<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

何だか振り回された気分の1日だった…晦日ってこんなモンか? と思ったり、あちこちピカピカにはなったけど「モノの始末」と「あたしの部屋の大掃除」だけまだだし、その他の「年内のうちにやってしまいたいこと」が何ひとつ片付いてない! センセから借りてる本もまだページを開いてないし、注文品もまだだし(こうなったら正月初ちぎりか?!)、あれこれ思うこといっぱいで、その実何も出来てない…。

早番仕事を終えたのは12時近く。年末年始、短縮時間で診察するのだけど、来るまでそうとは知らない人もいっぱいいるからね。『まぁ、やるんですか! でもありがたいし心強いわ』と言ってもらえると"ですよね~"と思う。スタッフたちもほぼ全員が「フツーに出勤」するみたいで、ウチが正月らしいことしないせいばかりではなく、本当に「年末年始」の感じがしないわ。(あたしは水曜、日曜が定休日なのだけど、元旦は日曜なのでそのままお休みできる)

帰宅前にまたあれこれ買い物して(もうしないで済むはずだったのに)、帰宅後は部屋の掃除を…と思ってたらオトート2号がやって来た。あたしは姪たちを羽田に迎えたあと来るのだと思ってたけど、そーではなかったみたいだ。しかも、羽田にいつ着くのかわからないと言う。何だかねぇ~…いつものことなんだけど、ホントに時間が曖昧なまま進行させてくんだよねぇ、この人たちは。
3人でちょっと和んで、それから2号にやってもらいたかった床の間の掛け軸(もう何年も同じ、父が中国で買ってきた馬の絵)だったので、ハハが替えたいと言ってたのだ。正月らしい富士山の水墨画で、ハハは松とウチの庭の千両を活け、あたしは部屋を片付けつつ処分する本をダン箱に詰めた。すぐいっぱいになってしまった…またちょっと整理しなくてはならん。

夕方、関空に到着した姪たちから電話があって、どうも『ウチから迎えに行く』という段取りを忘れていたらしく、しかも「ではどうするか」について決着しないまま電話が切れ、どーしたものかと待機する羽目に。
二転三転して、結局ハハと3人で2号の車で羽田へ向かうことになった。夕飯は(和食が食べたいだろうからじゃあウチで鍋かな、と言ってたのだけど)、羽田でとることに。それはそれでいいのだけど、どーも今朝のわんこたちのお散歩でカラダを冷やしてしまったらしく、ハラ痛になって参った…それで寿司とかになってしまったし。いや、美味しかったんだけどね。ボリュームもあったし。でも展望台に上がることなく帰宅、となってしまったのはちょっと残念だったな。

中国の研修はなかなか実りあるものだったらしい。『来年、また行く!』と姪のHRはすっかり気に入ってしまった様子。もっとも、5日間の滞在中、バレエかウノかという日々を過ごしてたみたいだから、中国が気に入った、てわけではないみたいだけど。
中国のバレエは「文字通り国を挙げて」の力の入れようで、ちょっとでも才能のある子供たちは英才教育で鍛えられるらしく、レベルの差は凄まじいのだそーだ。それがいい刺激になったらしい。いいことだけどね、親たちは大変だろうな。

お土産に月餅をもらい、正月3日がコンクールだと言うのでちょっと早めのお年玉をあげた。彼らが帰宅したのは11時。どどっとくたびれた…特に何もしてないのにねぇ。明日は遅番だけど、部屋の掃除と「なんちゃっておせち」くらいは作れるといいなぁ。







(;´∀`)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-31 01:05 | そんな1日 | Comments(0)
毎月29日は「ブックの日」だとかで、B・オフはポイント5倍、しかもいまは「大掃除買い取り強化週間」だとかで買い取り2割増し。行けるかどーかちとビミョーではあったのだけど、昨日でほとんど(つかあたしの部屋以外は)大掃除が終わったので、仕事のあと出かけてみた。
もっとも、持ってく本は文庫とマンガで9冊。あとの「処分本」は、某団体に寄付の予定。なので期待してなかったわけだけど、9冊で(2割増しで)398円。ま、こんなもんかな。

で、探してた萩尾望都の『バルバラ異界』、3巻を見つける。2巻で完結なのかと思ってたら全3巻だったのか! 知らなかった…てゆーか、あたしは1巻を探してるんだけど。おねいさんに見てもらったけど3巻のみ2冊あってあとはゼロ。確か2巻を見つけたときも2巻だけ2冊、だったんだよなー。どーでもいいことだけど。

