<   2015年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

昨日は「明日は豆本!」とか言っておきながら、実は前からの予定で「フリマ用雑貨選別」の日と決めてたのだった。以前からテキトーに“これは捨てるにはちと惜しいな、フリマ用だな”とよけておく専用の紙袋があって、すでに山盛りになってたので。
よくお世話になる柳沢の『Zakkarnival(雑貨市)』で出品を打診されてたのだけど、さすがに出せる作品はほっとんどなくて、代わりに(?)てわけでもないけど、9/5(土)6(日)のフリマには参加させていただこうかと思ってね。(ちなみに「雑貨市」は9/3(木)~7(月)までです、さゆき作品はないですがよかったらぜひ) 大き目のダンボール箱に詰めてたら、あっちゅー間にいっぱいになってしまった…かさばるモノが多いからなぁ。ついでに父の、未使用に近い雨靴とか、やっぱり捨てるには惜しいので出そうと思うのだけど、すでに入る余地がない。かと言って箱2つにするほどのことか? て気もするし。大体、売れ残ったモノをまた2箱送り返してもらう、なんてことになったら手間じゃん。お金もかかるしさー。

値札(しかも8400円!)のついたブルゾンも出てきて、こりゃー出すしかないよね、とハハと言ってたら、とんでもないことが発覚した。何と左袖に名前が刺繍されてるのだ!(それでこの値段かよ!) いったいいつ購入した何のためのブルゾンで、これをどーするつもりだったのか…いまとなっては不明なのだけど、やっぱりこれはこっ恥ずかしくて出せない。オトート共に着せてやろーかとも思うけど、着ないだろーなぁ。ポロシャツとかもいっぱいあってさ、ハハが『着ない?』と言ったら『そんなおっさん臭いの…』と拒否られてたし。ふん、あンたらだってもー子持ちのリッパなおっさんじゃん。Tシャツ来て若ぶってたって40代半分費やしてんのよ、すぐ50だわよ。
これは売れないねぇ、と捨てるモノもあったのだけど、整理してた中に父がタイだかビルマだかで買って好んでかぶってた、ピンクと黄色と黄緑の縞模様のパナマ帽があって、『こんな派手なの…』と言いながらちょっとかぶってみたら意外に似合ってたのでもらうことにした。あたしが。もー夏も終わりだけどさー、来夏はかぶってみよーかと思う。フリマ用に自分の帽子も出したりしたのだけど、それでこーやって増やしてたら一緒だあね。

昨日の夕飯はタンドリーチキンだったのだけど(あたしはバイトだったので浸け置きして「あとは焼くだけ」にしておいた)、帰宅したらハハが『このソースがもったいないからまた使いたいんだけど』と言い、2人してチキンの他に何が合うか検討してみる。結果、「ソーセージ、ふかしたジャガイモ、ズッキーニ、ゴーヤ」に決定。足りないのはソーセージだけなので、バターを買うついでにてくてく行ってきた。で、フライパンで焼いてみた。美味かった。ジャガイモがほくほくだったのもあるけど、いつもよりちょいフンパツしたフランクフルトソーセージも、とろとろになったズッキーニもゴーヤも、タンドリーチキンのソースにばっちりだったのだ。素晴らしい。

