<   2016年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

昨日、ブログ書いてるときにハハが『(台所の)三角コーナーにフタするのを忘れたっぽいから見て~』と言われ、書いたあと(午前2時過ぎくらい?)に見にいったら、シンクの中に何やら白いモノが…何だこりゃ、と思ったら、台所の隅に置かれた「毒エサ」が食い散らかされてあった…出たか…うぅっ。(ちなみに白い物体は、ゴーヤチャンプルの豆腐の水分を取るために巻いてたキッチンペーパーであった。わざわざ三角コーナーから引っ張り出したんかい! 食べられた様子はなかったけど)

今日はオフなので、B・オフ(ポイント5倍の日じゃ)とセカイドのはしご、と決めてた。まずは西口のB・オフ。紙袋1つ分(24、5冊? ハードカバー含む)で、まさか40分も待たされるとは思ってもいなかった…何度カウンターへ『まだでしょうか』と行きそうになったことか! 余計なモノは買うまい、と思ってたのに買っちゃったじゃないか。萩尾望都の『11人いる!』が文庫のキレイな美本で200円だったので、後悔はしてないのだけど。も一度読みたいと思ってたし。(ガクセイのとき読んだだけなので細かいとこいろいろ忘れてた)
ハハから『売ってきていいよ』と言われた、D・キーンの『石川啄木』は新刊のハードカバーだったので500円の値がついた。さすがだな。もちろんあとでハハに渡したよん。

セカイドへ行ったのはやや遅くなってしまった。必要なモノをテキパキと入れつつ、アイディアが転がってるかもなので不必要なモノも手に取って見たりもしてた。あと、額の値段チェックね。都庁出品作品はA2と決まってるのだけど、額代は出るのよ。3000円だけ。1円でも出っ張ったら出ない。差額は自分で出す、てわけにもいかない。領収書が必要だから。それってどーなんだろねぇ~。ともかくそのうちユザでもチェックしとかないとなー。

グリーティングカード用の紙をいつものよーに選んでて、大抵は「赤、青、黄色、緑+α」の配色になるんだけど、ふと思った。いつもこんなんじゃん? て。なので全部戻して、これまで買ったことない、どっちかってーと大人し目の、和風っぽい色で統一してみた。悪くない…と思いたい。作ってみないと何とも言えないのだけどさ。

外出たら、あ~、降りそうだな~、でもくたびれたから一服したいなーと思って(B・オフは西口、セカイドは東口なのだ)、近くの喫茶店に入って珈琲のんだ。出てきたら雨が降り始めてた。傘持ってきてないのに。紙とかスケッチブックとか持ってんのに。何がいけないってB・オフで時間喰い過ぎだよな。
ま、そーたいした降りではなかったので無事帰宅できて、帰ったら三茶のアート楽市の募集要項がきてた。10/15(土)、16(日)。思ってたより1週間早かったな。10月は1つ展示のお誘いを受けてるので、かぶったら怖いと思ってたけどギリセーフ。よかったー。

つかそれより!!!
ちょいとショック受けてしばし絶句してしまった…昨年のアート楽市では、15周年のお楽しみ企画てことで「人気投票」てのがあったのね。上位10人は次回出店権が与えられるという。その結果が発表されてたんだけどさ。

  第70位、得票数1

だってよ!?!?!? 得票数1だよ、1。うぅ~、何じゃそりゃあ~泣けるぅ~。(1票投じてくれた方、ありがとうです!) もりぞーサンもなすしょっびサンも同位で1票なのはもっと解せないけど(でもちょびっとほっとしたり)、にしてもなぁ~。いっぱい来てくれて、それなりにイイ線いってるんではと思ったけど甘かったね。気に入ってくれた方やDMの方、友人らに『全部見て、イイと思ったら1票入れて』と言おうかな、とずっと思ってたのね、次回抽選ナシは魅力だから。でもそう言ってしまうこと自体が何か強要してるっぽい気もして黙ってたんだ。投票自体を知らない人もいっぱいいたと思うけど。(590票だそーだ)
上位10人のうち、5人が古くからの友人たちだった。みなさんおめでとうです! 今年も出店できるかどーかはわからないけど、会っておめでとうが言えたらいいなぁ。
これにクサらずに、明日から制作に励もっと!






(>_<) 
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-30 00:44 | そんな1日 | Comments(0)
昨日、ブログ書いてるときにハハが『(台所の)三角コーナーにフタするのを忘れたっぽいから見て~』と言われ、書いたあと(午前2時過ぎくらい?)に見にいったら、シンクの中に何やら白いモノが…何だこりゃ、と思ったら、台所の隅に置かれた「毒エサ」が食い散らかされてあった…出たか…うぅっ。(ちなみに白い物体は、ゴーヤチャンプルの豆腐の水分を取るために巻いてたキッチンペーパーであった。わざわざ三角コーナーから引っ張り出したんかい! 食べられた様子はなかったけど)

今日はオフなので、B・オフ(ポイント5倍の日じゃ)とセカイドのはしご、と決めてた。まずは西口のB・オフ。紙袋1つ分(24、5冊? ハードカバー含む)で、まさか40分も待たされるとは思ってもいなかった…何度カウンターへ『まだでしょうか』と行きそうになったことか! 余計なモノは買うまい、と思ってたのに買っちゃったじゃないか。萩尾望都の『11人いる!』が文庫のキレイな美本で200円だったので、後悔はしてないのだけど。も一度読みたいと思ってたし。(ガクセイのとき読んだだけなので細かいとこいろいろ忘れてた)
ハハから『売ってきていいよ』と言われた、D・キーンの『石川啄木』は新刊のハードカバーだったので500円の値がついた。さすがだな。もちろんあとでハハに渡したよん。

