人気ブログランキング |
ハハは渋谷の某ぱんつ専門店(てわけでもないけど「美脚効果」のある「オトナの女性向け」で「ちょいといい値段」の店)でぱんつを買う。あたしのむじジーンズが4本は買える値段なので、ハハもそーほいほいとは買わず、年に1度、誕生月に送られてくる1000円引きの券とプレゼント引換券を持って買いに行く程度。
で、今月が誕生月なので、ハハに付き合う形で渋谷へ出た。目的がはっきりしてるので、直行して、いつも無地だからたまには柄物を買ってみれば、というあたしの助言に従って濃い目の色にあまり目立たないチェック柄のぱんつを試着。一発で気に入ったようなのでそれを、となったらついでに(?)、新素材のオススメぱんつも試着してみては、てことになり、履いたらその「気持ち良さ」に手放せなくなってそちらもご購入。おやおやだけど、今月に限り「お直し無料」で「送料無料」ときたらそーなっちゃうよねぇ。

ま、ハハはいい買い物ができてご満悦だし、それ見たあたしも気分良かったのでヨシとした。
昼食は来る途中で見かけた、つい最近できたらしいうどん専門店。外からもキレイで清潔な店内が見えて、昼時でもあったからだけど繁盛してたので入ってみた。
「釜揚げうどん」に汁がないことを初めて知った…。
汁なしうどんてのはなぁ~…そばもだけど、やっぱ「汁」が欲しいよなー、と思いながら食べた明太子バター醤油うどん、まぁまぁだった。店内はそこそこ混んでたのだけどすんなり入れて、でもふと顔をあげたら外に何人も並んでてちょっとびっくりした。

そーそ、何がびっくりって「生クリームチーズカルボナーラうどん」(て名前だったと思うのだけど)。丼を真っ白に覆う生クリームが「うわっ」て感じなのだけど、案外みんな(女性ばっかだけど)、フツーに食べてた。生クリーム絡めて食べてるうどんがイイのか悪いのかわからんけど、そー悪くもなさそーではあった。

帰りに『忘れないようにね!』とお互いに言い合ってた、コンビニでの「卵パック無料」の引換えレシートを持って訪ねたらば、その卵(6つパック)が『ない』と言う。この引き換えは人気なのですぐなくなってしまうのだとか。
『3時の便にあればお渡しできますが、あるかどうかはわかりません。別店舗でも大丈夫です』と言う。3時まで待つわけにもいかないし、同列のコンビニは経堂か豪徳寺か…と言いながらハハとちょっとがっかり気分で帰宅した。明日、ハハの薬をもらいに梅ヶ丘まで出るから、ついでに豪徳寺にも出て(カートンも買わねばだし)、そこで引き換えるかー。替えられるといいなぁ。

夕方からシゴト。何のかんのでちと遅くなったけど、まぁ「いつもの日曜日」な感じで終われた。あと2日、乗り切ればお休みじゃー。もう予定入っちまってるんだけどね。









( ̄▽ ̄)

# by yukimaru156 | 2020-10-26 00:52 | そんな1日 | Comments(0)
衣替えと古着回収のための処分と整理を兼ねて、朝からずっと箪笥や押し入れの前を行き来し、「整理、処分」対象には帽子も含まれるのでさらにカオスと化した部屋で1人格闘していた…と呼べるのかどーかわからんけど。たまに「1人ファッションショー」だったし。

もう着ない、とわかってても、やっぱり惜しいモノがいくつもあって、それらは絵柄やデザインが気に入ってるからでもあるのだけど、泣く泣く「処分の山」へ移動。でもアボリジニの壁画(を描いたシャツ)や、アトムの横顔内部(つまりシルエットで機械部分が丸見えのシャツ)は、やはり移動できなかった…。

先日、シゴト用に買ったエプロンが真っ黒なので、機能性もデザインも欲しかったモノではあるのだけど「病院で着用するのはどうだろう…?」と思ってたのね。それが案外好評で『かわいい』と言われ(このトシで黒エプロンが「かわいい」ってどうなんだとも思うのだけど)、ちょっとほっとしたのだけど、たぶん下のTシャツは「白でない方がいい」。黒白じゃあね、ホントにソーシキみたいじゃん? なので明るめの色のシャツを意図的に残すことにした。これまで着る機会の少なかったTシャツが日の目を見ることになりそーだ。これはいいことかもしれない。

