ひと言で「雑貨週間」と言っても、雑貨はいろいろあるわけで、後回しにしちまうと厄介なモノから…ではなく、さくっとできるから後回し…にして結果泣くことの多いカードから始めた。つか、今日は封筒だな。作り置きの白封筒が結構あるので、そいつにちぎり貼り。額絵と違って悩むこともほっんどなく、さくさく出来る。(そしてさくさく売れてくれるともっといいんだけどねぇ~…そーはならんのよね。でもカレンダーが鬼のよーに溜まってるので「放出したい!」が一番にあったりする…)

ちょっと前にオトート2号らが買ってくれた、コードレスの掃除機の不具合は何と! バッテリーがイカレてることが判明。部品取替えとなり、それが昨日2号ンちに送られてきたのでハハが2号と待ち合わせて引き取ってきた。で、まずはそのバッテリー交換から。この取り替え手順の紙がぺろんと入ってたのだけど、図だけでなーんの説明もない。"えーと、つまりこれをぱかっとして、ここのネジを外せってことかな…?"と図を見ながら、掃除機の角度を図のとーりに配置しながら考え、まぁ、さして難しいことでもなかったので無事交換した。けど、こういう図面があるってことは、バッテリー不具合が多いってことだよね? (充電してるのにランプが赤になったり青になったりで、使おうとすると1、2回吸い込んだだけで「しゅゅゅぅん」と落ちて(止まって)しまうのだ) そんでこのバッテリーは新品を送りつけてくるだけで、回収はしない。フツー、こういうのって「回収して何がどーしてこうなったか」とかの参考にするんだと思ってた。それで不具合直して、みたいな。違うんか。日本製じゃないからかな?

スーパー行って買い物してスタンプもらって、月内にあと5回行けば「ハズレなしのスクラッチカード」がもらえるんだけど、果たしてあと5回も行く必要あんのかなぁ? 1回の買い物が500円以上だから、最低でもあと2500円買え、てことになんだけど。そんでドベだったら100円アイス3個とか、そんなもんだしなぁ。1等は、まぁそれなりのモンだけど。(見たけど忘れた) こういうのって「踊らされてる」感、ハンパない気がするのはあたしだけか? とか言いつつ、こっちの商店街では500円以上の別店舗レシート4枚でくじ1回で、我がどーぶつびょーいんも参加してるんでインチョから『ぜひやって』とか言われてるんだけど。で、そのために明日とかわざわざランチに行くかもなんだけど。ま、かねてからハハと『そのうち行こうね』と言ってたレストランだからいーんだけどさ。

夕方からシゴト。せっせと薬包作りに励んだ。150錠とか60包とか、指示どーりに作ってるからラクだけど、『あと、作っておかなきゃいけないのは✕✕さんと〇〇ちゃんと…』『それより先に厄介な〇✕ちゃんじゃないですか』『そうだった、そっちが先か』『あ、でも週明けじゃないと△△の在庫がないです』とかなんとか、そんな会話が飛び交ってるの聞いてると、日曜もそれなりに大変だなぁと思う。『昨日、診てもらったけどやっぱりダメで…』で来院されたり、レントゲンとか血液検査とかがあったり、保護猫が来たりとかもあるし。掃除とか洗濯とか、さくさくできても、やっぱり9時は過ぎる。でもま、やっぱり平日よりかはラクだな、ホント。

帰宅して夕飯たべてからまたちょっと白封筒にちぎり貼りして(あぁ、何て楽しいんだ! これで引きこもるとかよゆーで出来そうだわ)、ネットでつい漫画読んじゃったりして、気づいたらまた2時だ…。白封筒はあと6通ばかり残ってるので、それをやっつけてから寝るかな。そんで明日はポストカード&グリーティングカードを作ろう。グリーティングカード…もうネタがないんだけど。でも何かまた違うタイプのを作りたいなぁ。








(´ー`)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-20 01:58 | そんな1日 | Comments(0)
寝たのが遅くて起きるのも遅くてつまり出かけるのも遅い、とゆー「3遅」パターン。本日は高円寺に納品(と売上げを頂戴しに)。ホントはDMできた時点で「納品&置きDMよろしく」のはずだったんだけどねぇ。

先々週あたり? だったかな、たまたまラテ蘭見てたらマツコの番組で『高円寺で猫グッズを買う』みたいな見出しを見つけて、こりゃ「猫の額」以外にないじゃん! と思って録画しておいたのね。案の定で、マツコがあの狭い(失礼!)店内をキョロキョロしてて、猫招きを買ってたので、オーナーに『見ましたよー』と声かけた。深夜の30分番組で、登場は10分足らずだったけど、反響はすごかったらしい。問い合わせ電話やメールとか来店とか。(特に放送後の週末は)
『いやぁ、ホントに突然でさー、びっくりしたよ。ちょっといいですか、と言われて「どうぞ」と言ったら入ってくるんだもん! 大きかった!』
『でしょうねぇ』
『テレビだとわかりづらいけど、自分と比較して改めて「でかい!」って』
『ここ、よく通れましたね』
『こっちの通路は無理で、こっちも横になって入ってきた』
『それで振り向けない、みたいな?』
『そう、無理。カメラは入れます? どきましょうか? みたいな』