夜はせっせと値札付け。タダでもいーモノもあるんだけど、今回は搬入出ともに「送り」だからね。参加費含めてそちらも出てくれないと困る。“100円でいいのか? 100均でもっとイイのが買えるから50円か?”とかあれこれ悩む。帽子なんかはもーちょい色つけさせてもらったけど。
今日は制作はなぁ~んもしなかったなー、と思い、せめてもの(?)気分で豆本の何を持参するかの書き出しだけやった。相変わらずアイテムは多い…そして不意に新作イメージがふわっと降臨してしまい、スケッチブックに描き出しつつも、“いや、これはいつものパターンとゆーか、どーとゆーことないなぁ…”と思ってたら2つめ降臨。仕様は一緒でも中身は違う…加えてこのタイトルが意味深でイイかも…って、「必殺新作」がまだ試作品しか出来てないこの状況でンなこと言ってていーのか? と自分に突っ込まずにはいられなかった…10月には三茶楽市だしな…いやこれはこれでカレンダーという超最難関があるし…
つまりドツボ。
明日はハハと片道20分歩いてランチだし、BQ殿からは『幽霊塔』が届くし…ドツボなんてウツボと一緒だ。食ったら意外と美味いもんだ。気にせず行こう。3週間ある。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-31 01:42 | そんな1日 | Comments(0)
あ~、やんなきゃやんなきゃーと思ってた展示会の告知を3本続けて書いたらすっげー疲れた…もーここ書く気力ないんですけどいーですか。そーですか、ダメですか。はいはい、続けます。

HearTokyoのA2作品(4分割)の1枚の色がどーして気になって、ピンクの丸を紫に変えた。無理矢理剥がしたのではなく、ほんのちょびっと(キモチ)大きくちぎって上から貼ったのだ。見た目はたぶん大丈夫。3、4枚重ねたらさすがにバレると思うけどね、1枚程度なら厚みもそんなに差は出ないし。
そしてドキドキしながらA2の額(6年前の「HearTokyo」出品時に購入したモノ)に入れてみる。そしてひっくり返す。

  う、うぅ~ん…ちょいと力み過ぎた感があるなぁ

てのが自作品に対する正直な感想。色使いが激しすぎる…てほどでもないんだけど、4枚繋げるとね、1枚だけ見てたときの(制作中の)印象とはだいぶ違うよね。当然なんだけど。ぱっと目は引くけども、ごちゃごちゃしてるし。もっと「考えずにシンプルに」いけばよかった。あんな必死こいてちまちまちまちま三角ちぎらずにざっくりやった方が、馬たちの疾走感も出て文字も映えてよかったんじゃないのかなぁ。もーいまさらどーにもできないのがもどかしいわ。搬入まで3週間弱あるんだけどさ。もー無理っすよ。

馬たちの絵は「父に捧ぐ」なので、仏壇前まで持ち出して報告がてら置いてきた。ハハは『いーじゃない』と喜んでくれたけど、父だったらどー言ってたかなあ。馬見てにこにこしてたかな。そもそもどーしてあんなに馬好きだったのか、聞いておくんだった。じっさまも大好きで、隠居後は毎週末競馬に行ってたし、そーいやじっさまの香典返しは『祖父の好きだった馬の皿を贈ります』と一筆添えて、サンドブラストで描かれた(でいいのか?)、サラブレッド馬の絵の皿を贈ったんだよな。昨今では珍しくなった自宅葬で、参列者の数も半端なかったから、通夜も葬儀もやたら目まぐるしかったのを覚えてるわ。あの香典返しの皿、『ウチにも1枚』と言って父が買ってたけど、どこにあったかな。最近見てない気がする。

「HearTokyo」が無事(と言っていーのかどーなのか)を終え、豆本展示会に備えるべくまずは在庫調べ。とほほ…と泣けるほど在庫がなく、だが果たしてだからって単純に追加していーもんだろーかと悩む。あんまり昔の絵本は作らないつもりだけど、でもそっちは「あとは製本するだけ」の状態で数冊分づつあり、逆に最近の絵本や詩本は在庫もコピーもない…とりあえず「KAPPAしりとり」と「KAMEしりとり」はセット売りするつもりなのでコピーしてくるつもりだけど。

