人気ブログランキング |

  サルサ・ロハを作る と推薦人夫婦が来訪 そして作品選びと撮影 

「武蔵野アールブリット」に出品する作品を急遽「推薦人が選ぶ」ということになり、ちょっとあたふたしたけど、たぶんそれ以上に当の推薦人の方が慌てたみたいだ。(そりゃそーだ) 本来はコーディネーターが訪問して選ぶことになってたのだけど、その人が『今回は(スケジュール的に)無理』となり、必要な点数とサイズを知らせてくれることになってた。なのであたしらはそれを待ってたわけ。が、これだもんね、慌てるよね。

ハハは朝早くに入院するT医大に検査に行き、あたしはもう1枚の額と夕飯の仕込み。「サルサ・ロハ」という、メキシコ料理のトマトベースのタレね。トマト缶、玉ねぎ、にんにく、赤唐を煮詰めて、まんまパスタソースやピザソースにしても良し、薄めてスープみたいにしても良し。
なんてことをしてるうちにハハが帰宅し、「病院てのはどうしてああも混んでる上にあちこち行かされるのか」なんて愚痴を聞いてたら推薦人のギャラリー絵具箱さんから電話が入った。もう最寄り駅に着いたと言う。え、その前に電話くれると思ってたのに…と思ったらメールが入ってた…持ち歩いてたのに気づかなかったという、テイタラクであった。悪いことしたー。

ともかくチャリをすっ飛ばして迎えに行き、推薦人である絵具箱の奥方とご主人を我が家へ。大体2時くらいだったかなー。
まずは座敷にまとめた作品の大きい方から見てもらった。額装されてるのは都庁での「HearTokyo」やその前後の個展のときのものがほとんどなんだけど、あたしですら作ったことを忘れてたでかい絵「荒野の決斗(2006年)」がいたくお気に召したらしく(ご主人が、だけど)、それも選んでた。奥方の方は『話を聞いたときから気になってた』という、「さゆきの羽衣(2010年)」が気に入った様子。これ、幅は33センチながら、晒し布にちぎり貼ったモノなので長さが10メートルある。スペース的に難しいのでは、と思ったのだけど、『大丈夫です、何とかなります』。ま、そのあたりはもうお任せなのであまり心配はしてない。

懐かしい(つか、ちとこっ恥ずかしい)モノから最新のモノまで20点あまり、それと豆本20点ばかりを写真に撮る。この作業、してもらえたことでえらい助かった。あたしがやったらうまくいかないし(光っちまうし)、あとで添付して送る、てのもメンドこの上ないのでね。
これらの写真はパンフ用とかではなく「動産保険」のためのもの。額絵はともかく、晒し布は無理では…と言ったら一部が写っていればいいらしい。なので2人が見たのは最後の1メートルばかりで、撮影もその部分だけ。でもサイズは必要らしいのであとで測った。

展示する絵とそうでない絵を分け、ちょっと茶菓子でもてなしたあと、2人は『来て良かった』と満足して帰られた。こちらもほっとした。とはいえ、帰られたあとの作業もまたちょっと大変だったのだけどね。全部の作品の制作年代とサイズを調べて書き出し、メールしたりしてたらあっちゅー間に夜。夕食後もせっせと作業続けて、リストにしてメールして、終わったのは10時近かったかな。疲れたー。あとでアレは選ばなかったのだな、とか、これは見せてなかったかもとか、シリーズで出すならこっちもだったなとか、ぽろぽろあったのだけどね。

こけしとかさー、制作年なんてすーっかり忘れてて、絵には裏にちゃんと書いてるんだけど、こけしには入ってなくてね。そんで過去DMを入れた箱を引っ張り出してみたらちゃんとあった。2009年だった。(10年前の自分に「ちゃんと書いとけ!」とか思った) 残しておくもんだな、DM。そこんとこはエライよ、あたし。
2人ともパッと見でさくさくと選んでたけど、2002年から2018年まで、割と満遍なく選んでった感じだ。豆本のサンプルを出したけど、この原画ってのも見せれば良かったとあとで後悔した。ので、明日はちょっとこれだけ撮影してみるつもり。

夕飯は肉団子を作って、作ったサルサ・ロハの半量を薄め、ズッキーニを入れてぐつぐつ煮込んだ。先日の送別会で似たようなのが出たので参考にしたのだけど(あっちはもっと味がしっかり染みてたけど)美味しくできた。良かった良かった。
まぁ、まずはこちらがやるべきことを無事終えたのでほっとした。明日がお休みで嬉しい。ゆっくりしよう。









(#^^#)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2019-05-23 01:30 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156