<   2014年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

おおっ、これぞ「窓ガラス磨き日和」! と朝からテンション上がった。チチは今日はディの日なので着替えさせ、それからまたちょびっと寝て(あんまり寝られなかったけど)、朝食後さっそく磨きにかかる。
以前100均で買った200円の柄付きのT字はスポンジは使えるけどゴムの方がいまいちで、先日ラステチだった100均のT字とを交互に使う。でもこっちのゴムもまたいまいちで、だからって買い直すわけにもいかんのでせっせと磨いた。納得いかないで磨き直したりしたので気づくと結構な時間がかかってた。でもま、出来としては悪くないかな。虹でたし。何か掃除してても「年末」て気にはならんのだけど、ウチ中のガラス窓を磨いて廻ってると「あ~、年末だなぁ~」と思う。自分の中で恒例行事としてインプットされてんだろな。何だかんだ言って年1回だけだし、窓ガラス磨くの。

電気工事の人が来ることになってて(先日、ブレーカーが飛びやすいのでアンペアを上げてもらおーとしたらトーデンに断られたのだ。ウチが古すぎてダメ? よくわかんないけど「工事できない」てことで)、それまでに玄関の掃除も出来たらと思ってたけど、その電気工事の工具関係がいっぱいで掃除はできんかった。アンペアを変えない代わり、ラインを別にするという工事だったのだけど、やけに手間取ってたので。あとでハハが語ったことには、『ちゃんと測ってからしないから余計な手間がかかったりミスったりしてた』から『数時間もかかってしまった』のだそーだ。やれやれ。いい人たちだったけどね。
正月の買い物はひととーり済んでたけど、今夜の夕飯(今夜からオトート1号家族が泊りに来るのだ)とか、パンだのチチの野菜ジュースだのもち米だの(重量あるもんばっか…)、買いに出かけ、戻ってじきにチチが帰宅し、相変わらずのダメダメな運ばれっぷりでこっちまで疲れたあと、バイトまでビミョーに時間があるなと思ったら『もやしのヒゲ取って』と言われて取ってる間にバイトの時間…てときに1号家族がやって来た。『こんちは、じゃーね』て感じ。

で、バイトに入ったらまぁ昨日の今日でこれかよ! と突っ込まずにはいられないよな状況になってた。待合い室や診察室ではなくウラの方でね。聞くと、大型わんこが発作で運びこまれて、受け入れるためには犬舎の壁を抜いてあげないといけないのだけど、すでにホテルとしてはこの年末年始で予約いっぱいで、誰をどこに移して大ゲージを組み立てて、て作業に追われる羽目になったらしい。途中参加のあたしまで諸々に追われることになり、10時までノンストップで(それはまーいつものことだけど)忙殺された。大型ゲージの上にゲージ、の上にさらにゲージ、というタワーを廊下に作ったりして。で、こゆときに限って下痢気味わんこがやらかした中で遊んでくれたりして、シャンプーとドライヤーのセット…これはあたしがやるんではないんだけどね、はらほれひれぇ~だわよ。
今年最後のオツトメになるのできっちりキレイにしてから去りたかったのだけど、センセたちの方に早く上がりたい事情があったので10時に合わせた形。あたしとしてはちょっぴり不満が残ってしまった。ま、あたしだって早く帰りたかったけどね。

遅い夕食しながら1号らとちょっとおしゃべりし、中2のYGとアニメの話で盛り上がり、そーして夜は更けてった。『ワンピース』の最新巻と『暗殺教室』の最新巻も借りれたので、年末年始のお楽しみも出来た。正月1日は出勤なんだけどさ。
明日は玄関掃除と自分の部屋の掃除! と思ってたけど、出来るかなぁ~ちとビミョーかもしれない。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-31 02:43 | そんな1日 | Comments(0)
今朝は何だかゆっくり眠れた気分だった。時間にして6時間半だから、「ゆっくり寝た」と言うにはホントはもーちょい必要なはずなんだけど。ハハも同様だったみたいだ。チチを早めに休ませてしまったせいかな。
で、そのチチが珍しく起きるのを拒否した。驚いた。普段はそんなこと言ったことはなく、いつも言われるまま起きて、されるがままで仕度して、出されるまま食べる、て日常なのに。ま、日中でもすぐうとうとして「寝たいときに寝てる」感じだからそれでイイのだろーと思ってたんだけど。どういう心境の変化かなぁ。
『そのうち(寝てるのに)飽きるでしょ』
とハハは言ってたけどそれはなく、たまに顔を見せても『まだ寝てる』で、テレビも何もない部屋で夕方まで過ごしてた。

トイレだ何だと騒がれることも、車椅子からずり落ちる心配もないので、これサイワイとばかり、ハハとあたしとで分担して大掃除。あたしは台所の床と天袋の扉その他。ハハは洗面所周り。そこそこキレイにはなって気分もよかった。これで明日、窓ガラスを磨くことが出来ればもっと気分もよくなるんだけどね、今日みたいな雨のち薄曇り、な天気ではなぁ。ちょっとやる気でないよなー。
ハハがケアマネと往診の先生の話をしてたので、横から『チチを疲労骨折させてしまったと言って』と言った。ハハがそう伝えてたので、あとで『何て言ってた?』と訊いたらば、『はははと笑ってた』そーだ。夜、バイトに行って(土曜の多忙さがウソみたいにラクだったのでこっちでも大掃除)、センセにも『いやぁ、実はちょっとキレて強引に動かしたらどうやら疲労骨折させてしまったみたいで…』と頭ぽりぽりしたら、やっぱり『あはは』と笑われた。