セカイドへ行ったのはやや遅くなってしまった。必要なモノをテキパキと入れつつ、アイディアが転がってるかもなので不必要なモノも手に取って見たりもしてた。あと、額の値段チェックね。都庁出品作品はA2と決まってるのだけど、額代は出るのよ。3000円だけ。1円でも出っ張ったら出ない。差額は自分で出す、てわけにもいかない。領収書が必要だから。それってどーなんだろねぇ~。ともかくそのうちユザでもチェックしとかないとなー。

グリーティングカード用の紙をいつものよーに選んでて、大抵は「赤、青、黄色、緑+α」の配色になるんだけど、ふと思った。いつもこんなんじゃん? て。なので全部戻して、これまで買ったことない、どっちかってーと大人し目の、和風っぽい色で統一してみた。悪くない…と思いたい。作ってみないと何とも言えないのだけどさ。

外出たら、あ~、降りそうだな~、でもくたびれたから一服したいなーと思って(B・オフは西口、セカイドは東口なのだ)、近くの喫茶店に入って珈琲のんだ。出てきたら雨が降り始めてた。傘持ってきてないのに。紙とかスケッチブックとか持ってんのに。何がいけないってB・オフで時間喰い過ぎだよな。
ま、そーたいした降りではなかったので無事帰宅できて、帰ったら三茶のアート楽市の募集要項がきてた。10/15(土)、16(日)。思ってたより1週間早かったな。10月は1つ展示のお誘いを受けてるので、かぶったら怖いと思ってたけどギリセーフ。よかったー。

つかそれより!!!
ちょいとショック受けてしばし絶句してしまった…昨年のアート楽市では、15周年のお楽しみ企画てことで「人気投票」てのがあったのね。上位10人は次回出店権が与えられるという。その結果が発表されてたんだけどさ。

  第70位、得票数1

だってよ!?!?!? 得票数1だよ、1。うぅ~、何じゃそりゃあ~泣けるぅ~。(1票投じてくれた方、ありがとうです!) もりぞーサンもなすしょっびサンも同位で1票なのはもっと解せないけど(でもちょびっとほっとしたり)、にしてもなぁ~。いっぱい来てくれて、それなりにイイ線いってるんではと思ったけど甘かったね。気に入ってくれた方やDMの方、友人らに『全部見て、イイと思ったら1票入れて』と言おうかな、とずっと思ってたのね、次回抽選ナシは魅力だから。でもそう言ってしまうこと自体が何か強要してるっぽい気もして黙ってたんだ。投票自体を知らない人もいっぱいいたと思うけど。(590票だそーだ)
上位10人のうち、5人が古くからの友人たちだった。みなさんおめでとうです! 今年も出店できるかどーかはわからないけど、会っておめでとうが言えたらいいなぁ。
これにクサらずに、明日から制作に励もっと!






(>_<) 
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-30 00:43 | そんな1日 | Comments(0)
昨日、ブログ書いてるときにハハが『(台所の)三角コーナーにフタするのを忘れたっぽいから見て~』と言われ、書いたあと(午前2時過ぎくらい?)に見にいったら、シンクの中に何やら白いモノが…何だこりゃ、と思ったら、台所の隅に置かれた「毒エサ」が食い散らかされてあった…出たか…うぅっ。(ちなみに白い物体は、ゴーヤチャンプルの豆腐の水分を取るために巻いてたキッチンペーパーであった。わざわざ三角コーナーから引っ張り出したんかい! 食べられた様子はなかったけど)

今日はオフなので、B・オフ(ポイント5倍の日じゃ)とセカイドのはしご、と決めてた。まずは西口のB・オフ。紙袋1つ分(24、5冊? ハードカバー含む)で、まさか40分も待たされるとは思ってもいなかった…何度カウンターへ『まだでしょうか』と行きそうになったことか! 余計なモノは買うまい、と思ってたのに買っちゃったじゃないか。萩尾望都の『11人いる!』が文庫のキレイな美本で200円だったので、後悔はしてないのだけど。も一度読みたいと思ってたし。(ガクセイのとき読んだだけなので細かいとこいろいろ忘れてた)
ハハから『売ってきていいよ』と言われた、D・キーンの『石川啄木』は新刊のハードカバーだったので500円の値がついた。さすがだな。もちろんあとでハハに渡したよん。

セカイドへ行ったのはやや遅くなってしまった。必要なモノをテキパキと入れつつ、アイディアが転がってるかもなので不必要なモノも手に取って見たりもしてた。あと、額の値段チェックね。都庁出品作品はA2と決まってるのだけど、額代は出るのよ。3000円だけ。1円でも出っ張ったら出ない。差額は自分で出す、てわけにもいかない。領収書が必要だから。それってどーなんだろねぇ~。ともかくそのうちユザでもチェックしとかないとなー。

グリーティングカード用の紙をいつものよーに選んでて、大抵は「赤、青、黄色、緑+α」の配色になるんだけど、ふと思った。いつもこんなんじゃん? て。なので全部戻して、これまで買ったことない、どっちかってーと大人し目の、和風っぽい色で統一してみた。悪くない…と思いたい。作ってみないと何とも言えないのだけどさ。

