<   2017年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

やー、よく寝たー。起きたら昼近かったけど、寝たのが4時過ぎだったから7時間くらいか。でも「ぐっすりすっきり」な気分だった。冬物をちょっと洗い、この冬着なかったモノは陰干ししたりし、何枚かは手放すことにする。古着回収にするか、福祉センターのバザー用に寄付するか…てな算段は明日することにしよう。

4時くらい? にふと顔をあげたら晴れてるのにえらい激しく雨が降っててびっくり。階下にいるハハに『雨だよ~!』と声かけてから、干してた炬燵掛け布団とかストールとか何とかをバタバタと取り込んでたらやんでしまった。音たててるほど激しい雨なのにお日さまぴかぴかしてたからね、じきやむのだろーなとは思ってたけど。
そんでハハはとゆーと、気づかなかったらしく(タブレットで絶賛応援中であったのだ、J2のヴぇるでー戦を)、まいっかと思って取り込んだ洗濯物を片付けてたんだけど、そーだ、こんなにぴかびかした空ならぜったいアレが出る! と思って再びベランダに立った。思ったとーり、出てたよ、虹が。でかいけどえらい薄くて、写メは諦めた。儚げなのも悪くないけど、「虹を見た!」て気分にはなれんねぇ。

いちおハハに『虹が出てるよ』と声かけたのだけど、ハハが来たのはちょっと経ってから。『いますごくイイとこだったのよぅ』と言いつつベランダに出てきて、『へぇ~、どこかで雨でも降ったのかしらね』って、どこかじゃないよ、いまここでだよ、あんなに音たてて降ってたのに気づかなかったんかい?! 濡れてるベランダや路上を見てやっと納得して、『だって歓声がすごくて…』。はいはい、そーね、『そこだーっ、行けーっ!』とか、2階までよく聞こえてたもんね、かーさんの声が。

珈琲でひと息入れてからシゴトへ行き、行ってから今日がただの土曜ではなく、祝日であることに気づいた。ロールスクリーンが降りてるのを見るまで、ぜーんぜん気づいてなかった。入るとトリマーさんが言った。
『今日は祝日だからお休みなのに、フツーの土曜日だと思って来院する人が多くて…』
かくゆーあたしもです、てへへ。と苦笑しつつ、積みあがってるカルテの山見て『ご苦労さまでした』と言った先から『すみませーん』とまた来院。
『あ、今日は祝日だからお休みなんですね、すみません…診てもらえますか?』
連れて来てしまったのを断るわけにもいかないから、センセは『いいですよー』と診てたけど、朝からこの調子でみなさん来てたわけね、ホントご苦労さまです。
結局、7時の閉院までにさらに2名ほどの来院があって、どんだけ確信犯がいるのか知らないけど、世の中「G.Wっぽくない」ってことなんかな、と思ってしまった。

5月の3、4、5日は短縮診療と称していちお開院するのだけど、勤務する方はみんな通常どーり。入院わんこにゃんこがいるからね。それとは別に「お預かり(お泊り)」もあるのだけど、以前に比べたら少ない気はする。ゲージも満室ではないし。
そゆわけで、フツーの土曜日のように診察してたけど、世話も掃除もラクに済み、いつもより早めの帰宅となった。(それはそれで困るんだけどさ)
そー言えば、間違えて来院した人に対して、料金を「休日診療代」として請求してるのかどーか聞きそびれたな。断ってる様子はなかったから、通常料金かな。







(゜-゜)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-30 00:42 | そんな1日 | Comments(0)
ちょっと前に帰宅した。しっかりゴゼンサマ、てやつだ。今日は高校のプチ同窓会だったのだけど、何せ集まったのが8時からだからね。そりゃ帰宅が1時近くにもなるやね。
午前中はシゴトで、それからにゃんこ飯を買いに行き、馴染みのパン屋に行ったらかつてない行列に唖然…日曜にテレビで紹介されたのだそーで、それが今日まで続いてる、てのも喜ばしい話だぁね。レーズンパンは売り切れで、ノーマルな食パン3斤を買って帰宅した。

ひと休みして、ちょっと早めにウチを出る。何を着て行ったらいーのかホントに悩んだ。日中はぽかぽかとあったかい、つか暑いくらいの陽気でも、夜になると冷えるじゃん。たまにはスカートも履きたいし。
集合は新宿なので、セカイドへ。荷物になるけど、不足してた諸々を買い、7時半に新宿東口改札へ。8時に予約してあるとか言うのに7時半でいいのか? と思ったけど、遅れた人もいたので8時でちょーどだった。

