<   2014年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

昨日のうちに5枚作っておいたブックカバーを、朝シフトのバイトのあと、仕上げた。仕上げしながら、しまった、これはこーする前にやっておくんだったとか、ここはちょっとマズったとか、ぽろぽろ出てきて自分にうんざり。そしてトドメは、在庫のカバーと比べると長かったことと(結局切ったのだけど、配色が変わる…)、かたろぐ通販で注文された文庫カバーが届いたという知らせに
『あと1ミリほど大きく作った方がいいようです』
とあったこと…何てこった!!うぅ~、すみません、MTさん。せっかくご購入いただいたのに(しかもよりによってお客さま第1号なのに!)、まさかカバーが使えなかったなんて…本当にごめんなさい。

ちょびっと言い訳すると、このカバー、参考にしたのは、文庫で最も高いと言われてるハヤカワのトールサイズ。それでも「1ミリ入らなかった」のがどこの出版社のモノか尋ねそびれてしまったけど、どこであるにせよ「あと1ミリ」なのかなぁ…う~ん。それはそれでいいけど、となると今度、別の出版社の文庫を入れると「ぶかぶかすぎる」ことにもなってしまうんだよねぇ。難しい。ハヤカワもさー、それで統一してくれればまだしも、同じハヤカワでも背の高さが違ったりするのよね。も何度もここで書いてるけど、「その理由を教えて欲しい」わ。

3月からこの5月までの3か月間、「3/1を除いて全ての土曜が晴天」て話で安心してたら、明日は(いちお晴天ではあるけど)「ところによって激しい雷雨、雹、竜巻」なんだそーだ。何だよ、竜巻って。もしこれに巻き込まれたら、イチコロじゃんね。雨ならまだ少しは防ぎようもあるけど、竜巻って防げないし。飛ばされたら回収不能な気がする。(つか回収できても使えないわな、きっと)なんてことをハハに言ったらば、『大丈夫よ、都心は』とゆーので『西国分寺も都心?』と訊くと、『ちょっと微妙ね…』(国分寺在住のみなさんごめんなさい) まぁ、竜巻被害に遭う、なんてことは稀だと思うけどね。遭ったら遭ったでネタにするだけだしさ。

「震災支援くじ」の点検と補充したり、梱包したり、あれこれ立ち回ってるうちにすぐ時間が経ち(買い物やチチのリハビリに付き合ったりもしてるからなおさらだ)、やれやれとひと息つけたのは夜10時近くになってから。相変わらずだなぁ、あたし。
そーそ、「朗報」もあったんだった。作ったくるみぼたん、「濡れても平気」なことはすでに立証してたのだけど、洗濯機でがらごろ、は試してなくて、うぅ~、やっぱ怖いなー、つかもっと早く試しておけよ自分ー、と思いつつ、本日洗濯。

  無事でした!ちぎり貼った「ちびくり」の目玉も1つも取れてなかった!!

全部やったわけじゃないんだけどね、他のと比べても違いがわからないほどキレイなままの状態でほっとしたっす。これらのぼたんは「洗濯済み」と書いておいた。「防水加工済み」と書くよりこの方がいいのかもね。
さーて、明日は1日限りのアートフリマ「くらふとまるしぇ」です。ご近所の方、お時間ある方、ぜひ遊びにいらしてくださいねー。お待ちしてまーす。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-31 00:11 | そんな1日 | Comments(0)
どーぶつ病院で働いてる言うと、よく『受付け?』と訊かれる。当然、獣医の資格とか持っちゃいないんだから至極真っ当な反応だと思うのだけど、あたしの主な仕事は掃除(犬舎や猫用ゲージ含む)と洗濯、エサ皿や各種器具の洗い、ときどき処方箋通りの薬作り(ギーガシャで1パックに薬がいくつも入ってるよーなの)とか血液検査(アンプルをもらい、機械にかけてデータを取り、カルテに書く)なんてことをやってるけど、受付けに出たことはない。電話もなかった。
が、ここ最近、電話にも出て欲しいと言われて出るようなった。まぁ出てもあたしにはわからんことだから、結局誰かに代わることになるのだけどね。センセたちは忙しいし、代わらないで済むこともるし。で、電話に出るようになってひとつ気づいたことがある。ペットを飼ってる人にとってはとても当たり前なのだろうけど、飼い主さんが、ペットの名前で名乗ることだ。
『佐藤ショコラですけど…』
て具合。一瞬、はぁ?と思ってしまったけど、飼い主さんの名前ではセンセはピンと来なかったりもするのだろうし、診て欲しいのは飼い主ではなくペットなんだから当然ちゃー当然か。でもやっぱり笑える。笑わないけどさ。

