたけど甘かったな…ハハに『私がやるって言ったでしょ!』と怒られて、あたしの方がしゅんとしてしまった。(こゆときチチもしゅんとするかとゆーと、せーんぜんそんなこたーない。痛いのは自分なのに気にすることもないのだ) 
初めてチチの爪を切った。他人の爪を切るのって結構怖いもんなんだな。加減がわからないとゆーか、指まで切っちゃったらどーしようと思ってしまう。ハハが『怖い』と言う意味がよくわかった。

年が明けて日常が戻ったら、処分できなかった包装紙やら小袋やらをも一度見直して間引くつもりだけど、「使わないからいらない」あの包装紙、「何かにできないかなー」と思う自分がいる…サガだわね。カレンダーよりやわいから封筒には不向きだけど(そもそもカレンダーもまだ山のよーにある…)、裏返して出店用の袋にするかな。ポストカードよりやや大きめの袋、てのがないし。あぁ~、嬉々として、延々と袋を作ってしまいそーだ…金にもならんことを!いっそのこと売るか、作家さんに!「買った方がいい」と思われるのがオチだろね。そっちの方が安いだろし。何かいい案はないかなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-31 01:51 | そんな1日 | Comments(0)
今日は台所を磨く、と宣言してたので、朝からがんばって天袋(この中に使ってない食器がどんだけあるのか考えたくもない…)から棚、そして床をせっせと磨いた。とはいえ、築49年木造家屋のこの台所(間違っても「キッチン」たー呼べない気がする)、磨いたところで“キレイになったぜ!”とゆー感じにはならんのだけども。ついでに冷蔵庫の掃除…てわけでもないのだけど、昼食はとっくに期限の切れてる冷凍ピラフ。まーこんなモンだったかな、て味。ビミョーでもこれでハラ壊すこたないだろな、て程度だった。
床を磨く前にちょっと買い物にも出たのだけど、えらい混みようでうんざり。みなさんドカ買いしてるし。年の瀬って「そういう気分」になるもんなんだろね。

夕方、待ち合わせよりちょびっと早めにウチを出て、B・オフを覗く。欲しい本はなく、どこにもないから先日諦めて350円で買った本が105円だったことを確認しただけだった。ちきしゃう。でも姪の欲しがってた(?)、ハムスターの人形のがちゃぽんが出来たから、まーよいのかな。1個といわず2個買っておけばよかったかもだけど、かあいいのかどーかわからんしなぁ。
そーそ、「鬼灯の冷徹」て本も探してるのだけど、見つからない…安くなるのを待ってたらなくなってしまった。正月2日からの「20%オフ」に果たして出てくるのかどうかだなぁ。どーせYGらがやって来たら、どこかのB・オフには行くことになると思うんだよねぇ。連中は好きだから。(釣られて(吊られる?この場合はどっちだ?)、何かバカ買いしそーてこあいわ)

今日は友人と「2人忘年会」。11月の「個展前激励会」が流れ、個展後の「誕生日会(ピザ食べ放題)」も都合が合わなくて流れ、やっと本日に至った次第。
いやー、食べた食べた。(帰宅してジーンズに履き替えたら、えらく苦しくてまいった) 前菜、サラダ、グラタン、ヒザ、パスタ、そんで「今度来たら絶対食べようね!」と言ってたスィーツピザ。薄切りのリンゴとハチミツたっぷり。美味しかったー。アイスがまた絶妙で。食べるだけでなく、もちろんよく喋った。仕事のこと、ウチのこと、来年どーする(したい)か。で、彼女が『去年のことを覚えているか』と言い出し、今年ではなく去年、てのがもーかなり曖昧になってることに2人でおののく。『…は去年?いや一昨年?』みたいな。彼女は仕事の内容で、あたしは出店や出展でかろーじで「こうだったな」と思い出すことが出来たのだけど、改めて考えないと出てこないもんだわね。
『雪丸はさ、ブログで「今年はあまりついてなかった」みたいなこと書いてたけど、そーなの?』
う~ん…何か「そんな気がする」て程度なんだけどね。細かいこと言い始めるとキリがないのは確かだけど、それを引きずって凹んでるってほどでもないし、前向きになれないでいるわけでもない。「どってことないっちゃどってことない」わけで、てことはつまり「その程度」のシロモノ。5年8ヶ月のそば屋のキャリアをあっさり捨てることに対して自問したこともあったけど、じゃあのままいた方がよかったか、てーとンなことないとも思うし、「3.11」はやってよかったと思ってるし、その後の諸々の出展(出店)に関しても想うこといろいろだったけど、総じて「ちぎり屋としてはちょっとぱっとしなかったかも」くらいかなぁ。個展もね、来てもらえたのは友人知人ばっか、というのが自分的にはちょっとむむむ、だったのよね。長い常連さんたちには来てもらえたけど、それ以外の、3回以下の人が果たしてどれだけ来てくれるのか、てとこでちょっと誤算だったからさ。あんだけDM出してもこれか、みたいな。