ジョシ3人、ダンシ4人の計7人。うち、ダンシ3人は「ちょんがー(独身)」で、バツイチ1人、バツゼロ(て言い方は妙だと思うぞ)が2人。『1人の方が心地いい』てのはまぁわかる。そんでもあたしゃ「してみたい」と思うけどねぇ。やったことないから。(もちろん、愛がなきゃヤだけどさ)
そんな話はともかく、彼らと会うのは4年ぶり。昔話に花が咲きまくり、話すことで思い出されることも多々あっておかしかった。下世話な話も含めて、何かずっと笑ってた気がする。『そんな奴いたっけ』て人も(申し訳ないけど)いて、でも話してるうちに何となく思い出してきたりもしてね。
今回のメンバーは高校1年のクラスのときの子たちで、特に親しかったわけでもなかったりもするのだけど、話してるとそんなことも忘れる。ただ共通の思い出や、「あんなことがあった」から「あのときこんなことがあって」とかって話で4時間超か。すごいな。みんなリッパなオトナになってたけど、「中身」って驚くほど変わってないのね。しゃべり方もそう。あ~、このしゃべり方、なつかしぃ~、とそれだけで嬉しくなってしまったり。

とりあえず今回は都合がつく人だけで、てことでこの人数になったのだけど、次回はもう少し増えるのかな。誰だったら連絡取れるとか、互いに何人か声はかけられるみたいだから。
あたしのDMデザインなんかもやってくれてるMKも今日のメンバーに入ってて、彼女とは年に一度の劇部忘年会で会ってるから全然「ひさしぶり」ではないのだけどね。このメンバーで会う、てのが新鮮でよかったわ。このトシの連中が集まると、介護や自身の健康の話とかばかりになるんだよな~、なんて話もちらりと出て、それはそれでわかるんだけどね、暗い話題に陥ることもなく、楽しかった。

卒業して30年以上経ってるわけだけど、みんな健在で、こうして集まれて笑いあえて何より。そーそ、まぁある程度予測してたことではあるのだけど、スモーカーが皆無なのでカムアウトできず(『灰皿はご利用ですか~?』『いや、いいです』とダンシに速攻で言われてしまったのでタイミング逃した)、あたし1人がノンアル派だったので帰るころには1本吸いたくてたまんなかった…非喫煙者の中で吸う煙草が「いかにまずいか」もよく知ってるので、カムアウトするつもりもなかったけどさ。
つーことで、いまはキー打ちながらぷかりぷかり。そー言えばいまの新入社員って受話器を取ったことがないんだってよ、ガキんときから携帯持ってるから、て話をしたら『キーも打てないらしい、スマホ世代で』と言ってた。なるほどそーなるのかー。世代ギャップも激しくなってくなー。ちなみにガラケーはあたし含めて3人いて、それを笑ってた連中も「フルフル」が出来ず、MKが呆れて指導してたっけ。最後まで笑えたわ。








( ´ー`)y-~~

[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-29 01:50 | そんな1日 | Comments(0)
午前中のシゴトがひと段落して帰宅したらば、出かけるカッコしたハハが玄関にいた。とっくに出かけてたと思ってたので驚くと、連絡待ちなのだと言う。『それより』と切り出した。
『いま、とても不快なやり取りがあって参ってる、もうホントに参った…』
何があったのか尋ねると、ドアフォンの仲介をしてくれたN氏に頼んで木戸の修理を頼んで業者が来て採寸をしていた。彼は車で来ていて、隣の家の脇から少し離れたところに数分程度駐車していたそうなのだけど、それに対してお隣が烈火のごとく怒り(当然の配慮だけど、隣家に迷惑のかからないところへの駐車で公道である)、最初は謝っていた業者も「お前」呼ばわりされたことでキレ、ハハのなだめるのも聞かず、警察を呼ぶの呼ばないのの騒ぎになり、挙句に隣家の息子氏も登場、収めてくれるのかと思いきや父親に同調してさらに事態が悪化。ハハが何とか収めて業者を帰したのだそうだ。

隣家の御年88の主人がキレやすく、しょっちゅうヘルパーと諍い起こしてるのは知ってたけど、息子も同じ手合いだったとは…てことにまずがっかりした。金持ちで「上」に立ってた人ってそーなのかねぇ。「下」を作ることでしか自分の「上位」を示せないと言うか、「金を支払う方がエライ」と思ってると言うか、そういう人種こそあたしが最も軽蔑する手合いなんだけど(お金を払うのは「自分が出来ないから」であって、その時点で対等であるとあたしは思ってる)、話を聞いてて何か情けなくなってきた。

