散り椿  2018年 日本

「誰も見たことのない殺陣を撮る」という、監督と主演の意気込みをそこかしこで見聞きして、そーか、そんな殺陣をやったのか、じゃちょっと観てみたいかもなー、と思ってた。主演の岡田准一はすでに格闘家としての顔も知られてくるようになったし、西島秀俊との対決ってのもおもしろそーだし、何より近所の映画館に来たので、ハハと行くことになった。(朝イチで、てのがちとつらかったけども)

葉室麟の小説はどれも未読なのだけど(去年亡くなったのだそーだ、知らなかった)、話としてはありがちな(?)、お家騒動。不正、汚職を質した方が切腹や脱藩となり、事件そのものが有耶無耶にされてしまったその8年後、脱藩した男(岡田)が亡き妻の遺言「郷里の散り椿を見て欲しい」という言葉を胸に戻ってくるところから始まる。かつて自害に追い込まれた盟友の報復と捉える者は執拗に彼を追い、汚職を蒸し返されることを怖れ、事態は思わぬ方向へと動き出す。

殺陣好きのあたしとしては、ただそれを楽しみにしてたよーなもんなんだけど、何だかなぁ~…てのが正直な感想。
その肝心の殺陣からして「誰も見たことない」という形容が相応しいのかギモンだし、そもそも「見せ場」としての機能を果たしてない。ここぞってとこでいきなり終わったり、西島との対決は唐突すぎる上、意味ないし、岡田の心情もわかりづらい。殺陣に速さは大事だけど、早々に終わられてもねぇ…仲代達矢と三船敏郎の対決みたいな呆気なさは(あれはあれでカッコよかったのだけど)、「え、それでおしまい?」と白けてしまう。破天荒ながらも見せ場いっぱいの『るろうに剣心』の方がずっと良かったよ。

それにこの大仰なBGM! 何かもー「ここでぐぐっと感動させますよー」「見せ場ですよー」「さぁ盛り上げていきますよー」とがなってるみたいで鼻につく。いや耳障りと言うべきなのか。映画のBGMって、出しゃばっちゃダメだと思うのね。映画本編を観てるときは気にならない、あったかどうかさえわからない、ただあとでその場面を思い出したときに寄り添ってたことに気づく、てのが理想…じゃないのかなぁ。別に不快な音楽ではなかったのだけど、あまりにも「感動巨編的」な作り方してて嫌悪感の方が強くなってしまった。

内容自体も(目新しさがないのは仕方ないにしても)どーってことなさすぎだし、最初は誰が何でどういう関係なのかとかわかりづらすぎたし、いま思い返しても「いいところ」てのがなかったなぁ。
嫌いな俳優陣はいなかったけど、誰一人として「これは良かった」て人がいなかったのも残念。ハハいわく『彼はも少し背があったらよかったのにね…』って、それはまぁ誰しもが思うことで「それ言っちゃーおしまいよ」なんだけど、ふとかつてジャックのサナダさんも同じこと言われてたよなー、と思ったりした。アクションばりばりなとこもヤサ顔なのも似てるかもしれない。そのうち英語しゃべってあっちの映画出るようになったりしてね。ありうるなー。

映画館出たら雨が降ってて、ちょいとお高い和食の店へ行ってみたら満席で、パスタ食べてちょっと買い物して帰宅。夕方からはオシゴト。『こんな寒い日には来院も少ないのでは』とハハが言ってたけど、「だから調子崩して」て子も多いんよ。でもま、少ない方だったかな。帰り、もしかしたら雪かもと言われてたけど、それはなかった。雨もやんでたし。

最近、映画を外してる気がするなぁ。予告観て、ちょっと行きたいかも…思った映画もあったのだけど、また後悔するのもヤだしなぁ。どーしたものかな。









(=_=)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2019-01-13 02:04 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156