そーそ、先日売り飛ばしたCDの、松岡直也の「ウォーターメロンダンディーズ」が300円だった、て話をしたらば、『彼のアルバムはみんな女性名だよね。そのアルバムは知らない、珍しいんじゃない』と言われた。そーなのかー。オトートたちの、M・キャリーやB・アダムス、B・スプリングスティーン、B’Z、永井真理子あたりはみんな1枚10円なのに対し、あたしのGreeeenは50円、マルタの「ハイプレッシャー」は100円、クリスマスソングも100円と、なかなかの高配当(?) 連中のだけだったら交通費にもなってなかったわね。そゆ意味ではアネとしてちょっと気分がよろしいかも。

さーて、明日は玄関掃除して、賀状を書き終わったまんまの状態に近い机をキレイにして大晦日を迎える仕度を整えましょーかね。毎年そば屋でぎゃーぎゃー言ってた年末は忘れてゆっくり…でもないんだな、これが。どーぶつ病院のバイトが入ってるので。「年末は働く」てことになってるのかもなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-30 02:04 | そんな1日 | Comments(0)
ここ1、2年くらいでちょっと賀状を減らしてて、100枚足らずになったにもかかわらずかかる時間はさして変わらない気がする…何でだろな。賀状書きの合い間に買い物に出たり洗濯モノ取り込んだりチチの世話したり日常雑事に追われてたら、あっちゅー間に夕方で、ぎりっぎりで今日の最終集荷18時に間に合った。危なかった。去年、じゃなくて今年か、の年賀状が『1日に届かなかった』と言われ、ちょっと悔しかったのでがんばったつもりだけど、28日だったら大丈夫かなぁ?元旦に届かなかったらごめんです。

とにもかくにも「ふぅ~」て気分で6時ちょいに帰宅して、それからチチのリハビリに付き合い(『やろう』と言うと嫌がりもせず従ってくれるのだけど、そーでない限りは絶対動かないのよね…)、7時近くになって慌ててどーぶつ病院へ行った。
スタッフルームの菓子箱がまた増えてた…「今年お世話になった」とか「お歳暮」てことで年末は多いのかもだけど、にしてもすごい。センセいわく『女性スタッフばかりだから、だったらお菓子が、と思うんだろうね』。ひとこと言ってあげたいわ、このセンセはすっごい酒豪なんですよー、と。(甘いのがキライとは聞いてないけど)

そんな菓子箱の山を気にする余裕もなく、洗濯物びしばしフル回転で、ゲージ洗ったりエサ皿洗ったり床掃除したり。7時に診療は終わりなのに、8時過ぎてもフツーに患者サンがやって来るのがちょっと不思議。洗濯に中、診察室でちょっとわたわたしてる気配がしてた。ゴミ箱を取りに行ったら、センセが『帰宅してちょっと様子見てから必ず電話ください』と言ってるのが聞こえ、わんこが元気に吼えながら帰宅してくところだった。
『…生卵4つか…』
『…はい?』
『いまの子、卵4つ食べたんだって、自分で殻割って。で、殻と血を吐いてウチに来たの』
『生卵4つですか…』
『そう、じゅるるって…元気に帰ったけど、う~…どうかなぁ…』
人間だったら具合悪くなってる気がするねぇ。昔、『ロッキー』の真似してそれやって(映画『ロッキー』ではそゆシーンがあるのだ)、ハラ壊したヤツいたもんなー。しかしわんこの手足の届く範囲に生卵なんざ置くもんじゃないですよ、おじさま。置いたのはおばさまだったかもしれないけど。

掃除洗濯その他がひととーり終わって、さてカルテのせーり、と思ったら冗談のよーに積みあがってた…昨日より量が多い気がするけど、昨日の方が大変だった、とセンセが言う。
『朝昼兼用の食事が出来たのが夕方6時』
って、それすでに「朝昼」どころじゃないですって!午前12時前に帰宅できることはあるのかと尋ねると『ん~…ない』。スタッフもいちお「7時まで」ってことになってるけど、8時9時は当たり前で、『早く帰してあげたいから帰す』のでセンセは午前2時3時、になるんだよね。かく言うあたしは10時まで、てことになってて、でも今日は10時半。洗濯機はまだ稼動中で、さらにも一度かけなきゃ、なくらいだったから、まーたセンセは遅くなるなぁ…何とかならんのかねぇ。てあたしがどーこーできるわけじゃないんだけど。
帰りにまたまたお菓子をいっぱいもらってしまった。ハハも驚いて『またもらえるとは思わなかったわ!』。だよねー。正月用に買う必要なかったねぇ。

とりあえず賀状は終わった!明日は台所を磨いて、そんで夜はうふふのオデカケだ!
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-29 01:39 | そんな1日 | Comments(0)
いまひとつ、片付いたよーなそーでもないよな状態なのだけど、年末年始のお買い物をハハと済ませた前後でせっせと賀状書きに専念し、3時過ぎにCDと本をそれぞれ20~30枚(冊)前後、カートに乗せて新宿まで行ってきた。近場のB・オフでもよかったのだけど、どーせなら10%オフのチケット(今月いっぱいまで)を使いたかったしね。その甲斐があったかどーかはちと疑問だけど。