それと和田竜の『村上海賊の娘』。これ、以前から気になってたので欲しかったんだけど、なっかなか文庫にならなくて、やーっと文庫化してくれたので探しに行った次第。新書版の方をね。文庫化されると値段も下がるから。
で、見つけた。いっぱいあった。全部上巻だった…何でだ! 上巻だけ6冊もあるんだよ?! つまんないってことか、これ? いやでも、文庫化されたときは「お待たせしました!」なノリで大々的に宣伝してたよなぁ。う~ん。
本を上下巻で販売する場合、上巻だけ買う人が多いので下巻は刷りが少ない、と聞いたことはある。あたしにはわからん現象だけども。つまんねーなーこれー、と思っても、いちおちゃんと読まないと気が済まないしさ。でもそーでない人が多い、てことだよね。ヘンなの。

結局『村上』は買わないで、その足でセカイドへ。欲しかったのはA4サイズのOA用紙。いま使ってるもらいモノが質が良すぎて気に入らないので。(だってちぎりにくいんだもん)
見たらA4だけなくて、しかもレジは長蛇の列。この年末の押し迫った時期にみなさん何を? と思う。賀状を書いてたらちょーどなくなってしまった筆ペンだけ持って並ぶのはアホらしいので2階に上がり、どうやら廃番となってしまったらしい、ちぎり屋始めて以来ずっと使ってた非木材のケナフハガキの代わりになるモノを探す。ケナフの代わりに使い始めたアルデバラン、ちぎり貼るにはいいけど、書き心地がイマイチだと判明したのだ。ハガキとして使ってもらいたいからさー、これはイヤっしょ。いちお「絵手紙用」なんだけど、てことは「絵」であって「文字」ではないのだよね。ハガキのくせに。ぷんぷん。大体、絵手紙用はともかく、その多くに郵便番号と切手貼布欄があるのが気に入らない。これあると「縦書き」にしかできないじゃんか。ぷぷん。
レジ行ったら、会員カードの期限切れで更新することに。目的の大半を果たせなかったのにお金が出てってしまった…。

新宿はどこ歩いてても人だらけで、人混み歩いてるだけでくたびれてしまった。3時間足らずで帰宅したのだけど、部屋の掃除とかまたまたな~んもせず…これは明日、と思ってたのだけど、どーやらオトート2号家族が来るらしい。しかもいつ来るかまるでわからないと言う…これはいつものことなんだけどさ。
バレエやってる姪っ子は、マジでローザンヌ目指してるほどの本格派となり、クリスマスから1週間、中国へ(バレエ教室の何名かとママと一緒に)研修に行ってた。(なぜ中国? と思われると思うけど、EU統合からこっち、欧州での文化熱(?)はガタガタで、いまや世界各国のバレエの卵たちは文化振興に力入れてる中国へ向かうのだそーだ) 

その姪たちが明日の帰国後、直でウチに来るつもりしてるんだそーで、それがつまりどういうことになるのか皆目わからん。早番仕事終えたら大掃除…の予定だったんだけどねぇ。大晦日まで持ち越し、かもね。







(@_@)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-30 00:06 | そんな1日 | Comments(0)
さわやかに晴れてくれたので、今日は「ガラス磨き」の日。磨きっつーか「洗浄」ね。まずは庭に廻って、座敷と洋間のガラスをホースでじゃんじゃか濡らして、それから柄付きのスポンジブラシで洗剤入りの水を使ってがしごし洗う。それからT字で上から水滴を落としていく、て手法。この調子で外回りを終えたあと、今度は内側から。そんで2階に廻って、ベランダからハハの居室、隣の温室(つか半分物置)、最後にあたしの部屋のガラス、となる。

事件が起きたのは、あたしの部屋の外側ガラスを水浸しにしたあと。内側に廻ってガラスを拭いてたらハハが階段を駆け上がってきた。
『水を止めて!』
『……? もう止めたよ?』
『(あたしの部屋の下の)座敷が雨漏りしてるから!』
何てこった!!! 階下に降りると、ぽたぽたと音たてて天井から雨…もとい水が滴ってるではないか! すでにハハが洗面器を置いて周辺のモノ(と言ってもハハの書道道具くらいで被害はなし)を避けてくれていたので、ただホーゼンと見上げることしかできなかったけど。ベランダのホースの水を流したのなんて、1分も経ってないのになー。参ったなー。あの方角から雨が来たらKOてことか…う~ん。

ガラス磨きを終え、昼食のあとはトイレ掃除。床と壁ね。以前100均で買った、ペットボトルに取り付けるブラシがなかなかのお役立ちだった。少量の水がブラシから出る仕組みで、洗剤を吹きかけたあとにタイルの目地なんかをがしごし。まぁ、きれいにはなったけど、築51年となる我が家に最初からある床と壁のタイルだからねぇ~。「ぴっかぴか」にはならないねぇ。がんばったんだけど。