夜シフトのときは最後にカルテを整理するのだけど、ペットの名前って意外に似てるのが多い。(だからか、お泊り中のわんこにゃんこを指して会話するときは、『黒川クンなんだけど』とか『堀田ちゃんが』とか、そんな呼び方になる。ならない子もいるけど)
まず圧倒的に多いのが食べ物の名前。ココア、ショコラ、モカ、マロン、あたりはダントツ。あずきにクルミ、きなこ、シナモン。果物も多い。いちご、みかん、レモン、りんご。そしてジブリ系。ジジ、テト、キキとかハウルもいたな。トトロはいなかったけど(見てないけど)、トロロはいた。何でトロロだ。意味わからん。「名付け親の年代がわかる」子も結構いる。ブッチャーとかロナウドとかさ。小百合とか、あなたサユリストですか、て感じだ。
妙なのもいっぱいいる。名古屋とか、出身地だとしても名前としてどーなんだと思うぞ。先日、処方した薬が置いてあったから、『××名古屋ですけど、お薬を』なんて電話してきたのかなぁ。オカンとかオヤジとかってのもいた。飼い始めたときから親父な年だったのかねぇ。猫のオカン…いいよなそーでもないよーな…てゆーかまず「名前」としてどーなんだろか。
よく「自分の娘や息子に何て名前を付けるんだ!」とセンスを疑う人いるけど、そゆ人と、いかにもペットらしい、無難な名前つける人と二分されてる気がするな。いいセンスしてるね、と思う人って意外に少ないかもしれない。

やっぱ朝はしんどいのだけど、フル回転で働いてほっとひと息ついて帰宅してチチの昼ご飯作ってもまだ1時前、てちょっと嬉しい。大体、夕方くらいに疲れがどっと出てきたりするんだけど、ごまかしつつ作ったりまとめたりして、気がつくと夜。まだまだ時間はある!と思ってもやっぱりあっちゅー間だ…明日の金曜は「予備日」として梱包まで行くつもりだったけど無理だった。昨日は結婚祝いの品を在庫から探す、とゆー「ありそでないので難しい」作業で寝るのが遅くなったから余計眠いわい。そしてまだもーちょっと、と思うと今日も2時過ぎてしまう~!どーしよう。諦めて寝るかなぁ…。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-30 01:07 | 我思う | Comments(0)
午前3時過ぎくらいにベットに入ったものの、どーゆーわけか寝付けず、5時半にチチがひとりでトイレへ行く気配がし(3時に1度済ませてるのだけど)、起きて行くべきかどうか迷った。何か妙な音がしたら階下へ降りればいいやと耳を澄ませてたら、余計眠れなくなってしまった…無事に寝床へ入ったようだったので降りずに済んだのだけど。ま、気がついたら寝てたんだけどさ。
7時半にチチを起こし、着替えさせて、眠れなかったのでも一度寝かせてくれとハハに言い、寝た。暑いしまぶしかったけど、半ば意地で。

そーいや昨日(だったか?)友人から電話があり、珍しいな、何事だ?と思ったら、彼女が数年前からやってる和太鼓のライブがあると言う話だった。訊くと今週末の日曜だというので行くことにした。で、今朝、そのチケットが届いた。これまでにも何度か誘われてるのだけど、なかなか都合が合わなかったんだよねぇ。楽しみだ。今回の「くらふとまるしぇ」が土日の2日間だったらまたNGだったわけで、そゆ意味でもラッキーだ。場所が浅草ってのもいい。
にしても、始めた当初はみんなで『何でまた』と笑って突っ込んだものだけど、長く続けてるのを見るとやはり(それが何であれ)羨ましくなる。私生活が充実してるなー、とか、仲間が増えて楽しいだろーなー、とか。あたしは趣味が仕事になってしまったよーなモンで、それに代わる趣味を持たないまま来てしまった気がしてるのでね。自分のことを無趣味な奴とは思ってないけど、映画とか読書ってキホンひとりのモノだからさ。何かもーちょっと違う趣味を持ってたらよかったなとか思ってしまったわけよ。

