<   2017年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

起きて、先週の月曜と同じ気分を味わった。昨日もこんな天気だったらなーっ、て思わずにはいられないやね。もっとも天気はイイけど、結構寒いなと思ったら「木枯らし1号」だとか…何かホントに「秋」がなかったねぇ。

ま、とりあえずいい天気だったので、洗濯のあと夏帽子をまとめて干した。ちょっとづつ減らしてるつもりだけど、それでもこんなに持ってる自分はアホかとか思ってしまう。だって「この夏1度も被らなかった帽子」が10(以上)はあるんだもん。また少し減らすつもりではあるけど。

ハハが『あの毛糸(45ℓ袋3つ分)を納戸の箪笥にしまおうかと思ったんだけど…』というので、あー、はいはい、手前のモノが邪魔なのね、と片そうと思ったんだけど、片付ける場所がない…バザー用に福祉センターに送る箱もいっぱいで、ラクにもう1箱作れそうだ。
『掘り炬燵用の布団、どうしようか』
と言われて出された布団は、これだけでダン箱いっぱいになるほどの分量。18日に古着回収があると言うことだけど、そこに出すのももったいないしなぁ…てことはやっぱりセンター行きだよねぇ。はれほれふぅ。

母上を施設に入れるために引っ越さなくてはならない友人からのメールに『毎日すごい量を片付けてるつもりなんだけど、全然片付いてる気がしないのはなぜ?!』とあった。わかる気がするぅ~! ウチは(まだしばらくは)引っ越す予定はないけど、それでもがんばって片してるつもりなのに、ぜーんぜん、まるで何も「片付いてない」感じがするのだ。どこを片付けたんだ? みたいな。

この件について書いてるとウツウツとしてくるので話を変える。
っても、さして話題はないな…そーそ、ちょっと前から「マッチ派」になった。煙草吸うとき、ライターではなくマッチを使ってるのだ。ウチで吸うとき限定だけど、嫌煙激しい今日この頃、吸うのは自宅(自室)が断然多いからね。せっせとマッチを消耗してる。マッチで付ける火の方が趣があるとか、香りが違うとか(っていう人もいるけど、あたしはあまり差異はないよーに思う)、そんなロマンチックな理由ではない。ただ、これに尽きるのだ。

  何でこんなにいっぱいマッチがあるんだ?!

ざざっと捨てちまえばいいのかもだけど、もったいないし、せっかくマッチとして生まれてきたんだから、その生は全うさせてあげたいじゃん。湿気てれば躊躇なく捨てるけどさ。いつのモノかわからないマッチでもちゃんと擦れてるし。
昔あたしが集めてたのは、喫茶店やレストラン、居酒屋などの、「デザイン的にちょっと素敵なモノ、変わったモノ」だけなんだけど、使ってるのはそっちじゃあない。いま使い終わったのは「庄や」で、お次は「割烹 千福」。前者はオトート1号(か2号)、後者は父であることは歴然としてる。まーね、父のはまだわからなくもないけどね。オトート(たち?)は、何で集めたかね。集めたわけでもないのに貯まったクチか。

マッチ擦りながらふと、10年以上前に友人から聞いた話を思い出した。当時まだ小さい娘サンに「マッチ売りの少女」の話を読み聞かせてたときのこと。『マッチってなあに?』と言うので、実物を見せた方が早いと思って探したけど家の中のどこにもなかった、マッチがわからない娘に「マッチ売りの少女」の話を聞かせて意味が通じるものか? と思って本を替えた、て話。
確かにマッチを見たことない子に聞かせてもわかんないだろーなー、と納得したのだけど、何つーかちょっと釈然としないとゆーか、そのうち「ライターってなあに?」とか言われたりもするんだろーな。それで「火」の恩恵と同時に怖さも知らないまま育ってしまうのだ。そんで熱くなってるIHに直接触れちゃったりもして…うぅ、こわっ。大事なのは「危ないものを遠ざけること」ではなく「なぜ、どうしたら危ないか」を教えることだと思うのだけど、たぶんそれがどんどん「教えにくく」なってるのが昨今なのだろうなぁ。ラインを通す言葉の危なさとかも含めて。

と、話が横道逸れまくりだな、失礼。
ともかくあたしはいま、「マッチ消費」に励んでるのでした。(ヘビスモになったわけではないよ) これが使うに惜しいよなマッチだけになってしまったら、またライターに戻ってしまうのかもね。
ところでかつては普通に、当たり前のようにお店でタダで出してもらえたマッチ、いまはもう絶えてしまってるのだろうなぁ。割烹とか、ちょいと高級な店ではまだ店名入りのマッチがありそうだけど。喫茶店とかはたぶんないよね。てことはそゆのは希少だから残しておいた方が…て考えたら「モノが減らない=片付かない」になってくからダメだ!
一服しよ。







( ´ー`)y-~~

[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-31 01:20 | そんな1日 | Comments(0)
はぴば、雪丸ママ! 誕生日おめでとう! なんだけど、朝からメゲる天気であった…もーざーざー降りに近いとゆーか、ばしゃばしゃ水の跳ねる音がしてて、こんな日に出かけるなんてとほほ…な気分。とは言え、ハハの喜寿(77歳)のお祝いだかんね、とほほなんてこたー言っちゃだめだよね。(でもホントは「浅草で人力車」のはずだったんだからやっぱりちょっととほほな気分でもある…)

