あ~、厄介なこと始めちまったなぁ~…てのが本日の感想。PC部屋の整理ね。変形四畳半みたいな部屋なんだけど、本棚3つ、茶箪笥兼人形箪笥1つ、箪笥1つ、そしてこのPCとプリンター乗せてる机が1つ。そんで押入れがある、と。

普段の掃除はこれらの合間(隙間?)をががーっと掃除機入れるだけで、細かいとこは手つかず(つか手ぇ付けたらやばい?)なんだけど、そこに手を入れてしまったわけなのだよ。最初はホコリ払ってささっと拭いてくらいで済ませるつもりが、本棚整理始めたあたりから怪しくなってきて、気づいたら本棚の稼働板を外して…て、この板を止めてるビスが錆びついて動かないもんだから556吹き付けて、そんでも外れないのでクギ抜きモドキで抜いて、本戻しながら整理して…てことやってたらもーあっちゅー間に時間経っててさ。そもそもこの本棚、「全部埋めてはダメだ」と前から言い聞かせて半分以上開けてたのね。だから本棚兼飾り棚にもなってたので、そこにある不要な雑貨をまたちょっと始末したりもしてたんだけど、なぜかそこにまた本が入ってくという…。

本棚を埋めない、ってもその周辺には「積読」されてる状態だったから、当然と言えば当然なんだけどさー。この「積まれてた本」は「(たぶん)読んだら処分」の本なので、それを本棚に入れてしまうと「さらに読まなくなる」こと必至。床面積は広くなるけど、減ったわけではないから「……。」なわけさ。

いまこれを書きながらも、手を止めては周囲を見回してため息。明日明後日がオフだけど、明後日は友人と映画なので、明日1日でどーにかしなくてはならない。どーにかなるのか、これ…?
どれもこれもハンパな状態のまま、とりあえず掃除機入れてちょっとだけさっぱりさせて、行く前から疲れてんなー、と思いながらシゴトへ行った。

まさかシゴト行って似たよーな作業するたー思わなかった…。

犬舎の奥、病院の最奥にある小さな部屋でセンセたちは休憩取ったり着替えたりするわけだけど、その部屋のソファが、昔わんこのDZが引っ掻いたりしたのでボロボロなのね。埋めて修正してもいつのまにかまた穴が拡がってたりもして、ついにそれを木曜午後(休診)に新品と入れ替えることになったのだ! それはいいんだけど、ともかくこの部屋もすごいんよ、モノが。そのほとんどは医療関係の雑誌、冊子、病理図鑑その他の「紙モノ」。これらの要不要を分けて、不要なモノはくくって資源ごみの日までコンテナへ…てことで分けるのはセンセ、括ってコンテナまで運ぶのはあたし。も、何束作ったかわかんないくらいえらい冊数だった…あの部屋にどんだけ詰め込まれてたんだか! てゆーか、それよりこれは捨てないで売った方がいいんじゃね? てのも結構あった。「犬の臨床栄養学」とか「小動物の皮膚疾患」とか、そういう類の図鑑や辞書みたいなヤツなんか特に。

冊子、雑誌なんかは買ってくるのではなく「送られてくるもの」らしいけど、それもほとんどが動物医療関係で(「動物看護士のための〇〇」みたいなのから「医療器具通販カタログ」なんてのもある)、30束は作ったかなー。紙袋に入れただけ、なんてのもいくつかあるけど。
シゴトそのものはスムーズに、普段より早めに終わった。でもくたびれた。明日も1日この部屋と向き合うのか、て思うだけで疲れも倍増する気がするし、さらに自分の部屋はひどい、てことでさらに増す。年末の大掃除をいまから始めてる、てことで納得するしかない…よねぇ。









(;´Д`)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-21 01:15 | そんな1日 | Comments(0)
う~ん…またよくわかんないコメントが増えてる…どーしたもんだろう。て、どうしようもないか、静観するだけか。