出かけるときに雨が降ってたのでやれやれと思いつつ、カートを引きずってった。査定は20分ほどで終わり、結果はとゆーと、合計で1470円、の1割り増しで1500円ちょっと、だった。ま、そんなもんかな。それよりちょっとつらかったのが、ウチにあったでっかい「日本地図」と「世界地図」(じーさまがM新聞に勤務してた頃に福岡放送だったかからもらった)本と、どういう経路でウチにあるのか誰も知らない、アラビア方面の湾岸写真集が拒否られたこと…売れないのはともかくとして、重いのだ、この3冊が!でも「そちらで処分して」とゆーのもちょっとシャクだったので引き取った。(だってそれで売られたらむかつくじゃん。似たよーなでかい写真集とかヘーキで高値で売ってるもんね)

レシートには内訳が入ってて、文庫は大体20円、CDは10円だったんだけど、あたしのCD、ウォーターメロンダンディーズが(だけが)300円ついててあとでびっくりした…別に惜しいとは思わないのだけど、わー、も一度聴いておくんだったなー、と後悔。ちょっとポップでテクノ調でもあるフュージョンだったと思う、確か。もー昔すぎて忘れたよ。袋に移し替えてるとき、ふっと“も一度聴こうかな”と思ったんだよなー。じゃんねん。あと、クリスマスソングCDも200円だったか、そのくらいの値段がついてた。日本語のクリスマスソングで、『天使の降る夜』とか入ってたんじゃないかな。これも個展で流せばよかったよ…この「売り物CD」の袋をチェックしそびれてたのが悔しいわ。

代金とは別に(買取り月間でもあるので)300円の金券をもらい、それで欠けてた「石影妖漫画譚」の5巻350円を入手し(ついでに8巻も買い)、そしてかつての職場のそば屋に立ち寄った。酒持参で。(こいつも重かったのだ…2リットルだし) あたしが去ったあと、結構人が入れ替わったので知った顔も減ったけど、おじさんたちは相変わらずだった。そばをおごってもらい(9ヶ月ぶりのそばだ!)、年腰しそばを買った。SUさんが出てきて、そばのやり取りをしつつちょっと喋った。
『今日の年越しそばはこれで終わりなんだよ』
『えっ、だってまだ5時過ぎですよ?やばいっつーか、相変わらず段取り悪いとゆーか…』
『でしょう~?っとにダメなんだよなー、ここ』
『何で毎年同じことやらかしますかねぇ。引換券持ってる人に怒られる身になれですよね』
SUさんはかれこれ16年?のベテランだけど、明日から1週間休むのだそーだ。うっわー、これからのクソミソな忙しさに不在なんだ、えらいこっちゃ、辞めててよかったー、と思ってしまった。去年は3日休んだだけであれこれ言われてたけど、「やってらんねーから休むんだ」てことなんだろな。そう思われるってことは、いかに店が従業員を大事に扱ってないか、てことなんだけど、まるでわかってないよな。そんなんだからかつての従業員が蕎麦を買いにきて、残り少ないとわかっても「お客さまに譲って自分はまた改めます」とは言ってもらえないんだぞ。
『また遊びに来てよ』『はい』であっさり別れてしまったけど、あとで『よいお年を』と言い忘れたことに気づいた。みなさん、よいお年を、です。

6時近くに帰宅して、7時から病院のバイト。ひーとてっく着てたら暑くてまいった…あたしは自分ちではこれにさらにシャツ着て毛糸のセーター着てるんだけど、それでちょーどいいのは「暖房を使ってないから」なのね。なのでこの状態からどっかへ出かけると大抵暑くてまいる。(本屋は特に暑い気がする…) そば屋のときは着替えてたから意識したことなかったけど、外とウチん中の温度差がさしてない場合は、あまり着込んでくのはかえって具合が悪くなるもんなんだな、と反省。ぼーっとしてきちゃうしね。
さーて、明日は絶対「賀状を完成させて投函する」ぞ!これから書く気力はあまりないのだけど、でもも少しやるかなー。そんでアイス食べよっと!
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-28 01:56 | そんな1日 | Comments(0)
今日はチチのリハビリの日なのだけど、すーっかり忘れてて、10時半にセンセが帰るころギリギリに挨拶することが出来た…やれやれ。どーもチチのリハビリの日(週2日)は追われる気分になるなぁ。もっとも、ハハがいてくれるから助かるけど。
で、そいつは「お互いさま」で、ハハは入れ違いにスポーツジムへ行き、帰りに友だちとちょっとお茶…のはずが『やっぱりランチ』ということになったらしく、ココロおきなくみんなでお喋りに花を咲かせてきたみたいだ。帰宅したのは3時過近かった。

今日こそ賀状を!と思いつつ、「それより先にお掃除」とせざるをえなかった…明日が今年最後の「可燃ゴミ」の日、なのだ。うぅ~、わかってたんだけど、やってらんなかったんだよなぁ。てゆーかさ、共働きの人の方が多いこのご時世、この週末からやっと「ウチのことがちょっと何かできる」状態になるんだと思うのね。いくら何でも27日金曜日(しかも朝早い)が今年ラスト、てのは早すぎないかねぇ。てことは27日からのゴミが年明けの3日だか4日まで溜まってく、てことだもんね。そこに「年末大掃除のゴミ」なんてのまで加えたらえらいことになるじゃんね。

