2018年 02月 20日 ( 1 )

昨日の夕飯は外食だったので、今日の昼食がない。てことで、ハハの薬をもらいに行くついでに昼食パンを買いに出かけた。そしても1つの目的が「羽根木餃子」。今夜の夕食ね。先月だったか、ここで買った餃子が美味しくて、でも焼くのにちと失敗してしまったのでそのリベンジ(?) つか、今日はシゴトが遅番だから焼くのはハハだけど。(あとでハハが『いやぁ~、責任じゅーだい~!』と叫んでた)

薬局に処方箋を渡したあと(ここはいつも混んでるので)、薬を待たずにまずパン屋…がお休みだった。もう1つの、味は確かだけどお値段もよろしい店でいくつか買ったあと、餃子を買いに行く。ここは夜は食べられるのだけど、日中はテイクアウトのみ。(焼いてもらうと50円増しの冷凍餃子) 店内に入ると以前とは違う若い子だったのだけど、注文してたら奥から『先日は美味しく焼けましたか~?』と声がかかった。ので正直に『すみません、ちょっと失敗してしまいのましたー』と返事すると、何がどういけなかったのか訊かれる。う。そこ突っ込まれると痛い…と思いつつ『皮がくっついてしまったのは油がカンカンに熱くなってなかったからではないかと…』とゆーと

『もしかしてテフロンではないフライパンですか』
『はい、そうです。小さいのはあるんだけど、10個を一度に焼くことはできないので…』
『テフロンでないと大抵失敗されるみたいです』
『あ、そうなんですか』←知らなかった。鉄鍋の方が美味いと思ってた。
『よかったら1つ差し上げましょうか?』
へ? はい? 店で使ってたテフロンフライパンを?
『今度移転するんですが(というのは先月聞いた)、店で使ってたフライパンはもう不要なので捨ててくんですよ。なので、欲しいと言われる方には譲っているんです』
『え、本当にいいんですか?』
『もらってください。あと残ったのは捨てるだけですから』
てことでもらってしまった。びっくりだ。常連でも何でもなく、まだ2回めのあたしを覚えてたってのも素晴らしいけど、まさかフライパンまでくれるとは! 移転先には何が何でも駆けつけなくてはならんな! そのつもりではいたけどさ。餃子、まだ全種類制覇してないし。

帰宅してハハに顛末を話すと、けらけら笑って『良かったじゃない! これは餃子専門の鍋にしよう!』と言った。いや、餃子専門の鍋ならウチにあんだけどね。特大の(一度に20~24個は焼ける)餃子鍋が。父が昔、中華街で買って、『重い重い…ふぅ~』と持ち帰ってきた鍋が。いまじゃそんないっぱい焼くこたーまずないのでしまい込まれてしまってるけど。
ちなみにこの餃子店、梅が丘から移転して来る先は東松原。こっちの方が来やすいのは確かで、ありがたい。どうやら(工事の関係で)3月から4月に延びてしまうようだけどね、「羽根木公園」近くの「羽根木餃子」、いいんじゃないかな。繁盛祈るわ。

さて、話変わって「三字熟語」。
何かイイのないかな~、と漠然と探してるだけではラチがあかんと思ってたら、三字熟語のサイトを見つけてしまった。五十音検索もできるのだけど(「あ」から始まる三字熟語が全部出てくる)、素晴らしいな! と思ったのが「□□□」の中のどれか1つに文字を入れると、それが全部出てくるというもの。例えば「□□花」と入れると、「紫陽花」から「雪月花」そして「両全花」までずらりと出てくるのだ。これはいい! と思って、自分の「ちぎり世界」に合うような文字(で、かつ字画が少ないものね。これ大事よ! ちぎんなきゃいけないんだから!)を片っ端から入れてった。1字目にしたり2字目にしたり3字目にしたりして、思いつく限り。そしてついに! 見つかった!

と、書ければどんなにいいことか!!! 何かもーね、自分の語彙がいかに貧困か思い知らされたとゆーか、単純で響きも良くて世界が美しく思えるような三字熟語って、きっとあるんだろーけど簡単には見つけられないねぇ。
「俄日和」なんてちょっといいかな、と思ったのね。「和」で検索して出てきたんだけど。でもさ、これって読める? 「にわかびより=雨だと思っていたら晴れた」てことなんだけど、字は良くても「?」と思う人、きっといっぱいいるよね。それじゃあダメなんだ、誰が見ても(意味は何となくでも)わかるようなのじゃあないと。うぅ~、難し~。しばらく苦戦しそーっす。

あ、ちなみにシゴトから帰宅したら、餃子は美味しく出来てたです。1パック5個入りで、今日は「カレーチーズ餃子」と「野菜たっぷり餃子」の2種。(前回はトマト餃子と紫蘇餃子) なかなかボリューミーなので、4個でお腹いっぱい。今度は「生姜餃子」と「パクチー餃子」かな。






( ̄▽ ̄)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-02-20 01:18 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156