外出たら、あ~、降りそうだな~、でもくたびれたから一服したいなーと思って(B・オフは西口、セカイドは東口なのだ)、近くの喫茶店に入って珈琲のんだ。出てきたら雨が降り始めてた。傘持ってきてないのに。紙とかスケッチブックとか持ってんのに。何がいけないってB・オフで時間喰い過ぎだよな。
ま、そーたいした降りではなかったので無事帰宅できて、帰ったら三茶のアート楽市の募集要項がきてた。10/15(土)、16(日)。思ってたより1週間早かったな。10月は1つ展示のお誘いを受けてるので、かぶったら怖いと思ってたけどギリセーフ。よかったー。

つかそれより!!!
ちょいとショック受けてしばし絶句してしまった…昨年のアート楽市では、15周年のお楽しみ企画てことで「人気投票」てのがあったのね。上位10人は次回出店権が与えられるという。その結果が発表されてたんだけどさ。

  第70位、得票数1

だってよ!?!?!? 得票数1だよ、1。うぅ~、何じゃそりゃあ~泣けるぅ~。(1票投じてくれた方、ありがとうです!) もりぞーサンもなすしょっびサンも同位で1票なのはもっと解せないけど(でもちょびっとほっとしたり)、にしてもなぁ~。いっぱい来てくれて、それなりにイイ線いってるんではと思ったけど甘かったね。気に入ってくれた方やDMの方、友人らに『全部見て、イイと思ったら1票入れて』と言おうかな、とずっと思ってたのね、次回抽選ナシは魅力だから。でもそう言ってしまうこと自体が何か強要してるっぽい気もして黙ってたんだ。投票自体を知らない人もいっぱいいたと思うけど。(590票だそーだ)
上位10人のうち、5人が古くからの友人たちだった。みなさんおめでとうです! 今年も出店できるかどーかはわからないけど、会っておめでとうが言えたらいいなぁ。
これにクサらずに、明日から制作に励もっと!






(>_<) 
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-30 00:43 | そんな1日 | Comments(0)
福祉センターへのバザー用品は365日受付けてくれてるのだけど、夏のバザーなので(でも冬物も入れてしまうけどね)、6月末がメドになってる。まだもう1回分くらいは送れるな、てことでダン箱に詰めて、切手びしばしに貼って出しに行ってきた。ちょーど雨がやんでたのでよかった。
ハハが『世田谷の文学館で開催される小林正樹監督生誕100年の記念上映の「切腹」が観たい、申込み抽選なので書いてくれ』とゆーので書いた。何だかね…「雪丸が出すと当たる」とハナから決めつけてるよな。当たるんだけど。

こないだ大江戸博物館の『大妖怪展』が当たったって書いたっけ? 当たったんよ。「土偶から妖怪ウォッチまで」という、何ともざっくり幅広い、小学生たちとその親を当て込んだミエミエ企画だけど(土偶ってのは妖怪カテゴリに入れちまっていいのか? 昔、これは宇宙人(宇宙服)を見立てたモノではないか、というムー記事を読んだことあるけど、その上を行く気がするぞ)、ポスターには国宝の百鬼夜行も展示されると書いてあったので、当たらなくても行きたいなーとは思ってたんだよね。ちなみに大人1350円。場所は両国だから、行き帰りどちらかで浅草橋の買い出しに行けるなーとそこまで期待して申し込んだ。ま、新聞の配送所企画だから、外れない気はしてたけど、それでも嬉しい。
いまの「当たり」待ちは、ムックのタンブラーとチョコの4000円クオカード。ミニオンズのグッズプレは、専用ハガキはあるのにバーコード付きバナナを見かけないという、「バーコード」待ち…グッズはどーでもいーんだけど(いや、かあいいとは思うけどさ)、現金3200円が当たるとゆーのだ。当たったら現金書留で送られてくるのかなぁ。

ふと思いついた雑貨があって、郵便局から帰宅して“忘れないうちにメモっとこ”、と思ったんだけど、作る方がいいや、てことで作ってみた。角底封筒にメッセージカードの入ったポケット付き。先日、机廻りを整理してたらストックブックの白紙ページの束が出てきて、「ちぎり」には不向きだけど封筒にはいいかな、と思ってたんだけど、ちょっとありきたりすぎるかなーと思ってたのだ。
作ってみたらやっぱり楽しかった。いろんなバージョン(カレンダー角底封に白いポケットとか、折り紙ポケットとか)できそーだし。
にしても、も少し「値の張る(張れる)」モノのアイディアが出てこないもんかねぇ。お値段よろしくて、かつ売れる、みたいな。

夕方からはどーぶつ病院。雨ではなかったのでフツーに混んでたけど、早く終われそうだな、と思ったらやっぱり…とゆーか、またこれかー、とゆーかの「冷え冷え」になってしまった。
酸素室でぐったりしてたわんこを出して、と言うので出してあげて、センセが熱を測った39.7℃。『う~ん、まだ高いなぁ~』てことで、診察台の上に乗せ、保冷材を濡れタオルで巻き付けてカラダの側面や足の下、首なんかに5つ6つ配置してあげ、かつ大型ドライヤーで送風。ぐったりわんこだけど、落ちたら大変なのであたしがずっと手を添えてあげてた。(あれこれ話かけつつ) 9時には飼い主サンが迎えに来ると言うので、ともかくみんなで『あと1時間、冷やせ冷やせ』。