朝食を食べよーとしたところでぴんぽん。ハハの友人からの贈り物で、花が来ることは知ってたのだけど…まさか高さがゆーに5、60cmはあるでかい胡蝶蘭が来るとは思ってもいなかった。ハハとびっくりを通り越して少々呆れてしまった。さすが、お歳暮に6、70軒もリンゴ箱を送る社長やってるだけあるわ。

「車はないが時間はある」という、オトート2号と12時に吉祥寺の本屋で待ち合わせ、合流。先日、どこでゴハンが食べたいか、何が食べたいか、と尋ねたら『前に雪丸と行った店』というので(っても結構行ってるのでどこなのか判明するまでにちょっと時間がかかった)、そこで夕飯、と予定してたのだけどね。この雨。調べたらランチもしてると言うので、そこでゴハンすることにした。
普段は居酒屋でもあるカマドカで、あたしのお気に入りの店でもある。新宿渋谷下北三茶とあるので、どこの店にも1度は入ったことある…かな。きっかけは案内してたあんちゃんに『あたしたち、飲まないんだけどいい?』と尋ねたら『どうぞどうぞ! 釜飯、美味しいですよ』と言われたからだ。

話が横道にそれた。ともかく入って(土日はランチもやってるが、いわゆる「ランチメニュー」というのはないそうだ。メニューは夜のと同じで望むところ)、2号が『初めて入った』というのにはちょっと驚いたが、ともかく3人で五目釜飯と、あとはハハの好きな料理(つか食べたいモノ)を頼む。アボカドの刺身なんて…と思ったけど、ジェル状のソースがアボカドに合ってて美味しかった。釜飯も当然。一通り料理が運ばれたあとの〆みたいな時間に炊きあがってくるので、最後に茶漬けにして満腹満足。2号も酒を飲まなかったので、値段もたいしたことなかったしね。

ハハが欲しいと言ってたCDプレーヤーはムジルシとかろふとの方があるんじゃないかな、と思ったのだけど、なかった。ドバシあたりまで行くには億劫な天気でもあったので、いくつか店を冷やかしたあと、この26日にとーきゅーにオープンした似鳥へ。半ば予期してたことだけど、混んでた…それを言うなら、吉祥寺自体が混んでたんだけどね。この天気なのによくまぁー、て感じ。(でもカマドカは空いてた。ゆっくりできたしよかった) これが欲しいとか、目的あっての来訪ではなかったので、日用雑貨をさらりと見たあと外に出て、喉が渇いた、とハハがゆーので喫茶店へ。最初の店は5組も待ってたので諦めて、近くの別の店。ここもほぼ満席。運よく4人席に座れてほっとした。

結局、ハハご所望の(来月の京都行きのための)ダウンを見つけることはできず、散策日和とも言い難く、たいした収穫もないまま解散、てことになってしまった。あ、でも最初の本屋でハハはカズオ・イシグロの、あたしはずっと探してたパトリオット・ネスの「怪物はささやく」を入手できたのでヨシ、かな。(しかし文庫で800円とは…厳しいのう)
解散は5時半くらいだったのだけど、夕飯の惣菜を買って帰るころには真っ暗でほぼ土砂降り…やれやれ。でもこの惣菜(吉祥寺で買った中華総菜3品)はどれも美味しかったし、ハハは今日1日にご満悦。夜はゆっくり炬燵でカズオの本を読んでた。

あたしはとゆーと、「怪物」には行けず、もーどんだけ時間かかって読んでるんだ? てくらい時間かかってる「人類が知ってる短い歴史のすべて」を読んでた。おもしろいんだけどねぇ~、一気にはいけないんだよねぇ。なぜ? と言われても困るのだけど。敢えて言うなら、雑学盛りだくさんすぎて消化スピードが追いつかない? みたいな感じかな。いまから読了後のここでの感想をどーしたものかと考えてしまうくらいだ。
年内は(大変遺憾ながら)もう出店予定はないので、また明日からこつこつと片付けていきましょうかね。








( ̄▽ ̄)


[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-30 00:50 | そんな1日 | Comments(0)
ハハは朝8時半に「寝坊した! 10時にはゆりかさんたちが来るのに!」と飛び起きて、慌てて身支度を整え、顔を洗って体重と血圧測って、新聞取って朝食の準備にかかろーとして、そこで初めてまだ6時半であることに気づいたのだそーだ。よかった、叩き起こされなくて。(遅番の日に早番と勘違いして『雪丸っ!』と起こされたことが過去に何度もあるのだ…)

ま、そんなわけで、ハハだけがばたばたとした朝、10時に来ることになってたゆりかねーさんから9時半に電話があり、もうすぐそこまで来てるようなので『そこでいいの、曲がって! あたし外でるから!』と携帯片手に玄関に飛び出したら、ゆりかさんたちの乗ったレモンクリーム色の車がゆるゆるとウチにやって来た。ウチへの道、わかってもらえたみたいだ、よかったー。