ハハが午後からの映画(『大統領の執事の涙』てやつで、一緒するつもりでいたのだけどさすがに切羽詰まってきたので行かないことにした。正解だったらしい)で、あたしはあたしで通販のレターセットの紙を求めて出かけた。「チャリで行ける範囲内」で探して、3軒めにして無事入手。ちょっと大きめの文具店なんだけど、入るのは初めて。ささっと店内を見て、かあいいメモ帳とかスグレ物文具とかちらちら見たあと、買い物を済ませた。レシートと一緒に「次回使ってください」と1割分の金券をもらった。おおっと、これはまた利用しなくてはならないな。がんばってる個人商店は応援したくなるねぇ。さしあたって必要な文具ってないんだけど。

通販注文2人分のカードや文庫カバーを梱包し(このカバーももう残り少ない…週末が無事終わったらがんばってストック確保に励まないと!)、手紙を書いてたらあっちゅー間にバイトの時間…メール便で発送してそのまま向かった。
入るなり『待ってましたー』と声がかかり、『今日、4人なのぉ~』…マジっすか。しかも8時前には1人帰るから3人じゃん…ともかく『がんばりまーす』と返事して、それからずーっと飛ばして仕事したけど、こゆ日に限ってゲージ洗いがやたら多かったり、タオル替えたらンこしてくれたり(つまりまた洗う物が増えた)、ゲージ外に向かって「かけしょん」してくれたり(床だけでなく、下のわんこのエサ皿にまで「しょん」が…)ドタバタと走り回る羽目になった。疲れた。てゆーか、喉が渇いてたまんなくて、帰宅までの5分を待てずに自販機でアセロラを買った。病院の2つ3つ隣の自販機は100円なのだ。給料出たあとでよかった。
さーて、これから、チチのリハビリのセンセの結婚祝いを在庫から物色せねばならん。もーひと踏ん張りだ。明日、朝からってのはきついなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-29 00:35 | そんな1日 | Comments(0)
ハンパな状態のカード類をちゃちゃっと片づけて、週末に手に入れたダンボール箱にじーちゃんの本を詰める。3辺の合計が120センチのモノが3つ、100センチのモノが2つ。いわゆる「揃いもの(巻数がいくつかあるヤツ)」は紐でくくっておいたのだけど、合計5つの箱にこれらをばらすことなくきちんと収めるのに少々苦労した。好きなんだけどね、こーゆーの。ホントに。何度も入れたり出したりしてさ。隙間にバラの新書とか文庫本とか入れて。岩波もいくつかあったんだけど、『デカメロン』とか『にんじん』とかじーちゃんホントに読んだのかぁ~とハハに訊くと、『読書好きだった記憶はないわねぇ…』とゆー答え。でも禅とか仏サマ関係の本とかは好きだったようだ。こっち関連の本は全体の1/3はあったかな。書店カバー外すまで気づかなかったけど。

5つの箱に(揃い物をばらすことなく)きっちり収めると、すっごい達成感だった。まぁ、揃い物と言っても巻抜けも結構あったんだけどね。『宮本武蔵』とか、揃ってたなら残しておいていつか読んでみたいとも思ったけど、3、4、7、8巻しかないんじゃ読む気も失せる…買ったのに紛失したか、はたまたここだけ読みたかったのか、いまとなっては謎だ。(もちろんチチも知らなかった)
でもぱらぱらっと見て(んなことしてるから時間を食うのだ)、ちょっそそられる本をいくつか抜いておいた。モーパッサンとか、あと何だっけ…そのあたりの文庫。昭和28年発行とかなので、旧仮名遣い(『さうでございませう』みたいな)なんだけど、時代小説なんかも読むせいか、意外に違和感なかったんだよね。吉川栄治の短編とかもちょっと気になったし。(本屋でも見かけないタイトルだった。もう絶版なのかもね)

コピーに行って、レターセット用のメモ用紙(に罫線を書いてレターセットにしてるのだ。罫線付きだったら売ってたんだけど、これに「ちぎり貼る」だけでは何の芸もない気がしてさー)はなくてちょっとがっかり。明日入手できなかったらどうしよう…でかいとこ(セカイドなりユザなり)にならあるのはわかってるんだけど、そのためにわざわざ時間と交通費かけて?と思うとちと考えてしまうのだよねぇ。とりあえずチャリで行ける範囲で探してみるしかないな。