まーぶつくさ言ってもしょーがないので、大掃除には至れないものの「お掃除」し、ばんばんは捨てられないけどとりあえずのゴミを出し、ついでに(てなことをやめれば賀状を書く余裕も出来たかもしらんのだけど)、棚や額のガラスを拭いたり整理したり。昨日戻ってきたクリスマスグッズの収納もあったしね。居間に飾ってたクリスマスツリーやら何やらね片付けねばならんかったし。
そーそ、本と一緒にオトート1号2号のCDも持ってくつもりで整理してたら、中にM・キャリーのクリスマスCDが出てきて、これが流行ったころさんざっぱら街中で聴かされてたから飽きてたんだけど、個展のとき流してけばよかったなー、と思ってしまった。いーっつもBGMに悩むんだよねぇ。これでもよかったんじゃないかとか、これはどんなんだろ、と思うのもいくつかあって、ちょっと惜しいことした。

結局、賀状は書けないまま、1日が終わった。はーあ。やるかな、これから!明日は明日で本を売り飛ばしに行かなくてはだし、夜はバイトだし。あー、やっぱストパーかけたいなぁ。いつできんのかなぁ。
帰宅したハハは何やらでかい薄い箱を抱えてて、訊くとランチしに行った店のピザがすごく美味しくて『2人に食べさせたいと思って』テイクアウトしてきたんだそーだ。『だから夕飯はピザね!』。我が家では宅配ピザを頼むことすら稀なんだけど、以前そのピザ屋のピザの話をしたらチチが珍しく食べたがってたので、それをちゃんと覚えてたのだろう。えらい。
つーことで夕飯はピザ。30センチ以上はある代わり、すっごく薄い。ぱりぱりの甘くないクレープ?みたいな感じ。トースターで3枚づつちょっと焼いて、それから(別に包装されてた)生ハムと、えーと何だっけ、ルッコラ?でいーんだっけ、緑の葉っぱを散らして食べた。美味しかったー。まず大きさにびっくりするんだけどね、ぺろりと食べられてしまうのよ。ご馳走さまでした、母上。全部平らげてしまってごめん。いくらランチで食べてきたとはいえ、ちょっとは残すべきでした。

さーて、賀状やるか、はたまた明日のために余力残して寝るか…どーしましょっかね。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-27 01:35 | そんな1日 | Comments(0)
  まずはみなさん、メリークリスマス!いい1日過ごせましたか。

本日はくるみギャラリーの「クリスマス展」最終日にして在廊日、でもってその後は忘年会。
まずは行きがけにちょっとドタバタしつつも12時ちょい過ぎに無事到着。お客さまはちらほらいらして、でもあたしのカードその他は動く気配もなく、ココロでちょっとしんみり。飾っておく(?)豆絵本、『MONO』を手に取る人はいても(でも気づいてもらえることさえ稀)、最後まで読まない、てゆーのは何なんだろう、と思う。一応、ちゃんとオチ(?)がついてるんだけど、そこまで興味を引っ張れない、てことかなぁ…だとしたらそれはあたしの力不足なわけで、ふむむと考えてしまった。

2時過ぎにちょっとゴハン、と思って、初めて「がすとクイック」なる店に入った。いやー、ポークカレー290円、てのが目に入っちゃってさ。ホントは美味しい(ちゃんとした)珈琲と何か、と思ってたんだけど、売り上げも悪いし、そゆ気分でもなかったし。でもクリスマスなんだから、そのくらいのゼイタクはしてあげてもよかったんだよね、自分に。ちなみに290円カレーは、ウチでレトルト食べてるよーなもんでした。ウチでも食べないけど、レトルトカレー。それより“何でカレーに味噌汁?!”と思った、その味噌汁が意外に美味かったことに驚いたわ。

夕方近くになって続々とやって来る作家さんたち(何たって総勢33名なのだ。全員が搬出に来れるわけではないのだけど)とお喋りしつつ、さくさくと搬出。そしてギャラリー2階で恒例の忘年会。「たこ焼き係り」な作家サンのおかけで熱いほくほくのたこ焼きを食べ、みなさんが持ち寄ったおつまみやサラダ、から揚げから大学芋(これが美味しかった!あまり甘くなくて)、串揚げなんてのを次々といただき、ここは「酒はあるが酒でないものはない」場であることをじゅーぶん承知してたあたしは炭酸とスポーツドリンクのボトル2本を持参してたので、1人でぐびぐび。でも気づくと他の人も結構飲んでたよな。2本はどーかとちらりと思ったけど正解だった。何たって今回は「お茶すらない」忘年会だったので。ほんっとに酒は豊富なのよ、ここ。ワインもポン酒も焼酎も3時間、4時間経っても「ちゃんとどっからか出てくる」んだよね。で「ちゃんとなくなる」。すごいわ。

そーそ、ディップがいろいろ揃ってたのだけど(みんなお手製)、中にアボガドと味噌とレモン少々、というのがあって、カップから掬ってたら、中にアボガドの種がどんと鎮座してたのね。へ、何でここにアボガドの種?と思ったら、持ってきてくれた作家さんいわく
『種を一緒に入れておくと変色しないんだよ』
そーだったんだ!すごい!いーこと聞いたわ。先日作ったときも、色がすぐくすんできちゃうから味はそんなに変わらなくても美味しくなさそだなー、と思ってたんだよねぇ。アボガドと味噌、というのも初めて食べたけど美味しかった。