何か、この2人に「あはは」と笑えてもらえたことで気分がラクになった。不思議なほどに。

老人性疲労骨折はホントに「よくあること」で、ちょっと尻もちついただけでも「なる人はなる」。自然治癒に任せるしかないのが歯がゆいっちゃ歯がゆいけど、ヘタに何だかんだと治療したり通院したりするよりはラクな気もする。安静にしてればいいのだし。そこまで考えてチチが『今日は寝てる』宣言したとも思えないけど。(やっぱりまだ痛いらしい…ごめんね、ホントに)
チチが夕方には『起きる』と言いだし、ハハもあたしも台所と洗面所の大掃除をひと通り終えてたので2人して着替えさせ、起こした。そんであたしはバイトへ行った。
問題はそのあとに起きたらしい…車椅子から完全にずり落ち、ハハが引き上げることが出来なくて大変だったそうなのだ。『どうしてこうなる前に呼ばなかったの?!』とまたキレて、でもどうすることも出来ず、ヘルパーを呼ぼうにも既に遅くて(年末ってことで)留守電、ケアマネにも連絡取れず、『もう一度試してダメだったらどーぶつ病院に電話して一度戻ってもらおうと思ってた』というところまできたらしい。(それで呼んでくれてよかったのに。センセも理解あるし、すぐまた戻れるし) 結局、そこで何とかなって無事にベットまで運べたらしいけど、『汗だくで疲れきって、一応ごはんは炊いたけど、何もする気力がなくて夕飯がない…』とゆーので、いーよいーよ、あるモンで食べるよ、とハハを慰めた。『何もない』と言いつつも、夕方ハハはレンコンとゴボウできんぴら作ってたし、あたしが昼食のおかずとして甘海老の唐揚げ(頭からばりばりいけるやつ)を買ったのも半分残ってたし、ごはんはほかほかなのでこれで充分だった。

しかしこの「ずり落ち」は厄介だなぁ。とてもじゃないけど「床にまで落ちた人を車椅子に戻す」のは1人では無理だ。早急に何かいい方法を見つけないと。
そーそ、チチの足のむくみは、あたしが昨夜実践してみたマッサージ法で驚くほどなくなってた。びっくりした。ネットで検索して、按摩師の人の『足首を固定して指を引っ張る、曲げる』てのを試してみたのだ。そしたら今朝になって、ぱつんぱつんだったふくらはぎや太腿がほぽ以前の状態に戻ってた。素晴らしいわ。これで足の甲とかのむくみも取れたら、「踏ん張る」「自力で立つ」くらいは出来るようになるかなぁ。そしたらずり落ちも心配しなくて済むんだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-30 01:22 | そんな1日 | Comments(0)
こーゆー天気を「窓ガラス磨き日和」とゆーのだ、と思いつつ、始めたら絶対友人とのランチには間に合わんので、このビミョーに余った時間をどーしてくれようか…と思ってた。ハハが玄関にある丹波焼の大皿(直径60センチ?くらい)を片すための場所の掃除を始めたので手伝った。
この大皿、実はちょいと縁にヒビが入ってる。リョーシンが展示会で見て、作家が『これは売り物にならないから展示後に割る』と言ってたのを聞き、だったらくれ、と言って入手したモノなんだそーだ。何つーか「血」てヤツを感じた…当時のリョーシンはいまのあたしと同じくらいか、もっと若かったんではないかと思う。
ともかくこれは皿としては使えないので(てゆーか、ヒビなくても皿として使えないと思う。でかすぎて洗うことできんし)、ただ飾ってあったんだけどね。キレイな石ころ入れて、大理石製の円形テーブルの上に。ずーっと昔から玄関にテーブルとセットで置かれてたのだけど、車椅子の出入りにはちと危なっかしいので「片付ける」ことにした次第。長期的なこと考えれば「処分(捨てるんではなく、引き取り先を探すとか)」が妥当なんだけどさ。

いろいろ手間取ったおかげでランチの待ち合わせギリギリ。喫茶店で待ち合わせたのだけど道を1本間違えて、とりあえず連絡しておこーと思って携帯(チチの)を出したら、『10分遅刻する』とゆーメールが入ってた。よかった。
お互い待たせることなく、一度ここでランチしたいね、と言ってた喫茶店「The Cafe(この名前は個性なさすぎないか?)」で食事できた。かつては「プリンス」という名のちょっとした有名な喫茶店だったらしいとこでね。あたしは何となくパスタを頼んでしまったけど、やっぱパンの方がよさげだったかなー。あとでパンケーキ頼んだらこれも美味しかった。
彼女から京都土産兼誕生日プレゼントのがま口をもらい、しばしおしゃべり。チチの愚痴とか吐かせてもらい、何より彼女との久しぶりの会話を楽しみ、夕飯の惣菜を買って帰る約束をしてたので5時過ぎには別れた。ホントはこのまま夜までゆっくりしてたかったんだけどね、どーも残してきた2人のことが気になってさ。