別にしておいたはずの原画が見当たらなくてあわわと泡吹いて探し、ついでに部屋も片しながらだったのであっちゅー間に夕方、バイトの時間。(原画はあったものとないものが…) ほとんど何も作ってないにもかかわらず、そして先週までの土曜なんかよりラクだったにもかかーらず、くたびれた…告知3本のせいかなー。
今夜は柚子シャーベットを食べて、明日は豆本がんばろーっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-30 02:16 | そんな1日 | Comments(0)
 9月26日(土)~10月23日(金) 8時~21時(初日は15時から)
 新宿西口プロムナード・ギャラリー (入場無料)
 (新宿西口ロータリー前 明治安田生命ビル地下)
 HEARTokyo HP http://www.heartokyo.com/
 こころの東京革命HP http://www.kokoro-tokyo.jp/

東京都が推進する「こころの東京革命」に賛同したアーティストたちによる、ハートフルアート展示です。「おとなが変われば子どもも変わる」をコンセプトに、子どもたちへの愛をこめた展示会も今年で何と12回目。さゆきは何と6年ぶりの出品となります。(そんなに経つのか~、ふわぁ~) 今年もまた『あいさつは魔法の力』と題して、「あいさつ」をテーマに18名のアーティストが参加。加えて親子コラボ作品もたくさん出品されます。
この9月展の展示後は作品は巡回し、締めくくりは2016年3月の都庁の都政ギャラリーヘ。ちょっと力みすぎてしまったかな、と思うA2サイズの新作ですが、父への追悼も込めた1枚に仕上がりました。よかったらぜひ見てください。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-30 01:31 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)

  プチ豆本フェスタ

 9月22日(火・祝) 12時~16時
 杉並区立産業商工会館3階講堂
  JR中央線「阿佐ヶ谷」駅下車徒歩5分
  東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ヶ谷」駅下車徒歩3分
 公式サイト
  日本豆本協会 http://mamehonkyo.jp

日本豆本協会が主催する、オリジナル豆本の展示即売会です。
 *入場の際、入場手形となる豆本(500円)をご購入いただきます。
  配布するキットは無地ですが、有志作家が記念シールやスタンプを配布します。
ひさしぶりの豆本展示即売ですが、がんばって新作も出します。記念シールも用意してます。シルバーウィークのど真ん中、1日のみの開催ですが、お時間ありましたらぜひ遊びにきてください。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-30 01:03 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)

  猫の祭展2015

 8月20日(木)~9月20日(月) 11時~19時
      火、水曜休み 9/12、13 音楽祭のため14時まで
 ギャラリー&アトリエCoCo 
 岡山市北区出石町2-8-3
  路面電車・岡山駅前駅より徒歩15分
  JR岡山駅より宇野バス11番乗り場 東岡山行き 就実高校前下車徒歩5分
 http://tsuji5.blog.fc2.com/

猫をモチーフに、さまざまなジャンルのアーティストがオリジナル作品を展開するアートプロジェクトです。岡山市芸術祭のひとつとして、今年は15店舗の同時開催。さゆきは出品のみで顔をだすことはありませんが、お近くの方、お近くへ行かれる方はぜひ覗いて見てください。
猫の祭展2015の情報はこちらからもどうぞ。
 http://www.facebook.com/cats.okayama.art
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-30 00:52 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)
朝食のパンとサラダを一緒に頬張っているとき、ふと妙な違和感があって「???」と口をもごもご動かしつつその違和感の理由を探してみた。
  歯が欠けてた…
先週あたりから、やばい、ちょっと染みる、歯医者行かねば…と思ってたその歯、のよーだ。鏡を見たらほんのちょこっとだけど隣の歯と接してる部分が欠けてて、はぁ~、これから仕事なのにぃ~とため息。痛みはないから、仕事に支障があるわけではないのだけど(でもまさかの凡ミスで自分で凹んだ…)、6月に歯医者通いが終わったと思ったらまたかー、と気分が滅入った。