日本には「お互い様」という言葉がある。ちょっと迷惑かけてしまうが申し訳ない、それはお互い様、という気遣い、思いやりだけど、こっちが「お互い様だから」と多少の不便に目をつぶってあげても、あっちはそのこと忘れて、怒鳴り込んでくる。(もう一方の隣家も同様だから呆れると言うか、やってられない) ハハが平身低頭で謝っても『いや、あなたは悪くない』って、それではラチはあかんではないか。では怒鳴りつける業者に何を期待してるとゆーのだ。大体、玄関も何も邪魔してないし、騒音もないし、ほんの数分のことなのに、いったい何にカリカリしてるのだ。
『駐車したのは申し訳なかったが、「お前」呼ばわりされる謂われはない、訂正していただきたい』
という業者(50代男性)も、気持ちはわかるんだけど、そこをぐっと抑えて引いてくれないと「どうにもならない」ことがわからんのか。おそらくこういうトラブルは何度も経験しているだろうに。

ハハの憂鬱が伝播して、あたしまで不愉快で嫌な気分になってしまった。これから先が思いやられるわ。隣家の奥さまは長いこと寝たきりでずっと病院なんだけど、ハハいわく『奥さんもああいう気質があった』と言うから、息子が似るのも当然なのか。木戸をちょっと直してもらうだけなのに、何だかややこしい話になってしまいそうで滅入る。これがハハでなくあたしだったら、どう対処してたかなぁ。上手く収めることが出来ず「警察沙汰」になってしまってたかしらん。こんなくだんないことでお巡りさんを煩わせるのもどうかと思うねぇ。もっとも、隣家の主人に言わせたら『公僕なんだから当然』なんだろうけど。こういう人って、もう誰が何言っても改まることはないんだろうなぁ。

ハハの帰宅は遅いと思ってたので、郵便局へ支払いなんかの用事を済ませたあと、夕飯の仕度をしてたら帰ってきた。頂き物のお土産は「うに醤油」だった。何て高そうな小瓶だ! しかも「卵かけごはん」にぴったり! ほかほかの炊き立てごはんに卵とこのうに醤油、て夕飯もなかなか魅力的だったのだけど、とりあえず今夜は半端に残ってる野菜をみんなぶち込んでのオイスターソース炒め。それと芽が出てしまってるじゃがいもでしらすチーズ。(マッシュしたじゃがいもにしらすとマヨネーズ、チーズをかけてトースターで焼くんだけど、この仕度中にテーブルからグラタン皿が落下、粉砕…とほほ。まさかこんなヘタレをやっちまうなんてなー。安物だけど使い勝手のいい皿だったのに、何かツイてない気分だ。







(=_=)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-28 00:17 | 我思う | Comments(0)
ここ数日、ハナがちょっとグズつくとゆーか、ムズいなとは思ってたんだけど、まさか! な有り様となった…しかも外出先で。

ハハに『世田谷アートフリマが終わったら吉祥寺へ行こう』と言ってたのだけど(何でジョージかとゆーと、回数券が5枚も残ってたからだ)、そのときはまだそれほどでもなかった。ハハのお気に入りの店を覗いたり、雨傘探したり、シャツ見たり靴下見たり。それからランチ。以前入った韓国料理のはずが、その手前の中華になってしまったのはよいとして、お味の方はいまひとつ…? な感じだったのが残念。不味かったわけではないのだけど。

で、その後も店をいくつか冷やかしたりしてたわけだけど、だんだん鼻がグズグズになってきて、喫茶店で落ち着いたと同時にくしゃみ3連発…何これ、風邪ひーたの、あたし? と思いつつ鼻かんで、フルーツティー(美味しかった! 果物いっぱい入ってて!)を飲み終えたころには、鼻かんだティッシュが山になってた…そして涙目…

  これって「花粉症」の症状まんまじゃん!

うぅ~、まさかこんなときにぃ~! つか、いまって「時期」だっけ? 何かみんなが騒いでたころとズレてるような…いやでも、かつてはこの花粉症症状に悩まされた身としては覚えのある感覚で、鼻だけでなく目もしょぼしょぼってのはまさしくそれ、なんだよねぇ。(ちなみになぜ最近はこの症状が出てなかったのかは謎。解明されれば、世の花粉症の方々にも光明が差すはずだけど)
喫茶店を出たころには、もー早く帰りたい、帰ってちょっと寝たい、て気分で、朝食パンを買ってそそくさと帰宅、となった。ハハにはちょっと悪いことした。でもま、イイ感じのシャツが買えたみたいだし、折り畳み傘も安くてちょっと素敵な柄のが買えてたし、よかったかな。

帰宅したのは5時過ぎくらいで、今夜の夕飯はカニカマときのこのアヒージョ。ってのが美味い、とどこぞで紹介されてたので、先日買った「アヒージョの素」を使って作ってみた。カニカマって発明された日本より海外の方が人気だそーだけど(寿司ネタとしてベスト5くらいには入るらしい)、改めて食べてみても「別に…」て感じだった。悪くはないけどさ。きのこたっぷり入れたしね。
カニカマって、偶然の産物で、「人工くらげの失敗作」なんだって、知ってました? あたしゃ知らなかったっすよ。これが人工くらげかぁ~、と思うとまたちょっと…いや、発明されてからこっち、進化進歩してるんだとは思うけど。(そもそも何で人工くらげを作ることになったんだろ?)