で、案の定だった。ハハがキレてた。チチが何十回となくトイレのためにハハを呼ぶのに、そのくせさせようとすると「出ない」をひたすら繰り返してたらしい。それで『どうせ出ないでしょ』と無視すると、その場で(つまり部屋で車椅子に座ったままの状態で)ズボンからナニを引っ張り出すという所業に出、さらにハハの血圧を上昇させる、という事態にまで至ってた。(それでも出なかったのでコトなきを得たわけだけど)どんだけ注意しても、怒っても泣いてもチチにはピンとこないらしく、あるいはすっぱり忘れてしまうらしく、少しするとまた繰り返す。
ハハの血圧をあげるもうひとつの要因が「車椅子からのずり落ち」。腰を据えていられないとゆーか、筋力低下のために前方へずるずると滑り落ちていってしまうのだ。足で踏ん張るとか、お尻を後ろに戻す、てことが出来ないんだよね。椅子をあてがって足を乗せておくと、自分から足をおろしてしまうし。この2つのおかげでハハは日に何度となく、チチのために立ち上がったり、洗濯や台所仕事を中断して駆けつけなくてはならず、結果として『きぃぃぃ~っ!』となってしまうわけだ。

あたしが相手してても同じで、やっぱり『きぃ~っ!』となってしまうのだけど、さすがに今日はしくった。まずかった。あとでものごっつ後悔して猛省した。
夕飯後、チチがまたずるずると落ちてきたので、後ろから羽交い絞めにして引き上げたのね、文句ぶーたれつつ、怒りつつ。と、そのときすごく鈍い音で「ごっ」と聞こえたのだ。チチの肋骨付近から。咄嗟に頭に浮かんだのがこの四文字。

  「疲労骨折」

……やっちゃったよ、ついに。これは気をつけなくてはいかん最重要事項のひとつでもあったのに。も、何の弁解もきかん。あたしが悪い。チチも『痛い』とゆってるし。(の割には切迫感はないのだけど) 
老人性の疲労骨折は、骨が弱くなってるからちょっとした衝撃でやってしまうモノだけど(故に気づかない人もいる)、これは「自然治癒」しかない。それがどのくらいかかるのかはその人次第、だ。早い人もいるだろーし、逆もあるだろう。どちらになるかわからないけど、ともかく凹んだ。頭キテたから力任せに引き上げたあたしがいけないのだ。これから親族たちがやって来る年末年始だとゆーのに。
あぁ、雨の音がする…てことは明日はホントに雪なのかな。ガラス磨きは無理か…益々滅入るわ。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-29 01:56 | そんな1日 | Comments(0)
朝からずーっと賀状を書いてた…まずはこいつをやっつけてしまわないと何も進まん気がして。一度に両面書くと、1時間で20枚書。90枚近く書くには4時間では足りないのか…とちょっとがっくりしながら、せっせとペンを走らせた。

てなことを書いててもしょーがないので、くるみギャラリーのクリスマス展の反省。
えーと、今年はまぁそこそこ売れたのだ、例年に比べて。1つは、やっぱり大き目のOPPにこれでもかってくらい雑貨(カード、革しおり、ストラップ、豆本×2、マグネット、くるみボタンその他)をぶち込み、中身は違えど一律1000円にした、ギフトパックが売れた、てのが大きいと思う。それとキューブライト、それからオーナメントとしても飾れるミニカード。ちょい気合い入れたクリスマスボックスは(これ、ウラがクリスマスデザインの箱になってるのだけど、手に取って見らるようにしておかなかったのは間違い)、2個作って2個とも売れ残ってしまった。

でも一番の反省点はそこではなくて、ギャラリー正面に飾られた、チャリティー作品だ。いろんな作家が2、3点づつ破格値で置いて、そこの売り上げは「ふくしま子ども基金」に寄付される、というもの。ここにカードを3点ほど出品したのだけど、それらがみんな売れ残ってしまったのよ…とほほ。こいつはねぇ…ちょっとショックとゆーか、売れなかったら寄付金になんないじゃん、ここはちゃんとした「売れセン」を出さないと! とモーレツに反省したのでした。クリスマスだからって(ちょい前の)クリマカを出したのだけど、全然カンケイないモノでもOK、てゆーか、そゆ方が買いやすかったかもしれない。絵本とかさ。グッズとか、「自分が楽しめるもの」。3つとも売れ残ってしまった、てのがすーごく悔しかったので、次回は絶対リベンジ。忘れないよーにしなくては。

BQに借りてた本(小松左京のショートショート3冊は読み応えたっぷりであった…星新一は1000本ちょっと書いたけど、彼自身は何本書いたのだろう)と、貸す本と。ホントは昨日発送する予定だたのにバタバタすぎて忘れ(つか出来ず)、今日になって土曜じゃん、郵便局やってないじゃん! と思いだしてあたふた。3辺60センチに詰めたはずなのに872円? だったか取られてしもーた…こんなはずではなかったんだけど、こんなモンか、コンビニ宅急便て? ま、ともかく今日送ることが出来てよかった。(てことで明日到着するです、BQ殿。遅くなってごめん)

