2018年 02月 04日 ( 1 )

今日は節分! (ブログの日付けは4日になってますが、3日の出来事を書いてると4日になるんすよ) 朝、一合升に鬼打ち豆を入れて仏壇に供え、夕飯のあとに各部屋の窓を開けて、『鬼は外、福は内!』とやるのが我が家の習わし。なんだけど、この「一合升」てのがなぜかウチにはいっぱいあって、確かちょっと前に0円マーケットに3つ4つ持ち込んだんだけどまだあって、先日、柳沢にも0円として置いてきたのだけど、それでもまだ5つばかりある…何だかなぁ。じっさまが株主総会でもらったモノとか(つまり社名ロゴの焼き印入り)、父がどこぞのパーティでもらったのとか、誰かのサイン入りとか。こんなの一家にひとつあれば充分なのにねぇ。って、一家にひとつもないウチの方が多いか、いまは。

で、袋から豆を出して一合升のひとつに開けたのだけど、豆が一合分もなかった…何でだ。フツーは一合っしょ、こゆのは。とハハにぼやくと、『いまは一合升なんて使わないんじゃない』の応え。『お米だって計量カップで測るんでしょ』。だよねぇ~、0円でもみんな持ってかないかもね。米を計量カップで測るとか、あたしには考えらんないんだけど、なぜ? と問われるとそれもよくわからないね。ただ、プラ製品が嫌なだけかもしれないな。しかし豆を一合升に入れないとしたら、何に入れるんだ? 深皿か? 絵的にとても妙な感じがするんだけど。
小さい子がいない家庭でも豆まきはちゃんとする、て家はどんくらいあるのかしら。恵方巻の方が主流になりつつあるのかもな。関西の人でなくてもコンビニやスーパーでは豆よか恵方巻が売れた方が嬉しいからびしばし宣伝するしね。(そーいや恵方巻食べる地域では豆まきもするの?)

とりあえず今年もちゃんとやりましたよ、豆まき。窓開けてね。(でないと「鬼が出て行けないから」と昔言われたことを守ってるのだ) おっきな声では言えないから、ちっさくだけど。昔、隣家のご主人は派手に声張り上げて豆まきしてたなぁ。ちょっといけ好かない人だったけど、あの声はリッパだった。子供を叱りつける声も凄かったけどね。いまはああいう「親父」はいなくなったよな。いたら虐待とか言われるだろーし。虐待と躾の違いがわからない人が増えたから言われてしまうんだろね。

一合升の話からだいぶそれてしまったな。
今日はまず掃除。部屋をちょっとだけさっぱりさせて、パンを買いに経堂、そして野菜を買いに豪徳寺。「区内産の野菜」から、近郊にまで広がってるけど、新鮮であることに変わりはなく、スーパーよかちょびっと安い。(高いのもあるけど) キャベツ198円にちょっと感動してあれこれ買ってて、煙草買うのを忘れた…これ欲しくてこっちまで廻ってきたはずなのに! (あたしは馴染みの店でカートンで買うのさ)
結局、また出直して買いに行ったよ。

そーそ、パン買いに行ったとき、ついでに100均も寄ったのね。洗濯ネットとか欲しいモノがいくつかあったので。いやー、びっくりしたよ。ここはテーマパークだったか? と思うくらいの人でさ。家族連れからじっさまばっさままでいっぱいで、レジも長蛇の列。5つもあるのに、3、40人は並んでたな。爆買いしてる人は少なくて、それぞれ「必要なモノ」を持ってたのだけど。何だろな、週末の100均(ここのは区内で一番でかい、て話)は、最もお手軽な外出先なのかもね。

ウチでひと息ついて、それからシゴト。「榊原さんのカルテがない」てことで、カルテの棚から探すことになったのだけど、周辺にもどこにもなく、これは腰据えて探さねば! てことで(たぶん、カルテを戻すときにぴったり張り付いて別の人のと一緒になってしまったと思われる)、丁寧に探し始めた。ふと、もしかして…と思って後ろから探して(以前、同様の探し方をしたときも後ろからで、探してたカルテは前の方にあったのだけど)、そして見つけた。
『ありましたっ!』
『あった? どこに?』
『やーなーぎーはらぁ~!』
『誰よ、もう! 「柳」と「榊」は全然違うじゃない~』
っとにね、誰だよもう、て感じなんだけど、前に「戒田」さんを「武田」さんと間違えて入れてしまったことのある身としてはあまり強くも責められない。カルテの山をさっさと片付けたいから、こゆことも起きてしまうのよね。でも無事にあって良かったわぁ。








(;´∀`)
 

[PR]
by yukimaru156 | 2018-02-04 01:48 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156