ブログを休止するか否か

ということについてつらつら考えてるのだけど、どうするのがイイのかよーわからん。日に一度はPCの前に座るのだし、(そんでチェックしてHメールばっかだとげんなりする…みんなそんなモン?) ちょっとだけ「違うことしてる」のも悪くないと思うのだけど、『読んでて痛々しい』と言われてしまうとやっぱ考えるねぇ。

今週、教習所に行くのは辞めた。辞めるも何も行けてないつーか取れてないんだから「辞める」が正しいかどうかわかんないけど。ただ、この1週間を逃すことで「取れなくなる可能性」はでかいけど、「キモチ的に楽」になれるのも確か。やっぱ一度に2つのことは出来ないらしい。引きこもることに対しての抵抗感がない奴だから、それはそれでいいのかもな。まったく可能性がなくなるわけではないし。(と思いたい)

昨日は(ってか今朝は) 4時半までやって、8時半に起きた。カラダが慣れてきたのか、目覚まし前だった。描いてるときは夢中だからわかんないんだけど、食事中とかすっごい眠くなる。そういうもんなのか…カラダもちったー労わってあげないとイカンね、もーイイ年なんだから。
てことで今日はちょびっと早く寝る。ブログはどーしたモンかね。ちょびっとづつでも更新した方がいいかな…ご意見あればぜひ。
ではでは。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-11 00:39 | そんな1日 | Comments(2)
本日、やーっと乗車。教官が入れてくれたモノ。を無駄にしてしまった。いや、無駄ではないのだけど、NGだったのでもう一度やんなきゃならない。1時間オーバーでまたお金、というよりも「この先の予約がまた取れない」ということの方がショックできつい。3ヶ月ぶりの乗車だし、感覚を取り戻すうちに時間になってしまったようなものだからNGでも仕方ないと思えるのだけど、この感覚をまた無くしてしまう前に乗車したいのに叶わないのはねぇ。

明日また朝イチで行くか、と考えてたのだけど、早急に原稿を送ることになって、その準備にこれから入るから無理だ。最悪、免許は諦めるしかないと思う。こんなに予約が取れない状況では他に打つ手がないし、もし、もし仮に原稿が思ったよりも早く仕上がって出せることになれば、免許に集中できる可能性もある。キャンセル待ちはやっぱり辛すぎだ。教官や事務の人に愚痴っても仕方ないのだけど、『みなさん、その間を抜って取ってるから』と言われるのも最もだし、こうなる前にさっさと取らなかったあたしが悪いのだから仕方がないっちゃー仕方ない。

そんなわけで今日はドツボのプログ。昨夜は4時間半しか寝れなかったから、もう既にえらく眠いのだけど、「今夜寝ないでやってみてどこまで出来るか」をやってみるつもりだ。いや、たぶんどっかで寝るとは思うけど。どんなに睡眠時間が短くても布団には入るようにしてるのだ。徹夜って能率が悪い、あたしには。

にしても昨日の『プリズン・ブレイク』は話が進展しなくてまいった…まあ、あの兄弟のことがやっとわかった、というのはあってよかったんだけど。
就寝前のウラ日記は書けなかった。枕の下から引っ張り出して腹這いになって書き殴る紙の日記のことね。その気力がなくて。多分、今夜も書けない。そしてどんどん滞っていくのだ…これはこれでストレスになるから避けたいんだけどなぁ。

このプログ、しばし中断させてもおうかとも思ったのだけど、どうせ1日1度はメールチェックするわけだし、書くか書かないかってのは「その日の気分」だろうから、いま「中断します」とは書けない。ま、更新されてなかったら「ドツボに落ちた」と思ってください。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-10 00:07 | そんな1日 | Comments(0)
本日は乗車、ではなくて学科。足りないモノがあと2つ3つ。で、それはまあちゃんと取ってきたのだけど、次の時間に乗車予約しようとして「キャンセル待ち8人」で諦めて帰宅した。いくらキャンセルが多くても9番まで廻ってくるこたーないよな…あったりして…いや、あっても7人が限度だ。と思って。

