「真白いお月さんがでたら」 とコンビーフ・きゅうり丼 と大阪もまだ大変

昨夜寝るころ(4時過ぎあたり)、蚊がうるさくて眠れなくて、蚊取り線香と思ったら自室のストックがなくて、1階の茶の間まで取りに行くのがメンドでベットから出られず、"さっとさと刺してどっか行っちまえ!" と思いながらいつのまにか寝落ちするのを待ってた。(蚊は1回刺したら3、4日は食事しなくていーそーですよ)
思うんだけどさ、あの羽音って蚊にとって何の得があるの? しずかぁ~にしてれば刺されても痒いだけでどってことない、で済むのに、あの羽音のせいで線香焚かれたりぷしゅーとされたり電磁波浴びせられたりするわけじゃん? 無音なら警戒もされないし、食事だってし放題なのにさ。

d0078532_0502958.jpg豆本製本せねばと思いつつ、とりあえず額絵の撮影。これはガラスを抜いた状態で1枚づつ撮るんだけど、それ抜いたところで光るときは光るんだよね~。チラシの光沢が反応しちまうんだね。たぶん、それに応じた「撮り方」みたいなのもあると思うんだけど。
ま、いーや。これらは単に記録用なので。

で、すーっかりこちらのブログ用の写真を忘れてたので、夕飯のあと、ムックと一緒に1枚。ガラス入ってるけど光ってないね。てことは夜撮影の方がいいのか?
タイトルは「真白いお月さんがでたら王様椅子で待ち合わせ」…長い…単に「白い月」でもいーかもしんないな。つか、わかりますかね、木の上の真昼の満月が。わかりにくいかもですねー。実物見てね、てことで。葉っぱも半端ない数ちぎってるんすよ。
写真のあとは、額に金具つけたり紐通したり。あとガラス磨きもね。こういうのも意外に時間喰ったりするんだよねぇ。

本日の夕飯は、先月オトート2号の誕プレにあげた「爆速レシピ」から抜粋しておいた「コンビーフ・きゅうり丼」。コンビーフをほぐして、きゅうり1本千切りにして、ごま油(大1)と塩胡椒で混ぜ混ぜ。丼飯にのっけて卵黄落とす、とゆー超カンタンご飯。なんだけど、でもってまぁ美味しかったんだけど、卵黄抜きでパンに挟んでサンドイッチにした方が美味しいかもー、とか思ってしまった。きゅうりはたっぷりの方がよいですよ。ごま油の感じはあまりしないです。

そーそ、オトート2号がハハと電話でしゃべってて、彼はいま大阪赴任中なんでそっちの(災害あとは)どうなんだい、と訊いたらば『まだあちこち停電したまま』なんだそーだ。北海道報道でこちらでは完全に消えてしまった話題だけど、『電柱が倒れて電線が切れてて、電柱を立て直せばいいという話でもなく、こっちは点いてるのにこっちはまだ、みたいな箇所がいくつもある』とか。そーなんだ~。大変だな、それも。先日、連絡橋にぶつかったタンカーの船長さんの談話がネットに載ってて、『(橋にぶつかったことは)本当に申し訳ないと思っているが、あれでも全速力で逆らっていた。自分としてはあれ以上のことはできなかった』と言ってた。うわぁぁぁ~、単に「錨を倍にした」とかじゃないんだ! タンカーが全速力で逃げようとしてたけどぶつかってしまう風力ってどんなもん?! 確かに何十メートルとか言われてたけど、それってあまりぴんとはきてなくて、でもこの話聞いて(読んで)、改めて自然の猛威を知った次第。
北海道の方々も含め、被害に遭われた方の1日も早い復興を祈っておりますです。

明日は1週間ぶりにオシゴト。そんでぱーりー。うぅむ…これからまだ気張ります。










(=_=) 

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2018-09-17 00:50 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156