ともかくよく食べた…いまハラいっぱいで、また確実にでぶるんだなー、と帰宅しながら思ってしまった…動物病院のバイトはそば屋に比べたらはるかに運動量が少ないので、連日入ったところでどってことないだろし、さみぃーけどお散歩距離を伸ばすしかないかしらね。
帰宅したら、BQから荷物が届いてた。何だろなと開けてみたらば、ムックカードがまず目に飛び込み、それだけでうはうは。そして黒い素敵なブックカバーのかかった文庫本が入ってた。どこの本屋にも古本屋にもなくて、「絶版ではないが再版の予定もない、出版社に在庫もない」と言われた、ジョナサン・キャロルの『黒いカクテル』。素晴らしい!ありがたう、BQ!殿!!
あたしは「あまぞん」を利用したことはないのだけど、彼女はよく利用してるので、『もし見つけたら買って欲しい、代金は払う』と伝えてあったのだけど、まさかこんなに早く入手できるとは!これでJ・キャロルの既刊は全部揃ったことになる。あとは(あちらでは数冊刊行されてる)本の翻訳を待つばかりなのだけど、もう長いことやってくれてないんだよねぇ…ちょっと一筆書こうかなぁ。たぶん、これまで彼の本を翻訳してた人が亡くなったことが影響してるんじゃないかと思ってるんだけど。

ちょっとへなちょこ気分になったクリスマスでもあったのだけど、いいこともいろいろあったからイーヴン、かしらね。そーそ、チチから誕生日プレゼントとして指なし手袋ももらったんだった。去年買った、合皮の指なし手袋が汚れてしまったので洗ったら縮んじゃったのよ。(先日やるまで気づかなかったのだけど) それを知ったハハがチチをせっついて「買わせた」形なんだけど、真っ黒でボアボアもついててイイ感じ。あたしはリョーシンに何もクリスマスプレゼントをしなかったなぁ。ちゃんと考えておくんだった。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-26 02:24 | そんな1日 | Comments(0)
起きたらあんまりいい天気なんで、さて今日はどーしよーか、と考えてしまった。当初の脳内予定ではストパー(ストレートパーマ)をかけるつもりでいたのだ。こんなにいい天気なのに、数時間も拘束されるのはどーだろなー、と思い、でもとりあえず買い物に出かけたときにどのくらい時間がかかるか訊いてみることにした。
『ウチではストレートパーマはやっていませんが…』
って、え、そーだっけ、じゃあたしはどこでやったんだっけ?と恐縮して縮こまって店を出た。てーっきりここでやったと思ってたんだけどなぁ。
伸ばし始めたはいいけど、クセも強いし、ぼわぼわに膨らんで見苦しいことこの上ないので年内のうちに何とかしよう、と思ってたんだけど…困った。いったいどこの店でやったんだったか…確か結構安かったんだよなー。

ともかく予定が狂ったことを幸いとして、まずはからあげ屋で「ビックもも」なる骨付きのもも肉を3本(1本650円だけどクリスマス特別で600円、しかも商店街の福引で200円分の金券があったので1600円だ)とケーキを買い、帰宅してから「窓ガラス磨き」に突入した。
ホントはも少し年の瀬が迫ってからでもいいんだけど、こんなにいい天気で、しかも特に予定がないとあっては(夜はバイトだけど)、やるっきゃないでしょう。(つか、この天気で賀状を書く気にならなかっただけ、てのもあるけど) 100均で窓拭き用のカッパキ(T字とも言う)を買い、ゴム部分がちょっとどーなんだこれは、とブツクサ言いつつも夕方までに全部の窓を磨き終えた。仕上がりは…何かイマイチだなぁ。ゴムが悪いのかあたしの腕が落ちたのか、だけど。
そーそ、磨き終えるころ、ベランダから見た夕焼けはそれはキレイだった。雲がすっごく明るい、いいオレンジ色でさ。ほぇ~としばし見惚れたよ。明日もいい天気かな。

バイトまでの時間、せっせと賀状を書いて、夜になると一気に冷え込んだ町をチャリですっ飛ばし、動物病院へ。センセからクリスマスプレゼントとしてハンドクリームと、またまたいっぱいのお菓子をもらってしまった…な~んも考えてなかった…何か持っていけばよかったなぁ。とは言え、こんなに菓子が溢れてる職場では、何を持ってくのがいいのかちょっとわからん。カレンダーもあちこちにあるし、そもそも菓子だけでなくいろんなモノがあるし。も少ししたら、ここに何が必要なのかわかる気がするけど。