まだまだ「気分は振り子」状態。明日はやーっと乗車なのだけど、いますごーく眠くて、そんでもって(にもかかわらず!!!)『プリズン・ブレイク』を観ようとしてる自分が怖い。明日落としたらもっとやばいのに。ビデオ録画して寝るか…でも最近、録画できたりできなかったりで怖いんだよなぁ。せっかくの週に1度のお楽しみなのにさ、録画できてなかったら落ち込むどころじゃなくてショックで寝込みそう。それでなくても寝込みそーなのに。

どーしてそこまで入れ込んでるのかわかんないけど、たぶん全然テレビを観ない奴だから(いまはこの1本だけ)、「息抜きとして入れ込むものを作ってあげてる」のだと思う。他に作る余裕はないし、本や映画に入ってくわけにはいかない状態だから、とりあえずこれは許してあげる、みたいな。自分であげるエサに自分で食いつくってやつ?よくわかんないけど、いまの精神状況からして、おそらくは「摂取しなくてもいいけど安定剤として必要なビタミン」ってとこ。別にこれがなくても生きてけるだろーし、このために「また1週間がんばるぞ!」と思うわけでもないんだけどね。しかし観ちゃったら睡眠時間は4時間半…ん~、やっぱまずいか。どーにかなるかな。なんないかもなぁ…気分はあっちでもこっちでも振り子だ。

いまから30分寝て風呂入ってさっぱりして寝る。それがいーかもしれない。そーしよ。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-09 01:08 | そんな1日 | Comments(0)

食パン1本

我が家では朝食は食パンである。それと珈琲とサラダ、もしくはタマゴ。あるいはチーズトースト(余談だけど、「パンにチーズをのせて一緒に焼く」という行為はかの名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』の影響で始めた人が多いんではないだろか。あの、おじいさんが暖炉の火であぶるパンにのせたチーズのとろけ具合の美味そうなことと言ったら!!あれを見てからあたしはハマったと言っても過言ではない。ちなみにまだ「ピザ」の存在を知らないガキんちょの頃でしたが)。

話を戻すと、そういうわけで食パンは毎日食べる消耗品だ。いちいち1斤買うのはメンドでもあるので、パンは1本(3斤分)丸ごと買い、大体3等分して2つは冷凍庫に保存し、必要に応じて出す。パンはこうして食べる方が美味しいのだ。それも出来れば「食べる直前に切る」形で。これを知らない人が多い(らしい)のだけど、食べ物に包丁を入れるのはなるべく食べる直前がいい。レタスやキャベツといった葉っぱモノは手でちぎる方が繊維質が破壊されないので直いい。パンは前夜に解凍して朝切って食べる。というやり方の食生活。

そんなに変わってる食べ方とは思わないのだけど、パン屋で「丸ごと1本、切らないで欲しい」と言ってすぐ出せるところは少ない。というか焼きたてでない限りまず無理。なので購入時には事前に予約をしておかないといけないのだけど、贔屓にしてたパン屋(某チェーン店)が、いつも頼んでたパンを1月で辞めることになってしまった。他にも食パンはあるけど、ちょっと甘めで朝食には向かないのだ。
というわけで他店(別の某チェーン店)のパンにすることにしたのだけど、事前に予約しておいて引取りに行ったら『入る袋がないので切ってもいいか』と言われた。「切らずに1本」頼んだ意味がないじゃんか。店で一番大きい袋からかなりはみ出した感じでさげて帰ってきたけど、ビニールも“これは都の推奨ゴミ袋?”と思うようなアホなサイズで、ハハと笑ってしまった。よっぽど稀有な客なんだろう。つーか、チェーン店のパン屋で1本サイズの袋がないっておかしくないか?需要がないせいかもしれないけど、ちょっと納得のいかない出来事だったので。