夕飯後はハハと録画したまんまほったらかしのドラマ『カルテット』とか観て。
そーそ、ハハやオトートたちと共にハマってるゲームの「ぽこぽこ」で、ついに! オトート2号を抜いたのだ! ぱちぱち~! 2号は姪のHRと一緒だから、このチームをあたしとハハのチームが抜いたってわけ。まさか追いつくなんてねぇ~、思ってもいなかったよ、始めたときは。首位独走中のオトート1号には年内に追いつけるとも思えないけど。

にしてもまーだ鼻がムズムズするぅ~。はぁ~、嫌だなぁ、この感じ…明日は早番だけど、鼻かみながらシゴトするのも嫌だなぁ。薬も嫌だなぁ。ホントに花粉なんだろか…。








(@_@)


[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-27 00:11 | そんな1日 | Comments(0)
昨日はおそーじだったので、今日はおせんたく。のつもりだったけど、ふかふか毛布を洗ったあとが続かず(つまり、その後セーターとか何とかも洗うつもりだったのにそれをせず)、ぽかぽか陽気に誘われて散歩に出てしまったり、帰宅してゴロゴロまったり過ごしてしまった。
そーそ、外に誰もいないのに不意に鳴るドアフォンを新調することになって、業者サンが来てくれた。若くて低姿勢の、あたし好みのガテン系あんちゃんたちであった。モニターがカラーになったり、録画機能が付いてたりでちょっとびっくり。『いまはみんなそうです』だって。留守のときに誰が来て何と言ってったかわかる、てことらしい。単に防犯上のためだけではないのだな。

ちょっと前、友人と流通業界の過酷さについて話してたとき、『時間指定しておきながら再配達っておかしいよね、そゆのにはお金取ればいいんだ』なんてことを言い合ってたのだけど、先日のネット記事で「居留守を使ってまで再配達してもらう」人が少なからずいることを知った。高齢者とか単身女性とか、「宅配を装った強盗」を警戒して、悪いなと思いつつも「出ない」のだそうだ。で、不在票を確認してから(つまりホントに宅配だったのだと確認してから)改めて配達してもらうのだという。
う~ん…まぁ、わからなくもないのだけど、配達する方の身にとっては大変なだけで、とんだとばっちりだよねぇ。てな話をハハにしたら、『へー』と言いつつ、すっぱりきっぱりひと言。
『だって「そのときはそのとき」じゃない』
確かにね。みんながみんな、疑心暗鬼、警戒心ギチギチで生活してたら、息苦しいことこの上ないし、さらにストレス溜まりそうだ。防犯の理由からか表札のないウチも増えたけど(先日ウチの前に越してきた人も表札ないし、挨拶もないので名前も顔もわからない)、何かあって警察に訊かれても何も応えられないよなー。最低限の警戒心てのは必要だと思うけど、それで人に負担かけたり、人を不快にさせるのはナシだよね。

夕方からシゴト。洗濯機直ってた! 助かった、もうこれで洗濯物抱えて3階まで往復しないで済むのだ! しかーし! 掃除機は直ってなかった…うぅっ、申し訳ない…中の水が渇けばOKかと思ったけど、スイッチが「入ったまま」でコンセント抜くしかない、てのはなぁ。それもさ、強弱も効かないので、でかい音が唸りっ放しの状態になってしまうのだ。
シゴトを終えて、センセに『何かありますかぁ~?』と尋ねたらば、薬品や備品を入れてる引き出しの取っ手がガタガタするのでちょっと見て欲しい、と言われた。お安い御用なので、ドライバーで引き出し全部の裏側のネジの緩みを直した。
『こういうこと、誰もやってくれないのよねぇ』
『え、そーなんですか?』
『出来ないというか、やれない、と思ってしまうみたいで、頼むと嫌がるのよ』
『う~ん…ハードル高いンですかねぇ。どーってことないのに』
昨今では「受話器を取ったことない」て新社会人もいるそーだから、ドライバー使えないくらいそー珍しいことでもないのかもしれないけど、何だかねぇ…生活能力全般が低下してきてるってことなのかね。







