<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

11時、歯医者に行って歯を抜いた。痛かった…麻酔効いてるはずなんだけど、痛かった。昔、奥歯の親知らずを抜くとき大変だったことを思い出す。根っこが深い上、交差してるとか言うので先生(いまのではなく)が匙を投げ、医科歯科大で3人がかりで抜かれたのだ。もちろんそのときも麻酔してたけど、あの、軋む音や響きに痛みが倍増するのだよね。

先生は以前、父の歯も治療してて、そのとき(双方ともおしゃべり大好きなので)、父が自分の話(主にテレビ関係の話)をだいぶしたらしく、しきりに懐かしがってくれてた。また父が在職してたときってのがテレビの黎明期であり、昭和激動史でもあるから、主だった社会ニュースはほとんど見聞きしてるんだよね。安保抗争や(安田講堂のとき電柱の上で一晩明かしたとか)、あさま山荘事件とか(このときは沖縄返還期であちらにいたのだけど)、南極のタロジロの帰還とか。これ、オンタイムで観てる人だからね。で、そんな話をまた先生が喜ぶんだわ。
おかげで11時40分には抜歯を終えてたのに、歯医者を出たのは12時という…父もこんな感じだったのかもなー。

12時過ぎに帰宅して(当然、歯抜け状態の上、麻酔も効いてるので食事はできない)、1時にはどーぶつ病院へ。そこでAMセンセと待ち合わせて東京ドームの巨人-ヤクルト戦だったのだけど、行ったらセンセは往診で留守…待つほどもなく戻ってきたのだけど、それからすぐ、というわけにはいかず(預かってる子のこととか、あれこれ言う飼い主さんのことの申し送りとか)、出発できたのは30分後だった。
開始は2時で、到着は2時15分。ちょーど1回表裏が終わったところで、バッターは4番阿部。ハハが推してる人で、2塁打放ってくれて、そこからは毎回1点づつきっちり入れ、7回が終わるころには9-0。危うい場面すらなく、無事終了した。おもしろかったけど、やや緊迫感には欠けたぁね。

ドームには何度か来たことあるけど、ここで野球観戦をするのは初めて。オレンジに染まる客席で、タオル(入場記念にもらえるのだ。これでハハとあたしのとで2枚になった)をぶんぶん振り回し、きゃーきゃー騒ぐのは楽しかった。昔、友人と西武球場へライオンズ戦を観に行ったときは、メガホンみたいなのを持ってはしゃいだっけなー。やっぱああいう「鳴り物」があるともっと楽しいかもしれない。
センセは生粋のG党だけど、友人やどーぶつ病院のスタッフや関係者なんかを呼んでも、1度は来てくれても2度、3度はなかなかないらしい。
『サッカーなら行くけど…て断られるんだよね~』

かく言うハハもその口なので申し訳なく思ってるんだけど、そんでそう言う人たちの言い分もすごくよくわかるのだけど、あたしから言わせれば「どっちもどっち」だなぁ。たぶん。サッカーは実はJリーグ観戦したことはなくて、高校サッカーを何度か観た程度。(父からチケットがもらえたのでね。当時、サッカー部にあげて喜ばれたりしたなー) 行けばそれなりに楽しいし、おもしろいし、何より大声だすのがキモチいい。普段の生活ではあまり、とゆーかほとんどそういう機会がないからね。『行け行けーっ!』とか『廻れ廻れー』とかさ。敵さんがエラーして『うひゃっほう!』とか。
野球とかよくわかんなくても(あたしの場合、サッカーとどっこいの知識だ)、そういうのが楽しめなかったらつまんないだろーな。もっとも、これが負け試合だったらダレて退屈なのかもだけど。

回は順当に廻ったので、試合終了は5時過ぎくらい。病院に戻り、センセはそのまま夜間(どーぶつ病院)へ、あたしは1時間の遅刻て形でそのままオシゴト。(サッカーと違って時間が読めないのは難点だわね。スタッフさんたちには『どのくらい遅れるかわからないけど戻るから』とだけ伝えてた) 行ったら人いっぱいでひゃーだったのだけど、家族で来てたから、てことみたいでほっ。9時半過ぎには無事に終われた。よかった。

そーそ、昨日困ってた、「諺」豆本の表紙。またまた突然“こうすればいいんだ!”てのを思いついて、歯医者から戻って次に出かけるまでの1時間足らずで作ってみたらイイ感じだったので気分も軽くなった。これだと背表紙の処理もうまくいくし、見た目も悪くない。明日は完成させよう!
と、チジセンでもあったな。んん~、誰だろねぇ。やっぱ「ゆりーちゃん」なのかね。つか、自分で言っててハズくないのかね、あの人。ま、自力で選挙カーに登れないダレかよりはマシだと思ってるけど。







( ̄▽ ̄)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-31 01:06 | そんな1日 | Comments(0)
早番の仕事から戻ってきて、歯医者行くまでの時間、せっせと作って(製本した豆本のサイドをカットして)、帰宅してからまた、て具合につい先ほどまで集中してたので、何だかいまになってどどーっと疲労が押し寄せてきてる…くたびれた。