どーぶつ病院の隣があたしが行ってる歯医者なので、仕事帰りに立ち寄って予約し、午後2時半に再び来院。どうやら昔治した歯に被せてたのが外れて、そこから虫歯になり欠けた、てことらしい。まぁ、あまり大ごとにならずに済みそうでよかったけど、気分はとほほ。
帰りの会計のとき、先生に(ここは先生1人でやってるのだ)父が亡くなったことを告げた。父が元気だったころはここに通ってて、話好きの先生と無駄話に花を咲かせてたのだ。なかなか帰宅しないからどうしたのかと思えば、『次の予約の人が来るまでしゃべってた』なんてことがよくあった。
父の死を悼んでくれ、『でも病気をいっぱいされていたし、天寿を全うされたと言っていいのでは』と言ってくれた。その通りかもしれない。心筋梗塞4回、脳梗塞多数、胃癌、ヘルニア、大腿部骨折、糖尿、その他もろもろ、挙句が肺水腫、そして肺癌だもんなぁ。よくがんばってくれたと思う。ひたすら前向きで、暗いところが無くて、それが意図してのものかどうかはわからないままだったけど、家族が救われたのも事実。
やば。続ける言葉で泣きそうになった。

1度帰宅して、今度はやーっとセーコツ。先週行きたかったのに行けずじまいで、やっと、て気分だった。肩だけでなく首もほぐしてもらえたのでだいぶラクになった。展示会のこと訊かれたので『前回もそう言われたのでDMと見本のカードを持ってきました。これは差し上げます』と言ってメッセージカードを1枚進呈した。それが「ちぎり絵」であることに驚かれて、そして「背筋をぴっとね!」という文字を褒められる。ホントは医院仕様に「カラダをほぐそう ココロもほぐそう」なんてフレーズもいーなと思ってたんだけど、とてもじゃないけど作ってる余裕はなく、このカードは2年前の売れ残り。ま、喜んでもらえてよかった。三茶のDMが届いたらそちらも進呈しよう。

そーそ、今日、友人に「ゆうメール」を送ったのね。郵便局から。あたしは定形外の郵便を送るときはカレンダー写真の手作り封筒にしてるので、今回もそれ。紫色の夕焼けとラベンダー畑の紫のきれいな写真で、宛名シールを貼る場所にも困るほど。隅っこの方にシール貼って、上部の端にシール切手貼って窓口に出したら、『すみません、ハンコが逆になってしまって…』と若い職員のねーちゃんが苦笑しながら封筒をこちらに見せた。えぇ~っ、何そのハンコ! いや、ハンコしなきゃいけないのは承知してるけど、何も封筒のど真ん中に(しかも文字が逆で)押すことないじゃん!! つか、そこに押すこと自体が間違ってるとゆーか、センスなさすぎ! そもそもこのキレイな写真見て何かしら思うことないわけ? とむかっ腹が立った。そして決めた。

  今度からカレンダー封筒を出すときは、裏面に住所と切手貼って出してやる!!!

帰宅してからはせっせと制作、そして無事(?)完成。ちぎり文字のサイズをバラバラにするという、初の試みでもあったのだけど、どーせやるならも少し遊び心があった方がよかったかもしれない。にしても「薄葉紙の上にチラシちぎり」はやっぱりきついなぁ。どの色との相性がイイのか、実際に貼ってみるまでよくわからないんだもん。貼ったあとで気づいても遅いしさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-29 01:19 | そんな1日 | Comments(0)
昨日はあまりの寒さに明け方近くに目が覚め、足元に薄い掛布団を置いたままでよかったと思い、今日はパジャマを長袖にして寝たんだけど、何か暑くて目が覚めた…秋なのか残暑なのか、て感じだわね。昨日は部屋は19℃だったけど、今日は何℃だったんだろ。25、6℃はいってたのかな。