車が無事到着して、最初の懸念は「これに乗るのか?」だった。クリアの衣装ケース2つ、衣装缶1つ(中にも食器)、そして紐で括った食器箱が3つと、燻製マシンが1つ。むむぅ、ちょーっと微妙? と思ったけど、無事入った。これを見届けることができてハハとほっとひと息。ついでにこんなのもいる? と木製の三角錐(としか言いようがないオブジェ。昔、近所のタイの雑貨屋さんが閉店するときにもらったモノだ)を見せた。高さは60cmくらいかなあ。これが2つ。
『オープンとかクローズの看板下げたり、中にロウソクもどきみたいなの仕込んだり(下の方にそんな感じの穴が開いてるのだ)、使いようはあるかなぁ~? と思って』
『もらう!』
てことでこれもオヨメ入り。めでたし。何かに使えるかなー、と思ってもらったんだけど、どーにも使えないまま、ウチの中でカバンぶら下げたりしてたんだよね。有効に使ってもらえるなら嬉しいわ。

にしてもまだ雨は降っておらず、加えて電気工事もしてなくてよかった。近隣住民に配られた工程表や、通行止め告知のところにはしっかり「10/28(土)まで」と書かれてるのだ。天気のせいなのか、はたまた昨日のうちに済んだからいいのかは不明だけど(でもあとで人だけ来てたな)、何にせよラッキー。車止められなかったら、運ばなきゃだもんね。
お土産に美味しいとこの和菓子と、ゆりかねーさんがやってる「ワンディシェフ」のときのキーマカレーを2人分いただいた。これは夕飯に美味しく食べさせてもらった。1人分のカップが2つで、意外に容量があってたっぷり。ご丁寧に具材説明も添えてくれてあったのだけど、中に「塩糀漬けトマト」とあって、おおっ、と思ってしまった。塩糀漬けかぁ~、あたしも今度何かやってみようかな。

車が去ったあと、さてお次はどーしたものかなと思いながらいつもより丁寧に風呂掃除して、それから納戸に放置されてる父の遺品のひとつ、日テレ時代の冊子(番宣ように配られたモノ。以前、渋谷のんだらけに持ってったら高値がついてびっくり、だった)やら何やらを片付け始めた。「太陽にほえろ」の第1話の脚本(当時使われたものではなくて、その後の何周年だかに出た記念保存版)が出てきたのには驚いたけど(これも高値で売れそうじゃん?)、さらにびっくりはアナウンサーのとくみつサンの「チチハハ体操」とかいうレコード、とソノシート! 彼が歌ってんだよ、たぶん。もちろん知らないんだけど。価値があるのかどーかもわかんないけどね。でも、こういうのが出てくるのを眺めてるだけで何かちょっと楽しかった。オマケについてたブロマイドが高橋洋子だったり(わ、若い! 10代と思われる)、「子連れ狼」の大五郎だったり(いまどうされてるんでしょう?)。

そんなこんなしてたら旧友から電話があり、ちょいと長話。気づいたらシゴトの時間。てことで、雨ン中行ってきた。
あ~あ、明日も雨かぁ~。ハハの喜寿のお祝いに「浅草で人力車」って、めっちゃいいアイディアだと思ったんだけどなぁ~。ハハもノリノリだったのに残念至極。これという代案もなくて、オトート2号も(車はないけど)時間はあるとゆーので、3人で吉祥寺。何かフツーだなぁ…いいことあるといーんだけど。








(*´з`)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-29 00:58 | そんな1日 | Comments(2)
銀行への振り込みを忘れてて、早番シゴトのあと慌ててATMに向かった。引き落とされるのは毎月26日なので、いっちゃん「金ないとき」なんだよねぇ。25日が給料日の人ばっかじゃないっつーの。とは言ってもウチの給料は現金支給だから、どっちみち行かなくてはならんのだけど。また督促状がきちゃうかなぁ。

とりあえず振り込みを終えて、10周年記念だかのかるでーに入り、紅茶なぞを買ったのだけど、ついつい(客の多さに煽られもして)、菓子とか、「火鍋」とかゆー辛いスープ鍋の素とか、生ハムとか、上海焼きそばなぞを買ってしまい、かつ、チラシにもあった100円のエコバック(でかい。パン1本が丸っと入りそうだ)も買ってしまった。合計1975円。これは小遣いではなく我が家の食費として出るのだけど。
このエコバック、数量限定らしいのだけど、ダン箱にぎゅーぎゅー詰めになってて、店内は人いっぱいなのにだーれも買ってる人がいなかった…何で? 紙みたいな作りだから? でもフツーにしっかりはしてそーだし、肩掛けにも手持ちにもなるし、あの柄、キライじゃないんだけどなー。

今夜は牡蠣料理! てことで魚屋に牡蠣を買いに行ったら、「大サービス 100g220円」とあり、やったね! だったのだけど(手前の店では100g298円であった)、前の人もその前の人もその前の前の人も3000円近くあれこれ買ってるのに牡蠣は買ってない…ぷっくら美味しそうなのにねぇ。あたしは440円だけ払って(他には、と訊かれると申し訳ない気分になるな)帰宅した。