そんで帽子。いまのところ「処分」を決めた帽子は夏冬合わせて12個。え、そんなに? と思うことなかれ。だって残ってる帽子は軽く50を超えてるのだ…3桁いってたころよかマシと思うけど、でももっともっと減らせるはずなのだ。たぶん。もう何年も被ってない帽子がまだあるし。(そして見て、被ると「今年こそ被ろう」と思ってしまうのだけど)

押し入れから、ハハがOL時代に着てたというレインコートが出てきた。確か数年前、もう着ないからと処分しようとしてたのを留めたモノなんだけど、着丈といい袖の長さといいぴったりで、カッチリかっこいいコートだから「いつか着たい」とは思う。思うけど、なかなかねぇ…これに似合うカッコってやっぱり「OLらしい服装」なんだよなー。それにね、いまのコートとかと比べると断然重い。イマドキの軽い服装に慣れてしまってるカラダには着づらいかとも思うんよ。

そんなわけで帽子にしろシャツにしろその他の服にしても中途半端に出したまま。で、シゴト行った。
今日はセンセとカンゴシさんの2人がワンコのオペで出張してるので大変、て話だったのだけど(昨日は雨だったけどよく晴れたし!)、意外にそーでもなくほっとしてたら、2人が戻ってきたあたりから何かと忙しなくなり、さて帰るか! と明日の準備を整え終えてタイムカード押してからまたちょっとあって、帰宅は10時過ぎ。それから夕飯。何だかな~。
ま、いいさ。明日は日曜だしね。ハハに付き合って渋谷だから、整理も処分もさらに伸びてしまうけど。








(^_^;)

# by yukimaru156 | 2020-10-25 01:28 | そんな1日 | Comments(0)
朝、とてもショックなことがあってしばし動けず、ホントに何つーか「ボーゼン」としてしまった…ちぎりのミスが発覚するのはまぁさして珍しいことではないのだけど、そのミスというのが、4年も前のモノで、さすがにもう「謝りようのないこと」である事実に打ちのめされてしまったのだ。

先月だったか、「過去作品のミスコピーで売り物を入れるための小袋」を作った。三茶でも何枚か使ったけど、まだ残ってて、そのうちの1枚がちと必要になったので出してみたら何と! 2016年版の卓上カレンダーのコピー(売るときは「生ちぎり」の方を売るわけで、だからこちらは保管用)で作った小袋。2月は『キレる前にキリかえる』だった。が、堂々と筆ペンで書かれてた文字は

  キレる前にキレかかる

何それ?! 意味不明じゃん、まったく! つか、キレる前にキレてどーすんだ?! いや、キレていないのか? まったくもって意味わからん! うわーっ、誰が買ったんだろ、何でツッコまれなかったんだろ。あたしだったら「これ、不良品では?」とかクレームつけてるよ。(もしくは笑いものにしてる。前者はなかったから後者だろう)
2016年申年は何部売れたのは調べることは可能だけど、わかったからってたぶんどうしようもないし、いまさら言われたところで困るだけだろなー。

当時はまだ「1枚1枚生ちぎり、筆書き」だったので、全部がこうではなかったはず(と思いたい)、と自分を慰め、この小袋を使ってちょっと礼状をしたためて投函に行く予定だったけど萎えて、スーパーへ出かけ、買い物だけして帰宅した。

そーそ、東松原のコンビニでたまに野菜を買うのだけど(どっかの八百屋が入れてるのだと思う。コンビニの軒先にスーパーより若干お安く並べてるのだ)、ここで野菜を3種以上買うと、レシートに何やらオマケがつく…らしい。すっかり忘れてたのだけど、インゲン(ハハの好物)と小松菜とキュウリを買ったらレシートに「卵6個無料」券がついてた…びっくりした。しかも店員が『いまちょっと切らしているのですが、期間内(26日まで)だったらいつでも引き換えますので』と言うではないか! 昨日1パック(12個)買ったばっかなので、いらないっちゃいらないのだけど、でもいる。ので、後日改めてもらいに来ることにした。にしてもインゲン、キュウリが1袋138円で小松菜が108円で、3つ買っても500円にならんのに卵6個プレゼントなんて太っ腹だ。ぽんたのポイントも溜まるしいーこと尽くし。
そーいや以前、レシートに「パン1斤」とあったのでもらった記憶があるなぁ。パン自体はどーとゆーことないコンビニパンだったのだけど、卵は嬉しい。近いうちに卵料理だな。