いつものように洗濯の合い間に掃除やゴミ集めとちょこまか動き、最後にカルテの整理をしたのだけど、この2日に比べて3、4割増しなその量にちょっとびっくりした。
『先生、今日すごかったんですね!』
『ちょっと挑戦的だよね、この量…よく働いたよ』
『ホント、お疲れさまでした』
『ねぇ…イヴなのにこれだもんね』
センセは明日は深沢だとゆーので、そこで何をしてるのか尋ねたら、「夜間緊急」の動物病院があってそこでも働いてるのだそーだ。獣医仲間らで出資して作ったそうで、だから持ちまわりで勤務してる、てことらしい。すごいな。普段の物言いはすごく淡々としてて(そして誰にでも敬語)、どこにそんな底力、余力が?と思うのだけど、ある日突然ぱったり倒れるんじゃないかと心配。そもそもちゃんと食べれてるのかしらん。

さて、明日はくるみギャラリーの最終日にして搬出ですが、あたしは昼から在廊してる予定です。お天気よそさだし、お時間ありましたらぜひ覗いて見てくださいねー。
ではみなさん、よいクリスマスを!
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-25 02:40 | そんな1日 | Comments(0)
昨夜は“何か映画でも観よう!”と思い立ち、最近SFばっか読んでる気がするので(ンなこたーないのだけど)、何となくSFを選んだ。2003年、ジョン・ウー監督の『ペイチェック 消された記憶』。えーと、どーだったか、とゆーと何だかすごく無難?とゆーか…何がよろしくないのかよくわかんないんだけど「フツー」だった。ジョン監督だからSFとゆーよりアクション映画に近いことは譲るとして、P.K.ディックがこれ書いたころにとっては「まったくSF」だったのだろうけど、いまはそーでもないから、なのかもね。
巨大企業が開発する技術の機密保持のため、関わった技術者の「その記憶」だけ消す、てのが常態となってる(?)「現代」で、関わった3年間だけすっぽりと記憶が欠落してる男が、ごたごたに巻き込まれて、失われた3年間を探す、て話。手がかりとなるのは、ガラクタ同然のアイテム19個。それを使いこなして真相に迫る、てことで、それなりにスリリングだし、脚本もまぁよく出来てるし、退屈しないのに何だろな。ソツがなさすぎ?B・アフレックがあまり好きじゃないからかなぁと思ったけど、そーでもなさそだし。ユマ・サーマンはかあいかったけど。(『キル・ビル』が観たくなった)

ま、そんなんで寝たのは5時近く。チチがテレビのある部屋の隣室で寝てるので音量にはかなり気を遣い(爆発シーンとかさ、派手なドンパチだとでかいじゃん)、そのせいもあってやっぱ映画は観づらいなぁと思ってたら、ぜーんぜん気づかなかったらしい。なーんだ、も、気にしないで観ることにするかな。

この2か月分くらいの「作家出納帳」をサボってたので、せっせとレシートより分けて、電卓ぱちぱち。個展のページは、「いつ売れた」ではなく「何がいくつ売れた」かを書いてるのね、いつも。カードは合計何枚だとか、絵本は何が何冊かとか。で、これらの合計と個展のときの6日間合計とが、なんっっっかいやっても合わないのよ!もー自分でもキレるかと思うくらいムキになっちゃって、誤差100円まできて諦めた。疲れた、すごく。この1年のトータルでいくと(まだ「クリスマス展」が終わってないけど)、ちょびっとマシ?…いや、そーでもないかな、やっぱ「どっこい」くらいか。
個展のカテゴリでは「カード」「フレーム(今回は1500円均一)」「絵本」「雑貨」「限定品」の5種に分けて書いたのだけど、この5つのどれが最も売り上げイイと思います?あたしが一番苦しいと思うとこなんだけど、これら5種、
「売り上げはほぼ一緒」
なんすよ。プラマイ3000円未満てとこかな。もちろん価格は全然違うんだけど、売れる数も違うから、価格としてはみんなほぼ拮抗してる。これがさ、例えば絵本だけすごく売り上げが悪いとか、カードが全然売れないとか、そゆことだと“えーい、もーカードやめちゃえ!”となれる(?)のだけど、何だかねぇ…「ちぎり屋」は、来年どー行くのがよいんでしょかね。そんなこんなもあって賀状に書く抱負も思いつかないわ。

出納帳のあとは、その賀状。はーあ、トシオンナかぁ~と思いつつさくっと馬ちぎって、これだけ印刷。毎年「いじってたら何となく出来た」ので、いまだにどこがどーなってるのかよくわんないまんまなんだけど。(それでも去年のことを思い出せずにちと苦戦した) そんでそれからリョーシンの分。こちらは文面アリの両面。終わったのは1時過ぎ。何か掃除の「そ」の字もないまま、1日が終わってしまった…てゆーかする気あんのかね?あぁ、それより本を片付けないと!
あ、そだ。オトート1号が車買い替えたってね!とハハに言ったらば、『そーよぅ、見せに来たじゃない、乗ったじゃない』と言われてしまった…そーだった、ごめんね、1号。すっかり記憶から消えてたよ、ははは。
ともあれ明日はイヴですね。いい1日過ごしてください、みなさん。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-24 02:17 | そんな1日 | Comments(2)
んーむむ、やはりPCの調子はイマイチのよーだ…いったい何だって同じメールを2度3度と受け取るんだ?しかも3時間おきくらいに。(つまりこのPCを開けてる間に、てことか?) 「受信エラー」と言いつつ、とりあえず受け取ってはいるみたいだけど。受け取れてないのもあるんかね?