午前中はまったり過ごして、午後、PCの「おまかせサポート」に電話した。PCの赤雪が突然オシャカ? になったのが8月末。直ったのが9月。それからの2か月間、ずーっと放置してた問題のプリンターについて。
接続されてて、デバイスのとこにもちゃんと入ってるのに、なーんでか、プリントできないんだよねぇ。ちょっと前、オトート2号が来たときにいじってくれたけどダメだったので(あたしよりかはPC使えるヤツなのだけど)、その後「電話せねば」と思いつつもしなかったのはただただメンドだったから。仕事で使ってないしね、PC。

だったらこのまま使わなくてもいーんじゃないかとも思うけど、唯一必要とするのが「名刺」なので、やっぱり使えるようになって欲しい。てことで電話して状態を説明したら『伺った方がよさそうですね』。ええっ、これって入ってる「遠隔サポート」でちょいちょい、とどーにかなる案件ではないの?! 
この「おまかせサポート」ではPC全般にわたってサポートしてくれるので、月額数百円だけど払ってるのね。こゆことがある場合に備えて。(過去何度かこれでお世話になってるので高い出費とは思ってない) だから来訪して見てくれるのもタダなんだけど、なもんで見てもらうことになったんだけど、問題がひとつ。

  このPC部屋をどーにかしなくてはならん!!!

自分の部屋がある程度片付いたら次はこの部屋、とは思ってたけど、こっちが先かぁ~。何かもーごちゃごちゃ極まってるんだよねー、ここ。本棚はマンガで埋まりつつあるし、そーでなくてもダン箱からはみ出た什器はみっともないし、丸めたカレンダーはゴミ箱いっぱいに突き刺さってるし。(捨てるためではなく保管用) ふーむ。
来てもらうのは金曜なので、それまでに何とか…少なくともこの「ごった煮」状態はどーにかしたい…ホコリもすごいしなー。これまでのほったらかしのツケが来たなぁー。
プリンターの横の銀さんと金さんのフィギィアはどこかへ片付けなくてはならんか。なくてもいーんだけどさー。何となくずーっとあるんだよねぇ。(それをゆーならキーボード前に座ってるモーリさんとSK堂のへんてこ動物もどこかへ行かせなくてはな。

夕方からシゴトだったのだけど、チャリを出したらぽつりぽつり…で、いまも降ってる。雨の予報ではなかったはずなのにね。
それはともかく、夜、閉院ちょい前の電話で、保護猫(何らかの事情で保護されたにゃんこ)が来ることになって、それはまあ珍しいことではないのだけど、何がびっくりって某県から「空輸されてちょっと前に羽田に着いた」にゃんこなのだ。このあたりの地域猫ではないんか! しかも雌雄の別も、去勢したかどうかも、病気その他があるのかどうかすらわからない子で、連れて来た人は(あとでセンセから聞いたのだけど)、「ネットで見つけて、すぐにも処分されるようだったのでたまらずに」連絡とって引き取ることにしたのだと言う。

『だって「見つけてしまった」んです』
という声が聞こえたのはネットで、なのか。うん、気持ちはわからなくはない。と思う。センセたちもあれこれ親切丁寧に教えて、ケージとごはん皿まで貸して、雨だったので自宅まで車で送ってた。「いい未来」の拓けるにゃんこであってくれますように。









( ̄ー ̄)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-20 02:04 | そんな1日 | Comments(0)
近所のスーパーが改築初めて早半年余り。その間、なかなか不便してるのだけど、そのスーパーが2ヵ月だか3ヶ月だかに一度、駐車場で「朝市」をやっている。前回はシゴトだったのでハハに『行ってみたら』と言ったら、『もう何もなかった』と言ってた。その前にあたしが行ったとき(初回)は早番の日で、朝市が終わるギリギリのときでちょっと買えたんだけどね。(シゴト前に見たときはえらく長い行列でアホかと思ったもんだ…)