歯医者では前回の部位のことだと思われてたらしく、そうでなくて逆で、と言って診てもらった。すでに手遅れの状態で、明日は抜歯、となってしまった…とほほ。てゆーかさ、前回(5月)のとき、こっちも痛いんですが、てちゃんと言ったのにスルーされたんよ? それで手遅れと言われてもなあ~。何かもーどーでもいーけど。

そんなことより豆本。
表紙となる厚手の革を1.8ミリ✕2.2ミリにひたすらカットしてって(中身が1.5ミリ✕2.0ミリだと表紙サイズはこのくらいになる。5ミリだとでかすぎるのですごくめんどくさい)、あとは製本した豆本に付けるだけ、て段階で思いついてしまったことがあり。思いついた自分を呪い、とりあえずNG本で試作(してる段階かよ、いま!)、意外に手がかかることが判明するもやはりこの形がイイのでは…となるとこの表紙ではなかった…とか、脳味噌ぐちょぐちょ状態になってしまった。
本は、きちんと製本しないで段階を端折ると、キレイに閉じない。ページがちょっと持ち上がる形になるんよ、わかるかしらね。で、それは見た目よろしくないのだけど、OPPに封入してしまえばわからないし、手間かけるより価格を安くした方がイイと判断してこの形、としてたわけだけど、ワイヤーを仕込んだマステを表紙に「引っ掛ける」形にしたら本ちゃんと閉じるんじゃん? と思いついてしまったわけさ。

ペンチでワイヤー潰したり、強力両面テープとボンドで貼りつけてその上からまた革を貼ったりと、今日中に終わる予定だった「諺」豆本はいまだ終わらず…ただただくたびれてる。背表紙がいまひとつ美しくないのも、ノリノリになれない理由でもある。やはりこのアイディアは次回(があれば)にとっておくべきモノかなぁ。そこんとこの判断すら出来ない状態なんよ、いま。

夜、友人からメールが入った。S公園(区内では結構でかい)にウォーキングに行ったら、どこもかしこもぽけもん号な人たちでいっぱいで、ヘンな歩き方でぶつかるし、地べたに座り込んでるし、おかげで外周する羽目になった、この騒ぎはいつ終わるんだ? とあったので、『玉子っち並の寿命だと思う』と返信してやった。実際のところ、わかんないけどね。でもしばらくはトラブル含めて続くだろうなー。そゆ意味ではまだ玉子っちの方がマシだったか。

ハハが夕飯作ってとゆーので、ブロッコリー(ハハの好物)とタコを、オリーブオイルとにんにく、赤唐、塩で炒めた。超カンタンおかずなのに美味しく出来て、『食べ過ぎたー』とハハは夕飯後に散歩へ行ってしまった。食べ過ぎたのは美味しかったからとゆーより、好物のブロッコリーを食べ過ぎたせいの気もするけど。

明日は朝から歯医者で抜歯で、その後はどーぶつ病院のセンセとドームへ野球観戦だ。そんで夜は(たぶん)どーぶつ病院で仕事だ。だいじょぶなのか、あたし? ホントに来週、岡山へ豆本送れるのかなぁ?
あ~、部屋がまた、瞬く間に汚部屋と化してくぅ~!





(;・∀・)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-30 01:09 | そんな1日 | Comments(0)
どうやら東京は梅雨が明けたらしいねぇ。一時は「梅雨明けは8月」とかいう、とんでもないこと言われてたけど、それはギリ免れたな。梅雨明けが8月だからって何がどーとかってこともないけど(いや、ハハは『梅雨が明けないと梅が干せない』とぼやいてはいたけど)、暦の上では8月ともなれば「残暑見舞い」となるわけだから、梅雨明けがその直前なんてちょっとどーなんだと思ってたわけさ。『もー地球の気候そのものが変化してるんだから仕方ない』と言われたらそーなんだけど。100年後の日本は1月が紅葉真っ盛りらしーし。

それはともかく。
早番仕事は、洗濯物の山を片付ける作業から始まり、シーツ交換とわんこにゃんこのゴハンがひと段落ついた10時、ちょっと手があくほどの「人のなさ」だった。まぁ、ラクでいいのだけど、反動も怖いというか…木曜は午後休診だからスタッフたちもラクだったと思うけどね。

帰りにそのままスーパーに立ち寄り、野菜やら何やら買い込んで帰宅。午前中はラクした分、きりきり働けばいーのに、そーはいかないのがニンゲンのサガ? いや、一般人はちゃんときりきり働いてるわけだから、そう言うのはよかないやね。
つまり、あたしは11冊の製本(ページ糊付けだけ)したあとはだらっと過ごしてしまったので、いまになって反省してる、て話。9月出品の「HearTokyo」の下絵構想、なんてのもちょろっとやりはしたけど。着想は早くても下準備が手間かかりそーだな、これは。

昨日、思いがけない出費とゆーか「共同出費」に頭を抱えたのだけど、接客してくれた妙齢のご婦人がキレイな人でねぇ。物腰も素敵で、それにほだされたってのもあるんだけど、何より「職人技」てのに弱いんだなとつくづく思い知らされた次第。
2号にリクエスト聞いて、知らされたモノは、見る前から「すごく高いか安いかのどちらかだな」てのがわかってた。そこらで100円でも売ってるし、専門店に行けば天井は遥か上。誕プレだから質も問いたいのは当然にしても、何つーかも少し「妥協点」はなかったのかと思ってしまう…そこで負けたのが、接客してくれたご婦人よ。上手いのよ。やっぱ心得てるんだよねぇ、くすぐり方ってヤツをさ。もっとも、吉祥寺でこういう店と巡り会えたことをハハは喜んでたけど。こりゃハハのBDもここかなあ~。

