2018年 02月 23日 ( 1 )

朝、シゴト行く直前にメールが届いた。誰だろと思って見たら、ゆりかねーさんだった。
『保健所の許可が下りました! これでいつでもお店が開けます!』
はらしょーぶらぼーわんだほー! 速攻で『おはようございます、おめでとうございます!』と返信した。そして危うく遅刻するとこだった…外でたら霙降ってるしさ。(あんまカンケイないけど)

シゴトを終えたあと、スーパーへ行って買い物して帰宅。ハハは不在で、さて今日はどーしよーかとしばし迷う。霙はやんでて(たぶんすぐ雨になったのだと思う)、とりあえずギャラリーに予約金(半金)を入れに行かなくてはならんのだけど、「振り込むか持参するか」で悩んだのだ。たぶん(たぶんだけど)、振込手数料と吉祥寺までの往復とではほぼ同額なんだよね。取引ある銀行ではないし。
予約金を取り出したところで「持って行こう」と決心がついた。何でかってーと、ぴん札だったから。あたしだけかもしれないけど、ぴん札を機械に飲み込ませるのって嫌じゃない? 何かえらい腹立つんだよねー。せっかくのぴん札なのに何で機械に喰わせなきゃならん! みたいな。万札も千円札もみんな「ぴん」だったので、これは持って行くぞ、と仕度して出かけた次第。また雨が降り始めてて、おまけに寒くてちょっと萎えそうだったけども。

現在、ギャラリー絵の具箱では「まあるい広場」という、千葉の施設の人たちが作ってる、牛乳パックで作られた手すき和紙を使った作品を展示中。これもちょっと見たかった、というのもある。行って良かった。29名の人たちが作ってる和紙+糸+絵というのは、どれも楽しくて(和紙に絵だったり、刺繍もどきだったり)、見てていい気分になれた。スタッフの人ともおしゃべりできたしね。手作りのカードやシールといった雑貨もいろいろ売ってて、中でも素晴らしい! と思ったのがレターセット。和紙が畳まれていて、拡げると手紙になってるのだ。つまり、また畳んで切手を貼って出せばいいわけ。これはヤラレたなぁ~。ちょっと悔しくなるほどだった。(あとでハハに見せたら、『いいアイディアね、もらっちゃえば』。うぅ~ん…そういうわけには…でも、連絡とって許可が取れればいいかなぁ。いや、その前にこれが出来るかどーか、だけど。

ひとしきり話を弾ませたあと、オーナーはと尋ねると、ここにはおらず、息子サンが近くにいるはずだと言って連絡を取ってくれた。それで呼び出してくれたのだけど、どうやら仕事中だったようで悪いことしてしまった…「近いうちに来てくれてもいい」とは言われてたけど、今日行くとは伝えてなかったのだ。それでも快く受領してくれて良かった。ありがとうです、FJ氏殿。

帰りにB・オフに立ち寄ったけど、欲しい本はことごとく無く(まぁ、半分わかってたけど)、過日ネットで読んで"やっぱちと欲しいかも…"と思った『デビルズライン』は、1冊360~450円してた…来季アニメになるから当然(?)「高価買取中」だ。これもわかってたことではあるのだけどね。ま、いいレターセットも買えたし、無駄に金使わないで済んだ、てことでヨシとして帰ることにした。にしても何だな、昨今のB・オフはやたらと「全巻セット」を出すようになったな。しかも安いんだよ、10巻セットで1500円の半額とかさ。30%オフだの何だのと、在庫持て余してじゃない? て感じ。そこに欲しいのがあればお買い得だけどねぇ。

東松原の駅近くの豆腐屋で「自家製豆乳ドーナツ」なるもの(1個80円)を買ったら、あっさりしててほどよい甘さで美味しかった。ハハはすでに帰宅してて(もしかしたら夕飯たべないかもとか言ってたのに)、一緒に食べたあと、あたしは夕飯の仕度。今夜は生姜たっぷりの肉団子スープ。白菜の代わりにレタス。だって白菜無茶苦茶高いんだもん! 葉物全般だけどさ、白菜は特に高いよね…しばらく鍋してないな、そー言えば。
スープは美味しくできた。やっぱ寒い日は汁物に限るねぇ。







( ̄▽ ̄)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-02-23 00:17 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156