珈琲でひと息ついたあとはさすがにな~んもやる気がなくて、ホントはトイレ用に買ったジョイントマットのカットとかもしたかったんだけど後日持ち越し。
で、夜はBQから借りた、波津彬子の『ふるぎぬや紋様帳』を読む。古い着物+妖し系、て感じだった。それから、売り飛ばし…ても二束三文であろうから寄付(金がレスキュー犬飼育費になる)団体へ送ることにした、高橋ツトムの『地雷震 ディアブロ』を読んだ。う~、やっぱかっちょいーよ、飯田響也。惜しいかなぁ。でも『士道』買っちゃったしな。ぶっちゃけ「スペースがない」。
『地雷震』全18巻が終わったのが2000年。続編となる『ディアブロ』が出たのが2010年。あれからさらに7年が経とうとしてるのか…つい先日のよーに思うのはトシとったせいだよなー。
物語の終盤、敵サンとこんな台詞の応酬がある。

『なぁ、俺たちは人間か?』
『姿形はな』

骨の髄まで刑事である男が関わってきた数々の事件と深い闇、そして背負ってきた「業」。う~、やっぱり手放すのは惜しいかなぁ。悩むところだ。過日、友人が言ってたな。
『でもいずれは手放すんだよねぇ~』
そのとーり、だ。でも優先順位(?)としては、低いはず…なんだけどな。やれやれどーしたもんかね。







(=_=)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-29 00:08 | そんな1日 | Comments(0)
起きたら何のやる気も失せるよな土砂降りで、これはとーさんが「墓参りに来なくてもいい」て言ってるんだね~、とハハに言ったらば、昨夜よりマシだけどまだ体調のすぐれないハハは『そうね』とあっさり認めて、本日の墓参りは中止。
昨日やりそびれた、クリスマスグッズを片して、それから自分の部屋。過日のクリスマス雑貨市の売り上げとかをノートに書いてなかったのでまとめてたら、何だか陽がさしてきた…もちろんいまから墓参り、てわけにはいかないけど、にゃんこ缶買いついでに100均に行くことにした。トイレのマットも新調しよーと思ってたのだ。

まだ父が何とか自力でトイレに行けてたころ、ここに敷くマットを100均のジョイントマットにしたことがある。そのことをブログに書いたら、どういうわけかやたらヒットされるようになり、もう随分前の話なのにいまだに読まれ続けてるのだ。
またそれを書くのも何だけど、よーは、「我が家のトイレは、かつては男子用の「朝顔」と、そこからさらに扉があって「和式便所」があり、全部取り払って洋式トイレにした。なので個室としては変形だから既製のマットが合わない」て話。てことで、30✕30(確か)のジョイントマットを付けたり切ったりしてトイレマットにした、てだけなんだけどね。
過去に何度か丸洗いしたけど、いい加減ボロくなってきたので全とっかえすることにした次第。1枚100円で我が家では8枚必要なので800円になる。なるけど、800円で既製のマットは買えないからねぇ。フツーのウチだったら、100均で2、300円のマットで済むのかもしれないけど。

にゃんこ缶を買い、それから100均に行ってマットやら亀の子たわしやら菜箸やら「正月から新調するモノ」をいくつか買う。もうだいぶ古くなって、あろーことか劣化して破けてしまったレジ袋入れの替えも探したのだけどなかった。ちょっと考え、近くのキッチン用品の店で同様のモノを買う。100均で買ったそれは不織布だったのだけど、今度のは布。グレーにキッチン用品柄という、あたし的にはちと好みでないモノだったけど仕方ない。ちなみにこちらは390円であった。

帰宅したら、ハハがこのレジ袋入れ(上から吊るして、上からレジ袋を入れ、下から取り出せる、てヤツ)を片付けて、
『掃除してたらこんなモノ見つけた~』
と見せてくれた。またまたばっさまの時代のモノで、測り。吊るしておいて、下にカギ金具がついてて、縦型のメモリを読む、というシロモノ。(写真欲しかった? ゴメンね。昨日に続きではくどいかと思って)
よく見る間もなく、オシゴトへ。経堂から帰宅するときも思ったけど、やっぱり暖冬なんだねぇ。あったかいわけじゃないけど、マフラーや手袋がいらない、て時点ですでにおかしいっしょ。12月だってのに。

明日は全室の窓ガラス磨きを決行したいので、あったかいといいけど、どーだろう? いま吹いてる風はやけに寒そうな音たててるんだけど。
そーだ、トイレ掃除もしなきゃだなぁ。ホントに年末、て気がしてきた。