にしても「激震」だった、あたしにすれば。来年分と合わせてもいいよね、てくらい。いや3年分に匹敵するかもな。給料前だってのに。歯(歯茎?)もまた痛いのに。土曜はセンセに付き合ってG観戦だってのに。(年間シートを買ってるセンセのお伴だからシート代はいらんのだけどさ) おかげで「るるど」がちと遠ざかったわ。せめて岡山で稼げるように精を出さねばな。

夕飯、ハハが『今夜はレンチンおかずにする』と言うので、何かと思ったら「エリンギ、万能ねぎ、ナス、とりささみ」をそれぞれレンチンして(つまり蒸して?)、からし(小2)、サラダ油(大1)、塩砂糖(各小1)を混ぜたソースに投入、和えて食べる、てだけ。シンプルなんだけど、美味しかった。夏らしいさっぱり感もあって。からしとサラダ油、てのがミソかもしれない。

ところで昨日のブログ。ちったー反応あるかと思ったけど、皆無、だった。みなさんシャイでいらっしゃる? てことでもないか。つか、無反応であったことに少なからずがっかりしてる自分にちょっとびっくりしたわ。そゆこと気にしないよーにしてんだけどね。
あ~、明日こそちゃんと仕事しよっと!






(゜-゜)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-29 00:06 | そんな1日 | Comments(2)
タイトルにもある通り、本日7/28(書いてるのは27日だけど)、

  雪丸周辺雑記、10周年~!!!

となりましたー。(しかし何て半端な日から始めたんだ…)
いやぁ~、こんなに長く続くたーお天道さまも思わなかっただろーねぇ。あたしすら思ってなかったし。てゆーかさ、もう「ほぼ日記」状態だけど、始めたころは、“「日記」にしてしまうと、書かない日もあるだろうから相応しくないのでは…”と考えて、「日記」ではなく「雑記」にしたんだよ。身の回りのこととかさ、日常だけでなくその日考えたこととか、思ったこととかも含めた「雑記」で。それがいやはや…もーほとんど「日記」。こんだけ続いたのは、読者のみなさんいてこそ、です。改めてお礼申し上げます。ホント、よく読んでくれてると思うですよ、こんな、画像がたまぁ~にしか出なくて、しかも制作物どころかどーでもいいのも多くて、いちお「アーチスト」のくくりで登録されてるけど、そうとは思えない内容の日がほとんどなのに。ちょっと前(いつだったか忘れたけど今年?)、このブログの訪問者数が10万超えてびっくりしたのも束の間、今日で110498名ですよ。ありがとうございますです。

え~、今日は特別、てわけでもないのだけど(1周年のときはそれらしいこと書いてたけど、以降は1度も触れたことなかったので)、ちょいとこの10年を振り返ることにしました。っても、書き出してるとキリがないので、「その年の7/28は何してたか」てことをね。

07’7/28 1周年で、訪問者数は5870人。のことなどつらつら書いてた。谷中の「かるた展」他、ギャラリー企画展とアートフリマに参加。絵封筒展やカード展にも参加して、売れないながらもそっちをがんばってたかな。

08’  ハハと高尾山に登ってお寺での写経に参加。時間がなくて字も乱雑になって苦戦したなー。そしてこの年は10周年記念個展「One and Only」。諸々の展示会に出品(店)しつつ、100円~10000円まで「唯一」を売りとしたのよね。それはまぁ始めた当初からのことだけど。

09’  いきなりカウンターが3桁を記録してびびってた。豆本展の制作と同時に小袋作りにも精を出してた。豆本展に寄付してくれ、てことでね。豆本制作はこれが初めてではなかったと思うけど…どうだったかな。この年の出店(展)数は、列挙するのが面倒なほど。この2、3年の倍はあったね。

10’  この年の個展のタイトル「さゆきの羽衣~うたうようにささやくように」が決定した日。長~い無地のさらしに直接ちぎり貼ってって、ギャラリー(スペース スプラウト)の壁を一周させたんだった。巻紙みたいにくるくるさせて作ってて、あと3メートルとか、あと1メートルとか、しんどかったけど同時にすごく楽しかった。いまでも反物みたいに丸めて保管してあるよ。

11’  映画「コクリコ坂から」を観に行ってた。昭和30年代の横浜が舞台で、「ここ最近の金魚や小人の話よりかはマシ」とあった。3月に東北震災があって、5月から毎月末、被災地に絵本を送る支援を始めた。(これは13年まで続いた) 震災のとき、あたしは2人展の真っ最中。そのまま中断となったので、半年後に改めて、六角ダンボールを壁面に飾ったっけ。さらし絵巻とは違う苦労と楽しさがあったなー。

12’  マグネシートを使った豆本(磁石で閉じる形の蛇腹本)、「歌う扉」を制作中。ギャラリーの企画展「山椒は小粒展」にも出品し、「より細かいちぎり」に挑戦してった感じ。豆本展の他、柳沢の「Zakkarnival」にも出展。絵を作るより絵本や雑貨作りに傾倒してったのもこの頃だと思う。