週末もこんな天気だったらいーのになー、と思いながらヘビーユーズだった夏の帽子を洗い、それから明日やって来るゆりりんねーさんのために、過日選んでもらった食器を玄関先まで運んだ…重かった…当たり前だけど。ま、あとは旦那さんが運んでくれるでしょう。
問題は、いままさに工事真っ最中の道路。以前ちょろっと触れたけど、もーすごいのよ、300坪のお屋敷跡に10軒同時に家を建てようとしてるから。家を建てるだけでなく、たぶんそのために必要な電気工事と下水工事ね。電柱とか移動したりもしてさ。(おかげで共同でこの下に置いてたゴミは「自宅前」となってしまった) 
しかしハハと、ホントにここに10軒建つんだろーか? とギモンに思ってる。300坪の土地でも、30坪の家を10軒は建てられないからね。昨今の一軒家らしく、隣同士がぎっちぎちの家が建つにしても、ある程度の道幅はいるだろうし。どーなるのかなー。

夕飯の牡蠣は、こってりとさっぱりとどっちがいい? と訊いたら「さっぱり」て返事だったので、ネギ塩ガーリックにしてみた。レモンも小さじ1杯ほど入れるから、塩とレモンの「さっぱり」だ。牡蠣200gじゃちと足りなかったかなー、と思ったのだけど、ネギもたっぷり入れたので、ちょうどいいくらいの量だった。

夜、ゆりかねーさんから道順を訊く電話があり(メールだったけど、口で説明した方がイイと思ってしてもらった)、あたしではなくハハが説明。あたしは道順とか説明できないからさー。地図読めないし。
そうでなくてもウチへの道順てのはややこしいとゆーか、住宅街で目印らしきモノがない上にやたら細い道とかイッツーとかあるからわかりづらいんだよね。無事、たどり着いてくれることを祈るばかりだ。








(´ー`)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-28 00:53 | そんな1日 | Comments(0)
早番シゴトのあと、そのままにゃんこメシとパンを買いに行った。パン屋で店員さん2人に『三茶、残念でしたね~』と言われた。三茶前に行ったとき、ちょっとそんな話もして、DMを渡してきたのだ。
『(三茶アート楽市の)HPを見たら「中止」になってて…あれは延期ではないんですか? すごく楽しみにしていたのに』
う~、泣けるぅ~! パンを買うついでにひと言ふたこと話をするだけで、あたしがどんなモン作っているのかも知らないのに「楽しみにしていた」と言ってくれるとは! 何だか改めて"惜しかったなぁ~"と思ってしまった。

三茶中止からこっち、何つーか「消化不良」を起こしてて、もんもんとして気分を抱えてる。『近く出店予定はないの?』とセンセにも言われたけど、ないんですねぇ、これが。(あ、11/1から豆本展があるけど、これは香川なのでね、ゆってないです。でも告知はしないとね、すみません)

いい天気だったので(日曜がこんな天気だったらいいのに! そしたらハハの喜寿のお祝いは「浅草で人力車」だったのに!!)、カーテンを洗い、それからハハの出した衣装缶に、まとまってるようなそーでもないよーな、なこれまでの作品を入れることにした。
まさかA3額が入らないとは思ってもいなかったよ! いや、A3は入るのだけど、額の幅がね、もーちょっとで入らない。こういう、でかいのがそこらに立てかけてあって邪魔だからまとめてしまいたかったのに。
d0078532_01488.jpg

ともかく「入るもの」を入れてったのだけど(とりあえずでかいのから)、額装されていないのもいくつかあり(中身を入れ替えて展示したりもしたので)、そのうちの1枚がご覧のよーな有り様に…って、わかるかしらん。

ムックの頭上あたりや、そこかしこに茶色い染みが出来てたのだ! この作品は2008年の個展で出した、「Cherry-go-Land」という絵。(チェリーとメリーをかけてるわけね。確か「Fruit Sports」とか、韻を踏んだシリーズで出したっけ。考えるの楽しかったなー)ちょいと苦労したけど、いまでも壁紙として通用するんではないかと思える絵だけに残念。にしても、9年経っても「どのチラシを使ったか」覚えてるのは自分でもびっくり。さらにびっくりは、「このチラシ、まだ残ってるな」てあたり。何だかねぇ…染みだらけなのは惜しいけど、あったところでどーしよーもない「お蔵入り」だもんなぁ。額装されてる作品は、もっと古くても染みとかなくてよかった。額って大事なんだね。


あ~、こんなの作ったな~、てのが次から次へと出てきて、こういうのってどーしたものかと思う。額入り作品て年々売れなくなってるから(ホントにそーなのだ。腕前が上がっててもダメなのだ、つか関係ないのだ)、いっそのこと「大きくなるほど安くなる」なんてことしよーかとかふと思ってしまった。こうやってしまい込んでてもしょーがないしさ。でもあんまり安いと手放すのが惜しくなるから、やっぱ無理かな。