(゜-゜)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-26 01:29 | そんな1日 | Comments(0)
よく寝た~! と言いたいとこだけど、寝たのが4時半で起きたのが10時だから、そーでもないか。(4時過ぎまで何してたかってーと「くらいしす」と「ボクアカ」を観てた) 起きてまず思ったのが、あぁ~、制作終わっちゃったなー、てのと、片付けなきゃー、てこと。とりあえず本日も晴天で何より。

昨日の搬出ではバタバタと突っ込んで帰宅したので、中身を全部だしてまとめ直し。什器にしろ作品にしろ、戻すところはあるのだけど、戻すだけじゃなくてきちんと整理しなきゃだよな~、と思いつも「戻した」だけ。
あるべきところへまとめながら、昨日の「ひとり反省会」をした。まずまずの人出ではあったけど、カード類はほぼ全滅に近い(売れてない)状況で、その他の雑貨もそれぞれ2、3点づつ…豆本も然り。それ積み上げての1まんえんだけど、どーもね、「惹き」がないよーな弱さを感じるんよ。でもどのあたりがよろしくないのか、よくわからない。もっとも、周辺はアクセや布小物がやたらと多くて、どこの人もさほど売れてるようには思えなかったのだけど、それならそれで「惹き」はあるはずなんだけどなー。

なんてことをつらつら考えつつ、部屋全体も片付けて、やーっと掃除機を入れることが出来た。あっちもこっちもホコリっぽくて、ようやくすっきり出来たころは昼になってた。
今日の昼食はハハと外食。すぐ近くに出来て、あたしは3度めになる店のパスタを食べにね。ランチパスタは3種だけど、ピザやトーストもあったし、ワッフル(は前回食べた)もあるから、パスタ屋、てわけでもないんだけど。
ハハは茄子とソーセージ、あたしはきのこのクリームパスタ。ちょっと薄味だったけど美味しかった。
で、すぐ近所にある、藤棚のキレイなおうちを見に連れてって、それからまだ建設中だけどやたらモダンな造りのビル(1階と半地下が鉄筋、2、3階が黒い木と白木を組み合わせた木造なのだ)を見せ、区内産の八百屋で買い物したあとにスーパーへ行った。ごくごく近所の「お散歩」みたいなもんだけど、それはそれでまぁ楽しかった。

帰宅後は部屋でちょっとくつろいで(封印してたマンガを読んだり珈琲飲んだり)、それからどーぶつ病院。洗濯機は土曜にイカレてしまったのだけど、そのままだった…つまり洗濯のために3階のセンセのウチまで行かねばならんのだ。明日、修理が来るというので洗濯機やその周辺の掃除をしてたら、あろーことかとんでもないことをやらかしてしまった! 掃除機を壊した(?)のだ!
いやさ、洗濯機の水槽脇の汚れを取ってたら、底のとこにホコリが落ちてね。そいつを掃除機で吸い上げたら、水まで吸い上げたみたいで、気づいたときは掃除機のお尻から汚れた水が…慌てて中を掃除して、タオルで水気を切ったのだけど、スイッチを入れてないのに唸り出し、プチパニクってコンセント引き抜いた。また中を掃除してみたのだけど、やはりコンセントを入れただけでがーがーとでかい音たてて作動してしまう…どうしよう? センセに怒られるぅ~! と思いながらも、報告しないわけにはいかないので報告。『中が渇いたら戻るかもしれないですが…』と伝えた。いちお、メモ書きもして掃除機に貼りつけておいたけど。(でも次に使うのもあたし、だな、たぶん) う~、明日、どうなってるかなぁ。スイッチがちゃんと効くといいのだけど。

洗濯の往復4回に加え、そんなこともあって、何だかどどーっと疲れた1日だった。昨日の疲れもちゃんと取れてないからだろね。自分が悪いんだけど。
あ~、明日は掃除機(と洗濯機)がちゃんと動いてくれますように!!!






(T_T)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-25 01:20 | そんな1日 | Comments(0)
d0078532_07026.jpg1日のみの世田谷アートフリマ、無事終了しましたー。ご来場のみなさま、ありがとうございました! 昨日の雨とは打って変わっての上天気。ま、屋内なのでカンケイないっちゃないですが、人の入りはね、違うしね。
にしてもくたびれたぁ~! こんなにご近所で、バリアフリーで行けて、しかもテーブルも椅子もあちらの設営だとゆーのに、このくたびれ具合…かつてはこの倍以上の荷物を持って、横浜だの川崎だの、あるいは千葉あたりまで出張ったとゆーのにね。若かったねぇ。

さて、写真は今回の出店のほんの一部。(ムックを連れて行ったってのに忘れちまったよ! ごめんよ、ムック!) 中央のガラスが初登場の箸置きで、脇にあるでかい方はペーパーウェイト。どーかなぁ~? と思って1つだけ作ったのだけど、遊びに来てくれた友人に言われてしまった。
『ペーパーウェイトって、実生活であまり使う機会はないよね…?』
ごもっとも…言われてみれば確かにそのとーりで、『かわいい』と手に取ってくれる人もいたけど、売れ残ってしまいました。箸置きは3つ売れてくれたけどね。