と、納品ついでにちょっとおしゃべりして(ついでに6.66キロでセンセたちと「デビル」と呼んでた気の荒いにゃんこの話とか)、いま展示中の作家さんの作品を見せてもらった。うわっ、このポップな色使いとにゃんこたちの絵、すごい素敵ですね! と言ったら、アメリカとこっちを行き来する作家さんだそーで、この店では久々の男性作家さん。むぅ~、これからライブペインティングかぁ~…見たいなぁ…でも見てたらカクジツにびょーいんに遅刻するだろなぁ…と思ってたら作家の粟田洋介さん登場。開口一番『作家さんですか』と言われ、そーですと応えると、ナスさんのアクセ(わんこのブーツ)を褒められ、ゆりかねーさんのTシャツ(染め+手描き)を褒められ、ついでに和柄スニーカーも褒められた。うぅ、嬉しいけど、こゆとき「これが自分の作った〇〇です」てのを身につけていられたらなー、と思ってしまった。
アクセは過去に何度か作ってるけどさ、売れたタメシがないんだよね~。でもまたちょーせんしてみるかなぁ。

キャンパス用意するとこまで見て、すみませんと頭さげて店を辞した。もっと早く来てれば…って、早く来たら作家さんに会えもしなかったわけで、そゆ意味ではこの時間でよかったのか。ちとフクザツ。見たかったなー、ライブペイント。挨拶だけして帰られるって作家さんにも申し訳ないよね。

そのまま(B・オフとかに寄りたいのをぐぐっとガマンして)帰宅。3時ちょい前くらいで、昼抜きで出かけたのでそっこーでごはんチンして、卵かけて、先日作っておいた砂肝の醤油漬けとキムチを食べ、洗濯物を慌てて取り込んで(ハハは出かけてたのだ)、一服して出かけた。(やっぱり見てる時間はなかったな…)

シゴトの方はまぁサクサク進んだのだけど、やっぱり6時過ぎ(早番さんたちがいなくなってから)の来院が多くて、やれやれだった。お盆からこっち、預かってたわんこにゃんこたちがいなくなったと思ったら『明日、4匹来る』とかで、そっちの仕度もしとかないといけなかったし。

何つーか程よい気候で落ち着くねぇ。ホントはこゆ日こそサクサクと作りたかったんだけどさー、全然でしたわ。明日もこんな天気で、「以降崩れる」んだとか…何じゃそりゃ。また台風かね。しゃーないのぅ。










(=_=)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-19 02:28 | そんな1日 | Comments(0)
「仁義なき戦い」を始めとするヤクザ映画復活! みたいな宣伝と、結構な高評価だったのと、公開してじきに続編決定、の記事をどっかで読んだのでちょっと気になってた。のが近所の映画館に来たのでシゴトのあと、さくっと行ってきた次第。

ヤクザ映画は一時期よく観てたので、結論からゆーと「そんなに新味もないような…」てのが感想。設定が昭和63年なので、"何だ、平成ヤクザじゃないんかい"とまずそこでちょっとがっかりしながら、それでもとりあえず飽きはせずに観てた。

広島の架空都市での、ヤクザの抗争と、それを「どうしたいのか」よくわからん警察との三つ巴なんだけど、役所広司演じる大上(ガミさん)の『警察じゃからの、何してもええんじゃ!』とのたまう傍若無人な振舞い(賄賂は受け取るし暴力も不法侵入もその他何でもござれ)はヤクザより質が悪い。よーに見えて実は…みたいな話。ガミさんの下につくことになった新米刑事に松坂桃李。荒っぽすぎる新人教育を受けつつも、彼はホントは「大上の不正を暴く」ことを目的とした内偵なので、日々何とか喰らい付いてる。彼のアクションはまぁまぁなんだけど、見せ場としてはやや物足りないかなー。

公開当初はやたらと『アウトレイジ』と比較されてたけど、どっちがどうって…どーなのかなぁ…と考えてしまった。少なくとも『ンだと、このバカ野郎!』の応酬しかしてない、お前らの語彙はそんなモンなのかよクソ野郎! と叫びたくなるよな『アウト』に比べると『孤狼』の方が内容はある。あるけど、ヤクザ顔のヤクザ(つまりそれっぽい役者)が揃ってるのは『アウト』の方。らしくない役者もそれなりに見せてたしね。スタイリッシュなのも『アウト』だけど、舞台が「昭和末期」であることを考えると『孤狼』の方がある意味「ヤクザ映画らしい」のかもしれない。