衣装缶いっぱいにしても、まだまだあって、ここにあるのはA4以上のモノばかりだから、ちっさいのを含めるとあと3つくらい衣装缶が必要になる。捨てなきゃよかったかな、とちらりと思ったりもしたけど、その衣装缶をどこに置くんだ、て話だぁね。
これらの整理の流れで、これまたまとまってるんだかいないんだか、の大袋やエアパッキンなどの整理。そして部屋にある紙袋やOPP(作品を入れるためのモノとは別の、キレイだから残しておいたモノ)も整理。だいぶすっきりはしたけど、と同時に"それでゴミはこれだけか?"てのが…整理は出来ても断捨離は無理、とか思ってしまった。いつかは処分しなきゃいけないであろーことはわかってるんだけどね。

夕飯はエビチリのつもりだったのに、解凍するのを忘れてて干物に変更。ハハよ、すまぬ。明日は何か美味しいの作るから。たぶん。







(^▽^;)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-27 00:01 | そんな1日 | Comments(0)
オフだし、何の予定もないし、何か作る必要もないのでゆっくりぐっすり寝ていられたはずなんだけど、なぜかフツーに起きた。寝たのは3時過ぎだけど、起きたのは9時。早起き、ではないわね、睡眠時間を除けば。

朝食後、かねてからやらねば! と思ってた、ゆりかねーさんにもらってもらう食器類をまとめた。つか、すでにまとまってはいるのだけど、箱はバラバラだったので、それらを紐でくくったりして。庭に干してた(?)燻製マシンは、雨が降る前にハハがちゃんとしまってくれたみたいだ。よかった。この雨音で目が覚めたよーなもんだからさ。

持ち出しやすい場所まで移動して、さて次は…と思うのだけど、何かもー寒いし雨降ってるしで、やる気が出ない…てことで「ぽこぽこ」をしばし楽しみ、無事、525を攻略し、さらにまた進み、そんなこんなしてるうちにハハが出かける時間になった。
ハハは今日はちょいと遠い、大学病院の眼科の日なのだ。バスで行くのは初めてなので時刻表調べたりして、無事送り出した。嫌がってる白内障手術だけど、やっぱりやることになるんだろうね。

ここ数日(あるいはもっと前?)から「メールしなきゃ」と思ってた友人ら数名にせっせとメールを書き、それから不意に余ってしまった時間(夕飯はあたしなので下ごしらえまでの時間)に、ずっと以前に録画しとい単発ドラマを観た。下北が舞台の「下北沢ダイハード」…てタイトルだったと思うのだけど。でもドラマは「シーモキーター」という、「ターミネーター」のパロ。
いやぁ、くだんなくて笑えた、素晴らしかった。いい味出してるよ、佐藤二郎。あたしが想う、「いい味俳優」のベスト10に入るね。ムロツヨシも入る。おひょいさん(藤村俊二)も。1位は竹中直人ね。そこは譲らない。毎度出演作をチェックしてるわけではないけど。

さて夕飯は、「鶏のうまい煮」てやつ。以前、検索かけたときに出てきて、でもそのときは別のにしたから作ってみるのは初。焼いた鶏ももに、あらかじめ混ぜておいた、醤油、みりん、酒、砂糖、入りすりごま、各大1、そんで生姜、にんにくのすりおろしを入れたソースで煮るのだ。鶏も柔らかく美味しくできて満足。
あと、以前もらったちっさいかぼちゃも使わなくては、だったので、こちらはかぼちゃスープにした。ちょうど出来たころにハハが『寒い~』と言いつつ帰宅。ばっちりなタイミング。てだけで嬉しくなるわね。料理も美味しかったしね。

ハハはやはり手術を受けることしにたそうだけど(遅かれ早かれやることは決まってたのだ)、白内障の手術って、病院によって2泊3泊させたり、かと思うとその日に退院できたりとするみたいで、さてここは? と思ってたら、どうやら2泊はしないと、てことになったらしい。緑内障でもあるから? みたいだけど、そこんとこはよくわからない。
まぁ、それはともかく、手術をする前に何度か行かなくてはならないようで、バスで行ってもバス停まで(ウチからも、バス停から病院までも)15分は歩かなくては、てのはちょっとかわいそうだなぁ。免許持ってたら送ってあげられるのにねぇ。特にこんな日は。

昨日、京橋で買ってきた老舗の和菓子屋の「柿道明」を食べた。柿の色形に作られた「道明寺」で、柿の香りと味がして、美味しかったー。老舗だけどお高くなくて、市販のケーキの半値くらい。和菓子だってそれなりに凝ってるのにね。いっぱい買って来たかったけど、一度に食べられるわけではないから6つ(1人3つ)だけ。明日のお饅頭「吹雪」で終わってしまうのがかなしいわー。








(´ー`)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-26 00:40 | そんな1日 | Comments(0)
ゆかさんとは、実はこーこーの同級生である。卒業後、何となく音信不通になってて、再会したのはかれこれ15、6年前。ぱったり会ってびっくり、お互い「作家」してて(作家として会ったので)さらにびっくり、みたいな。そっからまた交流が始まって、互いの個展を訪ねたりしてた次第。
そーいえば最近、その類のお知らせがないなー、と思ってたら、今回のDMに「11年ぶりの個展」とあったので、これはぜひ行かねば! と思ってたのだ。

