2018年 04月 17日 ( 1 )

大阪へ単身赴任となったオトート2号から昨日、いい部屋を見つけた、とライン報告があって、一緒に写ってたのが部屋の写真…ではなく間取り等の書かれた広告チラシ。敷金礼金家賃いくらとかネットOKだとか、そういう情報の他にペットの項目があって、「可」にチェックが入ってて、「仔犬、猫」とあった。思わず「老犬はイカンのか?!」と突っ込んでしまった。そもそも「仔犬」とは何歳までを指すつもりだ! とか。憶測だけど、これ書いた人は「小型犬」のつもりなのではないかと思う。全然違うんだけどさ。大体ね、小型犬は、3歳(すでに成犬)でも13歳(70代)でも体格的にはさほど変わらなかったりするのよ。どこで「仔犬か否か」を区別するつもりだって話。そもそも仔犬だって育ててりゃ成犬、老犬になるんだぞ。
小型犬と中型犬の差ってのもまた難しかったりするのだけどね。今日、ワクチンに来たパグは結構大きかったけど、サイズとしては「小型」だしね。犬種による区別、てことになるのかなぁ。そこんとこ、聞いたことないのでわかんないんだけど。

今日、友人に送る本の梱包をしてたのだけど、返す本と貸す本と、頼まれてないけどオマケとして同封したい本を入れたら、どーっしてもこの2冊が入らなかった…確か前回も同様で、1冊抜かせてもらったのだけど、今回はそれを外すわけにはいかないし、何が余分って言ったらオマケとして貸す本なんだけど、彼女がいつもサプライズで入れてくれるオマケ本が素晴らしいので、これもぜひ入れたかった。(とか言って好みでなかったらどうしよう…) あとの貸す方の本はすでに貸した本の続巻だからね、外せないしね。『応天の門』が一気に既巻の8巻まで揃ってしまったのが誤算てとこか。
結局どーしたかとゆーと、箱に入らなかった2冊を別に梱包して箱にくっつけて、さらに梱包するという、ちと強引な送り方にした。サイズ測ったら、60サイズ(3辺の合計が60cm以内)をちょっとオーバー。てことは80サイズになるので料金がまたちと上がる…やっぱこのオマケ2冊がネックだったか。

郵便局へ出しに行ったあと、ふといつも行列してるたい焼き屋に誰も並んでなかったので、ハハの分と2つ買った。薄ら寒いよな感じの陽気だったので、ひさしぶりにたい焼きも悪くないなと思ってね。あたしがガキんちょのころからあるたい焼き屋で、有名になりすぎて(店は変わらないけど)、いつも6、7人は並んでる。確かに美味しいのだけど、並んでまで…てのもあってそう頻繁に買うことはないのだ。
頼むと、『羽根つきにしますか』と問われた。いまはそんなこと訊くんだ?! とちょっと驚いた。昔はさ、羽根(たい焼きの周辺の、パリパリに焼けたはみ出し生地)をおばさんが手でぱりぱりと外してから包んでくれてて、そのパリバリ、もったいないなーと思ってたもんなんだけどね。これがついたままでいい、て人が多かったのかもね。

昨夜、院長のAMセンセは不在だったのだけど、夜8時に近所のカフェから『先生からです』とピザトーストが届いたのね。病院では食べずに持ち帰って、今朝、ハハと分けて食べたら意外にボリューミーで、朝食が遅かったせいもあるけど、『お昼はたい焼きにしよう』てことになってしまった。ここのあんこもたっぷりなので重いんだけどさ。これでじゅーぶん、て感じだった。10時に夕飯食べるまで問題なかったし。

そーそ、閉院後にさ、電話のあと、よくいらっしゃるおばさまがにゃんこ連れてきたのね。にゃんこの容態をAMセンセと診てたら、『ここに来る途中、電車内でおばあさんから「あら、猫を連れてるの?!」ときつい調子で言われた』のだそうで、ケージに入っていれば問題はないはずだけど、いるとわかると毛嫌いする人もいるからなぁ、嫌なばーさんだなぁ、とセンセとちょっと不快顔になった。
『それで、すみません、いま容態が悪くて掛かりつけの先生のところへ行く途中なんです、と言ったら「AM先生のところへ行きなさい、AM先生のところへ!」と言われたんですよ』
……センセとしばし絶句。えーと、それは何だ、車内に猫がいることへの不満表明ではなく、「診てもらうならAM先生のとこへ行け」てことか?
『つまりその方もウチでわんこかにゃんこの世話になってるから、てことですかね?』とあたし。
『こわーい、誰だろう~?』と苦笑顔のセンセ。
もちろんそのおばあさんが誰かなんてわからないのだけど、『いままさにその先生のところへ行くところです』で納得したのかどうか…とりあえず連れてきたにゃんこが重篤だったので話はそのままになってしまったのだけど。 
ま、とりあえずウチの病院もそれなりに有名、てことでイイのかな。








(^_^)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-04-17 01:46 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156