終盤でガミさんの真意みたいなのが垣間見えてくるのだけど、"だから何じゃい、それでどーにかなる思うとるんかい、ワレ!"とツッコミたくもなる。そこ突けよ、桃李! とか思う間もなく急展開するのでヤレヤレ、なのだ。
監督が『日本で一番悪い奴ら』の人なので(こちらは道警の実話。2年くらい前に感想書いた記憶がある)、どー描くのかなーと思ってたけど、つまるところ「サツもヤクザも変わらん」て言いたいだけなんかな。だとしたらやっぱ「新味ないわ」だ。

にしても真木よーこ。あーたホントに極道の妻だったんか? と疑うほどにバーのママが合ってない。加えてあの軽薄で若いツバメが情夫? 笑かしてくれる、て感じ。一番のミスキャストだと思う。業も凄味も全然ないじゃん。まー脚本(演出?)も悪いのかもだけどさ。

あ~、唐突に大沢在昌原作、もんでんあきこ画の『雪人』が読みたくなった! (確か全5巻で、2巻までしか読んでない) ああいう、すぱっとした「狩猟系」の刑事の話が読みたい、観たい。ヤクザじゃないけどさ、ヤクザを「狩る」刑事がいーんだよ。どっかで入手できんかなー、中古で安く。

これ書く前にやふーの映画レビューを何本か見たのだけど、高評価で、そんで決まって星1つ2つの人たちが『なぜこんなに高評価?』と書いてる。まったくの同感。太鼓持ちが多いってことかな? それとも平成生まれが観ると斬新なのかしらん。ま、あたしは日本のヤクザ映画そのものに対してあまりいい評価持ってないんだけどね。韓国や香港の方がノアール度も密度も高いし。

明日は高円寺なので、これからまだちょっとちぎる。帰宅したらシゴトじゃ。気張らねばな。








(゜-゜)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-18 01:58 | 行った観た読んだ | Comments(0)
昨日もふと思ったんだけどさー、暑いけど「風は秋っぽい」よね? そーでもない? って地域によるか。今日も風すごくて窓半分の半分の半分…とは言っても「葉っぱ」のちぎり貼りは昨夜(つか今朝がた)のうちに終わったので、ちょっと修正したりしたあとはまた開けたけどね。
ちなみに葉っぱの数は487枚。500くらいで足りるかな、とゆー目測は正しかった。これが見た目ではせいぜい200くらいなんだよなー。でも20、30じゃきかない、色んな緑のチラシを使えたのでぱっと見は華やか。それでいーんだ。

青空に白い月。原っぱに立つ1本の木。そして椅子。両脇に2匹のくりくり。タイトルは『白い月が出たらキミを待ってる』。イメージと感想はどーぞそのまま秘めといてください。良かったらどんなモンか実際に確かめに来てくださいまし。ただーし! イメージと違っても作者は何の責任も負いませんのでそこはよろしく。

椅子をどんな形にするかちと迷ったのだけど、アンティーク家具のいいとこがあったので、下手に細工しないで(背もたれに穴開けるとか)、まんま使った。くりくりのサイズも迷ったけど、いつものサイズ。B3の絵だから、ぽかーんとした空間の方が目立つけどね、それがどんなもんか一度やってみたかったことでもあるから、出来て(かつ、案外悪くなくて)良かった。

無事完成したところで、先の『夜の歌が聴こえる』の方の微調整…つか、「引く」こたーできんので「足す」だけなんだけどさ。これはあたしがイメージしたのとズレるので何とも言えないんだけど、こちらもB3でいつものサイズのくりくりたちを入れた。ホントはなぁ~…もっと何つーか「絵だけでメロディが聴こえてくる」よーなのを目指したんだけどねぇ…デコパ紙がよろしくなかった。色が薄すぎたし、ちぎりにくさ極まりなくて揃えるのも難しかったし。ま、言い訳になっちまうのだけどさ。

2作品完成させたところでゴホービたーいむ! 猪川朱美の『鵺の絵師』の6巻を読んだ。たんのーう。この人の話は悪いヤツが出てこないんだよぇ。みんな素直でいー人たちばっか。ホロリと泣いてしまったりもして。
で、読了して本の折り返し部分の既巻の表紙写真を見て「ん」とか思ってしまい、5巻を検索。あっちゃー、未読だよ、これ。5巻の表紙に覚えがないなーと思ったんだもん。(でも気にすんな、BQ! 1巻抜けても話はわかるので、慌てて送ったりせんでよいからな!)

