再び色紙にちぎり始める と昨今のパワハラニュースに思う

今日は雨って予報だったので、まずは洗濯と風呂掃除。それから自分の未完3作と向き合った。背景が完成してる2枚と、ちぎり文字が完成してるモノと。どういうイメージで行くのがいいのかわからないまま、ともかく行き場のないちぎり文字の方から先に片付けるべく、薄葉紙の束をあてがってはほかし、を繰り返した。そんなことやってるだけで午前中が終わり、昼食後もあれこれこねくり廻し、ついでに言葉もこねくり廻して「日々脱力」なんてのが浮かんだもんだから、そしたら続く言葉は「時々努力」かなー、そんで「折々他力」かなー、とか、どーでもいい方向に暴走し始めて自分でもわけわかんなくなったりしてた。(あとでハハに言ったらヘンな顔された)

頂き物の色紙額(やや渋めの緑と紺のマット付き)は2枚、それに合う色紙は3枚。なのでもーミスはできない。(買いに行けばいーだけの話ではあるけど) 今度失敗したら立ち直れんかもしらん、とか思いつつ、そしてそのせいで無難な組み合わせとなってしまったことにちょっと不満を抱きつつ、薄葉紙をちぎり始めた。

と、ここまで書いて、告知用に写真を撮ったことを思い出した! えーと、すみません、明日ちゃんと告知しますんで。

色紙に貼り終わるところまでできるかなー、と思ったらできんかった。シゴトの時間となってしまったので。
雨はまだ降ってなくて、しかも暑かった…でも来院はほどほどにあって、カルテも山になってて、まぁフツーに忙しかった。

書くことがなくなってしまったので、久々に時事なぞを。
日大のアメフトあたりからこっち(いや、その前のスポーツ界のパワハラかな)、権力持った人たちのあれやこれやの話題に事欠かないけど、医大の時代錯誤な言い分も含めて共通してるのが
「オレは悪くない」
だな。「謝れというなら謝るけどオレは悪くないぞ」みたいなのをもーぷんぷんに匂わせてて、そしてたぶん、この人たちはホントに「悪くない」と思ってると思われるあたり、そんでもってたぶんこれらが「氷山の一角」であろーと思われるあたり、げんなりするねぇ。

日本人て、「空気読んでるつもり」で実は「空気に流されてるだけ」が多くて、システムに異議を唱えるより、その中でうまく渡って行こうとする方に注力してしまう気がする。(日本人に限るのかどーか知らないけど) 誰かが告発するまでは黙って従ってて、でもホントはそれを良しと思ってないから、誰かが立つと「実は自分もそう思ってた」みたいなことになり「だから悪くない」になる。

何かさー、いまの政権もそんなっぽくない? ホントに三選させていいんか? と思ってるくせに「いいです」とか言ってんじゃないの? この流れを変えてくれるのは誰なのかしらねぇ。あたし、この元凶って「首相公選制」じゃないところだと思うよ。アメリカの例もあるから、首相公選制がイイのか悪いのかはわかんないけどさ。

さて、雨降り始めて(その直前に帰宅できた)、だいぶ涼しくなったから、このまま一気に色紙を仕上げてしまうかな。







(゜-゜)

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2018-08-07 02:07 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156