鉄琴と木琴 と100均の文庫ノート と着替えは必要か

あたしがよく「まだ使えるけど不要なモノ」を持ち込む0円マーケットには、大きめのコルクボードがある。上半分に「欲しいもの」下半分に「譲りたいもの」のメモがピン留めしてあって、読んだ人が"あ、それ欲しい"とか"それウチにあるけど使ってないな"と思えば、メモ先に連絡を入れるか、もしくは店番の人に告げるとかするわけだ。ま、大抵は店に置けないでかいモノ(本棚とか。以前、茶箱なんてのもあった)、持ち込みが困難だから取りに来て欲しいもの、なんかが貼られてる。

そのメモにずーっと以前から「鉄琴ください」とあるのは知ってたのだけど、木琴はあるけど鉄琴はないなー、と思ってた。で、今日、不要なカレンダーとか(びょーいんにいっぱいあって、先生に処分を頼まれたのだ。メーカーさんや銀行や新聞社のモノだけど、「ご自由にお持ちください」の箱に入れてだいぶ捌けたけどまだあって邪魔だった)、その他あれこれと一緒に持ち込んだ。
『あ、これ、メモにあった!』
とすでに馴染みとなった店番の人が顔をぱーっと輝かせたので、『すみません、メモは知ってたんですけど、これは鉄琴じゃなくて木琴なんです』と言うと
『え、テッキンとモッキンは違うんですか』
そりゃ違うでしょう、いろいろと。音色からして違うと思うし、そもそもこの木琴だってお子さま用の、おもちゃみたいなもんだし。何だかなー、期待させちゃってすみませーん、て感じだ。
『このメモ書いたの、この店のオーナーなんですよ。これから来るので、木琴でダメかどうか訊いてみますね』
と言ってた。ダメと思うけどなぁ~。ま、それでも誰かがもらってくれるでしょう。ぽくぽくと楽しんでくれたら嬉しいな。

帰宅して、今度は真逆方向の経堂のパン屋へ向かう。年末に買ったパンがいつものと違ってたので、『年末に買ったパンなんですが…』のひと言で通じた。やはり出してたパンが違ったことに気づいていたらしい。ここは食パンのみの店なのだけど、ぶどうパンやチョコパン、チーズパンなどいくつか種類があり、これらはみんな同じ形してるのだ。チョコは見た目でわかるけど、あとはスライスしないとわかりにくい。ウチはいつもノースライスで頼んでるので、余計だ。平謝りされ、笑って流して朝食パンを買い、100均でちょっと買い物して帰宅した。

100均で(ハハご所望の室内履きはなかった)、文庫型の白紙ノートを見つけた。文庫っぽい作りになってて表紙は無地、そして紐栞が付いてる。このノートに表紙、紐の先端にちぎり絵付きのガラスを付けたらちょっとイイかも、と思ったのだ。思ったとなるとすぐ作ってみたくなるので、早速1冊制作。表紙は、ちょっと迷って、フツーのチラシにしてみた。このチラシの硬さはちょっと考えなくてはかもだけど(ノートの表紙がやわいのでちょっと付けにくい)、悪くなさそーだった。このちぎり絵付きガラス(びーどろねずみサンとのコラボ)、ストラップの他に何かもーちょっと工夫できないかなーと思ってて、それで三茶用にリングノートに栞として付ける、てのをやったのだけどね、リングはどうしてもページ数が少ないのと、どちらかが選べた方がイイかな、と思ったのだ。
さて問題は、これをいくつ作るかだなー。とりあえず3冊買ってきたのだけど、サンプルとして1冊必要なわけだから、やっぱあと最低でも3冊はいるかね。残り数冊だったから、買うなら早く行かなくてはな。

ちょっとしてからシゴトに行ったのだけど、人数が少ないこともあって、ちょっと時間がかかってしまった。あまり時間がかかるとセンセ(いんちょ)の機嫌に影響するんだけどさ、今日はしょーがないよ。伝達ミスもあったし、遅くに面会もあったし。そんで一番手のかかる子(すごいかあいい顔してるけど性格ぶす)に薬飲ませようとたら(センセが給餌、あたしが保定)、暴れながらシッコひっかけてくれるし。もー帰り際だったからいいけどね、やっぱ着替えって必要なのかなーと思ってしまった。以前は「まさかのときのため」に持参してたんだけど、必要としたことがなかったので持ってなかったのだ。やっぱ必要ってことかー。








(゜-゜)

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2018-01-10 01:39 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156