ガマンできずに続けて『ちひろさん』も読む。こちらも堪能。前巻で"もう終わり?"みたいな匂いがしてたので、続いてくれて何より。あたしのお気に入りの山姥姉妹も(ちらりとだけど)登場してくれたし。
あ、いまトートツに思い出した! 昨日『子供はわかってあげない』の話で「元姉ちゃんが」とか書いたけどあれは「元兄ちゃん」の誤りっす。これまで「兄ちゃん」と呼んでた人が性転換して、だからってすぐ「姉ちゃん」とは呼べないという主人公の男の子が『後から生まれたってだけで後手に廻されてんだから、これ以上混乱したら負けがこむだろ』とか言って、「お父さんが2人」の状況に混乱する女の子を慰める(?)、この弟クンもいーんだよねー。って話がズレてってるか。

とりあえず「額絵」は今日で一区切りで(まだ作るつもりではいるけど)、明日から「雑貨週間」になる予定。なので、机周辺の片付けその他で夜はおしまい。もやしがいっぱいあったので(もやしナムルを作ったばっかなのに、先日義妹が買ってきて忘れてった)、とん平焼きを作った。もやしが多過ぎて卵で巻き込むことができんかった…卵を3つにするべきだった。美味しかったけどさ。










(´ー`)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-17 00:42 | そんな1日 | Comments(5)
暑いけど風がある。ので窓は全開にしないで半分にした。チラシが飛ばされた。さらに半分にした。また飛ばされた。そしてさらに半分に。もう飛ばされなくなったが、

   シヌかと思った…

室温何℃なのか見なかったけど、窓が10cmも開いてないなんて密室みたいなもんだ。サウナで集中力を試す、なんてのがあったら、マジで結構イイ線行くのではないかと思ったりもしたけど(ゆーしょーたー言わん)、それより先に脱水で倒れるんじゃないかね。ちぎりまくりの集中力は自分では相当なモンだと思ってるけど、と同時に「だから何だ?!」とも思ってるので自慢にはならん。これで素ン晴らしいモノが完成したならまだ救いもあるけど、まだ蜜柑。これから意地でも完成させるけどさ。

ちなみに薄葉紙ちぎりは終わり、チラシちぎりに突入。こちらの方が(細かいけど)薄葉紙ちぎりよかはるっかにラクだ。薄葉紙はさー、どーしたって無理な方向(思い通りにちぎれない方向)があるから、多少ツメに負荷がかかってもチラシちぎってる方が楽しいんだよね。時間も忘れるし。
いまちぎってるのは葉っぱ。ひちすらちぎりまくり、それから貼りまくり、午前0時の時点で378枚貼り終えた。たぶん、あと200枚程度で完成するはず。数えながらちぎってるのかって? ちぎってるときは数えてないけど、貼るときにね、何となく数えてるんよ。あまり正確ではないと思うけど、正確か不正確かなんて意味ないからいーんだ、別に。見て欲しいのはそこじゃないし、500枚とか、どってことないしさ。(5年前の個展ではその倍くらいの星をちぎったように記憶してるけど何枚か忘れた…確かここで報告もしてるはずだから、遡ればわかる…はず。やんないけど)

夕方、BQから貸してた漫画と貸してくれる漫画が届いた。うひゃっほう! だ。ありがたい。(半分、ありがたくない半分? いやありがたいけど、自制も必要になるし) 夕飯後に1冊読むことを自分に許して、なーにから行くかな~、とほくほくしながら選んだのは『波よ聞いてくれ』。
も、この人(沙村広明)の、無駄に長い会話と蘊蓄とンなアホな! な展開と無茶を強引に押し切ってかつ読ませる力技には感嘆敬服畏怖するばかり。エッセーとか書かせたらヒラコー(平野耕太)並みの、「わかる人にしかわからないけどわかったらメチャハマる」読み物になるんだろーなー。(ヒラコーのエッセーはKMちゃんちにあるのだけど、「この元ネタがわかったらきっともっと爆笑できるのだろう」満載で、つまり「おもしろいけどそのおもしろさが自分には半分しか伝わってないあたりが悔しい」モノになってるのだ)

貸してた漫画の感想も書いてくれてて、以前びーどろねずみサンに貸したら気に入ってくれた田島列島の『子供はわかってあげない』を彼女も気に入ってくれたみたいだ。嬉しい。すげーおもしろい! とか、すげー感動するとか泣けるとか、そゆんじゃないんだけどね、読後感がいいんだよ。オススメっすよ。2人とも『「元おねえちゃん」がいい』と言ってたけど、あたしゃ「狂犬千田くん」が好きです、ふふふ。
明日は『鵺の絵師』を解禁にしよう。『ちひろさん』かな。楽しみだー。

夜、葉っぱをちぎりまくりながら、MP3を聴いてて、一巡して先日KMちゃんが入れてくれたアマザラシの曲になった。暗いっちゃ暗いんだけど、噛むほど違う味みたいな味で、深遠な歌詞に崖っぷちを覗いてる気分にもなったりするのだけど、何も考えずに指先だけ動かしてる「ちぎりまくり」のときに聴くにはいいのかもしれない。『つじつま合わせに生まれたぼくら』とか、何となくわかってたけど言葉にはできなかったことを歌にしてもらった感じ?

にしてもスポドリ粉末の売り切れはきついねぇ。おかげで今日は氷水(水道水の)ばっかだよ。明日も出かける予定はないから明日もか。ちっ。
さて、200枚ちぎって仕上げるか!