ギャラリーは、夏に豆本展をやった、京橋の「メゾンドネコ」。オーナーと会うのも夏以来で、3人でちょいとおしゃべりしてたら、ゆかさんの友人たちがいらして、その中の1人が顔見知りだった。まぁ、作家仲間では「よくあること」なんだけどね。ゆかさんはあたしたちが知り合いとは知らなかったので、明大前のギャラリーオークで知り合ったのが最初だ、と言ったらば、彼女(動物イラストのひろみサン)が『でも私はその前から知ってる』
『え、そうなの?』
『昔、高円寺のハート・トゥ・アートで実演してたじゃない。うわっ、ちぎってるこの人! と思ってずっと印象に残ってて』
そ、そーだったのか…知らなかった…やはり世間は狭いわ。

ちなみにあたしとゆかさんはどういう知り合い? と訊かれたので、『高校のとき漫研だったのだ』とゆーと、ゆかさんが『ぎゃあー』と叫び、『それは言わないで!!』 いや、黒歴史と呼ぶほどのモノではないと思うのだけど。(ちなみにあたしは漫研ではなく、漫研に友人が多かったので入り浸ってた、たまに描かせてもらった、て感じ) 
ま、ね、彼女のふんわりファンタジー色の強い水墨画(圧倒的に猫が多い)を好む人たちにはあまり知られたくないかもだけど。
『でもさ、私たちの年代って、マンガに関わらずに生きてきた子の方が少ないとゆーか、絵が好きだったらマンガ描くのも当然みたいな感じだったよね』とひろみサン。うんうん、そーだよね。いわゆる「薄い本」作ってたわけではないし、みんなでわいわいするだけの、かあいいもんだったよね。

ゆかさんの絵のモチーフは猫が多いのだけど(そしてそういう依頼も多い)、やっぱりあたしは竜とかの方が好きだなぁ。以前、でっかいのを描いて展示してたことがあってね、それがすごく印象に残ってるのだ。彼女自身もキライではないと思うのだけど。でも(以前は紙や皿に描いてた絵を)、和紙に墨で描くようになってより幻想的になってきた気がするな。イラストではなく絵になった、みたいな。

今日が最終日とあって、次々にゆかさんの友人や知り合いの方が来たので、ひろみサンとギャラリーを辞した。あたしはこのあとシゴトだったのだけど、彼女が『すぐ近くのギャラリーで木製の魚がいっぱい飾ってあったのでちょっと観て行く』とゆーのでお付き合い。工房木魚さんの展示会で、木製とは思えないほどの素晴らしい光沢をたたえた魚たちが壁面いっぱいに飾ってあった。作家さんの奥さまがいろいろと教えてくださり、話を聞いてるだけで楽しかった。美しい木目の入った木(槐から何からいろいろ)を手に入れるために奥深い山ン中に行くとか(ご夫婦は山口在住)、作家さんであるご主人はかつては海洋生物の生態調査をしていたのだそうで、だからどんな魚でも実に緻密で正確。これはオスよりメスの方が尾ひれが短いとか、なまずの顔はこうなのだとか。木目の出方(出し方)がまたとてもキレイなので、水面のきらめきがそのまま映ってるように見えるんだよね。

ちっさい魚たちもいて、マンボウも惹かれたけど、ハコフグもまた愛らしくてよかった。山口の方ではフグは「フク」と呼ぶのだそうで、それは同時に「福」でもあり、縁起物として飾っておくのだとか。
にしても木の切り出しから選択(使える木目は全体の3%程度だとか)、そして削りの手間暇を思うと、この値段(1~4、5万程度)は安いなぁ。安いと思うけど買えなくてごめんなさい、だけど。

帰宅してすぐどーぶつ病院。何で?! と思うよな激しい混み具合の上、出血が止まらないわんこの世話もあって、なかなかしんどいものがあった…昨日は8時半には帰宅したのに、今日はあやうく日付けが変わるところだったんよ? ちょっと飼い主にモノ申したいとこもあったのだけど、それはまた別の話になるのでいずれ。

  木のさかな 高松和弘作品展 ギャラリーモーツァルト 03-6228-6848
  ~10/29(日) 11時~19時(最終日17時)








(#^.^#)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-25 01:48 | 行った観た読んだ | Comments(0)
んっまー、何てムカつく上天気なんでしょ! と思ったけど、こんなにびゅーびゅーと風がすごいんじゃ、出店してても大変だったかもしれないなー。何か窓がびりびり言うくらいすごいんですけど。サッシじゃないせい?
あ、風(邪)と言えば、鼻かみ頻度も咳こみ頻度もだいぶ少なくなりましたです。ご心配してくださったみなさま、ありがとうございます。