本日もキャンセル待ちに並び、7番目でキャンセルは5番まで。やる気もどんどん失せる。さっさと帰宅したけど、こういう日々が続くことに焦りを覚えない方がどうかしてるよな。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-08 00:28 | 我思う | Comments(0)

効率悪し…

今日の予定では、「9時にキャンセル待ちで実車を1~2時限取る→吉祥寺に納品→インクと印画紙を購入→昼には帰宅して仕事再開」だった。で、実際の日程は「9時キャンセル待ち→空きが取れず断念→吉祥寺に納品のはずがまだお店開いてなく断念→インクと印画紙買って帰宅→ちょっと仕事して再びキャンセル取りに久我山→またまた取れず断念→吉祥寺納品→帰宅」だった。半日以上を無駄にした気分。何かいいこと探さないとへこたれる…。

1度目の吉祥寺でまだ10時過ぎくらいだったので、あの「行列のできるコロッケ屋」がまだ10人ほどしか並んでおらず、ちょっと並んでみた。すぐに買えて、帰りの電車では人がちらちらこちらを見るほどいい匂い。リョーシンにも喜ばれ、行った甲斐がなくもなかった、と思うことにする。昨夜はデジカメのインストールが上手くできて無事パソコンから出力できたし、今日ちゃんと印刷できた。1度目の帰宅でぱしぱしと印刷し、2度目に行ったときはロンロンを通ったらはんこやMNちゃんがいて、まずは軽く新年のご挨拶。実はいま全然ちぎってなくてタイのガイドブックを描いてるのだ、と言ったら開口一番こう言った。

『すっっっっっごい合ってるね!!!』

…………そうなんだろうか。でもそう言ってくれる人がいるというのは、やっぱり励みになる。いつあたしの描いた絵日記を読んでもらったんだっけ、と思って考えたら02年の佐渡行き(かの地まで手作り作家さん数名と行ったことがあっのだ) でだった。
『ドバイの絵日記とかさ、よく描けてたじゃん。いいよ、すごくいい』。
ありがとう、MNちゃん。へこたれ気分もちょっぴり浮上し、今日は思うほどには進行できなかったのだけど、甥の入学祝に彼の名前(とワニ。なぜか奴は好きなのだ)入りのはんこが買えたから、思うほどには悪くない1日だったのかもしれない。
さすがに今日はちょっと眠いや。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-07 00:32 | そんな1日 | Comments(0)

仮免学科試験結果

本日は仮免の学科試験結果発表日。こいつが「午後4時~7時の間に来校、もしくは電話で確認」とゆーモノで、朝から心臓に悪い。いまの生活リズムは大体10時過ぎあたりから仕事を始めて、深夜2時、3時あたりまで(食事だのプログだので中断しつつ)やる、という形なんだけど、いちいち時計が気になって仕方なくてまいった。“1時か…2時半だ、3時廻ったな…”と、その時間が近づくにつれ、集中度も落ちる。
で、4時10分に電話。