さて。朝からどーぶつ病院の日で、そちらは意外にもへーわで、換気扇の掃除なんかも出来たりした。(もっとも、ヒマでなくても週に1度は絶対やらないとわんこにゃんこの毛がすごいんだよねぇ。乾燥機も3度に1度は中のフィルターを掃除しないと連中の毛とタオルの繊維が厚い層を作ってるし) で、そーゆーヒマなときにセンセはちょっとお休み…なんてこたーなく、『往診に行ってきまーす』とヌーピーのスポーツバックを持って出かけた。この鞄、実はずっと謎だったんだ。スタッフルームにあって、いつも掃除のときジャマだなーと思ってたら「往診カバン」だったという…AMセンセは猫好きだけどキャラはヌーピー。病院内にあるカレンダーはほとんどがヌーピー。トイレもヌーピー。常備されてる皿とマグもヌーピー。そしてあたしの、『来年3月にヌーピー記念館が六本木に出来るそーですよ』という情報には大喜びしてた。そんなに好きなんだ~、って人のこと言えないか。何にしてもきてぃらーでなくてよかったと思う今日この頃。

普段より早い時間に帰れたので、せっせとちぎりまくり。英字18字なんてたとえどなんサイズであれあたしにかかれば「赤子の手ぇひねるよーなもの」、だ。一発でチラシを決め、そのチラシ1枚(赤、紫、濃いピンク、薄いピンクの4色が放射線状に延びてる)でコト足りるはずだった。
  甘く見てた、18字を。
9字ちぎったところで、どーうまくちぎってもあと6字しか取れないことがわかり(ちきしゃう、中央に「お客様に感謝をこめて」だの「心よりのサービスを」などと入ってるからイカンのだ)、残り9字を別のチラシ(今度は茶、薄茶、オレンジの楕円の混合)から取ることにした。そんでちぎり終えたのが夕方だったのだけど、何か違う…緑の三角の中で沈む? てわけでもないけどぱっと見がわかりづらい、読みにくい。紺と群青と青の銀杏柄にしてみた。いいよな悪いよな…でドツボにハマったことに気づいた。

ハハに尋ねてみた。
『文字のサイズが均一すぎるんじゃない?』
なるほど一理あるかもしれない。このときすでに30枚以上の文字をちぎってたけど、仕切り直し。全部ほかして、型紙も外して、直接ちぎりで大小つけてみる。(英字は単純なので型紙なしでもイケる) 問題はこれやっても「大差ない大きさ」になってしまうことなのだけど、そこもクリアした。色は赤、紫、濃いピンク系で、18字すべて違うチラシにする。なんてのはあたしには「朝飯前」なんだけど、夜10時になって、さすがのあたしもバテたのかバッテリー切れ…60字以上ちぎって、ちぎる能力としてはまだ残ってるんだけど、「次にどのチラシでどの文字をどのサイズで」て判断ができなくなるのよ。選別した赤、紫、ピンク系のチラシの山を前に集中力が欠けてくるのがわかる。これで明日も早番でなければ、あと数文字くらい無理してでもやっつけてやるんだけどねぇ。今夜完成ならず。無念。

今日は父の月命日だった。朝、お参りして完成を願ったのだけどダメだったか…来月の月命日は、都庁も豆本も終わってるので(無事かどーかは知らんけど)、ハハと出かけるつもり。
明日には意地でも完成させて豆本再突入するよ!
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-28 00:11 | そんな1日 | Comments(0)
昨日、どーっしてこの単語が出てこなかたんだろか…どー考えてもわからん。うまくごまかしてた(つもり)だけど、“供養じゃなくて、哀悼じゃなくて、鎮魂でもなくて…うぅ~”とマジで悩みながらキーを打ち続け、わからないまま終わらせた次第。「オマージュ」すら出てこなかったもんね。何でだったんだろ。