シゴト行く前の1品として作ったのはジャーマンポテト。ベーコンを使い切ってしまいたかったのと、単に「イモが喰いたい」から。マッシュの方が時間かかるからね、レンチンでちょっと柔らかくしておいて炒めて、コンソメと塩胡椒で。うん、まーまーの出来だった。
あとデハハに『1品作っておいてもらえるとラクだわ~』と感謝された。作るのはいいんだけど、「何を作るか」が問題だな。明日はどーしようかね。やっぱ卵か。








(#^^#)

# by yukimaru156 | 2020-10-24 01:11 | そんな1日 | Comments(0)
10時半に歯医者なので、9時半には起きてなきゃなーと思いながら寝た。初めてケータイの「アラーム機能」てのを使ってみたのだけど、鳴る前に目が覚めてしまい、どーしよーかな~、ととりあえず布団の中でぬくぬくとケータイが鳴るのを待ってみた。9時半ちょーどにトゥーランドットが鳴った。鳴るまでの20分ばかりはばっちり目が覚めてたのに、鳴ったら急に眠気が襲ってきて、10分ばかり寝てしまった…レム睡眠とノンレム睡眠(でいいんだっけ?)てこゆことなんだね。

顔洗ったあと、いつもハハがしてるよーに窓開けてメダカにごはんあげてお湯沸かして一番茶(最初に淹れた日本茶)を仏壇に供えて(てことをしてる人が少ないって本当?)、珈琲豆ひーて淹れてパン焼いてベーコンエッグを作って着席したら10時15分を廻ろーかという時刻になってた…慌てて食べたけど、半分ほどのところで完食を諦め、仕度をして歯医者へチャリ飛ばしてる途中で歯磨きしてくることを忘れたので引き返し、んがががーと洗ってから再びチャリに乗り、歯医者到着は10時33分。『遅くなってすみません』『大丈夫ですよー』でほっとしたと同時に、よく間に合ったぞ自分、といい気分になった。
診療後、先生はこれで治療は最後だと知らせてくれ、いまから1時間、12時くらいまでは何も食べないように、と言った。笑顔で『はい』と返しつつ、ココロで泣いた。
あたしのベーコンエッグが~!!!

泣いててもしょーがないので、すきっ腹を抱えつつ(あたしは朝食たべないと元気が出ない)、ウチの掃除と風呂掃除に励んだ。それからせっかくの半熟が固ゆでになってしまうことを承知でレンチンして、珈琲淹れなおして遅い朝食とゆーより最早昼食、を食べ、次は庭の草むしり。ハハがずっと気にしてたのだけど、三茶終わるまではカンベンしてもらってたのだ。

あたしの部屋以外はすっきりしたのでひと心地つけて、読書の続き。2時過ぎあたりからまたお腹がすいてきたのだけど、何か作る気にもなれず、本と財布と持って近所の喫茶店へ行き、遅い昼食にした。この喫茶店、喫煙可なので「珈琲読書」には最適なのだけど、その他の味となるとイマイチなんだよな~。残念。店主もいい人なんだけど。
ふと手を止めて本棚を見ると、横山光輝の『三国志』が全巻(56巻?)揃ってるのがわかった。これ読むためにここへ通うのもアリかなーと一瞬思ったりもしたけど(昨今のマンキツは吸えないらしーので)、まぁ、それは無理だろな。

そのまま帰宅も考えたけど、予定変更でそのまま経堂に出、昨日買えなかった防水加工のエプロンを探しに駅ビルに入った。エプロンは割とどこでも見かけるけど、病院に相応しく、かつ、「首かけ」ではなく「後ろ紐でないもの」となるとなかなか難しい。首かけは単にあたしの肩が凝ってしまうからだけど、後ろ紐は「病院のドアノブに引っ掛けてしまう」からなのだ。もう、これで一体何度、ちぎれかかった紐を直したことか! 布とかぎりぎりで縫製されてるから、継ぎ方もキレイにはいかないんだよねぇ。
一番いい形は「割烹着の袖なし」なのだけど、ありそでない…と思ってたらあった! でも「真っ黒」しかない。かあいいデザインのがこーんなにあるのになー。でもまた紐を継ぐのもイヤだったので買った。値段も手ごろ(1280円)だったしね。

