お向かい3階建ての建築が始まる で、隣室移動を考える

朝っぱらから外がやかましく、あぁ~、ついに始まったかー、だった。部屋の向かいの家の建築ね。まずは足場組みから。鳶さんたちの怒号なんかも行き交う中、着々と積み上げられてく鉄筋。隣家は2階建てだけど、あたしの部屋の前だけが3階建て。見上げて、あそこまで壁が来ることになるんだな、と思うと何とも言えない虚脱感。部屋の中が見られる、てことより「空が見えなくなる」てことの方が痛い気がする。(まぁ、同義みたいなもんなんだけどさ)

ちょっと本気で、隣の部屋に移ることも検討すべきなのかな、と思いつつ、昨日作り終えたカードや封筒をしまったり、週末に持参する作品を選んだり間引いたり。こういった作業もあちらからは丸見えなわけで(でも見られてる感はそんなにない。覗き見してたら危ないしな!)、移動するとしたら…なんてこと考えてると滅入ってきたりもした。

築52年の木造家屋である我が家は、じっさまの注文で「1部屋にドア2つ」だ。つまり出入り口が2つあるわけ。何かあったときの「逃げ場」としてね。いまってそういう考え方とかないのかもしれないけど、火事にせよ地震にせよ、「その出口が塞がってたから助からなかった」事態は避けられる、てこと。もちろんとても納得のできる理由だし、ガキんちょのころはウチの中で遊ぶのもおもしろかった。部屋から部屋への移動が一通りではないからさ。

いや、ンな話はともかくとして。
そゆわけであたしの部屋にもドアが2つあるのだけど、1つは完全にふさがれてしまっている。昔使ってた、いわゆる学習机で、残念なことに机としては全然機能していない。ほとんど、つーかほぼ100%、「モノ置き、もしくは収納」だ。引き出しではなく、机の下は在庫のダン箱。上はCDラックと小ぶりの人形ケース。中は全部「作家さんグッズ」。(確か以前、こうやってみんなの作品が並んでるんだよ」と写真撮って見せてあげたら、『これは〇〇さん、あ、これは✕✕さんだね! そんな中にボクのがあるなんてサイコー!』と感動されたっけ。見たいっすか? ではそのうち。機会があれば。

ともかくこういうのを全部「どこか」へ移動して、ドアの開閉ができるようにし、かつ、温室と化してる隣室のほぼ半分を占めるでかい額絵も「どこか」へ移動しなくてはならない。そのどこかとはほかならぬ「いまの部屋」になるわけだけど、そうやって隣室に無事移れたとして、じゃあいまの仕事机である卓袱台(座卓)を「どこへ」となるんだよな…隣室の鉢植えはだいぶ始末してすっきりさせたとはいえ、この部屋には「物置」が造り付けであって、それが「出っ張った感じ」になるので部屋が四角ではないんよ。そのせいもあって、いまひとつ「自分の仕事部屋」とするイメージに結びつかないとゆーか。だけではないんだけどね。その部屋は洗濯物を出し入れするベランダに通じる窓もあるからね。ま、出入りするのはあたしとハハしかいないんだけどさ。

そんなこんなを考えながら荷物をあらかたまとめた。持ちすぎないよう注意したつもりだけどやっぱり多い…実演する場所は狭くても平気だけど、「チラシ箱」を置くことと、実演を見てもらうためには目の前が拓けてないとダメなわけじゃん? つーことはスペースはいつもの半分、て思っておかないとだよね? お馴染みの100円くじも置きたいし。ふみゅう~。

夕飯は長芋とキャベツのチーズ焼き…を失敗してしまった。失敗、てほどではないけど、キャベツの量が多過ぎてうまく焼けないで、蒸しただけ? みたいな…。あたし、調味料とかはちゃんとレシピどーりにするんだけど、具材の方は結構いい加減なのよ。「このくらいでいっか」とか「全部使い切っちゃえ」とか。昨日の白菜はちょっと少なかったのもあって、その反動もあるかな。
明日は早番だ。なのにもーこんな時間だ…何だかなぁ、もう。










(;´∀`)


[PR]
Commented by びーどろねずみ at 2018-04-20 12:03 x
空が見えなくなるって、想像以上にメンタルダメージ大きいですよね。
私も前住んでた久我山の家で経験済み。

うちは、マンションに全部やられてしまったけど、
さゆきさんは移動できる部屋があるなら、そうした方がいいと思うよー。
でも、家の中とはいえ、自室のお引越しは大変だよね…(^^;

Commented by yukimaru156 at 2018-04-21 00:58
びーどろねずみさん、こんにちはですー!
ホント、これが完了したら気分が沈んでしまうんではないかといまからビビリ気味です…そこに住むのが元の家のムスコで20代独身、てのも何か気に入らないんだけど( ̄▽ ̄;)

ハハと相談したりもしてるんだけど、日当たり良くても「電灯の下に机を置けない」てどうなんだろうとか…ともかく検討は「実演終わってから!」です(^_^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2018-04-20 00:53 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156