過日やってあげたことと一緒なんだけど、今日は暑いどころかちょっと肌寒いくらいだったのにやっぱり熱中症なんですか、と訊いたらば、かれらの熱中症は「温度だけでなく湿気や湿度も関係するし、他にもいろんな要因が重なってしまった結果」なのだそうだ。自分たちは寒いくらいだから大丈夫、と思ってエアコンつけなかったらこんなことに…というのがよくあるパターン。エアコンつけなくてもいいから除湿器はつけた方がいいらしい。毛皮着て、かつ自力で体温調節できない彼らと一緒に暮らす、てのは大変だぁねぇ。

30分後、カンゴシさんが体温測った。下がるどころか上がってしまって、40.1℃!!! 全員で絶叫。ひぃえ~っ! センセもショック、あたしらもショック。この30分の冷え冷えはあたしが寒かっただけで何も報われないの?! とがっくり。
センセは、預かって酸素室で部屋全体を冷やして様子を見た方がいいと思うがどうか、と飼い主サンに連絡入れてた。先日のわんこと違ってまだ若い子なので、回復はすると思うけどねぇ。難しいね、彼らを飼うというのは。この夏は(も、か)、こういう子がいっぱい来るのかなぁ。






(;・∀・) 
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-29 01:46 | そんな1日 | Comments(0)
先日、日本レスキュー協会から小冊子がきた。災害救助犬の育成金として、以前「チャリボン」(着払いで本を送り、その売り上げを全額寄付する、というもの。興味のある方は検索して見てくだされ)を通してこの協会に寄付したのだけど、礼状(メール)とは別にこんな冊子まで届けてくれるとは思ってなかった。ちょっとびっくりだ。こういう代金だってかさんでくんだろうにね。
冊子にはご丁寧に寄付者の名前が載っていて、あたしの名前も入ってた。微々たる額だったんだけどねぇ。逆に申し訳ないくらいに。なので次回はもっと値の張るモノを! と思ってもいる。もっとも、何が「値の張る」モノなのかはわからないのだけど。

今日こそ(ちょっとでもイイから)制作を! と思っていたのに、郵便局行ったり買い物したり掃除したりしてたら遅くなって、結局何も作れなかった…ハハが夕方から出かけるので夕飯を作っておいたりもしたからなー。帰宅してご飯炊くのも時間かかるし、夕方仕掛けておいて、10時、11時まで保温にしておくってのも何なので、焼きそばの具材を炒めただけだけどさ。

どーぶつ病院へレスキュー協会のこの冊子を持参してみた。活動報告やら何やらいろいろ細かく載ってたので、センセも興味あるかなと思って。(そもそも見てもらえる時間があるかどーかも疑わしかったのだけど) 
思ってた以上の喰いつきっぷりで、『保護犬の大型犬のリードが欲しい? あるある。不要なゲージ? これもあるなー。送ろう。あとは何だ? ふむふむ…』と熱心に読んでくれて、それだけでも嬉しいのに本気で送るつもりになってるみたいでありがたかった。センセはセンセでいろいろ手を尽くしてるから(いま病院で飼ってるわんこのDZは福島の保護犬だし、その他いろいろね)、これ以上の負担をかけるのは不本意なのだけど、
『寄付するなら、こういうちゃんとしたところへ寄付したいよね』
と言ってくれて、自分がホメられたみたいに嬉しかった。ホメられるべきは、こういった地道な活動をしてる人たちなんだけどね。センセがこの冊子をちょっと貸して欲しいと言うのであげてきた。あたしはもう読んだし(ちなみにハハも)、また送るにしても冊子は不要なので。

どーぶつ病院の勤務は、作家活動とは何の関係もないところから偶然始まったようなものなのだけど、それでも「関わった縁」みたいなのを感じてるし、もしここに勤めてなかったら、寄付先も別のところだった気がする。未登録問題や、殺処分問題、地域猫との関わり方、溺愛する人がいる一方で、虐待と呼んでもおかしくないような扱いを受けてるペットもいるわけで、それらの記事に考えたり胸痛めたりしながら、それでも意識的に記事を読むようになったしね。
何らかの寄付を募ってる団体は山のようにあるし、その中には「うさん臭さ」漂うところもあるだろう。そこを見極めるのは難しいけど、でも多少なりとも縁を感じたここを寄付先に決めて正解だったな、と思った。

去年の今日、父が亡くなった。「もう一度復活してくれるのではないか」という期待も空しく、最後の2日は意識が戻らないままだった。見舞ってもすぐ寝てしまったり、脈絡があるのかないのかわからない会話だったりで、自分がどうあれば父を父らしく保てるのか、毎日悩んで反省して「正解のないこと」に苦しみ、それをうまく吐き出せないことでまた苛立ってた気がする。身内も他人も距離的には大差なかったしな。
週4、5日、病院までチャリを走らせながら、こんな生活をいつまで? と思うとやるせなくて、しんどくて、『いつかは終わるのよ、悲しいことだけど』と言った介護経験者の言葉を反芻しながら、あたしはあとどれくらいがんばれるだろうか、あと1年? 5年? 10年続けてる人だっているのだ、と思ってた矢先の出来事でもあった。父に見透かされて、
『もういいよ、ラクにしてあげるよ』
と言われた気がして、ごめん、そんなつもりでぐるぐるしてたわけじゃないんだ、と叫びたかった。あたしが苦しかったのは、父さんのせいではないのに。

昨日の一周忌では供えられなかった(失念してた)ので、今日、仏壇に珈琲を供えた。最期にちゃんと飲ませてあげたかったし、「甘いもの」も食べさせてあげたかったなぁ。







(゜-゜)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-28 02:53 | そんな1日 | Comments(0)
今日は「梅雨の晴れ間」なんだそーだけど、ホント、晴れてくれてありがたい。先週あたりの予報では大雨だったからねぇ。どーなることかと思ってたんよ。

