2018年 04月 08日 ( 1 )

何だかとてもくたびれた…考えたらまぁ当たり前なんだけど、ウチ帰ってひと息ついて、あ~、くたびれてんだ、あたしー、とか初めて気づいた。

朝、10時過ぎにガクセイ時代の友人、K夫妻が来るというのでちょっとバタバタし(もっとも、玄関の掃除だ、庭の花を活けなきゃ、なんてのはみんなハハがやった)、いまはみんなカーナビというスグレ物を持ってるのでさして迷うことなく夫妻は到着。以前一度会ったことのある、わんこのふーたクンの登場でハハは歓喜してた。かあいいんだよ、もふもふで真っ白で。もっとも、人見知りが激しいらしく、パパかママかどちらかにべったりサンだったけど。

座敷に案内し、すでに梱包済みの中華一式と茶碗蒸し(だけでクリア衣装ケースは満載になった)は置いといて、あと何が欲しいか、てことで皿とか小鉢とかガラスの丼なんかを見てもらう。鎌倉彫りの盆とかもあったな。いくつか選んでくれて、そういうのもまた新聞紙でくるんで衣装ケースへ。結局そちらの箱もまたいっぱいになり、それでも足りずに紙袋1つ。彼女らは先日越した友人からもあれこれ食器を貰い受けてったようで、さすがにもういらないんじゃないかと思ったけど、そーでもなかったみたいだ。

梱包を終えたあと、4人(+1匹)でお茶飲みながらしばしおしゃべり。そして庭をちょっと見せたりもしたのだけど(ふーたクンはちょびっと散策しただけで終了)、海棠は先週が盛りでいまは終わってしまったし、ジャスミンはいっぱい蕾つけてるけどまだ咲いてないし、スズランがちょこっと咲いてるけど目立たないし、芍薬も咲いてるけどこれはみんな外向いてるから庭からはちょこっとしか見えないという、何かとても残念な状態。も少ししたらツツジも、そして紫陽花だって咲くのにねぇ。
でも、初夏に素敵に咲く茉莉花草の小さな苗木をもらってくれた。うまく根付いてくれるといいなぁ。

夫妻を送ったあと、シゴトまで少々時間があるので経堂に出て、びょーいん用のキャットフードをしこたま買い込み、パン屋に寄って朝食パンを買い、帰宅したらシゴトの時間…で、出かけたわけだけど、閉院しても面会は来るわ、電話は鳴るわ、忙しなかった。薬の分包とかね。持病持ちで一度に6種とか服用してる子なんだけど、うちの1つは人用で『自宅にあるから結構』て話から(人用だけど犬猫も服用する、て薬は多いのだ)、「1つだけ外す、そして別の錠剤は半分にする」みたいなちとややこしい作業をセンセと2人でやる羽目に。まずは全部バラして、分別して、それから新たにカット(1錠を6分割してそのうちの2つを入れるとか)、そしてまた分包。

『やってらんないわね…』とセンセ。
『この時間にやる作業じゃないですよね』とあたし。
『何で明日朝欲しいとか言いだすかなぁ~?』
なんて話を8時過ぎにしてたら電話。も1人のセンセが出て、どうやらわんこが煙草を分解して、食べてはいないけど舐めたかも…というような内容らしかった。
『どう思う?』
『…?』
『〇〇ちゃんが煙草分解して舐めたとか何とか言うの、これで5回目だよ?』
『え、それはちょっと…』
『懲りないの? 学習しないの? 何でいつも分解できるよーなとこに煙草を置くのよ?! もぅ、おかしーんじゃないの!』
あ~、やばい、センセキレそう~…キレはしないけど、呆れてるのはカクジツ。ほんとにねぇ…何でなんだろーなー。いつでも甘い顔して助けてくれるとか思わんで欲しいわ。(でも助けてるんだけどさー)

8時にはあがれそーだと思ったけど、9時までノンストップのフル回転。しかもセンセたちはいまだ終わらず…で、疲れたとか言える口ではないのだけど、帰宅したら「ふぅ~…」だった。明日もシゴトだけど、朝はゆっくりぐーすか寝よう。









(゜-゜)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-04-08 01:28 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156