で、今日。朝市は9時~11時(なくなればそれで終了)で、10時ちょい過ぎに行ってみた。テントはだいぶ片付けられていて、それでも野菜は少々残ってた。小松菜(残り5束)、ミニトマト(残3)、オレンジ(残1箱)、ピーマン(残20くらい)がそれぞれ50円、キュウリ3本束、じゃがいも、玉ねぎ等が1袋100円でこちらも1箱あるかどうか、て程度。残りモノでも傷んだりしてるわけではないので、躊躇なくあれこれ買って650円。なかなか素敵だ。欲しかった大根がなかったのがちと残念だったけど。

もうちょっと開催の頻度を高くしてくれるといいんだけどねぇ。ここまで安くしてくれなくてもいいからさ。そーそ、前回見たときはなかった、串団子とかどら焼きとかも50円だったな。こんなのまで持ってきてたんだ、とちょっとびっくり。あとは米とかパンとか。それらが通常より安くなってるのかどーかは見なかった。ウチは米は米屋から買ってるので、スーパーとかで売られてる米の通常価格とゆーものを知らないんだけどね。

帰宅してからは寄付用の箱詰め。ダン箱のビミョーな隙間を埋めるために「入る雑貨」を探すあたし…まぁ、いくらでも出てきそーなもんだけどね。
ハハが「いらない」と言う緑の毛糸のカーディガン(ハハのお手製)はちょっと考えて外すことにした。(つか、すでに入らないし) ボタン付け替えて、あたしが着るのもいいかなー、とか思ってしまったのだ。こゆことするから減らしたはずなのに「増えてる」現象が生まれてしまうんだよねぇ。

そんなこんなしてるうちに(借りたマンガをつらつら読んでまったりもしたので)、シゴトの時間。休診でも来院はあったけど、まぁ早く終われた。あんまり早く終わってしまうとハハに同情されるんですよね~、とセンセに言ったらば『どうして?』と真顔で返されたので、
『あたし、時給で働いてんですよ? あんまり早いとキューリョー少なくなるじゃないですか』
『あ、そうか! 私はなるべく早く帰りたい人だけど、そーだよね~、それじゃあ仕事頼もうかなー』
『いいですよ、あんまり「いまやらなくてもいい仕事」とかだとインチョに叱られちゃいますけどね』
てことでセンセのお手伝い。

ホントなら今日の夕方に帰るはずのにゃんこがもう1泊、となったのだけど、昨日から初お泊りのこのにゃんこ、「食べないしシッコしない」てことで、診察台に連れてきて2人で食べさせることになった。
『飼い主さんいわく「初めてのところだと2日は食べないし排泄もしない」んだって』
『3日めからは食べる、てことですか?』
『どうもそうみたい』
保定してたら、何かもー(平気そーな顔してるくせに)心臓ばくばくで全身めっちゃ緊張してて、『ちゃんと帰れるから心配すんなよ、大丈夫だって』とか声かけながらごはんをあげた。いちお、素直に食べてたけど、ごはんが終わっても全身硬くて、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。で、わんこのDZを見つけてしまってさらに緊張…何かもー愛おしくて笑ってしまった。あたしはどっちかってーとわんこ派なんだけど、こゆときはにゃんこもかあいいなぁと思うわ。








(´ー`)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-19 01:34 | そんな1日 | Comments(0)
朝食後に古着回収の袋(45リットル4袋)をチャリで2往復して運び、ハハと最寄り駅で待ち合わせて買い物。ちょっと本屋へ、てことでまずは本屋に入った。杖ついたじーさんが店員と何やら話し込んでて、店員の『それはちょっと数がありすぎてどれとは…』て声が聞こえた。『時代物で、ですか。それでも結構ありますよ』。
てことは時代物と現代物の両方を書いてる作家の著作が読みたいってことなんだな、誰だろう、と思ってたら、その店員がちょっとして文庫本を12、3冊持って行くのが見えた。
『すみませんが、ここに置きますのでいいのを探してください』
と、未開封のダン箱の上にその10数冊を置くのが見えた。さて、誰の著作かな~、と興味湧いて(影からそっと)覗き見に行った。
著者も出版社もバラバラだった…。じーさんはささっと4冊ほど選んでレジへ持ってった。う~ん、あれは「何縛り」だったのだろう? 何か気になるー。