( ̄▽ ̄)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-16 02:02 | そんな1日 | Comments(0)
寝たのが5時で、起きたのが11時…こんなもんか? いやちと寝過ぎか。まいーか。昼食を持ってオトート2号家族が来る、てんで、じゃー珈琲だけでいいやと思って飲んで一服して、あとちょっと、だった背景の続き。あ、ここでちょっと叫ばせてもらうです。

  もっと太くするつもりだったのに何でこんなに細いんだーっ?!

どちきしゃう。オロカなり深夜のちぎり屋。大体1cm幅くらいの4種の薄葉紙ちぎり、ピンクと黄色はもっと細くてもいいかなとは思ったけど、ちぎってるうちにみんなどんどん細くなって、気づいたら3~5mm、ピンクと黄色は2mm以下となってしまい、当然の帰結として遅くなって4時になって「バカか自分!」とキレて、アイス食べながら『銀魂』見て風呂入って寝た。

いまさら替えられないしなー、とか思いながら、まずは2号へのプレゼントの1つとしても作る予定だった「食べるラー油」を作った。結構カンタンなんよ、これ。一味唐辛子と干し海老(のみじん切)と塩少々とかをボウルに入れておいて、白ネギ1本分のみじん切りとニンニクのみじん切りをたっぷりのごま油で炒めて先のボウルに入れて混ぜ、しばし冷ましておくだけ。辛味調味料として使えるので重宝するよ。2号はオーサカに単身赴任してるのだけど、1号と違ってちょこちょこ料理したりしてるのでね。ウチのがなくなってきたので新たに作るとき、ちょっとお裾分けすればいいかな、と思ってたわけ。

完成してもまだ来なかったので、昨日の背景の続き。してたらじきやって来て(2時近かった…)、ハラヘリだったのでありがたくお土産の海鮮丼にがっついた。『これぞ大阪土産、というモノがない』と、マフィンなんかのお菓子もらったけど、そちらまで手が出せないほどハラいっぱいになり、かつ、じきシゴトへ行かねば…となってしまった。
BDプレは『山賊ダイアリー』の3、4、5巻と『爆速レシピ』。10分で作れる、超簡単の1人飯レシピ本で、ネットで紹介されてるレシピのフォロワーは18万人だとか。読むとホントにカンタンで美味しそうなので、渡す前にいくつか書き出しておいたくらいだ。(1人前だけど、『基本、量を倍にすれば2人分になる、3倍なら3人分になるレシピばかりを選んで載せてる』とあった)
昼食後、ちょっとタブレットを見てもらったけど(姪のHRもいじってくれた。「取説を読むのが苦にならない」人はあたし的には「尊敬に値する」のだけど、まさかHRがその人だったとは…)、やっぱりダメだった。んむぅ~…だった。

で、シゴト。いやぁ~、何この人たち! てくらいの混みようで、待合室も表の階段も待ち人(&わんこにゃんこ)で埋め尽くされ、あたし何時に帰れるの?! と内心ちょっとびびったりもして。
そんでもって保定に入ってたらわんこにちびっと(ほんのちょっと)噛まれてしまい、あたしよりセンセの方が慌てて「チェンジ(他の人と交代)」。あたしは平気だったんだけどね~、『個展前なのに!』とあとでセンセが言ってたから、逆に気を使わせてしまったなー、とか思ってしまった。耳毛の長いわんこが来て、爪切りも肉球の間の毛を刈るのも大人しくしててくれたんだけど、耳はね、いじられると「ぶるぶるしたくなる」のよね。それがわかってたからときどき手を放してさせてたんだけど、センセが抑えようとしてあたしの手に向き合う形になって「かぷ」て感じ。

右手中指の先っちょで、2mm程度の噛み傷なんだけど、キー打ってるとちょっと痛いかな、て程度。なのでご安心あれ。ちぎりにもさほど影響ないと思うし、明日明後日くらいには完治してるだろーし。

帰宅したのは10時過ぎ。みんなはまだいてくれて、夕飯に作った餃子を焼いてくれた。食べるラー油を作ったのは偶然だけど、焼きたて餃子とこのラー油はやっぱり美味しかった。つい食べ過ぎたよ。
2号は1しばらくお休みだけど、HRは(先週、神戸での大会で見事、文化大臣賞を獲得したばかりでも)、練習と発表があるし、ママの方はお仕事がある、てことで12時前に帰宅してった。あたしとしてはあまりゆっくり話も出来なかった感じだけど、でも来てくれてよかった。ただ、タブレットは残念至極。ショップ行けばどーにかなりそだけど、もーそんなことしてる間が惜しいんだよぅ。









( ̄▽ ̄;)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-15 02:02 | そんな1日 | Comments(0)
一夜明けて作品見たらば「何だこりゃ!」…てのはよくある話(?)だけど、一夜どころか半夜で(つまり昨日、ブログ後に)「何だこりゃ」であった…う~ん…何かもー少しマシに出来てたつもりなんだけどなぁ。これでホントに「夜の歌」が「聴こえる」になるんだろーか…。