じーちゃんの本を整理できたことでちょっとほっとしたものの、荷受け先となる知人に受け取りの日時を打診したら「6/4に」と指定してきた…いーんだけど、この5箱を廊下に出したまま1週間ほっとくわけにはいかない。(チチのリハビリの邪魔なのだ) んーむ。がんばって納戸や洋間にスペースを作って、底が抜けそうなクソ重い箱を引きずって移動。こいつらは当然、集荷に来てもらうつもりだけど、これ持って運ぶの、大変だなぁ~とつくづく。
それにしても、こんだけの本をン十年抱えてびくともしなかった本棚と、抜けなかった廊下の床にも感嘆する。ウチはやがて築50年とかになるのだけど、地震のとき、「築10年の家より50年の家の方が頑丈で壊れなかった」という話は案外本当なのかもね。すごく頑丈に作ったとか、金かけたとかってウチではないのだけど、「職人の丹精」てことかな。階段もいまだに軋むことすらないしね。

で、あっちゅー間に夕方になって、どーぶつ病院へ。うわっ、大変だったんだね、つかいまも大変なのね…て有様で、のっけから飛ばしてあれこれ平行して作業してるにもかかわらず、10時近くになっても片付かない。ふっとセンセがいなくなったと思ったら、コンビニで熱い珈琲を買ってきてくれた。それとホットドッグ。ありがたかった。『これ飲んで食べたらまたガンバロー』『おおー』と気合入れ、帰宅は10時半過ぎ。でもセンセたちはまだやってた…『じき帰るわよ』と言ってたけど、何時に帰れたのかなぁ。今日中には帰れたはずたけど。
そしてさらにありがたいことに、本日給料もいただけた。財布に残ってる紙幣は1枚きり。それも3桁のヤツね。(これがやがてアラフィフの財布かよ!)ほんと、助かったわぁ。今度はあたしが何か差し入れしよっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-28 02:01 | そんな1日 | Comments(0)
いやー、まさか行くたー思わなかったです、「キカイダー」。そりゃガキんちょのころは大好きだったけどね。(01より好きだったなぁ) ホントは「アナと雪の女王」に行くつもりだったのよ。月曜朝10:20の回で、10:05にチケット売り場で友人と待ち合わせ、10時に到着してみれば、その5分前に到着してた友人が『満席だって…』にしばし絶句。しかも続々とお子さま連れがやってきては騒いで、「土曜か日曜が運動会だったので月曜が振替休日てことなのか」、と納得。さてどーしたものかねぇ~と言ってるそばから次の回(12:55)もほぼ売り切れに近くなってきたので『キカイダー』にしたのでした。

わかってたけど「突っ込みどころ満載」。でも、じゃあつまんなかったか、とゆーとそーでもなかった。しかし往年のキカイダーの造形がより現代っぽくなってるのはともかく、アンドロイドなのに筋肉ムキムキのボディってのはどーかと思うね。いーじゃん、もっとシャープでスリムな形で。(背中の方がかっこよかった。メタリックの赤と青がいい色なのだ) 額の中央にあるカメラだか何だかわからない(もしかしたらビームでも出るのかもしれない)丸いレンズも妙に気になるし。まぁ、そのあたりは好みの問題だと思うけどさ。
光明寺博士の子供たち(姉弟)を守るという「任務」を全うすべく、突如として現れるキカイダー。博士の残したファイルを持っている子供(弟)を追う悪の組織(…ではなく、一応、「災害時に人命救助や原発などの処理にあたるアンドロイド開発」を目指した国家機関なんだけどね)とキカイダーとの対決はまぁそれなりに楽しめる。キカイダーがよわっちいのは、内臓された「良心回路」のせいなんだけど、何かこの単語そのものに郷愁を感じるわぁ。