賀状投函とけーば新聞と夕飯の買い物に出かけた先で、どーぶつ病院のKDセンセに会った。コンビニでパン持ってレジに並んでて、『忙しいですか』と尋ねたらば、『今日、みんなお昼食べられてなくて…』て、もー4時過ぎてるんですけど? つか、これから午後の診察始まるんすよね? としばし絶句。今日はココロして行かねばなー、と思いつつ6時に出勤したら、案の定すごいことになってた…やってもやっても終わらないし。それより何より、どっから手ぇつけていーかわかんないよな状態だったし。土曜日ってそんなもんなんだけどさ、年の瀬、てのが輪ぁかけてんだろね。
センセたちはみんなゴハン食べられなかったみたいだし、インチョに至っては2時間くらいしか寝てないみたいだ。10時前後あたりからセンセたちがナチュラルハイになってって、『どーしよう、終わらないよぅ、へらへら…』て感じで、『だいじょぶです、いつかは終わります!(←いつものあたしの台詞だ。以前、こー言ってあげたらえらく喜ばれたので)』とか、『お口からシアワセいきます?』と飴玉出してあげたりとか(これもいつものパターン)、とりあえず可能な限りのことは全部済ませてあたしが上がったのが11時半過ぎ。でもセンセたちはまたゴゼンさまなんだろうなぁ。ホント、近いうちにカラダ壊すと思うけど、そう言いつつ今日まで来てるよなー。倒れるまで走っちゃう口かなぁ。

明日はオフで、友人とちょっとランチなんだけど(忘年会ランチだな)、週明けは雨とか雪とかゆってるみたいで参った。ガラス磨き、いつやればいーんだ?
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-28 01:59 | そんな1日 | Comments(0)
はぁ~、つっかれたー。かつ! なぁ~んもできんかったー。
もー何から書いたらって感じなんだけど、実際にあったことってのは実は至ってシンプルだったりする。昨日からチチの足のむくみが「膝から上」にまで達し、ぱっつんぱつんに腫れてどうにもならないよな状態で、今日にでも「往診の出来る先生」を紹介してもらうつもりでいたハハがそれをぶっちして『救急搬送する』ことに決めた。のが深夜2時過ぎ、だったかな。
今朝もあたしは早番だったのだけど、救急車にハハだけ乗せるわけにもいかないのでどーぶつ病院を休み、9時前に119番。すぐに駆けつけてくれた隊員さんたちと話をし、過去の病院歴(ともかくいっぱい)や薬の話もし、以前はずっと「かかりつけ」だった新宿の国際医療センターに向かった。「入院、水抜きの手術」もありうるので入院の仕度もしてった。このあたりは慣れたモンよ。もし仮にこれが入院、なんてことになったら通算16回目だもんね。

いやぁ~、まさか昨日の今日で国際医療センターに行くことになるとは思いもしなかったよ。昨夜のくるみギャラリーの宴で隣になったAH氏が約1年かけて作った巨大なモビール(直径4メートル)が飾られてるのは、実はこの病院なのだ。苦労話とかが新鮮なうちに見れてよかったし、リョーシンにも(カンケイないのに)自慢できたりしてさ。
国際医療センターはチチが通院してた頃ずっと改築中で、完成したのがいつか知らないけど新品同様にキレイなのは確か。飾られてるのは地下から3階まで吹き抜けになってる天井で、病院内のどこにいても大抵は視界に入って来る。素晴らしい。太陽光もたっぷり入るし、『正面玄関やロビーではない、何と言っていいかわからない』て話に内心“ええっ~”と思ってたのだけどね、杞憂でした。モビール(オブジェ?)の真下はちょっとした広場とゆーへか待合室みたいな作りになってて、患者さんや訪問者が椅子に座って和んだりしてた。見れてよかったわ、ほんと。こんな形で見ることになるとは思ってもいなかったけど。

しっかし待たされたー。待たされる、てわかってたけどつらかった…しばし熟睡したよ、モビールの見えない暗い廊下みたいなとこで。
結果としてチチの足のむくみは「心不全から来てるのでは」という見解だったけど、これだけ病歴がすさまじいとはっきりとは言えないらしい。ま、とりあえず「すぐ水を抜かなくては」という状態ではないようで、往診してくれる先生の判断によろう、てことになった。しかしそんなことよりオドロキは、
「丈夫な方の左足に骨折跡がある、ここ数日の話ではなく、治癒しかけてるところから数か月経っていると思われる」
と診断されたこと。レントゲンも見せてもらった。見まごうことなきズレ方してた…これじゃ痛がるか。でも『ちょっとぴりっとくる』という痛がり方で、骨がなんて台詞は一度もなかったんだけどなぁ。センセは『(骨折したときは)痛くて座れなかったと思う』と言ってたけど、いつだろ。お盆のころの、脱水で救急搬送されたころのことかしらん。でもその後、整形外科で『何事もなし』と言われたんだよねぇ。ま、骨折は部位によっては初見ではわかりづらいようでもあるけど。あたしが車にハネられて肋骨3本折ったときも、最初は「打撲」て診断だったし。(打撲の経験もなかったので、“打撲ってこんなに痛いのか、マジ痛い!寝返り打てねぇ!”と思ったもんだ)