13’  豆本「MARU」(のちに「MONO」に改名)を作ってた。夏は豆本作りが定着してきたっぽいね。それで「まだ老眼じゃない」とほくそ笑んでた。ごめんね、2016年現在のいまでも老眼じゃないのよ、ふふふ。国分寺のアートフリマに初参加。そして個展「サユキノコトノハ」。ちぎり絵と一緒に、添える言葉にも力入れてみた。これまでもカードやカレンダーで発揮してきた数々の名言、迷言の集大成…になったかなぁ。

14’  友人が在籍してた、装丁画塾の修了展に行った。そのとき挨拶した学長の言葉が印象的だった。『これまでに自分がやってきたことに対する自負からの脱却(否定ではなく)、著作の解釈、そして覚えたものすべてを注ぎ込むことが必ずしもいい結果になるわけではないことを知るのが塾の目的である』と。この最後のフレーズがね、ちょっとココロしておこう、と思えた台詞だったのだ。

15’  今年も参加する「HearTOKYO」の打ち合わせの日。父の介護でセーブしてた出店(展)を、この年の初めの父の入院によって、また制作しようか、と思って決めた出展だけど、半年後に父が急逝、萎えてしまった制作意欲を「決めたのだから」とどうにか引っ張り出しての参加だった。

すごくざっくり振り返ったけど、まーいろいろあったよーな、そーでもないよーな、だな。ブログ始めたときは拙著『タイへ行きたい!』を制作してた無職状態。それからそば屋にパートで入り、5年8ヶ月後、不満も山積み限界点突破で辞めて、失業保険もらいながらちょいちょい銀座のギャラリー手伝って、13年の個展に来てくれた旧知の知人からの誘いで動物病院のパートへ。そんで現在に至る、と。
ちぎり屋として大成することも寿退職することもなく、漠然とした不安を抱えつつも日々をそれなりに楽しんでる、てとこかな。あ、ちなみに今日はハハとオトート2号の誕生日プレを探しに吉祥寺へ出て、2人で買うにしてもちょいと値が張り過ぎだ、きびしーぞ、と思われるモノを買った。あたしよかハハが本気モードになっちゃったしね。ま、2号はウチのことあれこれやってくれてるからそのお礼も兼ねて、かな。いいのが買えたし、ふらりと入った喫茶店のワッフルも珈琲もすごく美味しかったし、今日もまたいい1日だったよ。

ホントはさ、「10年でひと区切り」つけようかなと思ってたのね。父が亡くなってしばらくして、こうやってブログ綴る意味はあるのかなぁ、って。正直、いまでもそこのところはよくわからないのだけど、こうして読んでくれてる方がいるからこそ続いてるブログでもあります。
読んでくれて本当にありがとう。先のことはわからないけど、とりあえず、また明日。







( `ー´)ノ
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-28 00:23 | そんな1日 | Comments(0)
肩凝りがひどすぎて眠れなくて、寝ながら肩廻したり手でもんだりしてたら明け方になって、ちょっとはウトウトしたっぽいけど寝不足…確かに細かい作業はしてたけど、こんなにつらくなるほどコン詰めてたかな~と思う。思って、それでふと数か月前のことを思い出した。

  これって頸椎捻挫? 帯状疱疹の前兆?!

いや、でも頸椎捻挫のときは肩というより後ろ首あたり、だったんだよな。それにあんときの痛みはもーこんなモンじゃなくて、本気で泣けてたし、そのときは頸椎捻挫とは思いもしなかったから、何かに憑かれてるんじゃなないかとか、陰陽師系の「何かやばいモノ」を連想してびびってたんだった。
いまでも痛いとゆーかつらいんだけど、でもあのときほどではないし、アレとはちょっと違う気がする。

先日のBBQでさ、敷地内にがちゃぽんがあったのね。で、唯一の小学生であるSGクンがまずはミニランタンをゲットして、それからBBQグッズ? のガチャポンでエビをゲットしたんよ。そしたらなぜか『今日の記念にみんなでやろう』みたいな妙なノリになって、アスパラとかしいたけ(うげげ)とか肉とかモロコシとか、いつのまにかいったい誰がいくつ何をゲットしたのかわからん数がテーブルに集まってた。(あたしはやんなかった。ストラップにするにはでかすぎるし) 
ま、それはいーのだけど、あたしが欲しかったのはガチャポンの入ってたカプセル。それくれ、と頼んで(捨てられたのは拾いには行かなかったけど)、6つ手に入れた。悪くない数だ。

結構前だけど、豆本の即売会でこの「豆本ガチャポン」てのをやって、有志が豆本を提供したことがあったのね。あたしもいくつか出したんだけど、そのときに『次回まで保管してて欲しい』てことで1ダースのカプセルを預かった。預かったものの、豆本ガチャは以降やらなくて(やったのかもしれないけどお声はかからなくて)、このカプセルだけが手元にあったんよ。で、過日、豆本協会の会長さんに『持ってるのだけどどうしましょう?』と言ったらば、もうもらってしまっていいんじゃないか、てことだったので、今回の「おかやまいま何どき豆本どき」展に出品することにした。中身は見えないようにして、「お楽しみカプセル」として。ただ、1ダースではちょっと心許ないかな? て感じだったのでこれこそどなたかの思し召し、てことだと思ってさ。