そーそ、写真には写ってないけど、くるみボタンぶろーちを気に入ってくれた3歳くらいの男の子が、魚の絵のをしっかり手にしたまま『にゃ』とか『にぃ』とかナントカ、さかんにママに訴えてて、猫はこっちだよ、と教えてあげたんだけど、違うらしい。で、気づいたママがひとこと。
『え、お兄ちゃん? いらないわよ』
えぇ~? そこは買ってあげよーよ~? と思ったんだけど、彼は素直に納得して魚ぶろーちを手にママと帰って行きました。てことで最初のお客さまは男の子だった。ありがとね、大事にしてね。

しっかし、11時にスタートして、2時までの売り上げが200円てのはさすがにちょいと凹んで、このままだったらどうしよう? あたし立ち直れないかも…と思い始めてたところで、初見の方が3つ4つ買ったり、続けて常連さんがいらしてくれたり、その後の2時間で5桁に乗ってくれた。ありがたくてココロで泣けた。去年の売り上げと比べると、ちょいと足りない、てとこだったのだけど。

100円くじはどういうわけかぜーんぜんダメで、過去最低を記録してしまった…あとで貯金箱開けたら、400円しか入ってなかった。昨年は「お楽しみブクロ」として、中身が見えないようになってたのだけど、それでも1400円だったからね。中身に魅力が足りな過ぎたか? と反省。あまりかさばるモノは持参できなかった、てのもあるけど、だけじゃないよなー、たぶん。もちょっと工夫がいるね。

開始早々、スタッフの人が記録用写真の許可を求めてきたので了承したら、男性だったのだけどしきりに褒めてくれて、『去年、撮りましたか?』と訊くから、忘れましたー、と言ったら『撮らなかったのかなぁ~』とぶつぶつ。で、顔出しOKか? というので了承したら(『キレイに若く撮ってくれるなら』と条件付ければよかった!)、あとで出店費払ったときにもらったチラシに「HPに載せるかもしれない」とあった…記録用ってそっちも含まれるのか…ま、いいや。顔出しNGにしたところで、どんだけイミあんのかわかんないしさ。

搬出したのは6時過ぎだったのだけど、あまりにも寒くてびっくりだった…あーんなに晴れて、キモチいい天気だったのに! 
そーそ、今日はあたし、フリマ出店初! の、ワンピ姿だったのよん。足元スカスカして失敗した~、と思ってたけど(しゃがむとき、裾を端折らないとなのでメンドだったし)、ジョシ力ちょっと上げたよーな気分でもあって悪くなかった。次はやんないと思うけどね。






(^^ゞ



[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-24 00:07 | そんな1日 | Comments(0)
朝5時半にぴんぽんが鳴って(とーぜんのよーにあたしはグースカしてて気づかなかった)、ハハは"また何もないのに鳴ってしまった…"と思いつつ起きて、結局そのまま起きてしまったようだ。ご苦労さまです。(ハハは二度寝というのができない人なのだ…)
なぜ何もないのに突然鳴るのかはわからないけど、一昨日、ウラの玄関の呼び鈴がおかしくなって見てもらったばかりなので、関連性は何もないものの(強いて挙げるなら「父が取り付けた」てことくらい)、もう一度、同じ人に来てもらうことになった。朝9時半には見てもらえて、それで直ったのかと思いきや、やっぱりダメ…で、「全取っ換え」てことになった。その金額、7万8千円! ひぃ~! ハハいわく『これから何に(お金が)かかることやら…』 築50年だからねぇ。どこにどんなガタがきてもおかしくはないのだけど、あちこち手入れはしてても「家」にかかる費用は半端ないよね…。

今回、都庁に出してた作品もいくつか持参しようと思って、その仕度やら何やらをしてたら時間はあっちゅー間に過ぎていき、これでOKなのかどーかわからないまま、どーぶつ病院の時間となってしまった。
出かけようとしたら小雨が降り始め、やれやれだけど明日は晴れみたいだし、これなら病院はヒマかな、早く上がれるかなー、と思ってた。甘かった。そゆ日こそ(早く上がりたいと思う日こそ)、帰れないようになってるのだ。
まず1人お休みだったことがわかり、次いで1人がわんこに噛まれて出血。噛まれたときの薬なんかは当然あるけど、顔だったので大事を取ってセンセが近場にある外科(何せ土曜の夕方だ)を探して連れて行った…てことはあたしとも1人のセンセの2人しかいない…でもってまだ閉院の時間ではなく、『よかった、こういう天気の日はすいてると思った!』とのたまう患者さんがわんこ2頭連れてきて、その後も…て具合で、がんばってテキパキしつつ、いつ帰れるのだろう…? と不安に思ってたら洗濯機が妙な音たてて止まってしまった…何てこった!