KO線で従兄と会い、10時半に高尾でオトート2号家族と合流して、まずは石屋さん。そこで1号家族とも合流。ひと息ついて、近況なぞさくっと(?)話して、それから父の眠る墓地まで行った。すでに祭壇が作られてて、花も立派なのを活けてくれてあった。暑すぎることもなく(まぁ暑かったけど、たぶんこれからこんなモンじゃないよね)、坊様の説話は短く(つか説話ですらなかったような…去年の人と違ってた)、それぞれが想いをこめて焼香しておしまい。1時半に予約した会席料理へは余裕で到着した。
古い、歴史あるお屋敷だけど増改築もされてるその店は靴を脱いで入るのだけど、洋室で椅子とテーブルでの食事。明治のころなんかはこんな感じだったのかもなー。

父の話なんかはほっとんどなくて、互いの近況やら学校の話やら何やら。甥のYGはこの夏「コミケでびゅー」するのだそーだ…ゴクローさまだなぁ。炎天下(と思われる)中を長時間並ぶつもりでいるようだけど、そんなにイイかね、「ごちうさ」。あたしのコミケデビューは20数年前で、当時と何がどんだけ変わったか知らないし、友人のヘルプで行ったのと(彼女が買い物するときのお店番)、出店者特権で先に入ったので比較も何もできないんだけどさ。(そもそも「◯◯が好き」で行ったわけではないのでちょっと他人事っぽかった) 「好き好き」で行くと感覚もまた違うだろーね。ずぶずぶと深みにハマってくのか、深淵覗いてドン引くか…どっちに転がってくかな。

そーそ、この春に転職した従兄(ハハの姉の息子)の話にはびっくりだった。そんなことあるのか! って。マンションの管理人補佐、てことで入った先が自分のマンション。は、まだ募集をかけたのが「なるなら同じマンションの住人で」てことらしかったのでわかるにしても、入った2日めに管理人さんが急逝、いきなり「管理人補佐」から「管理人」になってしまった、てことだ。(しかも年下なのに!) 引き継ぎどころか、自分の仕事すらわかってない状態でまだ大変らしい。『幸い、2人のパートさんが自分の仕事はきちんとわかってくれてる人なので助かる』とは言うけどいやはや…早く慣れてくれることを祈るわぁ。

食事のあと、みんなの写真を撮ってもらって散会。2号家族、従兄と別れ、1号家族とあたしらは1号の車で(今朝言われたのだけど)1号オクさん(YGママ)のご両親の眠るお墓へ。実はチチが亡くなる2ヵ月前に彼女の母上が急逝され、この春に一周忌を済ませたそのあと、今度は父上が亡くなられたのだ。こちらは彼女の兄上が取り仕切ったのだけど、母上はアーメン、父上はナムナムなので「宗教色のない墓地」の造りになってた。ま、それはいーんだけどね、父上が亡くなったとき、「葬儀、初七日、四十九日(納骨)」を一度に済ませた、て話を聞いてびっくりだった。そんなことするのか! みたいな。タボーな現代人の感覚なのかもしれないけど、それってどうなのかなぁ、と考えてしまう。儀式や手続きって、順を追ってくことで心の整理なり何なりをつけることのできる、猥雑ではあるけど同時に理に適ったことでもあると思うので。まぁ、2人の宗教が違うからそうなったのかな、と思ったりもしたけど。仏壇もないらしいしね。ウチは毎朝、水とお茶を供え、夜はご飯を供えてるんだけど、仏壇がない、てことは、そゆこともしない、てことだもんな。

こちらの墓地もなかなか広大なんだけど、墓石が規格化され、道筋がキレイに管理されてるウチのとこと違ってお墓の在り方はホントにそれぞれ。墓石からその周辺まで宗教色も含めて多種多様。見ててちょっと退屈しないくらいいろんなお墓がある。そして「全然手入れされてないなぁ、お参りされてないんだなぁ」と思われるお墓も多数…ハハいわく
『生前から、墓参りをする、祖先を敬う、といったことをしてなかったら、こうなるわよね…』
そういうことなんだろうな。

まだちょつと書きたいことあんだけど、くたびれたのとこんな時間になっちまったことでぼーっとしてるので(自分が悪いんだけどさ)、今日はここらで失礼。







(-人-)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-27 02:10 | そんな1日 | Comments(0)
昨日、すだちの塩だれレシピで「ごま油(大2)」と書いたけど「小2」の間違いでした、ごめんしゃい。ま、好みの問題ではあるけどね。ごま油大2も入れたら香りきつすぎるかもね。

そんでなぜか今日もまた経堂へ行くことに…何でかってーと、ハハが今日からのセールの雨靴が欲しいとゆーのと、以前から一度来てみたいね、と言ってた担々麺の店のトッピング無料券が今月末までだったので。
普段ならチャリでぴゅっと行ってしまうのだけど、ハハとなのであたしはチャリを押してった。(帰りくたびれてたらハハはバスで帰る、てことになったのだ) このお家は大きいねぇ~とか、ここの紫陽花は変わってるねとか、そんなどーでもいーことをしゃべりながらてくてくと歩いて行き、まずは担々麺。ハハもあたしも辛いのはイケる口なのだけど、以前それで失敗したことがあるので(辛すぎたのだ)、初回はちょっと慎重に、フツーの担々麺。あたしは「黒胡麻担々麺」にしたら、ホントに真っ黒だった。辛さはフツーだけど、味が濃いのであとで喉が渇いて参ったわ。ちなみに5種類あるトッピングんら選んだのはあたしもハハも煮たまご。でも次回は水餃子にしてみるかな。辛さも1段あげて。