  でかすぎた…。

惜しい。あたしが持ってるカプセルの、3倍はあろーかと思うでかさで(グッズが大きいんだから当たり前か)、豆本入れたらガタガタしてしまう。てゆーか、大きさに差がありすぎて一緒には置けない。う~ん、じゃんねん。これはこれでまたいつか、て感じかなー。
ま、入手方法はいくらでもあるよね。ガチャがいっぱいあるとこ行って、その付近の専用ゴミ箱から頂戴すればよいのだし。って、これはNG? もしかして「せっとう」とかになっちゃう? 中身があればOKで、ないのはNG、てヘンな気もするけど。
手持ちのカプセルではちょーっと小さくて入らない豆本、これに入れたらばっちりと思ってたんだけど、どーしよーかな。とりあえず様子見の1ダース、でいっか。

諺豆本を再びコピーして、今度は単体で(アクセパーツとかクリップとか付けずに)何冊か作ろうと思う。昨日のクリップしおりのクリップにちぎり貼ったりもしてたので、製本まで至れずにバイトの時間となってしまった。雨が降ったりやんだりの1日だったせいで、仕事としてはラクな方だった。

にしても嫌な事件が起きてしまったねぇ…降りかかった身にとってはまさしくテロだと思う。1人の人間の殺傷事件としては過去最悪くらいの数なんじゃないのかな。事件の背景や詳細はこれから明らかになっていくのだろうけど、わかったところでおそらくはどうにもできない。いたたまれない。犠牲者の冥福を祈るばかりだ。






(=_=)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-27 01:01 | そんな1日 | Comments(0)
d0078532_0301620.jpg
随分前から引き取りをお願いしてた、ばっさまが使ってハハも使ってた(そしてあたしは使いこなすことが出来んかった)、足踏み式のシンガーミシンが今日、引き取られていった。『シンガーのミシンだったら引き取れる』て話で、そーか、まだブランド力あるんだなー、と感心した。いつからウチにあったのかなぁ。昭和30年代くらいだと思うのだけど。写真は下の足踏みの横にある部分で、この網目柄が「細かいほどいい」て話だったので撮ってみた次第。本体も黒光りしててちょっと不思議な紋様(なぜか金色のスフィンクス)だったんだけど、写真を2枚同時に添付で送る、てことが出来なくてさ、へへへ。ま、いっかと思って省略。

足踏みミシンのすごいとこは、チャリ同様、何年経ってても直せば使える、てとこだと思う。いまちょっと公式HPを見てみたのだけど(シンガーがどこのメーカーなのかも知らなかったのだけど、作ったのはアイザック・M・シンガーはアメリカ人みたいだ。創業1851年で、「愛され続けて160年」てなってた。何代変わってもちゃんと存続して、修理も請け負ってる。「ブランド力」てそーゆーことだよね。
シリアルナンバーや柄とかでいつの時代のモノかわかるみたいだけど、そこまでチェックはしなかった。してもしょーがないしさ。あたしもハハももう使わないからねぇ。ずっと納戸の奥にしまわれてていて、「物置き」状態だっただけだし(上にあれこれ積まれてた)、どこかで陽の目が見えるならその方がミシンも幸せだし。
ちなみに買い取り額は3000円。こういう古い型は、『洋品店などがディスプレイとして使う』のだそーだ。いくら使えると言っても、さすがにミシンとしては使わないか。

朝からずっと豆本作ってて、1冊作り終わる度に「ぶはーっ」と吐息がもれる。細かい作業って息詰まるんだよね~、何でか知らんけど。でもふと思った。あたしは「ちぎり屋」だけど、実際のところ、「ちぎってる」作業よか、それ以外の作業時間(製本とか台紙とか箱とか封筒とか)の方がずーっと長いよな、と。ちぎり屋なのにさ。これがイラストレーターだったら、絵を描いてる時間の方が断然多いだろーし、陶器でもガラスでも、それに関わってる時間が長いんだろーにね。

午後、ちょっと庭に出て、枝に引っかかっった枯れ枝(過日の植木屋が後始末しそびれたモノ)を高枝バサミで取ったりしてたら、目の前をすーっとオニヤンマ(だと思う…違ったかな、黒と黄色の柄の入った大き目のトンボ)が横ぎって、金魚のいる大瓶に卵を産み付けてった。ちょんちょんちょん、て感じで。あの卵は無事に孵るんだろーか…金魚に食べられたりしないのかなぁ? しないといいけど。
ちょっと、のつもりが雑草抜いたり何だり始めてしまって(これ始めるとキリがないのだけど)、気づいたら4、5カ所も蚊に喰われてた…やるならホントに蚊取り線香つけて、ちゃんと防備してから始めないといかんよな。

夕方からはどーぶつ病院。思ったほど混んではいなくて助かった。
そーそ、岡山から豆本展のDMが届いたのだった。あたしの写真は去年作った豆本、「HOW ARE YOU?」なんだけど、いま見るとさしておもしろくもない内容だったよな、つか何でこんなの作ったりしたんだろ、と思ってしまった。作ってるときはイイと思ったんだけどなー。どこがイイと思ったのかな~。自分でも不思議だ。