(゜-゜)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-28 00:50 | そんな1日 | Comments(0)
d0078532_0502663.jpg今日はダイドコ(台所)の流しの下にある、収納棚の整理。普段使う頻度の低いモノがあれこれぐちゃぐちゃとあるので、もー一気に捨てよう、と思って。頻度が少ないと言っても、手前には割と使うローリエの葉っぱ鷹の爪とかで、あとはベーキングパウダーとかバニラエッセンスとか、まぁ使わなくはない、てのが並んでる。のでそれらは問題はない。問題はその奥。ゴッキーのフンみたいのも散らばってるよーな、「魔の巣窟」と化してるところ。で、発掘したのがコレ。わかりますかね、高さ3センチくらいの小瓶なんだけど、「食用紅」っすよ。黄色いのなんか15円だよ?! いつの時代のなんだ?! 中の粉末なんかしっかり固まっていて、出すことすらできない…瓶は瓶なので、中身と別に捨てたいと思ったけど無理。しかし何だ…このいかにも昭和なラベル、思わず残しておきたくなるね。(とか言ってるから「捨てられない奴」になるのだ! 捨てたぞ、もちろん)
ハハいわく『おばあちゃんが使ってた』だそーだけど、何に使ったんだろう。おせちとかに使ったのかしらん。あたしの記憶ではばっさまは台所仕事ってのをホントにやらない「お嬢」だったんだけど。

他にも何につかうのかよーわからん調味料(モドキ含む)があれこれ出てきた。コンスタンチンて何に使うの? こちらもカチコチに固まってたけど。シナモンスティックはぱきぱきに干からびてたし、蜂蜜スティックは真っ黒でこれまたガチガチだった。いつからそこにあるのか考えたくないモノばかり。
そーそ、「五香粉」てのがあって、「ウーシャンフェン」とカッコ書きしてあった。食用紅なんかと比べると比較的新しいラベルではあるけど、知らないなー、と思って原材料を見ると「フェンネル、シナモン、山椒、クローブ、ちんぴ」とある。ちんぴって何?! まぁ、シナモンや山椒の香りもするし、そーおかしな匂いではなかったのだけど、用途がわからんな。ただの香りづけかしらん。

そんなこんなで掃除機唸らせて、手の届く範囲で棚の壁も磨いてキレイにした。それから隣の収納の、使わなくなって久しい、シチュー鍋やら何やらをいくつか廃棄処分にする。使えないわけではないけどねぇ。いまは別のを使ってるし、かつてのよーな7人家族ではないのでね。ハハはちょっと名残惜しそうでもあったけど。でも思い出いっぱいすぎるってのもねぇ…ただでさえモノが(得体のしれないモノ含め)溢れてんのにさ。

ひと段落つけてから、ハハと正月飾りなぞを買いに出かける。今度は「2人正月」なので気楽なもんだ。今年は年末から年始にかけて1週間泊まってったからね。ワンコたちもいたし。身内とは言え、気疲れもするから、ハハもちょっとほっとしてた。寂しいかもしれないけど。
帰りにウチの前にあるゴミ収集のお知らせを見て、金曜がラスト収集かと思いきや、明日の火曜が最後だと知る。やばし! 自分の部屋の片づけをな~んもしてない…気づけばシゴトに行く時間だったので、もー諦めた。

明日は父の月命日でもあるので墓参りの予定だったのだけど、どうも雨みたいね…それも寒いと言うし、帰宅したらハハがあまり体調よくなさそーだったのでたぶん中止。そしたら部屋片付けるかな。やるこたーまだまだいっぱいあるのだ。ちぎり屋の仕事始めはどうやら2月の雑貨市だけど、注文品をさっさと済ませてしまいたいし。問題は3月のトチョー作品だよなぁ~。すでに頭が痛い…。






(=_=)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-27 00:50 | そんな1日 | Comments(0)
朝はえらい寒かったけど、日中はいい天気になったので掃除日和ってヤツだなーと思いつつ、まずは賀状書き。せっせと筆を走らせた。
ハハは賀状のほとんどを連名にしていたので、来年からどうすべきかと悩んでたけど、結局だいぶ減らしたみたいだ。父の友人、なので知り合い、てのが多かったからね。あたしはあたしで、これを機会に(?)、減らしたいなーと思って、だいぶ削らせてもらった。(いただいて、こちらが出してない方だったらちゃんと出しますので) 50枚前後くらいかなぁ。それでも終わったのは3時過ぎだった。