とりあえず「脚本の破綻はない」てことだけでちょっとは救われるんだけど、CG駆使していきなりトランスフォーマーかよ!と突っ込むヘリポートのシーンに比べ、ラストのハカイダーとの対決はいかにもセットなお粗末な廃墟。「壊滅状態に陥った自衛隊」は影も形もいなし、立派な研究施設跡にも見えない…特撮ならではとゆーことならそれでいいんだけど、だったら統一した方がよかったんじゃないのかなぁ。
細かい突っ込みは省略するとして、往年ファンのためのサービスとしか思えない、ギターシーン。生ギターがエレキ(?)なのはまだいいとしても、あの弾き方は何だ、三味線かよ!とちょっと吹いてしまった…手元見ないで姿勢正しくて、てまさしく三味線だよね。まぁ、機械なんだから手元見なくてもいーんだろーけどさ。(てゆーか手元見たら逆に変?) ドラマのときはどうだったかなぁ。ちょっと記憶にないや。子供ゴゴロにすごくかっこよかった覚えはあるんだけど。しかしギター出したらついでにサイドカーも出さなきゃダメでしょう!何でバス移動なんだよ…ハカイダーはかっちょいいバイクに乗ってるのに。

にしても一番残念なのは、主役の男の子と女の子がいまいちだったことだなぁ。ヘタレでも好みの子だったらも少し楽しめた気がするんだけど。
初日はおっさんたちで満席だったという話だけど、今日(は何日めだ?1週間経ってないんじゃないのかな…?)は2,30人程度の入り。子供の姿は(「アナ雪」ではいっぱいだったけど)見当たらず。この手の、仮面ライダーやら戦隊モノなんかは「往年のファンとその子供たち」を見込んで作ってると思うのだけど、だとしたらちょっと失敗だぁね。昔の特撮知らない子に見せるためには、パパに頼らずも少し工夫しないと。
そーそ、あたしら世代には嬉しいサービスがエンディングロールに入ってるので、これから観る方々はお見逃しのないように。

夕方帰宅して、夕飯後は再び制作。レターセットの紙がなくなってタメ息。「くりくり」の黒目もなくて、ただひたすらパンチで穴開けて作った。ちょいと不手際重なってるかもしれない。昨日、4分でウチん中1周したチチは今日は8分かかったし…さしたる理由もなくまた動けなくなって、リハビリのセンセはがっかりしたみたいだ。なかなか「いい状態」は続かないなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-27 01:15 | 行った観た読んだ | Comments(0)
明日は朝からオデカケなので、気合い入れてくるみボタンを作った。仕上がりはほぼ一緒でも、手順を変えればもっと早くできることに気づいて試しに3つばかり作り、作ってる過程で「さらに早く作る方法」を思いつく。とかエラソーなこと書いてるけどね、たいしたことじゃあないのよ。
ちぎり屋のくるみボタンは「国外国語の紙」に「数種類の薄洋紙を貼って」そこに「ちぎり絵を入れ」、「仕上げに放水加工」したモノ。(画像を入れようと思ったけどまだWin8ではやったことないんでした、ごめん) 

前回までは、①国外国語の紙を貼る、②くるみボタンを作る、③薄洋紙を貼る、④ちぎり絵を入れる、⑤防水加工する、だったんだけど、この②を③のあとにしただけの話。でもそれだけのことで意外に手間が違うんだよね。くるみボタンの足を持って薄洋紙を貼ると、左手もべたべたしちゃうしさ。で、このくるみボタンを作る手順も「国外国語の紙に最初に円を書いておいてから薄洋紙を貼ると早い」ことに気づいたのでさらに早くなった、てだけの話。
さくさく調子よく制作したつもりだけど、それなりに時間も食ってて、大小20個ばかり作ったんだけど、“これって、完売してもたかだか2000円てことだよね…?”とちょっぴり悲しくなったのでした。

夕方、友人知人にメールするのにPCを開け、そんで先日「無料動画は観たけどYouTubeは観てないや」と思い(つか、友人から「見れたのか」とメール入ってて思い出した)、観るならまずこれだよな、と思って検索しました、「赤い公園」。
ご記憶の方もいるでしょーかね。以前ここでもちょっと触れましたが、この「赤い公園」とゆー若いガールズバンドに、友人の娘サンがいるのですよ。デビュー前後からなかなか人気もあったようで、ちらりと解説読んでも高評価。いわく
『不安定で過激で破壊的であるにもかかわらず、調和があり、癒しでもあり、普遍性を持っている』
…つまりどゆことかわかんないよね、すいません。ま、ともかく観て聴いてみたわけですよ、彼女たちの曲を。すると、この妙ちきりんな解説もわからなくもない、て気分になった。