ハハの目当ての雨靴は確かにセールで安くはなってたけどお気に召さないらしく、他の店を見てたらイイのがあってそれに決める。セールではなかったけどお値段手頃でね。イイ感じだった。あたしが履くにはちょっと小さいのだけど。
そんで向かいの店を冷やかしに覗いて、何ともココロ惹かれるモノに出会ってしまった。ムックではなく。椅子、なんだけど、矯正椅子というか、腰や背骨に「くる」形。カイロプラクティックの専門家とアスリートが共同開発したとか言う、椅子の上に置く半円シートみたいな感じ。座ってみるとね、すっと腰が落ち着く気がするんよ。正しい姿勢を保ってくれる、というのかな。お値段の方もそれなりによろしくて税抜きで13800円。(てことは1.5万くらい?) この店、何度か入ったことあるのだけど、寝具なんかが中心でこーいったモノはなかった気がする…ともかくココロ惹かれ、ついでに(あろーことか)隣に置いてあったるるど(マッサージクッション)にも惹かれ(こちらは殿堂だけど椅子より安くて6000円)、店員さんが話しやすい人であったこともあって「その気」になってしまった。どっちをって? んんー、「どっちも」。いや、給料前だからさ、今日は保留にさせてもらったけど。だってすっごいキモチよかったんだもん、るるど。マンガの『家電の女』にも載ってたので、どんなもんか知ってはいたのだけどさ。足でも肩でも腰でも「どこでも」てのがいいよね。

にしてもここ数日での散財っぷりにちょっとキモが冷える…それぞれ「必要なモノ」ではあるのだけど、にしてもなぁ…でもこれも欲しい…やっぱり。月末には給料が入るけど、ホントに買っちゃっていーものなのかどーかわからん。
結局、ハハはバスには乗らず『あぁ~、楽しかった!』と言いながら歩いて帰ってきた。ハハは買い物できてほくほくだけど、あたしはとりあえず「まだ」なので、ホントに2つも買うのか、買って後悔はないのか、どちらか1つでいーのではないか、と悩みながらの帰宅となった。

夕方からはどーぶつ病院。あめしょー(アメリカンショートヘア)の保定に入り、センセのブラッシングを手伝う。飼い主サンが『嫌がるので(ブラッシングが)出来ない』と言うので櫛ですいてあげたのだけど(意外にもおとなしかった)、やればやるほど抜けるというか、この毛で小さいぬいぐるみが出来そうだなと思えるほどとれた。
『もう、部屋中(抜け毛が)すごくて…』
『この時期はそうですよね~』とセンセ。
『この子たち(アメショーたち)は特にそうですから』
肌を傷つけずにブラッシングするにはこれが、とか、最近ネットでこんな櫛がとか、横で聞きながら“ペットグッズも進化してるな~”と思ってしまった。それらに対しての知識も入れていかないといけないわけだから、センセたちも大変だわ。

明日は父の一周忌だ。いちお喪服だけど(あとの人たちは知らん)、パールを身につけるほどの礼装でなくてもいいかなと思って、アクセはびーどろねずみサンの夜桜ちっくなトンボ玉にした。先日買った黒バック(つかポーチ?)にあれこれ入れてたらぱっつんぱっつんになってしまった…「A型長女はカバンがでかい」てのはホントだよなー。こんなんじゃ全然収まらないよぅ。






(;´Д`)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-26 01:18 | そんな1日 | Comments(0)
本日も早番だったのだけど(でも遅番はやらずに済んだ、助かった!)、そこでハラに腫瘍(?)が出来て、昨日処置してもらったにもかかわらず出血が止まらない、というわんこがやって来た。直径5センチほどの大きさで、ガーゼもそれを抑えるために着てる「術後服」も汚れてしまってる。センセたちが消毒するのをあたしは後ろからわんこを支えてた。拭っても拭っても血が止まらず、飼い主サンはちょっと泣きだしそうだった。センセたちは至極冷静だったけど。

『なぷきんを使いましょう』
とセンセ。なぷきんてあのなぷきん? と訝るあたしたちにセンセが言う。
『出血が止まらない場合、私たちはよく使うんですよ。誰か持ってる? (カンゴシさんがトイレに駆け込んだ。あたしは置いてないけど、みんなトイレの備品入れに常備してるんだよね) これ、吸収力もすごいから便利なんですよ、ホントに』
なぷきんを受け取ったセンセはテキパキと術後服(これ、新製品らしいけどすごいスグレ物なのだ。首や足のところはゴムで、背中はマジックテープ。ぴったりフィットしてるので包帯してても外れないし、いじられても平気なのでセンセ方にも好評)の中になぷきんを貼りつけ、患部にうまくあてて服を着せた。
『出血はひどいけど本人(犬)は痛くないし、ちょっと痒い程度だと思いますよ。患部も縛ったのでこれで収まるでしょう。肌にもやさしいし、相当量の出血でももれてこないから安心ですよ』

なるほどねぇ~。なぷきんの用途としては理に適ってるんだけど、こんな使い方、思いつきもしなかったよ。サイズ的にもちょうどいいし、テープも全面についてるからちょっとやそっとじゃ外れないしね。でも思った。男性獣医や、飼い主さんがこれを手に取るのは抵抗あるだろーなー、って。ウチの病院は女性しかいないから常備されてるよーなもんだけどさ。フツーは…どーなんだろ。『私たちは』と言うからには、センセの知ってる獣医さんたちの間では常識、てことなんだと思うけど。