ま、ともかく亡き父への追悼としての1枚がこれ。
d0078532_2362278.jpg
余計なモノいっぱい写ってるし、右半分が空いてますが、こちらは追悼文…なわきゃーなくて、都庁展示「HearTokyo」のコンセプトに相応しい一文が入ります。(もちろんちぎり文字で全18字) 背景にちぎった三角は約1500。(縦の三角+横の三角で出した数字なのでおそらくはこれ以上) 8頭の馬に対し、ちぎったのは12頭。これは配色で迷った結果。“茶の次は白か、いや赤茶か? 前にするか後ろにするか…先頭は何色だ?”て感じで、もーこーなったら「正解はない」のよね。迷えば迷うだけ無駄に時間かかるし、決めたところで、“これでよかったのか、ちょっとくっつきすぎじゃないのか、頭数は減らした方がよかったか…?”と考えてしまうのももー「お約束」みたいなもん。だからね、こー言った者勝ちなのよ。

  これでいいのだ!

そー思えば、そー思えてくるから不思議。(そーでない場合も多々あるのだけどさー。ちょっと等間隔に並びすぎたかもねー、これは)
今日は朝からこれにかかりっきり。チラシ探しで目がちかちかしてくるし、あまり突飛すぎない色(青とか紫とか)にしようと思ってたからその点はラクだったけど、それでもフローリングの床の茶か美容室のモデルの髪の茶か、とか、バスルームの白かスーツの白かとか、見てるうちにわけわかんなくなるのよね。
あとは英文18字。ロゴ型紙を作りながら、そーいや東京五輪のロゴはどーなったんだ? と思ってしまった。盗作だ何だと騒がれてるけどさー、あたしゃ違うと思うねぇ。似てるとは思うよ、あの2つは。でもさ、例えば『「T」の字をなるべく簡潔にデザインしてくれ』と言われたとするよ。するとさ、尖るか丸味を帯びるか両方兼ねるか以外にないと思うのよね。2本しか線がない上、その線の長さも極端には変えられないのだし。それをあーだこーだ言ってもねぇ。加えて他の作品についても言われ始めちゃって、可哀想とか何とかより「いまそこを突いても何もならないじゃん!」とツッコミたいんだけど。

話変わりますが。いまこのブログを開けた11時02分、ブログ開設以来の訪問者数は99997人、でした。つまりあと3人で10万打です。もしかしたらこれ書いてるうちに10万打いってるかもしれません。驚くと同時にありがたいことです、ホントに。開設した当初、『あたしのブログっておもしろいかなぁ~?』と言ったらば、友人に『つまらないと思う人は読まないから気にしなくていい』と言われまして。まぁ、至極真っ当というか、もっともな意見だったのだけど、目からウロコ、みたいな気分でラクに書けるようになったのを覚えてるわ。それでも誰と特定できるような書き方をしないよう注意したり、悪口はやめよう、顔文字も不可にして「文字勝負」でいこう、と「雪丸規定」みたいなのを設けたんだよね。ちぎり絵作家のくせに極端に画像が少なくてごめん、でもあったけど。

始まりは2006年7月28日。10万打まで9年と1ヶ月、てところですか。10年はかからなかったんだね。すごいことなのかどーかはぜーんぜんわかんないけども。大体さ、この数字って「PCで読んでる人のみ」の数字なのよ。なので携帯、スマホの方はいくら読んでくれてても数字に反映されてないのが残念。
しかし当初はえらい短いのなー。どこをどーしたらこんなに無駄に長いブログになるんだろか…どのあたりからなのかね。やっぱ基本は「文字で語りたい人」なのかもしれないね。
11時02分から翌日未明にかけてここを(PCで)開いてくれた方が10万人目です。ありがとう。そしてこの数字を積み上げてくれたみなさんに感謝です。

追記:0時17分に100001打となりました。更新直後の、0時1分から17分の間に3人の方が読んでくれたことになります。ありがとう!
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-27 00:01 | そんな1日 | Comments(5)
えーと、今日はどんな日だっけ。ちぎってたよな。んにゃ、まずは描いてた。ひたすら。ぱかぱかを。ってアルパカではなくてお馬サンの方ね。こういう「ちゃちゃっとちぎるには難しいシルエットのもの」はまずは描かないとダメなんよ。描いて、バランスとか部位とか、そゆのを確認しないといけない。あたしのちぎり絵に大小ってあまりカンケイなさそうに思われるけど、実は大アリ。なぜなら