(;・∀・)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-26 00:30 | そんな1日 | Comments(0)
今日はみんなでBBQの日! しかも「手ぶらで」行って「片付けもせず」帰って来られるのだ。こんなありがたいシステムはないよねぇ。以前みんなで集まったとき、こりゃいーわと思って父の傘寿のお祝いのときに親族で利用させてもらったんでした。まさかあのときは、それから半年で逝ってしまうなんて思いもしなかったけど。元気に食べて(食べ過ぎて)、ちょっとみんなをハラハラさせたりもしてたんだよねぇ。『行ってくるよ』と声かけたら、ハハもそのときのこと思い出してたみたいで同じこと言ってた。

集まった仲間は、高校時代の友人たち。付き合いも長い。子供たちだって中学、高校、一番上はすでに社会人だもんね。(トシとるわけだぁねぇ) 人使い荒くて「ブラック」な話は聞いてたので、転職を考えてるという話にうんうんと頷いてしまった。がんばれ、MIちゃん!

交代でわいわい言いながら次々と肉を焼いていき、そして食べまくり。そーなるであろうことは予想してたので、先日2枚1480円で買った、スリムに見えるパンツかゴムのカーゴパンツかで迷い、後者にした。正解だった。何かもー、夕飯いりませーん、な状態で帰宅したくらいハラいっぱいで苦しかったよ。
あたしらもいートシなんで、話題は介護やそれぞれの健康問題になったりする。そうなることで「あ~、そゆトシなんだなぁ~」と思う。仕方ないことだけどね。で、あたしはとゆーと、今年やった、頸椎捻挫帯状疱疹大腸ポリープ、の3連発のことなんかすーっかり忘れて、携帯の銀さんストラップを見せびらかしてきゃいきゃいはしゃいでたのでした。キャラモノではないので、これが「銀魂」のグッズだとわかる人はそーそーいない。でも集まってるMIちゃん、KZちゃん、YIちゃんの3人は「わかる人」なのだ。それが嬉しくてね。もっとも、見せると最初に反応するのは(気に入ってるのに売れ残り続けてるので自分で使ってる)、くりんくるストラップなんだけど。ま、みんな第一声が『これかわいーい!』なのは喜ばしいことなんだけどさ。

集まったのは昼なので、夕方には帰宅。当然全然飲んでないんだけど、さすがにハラいっぱいなのとちょいとくたびれたのとで小1時間ばかり寝てしまった。
それからはせっせと「クリップ付き豆本しおり」の制作。先日浅草橋で買った「すっきりクリップ」で試してみる。これ、すごい前にクリップとして買って革貼って売ってたんだけど、これに紐でもいーんじゃないか、ゼムクリップより見栄えもいいし、と思ってたのね。思ってたんだけど、セカイドにもその他の文具店にもなくて、たいした金額でもないのに浅草橋まで行かねばならんのかー、とモンモンとしてたんだよね。これだけのために出かけるのも何だったので。

作ってみて、意外に手間かかるのと(ゼムクリップもだけど、その比じゃあない)、手順を間違えるとえらくめんどくさいことがわかったのだけど、仕上がりは上々。うん、これはイケるかもしれない。今回は岡山豆本展用なので、紐の先に付けるのは革ビーズ(?)ではなくて革豆本。つまり結構凝ってるわけよ。豆本はコピーと言えどカラーだし、クリップに付けた革には生ちぎりの予定だし。
そーそ、浅草橋で買った蝋引きの細い紐は、少し太すぎて失敗…迂闊だった。サンプルとして手持ちの紐を持参するのだった。あんまり太いとさ、しおりとしてどーなのかと思ってしまうんだよねぇ。気にならない人は気にならないと思うけど。

そーそ、BBQで、誰かぽけもん号をやってんのかなーと思ったら、子供たちでなくYIパパがやってた。そう言えば彼、最も初期のぽけもんからやってたんだよな。驚いたのが「ゲット」するために費やした歩数。一昨日(初日)が2万5千歩、昨日が2万2千歩…歩きすぎだよぅ。成人が推奨される1日の歩数は8000とか言われてるのに。あたしなんか1万も歩いたらえらいくたびれるのに。(ま、彼も相当くたびれたそーだけど) 健康にイイのかどーなのか、ちょっとビミョーな気はするな。
がんばって集めたらしくて、相当数のぽけもんを入手してたけど、あれって集めてどーなんの? 対戦できるとは聞いたけどさ、「わーい、こんなに集まったー」で満足するもんなのかね、キホン。だとしたら、熱狂者もいずれ玉子っち同様、冷めてくのかもなー。






( ̄▽ ̄)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-25 01:41 | そんな1日 | Comments(0)
ただでさえ「歩きすまほ」が危ないって言われてんのに、あんなモンがGOしたら危険極まりないと思うんだけどねぇ~どーなんすかね、そこんとこ。『線路にはいません』てったって道路にゃいる(らしい)しね。要請があって『出雲大社から外した』『熊本城から外した』てネット記事にあったけど、それで外せるんだったらびしばし外してった方がいいと思うなぁ。
てゆーかさ、『これで人が来るようになった』と言っても「来た」だけで、そこで「げっと」しただけで他に何のリアクションもなければあんま意味はないよーに思うのだけど。自分のことばっかで、コミュ障に拍車がかかるだけのよーな気もするし。

