2018年 02月 15日 ( 1 )

朝、近所の病院に行った。受付に保険証を出したら、『期限が切れてます』と言われた。え、何だって?! とびびって受け取ると、確かに期限が去年の9月で切れてる…てことは9月からこっち、ずっと期限切れの保険証を持ち歩いてたってことか! いや、それより何よりもまず「期限切れでない保険証はどこにあるのか」て問題だ。そして薄っすらと蘇る記憶…

  あたし年末、なぜここに前の保険証があるんだ? と思って捨てたよな…

あれ、きっと期限が切れてない方のだ! と思ったけど確信は持てず、差し迫った診察でもなかったので(ここで言われたってことは、9月から行ってないのだ、病院は)、キャンセルして帰宅した。でもさ、考えたら9月以降も買取りだの何だので数回は保険証提示してんだよ? てことはみんなそれに気づかなかった、てことだよね? いいのか、それ?

ともかく「捨ててないかも」てことで部屋中を探す羽目になった。そんで自分の部屋にいかに「紙モノ」が多いかってことに愕然とした。チラシの話ではなく。年金や保険の証書とか領収書とか、明細だの何だのに加え、見本として残してた紙とか走り書きしたメモとか何とかカントカ。こういうの捨てろよ! と思うのだけど、そんでこれを機会に捨てればいーのだけど、「何を残しておけばいいのか」の判断がつかなくてそのまんま…。
明日のパンを買いに経堂まで出たあと、国民保健課に電話して再発行手続きの方法を訊き、再び(三度か)出かけて、再発行してもらった。意外に簡単な上、再発行も早かった。後日郵送を待つのかと思ってたよ。も、その場で『はい』て感じ。以前友人が紛失、再発行してもらった際、『保険証の中央にでん! と「再」の朱印が押されてて、それがもー提示の度に恥ずかしくて…』て話を聞いてたのだけど、それはなかった。ちょっとほっとした。

帰宅したら本がいっぱい届いた。それも2人から! 「本大漁!」と大物釣りあげた気分で、保険証誤廃棄の凹みも飛んだ。ありがとうです、BQ&びーどろねずみさん! 今日はもう(ホントはいらん紙の仕分けとかするべきだけど)いいよな、自分、と思って早速開封、そして読書。まずは『オタクに恋はむずかしい』、それから『ハクメイとミコチ』、そんで『ヒトガタナ』。たんのう~、しふくぅ~。ゲーオタの二藤くん、イケてる。ハクミコもこの世界も素晴らしい。(ハクメイって自分のこと「オレ」って呼んでた気がするけど気のせい?) イワシの旦那、素敵だ。 

読んでる最中、ふと病院へ出かけたときのままの鞄を見た。(そのあたりに放ったらかしてたのだ) 表のポケットに何かが入ってるのが見えた。ムックホルダーのついた、スナフキンのパスモケースだった! 去年…いや一昨年? あたりに失くしたと思って探して届けたケースだ! 何てこった! ここだって探したはずなのに! この鞄、革だけどもこもこがついてるので「冬仕様」で、あったかくなったらしまいこんでしまうのだ。そして存在を忘れてしまうので、使う期間が意外に短い…てのは言い訳だぁね。
ハハに報告したらばひと言。
『あんたってホントによく「失くし物」が出てくるわねぇ』
うぅ~、それは確かにそーなんだけど、なるならパスモではなく、お気に入りの百鬼夜行ハンカチとか、さらにお気に入りのカオル氏作の指輪が出てきて欲しい…と思って、思い出したことでまた凹んでしまった。ホントにどちらもお気に入りだったんだよぅ!

夕飯は鯖の味噌煮缶丼。だし汁に玉ねぎスライス入れて、味噌煮缶を丸ごと入れて、溶き卵でとじる。ハハには好評で『親子丼よりいいわ!』だったんだけど、あたしはもっと卵がふわっとしてた方が…とゆーと。『あなたはぐつぐつ煮過ぎよ』。
『でもあたし、「つゆだく」ってキライなんだよ、汁はできるだけ少ない方がいい』
『あぁ、そうなの…それじゃあねぇ…』
とため息つかれてしまった。でもホントにそーなのだ。おじやもドリアも大好きだけど、丼物に「つゆだく」はよくない。特に下の方のごはんが「白くないのは嫌!」なのだ。ごはんの最後はのひと口は漬物でさっぱりいただきたい。ここは譲れない。上等のうな重であろーと、かつ丼であろーと、天丼も親子丼も然り。だから自分が作る、自分のためだけの丼はつゆ少な目で作る。でも今回の丼は初めてだったからさ、ちょっと加減がわかんなくてね。それにハハは「つゆだく結構」だし。でも味噌煮缶丼は良かった。今度また作ろう。








(*´▽`*)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-02-15 00:53 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156