そんなわけで今日は念願の(?)、井草ゴザとカーペットの取り替え! のためにはまずお掃除。でもこれは先日やったのでちょっと楽。大変なのがチラシ棚の移動。何かさ…箱の数が増えてんだよね。元々あったチラシ箱、色分けされた箱、外字の箱、直線箱(1cm程度の、雑誌やチラシの上部部分のキレイな柄や色のとこだけのやつ)に加えて、「くり抜きPC」用の写真箱、豆本キットの入った箱、そんで「あとは貼るだけ」のカレンダー裏紙封筒やポチ袋の箱…どんだけ箱あんだよ?! しかもこういうのを全部外に出さないと棚が移動できず、棚を移動しないとゴザもカーペット敷くことができないという…そゆわけで、年2回のこの入れ替えはちょいとおーごとなんでした。

机(昔のちゃぶ台)の上もキレイにし、これってこんなに広かったっけ? と感嘆しつつベランダに出して、無事に棚の移動とカーペットの入れ替えも済ませ、その間にがらごろ言わせてた洗濯も終わり、ついでにゴザも干してほっと一息。
にしてもこの箱だけでなく、それとは別にある「お道具箱」も、そろそろ何とかしなきゃだ。ハンパ物がいっぱいだし、貝殻とか木の実とかもなぜかいっぱいあるし、それらをどうにかしないとだぁね。年内はもう予定を入れてないので(だからウチのことをあれこれするつもりだった)、この機会に総点検としようかしらね。って、ホントにやるのか自分? だけど。いやいや、やるよ、ホントに。でないといつまで経ーっても「すぐ汚部屋」だし。

とりあえず今日のとこはおしまい、とゆっくりしてたら、センセからメールが入ってるのに気づいた。「お願い」とゆータイトルで、出勤まで1時間切ってるのに何ごと? てか、それよりずっと以前にメール入ってたのに大丈夫か? と思いつつ開けたら、何のこたーない、『キッチンハイター詰め替え用を買ってきて』だった。どってことない「お願い」だったのでほっとした。
顕微鏡に使うガラス板の洗浄にさ、このハイターを使ってるんだよ。「滅菌水+ハイター5ブッシュ」の水にしばらく浸けておくの。で、買ってったら、今度は塩がなくて(これは滅菌水を作るのに必要なのだ)、また買い物に。まぁね、大抵、こういうのって1度では済まなかったりするんだよね。

仕事はすんなり終わり(7時閉院のちょい前の「駆け込み」がなかったので助かった)、いろいろさっぱりして、目下の問題は、どーっしても攻略できない「ぽこぽこ」のエリア525…うぅっ、どーしたらここを落とせるんだ?! だんだんイライラしてきたぞ。つか、飽きてきたよ、この布陣。えーい、今日こそは必ず!!







( ̄ー ̄)


[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-24 00:44 | そんな1日 | Comments(0)
昨夜、溜めまくってる秋アニメの「十二大戦」と「マホヨメ(魔法使いの嫁)」を観た。どっちもまーまーであった。前者は「干支の闘いなのか?」て感じで、西尾維新原作だから最後までドンデンあるんだろな。後者はマンガ原作なので話は知ってるから、作りがどーなのか、てとこに興味があったのだけど、丁寧に作ってた。エリアスの声、渋くてよかったし。

で、寝たのが3時くらいで、起きたら何と! 1時であった…我ながら呆れるとゆーかびっくりだ。(しかもまだ寝よーと思えば寝れるくらいの気怠さであった…) 鼻ぐすぐすと喉げほげほはまんまで、もっと寝てれば治るかな~と思いつつ階下に降りるとハハがひと言。
『お腹すいた!』
だよね~、申し訳ない。
いやさ、午前中のうちにハハとセンキョ行こう、て話だったのよ。そんで近場でランチ。だから昼ご飯は炊いてなくて、ハハはあたしの起床を待ってたわけだ。ここであたしが朝食(?)を食べてしまったらさらに時間は遅くなるので、珈琲だけ飲んで出かけることにした。この時点でも結構降ってたけどね。

この雨ン中、風邪っぴきなのにセンキョ行くなんてエライわ、あたしー、と思ってたんだけど、意外にも投票所は混んでて、ちょっとびっくり。こんなに次々と人が入ってくる投票を見るのは初めてかもしんない。期日前も混んでたし、投票率、どんなもんになるのかね。「離島の投票箱を届けることができない」状況らしく、開票も遅れるのかな。

パスタ屋のランチで、リゾットを頼んだ。何かこっちの方が胃にやさしい気がしてさ。ここのパスタは絶品なのだけど、リゾットも美味しかった。満腹すぎてハハと『苦しい』を連発し、夕飯は(このあと買い物したけど)、簡素に済ませた。昨日のぶり大根もまだ残ってたしね。

夜8時、不意に携帯が鳴って、エリア勧告なるモノがきた。初めて受信した。なるほどこーゆーのが来るんだー。へへー、て感じ。ここではまだそれほどではなかったのだけど、区内も広いからねぇ。
ちなみにこれ書いてる午前1時過ぎはだいぶひどい。土砂降りに近い降り方。でも言われてた、暴風雨、ではないなぁ。風がすごく強くなる、て話だったけど。

風邪ひーてんだから早く寝ろよ、と思う反面、しばらく制作も出店も予定はないのでぐーたらしてしまってる。いままで『インフィニティ・フォース』観ちゃってたし。CGアニメってさ、戦闘シーンはよく出来てるけど(でも「軽い感」は否めない…)、そうではない日常描写となると何でああダサくなっちまうかね。キャプチャーモーションの方がリアルさが薄れるのはある意味不思議な気がするわ。

明日こそはカーペットを取り替えられますように! 