買い物のあと、バザー用寄付の詰め物をしてて、ふと昨日見た将棋駒の入ってる錆びだらけの缶に何か書いてあるのを発見。摩滅してしまって何て書いてあるのか読みづらかったのだけど、何とか読めた。「JAPANESE MONOPOLY」…て「将棋」のことか! 缶だけ捨てて中身をどっかに出せばと思ってたけど、こりゃそーゆーわけにもいかないなぁ。つか、オトート2号の持ち物なわけだからやっぱ本人に聞かないとだぁね。

そーそ、昨日あれから「ギザ10」について調べたんよ。も、びっくり! でした。
10円玉の側面がギザギザになってる通称「ギザ10」は、昭和26年~33年の間に作られたものだけど、調べたら価格帯を教えてくれてるサイトがあった。26年が15円、27~29年が11、12円、30年が15円、31年が製造されてなくて32年が25円、そして33年が何と70円。しかもだよ! 未使用の場合、26年は6万、32年は4万、33年は5万の値がついてるのだ!!
ところで「未使用の10円玉硬貨」を持ってる人って、どこでどう入手したの? 記念硬貨でもないのにさ。
ちなみに2号の持ってたギザ10はほとんどが27~29年に作られたモノでした。30年が1枚あったかな。そしてあたしのは…「壊さないと出せないガラス貯金箱」に入ってるのでわかりませーん。

荷物まとめたり仕分けたりしてるうちにシゴトの時間となり、行ったら1人 お休みで(つか午後休取ったらしい)、その上わたわたと忙しく、凡ミスもやらかし(血液検査のパネルの入った箱をひっくり返した…この急いでるときに!)、無事に終わってほっとした。
ところでわがインチョがヌーピー好きであることは前にも書いたけど、『ヌーピーの未使用鉛筆がいっぱい出てきたんですけどいります?』と言ったら速攻で『欲しい! 私、家では「鉛筆派」なんだよ!』と言われたので持ってったのね。6本くらいあったかな。全部さんりおマーク入りで。(レアだよ、見ようによってはお宝だよ) そんでついでに4本ばかり、さんりおの未使用鉛筆を袋に入れた。パティジミのジミーのと、これもたぶん見方によってはお宝の、復活の兆しさえない「ファニーフェイスキャット」の絵の入った鉛筆。

どーして2号がこんなにいっぱい未使用鉛筆を持ってたのか不思議なんだけど、キャラ鉛筆(どらえもんとか)やレーシングカーの鉛筆なんかの他に、いっかにも「昭和」な鉛筆がずらり。
「霧のマッサージ エアーサロンパス」「対話が弾む 東海銀行」「これからは省エネルギーの時代です 東京電力」「くっきりすっきり フジカラー」「ダイヤルはメモを見ながら正確に 松沢電話局」…等々。まぁ、何の変哲もない鉛筆、と言えばそれまでだけどさ、なーんかもー文字を見てるだけで"昭和だなー、もー平成が終わるのになー"とちと感慨深かったよ。これらもお宝? かもねー。
鉛筆は、全部で70本あまりもあった。(そーそ「公文式」も結構あった。あたしも持ってたなー、どこやったのかなー) 0円に持ち込むつもりだけど、数本は残しておくかなー。









( ̄ー ̄)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-18 01:27 | そんな1日 | Comments(0)
もー身に染みついた「夜型人間」なので、金曜早番はちとつらい。わかってるから早めに寝るんだけど、大抵寝付けないんだよね~、眠くなくて。それでまぁいらんことつらつら考えてるうちにいつのまにか寝てるわけだけど、やっぱも少し「早寝早起き」型に直さないといけないねぇ。
あ、別に遅刻はしてないし、シゴトもちゃんとしたよ! ただ、毎週同じこと考えてんなー、と思っただけ。

びょーいんに行ったらAOセンセから『蕎麦屋行った?』と訊かれ(センセんちの近くなのだ、この蕎麦屋は)、そのあとインチョからも同様に訊かれた。やっぱご近所の人たちは気になるのだな、ここが。
フツーに美味しかった、と応えてるのだけど(「すげー美味しい!」と思うほどの蕎麦ではない気がするんだけど、そもそも「すげー美味しい」蕎麦ってどんな蕎麦だろな)、実は蕎麦の味とはカンケイないとこが1つ気になって、センセには言ったのだけど、昨日はその話を書き忘れたので書く。

それは偏見だ、と言われたら素直に『うん、そうかもね』と頷くしかないかなーと思うのだけど、言わせてもらおう。

  飲食に関わる人間がゴテゴテネイルするんじゃない! 運ぶだけでもNGだ!