  目玉のサイズはすべて同じだから

つまりこの目(シール)の大きさに合わせたカラダでないとダメなのよ。シールサイズを変えればいいのだけど、これまでのシールの白(目)+黒(目)と同じ比率でないと「どっかヘン、これまでのキャラと違う」よーに見えてしまうんだよね…と思ってるのはちぎってる本人だけかもしれないけどさ。
ともかくそんなわけで、馬の足ってどーすれば疾走してるよーに見えるのだとイライラキリキリしながら描きまくってた。
なぜここに馬が登場するのかとゆーと、ひとえに「父のため」だ。父の大好きだった馬を登場させることで供養に…とまではいかないでも、あちらで喜んでもらえたらいーなーと思ってね。病室の壁用にちぎったものの即日撤去の憂き目を喰らった馬の型紙はすでにないので、改めて型紙を作ってたわけ。(でも棺には入れなかったのだから、現物をトレースすればよかったのか…いまになって気づいた…バカだなあたし)
しんどかった…レース並みに数頭走らせるつもりでいるので、やっと出来た型紙に合わせて、今度はそのチラシ探し。これがまだ途中で、明日のオフはこれにかかりきりになることは必至。前3作も「手直しの必要アリ」と判断したので(納得できるかどーか、すぐ傍らに置いて毎日眺めてるのだ)、果たして明日4作完成となれるのかどうか…怪しいなぁ。

ハハとオトート1号は朝から墓地管理事務所へ。我が家の墓は郊外の都の霊園になるのだけど、事務所で職員さんと手続きしてたら、男の人が飛び込んできて『サルが出たと女性が騒いでる!』と叫んだのだそーだ。慌てふためく男性に対して職員らはすでに承知のことらしく『あぁ』『いるんですよ、ここ』と冷めた反応。
『いま、69匹いるんですが、みんな大人しいのでこれまで被害の報告は受けてません』
って、頭数まで確認されてるんかい?! 「サルが出た」てことに対してびっくりしてたハハとオトート1号だけど、職員たちの「それが何か?」な反応の方がツボではあったらしい。勢い込んでやって来たおじさんも立場ないなぁ。自分が被害に遭ったわけじゃないしね。
都の霊園では「菓子などの供物は持ち帰るように」と言われてるのだけど、確かそれは「カラスが食い散らかすので」という理由だった気がする。「サルが」と明記してれば、みんな“そっかー、ここらはサルが出るのかー”と納得して騒ぐこともない気がするけどな。

今日のどーぶつ病院は、雨も降ってきたしヒマなのかと思いきや、6時に入ったらAOセンセが「昼食」を食べてた。いまお昼ですか! と驚いてたら『でもAMセンセはまだ』との返事…しかもそれから立て続けに患者サンが来て、AMセンセはそのまま10時まで診察会計その他を続行。先日、診察わんこを支えてる横で飼い主サンが『AM先生はちゃんとお休み出来てるんですか』と尋ねてた。
『この1ヶ月あまり、休んでないですね…みんなが元気だと私も休めるんですが』
あまりにも不規則な食生活のために最近『太った』と言う。う~ん…1日数時間しか働いてないあたしが言うのも何だけど、どーにかして休ませてあげることは出来ないかなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-26 02:14 | そんな1日 | Comments(0)
朝イチで、父の訃報を知った友人からお線香が届いた。(いったいどんだけお線香をもらうことになるんだろか…すでにこの先10年はいらないだろーと思われる) そのお線香は、話には聞いてたけど実物を見るのは初めての「珈琲の香りのお線香」だった。(正式な名前は忘れた) 煙が珈琲の香りなんだってよ、と聞いたのはつい最近。へへー、そんなのがあるんだー、そゆのだったら父も喜ぶかなぁ~、などと思ったものだ。
そゆわけで、当然早速開封させてもらった。箱から出す前から珈琲の香りがしてて、火をつけたら…う、う~ん…開封時のわくわく感は失せ、何だかとてもビミョーな気分になってしまった。珈琲の香りがしないわけじゃない。例えるとだな、「お線香焚いてる前で珈琲飲んだらこうなる」てとこか。本来なら相容れないはずの線香の香りと珈琲の香りが一緒くたになってるのよ。あたしはもともと線香の香りがキライではないのだけど、これはないわな。