あとはくりくりのチラシを選んで貼るだけ、なんだけど、ちょっと萎えたので(つまるところただの先送り)、別の貼れパネの背景に入った。こちらも何か…何だろ、何かイヤ~な予感がするんだけど、とりあえず空。昨日「空色ではつまらないから幾何学模様とかできたらいーなー」とか言ってたけど、ホントにそれやると自分のセンスを疑うこと間違いなし! で、むしろそれだけで済むならまだしも、「個展なんて無理!」とか言いだしてしまいそーで怖くなってやめた。
で、無難な配色で(いちお、以前にも似たようなちぎりをしたかどーか確認してから)、ちぎり貼り始めた。

シゴトの時間までせっせとちぎってたけど終われず、9時過ぎに帰宅して夕飯後にまたちぎり始めたけど、やっと半分、といったところ。明日はオトート2号家族が来るらしいので、それまでに背景だけでも終わらせたいんだけど、どーかなー。

シゴトに出かける直前まで激しい夕立で雷も凄かったのだけど、行くころにはだいぶ雨脚が鈍ってて助かった。シゴトの方も普段よりかはだいぶラクで、4時過ぎにスーパーまで病院の買い物に出かけた。雨は降ってなかったんだけどね、途中、神社前を通り過ぎるときに紫色の雷がヘンテコな形で空を走るのを見かけて思わず「おおっ」と叫んでしまった。雷が四角を描いてばっと空が光って、それからちょっとしてンゴゴゴー、みたいな凄い音。
あとで診察で保定してるとき、飼い主さんがセンセと雷の話になったら『結構近くで落ちたんですよ、ちょっと停電にもなったみたいで』とか言ってた。そーだったのか、知らなかった。でもホント、凄まじい音たててたもんね。ありゃー近くに落ちたとしても不思議じゃないや。

初診の患者さんもいて(1歳ちょーどのわんこで、ともかくはしゃぐ、キスしたがる、で落ち着かせるのが大変だった…)、初診の方には履歴とかいくつか事前に書いてもらう用紙があるのだけど、来院の理由に
「かかりつけの病院が休みだったので」
とあった。あ、そーか、それで昨日今日と初診が何人かいたのか、と納得。キス魔のわんこは下痢っぽくて『何を食べさせたらいいかわからないので今日はまだ何も食べていない』のだそーで(いくら何でもそりゃかわいそすぎだ)、センセが『これを苦手なわんちゃんもいるんだけど、食べられるかな~?』と言いながら缶詰から一口分取って錠剤を入れ、口の前に持ってった。センセの手まで食べそうな勢いでがっつき、「美味い! もっとくれ!」と盛んに尻尾を振ってた。
『食べられそうですね』
『たぶん、何でもいけます』
そりゃこんな時間(6時過ぎ)まで絶食してたらね、大抵のもんは食べるよね。まだ若いし。この食べさせ方だとみんな食べるように思うでしょ、でも違うのよ。ごはん食べた! と思ったら「ぷ」とか言って錠剤だけ吐き出す子もいるんだよ。皿に入れておいたらそれだけ除けて食べたり、粉末にしてごはんに混ぜたら「ぷい」て感じで食べなかったり。ま、食べてくれてよかった。

予定ではこれからの2時間で背景を終わらせるつもりなんだけど、出来るかなぁ…つか、脳内予定から遅れまくってるよな、あたし…これ、とっくに終わってるはずのモンなのに。焦るわ。






(>_<)


[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-14 01:35 | そんな1日 | Comments(0)
昨夜(ブログ後)から明け方(4時くらい)にかけて作ってたA3サイズの絵の背景だけど、半分くらいできたところで

  この貼り方じゃなかった!

てことに気づいて、またモーレツに自分にハラを立て、続行するか中断するかしばし迷ったあと、続行した。貼れパネに貼ってるので(直後の1、2枚ならまだしも)、半ばまで貼ってしまったらもうどーしよーもない。これはこれで悪くないかもしれない…というササヤカなきぼーを抱きつつ、でも半分以上は「いや無理だな」と冷静に分析もしつつ、とりあえず完成させた。そーでないと全体がわかんないし、この上からさらに貼ることで何か違う感じになるかもしれないとも思ったからだけど、それはちょっとやってみてあっさり却下。あとは明日、と思って風呂入って寝た。

まだまだ寝れるんだけどな~、と思いながら10時半くらいに起きて、朝(つか昼?)の光ン中で眺めて「やっぱダメ、納得できん!」と思って仕切り直し。薄葉紙ちぎりがそんなに細かくない、てのと、まだじゅーぶん(在庫が)ある、てのと、何よりこの完成した方の絵が遠目に見るとさらに悪い、てのが理由。ちぎり絵は、それが薄葉紙であれチラシであれ、貼る前に「遠目で見る」ことができないからねぇ。貼って初めて立てることができるわけで、それでアラが見つかったりもするし、良し悪しの判断ができる。昨日、中断させずに完成させたのは(時間的には無駄だったわけだけど)、配色やバランスは悪くないことがわかったからヨシとした。