オトート1号のブログをぜーんぜん読んでないことに気づき、読んでたみた。ゴジラだのモスラだのについて語ってた…またかよ!もーさんざん語ってた気がするけどあれは気のせいか?ウルトラマンシリーズのことだったか?約8年前のW杯参加国のボトルキャップを全部持ってたとは知らなかったよ…つか、よくまー集めたもんだ。
どーでもいーけど、人が気に留めないであろーことに身内だから反応してしまうこともある。あーたいつ車替えたんだ。年末は新車で乗り付けてくるんか?とか。
彼のブログは「NakaMono博物館」と言い、自分ちにあるモノについてあれこれ語ってるわけだけど、昔のモノも多くて、そーそーウチにあったねそれー、と苦笑してしまったりもする。で、ネタが尽きてくるとウチに来たときに何やらごそごそするのだ。選ぶな、全部持ってけ!て感じで。ついでに掃除もしてくれると助かるんだけどねぇ~。
いやそれはともかく、このブログを読んでると「次ページ」をクリックするたびにPCが固まるのだ…で、一度閉じて、また開いて見る。3回繰り返して、メンドになったのでやめた。これもPCの調子が悪いのとカンケイあんのかねぇ。あーやだやだ、PCてメンドだわー。毎日ここ更新しといてこー言うのも何だけどさ。

クリスマスは甥も姪も来ないので、彼らへのプレゼントを梱包、売れ残りのクリスマスカードにちょいとしたためて、友人に送り返す本にも手紙を書いて(あぁ、手紙だけじゃなくてカードも付けるんだったー、ごめーん!クリプレも入れたから許しとくれ)、コンビニへ行った。クリスマスにちゃんと着きますよーに!
今朝、起きてみたらチチが万馬券取ってほくほく。その後、ハハは有馬を取ってにこにこ。『夕飯を作る気がしなーい』とのたまうので、『じゃ寿司を買ってもらおう!』と勝手に「今夜は寿司」と決め、チチに有無を言わさずにお金を出してもらった。(もっとも、ここで反対する人じゃないんだけどね) ウニ軍艦の入った「上にぎり」にはサーモンが入ってなかったので、200円安い「松にぎり」にしたら、ハハに『安すぎ』と怒られた…でも同じ10カンでこの差はないと思うの…ハモ(?)も美味しそうだったしさ。

昨日もだけど、今日もあたしだけ夕飯食べずに動物病院へバイト。の前にチチの歩行練習に付き合ったのだけど、昨日といい今日といい、「先週できてたこと」が出来ず、何度注意しても『わからない』を連発するだけでいっこーにラチがあかない。ので、つい声を荒げてしまうんだなぁ…ハハはここですぐ『もういいわよ』と匙を投げるのだけど、あたしは容赦しない。だってここで(頭使って)何がわからないのかを考えなかったら、結局「何も考えない」ままで、足腰退化させて本人だけのほほんとして過ごしちゃうじゃない。トバッチリはこっちでさ。あたしが声かけて動かさなかったらホントに動かないで練習も何もしないので、このときだけは鬼になってます。昨日みたいに(しかも出かける直前に!)トイレで引っくり返ったりされると、“これまでのこっちの努力はどーなんだ、先週は1人で深夜にトイレすませたじゃんか!”と泣きたくなるもん。

さて、本日は動物病院は日曜のため休診…のはずなんだけど、宿泊してるわんこにゃんこもいるのでスタッフさんは来てます。で、急患サンも来ます。てことで“往診日とどこが違うんじゃい?!”てなもんです。スタッフも患者サンもいつもより少ない、てだけですかね。
しかしびっくりしたのが乾燥機。雪丸ンちは乾燥機なるモノがないので、ほかほかの洗濯物を取り出したときは“へへ~、ふかふかだ~”とちょびっと幸福な気分になったりしたのね。昨日、扱い方を教えてくれたセンセが『1度ごとに中のフィルターの黒い方を掃除機で吸って(何せわんこにゃんこの毛がひっついてるのだ)、これは捨てて』と白いのを捨てたので、これは「替え」なんだろーと思い、『新しいフィルターはどこでしょう?』と尋ねたらば…違いました、この白いフィルター。フィルターではなく「タオルの繊維と毛」なんですねぇ。1度か2度でこんだけ(フィルターと見間違うほどに)ゴミが出る、てことにびっくり。あたしは直接わんこにゃんこに触れてないのだけど、それでもいつのまにかエプロンには毛が付いてるし、「そういうところ」なんだなぁ~とつくづく。
明日は病院は(あたしが)お休みなので、明日こそは自分の周辺のことを何とかしなくては!賀状も含めて!
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-23 01:32 | そんな1日 | Comments(0)
ぬくぬくとっぷり寝て、ゴーカな卵焼き作って食べて新聞読んでたら昼。(五輪を迎えるに相応しい顔、て誰も思いつかないんですが誰がいるんですかね?) 本を整理せねばと思いつつも読んでしまったりして(J・リプトリー・ジュニアの「たったひとつの冴えたやり方」)、それから手紙をしたためて、そーだ賀状!と思ったんだけどまだ賀状を買ってないんでした…しかも巷は3連休突入?!ひぇ~、うかつぅ~!