午後帰宅して、ちょっと経堂まで行った。喪服かそれに近い服の半袖がないことがわかったので。ったくどーして昨日のうちに気づかないかねぇ。そしたら三茶で見れたのにさ。
1980円と2980円とさんざん迷って、後者にした。前者との違いは、ポリ&ナイロンと綿100%の違い。「シルクのような綿」と書かれてるだけあって、手触りもいいのもあるけど、ナイロンだとやっぱ暑いかなー、と思って。こちらの手触りも悪くはないんだけどね。

病院ですだちを5つばかりもらってしまったので、これで何しよーか、鰯の塩焼きにじゅっ、以外だと何があるかなぁ? なんてハハと話してた。食べたことないけど「すだちうどん」かなー、とか。
で、ちょっと調べてみたら美味しそうなレシピがあったのでそれにしてみた。

  すだち(6)、塩(小1/2)、にんにくすりおろし(1欠片)、ごま油(小2)、黒胡椒(小1/2)

これを混ぜ合わせ、牛バラと野菜炒めの中に入れて混ぜるだけ。すだちの酸味と塩味が絶妙なさっぱり感で、レシピは牛だったけど、鶏でも何でも合いそうだ。ホタテとかでもイイかもしれない。夏らしい一品で、あたしもハハも大満足。レシピには『すだちの代わりにレモン1個でも』とあった。すだちはちょっとしか果汁が取れない上にやたら種があるので使いにくいっちゃ使いにくいから、レモンの方が手軽かもね。
あの種、植えてみたらどーかなぁ。成長して収穫するまでどんくらいかかるんだろ。

英国、EU離脱か~。ちょっとびっくりだわね。







(#^^#)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-25 02:25 | そんな1日 | Comments(0)
朝出かけるときは長靴かどーか迷ったのだけど(どーぶつ病院からそのまま三茶へ出るつもりだったのだ)、そーしなくて正解だった。にゃんこたちのペットシーツ取り替えたり洗濯したりバタバタと過ごしてるうちに、開院前(9時半前)には晴れ間がさしてきて、あ~、「雨の日」ではなくて「フツーの日」だなぁ~と思うほど健やかな朝になってしまったので。もっとも、その後また曇ったり晴れたり雨降ったりで、落ち着かない1日となってしまったわけだけど。

仕事のあと、昼食をとらずにそのまま三茶に出た。目当ては、過日はんずに行ったら「取り寄せ商品」となっててがっくしだった「ボディクレイ」と、黒いバック。日曜の一周忌に持つ、黒いちっさいヤツが欲しかったのだ。持ってなくはないんだけど、フォーマルのはもう随分前に(縁がかすれて剥げてきたので)バザーに出してしまったし、持ってる黒い革バックは(通夜、葬儀のときはこれにしたけど)でかすぎるのだ。あとは派手に刺繍が入ってたりね。大体、黒茶紺、てのはあまり好かんので持ってないんだよねぇ。

そんなわけで、フォーマル、と呼ぶほどかっちりしてなくていいから、カジュアルっぽさが控えめなのが1つ欲しいと思って探したのだけど、どれも帯に短し襷に長し…あんまりイイ値段でも給料前で困るし、安っぽすぎても何だかなだし。
ないねぇ、なかなか。そもそもフォーマルとカジュアルの中間て何? と自分で思うしさ。シック、てことかな。うん、そーだ、きっと。
ボディクレイ、ねんどの化粧品は事前にネットで探していたので、その店もすぐ見つかってよかったのだけど、黒バックの方はそーはいかなかった。数件ほど探し歩き、ハラヘリと歩きすぎで(実際にはそんなに歩いてないのだけど)くらくらしてきて、もー少し大きければなぁ~と何度も眺めてはまた戻してたバック(つかポーチ?)を買った。もっと早い段階で「買おう」と決めて探していれば、こんな面倒なことにはならなかったのにな。

今朝、あたしがどーぶつ病院がオフの水曜と、早番の木金曜に来てるバイトさんが風邪でダウンしたと聞いたので、遅番にも出ましょうか、と言ったら『助かりますぅ~』て返事。午後は休診だから大丈夫と言われるかと思ったけど違った。ま、稼げるからいいけどさ。
そんなわけで、夕方にはまた出かけなくてはならなくなってしまった。ホントは近所でテキトーにランチでもと思ってたのだけど、それすらも億劫になってしまったのと(また時間喰うし)、早く休みたいと思って2時半過ぎには帰宅。ハハは友人らとランチに出かけてるので、さーて何か食べるモノあったかなー、パスタでも茹でるかなーと思ったら、ハハの友人から自家製のバターロールが12個届いてた。素晴らしい! パスタ茹でるよりはるかにラクだし! 大体待たずに済むし! 

珈琲淹れて、バターロール3つ焼いて、先日100均で買った、半熟や固ゆで卵の頃合いがわかるという小鳥柄の半円の物体と卵を1つ入れる。まずは野菜サンドにしたバターロールを食べ、そろそろ時間かなと思い(この半円物体の色が変わって「半熟」や「固ゆで」かがわかるのだ)、鍋を覗いた。そして気づいた。

  お湯がぐらぐら沸騰してて色がどこまで変化したのかわからん!!!