帰る途中、ハハから連絡が入った。到着が同じくらいだった。料理も温泉も満喫したようで何より。道中含め、あちこち混んでたみたいだけど。
『いいお土産が何もなくて…』と言いつつくれたのが、彫刻の森美術館のマステだった。それも動物たちのかあいい絵で、なかなかあたし好み。これ1個で充分だわよ。
夕飯に里芋のサラダを作り、ハハの買ってきた鰯の明太漬けを食べた。明太子なのに何か甘い…こういう土産モノってどーしてこーなんだろね。
そんで夕飯後は、あたしの南大沢土産のごでばチョコを食べた。6粒で半額でも1000円だけど、やっぱ美味しかった。








( ̄▽ ̄)



# by yukimaru156 | 2020-10-23 00:44 | そんな1日 | Comments(0)
今日からハハはオトート1号家族と一泊旅行で箱根へ。あたしは「やんなきゃいけないいことごっちゃり」な状態の部屋の(机上も全然片付いてない…)、井草ゴザをカーペットに無理矢理替えて、それから友人と会うべく、南大沢へ出かけた。
出かけてから、もしチャリ置き場が満車だったら待ち合わせに間に合わないな、どうしよう…と思ってたら掲示板に「空」の文字。助かったー、と思いながら入ったら、どこを見渡しても満車。うー、でもどっかに空きがあるはずだ! と探し出して駐輪して、外に出たら「空」の字が「満」になってた…メチャラッキーだったな。

南大沢は、ブランドもんのアウトレット店がちっさな町を作ってるよーなもんで、でもとりあえずまずはランチ。とはいえ、2人して「どこに入りたい、何が食べたい」てのはなく、『あたし、まっくでもいいよ』『いいねぇ』でまっくに入った。すーごい久々で、つか、それより何より「ハンバーガーを食べる」こと自体がひさしぶり。近所にあったバーガー王が閉店しちまったからねぇ。ポテトすらひさしぶりで、美味しかった。辛いバーガーを食べたのだけど、ケチャップが相殺してるので、辛さとしては「ほどほど」な感じだったけど。

それから各種のブランド店を『半額でも1万か~』とか『お、このジャケットはかあいいね!』とか、2人でわいわしながら楽しみ、冷やかし、普段は(特に週末は)すごい混むという店をゆっくり見物した。あたしは三茶で1.5万の革鞄を買っちゃったので、いちおお金は持ってったけど「ホント~にココロから欲しいと思う以外のモノは買わない!」と決めてて、結果、買ったのはごでばの半額チョコ1箱(1200円)のみ。でもいろいろ見れたし、友人とおしゃべりしながら歩いてたので楽しかったし満足。
夕飯にはやや早い時間ではあったのだけど、今度はラーメン食べた。外食そのものがひさしぶりだから、こちらも美味しかった。

で、帰宅してからはもーだらだらっと、好きなよーに読書したり『ゴールデンカムイ』を(やっと!)観たり。
本は行きの電車から読み始めたSF『犬は勘定に入りません』。ホントは、これを読む前に『ボートの3人男』を読んでおくとさらに本作が楽しめる、てことだったのだけど(施川ユウキの『バーナード譲曰く』にそう書いてあるのだ)、どこ行ってもないし、今日も探したけどなかったのでね。ま、いいや、いまこれが読みたいのだし、と思って。まだサワリの部分みたいなもんだけど、なかなかおもしろそーだ。明日もオフだけど、読書だけで終わらせないよう、自重していろいろ片付けなくてはな。









(´ー`)