2時過ぎくらいになって、さらっとお昼食べてからずーっと滞ってた「お散歩」に出かけた。何か個展後(いや前か)、初めてではないかと思うくらいひさしぶり。まぁまぁキモチいい天気で、ひたすらてくてく。で、ついでに姪のHRが欲しがってたモノをクリスマスプレゼント用に探し歩くもどこにもなく…いや、そんなに難しいモノじゃないのよ、むしろラク。なはず。『小さい(5センチ以下くらい)のハムスターのぬいぐるみ』。ね、難しくないでしょ、どこにでもありそーでしょ?ないのよ…ガチャポンでいいとゆー話だったので、先日新宿に出たときにキノクニヤ地下(少なくとも30はガチャポンが並んでる一角があるのだ)を探したけどなくて、今日もうろうろしたけどなかった…惜しい小動物はいっぱいあるのに、ハムはないんだよねぇ。もう下火なの、ハムは?
しょーがないのでちょっとよさげな本を選んで(これまた迷った…彼女の好きな「センチメンタルサーカス」の絵本か、いわゆる児童書と呼ばれる、適度に文字と絵の入った本にするか)、商店街のくじを引いて100円の商品券(最下等)を当て、帰宅。5時だった…どんだけ長い散歩だ。

で、夜7時から近所の動物病院へ初バイト。掃除の、とゆーより雑用の、だね。最初の仕事は蛍光灯の取替え。それから洗濯。これがすごいのよ!『朝から洗濯機と乾燥機はフル回転』と言ってたけど、たぶんホントにその通り。バスタオルとフェイスタオルと雑巾。行ったら既にどちらも稼動してて、乾燥機が終わったら出して次入れて、洗濯機から出したらまた次入れて、をバイト中に3回繰り返したな。(それぞれ洗濯前にしばらく消毒液につけて置くのだけど、このバケツも常に満杯状態だ) 合い間にわんこにゃんこたちのエサ皿を洗い、床掃除。してるうちにもまた新たな洗濯物が山になるので、そいつを洗濯…て具合。
夜7時に病院は閉まるのだけど、患者サンがいなくなるのは8時近い。先日、友人が言ってたけど、いまは室内犬が増えて、『家人が帰宅したら“あら、何か様子が変”と気づくパターンが多いから夕方以降の方が大変』なんだそーだ。なるほどそーか…加えて3連休初日だから、てこともあるみたいだ。(昨日、センセは何時に帰宅したんですか、と尋ねたらば『朝6時』と言ってた…センセ、それは「昨日」ではなく「今朝」ですよぅ) 

30はあるというゲージは全部は埋まってなかったけど、半分以上はわんこにゃんこ半々くらいで埋まってたな。キミ、どーしたんだい?と声をかけたくなるよなぐったりサンのわんことか、頼むから上からガンつけるのやめてくれる?と言いたくなるよなにゃんこまで様々。でも全体的にみんな大人しかった。洗濯機、乾燥機のある部屋はゲージと一緒なので、入る度に様子がわかるのだ。
にしても、聞いてはいたけど、狭い。部屋が狭いと言うよりは、モノがありすぎる…タオルの山は廊下の半分を占め、あとの半分は薬箱とエサ箱。手術用の器具から精製水まで、ともかくどの部屋も(当然のようにスタッフルームまで)いーっぱい。廊下にはでっかいボードがあって、「石塚ランディ…どろどろ系」「森田マロン…ネコ缶」「城田ゴン…固い系」とか、つまりは宿泊してるわんこにゃんこたちの食事について書かれてた。(たぶんそれ以外にも) 

ゴミ箱は随所にあって、1つにまとめると45リットルの袋がいっぱいになった。掃除機を入れたあとは雑巾がけ。面積としてはホントにたいしたことないんだけど、器具やら蛸足コードやらいっぱいなので、ちょっとメンドーだ。増してやいまは『抜け毛の季節』てことだし。
あれこれ雑用をこなしてる間も、センセたちは次々とわんこにゃんこを運び出して、診察したり世話したり。こりゃホントに大変だ、掃除雑用スタッフが必要なわけだ、て感じだった。最後にカルテの整理をしたんだけど、これだけでも結構時間がかかる。(もっとも、終えたと告げると『早いですね』と言われた。えへへ。ハケン時代にこのテのことはよくやってたからねぇ)
まだ洗濯機も乾燥機も稼動してたけど、『あとはやりますから』ということで今日のところは失礼させてもらった。10時。センセはいつ帰られそうですか、と訊くと『12時には』と言ってたから、昨日(つか今朝)よりは早く休めるだろう。でもこんな毎日を過ごしてたら、カラダ壊すよなー、絶対。
各部屋をも少し使い勝手よくしてあげたい気がするのだけど、それはもーちょっとこちらが慣れてから、だなぁ。とは言え、あの状態ではどーにもできない気もしてしまうのだけど。
帰りにお菓子をいっぱいもらった。患者さんからいただいたもののようだ。個展でいただいたお菓子の山が片付き始めたとこにまたお菓子だ、素晴らしい。ありがたくちょーだいした。明日もバイトだ、がんばろっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-22 01:29 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156