えーと、全部で5、6曲は聴いたかな。正直、何て言ってるのかよくわかんないとこも多くて(うまく聴きとれなかった)、音楽を聴くとき「歌詞から入る」あたしとしては“むむむ…”でもあったのだけど、そゆ場合は2つに別れるのね。つまり「何言ってるかわかんないからもーいーや」と「わかんないけど楽曲としてキライじゃないな」と。で、「赤い公園」は後者だったのでした。(自分でもちょっとほっとしたりして。だって『いやぁ~、ごめん、ダメだったよあたしー』とは言いにくいじゃん?ホントにダメだったら言っちゃうと思うけど)
ちょい前にSMAPに提供した『JOY』があるかなーと思って探したんだけど見つけられなかった…これを聴きたいがためにドラマの最終回だけ見たんだけど、BGMとして後ろで流れてただけなんでよくわかんなかったんだよねー。ちゃんと探せばあるよね、たぶん。ちなみにあたしが気に入ったのは『交信』て曲でした。何か聞き流しながら何度でも聞けそうな感じ。ちょっとホメ過ぎかな、へへへ。
そーそ、娘サンは当初“あんまり似てないのかな?”と思ったんだけど、横顔はそっくりだったわ。

くるみボタン完成して、通販で注文の入ったレターセット(6枚1組)を2つ完成させて、在庫ゼロのポストカードを1ダース、が「あとは貼るだけ」の状態。まぁ、よくできた方、かな。これで明日はココロおきなく映画に行けるや。なでしこも勝ったしね。素晴らしいわ!観てないけど。(でもチチが風呂に入ってる間にダイジェストを見たよ。けっこーやばかったね、後半)
明日は早いんだからとっとと寝なきゃー!
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-26 01:32 | そんな1日 | Comments(0)
昨日、「寝過ごさないよーに!」と書いたにもかかわらず、しっかり寝過ごした…てゆーか、4時に寝て11時に起きたんだから(いちおあたし的には)フツーの睡眠時間なんだけども。キモチ的にね、10時には起きたかったなー、とか。朝食食べて制作に取り掛かるころは昼だもんね。

ともかくそれからせっせと制作。31日は、たぶんお子さまが多いからそれ仕様のアイテムを揃えよーと思いつつ、作ったのはカラークリップ1ダースとマグネット…フツーだなぁ。明日はくるみボタンのヘアゴムを作ろう。2個ついて300円だったら全然売れなかったのに、200円にしたら前回の千倉で完売…これが適正価格ってヤツなのかー、正直きついなーと思ってたんだけど、ナイスなやり方を思いついたのでね。このやり方だったら2個200円でもいいや、と思って。それでも高いと思う人もいるかもだけど。
そのやり方、まだ実行はしてないのでホントにイイのかどーかはわからないけど、ダメだったとしても31日はくるみボタンのヘアゴム、2個付いて200円にします。バラでも1個100円かな。数売れてくれればいいけど、数作れるのかが問題か、ははは。

そーそ、ハート型の木片が4つばかりあったので、これでブローチも作ったんだった。これ、すっごい前に100均で買ったのだけど、いまはどこにも見かけなくなってしまった…残念。あたしがよくいく100均では「クラフトパーツ」みたいなコーナーがあって、角材とか丸太(棒)とかプラモパーツみたいなのがあって便利だったんだけどねぇ。ともかくそのコーナーがあったころにこのハート型の木片を買ったのね。でも(結構分厚いので)使い道があるよなないよなで、ほったらかしてあったわけさ。それで2か月前くらいにこれでブローチを作って高円寺の「猫の額」にいくつか納品し(なのでここのブローチは猫ばっかっす)、今回はうさぎとか魚とか作ってみたとゆー次第。
そーいやこのハート型木片、左右の膨らみが違うのがあって、サイズばらばらでもいいけどそれはちょっとどーよ、と思ってしまった。ハートは左右対象でないとねぇ?

通販の申し込みもあったので、そちらも制作。まだ完成してないけど、来週中には発送できるかな。
そんなこんなでやっぱりあっちゅー間に3時になり、じーちゃんの蔵書を送るためのダンボール箱を探しに行った。お買い物兼ねて。なかった。本をいっぱい入れるとなると、相応に大きくて頑丈じゃないとダメじゃん?でもないんだよねぇ。2つは確保してあったんだけど、なるならあと3つは欲しいところ…スーパーとかないわけないと思うんだけど(確保した2つは「小松菜」と「ほうれん草」の箱。ほぼ毎日入荷してるでしょ、これは)、持ち返り用に積まれた箱はもっと薄くてやわいのばっかなんだよ。野菜の入った箱だと、丈夫だし持ち手の穴も開いてるから具合がいいんだ。あ、レタスやキャベツはタッパ(高さ)がないからダメなんだけど。こっちは山ほどあったのにー。がっかり。