ウラミゴト並べたところでしょーがないので、とりあえず洗濯機は手動で何とかして、入院中のにゃんこたちの世話をして、退院した子のあとの掃除を含めてがーっと片付けてたら外科へ送ってったセンセが戻ってきた。どんな様子かは聞きそびれたけど、『腫れるししばらくは痛いと思うけど大丈夫だろう』てことだった。
噛んだわんこは以前あたしも保定したことがあったけど、怒ってるとかじゃなくて、ただ単に落ち着きがないのと、スキあらぱ「がぶり」したい子なんだよねぇ。あのときあたしはどー対処したのだっけ…と思って思い出した。確か別のセンセと2人で、あまりにも落ち着きなくガチャガチャしてるので、歌ったんだった。某大物歌手サンとこのわんこなので、その人の持ち歌を。そしたらちょっと大人しくなってくれたので思わず笑いながらもセンセとはもったりしながら全部歌ったのだった。飼い主の歌のせいか、あるいは単に"こいつら何歌ってるんだ?"て興味から(あるいは呆れて?)静かになったのかは不明だけど。

にしてもちょっびっくりした…他人事じゃあないね、ホントに。これまでは自分は運が良かっただけなのではないかと思ったくらいだ。わんこにしろにゃんこにしろ、噛むのは何も「気に入らない」「ムカつく」からだけではなくて、「遊んで」「かまって」からだったりもするんだよね。だから悪気はない。ないけど、それは凶器。そこんとこ、ちゃんと踏まえてびびらずに対応しないとね。(びびってるとそれはなぜか敏感に伝わってしまうから、調子に乗せてしまうのだ)

さて。
明日は三茶キャロットタワー4Fにての「世田谷アートフリマ」です! 時間は11時~17時。明日はお天気だそうだけど、天候に左右される場所ではないので、お時間ある方、気軽に遊びに来てくださいね~。フリマ形式の出店は、このあとは秋までないと思われるので。






( `ー´)ノ

[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-23 00:30 | そんな1日 | Comments(0)
午前中のシゴトを終え、帰宅してハハと昼食を食べてたらぴんぽん。でもモニターには何も映らず、応答もなく、食事再開したらまたぴんぽん。おいおい、いまどきピンポンダッシュか?! と外に出て確認するも、お向かいさんの引っ越し車があるだけで、作業中のあんちゃんたちの姿もなく、「???」で戻り、食事を終えたころにまたまたぴんぽん…うぅ~、何だ、これ。気味悪い…受話器外したままにしてみたらまた鳴って、もー処置なし? コンセント引っこ抜いてしまった。(しばらくして戻したら、以降は何ごともなし…ぴんぽんのとき、モニターはモヤモヤしてたけど、それもなくなった。イタズラ妖怪でも憑いてたかね)

昨日、「制作しゅーりょー!」とか書いたけど、オーウソだった。日曜のためにミニフレームを3枚作ったのに、中身を作ってなかったのだ…すでにやる気を失くしてたけど、次の機会はいつだ、秋か? と思うとそれもどーなんだって気になり、ちぎちぎした。やってて思った。

  フレームを先に作ってはイカン!!!

何かやりづらくてね…あとで"フレームだけ売ればよかったんじゃん?"とか思ってしまったよ、とほほ。
デコパージュしたフレームは、まぁ無難めな色の組合わせなのだけど、その中も無難でいいのか? とか、いやいやそれはつまらんよな? とか。茶系のフレームに青空チラシのわんこにゃんこ、足元の花は紫。てどう? まぁ、無難な配色ではないわね…でもこの色合いも何か以前やった気がして、面白味(?)はなくなってきてる気がするなぁ。

制作前に作品の梱包と什器選びを終えておいたので、3枚のフレームを完成させたあと、友人から借りたまま封印してたマンガを読んだ。
1冊目は『魔法使いの嫁』の7巻。話の行き先が見えないので、何がどーなるんだかさっぱりわからないけど、不穏な展開が待ってる気がしなくもない。読了後、マンガにはさんであったチラシを見たら、10月よりアニメ開始、とあった。「そこそこ人気があって、6巻まで続いたらアニメ化する」というあたしの予見は当たったな。すると思ってたよ、これ! まぁ、その前にオリジナルストーリーで映画化されてたみたいだから(最近まで知らなかった)、するつもりないのかなとも思ったけど。たぶん、背景とかメチャきれいな、こだわった映像になるんだろうなぁ。そしてたぶん、物語も原作に忠実で。(どういう話なのか訊かれるとうまく応えられないのだけど、いわゆる「魔法使い」のとこにきた「奥さん」の奮闘話ではないです。錬金術師に近い「人外」と、人間だけど妖精の類に近いような少女の同居生活? てとこかな)

