孤狼の血  2018年 日本

「仁義なき戦い」を始めとするヤクザ映画復活! みたいな宣伝と、結構な高評価だったのと、公開してじきに続編決定、の記事をどっかで読んだのでちょっと気になってた。のが近所の映画館に来たのでシゴトのあと、さくっと行ってきた次第。

ヤクザ映画は一時期よく観てたので、結論からゆーと「そんなに新味もないような…」てのが感想。設定が昭和63年なので、"何だ、平成ヤクザじゃないんかい"とまずそこでちょっとがっかりしながら、それでもとりあえず飽きはせずに観てた。

広島の架空都市での、ヤクザの抗争と、それを「どうしたいのか」よくわからん警察との三つ巴なんだけど、役所広司演じる大上(ガミさん)の『警察じゃからの、何してもええんじゃ!』とのたまう傍若無人な振舞い(賄賂は受け取るし暴力も不法侵入もその他何でもござれ)はヤクザより質が悪い。よーに見えて実は…みたいな話。ガミさんの下につくことになった新米刑事に松坂桃李。荒っぽすぎる新人教育を受けつつも、彼はホントは「大上の不正を暴く」ことを目的とした内偵なので、日々何とか喰らい付いてる。彼のアクションはまぁまぁなんだけど、見せ場としてはやや物足りないかなー。

公開当初はやたらと『アウトレイジ』と比較されてたけど、どっちがどうって…どーなのかなぁ…と考えてしまった。少なくとも『ンだと、このバカ野郎!』の応酬しかしてない、お前らの語彙はそんなモンなのかよクソ野郎! と叫びたくなるよな『アウト』に比べると『孤狼』の方が内容はある。あるけど、ヤクザ顔のヤクザ(つまりそれっぽい役者)が揃ってるのは『アウト』の方。らしくない役者もそれなりに見せてたしね。スタイリッシュなのも『アウト』だけど、舞台が「昭和末期」であることを考えると『孤狼』の方がある意味「ヤクザ映画らしい」のかもしれない。

終盤でガミさんの真意みたいなのが垣間見えてくるのだけど、"だから何じゃい、それでどーにかなる思うとるんかい、ワレ!"とツッコミたくもなる。そこ突けよ、桃李! とか思う間もなく急展開するのでヤレヤレ、なのだ。
監督が『日本で一番悪い奴ら』の人なので(こちらは道警の実話。2年くらい前に感想書いた記憶がある)、どー描くのかなーと思ってたけど、つまるところ「サツもヤクザも変わらん」て言いたいだけなんかな。だとしたらやっぱ「新味ないわ」だ。

にしても真木よーこ。あーたホントに極道の妻だったんか? と疑うほどにバーのママが合ってない。加えてあの軽薄で若いツバメが情夫? 笑かしてくれる、て感じ。一番のミスキャストだと思う。業も凄味も全然ないじゃん。まー脚本(演出?)も悪いのかもだけどさ。

あ~、唐突に大沢在昌原作、もんでんあきこ画の『雪人』が読みたくなった! (確か全5巻で、2巻までしか読んでない) ああいう、すぱっとした「狩猟系」の刑事の話が読みたい、観たい。ヤクザじゃないけどさ、ヤクザを「狩る」刑事がいーんだよ。どっかで入手できんかなー、中古で安く。

これ書く前にやふーの映画レビューを何本か見たのだけど、高評価で、そんで決まって星1つ2つの人たちが『なぜこんなに高評価?』と書いてる。まったくの同感。太鼓持ちが多いってことかな? それとも平成生まれが観ると斬新なのかしらん。ま、あたしは日本のヤクザ映画そのものに対してあまりいい評価持ってないんだけどね。韓国や香港の方がノアール度も密度も高いし。

明日は高円寺なので、これからまだちょっとちぎる。帰宅したらシゴトじゃ。気張らねばな。








(゜-゜)

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2018-08-18 01:58 | 行った観た読んだ | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156