# by yukimaru156 | 2020-10-22 01:18 | そんな1日 | Comments(0)
ハハを30分ジムへ送ったあと、今日はいい天気なので衣替えだーっ! と思ってたのだけど、昨夜遅くに豆本協会へ送った写真のことがちょっと気になってメールチェックした。びんごであった…もう数点欲しいとゆーことで、とりあえず出店で使った敷き布を干し、夏のジャケットやなんかを数枚洗濯したあとは再びの撮影。
とっとと撮って送って衣替えとかゴザ替えとかしたいと焦るほどに「うまく撮れない」のはもーお約束? みたいなもんだわね。チラシって光りやすい(?)し、先方の言う『生ちぎりっぽさ』なんて難しいったらない。生ちぎりとちぎりコピーの区別ってのは見た目だけでもわかりづらいのに、どう工夫すればいいか全然わからん。こゆとき、写真屋で花の接写写真とかが得意のKNちゃんとかに依頼すれば一発なんだろなー、とか思ってしまった。時間があれば頼むんだけどね、もちろんタダでではなく。

とりあえずこんなかなー、てとこで折り合いつけてPCに取り込んで送信。肉眼でもわかってもらえなくて『触ればわかります!』とか言ってるんですよー、なんて余計なことまで書いてしまった。でもホント、そーなんだよ。ちぎりの切れ味? がどんどん鋭くなって、最早「切り絵」に近い…てのは言い過ぎかもだけどさ。

それからやっと衣替え…なんだけど、実は半端なところで終わり。毎年2回、春と秋に古着回収があるのだけど、今年の春は諸々のイベント同様、中止だったのね。それがこの秋(11月)はやるという告知があったので、合わせてまたまとめたいと思ってたのだけど、それにはやっぱりもーちょっと時間がいるなー、てとこで。
自分の服も「増やすより減らしてる方が絶対多い」と思うのだけど、にしてはまだまだあるな~、て感じ。元々すごいたくさん持ってた、というよりは単に「捨てられなかった」からなんだけど。まだまだ、思い切る必要があるなぁ。

シゴト行く前の珈琲タイムに焼きりんごなるモノを作ってみた。先日、ご近所からもらったりんごが紅玉でね。「輪切りにしてそれぞれの芯をくり抜き、また重ねて、穴に蜂蜜を入れてアルミで包んでトースターで焼く」というレシピを見て、お、それは美味そうだ! と思ったので。(つまり初挑戦) ただ、何℃で何分焼けばいいのかわからなくて、180℃で8分やってみた。まだもうちょっと、て感じだったのでさらに8分くらい。ホントはさらに5、6分やった方が良かったのかもだけど、珈琲飲んでる時間がなくなってしまうのでね。
シナモンもたっぷりかけたので、甘い香りと混ざってすっきりと美味しくできた。ハハも大喜びで、りんごがも1つあったから、夜、シゴトを終えて帰宅してからも一度やった。

「やっぱり魔の火曜日」てことで帰宅が遅くなったから夕飯もその後の紅茶タイムも遅くなってしまったけど、今度は輪切りではなく半分にカットして芯を抜いて、てやり方でやってみた。やっぱり美味しかった。もらった蜂蜜をどう使おうかなーと思ってたのだけど、これはいい。紅玉ってなかなか手に入らない(近所のスーパーとかでは見かけない)気がするけど、安く入手できたらまたやりたいわ。









( ̄▽ ̄)

# by yukimaru156 | 2020-10-21 01:03 | そんな1日 | Comments(0)
ハハがいなかったらうっかり寝過ごして歯医者に遅れるところだった…なぜか俳優の高島アニ(オトートだったかもしらん)が部屋に入っていいかと尋ね、え、何で? て会話をしてたところだった。入れたのかどーかはわからん。つか、そもそも何で彼が部屋の外に立ってたのかもわからん。

起きたら血圧測るのだけど、昨夜も今朝も結構高めで、まぁどーでもいいや、と朝食たべて歯医者。帰りに夕飯用にあさり(100グラム79円が高いのか安いのかよくわからんけど)を買い、帰宅してからまたひと休み…できたらいーなーと思いつつ、「ぐちゃぐちゃ加減ここに極まる」的な部屋を片づけて、それからやっと昨日持ち帰ったまま玄関に置きっぱのダン箱2つを持ち込み、中のモノを整理した。

クリマカ(クリスマスカード)は新しくは作らず、去年の残りを10通ほど持ち込んだのだけど、売れたのは1枚だけ。年内に売る機会はないから、自分で使うしかないかなー。ま、それもいいけどね。
ただ、去年のクリマカで「革しおり付き」はここに豆本付けて、京橋の豆本展に出すことができる! と思いついたらちょっとやる気が出てきて楽しくなった。いま付けてる豆本でもいいのだけど、どーせならクリスマスっぽい内容がいいかなーとか思ったり。でもまんまクリスマス物語だったら通年で使うのははずいかもなので(しおり自体はクリスマスと関係ないので)、夜とか星とか天使とか、そんな類の話をね、どーかなーとか。うん、できそかな。

