近所なのに道に迷う と1人用土鍋 とDばすたー180包!

ちょいと区の出張所まで行く用があって出かけた。どこから行くにしても中途半端な位置にあるところで、帰りに"こっちの方がたぶん近道…"と思って走ってたら(あ、チャリで、ね)、道に迷った…半世紀も住んでて、なーんで「わかんない道」に入りこむかなぁ。我ながら情けない。いや、それほどロスしたわけではないんだけどさー。

帰宅してから、処分(バザーか0円マーケットか)する予定だった1人用の土鍋5組を出してみる。何となく惜しいなーと思って残してたのだけど、年末にこれで年越しうどん作ってからハハとちょっとハマって「2組だけ残そう」となったのだ。(今夜はこれで湯豆腐たべた) で、5組の中から一番キレイなのを選んで、あとは0円に持参することにした。(バザー向きかもしれないけど重いし金かかるしね)

その他の細かいモノをいくつか見繕い、そーだ、年末にインチョから空気入れをもらったことを思い出した。ウチにもあんだけどさ、病院の奥の部屋を掃除してたインチョが『要らないなら捨てる』とかゆーので。でも捨てるのはもったいないじゃん? まー、すぐそー考えてしまうのがあたしがちぎり屋である所以でもあるわけだけど。(カンケイないか?)
いちお自分のチャリに使ってみて、大丈夫とわかったのでこちらも持ってくことにした。何かあっちゅー間に紙袋3つになってしまった。
『この敷物、どーかなぁ?』
『どうしたんだっけ、あ、ちょっと前の福袋ね。いいんじゃない、犬猫に使う人もいるかもしれないし』
多少汚れてるとは言え、犬猫限定にするってのもどーかと思うけど、それはあしが気にすることでもないしね。てことでこれも持参組。

そんで夕方からシゴト。お、今日は昨日よりずっと平和だな、でもそれを口にしてしまうと「何か(誰か)来る」から、言わずに黙々とシゴトしよう、と思ってたら電話。センセが出た。ほどなくしてセンセが電話を切り、振り返って言った。
『〇〇さんからの電話で』
『はい』
『明日、Dばすたー180包を取りに来るって…』
『180っすか! マジっすか…』

解説しませう。Dばすたーとは、黄色い錠剤なのだけど、ちょっと大きいから? 錠剤ではなく粉で、て方も少なくないのね。そゆ方には粉にして薬包機で個別包装して1週間分とか2週間分とか出してるわけ。で、そのときすっと出せるようにあらかじめいくつか作り置きしておくのだけど、去年、この「すり鉢でゴリゴリ」する手間を大幅に省くスグレ物、「薬ミキサー」が導入された。(正式名称は知らない。見た目も使い方もほとんど普通のミキサーと変わらない) これでとても調剤の効率が上がったのだけど、問題が1つ。このDばすたーに限っては「中の筒に色が写って落ちないのでNG」なのだ。つまりこれをそのスグレ物ミキサーに頼ることなく、180包分、グリグリゴリゴリしなくてはならない…あう。

薬包機が一度に作れるのは21包、つまり3週間分なんだけど、それを180包って…
『つまり何シートですかね』
『えーと…8シートと12包、だね…』
『…わかりました、やります』
『いいよ、無理しないで』
『まだ7時ですし、明日やるわけにもいかないでしょう』
てことでやりましたよ、180の錠剤を21錠づつに分けて乳鉢でグリグリと細かく摺って、シート拡げて目分量で21等分にしての薬包作りを9回。何てこたーない作業だけど、やっぱ終わってからどっと疲れた…。

これ書いてる途中で、何かヘンなキー押してしまったみたいで、いきなり音声読み上げが始まってびっくりした…しかも解除の仕方がわからないという…ヘタなことして消えちまったらどうしよう、とびびった。無事できてよかったー。









( ´Д`)=3
  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2019-01-08 01:36 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156