半熟のラインまで来たかな~、ともぐもぐしながら見て、もーいーかなと思って出したのだけど、固ゆでよりやや柔らかい? て程度で半熟より固い。う~ん。
そもそもさ、これも買ってから気づいたんだけど、「そろそろ6分(半熟)かな」とちらちら時計見るのと、ちらちら鍋覗くのと、大差ないよね。こんなことならキッチンタイマー(使ってないけどどっかにある)の方が合間にココロおきなく動けてよかったんじゃないのかね。ばかだなー、あたし。
ま、固ゆでも好きだし、残りのバターロールは梅ジャムたっぷりつけて美味しくいただけたので満足ランチだったのだけどさ。

夕方からまたどーぶつ病院へ行き、午後休診だけどそれなりにやることはあって、でも通常よりはやや早い9時前に帰宅。さすがにちよっとくたびれたな。明日もまた早番だし。がばらねばな。






(゜-゜)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-24 00:09 | そんな1日 | Comments(0)
縁がピンクの黒い傘のフックが壊れて、ずーっとそのままになってたので、今日こそ直そう! と思って裁縫道具を出して、ちくちくぬいぬい。あたし、こーゆー針仕事、苦手でさー。つい「後回し」にしてしまうんだよねぇ。なのでどんだけ部屋の隅にほっとかれたのかわからんくらい前からあった。そもそも紫に梅の花の和風傘、ずいぶん前に買っちゃったしね、いらないっちゃいらないのだよ、これ。そば屋でゲットした「忘れもん」だし。
ここにきて、なぜ直そうと決意したかとゆーと、どうも週末の天気が悪そうだから。出かける日に雨予報でもこれ直す気にはならなかったけど(その気があるならとっくに直してる)、父の一周忌だからね。持つなら黒い傘かなぁ~と。まだ予報は予報で確定ではないけど、この1年、毎月の月命日は曜日にかかわらず雨だったことは一度もないので、今回も…と思ったり、いや今回は…と思ったり。

お世辞にもキレイとは言えない、ただまた使えるってだけの修復を終え、ついでにどーぶつ病院で“こういうのがあったら便利かなぁ”てのを作ってみた。
ご承知のとーり、病院には精密機械が揃ってるわけだけど、血液検査の機械ってのがすーぐ熱くなっちまうのね、使い過ぎで。なので機械上部にタオル巻いたでかい保冷材を置いてるんだけど、これまたすぐ用を成さなくなる。カチカチ状態で置いたのに、気づくと「水枕以下」な状態で、ぴーっとか鳴って「エラー」の表示…冷えるまで待たねばならん。患者さんやセンセが待ってたり、次もその次も控えてたりするのにさ。

加えて「でかい保冷材」てのが少ないのよ、細かいのばっかで。逆に、細かいの(ケーキ屋で入れてくれるよな、せいぜい5、6センチ四方のヤツ)はいっぱいある。使えないのにこんなにいっぱいあるってのも解せないけど、ともかくあるのでそいつをひとまとめに入れる袋がいるなーと思ってね。いや、袋は作れないよ、あたし。言っとくけど、家庭科は評価2だったし。(それも『お情けの2』と言われた) 最初はムックの巾着(いっぱいあるので1枚くらい寄付してもいっかなーと思って)にしようと思ってたのだけど、機械が濡れても困るのでそれとは別に、ムックの手袋型ボディスポンジ(これまたいっぱいあるのだ…巾着同様、あたしが買ったんじゃないんだけど)の口にバリバリテープ(って何て言うんだっけ)をちくちくぬいぬいした。これだと3つ4つは入るし、でかくはないけど常に常備されてるわんにゃん缶(兼用の高カロリー食)にも使えるし。使ってみないことには便利かどーかわからないけども。

机廻りを整理してたら(いろんな種類の紙モノがクリアファイルに入ってるのだけど、ぱっと見で何が入ってるかわかるように全糊フセンでインデックスを作った。これで探さずともすぐわかる!)、銀色の湿布袋が出てきた。中に入ってるのは半分にカットした1枚だけで、これを出して別に移し、この銀色のチャック付き袋に、使わないけどもったいなくて捨てられない、ヌーピーのハンカチを両面テープで貼りつけてみた。ばっちりだ! ちび保冷材、4つ5つは余裕で入るし。ビニールだとすぐ破れてぼろぼろになっちまうけど、これは丈夫だしね。あとは、センセやカンゴシさんたちが『これは使える!』と思ってくれるかどーか、だなー。

夕飯は鯖のトマト缶煮にしよーと思って買い物に行ったのだけど、鮭のアラがいっぱい入って199円、てのがあって、こっちもつい買ってしまった。そして今夜は急遽変更で「鮭のアラのムニエル」。玉ねぎの上にアラを並べて、塩を振って、オリーブオイル(大2)を廻しかけ、白ワインと胡椒。フタをして中火で10分。仕上げに醤油をひと廻し。超カンタン。美味しかった。骨だらけで食べにくかったけどね。

あたしはレシピがないと作れない(イメージで冒険できない)ので、ことあるごとにレシピ検索してたのね。今回のはその中から選んだのだけど、いい加減そのメモ(ただの殴り書き)が山のよーになってしまって(読めないモノ、タイトルがないので何の料理かわからないモノ多数)、収拾がつかないので、リングノートにせっせと書き写し始めた。メモ漁るよりこの方が見やすいしね。今度から検索したらここに書けばいいのだし。
そんなこんなで、「あれこれ作ったけど制作は何もしていない」1日だったのでした。明日は雨かなー。だとラクでいーんだけどなー。






( ̄▽ ̄)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-23 00:34 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156