でもいーこともあったんでした。今日のぱかばかでチチが万馬券とって、夕飯は寿司だ!とゆーので寿司を買ったんよ。スーパーでだけど。でもここには巷では有名なミドリ寿司が入ってるからいーんだ。
バイトは意外もさくさくと仕事が済み(昨日の朝もラクだったのだけど、夜は大変だったみたいだ)、9時半には帰宅。寿司に舌鼓うちましたとさ。明日のダービー(?)もがんばっちくり、チチよ。寿司の次はうなぎかしらね。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-25 00:07 | そんな1日 | Comments(0)

  くらふとまるしぇ

 5月31日(土)10:30~16:00 (参加費無料、雨天中止)
 都立武蔵野国分寺公園 円形広場
 JR中央線 西国分寺駅南口から7分、国分寺駅南口から8分

昨年秋に出店した、「くらふとまるしぇ」の第2弾です。広い芝生の公園で、20組の作家さんが参加するアートフリマですが、バランスボールで遊べるコーナーがあり(芝生内ならどこでもっぽかった)、100冊の絵本を揃えたコーナーがあり、野菜や花が並ぶ販売コーナーもあります。そしてカフェから石釜ピザまで!
大きな規模ではありませんが、お近くの方、お時間ある方、さわやかな天気のこの時期、ぜひ遊びにいらしてください。
このくらふとまるしぇ、31日土曜のみですのでお間違いのないように!
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-24 23:20 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)
今日も朝からバイトで、特に金曜は大変なんだけど、意外や意外、天気もいいのに患者さんは少なかった。まぁ、それなりに忙しくはあったけど。
センセから『ちょっとエグいけどいいですか』と言われ、診察室に入ったら、ホントにエグかった…にゃんこの後ろ脚と尻尾を抑えてたのだけど、肛門あたりが炎症(?)起こして皮膚がただれて切れててね。こんなに痛々しいのににゃんこはすごくおとなしくって逆にちょっとびっくり。(センセも前脚抑えてたスタッフも驚いてた。もう痛みもないのかなぁ…) 壊疽を起こしてる部分を切除したりしてたのだけど(ちょっと見ていられなかった)、獣医であるからにはこういうことも「日常」なんだよなー、と思ったりした。ちなみに原因不明なんだそーだ。どうしてあんなにひどくなってしまったんだろう?

すぐご近所のステンドグラスの教室に通ってる友人と久しぶりに会おうかとゆーことになり、駅前で待ち合わせて(バイトは昨日同様早く終わって助かった)、ゴハンを食べに近所の中華屋へ。ここのランチは美味しいのだけど、初めて食べた福建焼きそばはいまひとつだった…残念。
彼女、SEちゃんは高校時代の友人なんだけど、共通の友人がいる、てだけで当時はあいさつ程度しかしなかったように思う。会って喋るようになったのは、ホントに最近。(共通の友人を通して近況は知ってたけど) 
そんでまぁ、話題はお互いの「介護」、てのが何ともやるせないけどしょーがない。あたしは一時期よりはホントにラクになったと思ってるのだけど、だからって「さらにラクになる」ことはたぶんもーないとも思うのよね。も少し歩けるようになれば外出もできると思うけど、遠出は無理だろうし、体力的にはやはりまたちょつとづつ衰えてくだろうしさ。SEちゃんはあたしよりはるかに大変な状況にあるので、1人でがんばって偉いなぁとつくづく思う。いや、彼女にも弟クンがいるのだけどね、話聞いてると頼りにならんよーなので…そゆ意味では、関東勤務に復帰してくれたオトート1号2号の存在はありがたいわぁ。もっとも、いま雪丸ン家が廻ってるのは元気で丈夫なハハのおかげなんだけどさ。この年(73。でも体年齢は何と58!)で、「何の薬も服用していないのは珍しい」とよく言われるのだそーだ。それがフツーなのでこれまで考えもしなかったけど、すごいことなんだね。チチの「何を言われてものほほん」にも救われてるな。『怒鳴って殴る』なんて想像もできないけど、それでつらい想いしてる家族だっていっぱいいるんだよねぇ。