(゜-゜)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-23 01:16 | そんな1日 | Comments(0)
8時に起きたら小雨が降ってて、あちゃ~と思いつつメールチェックしたらば「両日とも開催中止」のお知らせが…ああ~、やっぱそーなってしまったか~、だ。昨日くらいの、どんより曇り、いつ降り始めるかドキドキ…みたいな状態で出店するよりかはマシだったのかもしれないけど、それはまぁ、後から思うことで、ただただがっくり。
三茶での「荒天中止」は決して珍しいことではないのだけど、2日とも、てのは珍しい。ちょっと考えてみたけど、半日しかできなかったとか、1日だけとかでなく両日、はなかったんじゃないかな。お知らせの中に、出店費の返金を知らせる旨と、「荷物を送られた方は後日着払い発送」とが書かれていて、うわっ、これってショックだな~、と思ってしまった。出店費は戻るけど、発送費と着払い費は言わば「持ち出し」だもんね。(もしあたしが送ってたら、雨ン中引き取りに行ってただろーな)

昨日ほどではないにしても鼻はぐすぐすで、咳もまた出始め、しばらくはぼーっとしてたのだけど、そゆわけにもいかん、てゆーか、それはあかん、と思って、まずは部屋の掃除。それから「衣替え」。夏服を片付けて冬服を出した。そう、いままでこのヒマがなくて夏服重ね着、な感じで過ごしてたのだ。床は井草ゴザのまんまだし、布団も夏掛け2枚重ね…風邪ひくのも当たり前だよね。わかってたんだけど、へーき、と思ってたんだもん。集中してっと、暑いとか寒いとかわかんないし。

無事衣替えが終わり、どーすっかなー、キジツマエとーひょー行くかな~、としばし迷ったあと、出かけることにした。ぷらぷらと歩いて行こーと思ったのにハハがひと言『チャリで行けば?』とゆーので、本降りまでいかないし、チャリでいっか、と出かけた。
商店街を抜けて、あと20メートルで投票所、てところで後ろから『はい、そこの自転車、止まってー』と声をかけられた。振り返らなくてもそれがおまーりさんであることがわかった。しくった。雨ン中の傘さし走行は捕まるんだった。
チャリ停めて、まずは平謝り。『危ないからね~』と言いつつ、おまーりさんは『盗難かどうかもチェックするねー』とにこやかに笑う。はー、さいですか。ちゃんと登録されてるあたしのチャリですからね、困らないですが、にしてもそんなに時間かかっちまうもんですかね。無線連絡して待たされた挙句『こちらではいま確認できないのでそちらで願います』とか言われて、だったら最初から「そちら」でやればよかったんじゃん? とツッコミたかったけどお口はきゅっ。おまーりさん、悪い人ではなかったしね。

そこの投票所に行くところだったんです、と言ったらば、それはどうも、待たせて失礼、と言って去ってった。投票所に入ったらば、そのあまりの列の長さにげんなりし、引き返した。傘はささないで。(あとで知ったけど、どこの期日前投票所もすごい並んだみたいね) 風邪ひーてんのに傘なしで行く羽目になるとはとほほ…な気分で夕飯のためにブリのアラを買い、踏切前に立ったらこれまたえらい待たされることに…朝夕は「開かずの踏切」になることが多いけど、にしても7台も待つなんて尋常じゃあない。8台めの点灯マークがついたとき、諦めて地下道を行くことにした。
そーそ、踏切待ってる間に携帯メールをチェックしたらば、お休みもらったどーぶつ病院のインチョに『かくかくしかじかで三茶は中止となりました、仕事行きましょうか』とメールしておいたのだけど、その返信が来たのだ。『よろしくお願いします』

  荒天中止だけど、風邪ひーたのでこのままお休みでいいですか、と書けばよかった!!!

あ~、何かもー「踏んだり蹴ったり」ってこのことねぇ~? と思わずにはいられなかった。新しく出来たたこ焼き屋でたこ焼き買って帰宅。ハハとたこ焼き突きながら、コトの顛末を話した。チャリで行けとゆったのはハハだし、「風邪なのでこのまま休みたい」と書こうとするのを止めたのもハハなんだけど、そんなの忘れたわ、て感じでカラカラと笑われてしまった。ちきしゃう。

職場でみんなに慰められつつシゴトして、それなりに忙しかった割には早くあがれたので助かった。部屋もさっぱりしたし、明日、また雨ン中をとーひょーに行かねばだけど、あとは寝ていよう。カーペットも替えられたらいーんだけどねぇ。それは無理かなぁ。できたら鬱々しなくて済みそうなんだけどな。







( ̄ー ̄)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-10-22 00:42 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156