2冊目は『マホヨメ』貸してくれた友人とは別の友人から借りた『ダンジョン飯』4巻。これも6巻まで来たらアニメ化すると思うね。8割くらいの確率でやるね。ゲームみたいな内容だけど、勇者たち(?)が迷宮ン中で退治した怪物やら何やらを喰らうという、C級グルメ以下と呼んでは申し訳ないけどそれに近いよなグルメ(?)話。『こいつの皮は軽く火に炙ってから◯◯をかけて…』とか『この根っこの部分を煎じて飲むと…』とか、別に「ダンジョン」でなくてもよさそーだけどね。そうでないとそこらのグルメ本と同じになるのかとか思うと、考えずに楽しむのがよろしいよーだ。
にしても何だね、『となりの関くん』もだけど、一発芸的マンガだった割には息が長く(『となりの』も7、8巻まで出て、10分アニメで放映もされてた)、"よくまぁ、このネタでここまで…"と感心するわ。これって結構すごいことだよね。
あ、余談だけど。『となりの関くん』のED、なかなか良かったんだよ。文房具(カンペンケースとかペンとか定規とか)でチャカチャカ曲奏でてるんだけど。さすが「となりの関くん」だった。






(´ー`)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-22 01:13 | そんな1日 | Comments(0)
昨日、思いついた豆絵本「ある日のさぼてんクン(仮)」をささっと描き留めておこーと思ってスケッチブックを開いたら、ページを使い切っていた…そーだった、「買っとくリスト」に入れてたんだった…(そのリストはどこへやったっけかな) そーゆーわけでそこらのメモ紙に走りがきしたのだけど、昨日「降臨」したときは"すげー、あたし! イイじゃんこれ!"と思ったのに、今日見たらそーでもないよーな…いやいや、完成した暁には「いいじゃん!」と思える…ように仕上げるよ。

早番シゴトから帰宅して昼ごはん食べたあとは、「支援くじ」の補充。先日100均に行ったものの黒マグネを買えなかったので、代わりに買った花柄タイル型のマグネに直接ちぎり貼ってみた。そのおかげで花柄の半分が消えてしまうわけだけど、これはこれで悪くないかも…と思える出来になった。さすがに「何の工夫もない」こたー承知してるので、これは100円くじにしか入れないけどね。逆にいうと、そういう、作品としては並べないけど100円くじには出す、みたいなのが増えてもいいかもしれない。裏面布張りの「おはじきストラップ」もその類ではあるのだけど。(でも花柄マグネの方がはるかに手間暇かからん!)

そんなこんなでじき夕方になり、今夜のメニューは一度作りたいと思ってた「豚ミンチとキャベツのあんかけ」。ハハが『いいわよー』と言ってくれたので(あまり好きではないかと思ってたのだ。まぁ、あたしが作るなら「何でもいい」てことだと思うけど)、初挑戦。
野菜炒めなんかにとろみをつけることはあっても、あんかけは初。以前、ちょっと書き留めておいたレシピを見ながらキャベツ刻んでミンチ炒めて味付けして煮込んで、さー水溶き片栗~、と思ったら、レシピノートに片栗と水の量が書いてなかった…アホか自分! と思いながら、テキトーな量で水溶き片栗を作り、混ぜてみたのだけど、まだ足りない…? と再び入れたりしてたらあろーことか鍋底の縁が焦げてきた…しまった、やってしもーた…そんなわけで、あたし的には「味はイイけどとろみが少ない=あまりあんかけの感じがしない」、あんかけごはんとなってしまった。やれやれ…でもそーか、もっとたっぷり水溶き片栗を入れてしまてもいいんだな、これ。

さて。とりあえず「作り物」はこれで終了で、明日は什器揃えて出店準備。そしたら土曜は半日ゆっくり気分を味わえるってことだ。
夜はハハと2人で「キントリ(緊急取調室)」を見た。前作が評判だったから2期となったようだけど、あたしもハハも未見。なのでちょっと期待してたんだけどねぇ~、そーか、こゆ話なのか。何か凝り過ぎて返ってツッコミどころのある内容だった。天海ゆーき(漢字忘れたー)、好きなんだけどね。1歳違いとは思えん美しさ、さすがヅカ出身。とはいえ、みんなからオバサン呼ばわりされてんだよねぇ~。そこんとこからして不自然なような…気がしなくもなかった。






( ̄▽ ̄)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-04-21 00:41 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156