入院せず帰宅できたのだけど、帰ったら3時過ぎ…くたびれるわけだぁね。もっとも、病院から介護タクシー呼んだら出払ってて(?)迎えに行けるのは1時間後、と言われたので、病院内のカフェで珈琲してたのもあるんだけどさ。タクシーのあんちゃん、気さくでいい人でよかった。
バイトは休むわ、ひたすらねみぃーは、賀状も書けないし掃除もできねーし、なぁ~んもできんかった…かろうじで賀状に手をつけられたけど。(日曜って集荷はあるんだっけ、ないんだっけ) 
今日はクリスマス展の反省を書くつもりしてたのにな。ちっ。明日書けっかなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-27 01:51 | そんな1日 | Comments(0)
早番で仕事したあと、その足で買い物に行った。某ドラッグストアが31日で閉店するから「全品10%オフ」とゆーので立ち寄ってみたらば、まーものの見事に我が家で使ってる日用品(洗剤とか)はなくて、ティッシュもトイレットペーパーもゼロ。セールは昨日からのはずだけど、こりゃ31日まで営業できないんじゃね?て感じだった。

帰宅して昼ご飯食べて、洋間の電灯のことで業者サンとちょっとやり取りしてる間に3時近くになってしまい、慌てて仕度して国分寺のくるみギャラリーへ。本日はクリスマス展の搬出あーんど、打ち上げとゆー名のクリマパもしくは忘年会。のために、参加作家さんたちの搬出の早さと勢いといったら…「早く片付けて早く飲もうぜ」オーラびしばし? で、5時から搬出にもかかわらず6時前には乾杯。
すごかった…いやはや「すごいだろな」とゆー予測のちょい斜め上を行ってたよ。まずワインボトルがテーブル(ほんの30分前までは作品が並んでたギャラリーの什器)にぽんぽんと置かれ、ビール半ダースがごんごん載せられ、次いで一升瓶がどどん。(ワインボトルよりこっちが先にカラになるってどーよ? しかも終わると同時にどこからか別の一升瓶が現れ、飲み食いしてる間にまた別のになってるし) あっちゅー間に床にはカラのボトルと缶が山になってるし。

でもって食事もまたすごかった。テーブルに並びきらない量の料理(市販のモノと誰かの手料理が半々)で、そーか今宵はクリスマスか! とみんなを唸らせた鶏の丸焼き…じゃなくて蒸し鶏だったのかな。鶏の中にはもち米を始めとした具材があれこれ詰め込まれてて、お見事な出来栄え。宴が始まって1時間も経ってないのに皿に山盛りだったつまみや料理がなくなりつつある頃、『おでん食べる人~?』のオーナー(2時間後には敬称は「ママ」になってた)の声に挙手多数。おでん皿が次々と回され、食べ終わった頃に餃子がびっしり並んだ大皿2枚が到着。も、気づくと皿はキレイになってた…そして『いやぁ、食べたねぇ~』と満腹感でほくほくになってた矢先にみんなが目を輝かせた、『いまちょっと買ってきて作ってみた』とAH氏が出した、大根千切り+鯖の塩焼きを細かくほぐしたもの+曲がりネギ(という、宮城の有名なネギがあるらしい)+カイワレ大根のサラダ。満腹だけど欲しい人続出。さっぱり塩味で美味。豆腐と大根のサラダとかね。いやはや…いったいどんだけの酒と料理が消化されたのか見当もつかない。

宴が始まってからも続々と人がやって来たので、総勢で30人はいたと思うのだけど、もーにぎやかすぎて誰が何の話をしてるのかもわからなかった。ノンアルコール派はあたしと陶器のOGっちのみで、あたしが持参した「柚子みかんジュース」と「アイスティー」を飲んでたのだけど、何つーか、気分的に酔っ払ったわ。AH氏がほぼ1年かけて制作した、某病院に設置されてるオブジェの話とかは口から感嘆符しか出なかったし(直径4メートル余りの球形モビールで、それを構成してるモビールの数、700個以上。えらく緻密に計算された数と形と重量と素材であったらしい。ぜひ見に行きたいものだ)、『ボクは酔っ払うとずーっと喋ってんだよ、ごめんねぇ~』と言う版画家のTK氏の話もおもしろかった。ただもう、ひたすら飲んで食べてたなぁ。昨日今日と食べ過ぎだ。しばらく粗食にしないと。
宴が延々と続きそうな中、10時に失礼したのだけど、帰り際に床に転がってるワインボトルを裏に下げたのね。10本はあったね。一升瓶は3本。テーブルにはそれよりやや小振りの瓶がまだ数本あったし、足元に潰されてるビール缶は数知れず…『ここに来ると食べるモノも飲むモノも絶対困らない』とみんなが口を揃えて賛美するのも当然。ママ(オーナー)いわく『それは私が好きだからだよ~』なんだけど、そう言う彼女をどれだけの人が慕ってるか、てことの証でもあると思う。それに、これだけ消化されてても、みんなが酔っ払ってても、ひどい乱れ方や悪癖が出てくる人がいない、てのも大きいんじゃないかな。だから安心して飲み食いできる。これぞ宴、だよね。

帰宅したのは11時ちょい前くらい。チチは就寝してたのだけど、何やらよろしくない事態に進行しつつあって、もう少し早く帰っていれば…と思ってしまった。早く帰宅したところで何が出来たわけでもないのだけど。この年末で、かつ週末…不運が重ならないことを祈るしかない。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-26 02:01 | そんな1日 | Comments(2)
ハハが朝イチででかけなくてはならんかったので、オフだしゆっくり寝てたいのをこらえてチチの着替えと洗顔、朝食を手伝った。こっちはバジャマのまま、珈琲も飲まずにあれこれ世話焼いてたのでぷちぷちキレて、あとで“イブだってのになー、ひでぇムスメだよなー”とどよよんと反省してしまった。チチは今日は「お泊り」のディケアなのだけど、迎えに来たヘルパーさんが『クリスマスのプレゼントとか用意してますからねー、楽しみにしててくださいねー』とか声かけてたそーで、ちゃんと送り出してあげればよかったとまた反省。(ハハが帰宅したのでそこはハハに任せてたのだ) 反省するくらいならやさしくしてやりゃーいーのにな。

