2018年 02月 03日 ( 1 )

やれやれまぁ、「雪かきしてから出勤」てことにはならなかったっすね。とは言えまたダイカンパが来てるんだそーで、油断はできないけどねぇ。寒波じゃなくてカンパが来てくれないかなぁ。こっちのカンパの語源て何だろね。やっぱかんぱにーから来てるのかな。

朝起きて、ちらちら雪かと思いきや、出かけるころは大粒になってて、雪は水分多いからこりゃ凍結するなー、つかすでに凍結し始めてんのかな、てことでチャリではなく徒歩でどーぶつ病院に向かった。昨日買ったダウン着て。軽いしあったかいし、膝下まであるからイイ感じだ。

で、着替えてシゴトしてたら『✕✕ちゃんのお散歩行ってください』と頼まれ、こゆときに着るスタッフジャンパーみたいなのがあるんだけど、さして深く考えもせず手近にあった自分のダウン着て出かけた。出かける間際から"しくった…"と思ってた。この✕✕ちゃん、「ちゃかちゃか君」だったのだ。ちゃかちゃかちゃかちゃかと忙しなく動き、階段上がるために抱きかかえてもちゃかちゃか動く。やばし! 着倒したダウンならともかく、新品ダウンに爪痕残されたら泣くに泣けない…ココロでぎゃーと悲鳴上げながら外へ出るとさらに雪。傘は持たず、このダウンにはフードがないので濡れながらの「雪中散歩」となった。散歩とゆーより軽いジョギング? こいつがはしゃいでんのか何なのか、てけてけてけとひたすらよく走るのだ。コンパス短いんでこちらは走るというより速足、だけど。

結構な距離を行ったにもかかわらず「ンコ」も「シッコ」もせず、踏切手前で(カンカン鳴ってたので)止まったので『帰るぞ』とゆーと素直に回れ右してくれた。そこは賢い。そして再びてけてけ走り、病院素通りしてさらに走る…結局また抱きかかえる羽目になり、ココロでぎゃーと叫びつつ病院に戻った。『何かしましたぁ~?』とセンセ。『すみません、してません』とあたし。あたしが悪いんじゃないけどさ。こんだけ走ってンコもシッコもしないってことは、「屋外でないと排便、排尿できないからガマンしてた口」ではないから問題もないんだけど。(したくなったらゲージの中でもしてくれる、てことね)
わんこをゲージに戻したら、すかさずダウンのチェック。脇腹とか背中とかりかりされてたのでもしやと思ってたのだけど、大丈夫だった。良かったー。

雪はやや小止みになったとは言えまだ降ってたので、午前中はヒマかな~? と思ってたらそーでもなかった。こんな天気でも来るってことは「問題アリ」なわけで、重篤ではないけど終始ばたばたしてたな。

帰宅するころには雪もやんで、でも寒いことこの上ない。何をする気にもなれず、昼食のあとは『村上海賊の娘』を読んだりゲームしたりしてた。つまりはとてもだらけてたわけた半日を過ごしてたわけだ。こゆときって、あとで凹むんだけどねぇ。わかってるくせに…なんだよね。

夕飯に、先日ネットで見た「レモンの鶏蒸し」なるモノを作ってみた。鶏ムネ肉の細切りとレモンの皮、大葉の千切り、それにごま油、塩胡椒と片栗粉少々を入れて混ぜ混ぜし、レンジで10分。チンしたらレモン汁をかけ、スプラウトを散らして完成。美味しいんだけど、何か食べてるうちに味に飽きてくるとゆーか、イマイチな感じになってくるから不思議。この「美味しいけど飽きてくる」というのは何なんだろな。味に変化がないのはどの料理だって一緒じゃん? 最後まで「ばくばく食べてしまう」料理と、不味いわけではないのに「食べるスピードが落ちて来る」料理の差って何だろ。考えたってわかんないと思うけどさ。

明日はびょーいんシゴト以外の予定はゼロ。てゆーか、雑貨市が終わったあとの予定はない、てのが「だらけてたわけた」半日再び、となりそでイヤだな。やってみよーと思いつつ何となく先延ばししてた試作品作りといくか。行ければ、だけど。










(゜-゜)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-02-03 01:23 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156