ハハの分も含めて、お散歩兼ねて投函に出かけた。いつも初詣に参る神社が確か大晦日に「大根汁」なるものを配ってて、今年はそこへ行ってみようかと思う。思うのだけど、ホントにやってるのかどーかがわからない。その確認のためでもあったのに誰もいなくて、張り紙には「大祓式 三十日」とだけあった…大祓式って何だ。大根汁は大晦日でいいのか? う~ん。この「大根汁」、正月一日に初詣に行くと「大晦日の大根汁終了しました」の張り紙が残ってたりして、ずっと前から気になってたのだよねぇ。記憶(ホントに「大晦日」とあったかどーか)も曖昧だしさ。
今年の年末や年始はオトート1号、2号家族とも諸事情により来ないので、ハハと2人ののんびり正月になる。ハハにこの大根汁の話をしたらば興味津々で『行こう!』てことになったんだけどね…ま、やってなくてもいっか。
『で、それって「初詣」になるの?』
……どーなんだろう? わかんないや。違うなら違うで、また出直して行けばいいだけの話だけどさ。この神社のHPとかってあるのかなぁ。神主、あたしの中学ンときの同級生なんだけど。いまどきの神社ならHPで告知くらいしてるかな。FBとかやってても全然おかしくないのだし。

帰宅したら睡魔に襲われて、ハハが有馬記念(今年最後の競馬)にエキサイトして声張り上げてる横で寝てしまった。炬燵ってどーしてこうぬくぬくとキモチいいのかねぇ。賀状を書き終えたとこですっかり安心してしまった、てのもあるな。そりゃやらなきゃなことはまだあれこれいっぱいあるのだけどね。部屋だってごちゃごちゃしたまんまだし。でも今年はゴミ収集が割と遅くまであるからそこんとこはちょっと気楽かな。

そーいや今日はクリスマスなのに、それらしーことは何もしなかったなー。あ、でも昨日センセから「みんなに」てことでもらったケーキを持ち帰って、それは食べてなかったので食べたけど。昼食はこれまたいただいた、新鮮なたまごでTKG…ではなく、フツーに醤油かけて混ぜ混ぜして食べた。昨夜の残りのチキンもあったから、いちお「親子」だ。
たまごかけご飯をいつから「TKG」と呼ぶのか知らないけど、あたしは「かけるより飲む」派だ。飲むってのもまたちょっと違う気がするけど、たまごに醤油かけて混ぜて、ほかほかご飯を食べながら(おかずとして)スープみたいに飲む。最後のひと口はそのたまごの入った器にご飯を入れ、それだけ「TKG」。これは器に残るたまごがもったいない(?)から。

なぜTKGではいかんのか、と問われるとわかんないんだけど、単純に「かけるより別にして食べる方が好き」てだけの話だなぁ。ちなみにハハはごはんの上にたまごを落とし、醤油を差し、それから混ぜ混ぜして食べる。あ、あたし「たまご混ぜ」がキライなわけじゃないのよ? カオパット(タイの、炒飯に半熟卵を乗せた料理。もちろんこれを混ぜて食べる)とか大好きだし。あ~、でもこれは半熟だから、かなー。 生卵は醤油さして飲む、が一番好きみたいだ。







( ̄▽ ̄)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-26 01:39 | そんな1日 | Comments(0)
ハハには近場でクリスマスケーキを買ってくるよう頼み、あたしはチキン担当。の前に経堂で朝食用パンを買い、それから福引をするべく、「500円の買い物」を求めてばし彷徨う。(6枚で1回引けるのだけど、あと1枚だったのだ) 特に欲しいモノはないので本屋に入ったら、びっくりするよな長蛇の列で、早々にやめてしまい、キッチングッズを見る。そこにも目ぼしいモノはなかったのだけど、これならいいかなと思えたのが「粉ふりスプーン」。小麦粉とか片栗粉とかの粉をすくってフリフリする、細かい穴の空いたスプーンなんだけどね。赤しかない。しかも380円と、120円足りない…どーしたもんかなー、と売り場をウロウロし、スケ帳なんかに挟んでおくタイプの短いマスキングテープにした。ちょっとしたメモにもできるし、これだと付箋みたいにフワフワしないし。
そして福引会場へ。結果は白玉。ティッシュ1つ…うぅっ、「福引は雪丸」のジンクス破れたり。あたしが福引でティッシュだけなんて、初めてたー言わないけど、相当珍しい。あとでハハに『そう毎回はうまくいかないわよ』と言われたけど、そう言うハハの方ががっかりしてた。