いい天気だったので、チチの賀状印刷とあたしのちぎり絵の印刷しながら部屋掃除。ホントはもっときっちりがっつりやりたかったんだけど、それ始めるとずぅえーったい1日では終わらなくなるのでね。大体、チチの賀状はともかく、あたしの賀状の方は大いに問題アリ、で落ち着いてらんなかったし、またキレかけた。何でPCに画像を取り込むとサイズがこんなにちっこくなるんだ?! 「等倍」にしてんのに意味わかんない。あれこれいじってキレて、PCからではなくフツーにコピーすることにした。何だ、この方がラクだし早いじゃん。
で、コピー始めたらインクの赤が少なくなりました、の表示…むむぅ。青と黄色はそろそろなくなるはずと思って買ってあってつい先日補充したのだけど、赤もか。買い置きがなかったので、とりあえず出来るとこまでコピーした。「限界まで達したので印刷を終了します」と出たのは、残り3枚となってから。90枚中87枚コピーできたので立派にがんばってくれたと思う。あんがとよ、PX503A。

イブだからってわけではなく、ハハと外食しようてことになってて、でも遠出はしたくないとゆーので豪徳寺までてくてく歩いた。ハハとランチはするけど、夕飯を外で、てのは滅多にあることじゃない。とは言え、どこで夕飯するかがちょっと問題だった。呑み屋はいくつもあるんだけど、あたしもハハも飲まないしさ。最近ではそゆこと気にしないで入ったりするけど、ハハにはちょっと抵抗あるみたいだ。
ちょっと買い物したら商店街の福引券を2回分もらえて、抽選は明日までとゆーのでやってみた。ハハ5等、500円分の商店街金券。あたし4等、1000円分の区の金券。500円はここで年末までに使わなきゃだけど、区の方は再来年の年度末まで。やったね。
『あなたって本当にこういうの強いわねぇ~』
とハハ。宝くじとか万券とかはないけどね、商店街のとか、その類のヤツはけっこー強いよね。

ここぞとばかりに繁盛してるケーキ屋でケーキを2つ買って取り置きしてもらって、いざメシの美味い呑み屋…と思ったらまだ開店前。ちょっとB・オフで買い物したりもしてたんだけどね、6時前だったしね。(ちなみに欲しいと思ってた万城目学の『偉大なるしゅららぼん』を見つけたにもかかわらず、彼の『鹿男あをによし』の方を買ってしまった…ドラマは見てなかったんだけどさ)
結局、待ちたくないハハとハラヘリ(今日は昼抜きなのだ)のあたしの意見が一致してネパール人のやてるカレー屋に入った。カレーと一緒に頼んだパコダ(あちらの野菜天ぷら)は熱々で美味しかった。でもランチでは何度か入ってるので新鮮味はなかったのがちょっと残念。やっぱ新規開拓、と挑んでみたかったな。帰りに「夜定食」と書かれた看板を見つけ、あじフライ定食とかどんぶりとかあったので、次回はここにしようと決めた。

これで明日が早番でなければもっと嬉しいんだけど、そーはいかないんだよなぁ。なぜか木曜朝は人がいないのだ。でも今月は誕生日もイブもどーぶつ病院がオフの日でいろいろ満喫できたな。
さて、明日は早番で仕事したあと、くるみギャラリーの搬出、そしてぱーりーだ。またみんなすげぇ飲むんだろなー。てゆーか、よく酒なくなんないよな、あそこ。次々出てくるんだもん。(でもノンアルはないので買ってかないといけないのだ…オーナーいわく『飲まない人がいるとは思わなかったので…』だったんだよ、あたしが初参加したぱーりーでは)
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-25 00:41 | そんな1日 | Comments(0)
ゆず湯(て下から読んでも「ゆず湯」だな!)に入ったのは午前5時。ドライヤー使わなかったことを後悔しながら(メンドくてタオルでがしがしやっただけで寝ちまったのだ…さーむかったー、頭が)、まさに眠りに落ちようとしたそのとき、呼ばれた。しかも不発であった。でかい方の。ベットに戻ってその十数分後、また呼ばれた。もーベットから出られませーん、てことでハハに任せて熟睡。
その後、「大洪水」ならぬ「大洪墳(フンの字が違うんだけどさ)」で大変だったらしい…そゆときは構わず呼んでくれよー、と言ったのだけど、『だって何度も行ってて、やっと寝れたのにかわいそうだったから』と言われてしまった。ま、確かにそーなんだけどさ、「大変さ加減」で言ったらハハの方がずっと大変なんだよねぇ。どーもうまくこのバランスが取れない気がするんだなぁ。そのあたりの解消が今後の課題でもあるやね。