そんなわけで今日は(さっと買い物してきた以外は)同じ色とちぎりで、ちょっと違う貼り方でやり直し。残念ながら「こっちの方が断然イイじゃん!」てほどではないのだけど(つか、あまり違いはないよーに見えるけど)、あたし自身が納得できたからいいのだ。
3/4くらいでシゴトの時間となり、帰宅して夕飯後に完成させた。シゴトの方は来院少なくてラクではあったけど、満室の犬舎とゲージはやかましくてそれなりに大変だった。5匹続けてお散歩とか普段じゃ考えられないよね? 行ったのはあたしじゃないんだけどさ。

これからも少し手を入れて、あとはお月さんとくりくりを入れたらホントの完成。問題はくりくりのサイズ、かなー。A3にいつものサイズの連中を隅っこの方に並べる、てのも世界が広くていい感じがするんだよね。タイトルは『夜の歌が聴こえる』。お月さんの、ではなく「夜」ね。

もう1枚、A3のを作るつもりしてて、こちらの背景をどうするかがまだ決まっていない。何か背景が(色の差こそあれ)、みんな空、てのがねぇ…どうなんだろう。「月日和」だから当たり前なんだけど、ぶっ飛ばなくても、斜め上あたりを行きたい気はするな。となると…何だろね。幾何学的な模様の空もアリかなとか思ったりもするのだけど、発想はしても実際には作れないんだなー、ジョーシキが邪魔して。使えそうなデコパ紙もないし。となると、やっぱり無難な配色の空になっちゃうのかねぇ。

とりあえずこれからまたちょいといじって、それからここ数日食べ損ねてるゴホービアイスと録画したモン観るです。今季、いいアニメないのがホントに残念。








(=_=)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-13 01:55 | そんな1日 | Comments(0)
「ザ・チラシ」の2作品めが完成した。(つか、これホントにこんな名称でいいのか…?) 出来は…んんー、何とも言えないなぁ。文章を何度も何度も頭ン中でリピートするせいで(?)、良し悪しの判断ができなくなってる。ここでそれを書くべきかどーかちと迷ったけど書くか。

  キライとヒテイはちがう。ユルスとアイスルはにてる。セイギにはレイギもひつよう。

先の1枚目と同様、感想は胸にしまっといてください。いいなと思ったら覚えといてください。
なるならもう1枚、「ザ・チラシ」の絵に取り掛かりたいところなのだけど、そっちは実はあたしのオリジナルな言葉ではない。以前、書き留めてた言葉で、これは結構励みになるいい言葉なので、ぜひちぎりたいと思ってる。作ったら、その人の名前もちゃんと書くつもりなんだけど、この人が何者なのか知らないので調べないといけないな。どんな人なのか全然知らないんよ。

これを作るには箱型額をもう1枚買わないとなのでとりあえず置いといて、次の絵のための準備。似鳥で買った額に入れる絵なのだけど、すでに完成してる絵と、この1、2年で作った、飾る予定の絵を並べて「ちぎり文字なし」で行くことにした。「サユキノコトノハ2」だけど、文字ばっかだと疲れるじゃん、見てて。

似鳥の額がイイかどーかわからなかったので1枚しか買わなかったのだけど、これならイケるな、と思えたのでこれもまた買わないと、だ。……いつ買いに行くんだ? はーあ。
朝、ハハがスーパーのチラシ見ながら『今日、買い物に行ったら…』とか言うのでぷちキレて
『今日、どこにも行かないために昨日あちこち出かけたんじゃん!』とぶーたれた。ハハは素直に引いてくれたのだけど『じゃあ、私が行ってくるわ…』と言いつつ出かけなかった…てことはあたしが明日行くのか? こー暑くてムシムシしてておまけに個展まであと1ヶ月弱ともなると、イライラとキレやすくなっていけない。何よりさくさく進まない自分にハラ立って仕方ないし。気晴らしのラインゲーム「ぽこぽこ」もできないしさー。これが一番痛いかもだ。せっかくダイヤ40個も溜まったのになー。あとちょっとでレアキャラ(?)のツムツムもゲットできたのになー。オトート2号によると『雪丸さんは退室されました』と表示されてるらしい。ここまで来て誰が好き好んで退室するか!