『おめでとうございます、引き続き2段階教習を受講してください』

~~~~~っ、脱力。
とにかく全部振り出しに戻る事態は避けられたわけだ。助かった(のか?) 明日からはきっちり朝型に変更して、生活を改めて行かねば。まあ、あたしは「絶対的に夜型」という人間ではないので、睡眠時間さえ確保されていれば(7時間あたりがベスト)、朝でも夜でも大丈夫。のはず。ここんとこすっかり夜型が定着しちゃったからね。気を抜かないようにしなくては。

しかし毎日あったかいね。今日、豪徳寺の煎餅屋のおばちゃんと(ここはありがたいことに売れていてとーっても助かる。常連の方から『和紙にちぎって欲しい』という依頼があったそうなので近々お受けするつもり) 『あったかいのはいいけど、気味が悪くて嫌よね』という話になった。世界各地で異常気象らしいし、不気味で仕方ない。それに「寒くないと美味しくならない食べ物」って結構あるんだよね。白菜とか巻いていかないみたいだし。そんな話を食卓で家族としてたら、いま和歌山の方でオニヒトデが異常発生してて(冬は動けないはずだけど今年は活発に動いてるらしい)、珊瑚が危ないのだそーだ。うげげ。今年に入って既に2万匹始末したというから、その手間とか費用とか考えても大変。そのうち『ねえ、雪ってどんなの?』とか質問されちゃうのかな。そういえば霜柱を知らない子も結構いるって聞いたけど、考えたらもう随分見てない気がする。
冬はきっぱり寒い方が好きだ、あたしは。年中寒いのは嫌だけど、「ちゃんと四季がある日本」でいて欲しい。それが難しくなるとは思いたくないなぁ。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-06 00:32 | そんな1日 | Comments(0)

いただきお題 『電車』

ありがたく使わせてもらいます、いただきお題。本日は『電車』。(リクエストがある方はこちらのブログでも個人宛のメールでもご活用ください)

どっかでもらった「路線図」ってやつをいつも財布に入れて持ち歩いてる。友人との会話中で“それどこ?”と思ったときにさっと確認できるし、どこで乗り換えた方が便利だったかというのもすぐわかるし。そんでいつも思う。“一体何だってこんなにごちゃごちゃと入り組まなきゃいけないんだ?”

路線図上では繋がっているようにしか見えない駅(例えば地下鉄の溜池山王と国会議事堂前とか)が、実際に行って見るとえらく歩かされたり、違う駅から行った方が近かったりお得だったり、というのがちょっと多すぎる気がする。まあ、それはそれで「使いこなし方」の問題だから置いとくとして、問題にしたいのは、「そんなにいっぱい作っていいモノなのか」だ。いまだってどこだったか掘ってるじゃん。大丈夫なのか、東京の地下は。地上じゃビルいっぱいでさ。とても「地震大国」とは思えん都市の作り方。
そりゃ、地震対策はちゃんとやってるんだろーし計算してるんだろーし、壁だって丈夫そうだけどね、すぐその脇はガス管だとか水道管だとか、いっぱい通っているでしょ。あれ破裂したらどうなるわけ?大江戸線みたいに「まだ下るのかよ!」と突っ込みたくなるようなエスカレーターに乗ってると、すーごく不安になる。絶対上まで生きてあがってけないよな、とか。そもそもあの大江戸線、何で他の電車より一回りちっちゃいかとゆーと、「予算がなくなってトンネルの大きさを小さくしたから」だってゆーじゃん。それってどうなのよ?

パスネットとスイカ(これが関西だと「イコカ」になってるあたりにとても関西気質を感じる)、近いうちに共通になるって言うのはホントかな。それは便利でいいけど、路線がああも複雑じゃあねぇ、なんでもっとシンプルに出来なかったんだよと思うよ。東京の地下って、「使われていない駅」もあるんでしょ。映画とかに使えたらすごい話ができそうだ。
そー言えば、昔ちょっと感動したんだけど、地下鉄の幅って何で決められたかってーと「戦車の幅と同じ」なんだって。有事の際に市ヶ谷や赤坂にすぐ集結できるようにだってさ。んでもエスカレーターには乗れないよねぇ。どうやって登るんだろ。階段でいいのか。
はからずも「地下鉄」の話になってしまった…『電車男』の次は『それでもボクはやってない』ってあたり、電車の悲喜こもごもの話題は尽きないな。