昨今では微香とか香りがないのとか煙が少ないとかいろいろあるけど、困るのが香りのきついやつ。いくらいい香りでも限度があるとゆーか、部屋に充満したらたまんないなー、てのもあってハハも困ってたら、『そういうのは墓前で束で焚いてしまえばいい』と教えられた。なるほど。一気に消化できるし、墓前なら屋外だから香りのきつさも問題にならないだろう。
てことで、明日、墓地管理事務所に出向かなければならないハハは墓前に供えるために一番きつい香りの線香を持った。(そこにある、というだけでえらい香りだった)
そーいや先日、友人が『祖父が亡くなったとき、太いお線香をもらって、火をつけたら煙が「南無阿弥陀仏」となってびっくりした』と言ってた。そりゃ驚くわ! つか、何かもーそこまでくるとオカルトチックだよなー。しかも『ちょっと風が吹いたくらいでは消えなくて、手でばしばし払わないと文字が消えずに残ってる』のだそーだ…恐るべし日本の技術力。(それは無駄遣いではないのかと思われる場合もしばしばだけど)

さて、昨日はブログ後にもーちょっと例の「三角貼り」をした。残すところ3/4から4/5くらいになった。(たいして変わらん) 本日はその続き。またまた(また)三角が足りなくなってちぎり、そして貼り。「いつかは終わる!」と念じて信じてたとーり、ちゃんと終わった…くたびれた。もー当分三角はちぎりたくない。貼りたくもない。
ところでこの三角、4種の薄葉紙を使ってる。薄~い緑っぽい水色、黄緑、緑、深緑。紙業界でどう呼び分けてるのか知らないけど(メーカーによっても違うっぽい。薄洋紙だったり薄紙だったり、単なるラッピング素材だったり)、あたし的には2種類しかない。ちぎりやすいヤツとちぎりにくいヤツ。このちぎりにくい方はなかなか厄介で、「縦には裂けるけど横には(思うようには)裂けない」。こっちの紙で何か形あるモノをちぎろうとするのはまず無理で、それでもやろうとすると“きぃぃぃ~!”となる。でも往々にして欲しい色がこの手合いだったりもするんだよねぇ。それ以外に手に入らない色だったりさ。今回は薄い緑っぽい水色(としか呼べない)の薄葉紙がこれで、三角にちぎろうとしても裂けてしまって「角」できずに苦戦した。
しかも解せないのは、このちぎりやすいのとちぎりにくいのが同じカテゴリで売られてるってことだ。ちぎらなきゃわからないのか、あるいはそういう用途で使う人がいないから分ける必要もないのか。揃ってる色も半端だしねぇ。

今日からちょっと遅めの夏休みとなるオトート1号がやってきてて、明日はハハを墓地管理事務所(墓地のすぐ脇にある)に連れてってくれる。これまで墓地の所有者は父だったのだけど、その父が中に入ってしまったのでね。名義変更しなきゃいかんのに、その書類を先日ハハは忘れてしまったのだ。あたしもちゃんと注意してやってればよかったのだけど。
どーぶつ病院は意外にも早く終わったので助かった。ここんとこ毎週月曜は11時か、ヘタしたら12時近かったからね。明日もそーだといいなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-25 02:46 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156