昼食に蟹雑炊たべたあともがさごそしてたらあっちゅー間にシゴトの時間となって、なかなか激しい降りの雨ン中をチャリで出かけた。当然、全身すっぽりのレインポンチョ着てね。チャリカゴまですっぽり入るからイイ感じなのだ。これ着てお店とか入るのはちと勇気いるよーに思うけど。(それと、風の強い日はすぐめくれてしまうので洗濯ピンが欲しくなる…)

そんな天気だったのでシゴトはさくさく進み、今日は早く帰れそうだー、と金曜の過酷さを知るセンセと『あの日のしんどさを半分今日に廻してあげたい』なんて戯れ言いってたら、閉院の7時間際から俄然忙しくなってしまい、ばだばたして8時半。でも先週の金曜に比べたらほんと、なんぼのもんだ、て感じだった。

豆本協会の会報に載せる記事の締め切りが20日だったので、撮っておいた写真を添付して送って、やっとひと息。うぅ~、ねみぃ~! でも何か動画観たい。ゴホウビアイスも食べたい。この3、4日ほど食べてないし、がんばったしさ。だから血圧上がったんか?








( ̄▽ ̄)

# by yukimaru156 | 2020-10-20 01:02 | そんな1日 | Comments(0)
昨日は12月半ばの気温だったらしいけど、今日は晴天。フツーに晴れたさわやかな1日で(すぐ地下の穴倉に入ってしまうのだけどさ)、お客サンが入ってくれるといいねー、と出店者サンたちと話してたのだけど、う、う~ん…びみょぅ~。まぁ、昨日よりマシかなー、て程度かな。予約制だから天気とかあんま関係ないしね。

常連作家サンたちのいんすたとかつぃーととか何とかで告知されて来訪してきた方というのは「目当ての作家作品が見れたら満足」、みたいな感じで、あとの作家は「ついで」みたいなモンなんだ、とゆーことがよくわかった。90分という時間制限があるけど、実際に『次回の方々が入場するのでお引き取りください』みたいなアナウンスは1度もなく、そもそも「90分もいない」人が大半だったと思う。(これはみんなの感想だ) 

不憫だなと思うのが、いつも子供たちがわらわらと囲んでる、キッズグッズが多い作家さんたち。その子たちの親が買ってくれるとか、その親も楽しんで買ってくれるとかがメインなわけで、子供がいない(まったくいないわけではないけどすごーく少ない)場内ではやはり他ブースよりさらに閑散としてしまってるのだ。ま、おかげで普段見られない、彼、彼女たちの作品を間近で見ることができ、いつも挨拶程度しかできなかった作家さんとあれこれ話ができたのは良かったけど。
『あ、こういうのも作ってるんだ!』
『いつも机廻りは子供がたかってるから、手に取れる距離なんかで見られないもんねー』
なんて言いながらわいわいとガキんちょ気分で拝見し、遊び、ついでにちょっと買ったりなんかしてね。

買っちゃったと言えば、すげー大物を買っちゃったよ! 実は昨日からずーっと狙ってて、かつ、迷ってて、迷うというのは「売り上げがこんなもんで買うのか自分?!」てことなんだけど、「たっぷり容量のリュック」は以前からちょっと欲しいと思ってたモノ。それが革で真っ赤で、もーホントに悩みまくり。昨日のうちに決断して買えていればラクに持ち帰ることができるとわかってたんだけど、買えなかった。でも革だけど軽いし、肩かけにもなるし…でハハの『迷ったときは買いなさい』がまた拍車をかけてくれて(ハハは「即決の人」なのだ。そしてしばらくして「やっぱり合わない、いらない、あげる」の人でもあり、だったら違う色が良かった! とか過去多々ある)、結局「買っちゃった」のは午後もだいぶ遅くなってから。でもやっぱ買って良かった。何か気分が上がるし、出かけたくなるし、肩かけタイプでは肩がつらくなるときもあるのだけど、両肩ならまだイケる気がするからね。(あたしはなで肩なので、単に肩掛けだとしょっちゅう紐を気にすることになるのだけどそれもなくなる)