帰宅するとハハは台所の流しを磨き、食器棚のガラス(全部で12枚はある…もっとか?)を洗っていた。明日、あたしがやるつもりでいたんだけどね。
あたしは賀状書きを始め、せっせと書くもいまだ終わらず…今夜これから、と思ってたけどもー無理だ。ちとくたびれすぎた…どーぶつ病院、えらい混みようだった上、行ったらセンセが必死にわんこの人工呼吸とマッサージをしてて、でもその努力の甲斐もなく3時間後、家族が見守る中静に息を引き取った。一昨日来て、急性のナンタラカンタラだったのだけど、昨日輸血して一時帰宅し、とてもリラックスしたいい状態で休んでたと言うので、ちょっと安心もしてたのだけど。でも家族みんなに看取られて良かったと思う。センセは本当に大変だったけど。この2日間、3時間しか寝てないとゆーし、『お昼たべてない、朝も食べてない』って、本当に大丈夫なんだろーかと思ってしまう。
せめてもの慰みに(?)、帰り際に先生にささやかなクリスマスプレゼントを手渡した。しおり付きのカードと、センセの好きなヌーピーのシールタイプの貼って剥がせるカレンダー。使ってもらえるといいなぁ。

d0078532_165268.jpg出かける前、ハハと『今夜は(あたしが不在なので)食べられないからいま食べよう』てことで、クリスマスケーキを食べた。写真は我が家の洋間。昔買った、100均の白いツリーなんだけど、だいぶ褪せて(?)きたので、そろそろ替え時かなぁ。電飾も点けたのだけど、わかんないね、これは。写真撮るなら、飾るときも少しキレイにやればよかったわぁ。隣のシクラメンは先日買ったモノ。ピンクがキレイでしょ?
東松原にあるケーキ屋さんのケーキはひさしぶり。美味しいんだよ、ここ。単品でもあるかなー、と言ってたのだけどちゃんとあったみたいだ。何か「ぼっちクリスマス」をやる人が増えてるとか何とか言われてるけど、ホールではなくカットケーキを買う人は増えてるのだろうな。つかたぶん、ホールを買う人が減ってる。みんなでワイワイ、が少なくなったのだろう。暖冬のせいもあるけど、街中でテーブル出して箱を山積みにして、て光景も見ないし。
ハロウィンが盛んになったせいかどーか知らないけど、クリスマス需要は落ち込んでるらしい。とは言え、クリスマスはクリスマス。みなさん、いい1日でありますように!








(*´▽`*)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-25 01:06 | そんな1日 | Comments(0)
書いてる途中で突然消えた…何でだ?! 何か萎えるわぁ。
今日が祝日であることを忘れる1日であった…わんこにゃんこの世話してるうちに来院あり。が続いて検査も続いて、何だかなぁ~だった。ホントは「お休み」なんだよ、どーぶつ病院は。来院される方にはありがたいことだと思うけど、全然まったくフツーの1日だった。

ハハは朝から友人と出かけてて、今日は1人でダイドコを掃除するか~と思ってたのだけど、あまりのぽかぽか陽気に予定変更。風呂掃除とした。(窓ガラスでもよかったんだけどね) 
カビ取りスプレーとトイレットペーパーを持ち込み、風呂桶からシャンプー入れ、洗面所のゴミ箱までキレイに磨いたあと、床と壁をシュッシュカ。だけでは流れてしまってうまくいかないので、これにトイレットペーパーを敷く、もしくは貼りつける。しばらくしたら洗い流す。まぁ、完璧にたー言えないけど、それでもだいぶぴかぴかになった。となると、残ってしまった部分が気になるんだけどねぇ。

帰宅したのは12時前くらいだったので、昼ごはんどーしよーかなー、掃除してからでいっかー、と思って始めたのだけど、終わったのは2時過ぎ…どーりでハラヘリになるわけだ。
惣菜が何もなかったので、チャーハンでも作るかと思って冷蔵庫開けたら、肉まんあんまんの賞味期限がとっくに切れてるのを発見してしまった。ので、昼ご飯は肉まんとあんまん。1週間かそこら期限切れてたところであたしゃ気にしないのだ。これでハラ壊したこともないし。
そーそ、テーブルの上にある菓子や果物をよけてたら何と! ハハの好物の干し芋(未開封)の袋が破かれて中身がちょい齧られてるのも発見してしまった! うぅ~、また出たかぁ、ネズ公め! 昨夜の暴風雨で逃げ込んできたと思われる。しばらくいなかったのにねぇ。しかし食べごろのラ・フランスや柿は齧られた形跡はなく、わざわざ固いビニール齧ってた、てのはどういう意味だろう? 干し芋の方がイイのかなぁ。

掃除ですっかりくたびれてしまって、夕飯の買い物に行ったあとはしばらくごろごろしてた。本日の夕飯は白菜とチーズのオムレツ。上手くひっくり返せなかったことを除けば、なかなかのデキであった。卵4個も使ったけど、ハハとぺろりと平らげたし。最初はチーズなしでもと思ったけど、やっぱ買ってきておいてよかった、かけちー。