何かイヤなんだよね、すごく。ゴテゴテじゃなくても、マニキュアだけでも嫌だ。(実は美容院でもやって欲しくないと思う) 清潔感云々で拒否反応示す人もいると思うのだけど、何かそれだけじゃなくて、じゃあ何と言われるとわかんないけどイヤなんだな~。腕時計もダメだ。それが『古い』なら古さ上等だぜぃ。
昨日はそれがあったので(パートなのか店主のムスメなのか知らんけど)、これはちょっとなー、また行こう! て気分にゃなれんなー、と思った次第。ハハはあまり気にしてないふうだったけど。

午前中のシゴトを終えて帰宅し、先日2号の飾り棚を整理したときの雑貨類のホコリ払いをベランダでやった。出かけてるハハから電話で『みんなでランチしてくー』とあったので、塩昆布と卵のカレーチャーハンを作ってみた。カレー粉を入れたのは何となくだけど、ちょっとスパイシーさが加味されてよかった。

ホコリ払いやってて、赤青黄色の縦型信号機の黄色部分のハメガラス(じゃなくてプラだ)がないことに気づき、そして「何じゃこれは」と思って捨てたことを思い出してしまった…今朝の可燃ごみで行ってしまった…ちぇっ。
この錆びた缶には何が入ってるんだ? と思って開けたら将棋の駒で、数えたら40枚あったのだけど、将棋とゆーものをやったことがないのでこの40枚が「欠けているのかいないのか」がわからない。ハハに訊いたら『知らない』とゆーのでネットで調べてみた。40枚で合ってるよーだ。じゃ、0円マーケット行きだな。

そーそ、青い熊(?)の陶器の貯金箱があって、中を開けたら全部10円玉だった。それも「ギザ10」。側面に細かい溝(ギザギザ)が入ってる10円玉のことで、昭和27年~29年だっけ? 何か短期間しか発行されなかったんだよね。それで価値があるのかどーか知らんけど。数えたら22枚あった。で、確かあたしもギザ10を集めてたなー、どっかにまだあるなー、と思い至った。これ、ホントに価値あんのかなぁ? これもあとでネットで調べてみよう。額面以上の値段が(たとえ1円でも)付いてたらオドロキだ。

BQから貸してたマンガが返ってきた。貸してくれるマンガもいっぱい入ってた。互いの(マンガに対する)趣味が合ってたから、これまでに相当量のマンガの貸し借りを繰り返してきてて、『さすがにもう貸せる本(あたしが読んでない本)がないよー』と言ってたくせに、まだこんだけ送ってくるってすごいよな。あたしはもーホントにネタ切れだ。貸してないマンガって…なくはないけど、10冊にも満たないんじゃないかなぁ。最近あんまり増えてないし。
ともあれ「楽しみ」ができた。ありがたう、BQ。堪能させてもらうです。









(≧▽≦)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-17 00:44 | そんな1日 | Comments(0)
あれあれ? 写真を送ったと思ったら入ってなくて、???だったのだけど、投稿画面になったら入ってた。いつから「そういうもん」になったんだ?
それとまたイミフなコメントが…しかも10年前の記事に…どう反応したものか、しないで無視ったらいいのか…てゆーか、ホント、どういう意味なんだろ、これ。

今日はハハと近所にできた蕎麦屋へランチ。の前に掘り炬燵! 毎度のことだけど(以前はハハ1人でやってた)、旧式の昭和の炬燵なんでいろいろメンドだったりする。それより何よりコンセントの位置がねぇ~。もー腹這いになてる時間が長すぎてムネが苦しくなってたまんなかったよ。