終ってみたら「昨日よりややマシ」なくらいで、昨年の三茶は1日は雨で中止だったのだけど、そのときの1日分の売り上げよりちょっと少ないくらいだった。「赤字ではない」てだけな感じ。100円くじもね、あんまり高いモノ並べるもんでもないな、と思った。お客さんがそっちで満足してしまうんだね。今度からもっとイイもの並べて「買ってくれた人が引けるくじ」にしようかなー。あとDMの人の限定。そしたら2、300円のモノでも買ってくれるかもしれないね。

帰宅したら何と! ハハの友人が送ってくれた「越前蟹」がどーんと食卓の上に鎮座してた。昨夜、送ったよ、という連絡が入ってたのは知ってたけど、やつぱりナマで見ると感慨深い。ハハはちょっと前に夕飯を食べ終えてたのだけど、『2本だけ食べて、あとは雪丸と一緒に食べようと待ってた』と言い、2人で『美味しい~!』『ンまーい!』と言いながらほじほじしてた。マヨ醤油かゆずポンあたりが好みではあるのだけど、これはそのままで充分塩味が効いてて美味しかった。そんで蟹味噌は明日、ハハと雑炊にして食べる予定。
明日がシゴトでなければ極楽なんだけどなー。








(´ー`)


# by yukimaru156 | 2020-10-19 00:48 | そんな1日 | Comments(0)
  三茶アート楽市初日 対策は万全だけどお客サンは少なくて残念_d0078532_23084233.jpg
本日は三茶アート楽市の初日、1日め。シアタートラムという劇場(初めて入ったけど、駅からすぐだった)で、コロナ対策がもー「これでもか!」てくらいがんばってる。検温、消毒は必須としても、各ブースごとにビニールカーテンの仕切りを設け、その他の消毒やら換気やらも当然。そして全員にフェイスガード。これはマスクしてたらなくてもイイみたいで(ほっとした)、着用してる人はほっとんどいなかった…気がするな。

ちぎり屋ブースはざっとこんな感じ。正面撮りもしたけど、どつちにしてもモノは見づらかった…失礼。相変わらずのごちゃごちゃぶりですねぇ。自分でもちょっとばかし飽きてきたですよ。
朝からあいにくの雨で(当然、傘さして行った)、まぁ屋内だし予約制だからカンケイないのだけど、それにしても人がいない! 予約してくれた友人(ご来場感謝!)によると、ネットで購入するにしても手続きが面倒くさいことこの上ないらしく、『あれは途中で諦めた人が大勢いる』て話。ただ「ぽち」で済む話ならまだ良かったのにねぇ。

このチケットの入手については作家さんたちからも不評で、でも主催者サンに言わく『ここが「劇場」である以上、チケットを買って入ってもらうやり方でないとダメなので』。うーむ、そういうことなのかぁ。ちと杓子定規すぎる気がするけど、仕方ないんかな。もー作家も主催者サンも願いはひとつ、『来年は緑道で!』。これしかないやね。この劇場も決して悪いところではないのだけど。

ヒマすぎてあたりをウロウロし、普段は見たことない作家サンの仕事ぶりを拝見したり、常連さんと1年ぶりのおしゃべりしたり。ぽつぽつとは売れたので何とか出店費は捻出できたけど「だけ」だった…そんでちょっと欲しいなー、とか思う革製品を見つけてしまったりして、買ってしまったら完全赤字。ま、こういうのは「出会いもん」であって、儲けたから買うとか買わないとかではないんだけどさ。でもまだ考え中。

実は昨夜、1時過ぎには寝たのだけど、なぜか3時前くらいにふと目が覚めてしまい、そしたらどういうわけか眠れなくなってしまって参った…寝なきゃ寝なきゃと思うほどに眠れないものなんだよねぇ。疲れてるはずなのに頭が冴えてしまって眠れない。それでもどうにか(いつの間にか)寝てたけど、全然寝たりない。今日は椅子に座ったら爆烈睡魔が襲ってきて、こりゃダメだと慌てて立って、以降、ずーっと立ちっ放し。なので余計くたびれた…帰りは(荷物を置いたままにできるので身軽とはいえ)、えらい寒かったしねぇ。そして眠い。危うく寝過ごしてしまうところだった。