と、そんなことをつらつら考えながら製本の続き。たいして進行しなかった…ちょっとメールしたり(どちらからも返信はなし…2件ともとりあえずの返信が欲しいのだけど)、古新聞片付けたりしてたかんね。じきにどーぶつ病院のお時間となってしまった。
ここ数日はざーざーでもぎらぎらでもないせいか、ちょっとまた混むよーになった。過ごしやすくていいけどねぇ。梅雨明け前であること考えると「これからが怖い」ねぇ。

昨日のバスツアーはそれなりに楽しんできたのだけど、観光地ではあっても「さびれてきてる感」は否めなくて、クルーズ発着場やその周辺の廃れ具合(て言い方悪いけど他にどう表現したらいーかわからん)、建物の老朽化や商品のイケてなさ(言い方悪いけど他に…以下同文)、人気のなさ(平日なせいもあるかもだけど)、にちょっといろいろ考えさせられてしまった。
流通事情が良くなると、それまで「現地ならでは」の食材や商品なんかが手軽に入手できるようになり、「わざわざ出かける」必要がなくなってしまう。「◯◯県限定」としたところで、ネットでも簡単に手に入ってしまうしねぇ。新鮮食材も同様。となると、「売り」に出来るのは風景や空気や、あとはおそらくは寿命がさして長くないであろうテーマパークやアトラクションだよね。これ、次々と付加価値つけられるならまだしも、そーでないとすぐ新鮮味が失われ、人が離れてしまう気がする。人の名前を冠した「◯◯記念館」みたいなモノも、その◯◯さんについて知ってる人が少なくなったら閑古鳥、て話も聞くし。(トラさんも最近は芳しくないそーだ…)

土産物屋であれこれ買ってたらすごく喜ばれて、『売り上げ悪い日なんか自分で買わされたりするのよー』とおばさんがカラカラと笑ってたけど、いやそれは笑える話ではないんじゃ…とか思ってしまった。まぁ、笑うしかないよな、て気もするんだけどさ。
人を呼ぶ努力を怠って『売れない』と嘆くのも、人がいるけど売れないのをケチ呼ばわりするのも違うだろ、とあたしは思うのだけど、ではどうすれば、は難しい問題だ。金をかけなければ人は来ないけど、その金はない、てのはね。どーどー巡り。あ、だからぽけもん豪、なのか。違うか。いや、連中のおかげで人がにぎわって現地の人がほくほく、となるならいーんだけどさ。ならんよね、たぶん。シャッター商店街よろしく、泣いてる観光地もいっぱいあるんだろうなぁ。地方活性化に必要なのは何だろね、金以外で。知恵か。

明日は久々の友人らとBBQだ。う~ん、楽しみー。ハラヘリで出かけないと! そんでちゃっちゃかと豆本仕上げてかないとな。







(´ー`)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-24 02:18 | 我思う | Comments(0)
d0078532_12794.jpgんちあ。ムック2号っす。ここ最近は雪丸が旅行っつーと1号とか3号とか1号とか3号だったりしてずぅえーんずぅえんデバンがなかったので「次は必ず!」とキメてました。そしたらコレですよ、顔はいらないで、日帰りバスツアーなもんでいっぱいの人が見てる中での撮影なんで雪丸ってば恥ずかし気にさっさとカバンに入れてくれちゃって。そんで代わりに出してきたのが3号…ボクの立場は?! でも確かにここは譲るしかなかったっす、狭すぎて。わかりますかね、テーブルいっぱいのコンロで、自分で焼くんすよ。写真はほぼ残骸ですが、サザエ、蛤、海老、帆立、そして鯵の踊り焼き! ハラショー!

d0078532_1294174.jpg
中居さんがコンロに置いてくれるんですが、箸で抑えてないと「踊って」落ちてしまうんですよ~。あちこちで(楽し気な)悲鳴があがってましたねぇ。ご飯はお釜で炊いた(おこげの付いてる!)、しらすごはん。茶碗蒸しにもしらす、味噌汁は蟹。ちょっと手狭間なのが何でしたが、クルーズ前に美味しいランチを堪能しました。

駿河湾て、水深2.5キロもあるんだって。東京湾が1.2キロというから、ざっと倍ですね。いろいろ豊富なワケです。船に乗り込むとき、キレイな水底に黒い物体がごろごろしてて、もしかして雲丹?! と思ったらまさしくそのとーり。でも「食べない」て言ってました。身が少ないのかなぁ。不味いのかなぁ。そー言われると食べたくなってましたね、雪丸。
d0078532_1441456.jpg
それからろーぷうぇーで葛城山(だっけ?)のてっぺんへ。あ、雪丸がとーきょーを出た午前6時40分は小雨だったんですが、こちらはやや薄日のさしてる曇り。スカッと晴れてたら後ろには富士山が見えたらしーです。ちょびっと残念。そしてお約束? の足湯でございまふ。d0078532_1471553.jpg