夜は賀状書き…なんだけど、明日が資源ごみ最終日であることに気づいて(たぶん)、ダン箱潰しとか紙の始末とか(今年分の手紙整理。私信は残すけど、DMなんかは切手切り取って住所消して紙ごみにする)、あれこれしてるうちに時間が経ってしまった。賀状は明日に持ち越しだぁ。
そーいや郵送費、ハガキだけ値上がりするってね。来年6月から1枚62円だって。封書は据え置きだけど、定形外も値上がり。う~ん…まぁごにょごにょ言っててもしょーがないけど、やれやれと思ってしまった。いま使ってる昔切手には62円も結構あって(封書が62円だったときのだ)、びしばし使ってたけど、あとは残しておくかな。

ウチの中はちょっとづつキレイになってるけど、あたしの部屋はどっこも整理されてなくてひどいもんだ…いつもどうしてたっけ? とりあえず賀状が先、だよなー。






(;・∀・) 
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-24 02:14 | そんな1日 | Comments(0)
昨夜の「シン・ゴジラ」の感想で、なーんか足りない気がしてたので、まずはそのことを書きましょかね。
特撮とかすっごいよく出来てて、一瞬のうちに崩壊するビルや住宅から、木っ端のように飛ぶバス、トラック、電車、火花散らして倒れる鉄塔までもがCGなのかそーでないのかわからないほどだったのだけど、逃げ惑う大勢の人たちは描かれていても、そこに「本来あるべきもの」がなかったのだとふと思ったんよ。未知の巨大生物を目の当たりにして生じる混乱、怒号、悲鳴、絶叫…「阿鼻叫喚のるつぼ」となるその現場での惨状がいまひとつ伝わってこないのは、どういうわけでだろう。
みんなが逃げてる。大渋滞を引き起こしてる車を乗り捨て、着の身着のままの状態で逃げてる。でも泣き叫んでる子供はいないし、群衆に弾き飛ばされて転んでる人もいない。だから臨場感がいまひとつ伝わってこない…のかなぁ? 敢えて伝えなかったのかもしれないけど。

さて、本日は早番。夕方から雨ってホント? て感じのいー天気だったのだけど、それゆえか(明日は祝日休みのせいか)、なかなか混んでてちょっとてんてこ舞った。うわっ、センセまずい! てのもあったり。いや、全然まずくはないのだけど、『なぜ昨日連れて来ない?! この状態はもう致命的ではないか!』てにゃんこが来たのだけど、連れて来たご主人がぜーんぜんわかってなくてさ。まだ2歳のにゃんこなのに、『はぁ、そうですか。でも薬とかで何とかなるんですよね?』って、それよりいまこの状態を脱っすることが出来るかどうかの瀬戸際の話なんだよ! みたいな。別におろおろしろとは言わないけどさ、センセがむっとしてくるのがわかって(つかあたしらもだけど)、イヤな気分だった。初めて飼うわけではないみたいなのにな。どんな状態が悪いのかとか、わかんない人はわかんないのか。

そんなこんなであっちゅー間に午前中が終わり、気づいたら外は雨。いつから?! て感じだった。それも結構な降りで、当然カサなんて持ってなくて、ホントはその足で経堂まで出るつもりしてたのだけど中止。半ずぶ濡れ状態で帰宅したら、ちょっと前に帰宅したハハが慌てて洗濯物を取り込んでた。

この雨じゃあ行くのは中止だなー、賀状作りに専念するかー、と思ってたらいきなり陽がさしてきて、ハハは仏壇周りの掃除を始めた。ので、あたしは当初の予定どーり出かけることにした。と、ハハに呼ばれた。仏壇の引き出しの中から出てきたのは、何と大量の御守と(ばっさまが作った古布の巾着入り)、経典やら何やらの束。蓮如上人著の「御文章」て和綴じの分厚い本もあって、奥付けを見たらば明治17年…マジか?! 古書だね、古書。どこぞの査定にでも出してみるかな。

友人から借りてた本と貸す本を詰めたダン箱、重さが1.8キロだったので、460円分の切手を貼って持参したら、610円です、と言われてしまった…2072gです、とかゆーので中の梱包材を抜いたらOKかと思いきや、それでも2042g…くぅ~! 悔しい~! 切手なんてまだまだウチにあるのにぃ~! と思いながら現金で150円支払った。
ハハに頼まれた本を買い、自分のスケ帳を買い、それらで5枚の福引券をもらう。あと1枚で福引が出来る…て、どーしたものかね。ビミョーだなぁ。