蕎麦屋の営業が何時までなのか確認してなかったのだけど、1時半ならまだOKかな、と思ってハハと2人で並んで歩いてった。帰り、もしかしたら荷物なんだけど、チャリ押してくのも何だし、いい天気だったしね。
で、その蕎麦屋。昼時をやや過ぎたころでも結構人は入ってて、なかなかいいタイミングで来店できたみたいだ。あたしらのあとに2組入ったら、もう次からは断ってたし。親父サン(まだ若い)とその母上? と奥さん? パート? の3人でやってる店で、落ち着いた店内はさっぱりといい感じだった。天ぷら蕎麦(温)が1200円。まぁ、イマドキの蕎麦はこんなもんなのかな。品数はさほど多くはないので、店主はそばと揚げ物(天ぷら)に必死。

天ぷらは別皿できて、海老、茄子、かぼちゃ、万願とうがらし、穴子の4品。お味の方は…「新蕎麦」てことで美味しかったし、ハハは何より『熱々揚げたての天ぷら!』にカンドーしてた。そこかぁ~、そこねぇ。うん、わかるけど、あたしゃ飽きるほど「揚げたて天ぷら」を食べてきたのでねぇ。立ちそば(立ち食いそば)での賄いなんて『自分で揚げるんで』て感じで作ってたし。
にしても大振りの、立派な海老だったなー。これで1200円ならランチとしては妥当だと思うね。と同時に「海老が小さい」「コロモが大きすぎる」と過去どんだけ言われたか! なんてことも思い出したりしてた。(文句ゆーなら1杯480円の立ちそばなんか喰うんじゃねーよ! とココロで何度叫んだか…)

まだ新しい店のせいか、続々と人がやって来るので(昼の営業は3時までだった。ちなみに水曜定休)、美味しく食べたあとは早々に店を出て、豪徳寺までまたてくてく歩いた。そんで区内産が中心の八百屋であれこれ野菜を買って、近所の方のご主人が亡くなったからと言うので花屋へ。d0078532_23331212.jpg

それで「仏前に供える用」に白でアレンジを作ってもらっている間、ハハと「何色が出るかお楽しみ」のパンジー4鉢300円なんてのを選んだり、変わった花弁のシクラメンを見たりしてたのだけど、それより変わってたのがこれですよ、これ。その名も「虹の向う側」て名前の3色バラ。いやぁ、この原色マーブルのバラ、どーです? エクアドル産で1本500円だそーだけど(意外に安いかも)、何だかな~…じゃないっすか? 大体、この花と何の花を組み合わせるのがイイのか想像もつかないよね。

昨今はこういう「変わり花」が多いそーで、それってどうなのかな~、とか思ってしまった。つか、花が可哀想だなー、とか。無理矢理作られた品種、て感じで、ある意味「造花より造花っぽい」。まぁ、おもしろーい、と思う花なんかもあったので、これだけがヘンてわけではないのだけどさ。(あんまりかわいいのでキウイルームになんて花も買ってしまった)

お腹いっぱいで(天ぷらが多かったのもあるけど、それより最近はハハの残りを食べることが多いから明らかに食べ過ぎなのだ…)、歩いて帰るのはちょーどいい運動になった。野菜と鉢植えとその他の買い物で重量オーバー気味だったけど、いい散策にもなったしね。









( `ー´)ノ

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-16 00:36 | そんな1日 | Comments(0)

最早造花

d0078532_23331212.jpg

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-15 23:33 | Comments(0)

最早造花

d0078532_23265131.jpg

こんなバラ
[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-15 23:26 | Comments(0)
いい天気になったので洗濯して、それからでかいダン箱をもらいに近くのドラッグストアまで行った。何も買わないのにダン箱だけもらって帰る、てのも何だかなぁ…と思いつつ、前回の人でないといいなーと思いつつ。前回の人だった。でも声かけることできたのは違う人で、快くダン箱をくれた。(ちなみに「一番大きいダン箱をください」と言うと、くれるのはトイレットペーパーの箱だ)