なかなかのぜっけーで、キモチよさげでした。ちらりと見えてるのは雪丸大根の先っちょね。にしても雪丸ってばちょっとガイハンボシギミ? ぷぷぷ。この写真見て初めて気づいたよーですが。雪丸ママもガイハンボシだしねぇ。あれって遺伝すんですかね? 
以前雪丸ママとバスツアーでやっぱりここに登って、周辺を見て廻ったんすよ。「さえずり展望台」とか「下駄供養のためのどでかい下駄」とか「百地蔵」とか。写真、多過ぎなので割愛失礼。ま、写真もあんまりよくないんですけどね。あ、百合がいーっぱい自生してて、素晴らしかったです。赤の色がきつい百合は「鹿ノ子百合」と言うんだそーで。『もっと赤が強いのは「緋鹿ノ子」と言うのよ』と教えてもらいました。写真なくてごめんです。
ホントはも少しここでゆっくりしたかったんですが(お知り合いになった方々も素敵なご婦人でしたし)、いかんせんバスの時刻があるので1時間足らずで引き上げることに。
d0078532_204577.jpg


伊豆と言えば飾り雛? なんですかね、いーっぱい飾ってありました。もちろん手作りでしょーね。こうして見るとけっこー壮観っす。
楽しい時間はあっちゅー間で、このあとは「お土産」。雪丸ママに頼まれた干物は「トロ鯵」を選び、うまく言いくるめられて(?)干しエビを1パック、そして鯖寿司まで買っちゃって、そんでびょーいんのみなさんには「静岡茶とお茶漬け」のセット。ちょいと散財しちゃいましたがね、これもまた旅のダイゴミってやつですよね。それにカンコーするからには『ご当地にお金も落としていかないと』が雪丸の持論なんすよ。ただ単にお買い物したいだけのイーワケに聞こえますが。

夕方には帰宅して、ほっとひと息。楽しかったけど、やっぱり日帰りは短いっすね~。すぐ移動、になっちゃうし。も少しお天気がよければよかったけど、暑すぎず肌寒すぎず、でちょーどよかったのかもしれないです。何にしても雨でなくてよかった。
今回の旅行は、経堂のこるてぃーでの5周年企画で「当たったから」でしたが、また近いうち、今度はゆっくり温泉にでも浸かりたいもんです。







(*´з`)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-23 02:11 | そんな1日 | Comments(0)
けっこーな雨が降ってたので、病院としてはさほど大変ではなかった…と言いたいとこだけど、ものすごい暴れん坊将軍のにゃんこが(あまりにも力が強くて)大変だったんだった。車で2時間かけて来ちゃぁ、そりゃー機嫌も悪くなるよなぁ。そんでもってみんなに押さえつけられてたら、「ふざけんなてめぇ放しやがれ!」になるのも当然…そうまでしてここに来なくちゃいけなかったのかなぁ。ちょっとにゃんこに同情した。

帰りはそのままスーパーで買い物して、帰宅して昼ご飯たべたらすごい眠くなって、そのまま1時間ほど昼寝してしまった。ちょっとまずいかもしれない。明日は早番の今日よりさらに早起きしなくてはならんのに! そう、明日は

  日帰りバスツアー 浜焼き&駿河湾クルーズ

の日なのだ! (しかも仕事休んでまで) 仕度、とゆーほどの仕度はないのだけど、困ったのが服と帽子。いまはやんでるけど、明日の朝はまた雨とかゆーし、でも静岡は晴れてるとかゆーし、こっちは涼しいけど(今日の気温は21℃だってさ)、あっちはどーなんだ? という…テンガロンハットと和柄のスニーカーで行くつもりしてたんだけどね。う~ん…明日の天気見てから決めるかなー。5時起きで判断なんかつくものかしらねぇ。

夕方からは豆本のコピー&製本。これ、タイトルが「諺」という、身も蓋もないよなタイトルなんだけど(表紙は団子と花のみ、なのは先日書いたね)、「The 諺」とかにすればよかった。これもどってことないタイトルだけどさ、何となく語感はいいじゃん? ま、いまさら書き換えられないから「諺」でいくしかないのだけど。
前回はちょいとい加減に作ってしまい、はみ出した糊でページがくっつくというポカをやっちまったので、今回はちょっと慎重に作った。仕上げの表紙はまだ未定なので(どの革をどう使うかとか、それで紐つけてちゃんと「クリップ紐しおり」として大丈夫なのかとか)、そゆことは帰宅してからだなー。

てゆーか、岡山からDMが届かないのだけど、ホントにちゃんと出られるんだろうねぇ? 何か不安になってくるわ。その件をメールしようと思ってたのに、ちょいとドツボにハマってこんな時間になってしまってしそびれた。
過日、KMちゃんは『Mゲー(ム)の良さがわからない』と言ってた。「やってもやっても攻略できず進めない」ゲームのことをMゲーと呼ぶのだそーだ。あ~、わかるわー、ゲームしないけど、と言ってたくせに、まんまとPCゲームの「Klondike」でそのドツボにハマってしまってるのだ…どーっしても攻略できないで、キリキリしながら何度も同じプレイしてる…まさしく「Mゲー」だぁね、これは。う~、どーしてくれようか。

てゆーか、そんなこと言ってないでさっさと寝なくてはだよね。
明日はバスツアーだけど、平日で友人は来られないのでオヒトリサマ。どんなもんかなー。楽しめるといいなー。ムックがいるから平気かな。

このブログは午前0時を待っての更新なんだけど、あと2、3分あったのでもう1回「Mゲー」に挑戦。無事攻略! シルバーコインを手に入れた! だから何てこともないんだけどね、余は満足じゃ。






(´ー`)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-22 00:05 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156