ところでこないだのお題『ディズニーランド(てーか、ディズニー話)』で、もひとつ「ディズニーがあんまり好きでないわけ」を書き忘れてた。
『「人魚姫」や「フランダースの犬」を勝手にハッピーエンドにするなっ!!!』
子供の成長に、ぜーったい良くないと思う。「ホントはこんな話」とあとで知る方が、アンハッピーエンドのショックより大きいんじゃなかろーかと思うんだけどどーでしょ。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-05 00:50 | 我思う | Comments(2)

ぎりぎり

昨夜やった「1000問」(こいつは教習所で無料配布してた、学科試験用のソフトでひたすらクリックしまくるのだ)、300問やって正解は255。相当微妙な出来…であることにちとウツになりつつも、とにかくハラくくって行って来た。まずは乗車で、同乗者(不正が行われないよう、3人1組で受ける)がどっちも18歳で、てことは「平成生まれ」であることにちと愕然。してもしょーがないんだけど。

で、とりあえず大ポカはせずに終えたものの、自己採点ではギリギリ…結果は「合格」。でもやっぱり『ギリギリですよ』と釘を刺された。確認とかさ、きっちりやってなかったりしたしね。それに確認し損ねたことも事実で、“こんなんで免許取ったら世間に迷惑かけるかも…”とすら思ってしまった。イチから勉強し直した方が世のため人のためではなかろーかと。
次の学科は、これまた自己採点ではギリギリ…結果は月曜なので、いまは保留状態。50問中45問正解してなくてはならんのだけど、ちょーっとヤバイかもなぁ。そするとまーた(前回同様)、「満点とれるまで補習」という凄まじいモノが課せられるので避けたいんだけどね。ん~。

そんなこんなでとっぷり日が暮れる頃に帰宅。半日の遅れを取り戻すべくせっせと手を動かしてたのだけど、「補習になったときのためにもーちょっと勉強しておいた方がいいのかも」とか思ってしまったり…。
そーそ、絵を描いてるとき(とか「ちぎり」をやってるときとか)は集中しすぎてるせいか気づかないのだけど、試験中、自分の肩が「あまりにもバキバキに凝ってる」ことがわかってびっくり。何つーか、痛いというよりきつい。首回しても肩もんでもダメで、あたしはそんなに肩凝りとかする方ではないのだけど(チチは肩凝りそのものを知らない。たまにいるんだよね、そゆ人。あたしは凝るけど、いつもそんなにひどくない)、さすがに「キテるな」という感じ。カラダが先か仕上がるのが先か…どっちにしろ仕上げてみせるけどさ。と、強気で行くことにした。今日の気分だから明日はわからんけど。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-04 01:14 | そんな1日 | Comments(0)

夜間練習

いま、最悪に眠い。どーしたモノだろー。そゆときに書くブログというのは、果たして正気なんだろーか。でも書く。(辞めておいた方がいいかもしれないけど) 何で書くかとゆーと「それが義務」ではなくて、「みんなの期待に応える」でもなくて(しつれ!)、おそらくは「自分のため」でしかない。自分がいま現在、何をどう思ってるかということを綴ってみる。それによって漠然とした「気分」が自分自身で“あ~、そゆことか”と判断できるからだと思う。

先日、このプログを読んで元気になった、とさる友人からメールが来た。(あ、いま思ったんだけど、メールって「来た」かな「着た」かな。だって手紙は「着いた」と表現するし、その基準で行くと「着た」だよね…メールは「来たの方がしっくりくる気がするけど、どっちだろ) それも一番ダウナーな時期のプログを読んでのようだったから、逆に「なぜ?何を読んで元気になったの?」とこっちの方がびっくりしてしまったのだけど、訊くと『ダウナーな時期でもちゃんと書いてたじゃない。自分は(彼女のHPの日記に)何も書けなかった。それでも書いてる、ということに励まされた』らしい…ちょっと妙な気分だった。そんな風に捉えてもらえたのはすっごく嬉しいけど、出来ることなら「違うやり方」で励ましたい。ダウナーなプログ読んでもらうのはやっぱりちょっとココロ苦しいもんだとこないだ(こないだかよ!)思ったし。