起きたら12時でびっくりした。今日は祝日だけどバイト有りの日で(休診日だからびょーいんとしてはお休みなんだけどね、入院や宿泊でわんこにゃんこはいるし、仕事もそれなりにあるし)、しかも『早く来て欲しい』てことで4時には出ないといけない。のに、食事したらもーあと3時間しかないじゃん!
ハハと買い物に近所のスーパーに行ったあと、足がむくんで室内履きが入らなくなってしまったチチのために再び出かけた。もひとつ上のサイズが欲しかったのになくて、切れた蛍光灯も欲しいサイズがなくてがっかりして帰宅。昼ご飯を3時半に食べ、バイトへ行った。

待合室はいつものよーにフツーに混んでて、何じゃこりゃ、ホントに今日は休診日なのか?! とちょっと呆れた。どうしてもこの日でないと、て人とか、常用してる薬がなくなったとか、週2日来るエコーの技師さんが来る日だったので、その予約してた人とか急患とか。つまり、普段と全然まったく何も変わらない仕事日となってしまったわけだ。早く帰れたけど、早く来たので勤務時間いっしょだったし。
帰宅してから、賀状に印刷する羊をちぎった。何だかなぁ~、いーのかこれで? て出来だけど、イイとしないと進まない。ので決めて、コピー印刷してみた。う~ん…やっぱ修正が必要? つか、コピーではなく絵をPCに取り込んでやった方がイイのかなぁ。試すのもプリンターをがこがこさせるのも遅い時間になってしまったので明日に持ち越し。明日はイブだな。やる気でねーかもしんないな。せっかくのオフだし。

明日はチチは「お泊り」のディの日なので、1日早いクリプレと称して室内履きをあげた。履けなかった…やっぱし、て感じだったけど、足のむくみが取れればイケる気はする。昨日の話し合いで『水を取れれば』なんてことにもなったから、方法はどうあれ、それが出来ればいいなとは思ってるのだけど。
そして母には、欲しがってたスケ帳をあげた。「なるべく薄くて」「花柄もしくはちょいファンシー」な感じのってありそでなくて、大抵は無駄に厚かったり、絵柄が派手すぎるか地味すぎるか
で、しかも「固いビニールのカバーでないやつ」となるとさらに難易度が上がる…あの端って手に馴染まないんだよねぇ~。かくゆーあたしもそれ探してたけどなくて、あとでテープとかで縁取るつもり。なのでハハもそれ式にして(いま使ってるのもそーなのだ)、クローバー柄にしてみた。形と薄さはハハの好みだったので。柄も気に入ってくれたみたいだ、よかった。
さーてと。明日はハハと何を食べに行こうかなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-24 02:02 | そんな1日 | Comments(0)
深夜1時から明け方4時半まで呼び出されること8回。うち、トイレの用は4回。そしていずれも不発。呼ばれていちいちシビン持って出かけてくのも億劫だけど、それで不発(つまり出ない)だと怒りに拳が震える。しかもあとの4回はとゆーと…
『第九ってどんなんだっけ』
てことを訊くために呼び出すか、午前3時に?! 呼ぶのはトイレだけにしてくれよ! と怒鳴りつけたいのをぐぐっとガマンして、そーいやこないだは「りんごの唄」で、ハハが歌ってやったことを思い出した。
『……チャンチャンチャンチャンチャーチャチャン~てやつ』
『そう、それ。年末に歌うんだよね』
『そだね』
『みんなで』
歌ったことなんざないくせに!
『まだ1週間あるからね』
『なんだ、そうか…』
で、納得して(?)寝入った。と思いきやまた10分後とかに(今度はトイレで)呼ばれたのだけど。何かなぁ…何だかなぁ。しかし寝ぼけてるときの方がホントよく喋るよなぁ。
とは言え、その後ハハと交代した4時半過ぎあたりから6時までの間にさらに数回呼び出されたらしく(あたしは熟睡してたので知らない)、しかもそのほとんどが「不発」となると、さすがにヤバイんじゃないか、てことになった。

デカイ方もだけど、さらにこっちもとなると、カラダに溜まってる、てことになる。今日はかろうじでOKだった午前5時近くの1回だけで、夕方になっても不発のまま。(呼び出し回数は数知れずでハハのキリキリも頂点に達した) 2時に在宅リハのセンセが来て軽い体操やらマッサージやらをしてくれるのだけど、
『この足のむくみもそこから来てるのかもしれないですね』
さもありなん。トイレ回数が極端に減ったのと、足のむくみがひどくなってきた時期は一致するし。ただ、その判断はカンゴシさんでないと出来ないし、利尿作用のある薬なんかの処方はイシャじゃないとダメだから、てことで今後の話し合い。
それはいーんだけどさー、このテの、ケアマネやらイシャやら何やらを巻き込んでの「話し合い」てのを今年はいったい何回やったことやら…とげんなりしてしまった。ケアマネさんもディケアの人たちもみんないい人たちで、『それが仕事だから』とイヤな顔をせず真摯に対応してくれるけど、こーも頻繁だと(でもってその度に方針の修正をせざるをえないので)、こっちが疲弊する。チチのちょっとした移動(ベットから車椅子とか、もう少し深く座らせるとか)すらままならない状態でとーとー右手首を痛めてしまったし。介護する人は「腕や腰を痛めない方法をちゃんと実践して」とかゆーけどさ、それは寝たきりに近い人に対してだと思うんだよね。上半身にがっちり力入れて(その力の半分でいいから足腰に使ってくれとマジで思う)、車椅子にしがみついてる人をどうやって着替えさせるのか聞いてみたいもんだわ。無理に引き剥がす以外に方法なんてないじゃん。
こないだなんてヘルパーが背負って玄関の階段を上がってくれてる最中にいきなり手すりつかんでさ。彼がすっ転んだら自分だって無事じゃすまないのに何でそんなことするかね。ま、何を聞いても『わからない』なので、怒るだけ無駄なんだけど。(でも怒る。でないとこっちの気が済まないので)