帰宅したら、区の健康診断結果の通知がきてた。健康年齢は43歳。実年齢マイナス9歳。去年は10歳だったので、ちょつと悔しい。ハハに言ったら『私は66歳よ』。はいはい、若くて羨ましいです。あたしだって若い方…だと思うけどさ。








(^_^;)


# by yukimaru156 | 2020-10-18 00:15 | そんな1日 | Comments(0)
まさかのハードな半日となってしまった…遅くとも9時には終われるはずのシゴトが10時半とかありえんでしょう! 出店前日にこんな時間まで働くなんて過去なかったんじゃないかね。わかんないけど。帰宅して夕飯たべて(がっつり肉屋のトンカツ)、ふぅーとひと息ついたらもうゴゼンサマだよ。ま、準備はあらかたできてはいるんだけどさ。明日は9時前くらいにウチ出りゃいいし。

什器だ何だと揃えてから改めて梱包し、いちお降られてもいいようにダン箱2つをでかいビニールの袋に入れた。出店は屋内だけど、朝から雨予報だから(今日はバツグンにいい天気なのに!)、道中で困らないよーにね。
100円くじに出してしまえば良かった! と思うモノがまた出てきてしまい、でもこれ以上は入らないとゆーか、たぶん並べられない、と思って諦めた。土曜にくじがわんさか出たら(出るといいけど)、補充用としよう。出るといいなぁ。

午後、ハハが美容室へ行ったのでウチの掃除をしたけど、自分の部屋はあまりにも乱雑に散らかりまくってて掃除機を入れることができなかった…フツーは作品やダン箱が片付いてるから掃除機入れることができるはずなんだけどね。全然片付けられなかったので。チラシとかもそのまんまだし。

ところで「あっても見向きもされないことが多いのに、ないと絶対『ないの?』と言われてしまうモノにポチ袋がある。そのポチ袋が(100円くじにはあるけど)、販売用にはないので、できたら2、3セットくらい作りたいなー、と思ってた。チラシに触ることすらできんかった…もしかしたら帰宅後、ちょろっとできるかも…とか思ったんだけどなー。1人お休みだったのもあるけど、たぶん明日の雨予報に対してみんな「今日行かなきゃ」とか思ったんだろーなー。そーそ、加えて午後5時過ぎからオペ2件続いた、てのもあるな。重篤の子も来たし。

アートフリマは昨年10月の三茶以来なので、あれやこれや不足や不手際があるんではないかとヒヤヒヤもしてるのだけど、たぶん「何とかなる」でしょう。
そーいや今回の出店、出店者は「フェイスガード着用」なのだ。行ったらスペースに人数分置かれているらしい。どんなんだろう。てゆーか、これ着用しててもマスクも必要なの? 朝からマスクつけてて、終了は19時なので、そんな長い時間つけっ放しでいたことはないのだけど(いつもせいぜい4、5時間)、今日6時間半つけてたら唇廻りや頬、顎の下あたりがかぶれたような、ヒリヒリするような、イヤな感じなんだよ。何かムズ痒いし。明日もそうなったら「どんなマスクでも肌に合わない」こと確定だなぁ。

そーそ、昨夜、ミニ額を3枚完成させて、うち2枚は台紙に裏打ち紙を使ってみたのだけど、なかなかイイ感じに仕上がった。のだけど、問題が発覚。

   サインが書けない!

額に入れたら必ず入れる「sayuki1/1(一分の一)」もしくは「Sa1/1」が入れられないのだ。布に書けるペンというのも持ってるのだけど、太すぎてこのミニ額の絵には入れられない…と思ってたらちぎり神サマが降臨して助けてくれた。白い丸シールに「さ」の字のハンコ押して貼ればいいのだ! てことで無事解決。良かったー。またこの5ミリの丸シールにハンコがぴったりなんだよねー。さすがはんこやMNちゃんだ。彼女とは久しく会ってないけど(三茶の常連でもあったのだけど)、元気してるかなー。だといいなぁ。

さて、明日、明後日は三茶アート楽市です。予約してくれた方々、メンドなことこの上ないのにありがとう。新旧織り交ぜてお待ちしてまーす!









( `ー´)ノ💛

# by yukimaru156 | 2020-10-17 00:52 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156