昨夜トライした「1000問」は2時過ぎまでやって300で中断。1週間の労をねぎらって「観させてあげる」『プリズン・ブレイク』を観て寝たのが3時半過ぎ。9時に起きて試験勉強…のはずが、なぜか仕事してしまい、気が付くと夕方…しまった、昨夜の試験勉強で「さーっぱり忘れてる」自分に嫌気がさしたばっかだったのに!!!
で、夜はチチに付き合ってもらって教習所。夜間に有料でコースを貸し出していて、入校時にキャンペーンでこの無料券をもらってたので使ってきたわけ。(免許保持者がいないと貸してもらえないのだ) たっぷり1時間、乗り回してきました。その感想はたった一言で済んでしまう。
『だめだ、こりゃ』

ダメでもやります。やるって決めたから。ギリギリまでねばってみる。それがいいのか悪いのかはわからないけど。しかし試験勉強してると仕事が気になるし、仕事してると試験が気になるしで、結局どっちもダメ、が一番避けたいパターンだなぁ。
今夜はもーちょっとやって、そんで寝る。書いてたらちょっとだけ眠気飛んだし。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-03 00:07 | そんな1日 | Comments(4)

仮免有効期限切れ

30代最後の半年に「免許を取ろう」と思い立ったのが昨年5月30日。さすがに覚えが悪く、仮免が取れたのが8月1日。以降、しばらくは予約が取れなかったこともあって小休止してる間に9月~10月は出店ラッシュで動きがとれなくなり、再開した矢先にタイ行きが決定して残り10時間を残して年を越してしまった。教習期限は2月末。なのはわかっていたのだが、仮免の有効期限は半年で2月2日。これを確認しておかなかったこと、というより同じ2月末と思い込んでたあたしのミスだけど、目の前が一気に暗転した。

言い訳してもしょうがないし、あれこれ言ってもとどのつまりは自分が悪い。帰国してすぐ行けばきっと問題はなかったのだけど(ネット予約はいっぱいでもキャンセルも多かったらしい)、時間的余裕よりもまず、精神的な余裕をなくしていた。「行こう」という気持ちがどこからも出てこず、ズルズルと伸ばしていたに近い。
仮免を取っていれば再入校の手続きができるのだけど、ともかくこいつが切れてしまっているので話にならない。まずはこれを取得することが先決。そして再入校…となると期限は延びるけど、何と新たに18万円もかかってしまうのだ。 すでに自分が自分にかける金額としては最高額の30万円を投入してるわけで、ハケン社員ですらなくなったいま、そのお金を出すことは到底無理。一番の解決策は何か。途方に暮れながら、一方では頭をめぐらせた。

『まずは仮免を取りましょう。それからボクがお手伝いします』
事務部の部長さんがそう言ってくれた。(お手伝いって不正じゃないよ)
『そして、何としても2月末までに教習課程を終わらせる。それが一番です。今月、どのくらい来られますか?』
毎日だって来れる。仕事のことさえなければ。そちらが順調に進んで、余裕をもって提出することが可能だと判断することさえできれば。そうは答えられなかったけど。

免許を取ろうと思い立ったのは、昭和ヒトケタのチチの運転が最近とみに危うくなってきたからだ。あたし自身はさほど欲しいと思ったことはなく(行きたければチャリでも電車でも使えばいいと思う派)、むしろ「なくていい」とすら思っていた。ただ、これまで『オレの運転はまだまだ大丈夫』と言っていたチチが近年になって(それ以前から家族は不安だったのだけど)だいぶ弱気になり、あたしが免許を取ろうと思う、と言ったら『助かる』と素直に喜んでくれたからだ。そのとき、40にもなっていまだ“寄生虫”であるあたしにできる、唯一のことなのかもしれない、と思ったのだ。

3日、仮免試験を受ける。これから「学科に出る1000問」に取り組む。
予報に反してあったかだった今日、近隣では一番の遅咲きの我が家の梅が3輪咲いた。春には笑っている、と思いたい。
[PR]
# by yukimaru156 | 2007-02-02 00:17 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156