ケアマネやカンゴシさんとの話の合間に洗濯もの取り込んだり風呂掃除したりしつつ、チチの賀状(来年で最後にする人たちの分だけ)作ってるうちにバイトの時間になって、今日も自分のこたーほっとんど何も出来んかった…カレンダー購入された常連さんたちに「訂正シール」を同封したクリスマスカードを送るつもりでいたのだけど、出来たのは2名だけ…明日は祝日だから集荷はないよね…とほほ。新年のご挨拶と一緒でいーかな。たぶん、送られてくるまでカレンダーの不備(9/23が祝日になってないこと)は気づかないと思うのだけど。
今日のブログはほぼ全編「愚痴」でしたな、すんません。今夜(つか明け方)、ゆず湯に入ってさっぱりすることにするです。さっきかぼちゃパイも食べたしね。これで風邪ひかないかな。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-23 02:04 | そんな1日 | Comments(0)
本日はくるみギャラリーのクリスマス展の在廊日。朝から、てわけにはいかなくて、13時からってことにしてもらってたけど、結構ぎりぎりになてしまった。出がけにチチのことでばたばたしてしまったし、買い物も必要だったし。(チチを1人に出来ないから、あたしが行かないと食材その他が買えないのだ) もーホントに足が萎え萎えで、まともに地面に着地してることすら出来ないんだよねぇ…2週間前まではトイレくらいは行けてたし、自分で済ませられてたのに。

ともかく13時には無事に着けて、ちょっとしてから陶芸のWKサンの指導のもと、割れた陶器の「金繕い」をやった。たまに彼女はワークショップとかでこれをやってて、ウチにある皿の欠けたのをやってもらいたいなー、と常々思ってたのだ。今回はいいチャンス。いちお「1人3枚まで」てことになってるのだけど、ダメモトで5枚持ち込んだ。みんなほんの少々の欠け具合だから、許してもらえるかなー、と思って。だいじょぶだった。よかった。

ギャラリーの2階は、ワークショップとか工作なんかが出来るちょっと広いスペースになってて、金繕いしたい人たち2人と一緒に、まずはエポキシパテ(金属用)をこねこね。それからそれを欠けたところに付け、あとは「触っても違和感ないくらいに」キレイに紙やすりでヤスる。(これ、水につけてからやると粉が出ないと初めて知った…耐水性の紙やすりなんてあるのね) 
次に真鍮粉と新うるしとを同量にして混ぜ、筆で欠けた部分を塗る。それから真鍮の薄いのを貼って、余分を拭い取れば完成。なるほどWKセンセが言うように『すごくカンタン』でウチでも出来るけど、みんなと『これらの材料をそろえるのはちょっと手間だし、お金もかかるよね』と話してた。ほんの少量しか使わなくても、買うとそれなりの分量になるしね。こうして指導してもらいながら自分で繕うのが一番かも。

やってる最中に常連さんの1人のOKさんが息子さんを連れて訪ねてくれた。ありがとうございます! 立派に成人された息子サンで、今日は母上の年末の買い物に付き合って車を出してくれたのだとか。素晴らしいわ! 陶芸好きで自身でも作られてるみたいで、陶芸作家さんたちの作品を興味津々に眺めて楽しんでくれてた。よかったー。ちょっとだけどおしゃべりも出来たし、何よりお会いできてよかった。いい新年を迎えてください。
あとは誰か来るかなーとちょっと期待してたんだけど、クリスマスが近い、てことは年末が近い、てことでもあるのでみなさん忙しいのだろうな。
そーそ、ギャラリーでちょっとショックなことが発覚したのだった。

  ちぎり屋の2015年卓上カレンダー、9/23が祝日になってません!

うぅ~わぁ~、ショックもショックでしばし声も出なかった…何てミス! しかも2015年のこの9月の祝日は例年に比べてかなり異質なのだ。何てったって4連休だかんね。(ゴールデンウイークに対してシルバーウィーク、と呼ぶらしい) その最後の日が「赤」でないのって何つーか…ショックだわ。お買い上げいただいたみなさん、本当に申し訳ない。わかってる範囲で訂正シールを送るつもりだけど、常連の方以外はちょっと難しいかなぁ。あ、そだ、どーぶつ病院にも1つあげたのだった。年明けにこっそりシール貼ってこよっと。
ギャラリーから帰宅したのは7時。金繕いした皿は好評でほっとした。よく使う皿だからね、ずっと気になってたんだよ。これ、クリスマスプレゼントでーす、て言っちゃえばよかったかな。

甥と姪にプレゼント用意してカード書いて発送準備とかしてたらあっちゅー間にこんな時間…やれやれだわ。賀状もまだだし、掃除とかもしたいのにいつになることやら。結局、これまでの年末と同じようにバタバタしまくってるうちに年が明けるんだろね。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-22 02:21 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156