最初の1つはもーぱんぱんに詰められてるので、2個めに取り掛かったわけだけど、それもすぐいっぱいになりそーな雰囲気。まだまだいくらでも出てきそーなんだけど、適当なとこで打ち切って、とりあえずこの2箱、にしておかないと発送費もバカにならん。(2個だと「同一宛先割引」になるからね、最低でも2箱なのだ)

とろこで2階の納戸は、かつてオトート2号が自室にしてたこともあり(その前はあたしだった)、飾り棚が備え付けてある。彼がウチを出てったころから手を触れてないので、20年分のホコリがてんこ盛りとゆーか、すごいことになってんだけど、とりあえず「使えるモノ」も少なくはないのよ。なので(事前に「始末するぞ」と伝えておいたので)、一念発起して片付けることにした次第。
ちょっと触るだけで手が真っ黒になるので活用したのが、以前友人からいただいた「オペ用の薄い手袋」。これ、庭の草むしりとかに素晴らしいお役立ちぶりで、ハハと愛用してるのだけど(箱入りで何と300枚も入ってるのだ!)、この掃除でも使えるな、と思って使ってみた。すごく薄いのに丈夫で大いに助かった。

にしてもこの3段の飾り棚(自体は昭和中期あたりのレトロなモノ)、置かれてるのは貯金箱とかチェスのミニチュア盤とか信号機型のライトとかのいわゆる「雑貨」なのだけど(たぶんほとんどが貰い物)、昔はこーゆーのをあげたりもらったりしてたんだよなー、と思う、いわゆる「いやげ物」も多かった。観光地で売られてる、飾る以外に何の用途もないミニチュアね。こういうのは捨てさせてもらったけど、さすがに彼が作った工作系はもう一度判断仰いでからだなー。3人姉弟ン中で、実は彼が一番手先が器用で、余計なことをせずに「こつこつ丁寧にお手本通りに」作るタイプ。その点1号は「脱線して自分がおもしろいと思う方向」へ行くタイプ。でも彼の場合は大抵「完成しない」。途中で飽きる? から。
彼らの買い物を見てもわかるのだけど、「これのどこがいいの?」を買うのが1号、「無難だねぇ」を買うのが2号、て感じかな。

自分が集めたモノたちではないので感慨も何もないのだけど、珍しいモノもあったりして退屈はしなかった。スカラベのキーホとか、ホルダーはすっかり錆びてるのだけど、スカラベだけ外してもらっちゃうかな、とか思うし。
ま、ともかくホコリが凄すぎるので、明日にでもベランダではたいて(あるいは洗って)干しておくかな。0円マーケットに持ち込めば喜ばれそうなおもちゃもあるからね。未使用の鉛筆(削られていない)も2、30本はあって(ルパン3世のペン立てにぎっしり詰まってた)、これも需要はありそーだ。

そんなこんなで1日が終わり、ハハはハハで午前中はかーぶす(30分フィットネス)、午後は習字でくたびれてた。最近出かける度に『疲れた~』と言うことが多くなったなー。
夕飯はあたし。砂肝でいつもは醤油漬けを作っておくのだけど(そんでそのつもりで買ったのだけど)、ガーリック炒めにしてみた。ブロッコリーとかも入れて。いつもの醤油漬けは「昼食用」で保存してるのだけど、夕飯の主菜にすると豆を食べ過ぎたような気分になるな。やたら腹が膨れるとゆーか。あのコリコリ食感がたまらなく好きなのでつい食べ過ぎてまうからか。副菜は「鬼おろし」でおろした大根とシラス。この「鬼おろし」、大根おろしがザクザクした形状になるのだけど、つい作りすぎて山盛りになってしまった。

明日の昼は、近所の住宅街にできた蕎麦屋。美味しいとゆー評判なのでハハと行ってみる予定。ひさしぶりだなー、蕎麦屋。

ところでこのブログのコメント欄。何が書かれてるのかよくわからない単語が並んでるんだけど、これはどういう意味なんだろう? ちょと前も横文字コメントが殺到してたことがあったよなぁ…どう反応すればいいんですかねぇ?