ランチ&珈琲で2時間ほどわいわい過ごして帰宅。本やら雑誌やら20冊ばかりをB・オフへ売りに行ったらば、236円になった。もっと安いかと思ってた。らっきー。もっとも、その後行った100均であっさり消えたけどさ。(おはじき買ったら、端っこがくっついたおはじきが2つもあり、ひょうたん型も1つあって嬉しいのかどーなのかよくわからない…何かに使えると思うけど、その「何か」がわかんないので)
夕方帰宅して、それからせっせと制作…全然終わらない…あぅー。来週末は国分寺公園だとゆーのにぃ~!けっこー焦り始めた。この週末、どんだけ作れるかがカギだな。廊下にあった本棚の中身が廊下に出たままで邪魔なので、その荷造り&発送もしなきゃいかんのだけど。

そーだ、忘れてた!昨夜、何度やってもダメでブログに泣き言を書いた、「受信してるのにその相手に送信できない」状態は、今日(相手に電話して注文の確認をとったあと)、試しに送信してみたらば、あっさり送ってくれた…何だったんだ、昨日の1人騒ぎは!5度目の正直かい。ちぇっ。ま、無事落着何よりだ。
明日のバイトは夜なので、今夜はまだちぎるぜ。そんで明日、寝過ごさないよーに気をつけねば。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-24 01:10 | そんな1日 | Comments(0)
いま、“この通販方法は間違ってたのか?”と頭を抱えてるところだ…あぅ~。

今日、2人めの通販利用者さんがいて(常連のMKさん、ありがとう!)、折り返しに注文の確認と入金方法を知らせるメールを送ったのだけど、

  「受信者無効です」

とあって返信できなかったのだ。どーっしても!彼女からは何度となくメールをいただいてるし、返信もしてるのに何で出来ないのだろーと歯ぎしりし、この説明を検索かけてみた。
『メール受信者のアドレスの「@」より前に「.(ドット)」や「/(スラッシュ)」がある場合は送信できない』
とあった…何だそりゃ?てゆーか、これまでは受け取ってたじゃん!で、受信メールを調べてみたら、昨日までに受け取ったメアドの中には「.」が入ってて、かつ返信できてる人もいるではないか。おかしい…何でだろ。てゆーか、どうすればいいんだろ…?

幸い、彼女の連絡先は心得てるので、明日にでも電話させてもらおうと思うけど、それはともかくとしてこの「通販かたろぐ」、実はあまりいい方法とは言えないのではないかと思い始めた。まずFAXは昨日書いたような理由で「昨今ではあまり使う人がいない」のでどーだろと思うのだけど、まぁよしとしよう。使う人もいるのだし、注文の確認としては間違いがなくてわかりやすい。問題はもう1つの方法としてのメール注文。折り返し返信して確認と入金方法を知らせる、てことになってるけど、「携帯から注文して、かつ、PCからのメールは拒否してる(ことに気づいてない場合)」もある、てことについさっきまで気づかなかった。迂闊だ。これで何度か苦汁を舐めてるにもかかわらず、何で思い出しもしなかったのだろう?うぅ~。もしそのために返信できない、てことになったら、チチの携帯からメールするしかないか。何とゆーメアドだったかなぁ。送ったことないからわからん。

4月末の「千倉アートフリマ」と常連の方々、そして友人知人を含めて、これまでにちょーど100通の「かたろぐ」を配布してる。(そして今日、新たに40通コピーしてきた…) このメール注文がいい方法ではなかったとして、ではどうすればよかったのだろう。かたろぐに振込先や住所を書くのはちょっとためらわれたのだけど、「ハガキで注文」の方がよかったのかなぁ。でもそうすると52円負担させてしまうことになるしねぇ。大体、「アウトルック」がよくなかったのかもしれない。「受信者無効」が出るのはどーもアウトルックだけのよーなのだ。国際基準ではないから、という理由みたいだけど、じゃ何で受け取れるんだよ、ねぇ?受け取ったからには送れよな!きしゃう!

今日のバイトは午前中だけで(帰宅して10分後に稲妻、土砂降り。またまたラッキーだった)、午後からはチチのこと以外はずーっとちぎりまくってた。これからもちょっとやって、それから明日の午前中バイトに備えます。
それにしても…はーあ、ため息しか出ないわぁ。



   
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-23 00:15 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156