レンジで苺ジャム! と中華一式 と閉院後にオペ4つ?!

先日、ネットで「レンジ苺ジャム」なるモノを見つけ、ちょっとやってみたい! と思ってやってみた。ものすごーくカンタンで、へへー、て感じだった。5分でできるので、ぜひお試しあれ。

苺は100g程度(あまり多くてはいけないらしい。パック半分にちょい欠けくらいかなー)、ヘタ取って4分割。砂糖30~40g、レモン汁好きなだけ、を大き目の耐熱皿(ここポイント。ぐつぐつとすごいことになるので平皿だと溢れる)にあけて、ラップせずに500Wで1分半。一度レンジを開ける。(ここ大事!) それからもう一度500W1分半、レンジを開ける。そしてもう1回。だいぶジャムらしくなってきたけど(レシピはここで完成)、さらにもう1回。そして見事な苺ジャムかんせーい! 
100gだからそう多くはないのだけど、トーストやヨーグルトにかけて食べるには充分。ハハもびっくりしてた。苺はちょっと形残してるくらいで、そこがまた食欲をそそってくれる。素晴らしいねぇ、よく考えついたもんだわ。この苺ジャム、「レンジを1度開ける」がミソみたいっすよ。

さて、先日ちらりと書いたけど、友人が中華食器を欲しがってる、と人づてに訊いたので『あるよ、一式』と言ったら喰いついてきた。d0078532_0244784.jpgのがこちら。なかなか壮観っしょ? 蓮華から湯呑、スープ碗、餃子皿から炒飯皿、小鉢、ラーメン鉢、それに大皿小皿と、全部で何種類だ? ま、これだけあるよ、てことで。さすがにねぇ~、これだけの食器を使いこなせる家庭も少なくなったのではないかなー。場所とるしねぇ。

ちょっとわかりづらいかもだけど、中央の絵はドラゴン。結構愛嬌ある顔してるのよ。あたし好きだったな、これ。でも我が家でよく使ってたのは餃子皿や大皿、それとラーメン鉢くらいだった気がする。ハハもそう言ってたし。

これはばっさまが集めてたもので、銀座陶雅堂の一式なんだけど、毎月1組(5つ)づつ、1年かけて(?)届いてたものらしい。当時としてはそう珍しくもなかったみたいで、骨董屋に売りたいと申し出たら『需要がないので…』と断られてしまった。だからって捨てる気にもなれず、でもさすがに使わないなー、と思ってたところなので、もらい手が見つかって嬉しい。それが友人なら尚更だ。

近いうちに引き取りに来てくれるそうなので、それから梱包、てのも時間取るから、いまのうちにやってしまおう、てことで写真だけ送って(あ、柄の好みもあるからわかるように事前に送ってるよ)、それから梱包した。千葉から持ち帰ってカラのままのクリア衣装ケースがあったので、それに詰めてった。見事に全部収めることができたよ。ハハに褒められるくらいきっちりキレイにね。

じきシゴトの時間となったので出かけた。そんなに忙しくもなかったのだけど、「閉院したらオペ」と言われ、それも4つ、とあとで知ってバタバタした。にゃんこの避妊て20分程度で済むらしいのだけどね、麻酔の効いてない(効いたかと思いきやいきなり手足をばたつかせてみんなを慌てさせた)にゃんことかもいて、ロスも少々。1つオペが終わる度に術具一式の洗浄。9時にはカンゴシさんを帰し、10時にはあたしも帰れと言われ、そうさせてもらったのだけど、過ぎてもまだセンセたちはオペしてた…そのあとまた夜間に行くとか、もー聞いてるこっちがぐったりしてしまうわ。

帰宅したらハハは絶賛観戦中。くたびれたけど、こーしてすぐ食事にありつけるのはありがたいなぁ、とつくづく思いながら1人で食べた。
そーいや話違うけど、45年続いた『ポンキッキーズ』がついに終わったのね。グッズもおしまい…なんてことにならないといいんなぁ。つか、グッズだけでも展開してってくれないかなー。








( ̄▽ ̄)

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2018-03-28 00:24 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156