似鳥の額はA3なので、それに入れる絵をスケッチブックに殴り描きして、これでいいかと思えたところでシゴトの時間。30分前までは曇り空だったのに夕立の土砂降り。傘は持たず、頭からカッパ被って出かけた。
行くだけで体力消耗した気分で、行ったらわんこにゃんこで満室で、短縮診療(午後は5時から)なのにわたわたしてた。センセに言われて気づいたけど、今年の盆休みは『暑すぎて実家に連れて行けないから預ける、という人が多い』のだそーだ。そーか、だから目一杯満室なのか…。

帰宅して夕飯たべたら10時。それからA3の背景のために薄葉紙をちぎりまくり、現在に至る。ひと雨降って(夕方の雨のあとはえらく蒸してたけど、いまさっきまた降ったあとはそーでもないな)、だいぶ過ごしやすくなったな。これから一気に背景仕上げてしまうか。全部は無理かな~。









(゜-゜)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-12 01:44 | そんな1日 | Comments(0)
えーと、まず最初に。昨日書いた「ぐーぐる当選」はやっぱ詐欺でした。だよねぇ~、だと思ったんだー。検索かけたら『詐欺ですよね』『詐欺でしょ』『詐欺です』といったトピがだーっと上がってて、そんで引っかかってしまった人への対処法? とか何とかいろいろあったです。怪しいと思う方、多いでしょーが、ごちゅーいを。

本日は早番、行ったらインチョがすでにいて、面会用の椅子も出てて、もしやと思ったらビンゴ。『おはよー、私は徹夜でーす』…あぁ、やっぱり…昨夜から危篤らしい✕✕ちゃんは、朝になっても何とか持ちこたえてて、そのせいでインチョは帰れず朝になってしまった、と…ご苦労さまです。
明日はお休み…と思う人が多いせいか9時前あたりから来院が溢れ始め、『明日はお休みですか』『お盆休みというか夏休みはいつからいつまでですか』等の問い合わせ多数。『短縮診療となりますが、お休みはありません』の応えに安堵する人同数。短縮診療となるも、「短縮勤務」とはならないらしいことをあとで知らされてこちらはがっくり。明日から1週間、1時間遅れでいいと思ってたのになー。

遅番の人が来てもバトンタッチできないまま、午前中目一杯シゴトして(インチョが徹夜してること思うと余計帰れない…)、ちょいと豪徳寺へ寄り、それから帰宅して「もう出かけない」と思ってたのになぜか経堂へ出る羽目に…何でかなぁ~…オトート2号ご所望の本(『山賊ダイアリー』の3、4巻)をこの週末にでも買わねばと思ってたので「その前倒し」てことでいいんだけど、ついでに在庫がなくなってきたにゃんこ飯も買ったりしてたので遅くなった。

カタカナが半分を占める43文字をちぎり終えたところで夕飯の仕度。本日は鶏むね肉の塩糀焼きとキャベツと塩昆布の副菜。美味しく食べて満足して部屋に戻り、さぁやるぞ! と机に向かったら、「ザ・チラシ」の上に乗せた文字(の上に風に飛ばされないよう紙を乗せておいたのに!)、「ル」の片方と「ス」の字がない! 紙の隙間から飛んだみたいで、部屋のあちこちを探して(ちぎりカスも多数飛ばされてたのでそれもコロコロで掃除しつつ)、根性で「ル」は見つけたけど「ス」がない…最悪、部屋の外、階段下まで飛ばされた可能性もあるので焦った。泣けた。これが星とかハートなんかだと、ほっといて新しくちぎるのだけど、今回のちぎり文字はグラデが入ってるので、同じチラシを使っても色がビミョーに違ってしまうので代わりがきかないのだ。

やってやれないことはないかな…と残りのチラシを見ながら考えてたらまた飛ばされてしまい、とりあえず貼ってしまおう、と思って「飛ばされ防止」の紙をちょっとづつずらしながら一文字づつ貼ってった。で、貼りながらふと左手を見たら、あった。「ス」が。ここだって探したはずなのになぜ?! と思いつつ、まぁここは素直に喜んで、無事貼り付け完了。あとは空きスペースに「何か」を貼れば完成。この「何か」が問題でもあるのだけど。

にしても「ちぎった升に1文字づつ入れる」て手法、かなりラクだ。升の中央に入れればいいので、前後左右の間隔を気にしないで済む。というだけでこんなにラクとはね~、て感じ。フツーに文字入れてくだけでも、濁点とかあるとまたちょっとずれてったり、間隔が狭くても広くても妙に違和感が出てしまう(気がする)ので、そこで神経使わないでいい、てのは嬉しい。もっとも、こればっかで埋めるわけにはいかないので(いかないよね?)、他の絵ではまたしんどい想いすると思うけどさ。

タブレットはまたちょっと触れてみたけどやっぱりダメで、「IDパスワードに覚えはあるか」というメールに対しての1号の返事はナシ。やれやれ。
ブログ書く前、ついネットで漫画を読んでしまった…『真夜中のオカルト公務員』てヤツ。なかなかおもしろそーだったけど、買うまではいかないかなー。豪徳寺で明日から3日間「全品20%オフ」だそーだけど、ざっと見ても欲しい本はなかった…よかった、なんだろな、これは。








( ̄▽ ̄;)

[PR]
# by yukimaru156 | 2018-08-11 02:06 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156