人気ブログランキング |

松岡ゆりか個展 Filyer’08 

ハハと前々から『行こうねー』と言ってた、ゆりりん姉さんの個展(20日(日)まで 国立 ギャラリーゆりの木)に行ってきた。差し入れ、というか個展のお祝いは何がいいかと尋ねたら「お花」ということだったので駅の花屋でハハと選ぶ。『和風テイストでいく』みたいな話を聞いてたので、ホントは菖蒲や何やでキメたかったのだけどあいにく菖蒲がなく、桔梗とかも考えたけど結局無難(?)な、カサブランカにする。「ゆりか」だからユリでもいいかなーと思って。ハハは昨日のうちに何かプレゼントを用意したらしく、何を買ったのか尋ねても教えてくれない。『たいしたモノじゃないし、言ったら「またそんなの買って!」とか言われると思って…』だって。言わないって、そんなこと!言うかもしれないけど。

昨日もまた天ぷらをちょこっと持ち帰ったので、それと花とハハからのプレゼントを引っさげて11時過ぎ(12時近かったか?)に到着。ギャラリー前に陳列されてる1点モノのシャツからして2人で『おおっ』と唸り、お客さまが帰られたのを見計らってまずはご挨拶。ハハからのプレゼントはカエルの形をしたPCのホコリ取りで、ゆりりん姉さんと2人で爆笑してしまった。ナイスだ、ハハよ!(しかしあんなラッピングで100円追加取られたとはちと納得いかん…自分ちでやった方がよかったんではないか?) 

和風テイストと言っても、シャツそのものが和風なのではなく、その染め方や色使いのことで、ゆりりん姉さんらしさはそのまま。ここしばらく(彼女の展示を見ることはあっても)購入はしていなかったので、今日は買う気まんまん。しっかし悩むんだよねー、これが。持っている好きな色(でまたちょっと違うテイスト)か、普段あまり着ないような色合いのモノかとか、はっちゃけた感じの遊び心いっぱいのか、渋くキメるか。どれもいーんだ。だから迷う。ハハも同様だったようで、2人でしばし「どれにした?」「コレいっかなーと思ってるんだけど」「でもこっちも捨てがたいよ」なんつー会話を楽しむ。それはそれでまた楽しい。結局、あたしは明るい藤色と水色の混ざった、そんでポケットがいっぱいついてる「sweet treature」というタイトルのシャツを買い(彼女のシャツについてる名前も素敵だ)、ハハは緑と黄色の混ざったシャツを買った。決め手はあたしの『べるでーの応援に着て行けるじゃん』とゆーひとこと。もーすっかりその気になってた。我が親ながらかわいい人だ。

それから2人で近くのイタリアンへ行き、あたしはカルボナーラを、ハハはのらぼうとアンチョビのニョッキを頼んで、2人でシェアする。夕飯はそばなのに昼パスタ?…と思わなくもなかったのだけど、やっぱちょっと食べたかったし。(ちなみに今日の賄いメシは「冷やしたぬき」(そばつゆをかけて、揚げ玉とキューリの千切りと海苔、ネギ、わさびつき)に鰹節と大根卸しとわかめ、ちくわをトッピング。以前はフツーにオーダーしてたけど、最近では自分で厨房に入るので、勝手にあれこれトッピングするわけ。どこをどーしたって「そば」なんだけどさ)
2時過ぎには雨が降ってきて、そば屋はまたまた混雑。もー慣れた、とも言えるけど、想定外は店の前の電車のストップ。すごい人でさー。復旧見込み23時とかアナウンスしてるもんだから、乗り換えないで待とうとする人で溢れてるんよ。まいったね、あれは。店閉めても片付けが終わらなくてさ。
あ、そーそ、店長がいたので、19日の件は相談した挙句、「やっぱり休み」でOKもらった。代わりに店長が通し(朝6時~夜11時)になるのでちょっとココロ苦しいけど。みんなムリしてるんだよ、わかってんだよ。そんでも週6日はきつい。出店予定とか制作モノがなければいけるんだけど。と言いつつ三鷹だの国立だの出かけてるから、ちょびっとだけ負い目もあって譲歩するか悩んだんだけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yukimaru156 | 2008-04-18 01:56 | 行った観た読んだ | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156