今日はついてないかも…と思ってたせいか、豪徳寺での福引は100円券が2枚と500円が1枚。去年は3000円とかになったのに残念。しかも年内に使わなくてはならんのだ。やれやれ。
帰宅してから賀状作りに入ったのだけど、どーっしても自分の「ちぎり絵」の印刷が出来ない…出来ないわけではなくて、「等倍」にならないという不思議。一昨年はどーやって作ったんだったっけか。何いじってもダメで、印刷されるのは切手くらいのサイズになる。あったまきて、コピーにした。まぁ、悪くない形になった。けど、不満。

今日の都心の気温は19℃だったそーで、どーりでナマあったかだった。糸魚川の方では大変なことになってんね。ニュースで避難したおじいさんが『ご自宅は無事ですか』て質問に『いままさに燃えてる』…絶句。淡々とされてるだけに言葉もない。住宅密集地での延焼って怖いね。こゆ場合の保険とかってどーなるんだろ。
いま、外は暴風雨。らしくない、イヤな天気が続くなぁ。







(=_=)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-23 00:24 | そんな1日 | Comments(0)
「ゴジラ」シリーズなるものが一体これまでに(海外作品も含め)何本撮られたのか知らないが、あたしは1本も観たことがない。そりゃ、テレビや映画予告なんかではちらちらと観てるし、その生い立ち(?)もまったく知らないわけでもない。とは言え、作品として観たことはないので、それぞれがどういう結末を迎えてるのかも知らないわけだ。
この夏、『君の名は。』同様、かなりの話題になってたときも、多少興味はあっても行こう、て気にはならなかったのだけど、近所の映画館で上映されるとハハが『ちょっと行きたい』とか言いだし、まぁそれなら付き合うよ、てことで観た。

突如、何の前触れもなく現れた「未確認生物」に対してのオエライさんたちの右往左往ぶりってのも話題のひとつだったけど、確かにこーなるだろーなー、ではある。至極真っ当なこと言ってる割には想定外を理由に責任回避しまくってるようにしか見えないあたり、先の震災やらこれから起こりうる可能性のあるテロなんかでも、実際「こんな感じ」かもと思わせる。そこんとこが「リアル」だぁね。

特撮大好きな監督だから、そこら中にこれまでの特撮技術をリスペクトした描写があり、数年前、彼の大規模な展覧会に行ったときのこと思い出した。(タイトルを忘れてしまった…このブログの「行った観た読んだ」項目の中にあるはずだけど) 
彼が愛してやまないのは、実は特撮ではなく、いわゆるオタクと呼ばれる人たちなんではないかと思う。実際のところ、混乱したまま一向に収拾のつかない官邸とは別に動き出した、「出世に無縁の者、組織の鼻つまみ、学会の異端者、偏執狂、オタク」たちによるチームの方が柔軟に対処し、冷静に分析し、連携を取って最も効果的な最適解を導き出す。だから彼らが主軸になるべき、ではなく、「それらを吸い上げることのできる人間」が必要なのだ。「前例がない」を言い訳にする(が言い訳になる)組織の人間には縦割りを改めることが出来ない。みんなそう思ってるはずなのに、なーんで出来ないかねぇ。てことも言いたいに違いない。

中盤に差し掛かって、やっと自衛隊のお出ましとなるのだけど、彼らの攻撃を見てて思った。

  天敵のいないゴジラにとってあの強度な外殻は必要なのか?

これまで外部から攻撃されることは皆無であったと思われるゴジラに、どういう理由で進化する必要があるのかとか(第4形態まで進化するのだ)、そこんとこをちょっとマニアな人に訊いてみたい気がした。
官邸の無能ぶりや各国(主にアメリカ)の思惑から、ただ歩いてるだけのゴジラの残す甚大すぎる被害とかその様子とか、なるほどよく出来てて、そこんとこはすごくリアルに感じられた。(どーでもいい話だけど、最後に登場する「特殊建機」は実在するんだろか…凄すぎるんだけど) ゴジラの出現を示唆していた博士の行方とか、気になることもあちこち点在するんだけどね。娯楽なんで単純に楽しめたっす。

午前中は台所の大掃除。ハハは床、あたしはガス台と壁。まだやっと半分、てところ。流しも磨いてないしね。ホントはやるつもりでいたのだけど、映画の時間となってしまったので。
映画のあと、父のカメラ2台を査定に出した。1つ100円だった…そんなもんだと思ってたけどね、それでもちょっとショックだわね。じっさまのタイピンに純金のモノがあったので、そこそこいい値段にはなったけども。

夜は賀状作り…気ぃ狂いそーになった。何でうまくいかん! てところで。そんな話はまた後日。








( ̄▽ ̄)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-22 00:13 | 行った観た読んだ | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156