( ̄▽ ̄)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-15 01:50 | そんな1日 | Comments(0)
来年の話をすると「鬼が来る」てのは、いつからするといけないのだろう? つか、そもそもこの由来は何だ?
て話は置いといて(なら振るな! だよね、すいません)、4月に大阪のギャラリーびーだまサンで展示会…の前に「12月のらくがき展に出ませんか」みたいな話をいただいた。おおっ、おもしろそーだー、と思って参加を決め、そのDMと出展要項が昨日届いた。

思わず(あまり深く考えもせず)参加を決めたので、「名前を伏せて展示」とあってちょっとびっくりした。(サインはいいらしい) 作品は一律500円で売られ、買ってくれた人には作家の名刺を渡す、という形なんだそーだ。1人10点までで追加はナシ、掛け率は50%。てことは完売でも参加費と送料を考えたら良くてチャラ残れば赤字、てことだよね。ふーむ。
まいっか。企画が楽しそうだから。

「らくがき」だけど、ちぎるよ、もちろん。あまりリキ入れず、ゆるい感じでね。まー何をどうちぎるかはこれからだけど、気楽に楽しく作れそうだ。12月だからクリスマスネタもちょっとはいるかな。つか、最近クリスマスカードとゆーモノを作ってないので、高円寺にも持ってかないとなー、と思ってしまった。個展のとき、『高円寺(の「猫の額」)でいつも買ってる』とか言ってくれた方もいたし、それで『最近はあまり新作ないんですね』とか言われてしまったし。うぅ、申し訳ない。ホント、ちゃんとしなきゃだよね~。
とっとと部屋の掃除や不用品の始末を済ませて取りかからなくては!

今日はまずはお買い物。パンその他を買うために経堂まで出向き、帰宅して…どうしてたっけ? しょーこりもなく「ぽこぽこ」してたな。ホントあたし、ダメダメだ…(といーつついまもしてた)

シゴトの方は、まぁフツーにそれなりに忙しく、3、4回に1度の割合でカットしてくれるおねーさんが愛犬連れてきてくれたのであたしが保定した。(彼女の勤める美容院は指名ができないのでカットしてくれるかどーかは運次第になる) あたしが保定するのは2度めかな。今日はお手入れではなく『ちょっと口を気にしてるようなので診て欲しい』と言うことだった。
このわんこクンが「ちゃかちゃか」クンでねぇ~。前回のお手入れもちと大変だったけど、どうも口に触られるのがイヤみたいで輪をかけてさらに「ちゃかちゃか」だった…つまり診察台で「じっとしててくれない」てことね。そういう子たちをあたしらは「ちゃかちゃかクン」と呼んでるのだけど、こういう子は体重からして測れなかつたりするんだよねぇ。手を放さないと体重測れないけど、手を添えてないと台から飛び降りるか落ちるかしてしまうという…だから注視しつつ、一瞬だけ手を放してその隙に体重測るんよ。

2人がかりで抑えてセンセが診たところでは奥歯の歯石がちょっと大変なことになってて、歯石を取ったら取ったでその歯が「ぐらぐら」で、これは痛いだろう、という…わんこの歯石は人間の虫歯みたいな厄介さなので、ホントに全部キレイにしようとすると「麻酔かけて手術」なんてことになってしまう。それはもー「最後の手段」でもあるから、その前に何とかしようとするわけだけど、彼の場合はオペまではいかなくて済みそうなものの、今日1日では無理そーだった。

退勤前に病院わんこのDZを連れてお散歩。ここでシッコとンチとしてもらうんだけど、どういうわけか今日はずんずんと歩きたがり、これまでにない距離のお散歩となった。こういうさ散歩はインチョと歩くときだけなのに珍しい。インチョが出かけてしまったから「しょーがないなー」て感じかな。おかげで帰宅もちと遅くなってしまったけど、あたし的には助かった、ちょっとでも稼げて。










( ̄▽ ̄)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-11-14 02:06 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156